[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/27)大幅上方修正の寿スピリッツ急伸、PER割安から5000円の期待も
記事一覧 (10/27)アイスタイルは東南アジア展開など好感し上場来の高値
記事一覧 (10/27)経営統合の報道が出た足利HDは9%高となり常陽銀も高い
記事一覧 (10/27)本日上場のパートナーエージェントは結婚相談所など展開し買い気配
記事一覧 (10/27)寿スピリッツが業績予想の増額など好感し高値に迫る
記事一覧 (10/27)セブン&アイHDが米投資ファンド保有と伝えられ売買急増
記事一覧 (10/26)【銘柄フラッシュ】アールビバンなど急伸し上場2日目のGMOメディアもストップ高
記事一覧 (10/26)日本郵政の売り出し価格(公開価格)が仮条件の上限1400円に決定
記事一覧 (10/26)アールビバンが業績見通し増額など好感し買い気配のままストップ高
記事一覧 (10/26)ビリングシステムが「銀聯カード」に関する提携など好感しストップ高買い気配
記事一覧 (10/26)JFEシステムズがERP分野においてMicrosoft Goldコンピテンシー認定パートナーを取得
記事一覧 (10/26)明星電気が民間による月面探査競争など連想材料に急伸
記事一覧 (10/26)カイオム・バイオサイエンスが「特許」好感し一段高
記事一覧 (10/26)JPホールディング堅調、札幌の高校が同社の保育園訪問、保育士不足のなかで注目される
記事一覧 (10/26)ジェネレーションパスが月次好調など見直され出遅れ修正の動き
記事一覧 (10/26)デクセリアルズ新安値、調整不足の声、分かり難い社名も一因か
記事一覧 (10/26)味の素が「クノールスープ」など材料に戻り高値
記事一覧 (10/26)TYO年初来高値に接近、好事業環境と好業績で月足チャートは07年の290円目指す展開
記事一覧 (10/26)上場2日目のGMOメディアに初値がつきストップ高買い気配
記事一覧 (10/26)アクシーズが四半期決算を好感し3ヵ月ぶりに上場来高値
2015年10月27日

大幅上方修正の寿スピリッツ急伸、PER割安から5000円の期待も

 上方修正の寿スピリッツ<2222>(東1・100株単位)は210円高の4150円で寄付き、375円高の4315円と値を上げ、去る8月5日につけた年初来高値4335円に急接近となっている。前日引け後15時30分に9月中間期と今3月期の業績上方修正を発表、とくに通期の営業利益を従来予想に対し24.4%上方修正した。今期1株利益でも従来予想の134.0円に対し180.2円と大幅に向上する。国内需要の好調に加え、海外旅行者にも高級ブランドイメージが高まりインバウンド需要が寄与して大幅上方修正となったといえる。5000円まで買ってもPERは27倍ていどということで高成長評価から5000円相場の声も聞かれる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

アイスタイルは東南アジア展開など好感し上場来の高値

 アイスタイル<3660>(東1・売買単位100株)は10時を過ぎて10%高の1143円(107円高)まで上げ、2日続伸となって株式分割を考慮した上場来高値を約1カ月ぶりに更新した。連続最高益基調のため第1四半期(7〜9月)決算の発表に向けて期待があるほか、23日付で東南アジアでの海外流通ビジネスとフィリピンでのセレクトショップオープンなどを発表したことも期待材料になっている。第1四半期の決算発表は11月4日の予定で、通期の見通しに上ぶれ期待が出るようなら一段高相場に発展する可能性がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

経営統合の報道が出た足利HDは9%高となり常陽銀も高い

 26日夜から27日朝にかけて経営統合の報道が伝えられた足利ホールディングス(足利HD)<7167>(東1・売買単位100株)常陽銀行<8333>(東1・売買単位千株)はともに株高となり、とりわけ足利HDは取引開始後に9.4%高の556円(48円高)まで上げて一気に2014年1月以来の550円台を回復した。常陽銀行は2.3%高の659円(15円高)まで上げて売買をこなしている。両社とも26日19時30分に東証IR開示を通じて「経営統合の可能性について見当しているが、現時点で開示すべき具体的な決定事実はない」(足利HD)、「今後、開示すべき事実を決定した場合には、速やかに公表」(常陽銀行)などとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

本日上場のパートナーエージェントは結婚相談所など展開し買い気配

 27日、新規上場となったパートナーエージェント(パートナーA)<6181>(東マ・売買単位100株)は結婚相談所を全国展開し、公開価格は1260円。買い気配で好調なスタートとなり、9時40分現在は公開価格を20%上回る1512円の買い気配で推移し、まだ初値がついていない。

 2016年3月期の業績予想(連結)は、売上高が前期比40.5%増の37.4億円、純利益は同3.5倍の2.8億円、1株利益は90円67銭。

 公開価格はPER13倍台後半になり、たとえばツヴァイ<2417>(東2)の同20倍台前半との比較では割安歴然といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

寿スピリッツが業績予想の増額など好感し高値に迫る

 菓子製販の寿スピリッツ<2222>(東1・売買単位100株)は取引開始後に10%高の4315円(375円高)と急伸し、8月5日につけた上場来の高値4335円に迫る始まりとなった。昨26日の取引終了後に業績予想の増額修正を発表し、3月通期の営業利益は従来の21.5億円を26.75億円に引き上げたことなどが好感されている。8月初の高値から3カ月近くモミ合いが続いており、この期間が経験則的な区切りになる「小回り三月」(こまわりみつき)に近づいてきたため、高値モミ合いから再上昇に移る期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

セブン&アイHDが米投資ファンド保有と伝えられ売買急増

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1・売買単位100株)は取引開始後に4%高の5585円(210円高)まで上げ、売買代金では大手銀行株をしのぎ東証1部銘柄の3位前後に顔を出して活況の始まりとなった。米投資ファンドのサード・ポイントが同社株を取得していることが分かったと26日夜の日経速報ニュースなどで伝えられ思惑が広がっている。サード・ポイントは日本企業に対して大幅増配などの株主還元を求めて実現させた例があり、今春はソニー<6758>(東1)に対して音楽関連事業の分社化を求めたと伝えられるなどで動向が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース
2015年10月26日

【銘柄フラッシュ】アールビバンなど急伸し上場2日目のGMOメディアもストップ高

 26日は、日立製作所<6501>(東1)が10分以上も買い気配のまま値がつかずに始まり、業績予想の増額発表などが好感されて大引けも6.1%高とこの銘柄にしては大幅高。また、パナソニック<6752>(東1)も第2四半期決算の好調観測報道などが材料視されて6.1%高。空運株もANAホールディングス<9202>(東1)の好業績報道などが好感されて日本航空<9201>(東1)が4%高などと高い。

 フォーバル<8275>(東1)は従業員向けストップオプションの割当人数が600名などと発表し、単体従業員のほとんどに相当するため士気高揚などに期待が広がり一時15%ストップ高となり、大引けも14.8%高で東証1部の値上がり率1位。ゲーム開発などのgumi<3903>(東1)はグループ会社が共同開発したスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>(東1)のゲームが好人気とされて8.7%高となり東証1部の値上がり率2位。

 引き続き横浜市にあるマンションが傾いた問題を受け、長大<9624>(東2)は16.8%ストップ高、土木管理総合試験所<6171>(東2)は11.8%高、地盤ネットホールディングス<6072>(東マ)は16.7%ストップ高。

 業績予想を増額した銘柄の値動きも強く、幼児活動研究会<2152>(JQS)は14.6%ストップ高、アールビバン<7523>(JQS)は19.8%ストップ高となった。

 上場2日目のGMOメディア<6180>(東マ・売買単位100株)は9時25分に公開価格公開価格2740円の2.0倍の5510円で初値がつき、9時50分にかけては本日のストップ高の6510円(200円高)まで上げた。後場はストップ高に張り付き終値6510円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | 株式投資ニュース

日本郵政の売り出し価格(公開価格)が仮条件の上限1400円に決定

 東京証券取引所は26日の取引終了後、11月4日に株式を上場する日本郵政<6178>の売り出し価格(公開価格)が仮条件(1100円〜1400円)の上限に当たる1400円に決定し、所属市場は市場第一部(東証1部)と発表した。これに基づく上場時の時価総額は約6兆3000億円になる。

 同時に上場する郵政グループ3銘柄のうち、かんぽ生命保険<7181>(東1)の公開価格は2200円、ゆうちょ銀行<7182>(東1)の売り出し価格は1450円と各々19日に決定済み。上場時の時価総額は、かんぽ生命保険が1兆3200億円、ゆうちょ銀行は6兆5250億円。

 上場時の時価総額では、これまでの最大がNTT<9432>(東1)の18兆7000億円(1987年)、2位がJT<2914>(東1)の2兆8760億円(1994年)だったため、大型上場ランキングとしては、2位と3位にゆうちょ銀行、日本郵政が割って入ることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 株式投資ニュース

アールビバンが業績見通し増額など好感し買い気配のままストップ高

 アールビバン<7523>(JQS・売買単位100株)は14時50分にかけても朝から買い気配のままストップ高の485円(80円高)に張り付き、本日はまだ売買が成立せず「出来申さず」状態が続いている。23日に第2四半期の業績見通し(4〜9月)を増額発表し、とりわけ連結純利益は従来予想の2.8億円を4.2億円の見込みに大幅アップしたことなどが好感されている。ストップ高の485円は7月8日以来。8〜9月に全体相場の急落の影響で下げる前の水準は450円前後だったため、戻り待ちの売り物が一気に引っ込む可能性が出てきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース

ビリングシステムが「銀聯カード」に関する提携など好感しストップ高買い気配

 ビリングシステム<3623>(東マ・売買単位100株)は朝方から買い気配のままストップ高の4040円(700円高)に張り付き、後場は14時を過ぎてもまだ売買が成立していない。26日朝、金融関連のモバイルアプリケーション開発に豊富な実績を持つ北京新空気軟件技術有限公司(北京)と「銀聯カード」に関する提携を発表し、期待が高揚した。業績が好調で、8月以降の全体相場の急落の影響を9月中旬には完全に回復。全体相場を見渡すと、出直りの遅かった銘柄群も回復が進んできたため、先行して回復した銘柄が再び動きやすくなってきた印象がある。9月中旬の高値4440円を上回るようだと5000円台なかばまで早い可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

JFEシステムズがERP分野においてMicrosoft Goldコンピテンシー認定パートナーを取得

■「Microsoft Dynamics(R) AX」における高い技術力が評価される

 JFEシステムズ<4832>(東2)は本日(26日)、ERP(Enterprise Resource Planning)分野においてMicrosoft Goldコンピテンシー認定パートナーを取得したことを発表した。

 ゴールド―パートナー資格は、対象パッケージ「Microsoft Dynamics(R) AX」の導入実績数、顧客満足度、サービス内容、パートナーの技術資格などの総合評価において、高く評価されたパートナーに与えられる資格である。

 同社は、50年以上にわたりJFEスチール及びJFEグループ企業のシステムに携わり、鉄鋼・金属業界をはじめとする多くの製造業で培ったノウハウをもとに、様々なサービスを提供してきた。このような実績と、「Microsoft Dynamics(R) AX」における高い技術力が評価されたことで、今回のMicrosoft Goldコンピテンシー認定パートナーの取得に繋がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

明星電気が民間による月面探査競争など連想材料に急伸

 明星電気<6709>(東2・売買単位千株)は13時を過ぎては13.8%高の132円(16円高)で推移し、出来高は東証2部銘柄の6位前後と日頃に比べて急増している。宇宙衛星の各種観測装置で知られ、前週末に日本航空<9201>(東1)が民間組織による国際的な月面探査競争に挑戦する株式会社ispace(アイスペース、東京都港区、袴田武志社長)による日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト:白うさぎの意味)」とパートナー契約を締結したと発表したことなどが連想材料になっているようだ。TBSテレビの「下町ロケット」が高視聴率だったと伝えられたことも言われている。業績は回復基調が続く見込みで、第2四半期の決算発表は10月30日の予定。2015年1〜7月に140円台から150円前後でモミ合ったため、この水準を抜け出せば再び上昇軌道に乗る可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

カイオム・バイオサイエンスが「特許」好感し一段高

 カイオム・バイオサイエンス<4583>(東マ・売買単位100株)は後場一段高の始まりとなり、取引開始後に9.6%高の548円(48円高)まで上げて出直りを強めている。11時30分に開発中の「Dlk−1抗体」の特許をカナダでも取得し、米国、欧州、日本、オーストラリア、中国、韓国など、全ての出願国で特許が成立したと発表。材料株妙味を強めている。8月下旬に全体相場が急落して以降、大きな反騰相場がないため出直り余地は大きいとの見方があり、全体相場が前週好感から回復ピッチを強めてきたため出遅れ感も強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:58 | 株式投資ニュース

JPホールディング堅調、札幌の高校が同社の保育園訪問、保育士不足のなかで注目される

 JPホールディングス<2749>(東1・100株単位)は、去る26日に326円と25日線まで下げたところでボトム打ちして出直りの展開で今朝も2円高の341円と堅調。保育所159施設を運営する最大手で今年の給料上げ幅が産業界トップクラスだったこともあって注目度が高く、例えば、11月5日には道立・北海道札幌英藍高等学校の生徒有志20名が同社の「アスクあざみ野保育園」と、「アスク明大前保育園」を見学する。保育士不足の顕著な業界で同社の保育士確保に結びつくものとして注目される。年初来高値は400円(2月12日)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース

ジェネレーションパスが月次好調など見直され出遅れ修正の動き

 ジェネレーションパス<3195>(東マ・売買単位100株)は一時15.3%高の1715円(228円高)まで上げて9月3日以来の1700円台を回復し、11時過ぎには東証マザーズ銘柄の値上がり率1位に躍進する場面があった。オンラインショッピングサイト「リコメン堂」を多店舗展開し、毎月15日頃に発表する月次売上高が直近発表の9月までで8ヵ月連続増加。8月下旬に全体相場が急落して以降、同社株は目立った反騰が見られないまま底練り商状を続けてきたため、前週末から週明けに全体相場の一段高を受けて出遅れ感が強まったとの見方が出ている。PERは60倍台になるが、類似銘柄のスタートトゥデイ<3092>(東1)は40倍を超えるため、比較感ではそれほど割高感はないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

デクセリアルズ新安値、調整不足の声、分かり難い社名も一因か

 デクセリアルズ<4980>(東1・100株単位)は29円安の1382円と3日続落、とくに日々の下げ幅が拡大している。今朝の株価は7月上場後の新安値となっている。「上場後の高値からの下げ幅が408円と新規上場銘柄の調整幅としては不足しているのではないか。高値からの日柄も1カ月半で不足している」(中堅証券)とみられている。昔の名前がソニーケミカルといえば高知名度だったが、今の名前が分かり難いことも人気のないことにつながっているようだ。1000円割れがあれば買いたいとの見方もされているようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

味の素が「クノールスープ」など材料に戻り高値

 味の素<2802>(東1・売買単位千株)は2727.0円(42.5円高)まで上げ、取引時間中としては8月20日以来の2700円台を回復し、このところの戻り相場で高値に進んだ。好決算の発表に期待がある上、同社の「クノール カップスープ コーンクリーム」がブランド力やリピート購入率で他を圧倒し首位に輝いたと26日付の日経流通新聞で報じられたことなどが材料視されている。このところは7月の2960円を高値に調整相場の途上だが、2014年以降の相場を見ると上昇基調の中での微調整となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

TYO年初来高値に接近、好事業環境と好業績で月足チャートは07年の290円目指す展開

 ティー・ワイ・オー<4358>(東1・100株単位)は2円高の204円と下値を切り上げ4月につけた年初来高値216円に接近、注目される展開となっている。TV−CM制作の大手で企画制作力を評価されてスカイマークのブランド再生支援を手掛ける。今7月期も2ケタ増益見通しに加え、これからオリンピックに向け事業環境はいっそう繁忙の見通し。特に、月足チャートはきれいな下値切り上げの展開で短期的な人気性には欠けるものの、中長期では2007年の290円を目指す月足チャートといえるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース

上場2日目のGMOメディアに初値がつきストップ高買い気配

 23日に上場したGMOメディア<6180>(東マ・売買単位100株)は9時25分に公開価格2740円の2.0倍の5510円で初値がつき、9時50分にかけては本日のストップ高の6510円(200円高)まで上げてストップ高買い気配となっている。

 2015年12月期の業績予想(個別)は、売上高が前期比5.9%増の35.2億円、営業利益が同25.1%増の3.4億円、純利益は同39.9%増の2.1億円、1株利益は152.2円。ストップ高でのPERは43倍前後になるが、業績の好調なIT関連株の新規上場ではPER100倍超のケースがあるため期待が強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

アクシーズが四半期決算を好感し3ヵ月ぶりに上場来高値

 アクシーズ<1381>(JQS・売買単位100株)は取引開始後に22%高の2750円(499円高)まで上げてJASDAQ銘柄の値上がり率1位に躍進し、約3ヵ月ぶりに上場来の高値を更新した。ケンタッキーフライドチキン向けの鶏肉などで知られ、23日の取引終了後に発表した第1四半期決算(7〜9月)が好調で、前年同期比で売上高18%増、営業利益2.5倍などとなったことが好感されている。高値を更新したため上値圧迫感が晴れ、値幅狙いの短期資金も参加しやすくなった格好。6月通期の予想1株利益は195.9円のためPERは14倍前後にすぎず、また、通期の業績が上ぶれる可能性が出てきたため割安感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース