[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/20)増配報道好感せず新日鐵住金、年初来安値に接近、増配も周回遅れの見方も
記事一覧 (08/20)富士急行が訪日観光客の増加や「しのびの里」など材料に急反発
記事一覧 (08/20)トヨタ下げ7月9日安値に接近、7月のギリシャショックより大きい中国問題に関心
記事一覧 (08/20)1部昇格控えたオオバは押し目買いに戻す、投信持株比率ゼロ
記事一覧 (08/20)JXホールディングスは原油と銅のダブルパンチで7日続落
記事一覧 (08/20)京写は15円高で始まる、次世代無線技術の実用化接近を好感
記事一覧 (08/20)星光PMCが環境省のセルロースナノファイバー育成報道でストップ高
記事一覧 (08/20)ソフトバンクグループが副社長の自社株買いを好感し活況高
記事一覧 (08/19)【銘柄フラッシュ】NコンピュータDが急伸し東芝は何と値上がり率2位
記事一覧 (08/19)中国人観光客の伸び鈍化しコーセーなど後場一段軟調
記事一覧 (08/19)ロシア関連株のJTがルーブル安などでモミ合い割れ目前
記事一覧 (08/19)トプコン再び下げに転じ新安値、あまりにも低い進捗率、信用買残肩代わりしたくないとの見方
記事一覧 (08/19)モミ合い下放れの帝国繊維下げ止まらず新安値、高値から1000円押しでリバウンド狙いも
記事一覧 (08/19)ネクシィーズが9月上場の子会社などに期待し急伸
記事一覧 (08/19)オオバ前場のS高から後場一服だが底堅い、「窓開け銘柄」は人気続く
記事一覧 (08/19)上海株一時5%安と伝わり日経平均が下げ幅を広げ260円安
記事一覧 (08/19)データセクションが人工知能の新規事業に期待膨らみ急伸
記事一覧 (08/19)京写は前場70円安のあと反発、短期急騰で当然の調整、京大提携材料評価はこれから本番
記事一覧 (08/19)サイゼリヤは自社株取得でいきなり3000円台で寄り付く、さらに141円高と値を上げる
記事一覧 (08/19)東芝は大型株らしからぬ上げ足、3日で8%超上昇、手詰まり相場に最適とも
2015年08月20日

増配報道好感せず新日鐵住金、年初来安値に接近、増配も周回遅れの見方も

 増配報道の新日鐵住金<5401>(東1・売買単位1000株)は、全般安もあって前場は5.8円安の268.2円と前日の3.7円安に続いて下げている。年初来高値360.5円(6月)から遠ざかり、年初来安値273.5円(2月)に5円強と迫っている。「大型株の動ける地合いではないし、増配というが主力どころに比べると周回遅れの感がある」との見方だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース

富士急行が訪日観光客の増加や「しのびの里」など材料に急反発

 富士急行<9010>(東1・売買単位千株)は51円高の1264円(4.2%高)まで上げて急反発となり、値上がり率は東証1部銘柄の10位前後に位置している。19日に日本政府観光局が発表した「訪日外客数」が1〜7月で前年同期比47%増の1105万人となり、昨年より3カ月早く1000万人を超えたことなどが好感されている。10月10日には、富士五湖地域の人気観光スポットである「忍野八海」の入り口近くに「しのびの里」をテーマにした忍者からくり屋敷、飲食物販棟、茶処、庭園などをオープンする予定で、集客力強化などが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

トヨタ下げ7月9日安値に接近、7月のギリシャショックより大きい中国問題に関心

 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は中国・天津の化学工場爆発事故の影響を懸念して47円安の7850円と窓開けして始まり115円安の7782円と値を下げている。安値後の戻り力弱く安値圏での推移だ。直前の下値のフシだった7864円(8月5日)を下回ったことで短期の諦め売りが出ているようだ。次のフシは7月9日の7630円だが、「ギリシャショックで下げた時より中国問題はケタ違いに大きい。このあたりをどう見るかにかかっている」(中堅証券)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

1部昇格控えたオオバは押し目買いに戻す、投信持株比率ゼロ

 オオバ<9765>(東2・売買単位100株)は14円安の523円と値を下げたが、25日から1部昇格を控えていることから押し目買いが入って前日終値水準に戻し堅調だ。2ケタ増益、ROE18%前後、1株利益41.4円、配当年12円の見通し。投信の保有比率ゼロから1部昇格で機関投資家買いが期待されている。年初来高値は3月の634円。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

JXホールディングスは原油と銅のダブルパンチで7日続落

 JXホールディングス<5020>(東1・売買単位100株)は一時14.5円安の464.1円まで下げて売買交錯となり、7日続落基調となっている。昨夜の米WTI原油先物が6年半ぶりの安値水準になる40.80ドル(1.82ドル安)と40ドル割れ目前になった上、同社は銅の製錬の大手であるJX日鉱日石金属を擁するため、銅の先物がロンドン市場で6年ぶりに1トン5000ドルを割ったと伝えられたことも影響している。ただ、原油、銅とも直近は下落ピッチが速まってきたとの見方があり、JXホールディングスの株価ともども自律反騰に転じる可能性はあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

京写は15円高で始まる、次世代無線技術の実用化接近を好感

 京写<6837>(JQ・売買単位1000株)は、15円高の743円と高く寄り付いている。児嶋一登社長が、京大と実用化を目指す次世代無線技術について、16年3月までにサンプル提供を開始し来年度に量産を目指す方向との報道を好感している。ロボットなど産業用にかなりの規模の需要が期待される。年初来高値は11日の849円。中期4ケタの声。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

星光PMCが環境省のセルロースナノファイバー育成報道でストップ高

 星光PMC<4963>(東1・売買単位100株)は3日ぶりに1000円を回復して始まった後9時20分過ぎにはストップ高の1104円(150円高)に達し、約16%高で東証1部銘柄の値上がり率トップに躍り出た。植物繊維由来の次世代の新軽量素材セルロースナノファイバーの開発で先行し、今朝のNHKニュースが「環境省が38億円の予算をつけて環境省は植物から製造され、鉄の5倍の強度を持つとされる「セルロースナノファイバー」と呼ばれる次世代の素材を開発する実証事業を来年度から始める方針を固めました」と伝えたことなどが材料視されている。第2四半期業績の営業利益は前年同期比5倍になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

ソフトバンクグループが副社長の自社株買いを好感し活況高

 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は223円高の7700円(3.0%高)で始まり、朝寄り後は東証全銘柄の中で売買代金1位となった。昨19日の取引終了後、6月に就任したニケシュ・アローラ副社長が同社株式を約600億円相当分、私費で買い付けると発表し、材料視されている。600億円は19日の終値ベースで、発行済み株式総数の約0.7%。買い付けは向こう6ヵ月かけて行うとした。株価は1年半にわたり下値を6600円前後とするモミ合い相場となっており、この数日はこの下値圏から持ち直してきた状態。モミ合いのウネリをとらえると8000円台から8500円前後までは上値余地がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース
2015年08月19日

【銘柄フラッシュ】NコンピュータDが急伸し東芝は何と値上がり率2位

 19日は、東芝<6502>(東1)が不適切会計を巡り過去の決算を訂正したことなどでアク抜け感が言われ、何と7.7%高となり東証1部銘柄の値上がり率2位。明治海運<9115>(東1)は市況を好感する相場から需給相場に変化したとされて6.0%高となり値上がり率3位。1位はネクシィーズ<4346>(東1)の7.8%高となり9月17日に株式を上場するブランジスタ<6176>(東マ・売買単位100株)の親会社(58.60%保有)と思惑が拡大。オオバ<9765>(東2)は東証1部への昇格が発表され一時ストップ高のあと13.8%高となった。

 日本コンピュータ・ダイナミクス(NコンピュータD)<4783>(JQS)は業績上ブレ期待や開発中の新製品に関する話などが言われて動意を強め20.7%ストップ高。ラクオリア創薬<4579>(JQG)は米国での特許発表などが好感されて19.3%ストップ高。FFRI<3692>(東マ)は18日付で日々公表銘柄の指定が解除され、バンコクの爆発事件を受けてテロ対策やセキュリティ対策が連想されたようで11.5%高となり東証マザーズの値上がり率トップとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース

中国人観光客の伸び鈍化しコーセーなど後場一段軟調

 コーセー<4922>(東1・売買単位100株)は後場一段軟調になり、大引けにかけて本日の安値1万1890円(540円安)をつけた。このところ訪日観光客による需要増加などが材料視されて賑わってきたが、全体相場が大きく調整する中で、14時過ぎに日本政府観光局が発表した7月の訪日外国人客数によると中国人の観光客がが前年同月比2.05倍で6月の同2.7倍から大幅に縮小したことが影響したようだ。東京・浅草に店舗を構える百貨店の松屋<8237>(東1)なども後場一段軟化した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

ロシア関連株のJTがルーブル安などでモミ合い割れ目前

 ロシア関連株のJT(日本たばこ産業)<2914>(東1・売買単位100株)は後場一段軟調になり、一時118.5円安の4604.5円まで下げて売買交錯となっている。ロシアの経済指標の悪化などにより、外為市場でルーブルが対ドルで6カ月ぶりの安値水準になっていることなどが影響している。4600円を割り込めば、8月初から続く高値モミ合いを割ることになり、いわゆるモミ合い割れ、下っ放れとなるため注目されている。

 ロシア関連株としてのイメージがある主な銘柄としては、ほかに極洋<1301>(東1)、国際石油開発帝石<1605>(東1)、日揮<1963>(東1)、双日<2768>(東1)、味の素<2802>(東1)、日清食品ホールディングス<2897>(東1)、ダイキン工業<6367>(東1)、加藤製作所<6390>(東1)、三菱自動車<7211>(東1)、豊田通商<8015>(東1)などのほかファーストリテイリング<9983>(東1)も挙げられることがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | 株式投資ニュース

トプコン再び下げに転じ新安値、あまりにも低い進捗率、信用買残肩代わりしたくないとの見方

 下げ止まっていたトプコン<7732>(東1・売買単位100株)は再び下げに転じ95円安の1952円と昨年5月以来1年3カ月ぶりに2000円台割れ。16年3月期2ケタ増益見通しだが、第1四半期の進捗率が5%弱とあまりにも低く、「大丈夫」の見方。信用買残多く、「この水準では肩代わりしたくない。投げが出て、もっと突っ込んだところを買いたい」との声だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

モミ合い下放れの帝国繊維下げ止まらず新安値、高値から1000円押しでリバウンド狙いも

 帝国繊維<3302>(東1・売買単位100株)は1750円前後のモミ合い下放れてから続落歩調で今日は38円安の1565円と年初来安値に沈んでいる。年初来高値2686円(1月5日)は遠のき高値に対しては5.8合目水準。今12月期2ケタ減益で業績では浮上難しそうだが、相場感覚的には高値から1000円押しがリバウンド狙いの目処か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

ネクシィーズが9月上場の子会社などに期待し急伸

 ネクシィーズ<4346>(東1)は13時30分にかけて6.1%高の976円(56円高)前後で推移し、東証1部の値上がり率2位を争う展開となっている。LEDレンタルや電子雑誌などを展開し、9月17日に株式を上場するブランジスタ<6176>(東マ・売買単位100株)の1位株主(58.60%保有)であることなどが材料視されている。日経平均が一時300円安となったため、材料性のある銘柄を個別に選別買いする動きが強いようだ。今9月期は最高益更新の見込みで業績は好調。チャート判断では2014年1月につけた2007年以来の高値1439円を目指す可能性があるようだ。ブランジスタの2位株主は楽天<4755>(東1)で10.66%保有している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

オオバ前場のS高から後場一服だが底堅い、「窓開け銘柄」は人気続く

 前場ストップ高のオオバ<9765>(東2・売買単位100株)は、後場は520円〜540円台のモミ合いだ。今月25日から1部昇格上場を評価して前場は80円ストップ高(S高)の552円と急伸。今期2ケタ増益、PER13倍前後。「窓開けした銘柄はそのままでは終わらない」ことから年初来高値634円(3月)挑戦も。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:03 | 株式投資ニュース

上海株一時5%安と伝わり日経平均が下げ幅を広げ260円安

 19日後場の東京株式市場では上海株式の下げなどが手控え気分を誘い、日経平均が下げ幅を広げて12時50分頃に約1.3%安の261円79銭安(2万292円68銭)まで下押して7月29日以来の2万300円割れとなった。

 上海総合株価指数は昨日の6.1%安に続き日本時間の10時30分に2.7%安で取引が始まり、同11時過ぎに5.1%安まで下げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

データセクションが人工知能の新規事業に期待膨らみ急伸

 データセクション<3905>(東マ・売買単位100株)は後場79円高の719円(12.3%高)で始まり、前場から東証マザーズ銘柄の値上がり率1位を争う相場となっている。18日付で、「新規事業として人工知能(ディープラーニング)を活用した「WEB画像フィルタリングサービス」の提供を開始」と発表したことなどが好感され、第1四半期決算を14日に発表した後の下げを完全に奪回した。2014年12月に上場し、15年1月に1700円台まで上げたことがあるため、チャート観測では半値戻しの水準の1000円台が見込める可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

京写は前場70円安のあと反発、短期急騰で当然の調整、京大提携材料評価はこれから本番

 急伸演じた京写<6837>(JQ・売買単位1000株)は前場70円安の708円まで5日ぶりに下げたが700円台キープから後場は720円どころへ戻している。7月末の450円前後から8月11日の849円まで短期急騰、移動平均線との乖離拡大で当然の一服場面。京都大学との画期的無線技術実用化材料(たとえばドローンの行方不明は解消となる)で先行き4ケタの呼び声高い。700円接近は好買い場。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

サイゼリヤは自社株取得でいきなり3000円台で寄り付く、さらに141円高と値を上げる

 自社株買い好感でサイゼリヤ<7581>(東1・売買単位100株)は61円高の3035円といきなり大台乗せで寄付き141円高の3115円と値を飛ばしている。1カ月ぶりの年初来高値更新。今日から9月末まで上限30万株の自社株取得を行う。8月末で株主優待のついていることも注目点。今8月期2ケタ増益、1株利益67.4円の見通し。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

東芝は大型株らしからぬ上げ足、3日で8%超上昇、手詰まり相場に最適とも

 東芝<6502>(東1・売買単位1000株)は26.8円高の392.5円と続伸、足元3日間で約8.6%高と大型株らしからぬ上げっぷり。前日との違いは、不正経理の総額がほぼ確定し、新たな経営体制が決まったこと、さらに、マーケットが手詰まりとなっていることなどがある。「倒産などの決定的要因でなければ、こうした悪材料による乱高下は短期マネーが好むところ。かつて東電、シャープ、オリンパスなどもそうだった」との市場関係者の見方。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース