[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/18)バルテスは売り一巡、20年3月期大幅増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/18)データ・アプリケーションは21年3月期収益回復期待
記事一覧 (02/17)日本リーテックが急伸、東証1部への移籍と記念配当が好感される
記事一覧 (02/17)エル・ティー・エスは上値試す、20年12月期大幅増収増益予想
記事一覧 (02/17)アサンテは調整一巡、20年3月期2桁増益予想で3Q累計進捗率順調
記事一覧 (02/17)東洋合成工業は上値試す、20年3月期2桁営業増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/17)新日本製薬は底値圏、20年9月期2桁増益予想で1Q順調
記事一覧 (02/14)USEN−NEXT HOLDINGSは上値試す、20年8月期営業・経常増益予想
記事一覧 (02/14)RPAホールディングスは底値圏、21年2月期収益回復期待
記事一覧 (02/13)コーセルは調整一巡
記事一覧 (02/13)イートアンドは昨年来高値圏、20年3月期増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/12)NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調
記事一覧 (02/10)幸和製作所は底値圏、21年2月期収益改善期待
記事一覧 (02/07)ビーアンドピーは底値圏、20年10月期増収増益予想
記事一覧 (02/06)ヴィッツは底値圏、20年8月期大幅営業増益予想
記事一覧 (02/06)ファンデリーは20年3月期3Q累計減益に対する売り一巡
記事一覧 (02/04)シャノンは底放れ、20年10月期大幅増益予想
記事一覧 (02/04)Hameeは上値試す、20年4月期増益予想で再上振れ余地
記事一覧 (02/03)大丸エナウィンは上値試す、20年3月期増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (01/31)アンビスホールディングスは上値試す、医療施設型ホスピス「医心館」を展開
2020年02月18日

バルテスは売り一巡、20年3月期大幅増収増益予想で3Q累計順調

 バルテス<4442>(東マ)はソフトウェアテストサービス事業を主力としている。20年3月期大幅増収増益予想である。第3四半期累計は概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は1月の上場来高値圏から急反落したが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:29 | 株式投資ニュース

データ・アプリケーションは21年3月期収益回復期待

 データ・アプリケーション<3848>(JQ)は、データ交換系ミドルウェアを中心とするソフトウェア開発企業である。20年3月期は下方修正して減益幅が拡大する見込みとなった。21年3月期の収益回復を期待したい。株価は下方修正も嫌気して昨年来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:28 | 株式投資ニュース
2020年02月17日

日本リーテックが急伸、東証1部への移籍と記念配当が好感される

■3月5日の売買から東証1部銘柄になり記念配当3円を発表

 日本リーテック<1938>(東2)は2月17日、一時ストップ高の1661円(300円高)まで上げて急伸し、14時を過ぎても19%高の1620円(259円高)前後で推移。2018年10月以来の1600円台となっている。

 2020年3月5日の売買から東証1部銘柄になる承認を取得と14日の取引終了後に発表。同時に、東証1部記念配当も発表し、20年3月期の期末配当に1株あたり3円を加え、同27円の予定とした。前期実績は同22円だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

エル・ティー・エスは上値試す、20年12月期大幅増収増益予想

 エル・ティー・エス<6560>(東マ)は、ビジネスプロセスマネジメントを通じて顧客企業のビジネスを変革・成長させるサービスを展開している。20年12月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は昨年来高値を更新している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:31 | 株式投資ニュース

アサンテは調整一巡、20年3月期2桁増益予想で3Q累計進捗率順調

 アサンテ<6073>(東1)は、木造家屋向けシロアリ防除やホテル・オフィスビル・飲食店向け害虫対策などを展開している。20年3月期2桁増益予想である。第3四半期累計は微減益だが、進捗率は順調だった。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は昨年来安値圏だが、調整一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:29 | 株式投資ニュース

東洋合成工業は上値試す、20年3月期2桁営業増益予想で3Q累計順調

 東洋合成工業<4970>(JQ)は、フォトレジスト用感光性材料分野で世界トップクラスのメーカーである。20年3月期2桁営業増益予想である。第3四半期累計は順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は1月の上場来高値から一旦反落したが、切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:28 | 株式投資ニュース

新日本製薬は底値圏、20年9月期2桁増益予想で1Q順調

 新日本製薬<4931>(東マ)は、シンプルスキンケアブランド「パーフェクトワン」化粧品を主力としている。20年9月期2桁増益予想である。第1四半期は概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は反発の動きを強めている。ほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:27 | 株式投資ニュース
2020年02月14日

USEN−NEXT HOLDINGSは上値試す、20年8月期営業・経常増益予想

 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)は、音楽配信や店舗ソリューションなどの店舗サービス事業を主力としている。20年8月期営業・経常増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は急伸した1月の昨年来高値から一旦反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:25 | 株式投資ニュース

RPAホールディングスは底値圏、21年2月期収益回復期待

 RPAホールディングス<6572>(東1)は、ロボットアウトソーシング事業およびロボットトランスフォーメーション事業を主力としている。20年2月期大幅減益予想だが、21年2月期の収益回復を期待したい。株価は安値を更新する場面があったが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:23 | 株式投資ニュース
2020年02月13日

コーセルは調整一巡

 コーセル<6905>(東1)は電源を主力としている。20年5月期は需要減速で大幅減収減益予想だが、21年5月期の収益回復を期待したい。株価は戻り高値圏から反落して上値の重い展開だが、調整一巡を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:50 | 株式投資ニュース

イートアンドは昨年来高値圏、20年3月期増益予想で3Q累計順調

 イートアンド<2882>(東1)は「大阪王将」ブランドを主力として、冷凍食品製造・販売および外食チェーンを展開している。20年3月期増益予想である。第3四半期累計は順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は昨年来高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:48 | 株式投資ニュース
2020年02月12日

NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調

 NATTY SWANKY<7674>(東マ)は、餃子を軸にした居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」をチェーン展開している。20年6月期大幅増益予想である。第2四半期累計は順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏から一旦反落したが切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:19 | 株式投資ニュース
2020年02月10日

幸和製作所は底値圏、21年2月期収益改善期待

 幸和製作所<7807>(JQ)は福祉用具・介護用品の総合メーカーで、介護サービスも展開している。20年2月期赤字予想(1月10日に業績予想と配当予想を下方修正)だが、21年2月期収益改善を期待したい。株価はモミ合いから下放れて軟調展開だが、ほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:24 | 株式投資ニュース
2020年02月07日

ビーアンドピーは底値圏、20年10月期増収増益予想

 ビーアンドピー<7804>(東マ)はインクジェットプリンタ出力事業として、デジタル印刷・プリントサービスを展開している。20年10月期増収増益予想である。株価は軟調展開で安値を更新している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だがほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | 株式投資ニュース
2020年02月06日

ヴィッツは底値圏、20年8月期大幅営業増益予想

 ヴィッツ<4440>(東マ)は、自動車・産業製品向け制御ソフトウェア受託開発など組込システム事業を主力としている。20年8月期大幅営業増益予想である。株価は安値を更新する場面があったが、ほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | 株式投資ニュース

ファンデリーは20年3月期3Q累計減益に対する売り一巡

 ファンデリー<3137>(東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。20年3月期第3四半期累計は減益だった。第4四半期稼働予定の新工場が寄与して通期大幅増益予想だが、計画達成に不安が残る。第4四半期の挽回を期待したいが、通期下振れに注意が必要だろう。株価は急反落したが売り一巡感を強めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | 株式投資ニュース
2020年02月04日

シャノンは底放れ、20年10月期大幅増益予想

 シャノン<3976>(東マ)は企業のマーケティング課題を解決するマーケティングクラウドを展開している。20年10月期大幅増益予想である。株価は下値を切り上げて底放れの動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:37 | 株式投資ニュース

Hameeは上値試す、20年4月期増益予想で再上振れ余地

 Hamee<3134>(東1)は、スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、クラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。20年4月期増益予想で再上振れ余地がありそうだ。株価は昨年来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:35 | 株式投資ニュース
2020年02月03日

大丸エナウィンは上値試す、20年3月期増益予想で3Q累計順調

 大丸エナウィン<9818>(東2)はLPガスや住宅設備機器販売のリビング事業を主力としている。20年3月期増益予想で、第3四半期累計は大幅増益と順調だった。株価は期末配当の上方修正も好感して昨年来高値を更新する場面があったが、買いが続かず反落した。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:16 | 株式投資ニュース
2020年01月31日

アンビスホールディングスは上値試す、医療施設型ホスピス「医心館」を展開

 アンビスホールディングス<7071>(JQ)は、慢性期・終末期の看護・介護ケアに特化した医療施設型ホスピス「医心館」を展開している。20年9月期は新規施設出店効果で大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は高値圏だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:29 | 株式投資ニュース