[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/18)オークマは機械受注など材料に買い戻し増加の期待あり高値更新
記事一覧 (12/18)本日上場のアーキテクツ・スタジオJPNは公開価格の2倍で買い気配
記事一覧 (12/18)ブリヂストンは円安を好感し12月決算も期待し出直り強める
記事一覧 (12/18)スズキは「軽」増税までの対応策などに期待あり1週間ぶり戻り高値
記事一覧 (12/18)カシオ計算機は中国の電波時計市場や円安を好感し高値更新
記事一覧 (12/18)本日新規上場の中古住宅再生事業イーグランドは公開価格の17%高で買い気配
記事一覧 (12/18)本日新規上場のアーキテクツ・スタジオJPNは公開価格の15%高で買い気配
記事一覧 (12/18)本日新規上場のアビストは公開価格と同値で初値をつけ堅調スタート
記事一覧 (12/18)本日新規上場のコンサルティング企業シグマクシスは3020円で初値
記事一覧 (12/18)ミクシィは様子見で始まり昨日の急反発から売買交錯
記事一覧 (12/17)【銘柄フラッシュ】ガーラやミクシィが急伸し新規上場のアズマハウスは初値好調
記事一覧 (12/17)ミクシィは午後ストップ高となり5日ぶりに急反発
記事一覧 (12/17)ネポンは北日本の豪雪や上場40周年を思惑材料に反発拡大
記事一覧 (12/17)UMNファーマはヤクルト本社との提携を好感し一段高
記事一覧 (12/17)ダイワボウHLDは鳥インフルエンザや大気汚染を材料に物色再燃
記事一覧 (12/17)ミクシィは急反発し3分の2押しと4000円の大台で切返す
記事一覧 (12/17)パーク24は最高益決算を好感し出直りを拡大
記事一覧 (12/17) 新規上場のアズマハウスは公開価格の10%高で初値
記事一覧 (12/17) 本日新規上場のアズマハウスは配当も好感し買い気配
記事一覧 (12/17)カシオ計算機はNY株の急反発を好感し高値に迫る
2013年12月18日

オークマは機械受注など材料に買い戻し増加の期待あり高値更新

 オークマ<6103>(東1)は18日の後場も上値を追い1107円(55円高)と約1週間ぶりに年初来の高値を更新。13時40分現在も1100円前後で強い相場となっている。円安基調に加え、日本工作機械工業会が昨日発表した11月の工作機械受注額(確報)が前年同月比で2カ月連続増加の15・4%増となったことなどが材料視されている。信用売り残がいぜん多いため、買い戻しが増加すれば一段高の可能性があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

本日上場のアーキテクツ・スタジオJPNは公開価格の2倍で買い気配

  本日、新規上場となったアーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>(東マ)は18日の後場も買い気配のまま売買が成立しない状態を続け、13時30分にかけては公開価格2050円に対し2.0倍の4130円の買い気配。大手住宅メーカーの規格住宅などに満足しない富裕層などを対象に、約2400人の登録建築家が意匠を凝らした住宅建築を支援する事業で急成長。業績は好調の見込みで、今期・2014年3月期の業績予想(個別)は、売上高が前期比21.4%増の16億3700万円、営業利益が同49.0%増の2億6400万円、純利益が同50.1%増の1億5800万円、1株利益は123円10銭。公募株数は25万株、売り出し株数は最大9万5000株。本日は新規上場が4銘柄ある中で、後場も買い気配は同社のみとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース

ブリヂストンは円安を好感し12月決算も期待し出直り強める

 ブリヂストン<5108>(東1)は18日の後場も強い相場を続け、3830円(80円高)まで上げて出直りを強め、13時過ぎも3800円台で推移。円相場が東京市場では再び円安基調に戻ったため買い安心感があり、昨日、ブラジルでタイヤを4割増産すると発表したことを見直す動きがある。12月決算にも期待があり、配当狙いの買いもある。12月3日に3850円の高値に進み、以後は高値圏で値固めの動き。これを抜け出せば上昇第2波に突入する形で一段高の可能性が出てくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

スズキは「軽」増税までの対応策などに期待あり1週間ぶり戻り高値

 スズキ<7269>(東1)は18日、約1週間ぶりに戻り高値を更新し、朝方に2704円(58円高)まで上げて11時現在も2697円(51円高)前後で推移。12月11日から自己株の取得(自社株買い)を開始した上、海外では円高に振れた円相場が東京市場では早朝を除いて円安基調に戻ったため安心感が広がった。「軽」に対する自動車税の増税は引き続き不透明要因になり、同社・鈴木会長兼社長の「弱いものいじめ」との主張はカキ消されてしまった格好。ただ、「軽」自動車税の増税実施は2015年春からの見込み。同社はそれまでに新車種のラインアップをそろえることなどで対応すると今朝の日本経済新聞が伝えている。同氏は新車発表の場で以前「カッコいいクルマとは売れるクルマのことだ」と発言したことがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:14 | 株式投資ニュース

カシオ計算機は中国の電波時計市場や円安を好感し高値更新

 カシオ計算機<6952>(東1)は18日、3日ぶりに年初来高値を更新し、1190円(22円高)で売買開始の後は1232円(64円高)。円相場が今朝の東京市場では再び円安基調に戻った上、一昨日、中国での事業拡大に向けて販売網を1社に集約すると発表したことに期待が強まっている。中国では月探査衛星の月面着陸の成功を機にスマートフォンのGPS機能や電波時計など、宇宙技術に関連する商品やサービスに注目が集まっているようで、同社の独壇場である電波時計に期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

本日新規上場の中古住宅再生事業イーグランドは公開価格の17%高で買い気配

 本日新規上場となったイーグランド<3294>(JQS)は18日、買い気配で始まり好調にスタート。9時35分現在は公開価格3300円を17%上回る3865円の買い気配となっている。公募株数は25万株、売り出し株数は最大15万2500株。首都圏を中心に中古住宅やマンションを仕入れてリフォームし再販する事業が中心で、仕入れ件数の7割が競売経由のため廉価な価格設定が競争力を強めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

本日新規上場のアーキテクツ・スタジオJPNは公開価格の15%高で買い気配

 本日、新規上場となった建築家を紹介・仲介するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>(東マ)は18日、買い気配で始まる好調なスタートとなり、9時30分現在は公開価格2050円に対し15%高の2359円で買い気配。公募株数は25万株、売り出し株数は最大9万5000株。直近で約2400人の登録建築家がおり、大手住宅メーカーの規格住宅などに満足しない建築主などを対象に全国で展示会や無料相談会を開催。工務店や建設会社とのネットワーク化による展開も特色。

 業績は好調の見込みで、今期・2014年3月期の業績予想(個別)は、売上高が前期比21.4%増の16億3700万円、営業利益が同49.0%増の2億6400万円、純利益が同50.1%増の1億5800万円、1株利益は123円10銭。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

本日新規上場のアビストは公開価格と同値で初値をつけ堅調スタート

 本日、JQSDAQ市場に新規上場となった機械設計開発などのアウトソーシング企業アビスト<6087>(JQS)は18日、9時の売買開始と同時に公開価格3450円と同値で売買が成立し好スタート。公募株数は45万株、売り出し株数は最大15万3000株。3D(3次元)CADを駆使する機械・機械部品の設計やソフト開発などを請負いや派遣で行ない、主な需要家は自動車業界や機械・部品業界。足元はトヨタ自動車<7203>(東1)向けが売上高の2割強。

 業績は好調の見込みで、今期・2014年9月期の業績予想(連結)は、売上高が前期比14.1%増の53億8500万円、営業利益が同2.2%増の6億6500万円、純利益が同1.6%増の3億7500万円、1株利益は198円39銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

本日新規上場のコンサルティング企業シグマクシスは3020円で初値

 本日新規上場となった経営コンサルティング企業のシグマクシス<6088>(東マ)は18日、9次の売買開始と同時に3020円で売買が成立し、公開価格3010円を上回るスタート。その後3450円と上値を追っている。三菱商事<8058>(東1)グループと外資系企業の合弁会社として2008年に設立。公募株数は21万1700株だが、売り出し株数は最大161万5600株と一連のIPO(新規株式公開)銘柄の中では大型。本日は新規上場が4銘柄ある。

 業績は開発投資などを除くと大幅拡大の見込みで、今期・2014年3月期の業績予想(単体)は、売上高が前期比8.3%増の111億円、営業利益が同79.2%増の12億5900万円、純利益は同9.3%減の10億4600万円、1株利益は229円39銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

ミクシィは様子見で始まり昨日の急反発から売買交錯

 ミクシィ<2121>(東マ)は18日、軟調な始まりとなり、5010円(70円安)で売買開始の後は5050円(30円安)を上値に売買交錯。12月10日まで10日連続ストップ高の急騰を演じた後は一転3日連続ストップ安の急落となり、昨日は急反発のストップ高だったが、今朝は様子見ムードで始まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2013年12月17日

【銘柄フラッシュ】ガーラやミクシィが急伸し新規上場のアズマハウスは初値好調

 17日は、NYダウの急反発129ドル高を好感し日経平均は125円高と急反発したものの、自動車株をみるとホンダ<7267>(東1)が0.7%高と堅調な半面で富士重工業<7270>(東1)は0.4%安などと値動きはマチマチ。日経平均は朝方急伸したまま高値圏で小動きに終始。連動性の強いソフトバンク<9984>(東1)は1.7%高の150円高、ファナック<6954>(東1)は1.7%高の280円高など値幅のみ目立つ相場。このためか材料株物色が活発で、学情<2301>(東1)は需給妙味が強いため9日発表の好決算と増配が引き続き材料視されて続伸7.5%高、大幸薬品<4574>(東1)はノロウィルス対策や中国の鳥インフルエンザ報道などを材料に4.8%高、昨日まで4日間急落のミクシィ<2121>(東マ)は後場16.0%ストップ高の急反発。ガーラ<4777>(JQS)はゲーム株急騰人気の根強さを示すように4日ぶり急反発の28.7%高。

 本日、新規上場となったアズマハウス<3293>(JQS)は買い気配で始まる好発進となり、9時16分に公開価格1600円に対し10%高の1760円で売買成立。その後1887円まで上げ、前引けは1680円。

 東証1部の値上がり率1位はショットモリテックス<7714>(東1)の13.0%高となり昼前に液晶検査用などの高輝度LEDなどを発表したことが材料視されて急動意、2位は前出・学情<2301>(東1)の続伸7.5%高、3位はポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>(東1)の6.9%高となり新年1月8日現在の株主に1対2分割を期待戻り高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:22 | 株式投資ニュース

ミクシィは午後ストップ高となり5日ぶりに急反発

 ミクシィ<2121>(東マ)は17日の後場も反発相場を続け、14時30分過ぎにストップ高の5080円(700円高)。昨日までの4日続落(うち3日連続ストップ安)から一転急反発となった。12月10日まで10日連続ストップ高となり、約1カ月間で1200円前後から9060円まで高騰。翌日から一転3日連続ストップ安。ゲーム株とはいえ、まさにマネーゲームの展開となっていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

ネポンは北日本の豪雪や上場40周年を思惑材料に反発拡大

 園芸施設用温風器などのネポン<7985>(東2)は17日の14時にかけて240円(11円高)と本日の現在高。反発幅を拡大。農業振興・TPP(環太平洋経済連携協定)関連株として時々動意づいてきたが、本日は北日本などで続く豪雪を材料視する動きがあるようだ。業績は堅調で、会社予想を上ぶれる期待が強い銘柄。株式上場が1974年6月のため来年は上場40周年になり、記念配当などに対する期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:02 | 株式投資ニュース

UMNファーマはヤクルト本社との提携を好感し一段高

 創薬ベンチャーのUMNファーマ<4585>(東マ)は17日の後場寄り後に一段上値を追い一時4180円(400円高)まで上昇。11時30分にヤクルト本社<2267>(東1)などとの提携を発表したことが好感されている。提携は、がん領域における追加の抗体バイオ後続品に関する共同事業の契約。UMNファーマは2012年12月新規上場となり、当面の業績は創薬ベンチャーによくある赤字継続。ヤクルト本社は増収増益が続き財務内容も潤沢なため、強い協力者との見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

ダイワボウHLDは鳥インフルエンザや大気汚染を材料に物色再燃

 ダイワボウホールディングス<3107>(東1)は17日の後場6.1%高の209円(12円高)で売買開始となり、前場に続いて急反発相場を継続。風邪マスク素材の大手で、中国・広東省で鳥インフルエンザウイルスのヒト感染が相次いで確認と伝えられたことや、大気汚染の激化によってファッションショーのモデルも総マスク姿で登場したと伝えられたことが材料になっている。株価は12月3日に229円まで上げ2010年来の高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:35 | 株式投資ニュース

ミクシィは急反発し3分の2押しと4000円の大台で切返す

 ミクシィ<2121>(東マ)は17日、5日ぶりの反発相場となり、10時45分現在は10.2%高の4825円(445円高)と急激な切り返し。12月10日までの10日連続ストップ高から一転3日連続ストップ安を含めて急落してきた相場が何とか反発となっている。新作ゲームのダウンロード数拡大を材料に12月10日にかけて約1ヵ月間で9060円まで8000円近く急騰。直後の反落過程では昨日の4130円まで4930円の下落。大きく見て急騰幅を3分の2ほど帳消しにしたものの、チャート観測でいう「3分の2押し」の水準と4000円の大台が下値メドになったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

パーク24は最高益決算を好感し出直りを拡大

 パーク24<4666>(東1)は17日、反発の始まりとなり、1896円(59円高)で売買開始の後は1915円(78円高)と出直りを拡大。昨日発表した前10月期の連結決算が連続最高益となり、今期の予想も2ケタ増益の見込みとしたことが好感されている。前10月期は売上高が前の期比較で11.4%増の1554億2800万円となり、営業利益は同9.5%増の195億900万円、純利益は同16.5%増の112億6100万円。今期も続伸を見込み、営業利益は11.2%増、純利益は12.8%増としたほか予想1株利益は87円69銭の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

 新規上場のアズマハウスは公開価格の10%高で初値

 本日、新規上場となったアズマハウス <3293>(JQS)は買い気配で始まる好発進となり、9時16分に公開価格1600円に対し10%高の1760円で売買成立、初値をつけた。その後は1875円と上値を追っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

 本日新規上場のアズマハウスは配当も好感し買い気配

 本日、新規上場となったアズマハウス<3293>(JQS)は17日、買い気配で始まり、9時5分現在は公開価格1600円と同じ1600円の買い気配で好スタートとなった。和歌山県でシェアトップの不動産会社で、マンション分譲や不動産賃貸事業、ホテル事業など手広く経営。公募株数は55万株、売り出し株数は最大74万3700株。業績は大幅拡大を予想し、今3月期の売上高は前期比14.8%増の115億円、純利益は同22.7%増の9億2900万円、 配当は70円を予定。1株利益は274円90銭とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

カシオ計算機はNY株の急反発を好感し高値に迫る

 カシオ計算機<6952>(東1)は17日、反発の始まりとなり、1166円(11円高)で売買開始。NY株の急反発129ドル高を好感し、12月13日につけた2008年来の高値1184円に迫っている。北米地域での消費購買回復に期待が強まったPERは20倍前後になるが、増収増益基調のため割高感は強くないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース