[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/10)夢真ホールディングスは11月も売上続伸、前年同月比43.5%増
記事一覧 (12/10)【銘柄フラッシュ】ぷらっとホームなどが急伸し新規上場のブイキューブは初日で初値
記事一覧 (12/10)ユニデンがゲーム関連株の連日活況を受け連想広がり大幅高
記事一覧 (12/10)ラックはKDDIの出資比率引き上げを好感してストップ高気配
記事一覧 (12/10)クリナップ:最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に出展
記事一覧 (12/10)グリーがストップ高となりエイチームの提携急騰を好感
記事一覧 (12/10)科研製薬は自己株式の取得結果及び取得終了を発表
記事一覧 (12/10)上場2日目となったホットリンクは本日も買い気配
記事一覧 (12/10)本日新規上場のブイキューブはウェブ会議サービスで成長し買い気配
記事一覧 (12/10)ブリヂストンは小安く始まり朝方の円安が一服し様子見
記事一覧 (12/10)三井不動産は成長戦略や容積率の緩和に期待再燃となり反発
記事一覧 (12/10)【飛び乗り飛び降り】日本取引所グループが急伸、強いマーケットを象徴
記事一覧 (12/09)【引け後のリリース】イハラケミカルが新規除草剤の好調などで業績予想を増額
記事一覧 (12/09)【本日の金地金価格】9日 15:30現在
記事一覧 (12/09)カシオ計算機は円安やNY急伸を好感して高値に接近
記事一覧 (12/09)アネスト岩田は自己株消却など好感し2007年来の高値
記事一覧 (12/09)テリロジーがストップ高、株式活況で高速取引の監視システムなど材料視
記事一覧 (12/09)ミライアルは大幅減益が想定内で11時の発表後も堅調続伸
記事一覧 (12/09)日本エンタープライズはエイチームと韓国企業との提携を好感しストップ高
記事一覧 (12/09)ホンダはNY急伸などに加え「フィット」連続トップも好感し続伸
2013年12月10日

夢真ホールディングスは11月も売上続伸、前年同月比43.5%増

 夢真ホールディングス<2362>(JQS)は10日、14年9月期建築技術者派遣事業での11月の月次売上高速報及び採用実績を発表した。 14年9月期11月度は、売上高8億90百万円、前年同月比2億69百万円増収、増減率43.5%となった。稼働率及び派遣単価の回復が進んでいることにより、40%超の増収となった。

 また、採用実績は104人となった。同社では、11月より国内8箇所目となる採用特化型施設の「夢探索カフェ」を埼玉県大宮市に開設。また、2013年11月〜2014年1月の期間、TVコマーシャルを放映し、就職活動者への認知度向上に努めている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ぷらっとホームなどが急伸し新規上場のブイキューブは初日で初値

 10日は、容積率の緩和案などを好感して三菱地所<8802>(東1)が2.2%高など不動産株が軒並み堅調。円安が進んだ割に自動車株は総じて軟調だった半面、新興市場を含めてゲーム関連株は日増しに活況となり、ミクシィ<2121>(東マ)が5日連続ストップ高の19.8%高、エイチーム<3662>(東1)は韓国企業との提携を材料に2日連続ストップ高の21.8%高、エイチームに出資するグリー<3632>(東1)も15.2%ストップ高、同じく日本エンタープライズ<4829>(東2)も後場26.7%ストップ高、人気ゲームを抱えるとされてKLab<3656>(東1)も20.3%ストップ高、エイティング<3785>(東マ)も23.4%ストップ高、ケイブ<3760>(JQS)も16.8%ストップ高。ぷらっとホーム<6836>(東マ)は大容量データ高速配信システムに期待とされて5日連続ストップ高の28.9%高。

 本日新規上場となったウェブ会議サービスなどのブイキューブ<3681>(東マ)は10日、買い気配を上げて10時43分に5010円で売買成立。公開価格3300円に対し1.5倍で初日に初値を形成。その後一段高となり6010円の本日高値引け。

 また、上場2日目のホットリンク<3680>(東マ)は9時29分に7170円で売買成立となり2日目で初値。公開価格2700円の2.7倍。その後一段高となり8670円の高値引け。Twitter(ツイッター)やSNS(交流サイト)などで流れる評判を分析するサイト「クチコミ@係長」などを運営。

 東証1部の値上がり率1位はユニデン<6815>(東1)の24.4%ストップ高となりスマートフォン用ゲーム事業へ参入しているとゲーム関連株人気が波及し急伸、2位は前出・エイチーム<3662>(東1)の21.8%高、3位も前出・KLab<3656>(東1)の20.3%ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:25 | 株式投資ニュース

ユニデンがゲーム関連株の連日活況を受け連想広がり大幅高

 ユニデン<6815>(東1)は10日、大幅続伸となって後場21.0%高の397円(69円高)まで上げ、2011年来の高値。年初にスマートフォン用ゲーム事業に参入したことが言われており、ゲーム関連株がミクシィ<2121>(東マ)をはじめ本日も軒並み大活況となりストップ高が続出しているため連想買いが波及したようだ。13時40分を過ぎては東証1部の値上がり率1位となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

ラックはKDDIの出資比率引き上げを好感してストップ高気配

 情報セキュリティなどのラック<3857>(JQS)は10日の後場13時を過ぎてもストップ高買い気配の701円(100円高)を続け、本日はまだ売買が成立していない。KDDI<9433>(東1)が出資比率を5・29%から31・1%に引き上げると発表したことが材料視されている。700円台は6月中旬以来となった。KDDIは前日比かわら図の6340円前後となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 株式投資ニュース

クリナップ:最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に出展

■『キッチンお掃除学校』開設、手間かかるシンクなどの「掃除のコツ」

 『システムキッチンのトップメーカー』クリナップ<7955>(東1)は、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」(会期:13年12月12日(木)〜12月14日(土)、会場・東京ビッグサイト東5ホール)に、昨年に引き続いて出展する。

 師走の声とともに各家庭では、新年を迎える準備が忙しくなる。暮れの掃除は欠かせないが、特に、キッチン周りの清掃は主婦にとっての大仕事だが、同社の今年のテーマは『キッチンお掃除学校』、メインステージでは、手間のかかるシンクやレンジフードなど、掃除のコツを、「キッチンお掃除教室」として毎日5回、授業形式で楽しくご紹介する。

 また、同社をより深く知ってもらうために、このところ「ゆるキャラサミット」への参加など人気者の、同社の公式キャラクターのクリ夫も一緒に学び、「クリナップテスト」(アンケート)も実施する。

 今回の展示では、同社が徹底研究した「ステンレスワークトップ」の汚れ落ち具合を油性マジックを使って体感する実験室コーナーを設けている。

 また、汚れを落とすのに手数のかかる「フィルター」や「ファン」の清掃について、自動洗浄し節水効果の高い同社の自動洗浄機「洗エールレンジフード」の実演機を展示し、自動洗浄の仕組みや清掃性・節水効果を体感できるコーナーを用意している。

 なお、展示ブース(ブースNo.5−035)では、快適なキッチンライフのお手伝いをするために、年末の大掃除のコツや、お手入れのヒント満載の冊子「ぴかぴか読本」も配布する。

学校のイメージで展示した、エコプロダクツ2013のクリナップブース(完成予想図)
学校のイメージで展示した、エコプロダクツ2013のクリナップブース(完成予想図)

>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

グリーがストップ高となりエイチームの提携急騰を好感

 グリー<3632>(東1)は10日、ストップ高の1139円(150円高)まで上げた後もストップ高で売買を交え、5月以来の1100円台を回復。ゲーム開発のエイチーム<3662>(東1)の上位株主で、エイチームが前週末に韓国のオンラインゲーム開発企業NHNエンターテインメントとの資本・業務提携を発表し、昨日、本日と2日続けてストップ高の急伸となっていることが材料視されている。同じく上位株主の日本エンタープライズ<4829>(東2)も連日急伸となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

科研製薬は自己株式の取得結果及び取得終了を発表

 科研製薬<4521>(東1)は、9日に自己株式の取得結果及び取得終了を発表した。

 同社は、この11月28日〜12月9日に18万株を取得。これにより、さる11月6日に決議した取得上限60万株(取得期間は13年11月7日から14年3月31日まで)の自己株取得(自社株買い)について、開始から12月9日までの取得合計株数が60万株に達し、終了したとした。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

上場2日目となったホットリンクは本日も買い気配

 上場2日目となったホットリンク<3680>(東マ)は10日も買い気配で始まり、9時20分現在は公開価格2700円に対し2.4倍の6530円の買い気配。昨日からまだ売買が成立していない。Twitter(ツイッター)やSNS(交流サイト)などで流れる評判を分析するサイト「クチコミ@係長」や、風評被害の対策サイト「e―mining(イーマイニング)」などを運営。公募株数は18万8800株、売り出し株数は最大35万300株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

本日新規上場のブイキューブはウェブ会議サービスで成長し買い気配

 本日新規上場となったウェブ会議サービスなどのブイキューブ<3681>(東マ)は10日、買い気配で始まり好調なスタートとなり、9時15分現在は公開価格3300円に対し3465円の買い気配。パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで会議ができるシステムを提供し、1998年に創業。公募株数は60万株、公開株数は最大74万2800万株。業績は絶好調で、今期・2013年12月期の予想は、売上高が前期比29.2%増の25億9000万円、営業利益が同2.9倍の3億1300万円、純利益は同9.05%増の2億2200万円、1株利益は67円43銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

ブリヂストンは小安く始まり朝方の円安が一服し様子見

 ブリヂストン<5108>(東1)は10日、上値の重い始まりとなり、3800円(5円高)で売買開始の後は3780円(15円安)前後で推移。朝の東京外為市場では円安が進み、対ユーロで5年2カ月ぶりの安値になる141円96銭前後、対ドルでも1週間ぶり安値の103円35銭前後になったものの、株式市場の売買が始まった朝9時頃には円安一服となっていることが様子見気分につながったようだ。日経平均も40円安前後と小反落の始まりになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

三井不動産は成長戦略や容積率の緩和に期待再燃となり反発

 三井不動産<8801>(東1)は10日、反発の始まりとなり、3400円(35円高)で売買開始の後は3390円前後で推移。容積率緩和の期待が再燃し、安倍首相が成長戦略の実行計画を来年初めに閣議決定する考えを表明したと伝えられたことが期待感を強めている。また、今朝は国土交通省が来年から病院や介護施設の建て替えや新設を促す規制緩和に乗り出すと今朝の日本経済新聞で伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

【飛び乗り飛び降り】日本取引所グループが急伸、強いマーケットを象徴

飛び乗り飛び降りコーナー 13年1月に東証と大証が統合した、日本取引所グループ<8697>(東1)は、12月9日(月)164円高(+6.04%)の2877円と大幅反発。米国株高に円安進行を受け、日経平均株価が大幅続伸で、株式市況が好転していることを好感し、切り返す動きとなっており、年末ラリーを意識し騰勢を強めると予想されることから、短期的に注目されよう。

  足元の業績、今14年3月期第2四半期は、現物売買代金・デリバティブ取引高ともに、第1四半期比では減少したものの、対前年同期比ではほぼすべての商品で上回り、引き続き、増収増益基調で、営業収益は617億2300万円(前年同期旧東証Gと旧大証の合算値比67.0%増)、営業利益は282億0200万円(同3.0倍)、経常利益は289億1700万円(同2.7倍)、純利益は165億5000万円(同2.5倍)に着地。通期純利益は220億円(前年の旧東証Gと旧大証の合算値比69.8%増)を見込む。第2四半期末配当金80円決定・期末配当金16円を予想している。

  株価は、11月22日に分割後の高値2988円と買われた後、11月29日安値2703円、12月6日安値2707円と下げて目先の下値確認から切り返す動き。日経平均株価は為替相場次第との感はあるが、25日移動平均線をサポートラインに騰勢を強めており、同社株も「掉尾の一振」への期待も膨らむと見られることから、3000円大台乗せから一段高向かう公算大。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:37 | 株式投資ニュース
2013年12月09日

【引け後のリリース】イハラケミカルが新規除草剤の好調などで業績予想を増額

■PERでの割高感は消化済みの様相

引け後のリリース、明日の1本 イハラケミカル工業<4989>(東1)は9日の大引け後、2013年10月期の決算見込みを全体に増額修正し、連結業績は売上高を従来予想から1.1%引き上げて303億3400万円の見込みとし、営業利益は同じく5.9%引き上げて21億1800万円の見込みに、純利益は同41.0%引き上げて17億6200万円の見込みとした。決算発表は12月12日頃の予定。

 発表によると、前期に好調だった海外向け棉作用除草剤は作付面積の減少による売上減などがあり、農薬関連中間原料では顧客販売の低迷などによる需要減があったものの、国内外における新規除草剤の本格出荷、ならびに円安に振れた為替の影響などが寄与した。増額後の予想1株利益は30円84銭とした。

 株価は今年5月に865円の年初来高値があり、その後は8月の600円台を下値に上昇基調に転換し、11月下旬に840円まで上昇。本日の終値は776円(1円安)。増額後の予想1株利益からみたPERは25.2倍になり、市場平均との比較では、まだ割高感が残る。ただ、本日の発表前から株価は上向いており、PERでの割高感は消化済みの可能性がある。決算発表で示される今期の予想が焦点になってきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

【本日の金地金価格】9日 15:30現在

本日の金地金価格
金地金 参考価格 (1kg)

9日 15:30現在

税込販売価格
4,289,000 円

税込買取価格
4,258,000 円

前日比
+32,000 円

第一商品提供)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:57 | 株式投資ニュース

カシオ計算機は円安やNY急伸を好感して高値に接近

 カシオ計算機<6952>(東1)は9日、大幅反発となって午後6.9%高の1155円(75円高)まで上昇。終値も6.2%高の1152円となり、12月2日につけた2008年来の高値1176円に迫った。円安の進行に加え、NY株の急伸198ドル高によって北米地域での消費購買回復に期待が強まっている。信用売り残が依然高水準のため、このまま株価が強ければ買い戻しが増加して一段の株高要因になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:07 | 株式投資ニュース

アネスト岩田は自己株消却など好感し2007年来の高値

 アネスト岩田<6381>(東1)は9日の13時40分を過ぎて630円(22円高)前後で推移し、2007年来の高値に進んで堅調。13時に自己株式28万株(発行済み株式総数の0.66%)を12月25日付けで行なうと発表。円安などを受けて朝から高いため反応は限定的ながら上値を試す相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

テリロジーがストップ高、株式活況で高速取引の監視システムなど材料視

 セキュリティーシステムなどのテリロジー<3356>(JQS)は9日の後場もストップ高のまま159円(50円高)の買い気配で始まり、2010年来の高値を更新。東証をはじめ世界の取引所が取り組む次世代の高速取引システムに関連する高頻度取引(HFT)遅延監視ソリューションを手がけているため、NYダウ急伸や本日の日経平均300円高を受けて連想買いが強まったようだ。今3月期は黒字転換の見込み。まだ1株利益の額が低いため株価のPERは200倍を超えるためか、前週までほとんど動意づいていなかったため、このところの材料株相場で出遅れ感が強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 株式投資ニュース

ミライアルは大幅減益が想定内で11時の発表後も堅調続伸

 シリコンウェハ容器などのミライアル<4238>(東1)は9日の前場1635円(10円高)まで上げた後も堅調で、小幅だが2日続伸。11時に第3四半期の連結決算を発表し、営業・経常・純利益とも前年同期比で各々7割減だったものの、すでに次世代半導体向けの開発・償却などを要因に想定の範囲内との受け止め方が大半のようだ。通期予想は据え置き、売上高は前期比23.4%減の89億円、純利益は同57.4%減の6億1000万円、1株利益は60円28銭。第3四半期段階での1株純資産が1670円11銭のため、株価には割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

日本エンタープライズはエイチームと韓国企業との提携を好感しストップ高

 携帯向けコンテンツ配信の日本エンタープライズ<4829>(東2)は9日、一気にストップ高の299円(80円高)まで急伸し、10時30分にかけてもストップ高で売買交錯。ゲーム開発のエイチーム<3662>(東1)の上位株主で、エイチームが前週末に韓国のオンラインゲーム開発企業NHNエンターテインメントとの資本・業務提携を発表したことが材料視されている。エイチームもストップ高気配となっている。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

ホンダはNY急伸などに加え「フィット」連続トップも好感し続伸

 ホンダ<7267>(東1)は9日、続伸の始まりとなり、4295円(50円高)で売買開始の後は4310円(65円高)。4営業日ぶりに4300円台を回復。前週末のNYダウが198ドル高と急伸した上、この週末中に円安が進んだため買い安心感が広がっている。また、前週後半に11月の車名別販売台数が出そろい、同社の「フィット」が2ヵ月連続トップとなったことも好感要因になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース