[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/24) 日経平均150円高で07年以来の1万6000円台、新興市場の資金余力も増幅
記事一覧 (12/24)オウチーノは割安感を見直す相場で2日連続ストップ高
記事一覧 (12/24)パナソニックは相次ぐ事業再構築やNYダウ最高値など好感し高値更新
記事一覧 (12/24)王将フードは小動きで始まり反発したまま乱高下が一巡の様子
記事一覧 (12/24)ブリヂストンはNYダウの過去最高値や配当確保などあり高値更新
記事一覧 (12/23)【飛び乗り飛び降りコーナー】ナブテスコは5月高値に迫る勢い、2ケタ増益
記事一覧 (12/20)【注目のリリース】トーエルが12月27日から東証1部に昇格
記事一覧 (12/20)【銘柄フラッシュ】サカイオーベが高く最近上場のホットリンクやオウチーノ急伸
記事一覧 (12/20)11日登場のオウチーノ上場以来初めて反発しストップ高
記事一覧 (12/20)KLabは新作ゲームの事前登録増加を好感し高いが勢い今ひとつ
記事一覧 (12/20)建設技術研究所が業績予想の増額やJR各社の輸出を材料に高値更新
記事一覧 (12/20)上場3日目のシグマクシスは連日高値を更新
記事一覧 (12/20)ペプチドリームは米イーライリリーとの提携を好感し急激に出直る
記事一覧 (12/20)王将フードは反発し素早い後任社長人事やテクニカル観測を好感
記事一覧 (12/20)神鋼環境Sは環境省からの受注を好感して一時値上がり率1位
記事一覧 (12/20)日本マクドナルドHLDは売り気配で始まり業績予想の減額を嫌気
記事一覧 (12/19)【引け後のリリース】ヤマハがアイパッド、アイフォーン向けの作曲アプリ
記事一覧 (12/19)スターティア 子会社スターティアラボとPASSWORDは共同で、Android端末向け電子書籍販売アプリを提供
記事一覧 (12/19)【銘柄フラッシュ】ネクシィーズなど急伸し新規上場4銘柄はすべて初日に初値
記事一覧 (12/19)上場日2目のシグマクシスは「小さく生まれて大きく育ち」ストップ高
2013年12月24日

 日経平均150円高で07年以来の1万6000円台、新興市場の資金余力も増幅

 24日の東京株式市場では日経平均が10時15分にかけて159円23銭高の1万6029円65銭まで上げ、今年5月につけた取引時間中の年初来高値を更新し、2007年以来の1万6000円台に進んだ。NYダウの過去最高値更新を受けて主力株が軒並み高。日経平均の先物にも積極的な動きがある。信用取引の担保余力が増すため、中小型株や新興市場の軽量株にも資金が回る好循環となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

オウチーノは割安感を見直す相場で2日連続ストップ高

 不動産情報サイト運営会社オウチーノ<6084>(東マ)は24日、2日連続ストップ高の大幅続伸となり、買い気配のまま10時前には5630円(700円高)。本日はまだ売買が成立していない。12月11日に新規上場となり、業績は好調。前週にかけての新規上場ラッシュによって上場初日につけた高値9550円から19日に一時4100円まで下げたため、割安感が強まっている。2013年12月期の予想(単独)は、売上高が前期比16.1%増の16億2400万円、営業利益が同17.3%増の2億5800万円、純利益が同26.0%増の1億5100万円、予想1株利益は135円62銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

パナソニックは相次ぐ事業再構築やNYダウ最高値など好感し高値更新

 パナソニック<6752>(東1)は24日、年初来高値を2営業日ぶりに更新し、1235円(20円高)で売買開始の後1260円(45円高)。このところ相次いで事業再構築の発表があり、今朝はNYダウが週明けに再び過去最高値に進み、日経平均も一時126円88銭高の1万5997円30銭まで上げて今年5月につけた取引時間中の年初来高値を更新したことなどが好感されている。11月18日は携帯修理子会社を売却すると日本経済新聞で伝えられ、11月27日には国内の半導体3工場の売却観測が出たほか、11月28日に国内の回路基板事業を縮小と発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

王将フードは小動きで始まり反発したまま乱高下が一巡の様子

 王将フードサービス<9936>(東1)は24日、小動きの始まりとなり、3060円(前週末比変わらず)で売買開始の後は3065円。前社長に対する銃撃のニュースを受けて19日に終値で110円安と急落したものの、翌日に同60円高と切り返し、週明けは乱高下が安定化する動きになっている。様子見との見方が少なくないものの、19日の急落場面で出来高が激増しているため、下値の固さが示されたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

ブリヂストンはNYダウの過去最高値や配当確保などあり高値更新

 ブリヂストン<5108>(東1)は24日、年初来の高値を更新する始まりとなり、3895円(25円高)で売買開始の後3920円(50円高)と堅調。NYダウが週明けに過去最高を値更新したため北米地域の景気回復や需要増加に期待があるほか、国内でも降雪が早いため冬タイヤなどの需要に期待がある。12月決算で、期末配当を確保するための買い付け期限(権利付最終日)は今年は25日となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2013年12月23日

【飛び乗り飛び降りコーナー】ナブテスコは5月高値に迫る勢い、2ケタ増益

飛び乗り飛び降りコーナー 制御装置大手で、自動ドアや産業ロボット用減速機を手がける、ナブテスコ<6268>(東1)は、12月20日(金)41円高の(+1.71%)の2439円と続伸し、5月13日につけた年初来高値2581円を視野に捉えている。設備投資関連として見直されているほか、鉄道車両向けブレーキやドア開閉装置を手がけていることから、鉄道インフラ輸出関連として物色の矛先が向かっており、短期的に一段と騰勢を強める可能性があり注目したい。

 足元の業績、精密減速機事業や舶用機器事業が減少し当初予想を下回るものの、鉄道車両用機器や航空機器、油圧機器と自動ドア事業が好調、円安効果が加わり、今3月期業績予想は売上高1989億円(前年同期比10.8%増)、営業利益185億円(同23.2%増)、経常利益221億円(同23.5%増)、純利益139億円(同4.7%増)を見込む。

 株価は、5月13日につけた年初来の高値2581円から6月7日安値1950円まで調整。その後、2000円前後で下値を固め10月17日高値2518円と買い直された後、11月1日安値2102円と急落しましたが、9カ月移動平均線がサポートする形で高値もみ合いで三角保ち合いを形成している。航空機関連、風力発電の側面を持ち合わせテーマ性がある。高値奪回から上値を伸ばすことも期待されよう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:58 | 株式投資ニュース
2013年12月20日

【注目のリリース】トーエルが12月27日から東証1部に昇格

 東証は20日の大引け後、神奈川を地盤にLPガス供給などを行なうトーエル<3361>(東2)の株式について、平成25年12月27日(金)の売買から市場第一部銘柄に指定すると発表した。

 トーエルの本日の株価終値は484円(16円安)。PERは11倍前後で割安感があるものの、今4月期の業績見込みはLPG市況や円安による調達価格が影響し、増収ながら減益の見込み。飲料水事業はシンガポールでの宅配展開など海外展開も期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】サカイオーベが高く最近上場のホットリンクやオウチーノ急伸

 20日は、NY株の急騰や円安が一服となったものの、富士通<6702>(東1)が4.1%高となって連日高値を更新し、マツダ<7261>(東1)は3.5%高、ファナック<6954>(東1)は0.6%高で各々高値を更新。また、東京建物<8804>(東1)は引き続き業績予想の増額を好感して前場から連日高値となり0.9%高、三井不動産<8801>(東1)は昼に日銀の金融政策会合の結果が伝えられてから次第に強くなり0.1%高だが年初来の高値更新。日銀への期待からイオンフィナンシャルサービス<8570>(東1)は4.3%高となり出直り拡大。

 王子ホールディングス<3861>(東1)は景気敏感株の側面も評価されて高値を更新し大引けは1.6%高、キッコーマン<2801>(東1)も高値更新となり大引けは0.1%高。

 このところ新規上場となった銘柄では12月9日に新規上場のホットリンク<3680>(東マ)が連日の大幅出直りで27.3%高となり上場来の高値、11日に上場のオウチーノ<6084>(東マ)は16.6%ストップ高となり、前日比で上場以来初めて値上がり。18日に新規上場のシグマクシス<6088>(東マ)は9.0%高となり上場来高値。19日上場のダイキアクシス<4245>(東2)も2.3%高で高値を更新。

新規公開株が18日、19日の各々4銘柄上場をピークにヤマを越え、年内は24日上場のヒューマン・メタボローム(東証マザーズ、6090)1銘柄のみのため、新規上場株に流入する資金に余裕が出てきた様子。

 東証1部の値上がり率1位はサカイオーベックス<3408>(東1)の14.45%高となり鉛フリーのエックス線防護素材など材料に需給妙味大とされて一時2007年以来の200円回復、2位は新日本理化<4406>(東1)の90.%高となり12月に入り値上がりした日が3日しかなかったと自律反騰狙い、3位はティアック<6803>(東1)の8.9%高となり株価2ケタで一昨日から急動意となり訳あり株と思惑集中となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース

11日登場のオウチーノ上場以来初めて反発しストップ高

 11日に新規上場の不動産情報サイト運営会社オウチーノ<6084>(東マ)は20日日、ストップ高の急反発となり、前日比で上場以来初めて高い相場。10時前にストップ高の4930円(700円高)に達し、そのまま午後14時30分にかけてもストップ高気配を続けている。特段、目新しい材料は聞かれないものの、上場翌日から毎日安い相場となっていた上、新規公開株が18日、19日の各々4銘柄上場をピークにヤマを越え、年内は24日の1銘柄のみのため、新規上場株に流入する資金に余裕が出てきたようだ。

 2013年12月期の業績予想(単独)は、売上高が前期比16.1%増の16億2400万円、営業利益が同17.3%増の2億5800万円、純利益が同26.0%増の1億5100万円、予想1株利益は135円62銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

KLabは新作ゲームの事前登録増加を好感し高いが勢い今ひとつ

 ゲーム開発のKLab<3656>(東1)は20日の後場も堅調で、13時過ぎには4.5%高の790円(34円高)前後で推移。昨日、2014年1月にリリースを予定する空中艦隊アクションバトル「天空のクラフトフリート」の事前登録者数が12月11日の登録開始から1万人を突破したと発表したことが好感されている。前場は830円(74円高)まで上昇。ただ、12月上旬まではミクシィ<2121>(東マ)ケイブ<3760>(JQS)などがダウンロード数の増加や大台越えを発表するたびにストップ高となったのに比べて勢いの鈍化や人気の散漫化は否めないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

建設技術研究所が業績予想の増額やJR各社の輸出を材料に高値更新

 建設技術研究所<9621>(東1)は20日、約2ヵ月ぶりに高値を更新し、朝方に1018円(82円高)まで上昇。昨日、今12月期の業績予想を増額修正したことが好感されたほか、JR4社が高速鉄道の輸出に本格的に取り組むと今朝の日本経済新聞が伝えたことも期待材料になっている。今12月期の連結業績予想は、営業利益を12億円から14億円に、純利益は7億円から8.9億円に引き上げ、新たな予想1株利益は62円93銭とした。

>>建設技術研究所のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

上場3日目のシグマクシスは連日高値を更新

 18日に新規上場となった経営コンサルティング企業のシグマクシス<6088>(東マ)は20日、連騰となって高値を更新し、10時20分にかけて4740円(640円高)まで上昇。公開価格3010円を、初値3020円を大幅に上回る快調な相場になっている。三菱商事<8058>(東1)グループと米投資会社RHJインターナショナル(旧リップルウッド・ホールディングス)との共同出資で2008年に設立。今3月期の業績予想(単体)は、売上高が前期比8.3%増、営業利益は同79.2%増、純利益は同9.3%減、1株利益は229円39銭としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

ペプチドリームは米イーライリリーとの提携を好感し急激に出直る

 創薬ベンチャーのペプチドリーム<4587>(東マ)は20日、急激な出直り相場となり、朝方に11.0%高の1万2990円(1290円高)まで上げて10時40分にかけても9.1%高の1万2770円前後で推移。昨日の大引け後、米製薬大手イーライリリーと創薬に関する共同研究開発の提携を発表したことが好感されている。業績は2013年6月期に完全黒字化し、今期は大幅拡大の見込みだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

王将フードは反発し素早い後任社長人事やテクニカル観測を好感

 王将フードサービス<9936>(東1)は20日、反発の始まりとなり、9時30分を過ぎて3075円(75円高)まで上昇。昨日は大東隆行前社長に対する銃撃のニュースを受けて急落し、一時2951円まで下げたものの、目先的な売りは通過したようだ。昨日の夕方、後任の社長人事を発表。素早い対応を見直すムードがある。昨日の急落では、結果的に出来高が激増したため、テクニカル観測でも下げ止まりのシグナルが出た形になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

神鋼環境Sは環境省からの受注を好感して一時値上がり率1位

 神鋼環境ソリューション<6299>(東2)は20日、急反発となり、590円(26円高)で売買開始の後は608円(44円高)。値上がり率は7.8%で東証2部の1位の場面があった。神戸製鋼所<5406>(東1)とともに環境省から放射能に汚染されたゴミなどを燃やす「減容化施設」を受注したと伝えられ、材料視されている。昨日は日経平均が271円高の大幅続伸だったにもかかわらず値下がりしたため、本日は乗り換え売りのチャンスをうかがう動きがある模様。こうした売り意向はあるものの、復興関連株として中長期の投資は少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

日本マクドナルドHLDは売り気配で始まり業績予想の減額を嫌気

 日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQS)は20日、2721円(50円安)の売り気配で始まり、2705円で売買開始。続落基調。昨日、2013年12月期の業績予想を減額修正し、連結経常利益を従来予想比95億円減の100億円(前期比では58%減)になる見通しと発表し他ことが影響している。年初来の高値は5月の2937円、戻り高値は12月4日の2846円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2013年12月19日

【引け後のリリース】ヤマハがアイパッド、アイフォーン向けの作曲アプリ

■新たなスマートフォン関連株として人気化する可能性

引け後のリリース、明日の1本 ヤマハ<7951>(東1)は19日の大引け後、iPad(アイパッド)、iPhone(アイフォーン)向けアプリケーションとして楽曲制作を手軽に感覚的にできるモバイル・ミュージック・シーケンサーV3.0を発表し、本日からApp Store(アップストア)で購入しダウンロードできるとした。

 発表によると、同社のモバイル・ミュージック・シーケンサーは、豊富なフレーズパターンを組み合わせ、フレーズからセクション、セクションからソングへと、制作の流れに沿って感覚的に楽曲制作できる。また、本格的なソフトウェアシンセサイザーを内蔵しているので、場所を選ばず曲のイメージをスケッチし完成させることができ、オーディオファイルにミックスダウン、SoundCloud(サウンドクラウド)にアップロードすることが可能。

 「V3.0」では、さらに楽曲制作を手軽にする機能を追加し、iPad/iPhoneのライブラリ内にある曲のコード進行を自動的に解析する新技術「Audio Chord Assist」を搭載し、好みの曲のコード進行を参考にして楽曲制作を始めることが可能になったという。

 株価は8月の1100円台からジリ高基調を続け、本日1648円(前日比57円高)まで上げて高値を更新した。業績は好調でPERは18倍前後のため割高感は強くなく、このところ活況高のスマートフォン関連株に加わる形で人気化する可能性が出てきた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | 株式投資ニュース

スターティア 子会社スターティアラボとPASSWORDは共同で、Android端末向け電子書籍販売アプリを提供

■サービスの第一弾として『くりめぼん』を提供開始

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボとPASSWORD(本社:東京都中央区)は共同で、Android端末向け電子書籍販売アプリを提供する。サービスの第一弾として『くりめぼん』を提供開始する。

 『くりめぼん』は、PASSWORDが提供するAndroid端末向けオリジナル電子書籍販売アプリ。このアプリでは、AppStoreやKindleストアにおいて、累計約15万ダウンロードの実績がある市村よしなり著『人生で大切なことはみんなRPGから教わった』を始めとした人気電子書籍を多数扱っている。また、エッセイ、自己啓発、恋愛小説、泣ける本、絵本等幅広いジャンルの電子書籍を提供しており、今後はホラー映像を提供する予定で更に多くの電子書籍を提供する計画。なお、このアプリの決済販売方法については、Googleウォレットを採用している。

 これまでPASSWORDでは、主にiOS端末向け電子書籍販売サービスを展開していたが、Android市場の急成長に伴い、またより多くのユーザーが電子書籍を利用できるように、スターティアラボと共同でAndroid端末向け電子書籍販売アプリの提供を開始する。

 『くりめぼん』に対し、Webサイトの運営及びアプリについてはPASSWORDが提供し、スターティアラボは電子書籍作成ソフト『ActiBook(アクティブック)』の提供及びオリジナルの電子書籍販売アプリを制作できるサービスを提供している。このサービスの提供においては、PASSWORDの作家やクリエイターのポータルサイト『クリエイターズワールド』によるWEB制作や運営のノウハウ及び、出版部門の『クリエイティブメディア出版』でのアプリの制作や宣伝・販売のノウハウと、スターティアラボが提供を行っている『ActiBook』や『ごきげんビジネス出版』の電子ブック閲覧機能や、販売方法の仕組み等が活用されている。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:41 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ネクシィーズなど急伸し新規上場4銘柄はすべて初日に初値

 19日は、NY株の急騰最高値292ドル高や円安進行を好感し、任天堂<7974>(東1)が続伸幅を広げて5.0%高となり、ファナック<6954>(東1)は日経平均との連動性の強さも寄与して4.2%高の高値更新。パナソニック<6752>(東1)は2.5%高で高値を更新し、マツダ<7261>(東1)も1.9%高ながら高値を更新。ファーストリテイリング<9983>(東1)は逆日歩発生の需給妙味に加えて日経平均との連動性が材料になり4.5%高は1750円高で高値更新。また、東京建物<8804>(東1)は業績予想の増額を好感して6.7%高の高値更新、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は日銀の金融政策への期待も加わり2.1%高で高値更新。

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は猪瀬都知事の辞任表明を受けて選挙関連株として動意づき9.7%高、一方、王将フードサービス<9936>(東1)は社長が銃撃されたと伝えられ一時急落し3.5%安。

 新規上場の4銘柄はすべて初日に初値を形成。東証1部に再上場となった足利銀行の持株会社・足利ホールディングス<7167>(東1)は公開価格420円に対し9時16分に451円で売買成立し初値。その後476円まで上げ、終値は432円。

 ダイキアクシス<4245>(東2)は生活排水や産業排水などの処理設備の製造販売が中軸で、公開価格1300円に対し9時6分に1351円で売買成立し初値。その後は1390円まで上げ、終値は1290円。

 ウィルグループ<6089>(東2)は家電量販店の販売支援などを行ない、売り気配で始まり、公開価格2870円に対し9時9分に2750円で初値をつけ、その後は高値2880円、安値2656円、終値も2656円。

 シンプロメンテ<6086>(東マ)は外食店舗の厨房機器などの迅速な修繕を展開し、前場は買い気配のまま値がつかず、後場13時55分に公開価格950円の2.4倍になる2235円で売買が成立し初値。その後2490円まで上げ、終値は2063円。

 東証1部の値上がり率1位は3日続けてショットモリテックス<7714>(東1)となり、一昨日の昼前に液晶検査用などの高輝度LEDなどを発表したことを引き続き材料に20.4%高となり連日ストップ高、2位はネクシィーズ<4346>(東1)の19.0%ストップ高となり4万円台から10万円台まで急騰した相場の第2幕とされて急出直り、3位はNSW(日本システムウエア)<9739>(東1)の17.4%ストップ高となり投資金額が数万円の株を専門に手がける筋が年内受け渡し最終日の25日まで低額株を次々物色して暴れまくる方針とか、4位はインプレスホールディングス<9479>(東1)の15.3%高となり投資金額が1万円台でいきなり急伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | 株式投資ニュース

上場日2目のシグマクシスは「小さく生まれて大きく育ち」ストップ高

 上場日2目の経営コンサルティング企業シグマクシス<6088>(東マ)は19日、11時過ぎからストップ高となり、14時30分にかけても断続的に4100円(700円高)で売買をこなしている。三菱商事<8058>(東1)グループとRHJインターナショナル(旧リップルウッド・ホールディングス)の共同出資で2008年に設立。初値は上場初日の売買開始直後に公開価格3010円を10円上回る3020円。結果的には「小さく生まれて大きく育つ」形になった。

 業績は好調の見込みで、今期・2014年3月期の業績予想(単体)は、売上高が前期比8.3%増の111億円、営業利益が同79.2%増の12億5900万円、純利益は同9.3%減の10億4600万円、1株利益は229円39銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース