[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/26)【注目のリリース】アオキスーパーは通期の増益予想を継続
記事一覧 (06/26)【注目のリリース】駅探が交通の移動と医療機関情報を連携した新事業
記事一覧 (06/26)【話題株】新規上場のモブキャストは大量の買い物を集め買い気配値を大幅アップ
記事一覧 (06/26)ルックが「加藤氏」のホームページで推奨とされてストップ高気配
記事一覧 (06/26)グリーはバンダイナムコゲームスとの提携を材料に上値試す
記事一覧 (06/26)高島は値上がり率2位!太陽光発電関連で全体が重いなか仕手色発揮
記事一覧 (06/26)【上方修正銘柄】トーセイは2Q業績上方修正も連続減益率縮小にとどまりもみ合い
記事一覧 (06/26)【上方修正銘柄】萩原電気は業績上方修正で連続増益率を伸ばし高値更新
記事一覧 (06/26)トーセイは2Q業績上方修正発表を好感して反発
記事一覧 (06/26)ファミリーマートは「冷凍中食」の全国展開に期待広がり反発
記事一覧 (06/26)イオンモールは急反落、1Q業績増益転換も反応は限定的
記事一覧 (06/26)萩原電気は高値更新!業績上方修正で連続増益率を伸ばす
記事一覧 (06/26)高島屋は反発!1Q業績が増益転換を評価し内需割安株買いが再燃
記事一覧 (06/26)ライトオンは急反落、3Q好決算も利益確定売りが先行
記事一覧 (06/26)大黒天物産は東証1部指定替えも好需給思惑不発でもみ合い
記事一覧 (06/26)J.フロント リテイリングは純利益大幅黒字転換も利益確定売りに押され続落
記事一覧 (06/26)ユーシンは欧州大手ヴァレオからの事業買収を好感し戻り高値
記事一覧 (06/26)エイベックス・グループHLDが約1ヵ月ぶりに高値
記事一覧 (06/26)萩原電気が業績予想の増額を好感し1カ月半ぶりに高値更新
記事一覧 (06/26)高島屋は第1四半期69%増益を好感し戻り高値
2012年06月26日

【注目のリリース】アオキスーパーは通期の増益予想を継続

■第1四半期は総じて堅調

 アオキスーパー<9977>(JQS)は26日の大引け後、第1四半期決算(2月21日〜5月20日、非連結)を発表。前年の第3四半期から非連結決算となったため、前年同期との直接比較はできないものの、営業収益は227.2億円(前年同期の連結数字は217.2億円)、営業利益は4.04億円(同5.04億円)、純利益は2.31億円(2.22億円)。総じて堅調だった。今2月期の業績予想に変更はなく、営業利益は前期比29.6%増の13.9億円、純利益は同8.8%増の7.6億円、1株利益は61円13銭。

 株価は売買の成立しない日もあり、本日は気配値(835円買い・869円売り)で終了。2月の918円を高値に、おおむね830円から900円の間を往復する相場になっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】駅探が交通の移動と医療機関情報を連携した新事業

■電子カルテなどのシーエスアイと連携強化

 交通網の経路検索ネットを運営する駅探<3646>(東マ)は26日の大引け後、同日現在で電子カルテなどのシーエスアイ<4320>(東マ)が駅探の議決権の26.20%を所有し、シーエスアイの持分法適用会であると発表した。5月14日付けで資本・業務提携を発表し、移動サポートと医療機関情報を連携した付加価値の高い「アクセシビリティ情報サービス」への新たな取り組みと事業化を進める。

 20日に新規上場となった医療関連サービスの日本エマージェンシーアシスタンス(EAJ)<6063>(JQS)は、生保などと提携して救急搬送や医療機関の紹介などを含むサービスを展開し、株価は公開価格1100円を約27%上回る1400円で初値をつけ、翌日から3日連続ストップ高となって本日は一時2632円まで急騰した。

 駅探の株価は5月下旬の370円を下値に出直り、6月中旬に513円まで上げ、本日の終値は423円(17円安)。PERは9倍台で割安感がある。シーエスアイは札幌本社のため東証で地味な面があり、PERは7倍台の割安感。本日の終値は635円(7円安)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

【話題株】新規上場のモブキャストは大量の買い物を集め買い気配値を大幅アップ

話題株 モブキャスト<3664>(東マ)が、きょう26日に東証マザーズに新規株式公開(IPO)された。公開価格は800円、公開株式数は76万8500株となっている。

 前場は、寄り付きから買い気配値を切り上げ、後場も14時37分現在、公開価格を1040円、2.3倍の1840円買い気配でなお売り買い差し引き約43万株と公開株式数に迫る大量の買い物を集めている。

 同社株は、高額課金問題の「コンプリートガチャ」やオークションサイトで換金する「リアルマネートレード」問題で揺れるソーシャルネットサービス(SNS)ゲーム関連株の一角に位置するが、IPO市場は、6月20日IPOの日本エマージェンシーアシスタンス<6063>(JQS)以来、3銘柄連続で公開価格を上回る初値をつけるなど逆行高傾向を強めており、モブキャスト自身も、スポーツに特化したSNSゲームの企画・開発・運営を行い、男性を中心に会員数が拡大、同プラットフォーム「モブキャスト」の会員数が、今年3月末で226万人と前月比5万人増と毎月増加し、公開価格のPERが8倍台と割安で、資金吸収額も6億円超と比較的小規模にとどまることなどが、高人気につながっている。

 同社は、昨年2月に「モブキャスト」上でSNSゲームの第1弾の「Webサッカー」の提供を開始し、続いてプロ野球オンラインカードゲーム「モバプロ」、競馬オンラインゲームカード「モバダビ」などをリリースしている。このゲームの有料課金収入と同サイトでのインターンネット広告を展開する広告メディア収入が同社の収益構造の中心となっている。今12月期業績は、売り上げ38億1400万円(前期比88%増)、経常利益9億9700万円(同95%増)、純利益2億4700万円(同22%増)、1株利益97.6円と予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース

ルックが「加藤氏」のホームページで推奨とされてストップ高気配

 ルック<8029>(東1)は26日の後場一段高となり、14時を回ってもストップ高の554円(80円高)で買い気配のまま推移。大物仕手筋・加藤氏のホームページがチャート(株価グラフ)つきで採り上げたと伝えられ、前引けの493円(19円高)から一段高。後場は、14時を回って、まだ売買が成立していない。株価は4日続伸となり、3日続けて高値更新。4月にで採り上げられた明和産業<8103>(東1)はその日から4日連続ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

グリーはバンダイナムコゲームスとの提携を材料に上値試す

 グリー<3632>(東1)は26日の後場寄り後に上値を試す場面があり、1683円(21円高)まで上昇した。昼過ぎ、バンダイナムコホールディングス<7832>(東1)のバンダイナムコゲームスと包括的業務提携に合意と発表したことが好感された。13時30分過ぎには1665円(3円高)前後で推移している。 バンダイナムコHLDは10時過ぎに1108円(66円高)まで上げ、後場寄り後は1071円(29円高)で上げ止まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

高島は値上がり率2位!太陽光発電関連で全体が重いなか仕手色発揮

 高島<8007>(東1)は26日の後場寄り後に一段高となり、362円(32円高)まで上げた後も350円台で堅調。太陽光発電機器を取り扱っていることが材料視され、13時20分には8.2%高で、東証1部の値上がり率2位になった。仕手色の強い銘柄のため、消費増税関連法案の衆議院出の裁決が午後に予定され、全体相場が重い中で目先的な資金も流入している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

【上方修正銘柄】トーセイは2Q業績上方修正も連続減益率縮小にとどまりもみ合い

上方修正銘柄 トーセイ<8923>(東1)は26日、480円高の3万300円まで上げて買い直されたが500円安の2万9320円まで下げるなどもみ合っている。前日25日大引け後に今11月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表したが、連続減益率を縮めるまでにとどまったことから利益確定売りが交錯している。

 2Q累計業績は、期初予想値より売り上げを4億3100万円、経常利益を2億2600万円、純利益を1億6900万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億8600万円(前年同期比24%減)と減益率を縮小する。下期に計画していた物件が早期に売却できて売り上げが上ぶれ、この先行分の売上総利益増に販売管理費の支払い遅行が上乗せとなって上方修正につながった。

 11月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、12億7800万円(前期比70%増)と連続増益を見込んでいる。

 株価は、今期業績の続伸予想で年初来高値3万4500円まで買い進まれ、いったんは利益確定売りで2万4070円まで調整し、3万円台出没までリバウンドした。PERは10倍台、PBRは0.5倍と割り負けており、下値買い余地も示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

【上方修正銘柄】萩原電気は業績上方修正で連続増益率を伸ばし高値更新

上方修正銘柄 萩原電気<7467>(JQS)は26日、71円高の921円まで上げて4営業日続伸し、5月10日につけた年初来高値898円を更新している。前日25日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正を発表、連続増益率を伸ばすことが超割安株買いを拡大させている。

 業績修正のうち3月通期業績は、期初予想値より売り上げを25億円、経常利益を2億5000万円、純利益を1億2000万円それぞれ引き上げ、純利益は、11億2000万円(前期比24%増)と続伸する。

 顧客先の自動車業界で自動車生産が、国内外とも好調に推移し、同社の車載向け電子部品を中心に堅調な需要が続き、とくに利益率の高いハイブリッド車向け商品が増加したことが大きく寄与した。

 株価は、前期業績が、期中の2回目の上方修正値を上ぶれて着地して増配、今期も業績続伸を予想したことを評価して年初来高値をつけ、780円まで調整、再度、高値を窺っていた。PER5倍台、PER0.3倍の超割安修正で2011年2月高値947円抜けから2008年8月以来の1000円大台乗せを目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

トーセイは2Q業績上方修正発表を好感して反発

 トーセイ<8923>(東1)は26日、500円安で寄り付いたあと480円高の3万300円まで上げて買い直され、3営業日ぶりに反発している。前日25日大引け後に今11月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正発表を好感している。ただ連続減益率を縮めるまでにとどまったことから利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | 株式投資ニュース

ファミリーマートは「冷凍中食」の全国展開に期待広がり反発

ファミリーマート ファミリーマート<8028>(東1)は26日の前場、急反発となり、3510円(95円高)まで上げた後も3500円台で堅調。期待材料としては、昨日、冷凍食品でありながら、調理惣菜なみの味わいを可能にした冷凍中食「フレッシュフローズン」を6月26日から順次、全国展開するとしたことが挙げられている。3500円台は、終値ベースでは6月21日以来になり、ここ2カ月近く続く250円幅のもみ合い相場の中央付近。値固めが進み、調整一巡感が出てきたとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

イオンモールは急反落、1Q業績増益転換も反応は限定的

 イオンモール<8905>(東1)は26日、58円安の1623円まで下げて急反落している。前日25日大引け後に今2月期第1四半期(1Q)決算を発表、営業利益と純利益が、増益転換し順調な利益進捗率を示したが、反応は限定的で利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:28 | 株式投資ニュース

萩原電気は高値更新!業績上方修正で連続増益率を伸ばす

 萩原電気<7467>(JQS)は26日、71円高の921円まで上げて4営業日続伸し、5月10日につけた年初来高値898円を更新している。前日25日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正を発表、連続増益率を伸ばすことが超割安株買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

高島屋は反発!1Q業績が増益転換を評価し内需割安株買いが再燃

 高島屋<8233>(東1)は26日、23円高の598円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前日25日大引け後に今2月期第1四半期(1Q)決算を発表、営業利益が、6月15日の観測報道値を上回り前年同期比68%増と増益転換して着地したことを評価し内需割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

ライトオンは急反落、3Q好決算も利益確定売りが先行

 ライトオン<7445>(東1)は26日、30円安の678円まで下げて4営業日ぶりに急反落している。前日25日大引け後に今8月期第3四半期(3Q)決算を発表、増収・経常増益と続伸し純利益が黒字転換して着地、利益が、今年3月に上方修正した8月通期予想を100%上回ったが、全般相場の続落が響き利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

大黒天物産は東証1部指定替えも好需給思惑不発でもみ合い

 大黒天物産<2791>(東1)は、きょう26日に東証第2部から東証第1部に指定替えされ売買がスタートした。株価は、2円高の2082円と前日25日の東証2部終値に対して続伸して始まったが、上値は重く8円安まで下げて伸び悩みもみ合っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース

J.フロント リテイリングは純利益大幅黒字転換も利益確定売りに押され続落

 J.フロント リテイリング<3086>(東1)は26日、7円安の379円まで下げて3営業日続落している。前日25日大引け後に発表した今2月期第1四半期(1Q)決算で、純利益が大幅に黒字転換するなどV字回復したが、日経平均株価の続落などから反応は限定的で、利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

ユーシンは欧州大手ヴァレオからの事業買収を好感し戻り高値

 自動車部品のユーシン<6985>(東1)は26日、急反発となって戻り高値を更新。朝方10.8%高の530円(52円高)まで上げ、東証1部の値上がり率1位になる場面があった。フランス系の自動車部品大手ヴァレオからキー(鍵)システム事業を買収する方針を固めたと今朝の日本経済新聞で伝えられたことを好感。530円台は5発16日以来となった。株価はPBR0.5倍前後のため割り負け感。報道では、世界シェアが6%前後から3割に拡大し首位になるとされた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

エイベックス・グループHLDが約1ヵ月ぶりに高値

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860>(東1)は26日、続伸となり、朝方1194円(53円高)まで上げて5月29日につけた年初来の高値を約1ヵ月ぶりに更新した。株主総会を24日に終え、ホームページに25日付けで「株主通信」を掲載。スマートフォン向けの映像・動画配信などのさらなる拡充を進めるとしたことなどが材料視されている。株式需給では、信用売り残に逆日歩が乗っているため、買い戻しが入りやすい状況が続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

萩原電気が業績予想の増額を好感し1カ月半ぶりに高値更新

 半導体商社の萩原電気<7467>(JQS)は26日、大幅続伸となり、913円(63円高)まで上げて5月10日につけた年初来の高値898円を更新。昨日発表した業績予想野増額修正を好感する相場になった。今3月期の業績予想は、連結売上高を850億円から875億円に引き上げ、営業利益は18億円から20.5億円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

高島屋は第1四半期69%増益を好感し戻り高値

 高島屋<8233>(東1)は26日、反発となり、575円(前日比変わらず)で寄ったあとは589円(14円高)。昨日発表した第1四半期決算(2012年3月〜5月)が好調で、連結営業利益は前年同期比68.7%増の約58億円となったことなどが好感されている。6月21日につけた587円を抜き、戻り高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース