[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/22)【引け後のリリース】電算とジャパンシステムが財務会計分野で提携
記事一覧 (05/22)【注目のリリース】ウイン・パートナーズが5月29日の売買から東証2部に昇格
記事一覧 (05/22)【銘柄フラッシュ】ドリコムなど急伸し新規上場の東武住販は公開価格を上回る
記事一覧 (05/22)サイバーダインが株式分割を発表し後場一時ストップ高
記事一覧 (05/22)スズキが戻り高値に進みインドの安定新政権に期待の動き
記事一覧 (05/22)パソナグループは週刊誌のASKA容疑者の記事が影響し安値
記事一覧 (05/22)ミクシィは1万円の大台に乗り一転売買交錯状態
記事一覧 (05/22)クックパッドは最高益の予想報道を好感し値上がり率トップ
記事一覧 (05/22)リバーエレテックは国内パソコン出荷好調を思惑材料にストップ高
記事一覧 (05/22)本日新規上場の東武住販は中国・九州地区を地盤に買い気配で始まる
記事一覧 (05/22)21日のNYダウ158ドル高と反発、前日下げ分取り返す
記事一覧 (05/21)【引け後のリリース】トラストホールディングスがメディカルサポート事業を拡充
記事一覧 (05/21)【銘柄フラッシュ】ユナイテッドやPALTEKが急伸し新星堂はASKA関連で高い
記事一覧 (05/21)ユナイテッドがストップ高となり着せ替えアプリ拡大を好感
記事一覧 (05/21)ユナイテッドが着せ替えアプリ好調を材料に急伸
記事一覧 (05/21)オリエンタルランドは減益予想でも株価強く買い戻し期待し高値更新
記事一覧 (05/21)ミクシィは高値を更新し三菱UFJモルガン証券の目標株価など好感
記事一覧 (05/21)エクセルは増益率拡大を好感した急騰止まらず連日高値
記事一覧 (05/21)PALTEKはNEDOの新技術採択など好感しストップ高
記事一覧 (05/21)PALTEKの子会社エクスプローラの提案がNEDOに採択
2014年05月22日

【引け後のリリース】電算とジャパンシステムが財務会計分野で提携

■両社で自治体財務会計システムの全国トップシェアめざす

引け後のリリース、明日の1本 長野本社の電算<3640>(東1)ジャパンシステム<9758>(JQS)は22日の大引け後、地方公共団体向け財務会計システム分野で業務提携したと発表。両社で自治体財務会計システムの全国トップシェアを実現するとともに、今後は財務会計分野以外でも地方公共団体に必要な新規ビジネス創出し、新ソリューション提供を図るとした。

 発表によると、電算が現在開発を進めている新総合行政情報システム「Reams」は、地方公共団体における住民サービスおよび庁内事務を網羅的に支援するツールとして2016年1月のリリースを予定している。この「Reams」の財務会計ユニットに、ジャパンシステムの新行政経営支援サービス「FAST」を組み込み、各種基盤の統合と業務間の連携を実現することでトータルソリューションサービスとしての商品力を高める。また、当社は新行政経営支援サービス「FAST」単体でのOEM販売を今年度より開始する。ジャパンシステムの「FAST」は基本的な財務会計業務にとどまらず、行政評価や新地方公会計財務諸表4表作成など、幅広い業務に対応しており、2014年4月に「FAST V3.0」として全面刷新された。

 電算の本日の株価終値は2022円(22円高)だった。2015年3月期は黒字転換の見込みで、1月に2340円の高値がある。

 また、ジャパンシステムの株価終値は304円(12円高)。4月に指紋認証システムなどのディー・ディー・エス<3782>(東マ)との提携を材料に480円まで上げたばかりで、本日の発表と合わせて幅広い協業などに期待が強まりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:44 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ウイン・パートナーズが5月29日の売買から東証2部に昇格

■現時点では記念配当や株式売り出しなど発表なし

 東証は22日の夕方、心臓カテーテルなどのウイン・パートナーズ<3183>(JQS)の株式を5月29日付けでJASDAQスタンダードから市場第二部(東証2部)に変更すると発表。ウイン・パートナーズも発表した。この時点では記念配当や株式売り出しなどによる資金調達は発表していない。

 本日の株価尾あり値は1016円(14円安)。5月14日に発表した前期決算で今期の連結予想1株利益を115.59円としたためPERは8倍台後半になり、JASDAQ銘柄の平均PER14倍台に比べ割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ドリコムなど急伸し新規上場の東武住販は公開価格を上回る

 22日は、米国のFOMC議事録公開によって量的緩和の縮小観測が再燃してドル高・円安基調が復活し、マツダ<7261>(東1)が3.9%高、住友ゴム工業<5110>(東1)は3.7%高、新日鐵住金<5401>(東1)は3.0%高、大王製紙<3880>(東1)も2.1%高など円安効果株が軒並み高。富士通<6702>(東1)は高値更新の後1.2%高。また、19日にかけて急落した新興市場の各指数も回復を強めたため、野村ホールディングス<8604>(東1)は3.9%高、日本取引所グループ<8697>(東1)は5.5%高。材料株物色も活発で、ミクシィ<2121>(東マ)は11日ぶり反落だが朝方1万円の大台に乗り一時8.1%高、ドリコム<3793>(東マ)は新サッカーゲームを出すのではとの見方があり23.6%ストップ高、ネットワークバリューコンポネンツ<3394>(東マ)は年初から下げ基調だったためか上位株主の異動を材料に急反発となり17.4%ストップ高、比較.com<2477>(東マ)も年初から下げ基調だったためか自律反騰が大きく15.4%ストップ高、CYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ)は13時に株式分割を発表し一段高の8.2%高。

 本日新規上場となった東武住販<3297>(JQS・福岡)は9時19分に公開価格1250円に対し12%高い1400円で初値をつけ、高値は前場の1423円、安値は後場の1275円、終値も1275円。山口県を地盤に中国地区、九州地区などで不動産事業を展開。

 アイフル<8515>(東1)は後場動意を活発化させて5.8%高となり、テレビニュースで自民党による貸金業の規制緩和の議論開始と伝えられて消費者金融株が軒並み急伸。三井不動産<8801>(東1)も1.2%高など大手不動産株も後場は堅調に推移。

 東証1部の値上がり率1位はキムラタン<8107>(東1)の11.1%高となり株価10円前後のため変動が大、2位はクックパッド<2193>(東1)の9.8%高となり今季最高益の観測報道を材料視、3位はジャフコ<8595>(東1)の8.1%高となり1ヵ月ほど前の野村證券の投資評価が目標株価4900円のため時価は1000円以上低いと見直す様子で急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 株式投資ニュース

サイバーダインが株式分割を発表し後場一時ストップ高

 ロボットスーツのCYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ・売買単位100株)は後場一時ストップ高の6340円(100円高)まで一段高となり、昨日つけた上場来の安値4950円からは劇的な反発。13時に7月末を基準日とする1対5の株式分割を発表したことが好感された。3月26日に株式を上場し、その後の高値は1万10円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | 株式投資ニュース

スズキが戻り高値に進みインドの安定新政権に期待の動き

 スズキ<7269>(東1・売買単位100株)は朝方に2950円(127円高)まで上昇して1月につけた2008年以来の高値2982円に接近。13時を過ぎても2900円台で推移。インドに早くから進出し、このたび同国の総選挙で大勝したインド人民党(BJP)のナレンドラ・モディ氏が政権安定を背景に安倍首相に似た成長戦略を行なう期待が言われている。野村證券では中期成長拡大の可能性などを要因に目標株価を従来の2500円から3500円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

パソナグループは週刊誌のASKA容疑者の記事が影響し安値

 パソナグループ<2168>(東1・売買単位100株)は後場469円(33円安円安)で売買開始となり、前場に続いて年初来の安値を更新して推移。本日発売の週刊誌が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者に関連する記事を載せていることが影響している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

ミクシィは1万円の大台に乗り一転売買交錯状態

 ミクシィ<2121>(東マ・売買単位100株)は後場寄り後に9320円(80円安)前後での推移となり、前場の11日続伸、1万円台乗せから一転、売買交錯状態。1万円台は2013年3月に株式分割を行なって以降初めての高値になり、大台に乗ったため目先的な目標達成感が出たようだ。ただ、同社は再び株式分割を予定しており、この6月末を基準日として1対5の株式分割を行なうと発表済み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

クックパッドは最高益の予想報道を好感し値上がり率トップ

 クックパッド<2193>(東1・売買単位100株)は大幅続伸となり、10時30分を過ぎて12.3%高の2200円(241円高)と東証1部の値上がり率トップ。2014年4月期の連結営業利益が過去最高を更新するもようと今朝の日本経済新聞で伝えられ、好感されている。営業利益額は30億円強になったようで、単独決算だった前の期との比較では2割程度増える見込みという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

リバーエレテックは国内パソコン出荷好調を思惑材料にストップ高

 リバーエレテック<6666>(JQS・売買単位100株)は大幅反発のストップ高となり、368円(14円高)で売買開始の後に434円(80円高)まで急伸。水晶振動子などの大手で、電子情報技術産業協会(JEITA)が4月のパソコン国内出荷台数は前年同月比46・9%増加したと発表し、ウインドウズXPのサポート終了にともなう買い替え需要がいぜん活発とされたことが期待や思惑を呼んだようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

本日新規上場の東武住販は中国・九州地区を地盤に買い気配で始まる

 本日新規上場となった東武住販<3297>(JQS・福岡、売買単位100株)は山口県を地盤に中国地区、九州地区などで不動産事業を展開し、公開価格1250円の買い気配で始まり好調なスタート(東証JASDAQ市場と福証Qボード市場に重複上場)。業績は好調で、2014年5月期の予想は売上高が前期比18.2%増の42.32億円、純利益ガ同34.7%増の2.02億円、1株利益は206円17銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

21日のNYダウ158ドル高と反発、前日下げ分取り返す

 5月21日(水)のNYダウは158ドル高の1万6533ドルと反発、前日の137ドル安を取り戻した。なお、21日の日経平均は小安かったためNN倍率は0.84倍(前日に0.85倍)に低下した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | 株式投資ニュース
2014年05月21日

【引け後のリリース】トラストホールディングスがメディカルサポート事業を拡充

■北九州市の福祉施設を取得、第3四半期の業績は好調

引け後のリリース、明日の1本 駐車場運営などのトラストホールディングス<3286>(東マ、福Q)は21日の大引け後、100%子会社のトラストメディカルサポート社(福岡市博多区)が事業基盤の強化などを目的として北九州市小倉北区にある老人ホーム・養護所を取得価額約3.7億円で取得すると発表した。物件引渡し日は5月21日。物件は医療法人建歯会(北九州市小倉北区)から取得するもので、鉄骨2階建、延床面積1975.39平方メートル、敷地面積2814.93平方メートル。

 発表では、今6月期の業績に与える影響は軽微としたが、6月期末はすでに目前。来期以降の寄与が期待される。5月8日に第3四半期の連結業績(2013年7月〜14年3月)を発表し、今6月期の予想は据え置いたものの、営業利益は通期予想を5%、純利益は同じく34.8%超過。期末に諸々の出入りが予想されるとはいえ好調さの目立つ決算だった。

 今6月期の予想は、売上高は125億円(前期はホールディングス設立前のトラストパークのため比較なし)、営業利益は8.2億円(同)、純利益は2.9億円(同)、1株利益は56.20円。

 株価は1月に610円の高値があり、2月以降は500円前後から530円前後の幅で小動き横ばいを継続。本日の終値は503円(2円安)。6月決算の発表に向けて期待感があり、配当利回りも高いため、下げる場面は仕込む価値がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:31 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ユナイテッドやPALTEKが急伸し新星堂はASKA関連で高い

 21日は、昼頃に日銀の金融政策は現状維持と伝えられ、住友不動産<8830>(東1)が一段軟化して大引けは2.0%安など不動産株に落胆感。しかし自社株買いを材料に大幸薬品<4574>(東1)が前後場とも堅調で大引けは5.1%高、大平洋金属<5541>(東1)はニッケル市況の高騰を材料に5.5%高続伸。半導体商社のエクセル<7591>(東1)は今期も大幅増益の見込みに期待強く6.8%高。ミクシィ<2121>(東マ)は6月末の株式分割や三菱UFJモルガン証券の目標株価引き上げを好感し14.2%高の高値に進み、ユナイテッド<2497>(東マ)は着せ替えアプリのダウンロード数を材料に19.9%高、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)は中国での配信拡大などが言われて7.9%高。

 電力自由化法案が昨日衆議院で可決され、節電関連のエナリス<6079>(東マ)が13.1%高、グリムス<3150>(JQS)は4.3%高、アドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東マ)は15.3%ストップ高。

 新星堂<7415>(JQS)は6.3%高の戻り高値更新となり、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕のASKA容疑者(CHAGE and ASKA)の音楽CDが人気とされて売買も増幅。

 半導体関連商社のPALTEK<7587>(JQS)は子会社の新技術がNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)に採択されたとの発表を好感し18.5%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位はタツタ電線<5809>(東1)の10.9%高となり廉価版のスマホ用フィルムなどがいわれて戻り高値、2位はタムラ製作所<6768>(東1)の8.6%高となり三菱UFJモルガン証券の投資判断引き上げがいわれて1月以来の高値、3位は石油資源開発<1662>(東1)の8.0%高となり。SMBC日興証券の投資判断引き上げがいわれてやはり1月以来の高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

ユナイテッドがストップ高となり着せ替えアプリ拡大を好感

 ユナイテッド<2497>(東マ・売買単位100株)が後場一段上値を追い、13時42分にストップ高の1508円(300円高)まで上昇。アプリ開発などを行ない、14時現在も22.5%高の1480円(272円高)で後場寄りから東証マザーズの値上がり率トップをキープ。20日付けで着せ替えコミュニティアプリ「CocoPPa」の世界累計ダウンロード数が5月16日現在で2500万を突破と発表下ことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

ユナイテッドが着せ替えアプリ好調を材料に急伸

 アプリ開発などのユナイテッド<2497>(東マ)は後場寄り後に20.4%高の1456円(248円高)まで一段高となり、一時、東証マザーズの値上がり率トップ。日経平均が一段軟化するなど主力株に手を出せないためか、20日、着せ替えコミュニティアプリ「CocoPPa」の世界累計ダウンロード数が5月16日現在で2500万を突破と発表したことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

オリエンタルランドは減益予想でも株価強く買い戻し期待し高値更新

 オリエンタルランド<4661>(東1・売買単位100株)は前場1万6000円(80円高)まで上げ、小幅だが2日続けて年初来の高値を更新。東証が昨日発表した信用取引動向(16日申し込み現在)で引き続き信用売り残が多く、売り建て玉の買い戻しが増加する期待がある。4月28日に前期決算を発表し今期を減益予想としたため一時調整相場になったが、昨日、決算発表前の水準を回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:38 | 株式投資ニュース

ミクシィは高値を更新し三菱UFJモルガン証券の目標株価など好感

 ミクシィ<2121>(東マ・売買単位100株)は11時にかけて9210円(980円高)まで上げて年初来の高値を更新。値上がり率11.9%高。三菱UFJモルガン証券が目標株価を1万2500円に引き上げたと伝えられた。このところは、スマートフォンゲーム「モンスト」(モンスターストライク)がアプリ売上高ランキング(アップストアのアプリ)でガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)の人気ゲーム「パズドラ」(パズル&ドラゴンズ)を追い抜いたと前週に伝えられて動意を強めており、6月末現在の株主に1株あたり5株交付する株式分割を予定する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース

エクセルは増益率拡大を好感した急騰止まらず連日高値

 半導体商社のエクセル<7591>(東1・売買単位100株)は大幅続伸の連日高値更新となり、朝方に11.0%高の1840円(182円高)まで上げて東証1部の値上がり率上位。15日に発表した前期決算が2ケタ増益となり、今期の予想を全体に増益率拡大としたため翌16日から連日ストップ高。勢いが止まらない相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

PALTEKはNEDOの新技術採択など好感しストップ高

 半導体関連商社のPALTEK<7587>(JQS・売買単位100株)は大幅反発となり、9時50分を過ぎて一時ストップ高の18.5%高は512円(80円高)まで急伸し、JASDAQ市場の値上がり率トップ。5月8日発表の決算が好調だったほか、昨日、子会社エクスプローラ社が提案していた新技術「超低遅延8K対応HEVC−ECFによるハイブリッド配信装置」がNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)に採択されたと発表し注目を集めた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 株式投資ニュース

PALTEKの子会社エクスプローラの提案がNEDOに採択

■助成期間は平成26年5月14日から平成27年2月28日

 PALTEK<7587>(JQS)は20日、完全子会社のエクスプローラが提案していた「超低遅延8K対応HEVC−ECFによるハイブリッド配信装置」がNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、以下NEDO)の「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」の採択を受けたと発表。

 NEDOによるベンチャー支援事業は、研究開発型ベンチャー企業等の有する優れた先端技術シーズや有望な未利用技術を活用した実用化開発を支援することにより、リスクを低減させ、研究開発成果を迅速に実用化・事業化に結びつけ、新規事業・雇用の創出等を促進することを目的としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース