[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/18)ファンコミュニケーションズは月次7割増や株式分割を好感し高値に進む
記事一覧 (09/18)メドレックスが特許承認を好感し後場もストップ高
記事一覧 (09/18)野村ホールディングスなど日経平均300円高を好感し軒並み高い
記事一覧 (09/18)【銘柄フラッシュ】東急建設は一服しCVSベイエリアや東亜建設など急伸
記事一覧 (09/18)川崎重工業は米国での鉄道大型受注を好感し高値更新
記事一覧 (09/18)東急建設は7日連続高で連日高値となりオリンピック受注への期待続く
記事一覧 (09/18)【飛び乗り飛び降りコーナー】オエノンHDは6営業日続伸、土地の含みに注目
記事一覧 (09/17)【引け後のリリース】免疫生物研究所が「繭」由来のコラーゲンで積極展開
記事一覧 (09/17)【注目のリリース】スターホールディングスが自社株買いを満額完了
記事一覧 (09/17)【銘柄フラッシュ】大都魚類や築地魚市場が急伸しメガネスーパーやパピレスも高い
記事一覧 (09/17)大手不動産株は8月のマンション発売5割増に特段反応なし
記事一覧 (09/17)松井証券は9月中間配のみで前期を上回る増配を好感し戻り高値
記事一覧 (09/17)上場2日目のサンワカンパニーは公開価格の3.7倍で初値の後も好調
記事一覧 (09/17)【銘柄フラッシュ】鉄建やメガネスーパーが急伸し特区に思惑の東都水産も高い
記事一覧 (09/17)石井鐵工所は原発の貯蔵タンクに思惑再燃し戻り高値
記事一覧 (09/17)鉄建はストップ高まで2円に迫りオリンピックを連日好感
記事一覧 (09/17)パピレスは業績予想の増額など好感しストップ高気配
記事一覧 (09/17)ヤマタネはオリンピックに向けた土地含みに期待続き高値に接近
記事一覧 (09/17)東急建設は3日連続ストップ高でオリンピック受注への期待強い
記事一覧 (09/17)ディップは業績予想の増額を好感し買い気配
2013年09月18日

ファンコミュニケーションズは月次7割増や株式分割を好感し高値に進む

 成果報酬型広告などのファンコミュニケーションズ<2461>(JQS)は18日の後場も高値に進んだまま堅調で、13時40分には8.9%高の3995円(325円高)前後で推移。昨日発表した8月の月次動向が好調で、売上高が前年同月比66.9%の増加となったことが好感されている。また、9月末の株主に1対2の株式分割を発表済み。9月25日の権利確保最終日を待たずに買い付ける動きが活発化している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

メドレックスが特許承認を好感し後場もストップ高

 経皮吸収型製剤などの創薬ベンチャー・メドレックス<4586>(東マ)は18日の後場もストップ高の2843円(500円高)で断続的に売買をこなし、値上がり率21.3%で戻り高値を大きく更新。昨日、神経端末に作用するリドカインテープ剤について特許承認と発表したことが材料視されている。このところ活況高の続いたオリンピック関連株に上げ一服となる銘柄が出ているため、材料株物色の資金がバイオ株に還流したとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

野村ホールディングスなど日経平均300円高を好感し軒並み高い

 野村ホールディングス<8604>(東1)は18日の後場も出直りを強めたまま12時45分現在は790円(20円高)前後で推移し、7月下旬以来の800円乗せ目前。日経平均が後場寄り後に一段高となり、314円30銭高の1万4625円97銭まで上げて直近の高値を更新したため、株式市場の活況再燃に期待が強まっている。大和証券グループ本社<8601>(東1)や三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの証券・銀行株は軒並み高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】東急建設は一服しCVSベイエリアや東亜建設など急伸

 18日前場は、円安基調の再燃を受けてファナック<6954>(東1)が3.3%高、パナソニック<6752>(東1)は2.4%高と強調展開。トヨタ自動車<7203>(東1)の1.4%高、商船三井<9104>(東1)の4.8%高など、円安メリット業種の主力株が堅調。半面、鉄建<1815>(東1)は9.3%安、東急建設<1720>(東1)は5.1%安など、オリンピック関連で急騰の目だった銘柄は反落模様。

 シャープ<6753>(東1)は本日にも業績予想の増額を発表と伝えられ1.9%高。また、昨日増額を発表した星光PMC<4963>(東1)は2.1%高で高値更新。

 東証1部の値上がり率1位はランド<8918>(東1)の23.5%高となり株価ひとケタの不動産開発関連株として登記人気、2位は東亜建設工業<1885>(東1)の22.4%高となり先駆したオリンピック関連の建設株に利食いが出てためか出遅れ株を物色、3位はシー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>(東1)の16.2%高となり建設株以外のオリンピック関連株とされて出直り急となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:14 | 株式投資ニュース

川崎重工業は米国での鉄道大型受注を好感し高値更新

 川崎重工業<7012>(東1)は18日、飛び出すような急伸となって415円(29円高)まで上げ、5月につけた2007年以来の高値を更新。11時過ぎにも405円(19円高)前後で強い相場となっている。昨日夜のテレビ報道番組でニューヨーク州ロングアイランド鉄道から約1800億円相当の車両を受注と伝えられたことが起爆剤になった。本日は為替も円安基調に転じ、日経平均が280円高のため買い安心感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

東急建設は7日連続高で連日高値となりオリンピック受注への期待続く

 東急建設<1720>(東1)は18日も高値を更新する始まりとなり、718円(15円高)で売買開始の後は800円(97円高)まで上昇。昨日までの6日続伸、3日連続ストップ高に続き、大幅続伸で高値更新となった。800円台は2007年以来。他の大手建設に比べて首都圏での事業が多いとされ、期待が強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

【飛び乗り飛び降りコーナー】オエノンHDは6営業日続伸、土地の含みに注目

飛び乗り飛び降りコーナー オエノンホールディングス<2533>(東1)は、9月17日(火)1円高の(+0.43%)の232円と前日と変わらずを挟んで小幅ながら6営業日続伸で堅調。東京オリンピック招致の決定で、含み資産関連として見直されている。同社が東京都銀座のオエノン銀座ビルで不動産賃貸を運営。さらに東京都中央区の子会社福徳長酒類(株)が保有する建物や構築物、土地などの含み資産も市場の関心を集めている。また、最高益更新見通しで割安感があり見直し余地は広がることから、短期的に上昇基調を強めると予想される。

 足元の業績、消費者の節約志向・低価格志向が続き、原料価格や原油価格の高止まり等が、企業収益に影響を及ぼす厳しい経営環境が続くと予想されるが、イオングループやセブン&アイグループ、西友向けPB焼酎が好調。中期経営計画「オエノンニューバリュープラン」の目標達成を目指し、今12月期売上高は870億円(前年同期比1.9%増)、営業利益は29億5000万円(同3.2%増)、経常利益は28億円(同1.0%増)、純利益は13億円(同3.9%増)と増収増益を確保し最高益を更新する見通し。

  株価は、5月8日につけた年初来高値294円から6月27日安値209円まで調整を挟んで7月8日高値250円と買われた後、220円処で下値を固め出直りつつある。PB商品では量販店大手のみならず、ローソン、ファミリーマートのコンビニエンスストア大手との共同開発、乳糖不耐症向けラクターゼの海外展開などに対する期待感があるほか、今期予想PER11倍台・PBR0.83倍と割り負け、配当利回り3.02%と利回り妙味もソコソコあり見直し余地は広がる。13週移動平均線を突破しており、上値抵抗線の250円抜けから一段高が期待されよう。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:41 | 株式投資ニュース
2013年09月17日

【引け後のリリース】免疫生物研究所が「繭」由来のコラーゲンで積極展開

■販売会社を連結化しネット販売や新製品の開発を推進

引け後のリリース、明日の1本 免疫生物研究所<4570>(JQG)は17日の大引け後、遺伝子組換えカイコの繭から生産した同社開発の「ネオシルク−ヒト・コラーゲン」シリーズの販売を行なう(株)エムコスメティックス(本店:東京都中央区日本橋)が実施する第三者割当増資を引き受け、連結子会社とすることを決議したと発表。すでに展開する国内外の化粧品業界への販売に加え、今後、化粧品製造業の認可を受け、化粧品の販売などにも進出する予定とした。

 発表によると、免疫生物研究所は、遺伝子組換えカイコの繭から生産したネオシルク−ヒト・コラーゲンシリーズを、新しい化粧品原料として積極展開しており、「ネオシルク−ヒト・コラーゲンT」については、「INCI名」および日本国内における「表示名称」を取得し、生産体制も整い、販売を開始している。
 また、加齢とともに減少するといわれる大変貴重なV型コラーゲンである「ネオシルク−ヒト・コラーゲンV」は、来年春の販売開始に向け、「INCI名」の取得が完了し、日本国内における「表示名称」の取得準備を進めており、生産体制の構築も順調に進行している。また、今後、化粧品製造業の認可を受け、これらによる化粧品を製造しドラッグストア業界への販売も計画している。

 エムコスメティックス社が実施する第三者割当増資1600株を取得価格8000万円で引き受け、新たな事業の開始日、および払込日は2013年10月1日の予定とした。

 株価は6月の1万150円を下値に下げ止まり、一時2万4600円まで戻しながら下値固めの展開。9月初から再び持ち直し、本日の終値は1万4390円(30円高)で、今期の業績は赤字見込みだが、株価は織り込む展開になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】スターホールディングスが自社株買いを満額完了

■株主還元への積極姿勢を評価する展開も

 太陽光発電機器の販売施工事業などの持株会社スターホールディングス<8702>(JQS)は17日の大引け後、自己株式の取得(自社株買い)の満額完了を発表。8月14日から9月30日の予定で実施している上限5万株(自己株を除く発行株数の1.10%)を9月13日までに累計5万株買い付けたため終了するとした。この分だけ実質的な株式価値が向上する。

 自社株買いに充てる費用は、配当原資などとともに実質的な株主還元のひとつとして総還元性向の向上に資するため、株主還元への積極姿勢が評価されそうだ。株価は8月14日に282円の戻り高値をつけた後242円を下値に横ばいを続け、本日の株価終値は256円(5円安)。業績が連続赤字の見込みの中で下値試しを何度か通過し、見直し機運が強まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】大都魚類や築地魚市場が急伸しメガネスーパーやパピレスも高い

 17日後場は、東京オリンピック関連株人気が続き、東急建設<1720>(東1)が引き続き3日連続ストップ高の16.6%高のまま推移し、セメントのデイ・シイ<5234>(東1)も3日連続ストップ高の20.7%高。ビル解体の第一カッター興業<1716>(JQS)も16.5%高のストップ高で高値更新。三井住友建設<1821>(東1)は4.3%高ながら売買代金、出来高とも1位。

 築地市場の移転・再開発関連株も東京オリンピック効果などに期待が強まり、大都魚類<8044>(東2)は42.0%ストップ高、築地魚市場<8039>(東2)は34.7%ストップ高、中央魚類<8030>(東2)は27.1%高。

 メガネスーパー<3318>(JQS)は13日発表の四半期決算を好感して前場からストップ高のまま37.5%高の急伸。電子書籍のパピレス<3641>(JQS)は株式分割などを好感し前場から22.8%ストップ高気配のまま大引けで配分商い。

 東証1部の値上がり率1位は前引けに続いて世紀東急工業<1898>(東1)の31.3%高となり引き続き東京オリンピック関連の受注増に期待継続、2位も前引けに続いて東都水産<8038>(東1)の21.5%高となり築地卸売り市場の移転・再開発や国家戦略特区などを思惑材料に前引けの25.7%高からはダレたが連日高値。3位は前出・セメントのデイ・シイ<5234>(東1)の20.7%高となり3日連続ストップ高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | 株式投資ニュース

大手不動産株は8月のマンション発売5割増に特段反応なし

 三井不動産<8801>(東1)は14時現在3395円(30円安)、住友不動産<8830>(東1)は4615円(75円安)など、午後は(株)不動産経済研究所が発表した8月の首都圏マンション発売戸数が前年比で53.3%増と伝えられたものの、大手不動産株は特段反応のない相場を続けている。契約率は81.5%で、好不調の分かれ目とされる70%を7カ月連続で上回ったと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

松井証券は9月中間配のみで前期を上回る増配を好感し戻り高値

 松井証券<8628>(東1)は17日の後場も戻り高値に進んで堅調相場を続け、13時30分現在は1072円(45円高)前後で続伸。前週末売買日の13日に9月中間配当の見込みを前回予想の20円から30円に増額発表したことが好感されている。中間配当の実施はこれが初めて。前期は期末配当のみの20円だったため、今期は期末配当(未定)を考慮しなくても前期実績を上回る額になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース

上場2日目のサンワカンパニーは公開価格の3.7倍で初値の後も好調

 上場2日目の建築資材ネット通販銘柄サンワカンパニー<3187>(東マ・売買単位100株)は17日、11時前に3500円(公開価格950円の約3.7倍)で初値をつけ、後場も3270円で売買を開始し好調持続。本社は大阪で、東京、大阪、名古屋、シンガポールの4カ所にショールームを開設。公募株式数は38万株、売り出しは行なわず、需要に応じて行なうオーバーアロットメント方式の最大5万7000株のみ。業績は底堅く、2013年9月期の予想は、売上高を前期比18.9%増の55億1800万円、営業利益は同16.7%減の3億3400万円、純利益は同16.1%増の2億400万円、1株利益は84円51銭としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:50 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】鉄建やメガネスーパーが急伸し特区に思惑の東都水産も高い

 17日前場は、東急建設<1720>(東1)は3営業日連続ストップ高となり16.6%高、三井住友建設<1821>(東1)は売買代金1位の活況で10.3%高の高値更新、ビル解体の第一カッター興業<1716>(JQS)は16.4%高の高値更新など、引き続き東京オリンピック関連株物色が活発。好業績株も活況で、メガネスーパー<3318>(JQS)は13日発表の四半期決算を好感して35.0%高の急伸。サンコーテクノ<3435>(JQS)も13日の業績予想の増額発表を好感して7.1%高の戻り高値。

 NTTドコモ<9437>(東1)は「アイフォーン」新機種に期待あるものの2.4%安、ソフトバンク<9984>(東1)は3.3%安、KDDI<9433>(東1)は6.2%安。

 東証1部の値上がり率1位は世紀東急工業<1898>(東1)の30.4%高となり引き続き東京オリンピック関連の受注増に期待継続、2位は東都水産<8038>(東1)の25.7%高となり築地卸売り市場の移転や国家戦略特区などを思惑材料に25.7%高、3位は鉄建<1815>(東1)の23.3%高となり引き続き東京オリンピック関連の受注増に期待強く連日の高値更新となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

石井鐵工所は原発の貯蔵タンクに思惑再燃し戻り高値

 石井鐵工所<6362>(東1)は17日、364円(33円高)まで上げて4営業日ぶりに戻り高値を更新し、11時を過ぎても360円前後で堅調。LNGタンクや石油貯蔵施設などで知られ、東京電力<9501>(東1)の福島第1原子力発電所の汚染水タンクを引き続き思惑材料に値幅狙いの投資家が注目しているようだ。3月に年初来の高値372円があり、高値更新に現実味が出てきたため、買い戻しの増加などが株高に拍車をかける期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

鉄建はストップ高まで2円に迫りオリンピックを連日好感

 鉄建<1815>(東1)は17日も高値更新となり、10時50分にかけて25.9%高の379円(78円高)と一段上値を追い、本日のストップ高(80円高の381円)まで2円に迫った。鉄道建設の大手で、オリンピックに向けて成田、羽田空港と都心や競技会場との輸送網の強化などが行なわれる観測があることが材料。PERは140倍に達するものの、材料株妙味が強いため気にする様子はないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

パピレスは業績予想の増額など好感しストップ高気配

 電子書籍のパピレス<3641>(JQS)は17日、気配値のままストップ高の3770円(700円高)に達し、10時10分現在、まだ売買が成立していない。前週末売買日の13日に株式分割と業績予想の増額修整を発表したことが好感されている。今3月期の純利益の予想を従来予想から1億9100万円引き上げて4億円に見直し、一転増益になる見込み。また、株式分割は9月30日を基準日として1株を2株に分割する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

ヤマタネはオリンピックに向けた土地含みに期待続き高値に接近

 倉庫の大手ヤマタネ<9305>(東1)は17日も戻り高値に進む始まりとなり、216円(15円高)で売買開始の後は112.4%高の226円(25円高)まで上昇。含み資産株の代表格で、引き続き東京オリンピックに向けた土地などの値上がりに期待が強く、3月につけた年初来の高値229円に急接近となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

東急建設は3日連続ストップ高でオリンピック受注への期待強い

 東急建設<1720>(東1)は17日も高値を更新する始まりとなり、683円(80円高)で売買開始の後は一時ストップ高の703円(100円高)まで上昇。引き続き東京オリンピックに向けた受注期待が衰えず、3営業日連続ストップ高となった。700円台は2007年以来。他の大手建設に比べて首都圏での事業が多いとされ、期待が強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

ディップは業績予想の増額を好感し買い気配

 求人情報誌・Webなどのディップ<2379>(東マ)は17日、買い気配で続伸の始まりとなり、9時15分現在は586円(60円高)で買い先行。13日の夕方、8月第2四半期、2月通期の業績予想を全体に増額発表し、第2四半期の営業利益(3月〜8月累計)は従来予想の約3倍の3億1000万円に引き上げたことなどが好感されている。アルバイト求人情報サイト「バイトルドットコム」で、媒体力強化のための新機能、新サービスを展開するなどの積極活動が奏功。年初来の高値は5月の565円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース