[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/22)バルクホールディングスの子会社バルクが大江戸コンサルタントと業務提携
記事一覧 (04/22)21日のNYダウは40ドル高の1万6449ドルと反発
記事一覧 (04/21)【引け後のリリース】ジューテックHDが業績予想を増額し割安感強まる
記事一覧 (04/21)【銘柄フラッシュ】リソー教育が急伸しアイフルやJトラストなどが軒並み高い
記事一覧 (04/20)【相場熟者が答える投資相談】ファナックの買い増しを考えていますがアドバイスを
記事一覧 (04/18)【引け後のリリース】フジオフードシステムがインドネシアで本格展開
記事一覧 (04/18)【銘柄フラッシュ】レッグスが急伸し新上場のジョイフル本田は公開価格上回る
記事一覧 (04/18)17日のNYダウ16ドル安、4日ぶり反落、上げ幅(約400ドル)に比べ下げ小さい
記事一覧 (04/17)【引け後のリリース】資生堂が3月決算の見込みを増額し最終黒字転換幅を拡大
記事一覧 (04/17)【銘柄フラッシュ】ホットリンクやクロスキャットが急伸しビックカメラも高い
記事一覧 (04/17)協和キリンは外資系証券の目標株価引き上げを好感し高値更新
記事一覧 (04/17)【菜々美のマーケットにつぶやき】金融界はフローよりストックのニーズも
記事一覧 (04/17)16日のNYダウ3日続伸、最高値までああと207ドル、NN倍率0.87倍
記事一覧 (04/17)FPG 今期第2四半期、通期業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (04/16)【銘柄フラッシュ】石井表記が急伸し麻生発言など寄与して三井不や大成建設も高い
記事一覧 (04/16)ピックルス急伸、800円乗せ、今2月期1株利益115円、次は4ケタへ
記事一覧 (04/16)ソニーは4Kテレビなどに期待強まり続伸し日経平均も130円高
記事一覧 (04/16)15日のNYダウ続伸、最高値まであと360ドル余
記事一覧 (04/15)【注目のリリース】大丸松坂屋の3月売上高は前年同月比36%増加
記事一覧 (04/15)【引け後のリリース】三洋工業が3月決算の利益見通しと配当見込みを増額
2014年04月22日

バルクホールディングスの子会社バルクが大江戸コンサルタントと業務提携

■顧客企業により高い付加価値を提供

 バルクホールディングス<2467>(名証セ)は21日、同社の子会社で、情報セキュリティコンサルティング事業を手掛けるバルク(東京都中央区)が、総合コンサルティング会社の大江戸コンサルタント(東京都中央区)とコンサルティング事業分野での業務提携契約を締結したと発表した。

 大江戸コンサルタントは、人事労務部門に特化した総合コンサルティング会社であり、創業15年目にして、上場企業、上場準備中企業など取引企業数は全国に約1,000 社近くに上る。主に顧客企業に対して、労務リスクの対応や法改正情報、助成金情報の提供など人事・労務にかかわる情報提供を行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

21日のNYダウは40ドル高の1万6449ドルと反発

 4月21日(月)のNYダウは40ドル高の1万6449ドルと反発した。これで、4月4日につけた最高値まで180ドルていどまでとなっている。

 なお、21日のNN倍率(日経平均÷NYダウ)は0.88倍と0.01ポイント上昇した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:10 | 株式投資ニュース
2014年04月21日

【引け後のリリース】ジューテックHDが業績予想を増額し割安感強まる

■建材などの需要堅調で資材価格の上昇なども寄与

引け後のリリース、明日の1本 建材や太陽光発電資材などの卸大手ジューテックホールディングス<3157>(JQS)は21日の大引け後、2014年3月期の業績予想を全体に増額修正し、売上高を従来予想より6.1%引き上げて1750億円の見込みに、営業利益は同じく15.6%引き上げて18.5億円の見込みに引き上げた。同時に、同3月期の配当予想も4円から6円に増額した。同社は首都圏のマンンションのリフォームなども展開する。

 発表によると、14年3月期は、消費税の増税前の駆け込み需要のほか、原材料費の上昇などにともなう一部建築資材価格の上昇などもあり、前回予想を岩回る見込みになった。投資有価証券売却益の発生等もあり、純利益は従来予想を38.9%引き上げて12.5億円の見込みとした。引き上げ後の予想1株利益は104円91銭。

 本日の株価終値は554円(5円高)。2月22日に637円まで上げたことがあり、予想1株利益は104円91銭からみると、この高値でもPERは6倍台。割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】リソー教育が急伸しアイフルやJトラストなどが軒並み高い

 21日は、商船三井<9104>(東1)が1.1%安となり、中国司法当局が同社の船を差し押さえると伝えられたことが影響したものの底堅い動き。ただ、前場は高かったダイキン工業<6367>(東1)が後場は軟調に転換し0.5%安、日産自動車<7201>(東1)も0.2%安など中国関連株は後場は様子見ムードが広がった。

 中で、リソー教育<4714>(東1)は前週末発表の前期決算を好感して36.4%ストップ高、リオン<6823>(東1)は業績予想の増額を好感して3.6%高と出直り拡大。アイフル<8515>(東1)が11.2%高、Jトラスト<8508>(東2)が9.8%高など、貸金業に関連する金利規制の緩和を検討と伝えられて消費者金融・クレジットカード株が軒並み高。アドウェイズ<2489>(東マ)はネット広告各社が中国や東南アジアに拡大と伝えられ9.2%高、ペッパーフードサービス<3053>(東マ)は豪州産牛肉の関税引き下げを好感し連日高値に進んだ後5.0%高。

 国際非鉄市況を映して大平洋金属<5541>(東1)が2.7%高ながら連日の高値更新となり、国際石油開発帝石<1605>(東1)も石油市況を材料に3.2%高の高値更新。

 東証1部の値上がり率1位は前出・リソー教育<4714>(東1)の36.4%ストップ高、2位はアプラスフィナンシャル<8589>(東1)の12.8%高となり貸金業に関連する金利規制の緩和を検討との報道を好感、3位はオリエントコーポレーション<8585>(東1)の12.8%高となり同じく金利規制の緩和観測を好感し戻り高値を大きく更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:09 | 株式投資ニュース
2014年04月20日

【相場熟者が答える投資相談】ファナックの買い増しを考えていますがアドバイスを

■ファナックを1万3000円で100株持っています。さらに、100株を買い増したいのですが(茨城県・N)

相場熟者が答える投資相談 【問い】 ファナック<6954>(東1)を1万3000円で100株持っています。まだ上がりそうな気がしますので、あと100株買い増しもと考えています。アドバイスをよろしくお願いします。

■日経平均に寄与度大きく短期的には有望ですが、買い増しには不賛成です

 【答え】 ファナックは、4月18日(金)65円高(+0.35%)の1万8635円と4営業日続伸、120円高の1万8690円と買われています。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:43 | 株式投資ニュース
2014年04月18日

【引け後のリリース】フジオフードシステムがインドネシアで本格展開

■現地大手と合弁で「まいどおおきに食堂」など開始

引け後のリリース、明日の1本 廉価版食堂などを運営するフジオフードシステム<2752>(JQS)は18日の大引け後、子会社のFFSシンガポール社(FUJIO FOODSYSTEM SINGAPORE PTE.LTD)と同国のベーカリーチェーンなどの大手PRIMA社が合弁会社を設立し、インドネシアで「まいどおおきに食堂」や「串家物語」、セルフサービスうどん「つるまる」を始めとした当社ブランドを展開すると発表した。

 合弁会社名はPT Mulia Sukses Perdana(予定)。資本金は100万USドル(約1億200万円)及び付随する出資150万USドル(約1億5300万円)。出資比率はフジオフード子会社が40%、現地大手が60%。設立は9月初旬の予定。

 本日の株価終値は2129円(31円高)。2月初の1657円を下値に再び上昇基調に復帰し、4月に2198円の高値をつけたばかり。2014年12月期は大幅増益の見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】レッグスが急伸し新上場のジョイフル本田は公開価格上回る

 18日は、昨日の麻生財務相の発言を受けて年金の株式運用拡大に期待があり、TOPIXとJPX日経400はほぼ高値引け。連動性の強いソフトバンク<9984>(東1)は大引けにかけて浮上し0.2%高程度ながら堅調転換。ソニー<6758>(東1)はジリ高を続けて1.3%高。三井不動産<8801>(東1)は1.6%高、業績予想を増額した資生堂<4911>(東1)は1.1%高。ビッグデータ関連のホットリンク<3680>(東マ)は15.6%高。

 本日新規上場となったジョイフル本田<3191>(東1)は北関東を地盤に大規模ホームセンターを展開し、9時ちょうどに公開価格2700円を下回る2650円で初値がついたあとは上値を追い、高値は後場の2925円、終値は2842円。公募株数はゼロ(新株発行なし)で、売り出し株数が最大410万4600株。2014年6月期の連結業績予想は、売上高が前期比0.1%減の1767億1400万円、営業利益が同9.3%減の91億5400万円、純利益は同8.3%減の63億4300万円、1株利益245円80銭。 

 格安スマホ販売で注目されるイオン<8267>(東1)は前日比変わらず、ビックカメラ<3048>(東1)は0.1%安。しかし、セールスプロモーションのレッグス<4286>(JQS)は27.8%高となり、通信サービスに関連するインターネットイニシアティブ(IIJ)<3774>(東1)は8.8%高の戻り高値、フリービット<3843>(東マ)は21.4%高の戻り高値、日本通信<9424>(JQS)は19.8%高の高値更新など活況。

 輸入牛肉の関税引き下げに期待とブロンコビリー<3091>(東1)は1.9%高ながら高値更新、ペッパーフードサービス<3053>(東マ)は11.3%高で高値更新。

 東証1部の値上がり率1位は山一電機<6941>(東1)の10.9%高となり半導体検査装置関連株で同じくインスペック<6656>(東マ)が14.6%ストップ高のため連想買いが波及、2位は前出・インターネットイニシアティブ(IIJ)<3774>(東1)の8.8%高、3位はアルバイト情報のディップ<2379>(東マ)となり建設業界や外食業界での人手不足が伝えられ8.2%高の高値更新となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 株式投資ニュース

17日のNYダウ16ドル安、4日ぶり反落、上げ幅(約400ドル)に比べ下げ小さい

17日(木)のNYダウは16ドル安の1万6408ドルと4日ぶりに安くなった。ただ、16日(水)まで3日間で約400ドル上昇したことに比べると小幅安にとどまっているといえる。

 なお、17日の日経平均のNYダウに対する倍率(NN倍率)は、前日と同じ0.87倍。NYダウ安から18日のNN倍率は0.86倍まで低下(日経平均下落)の可能性はありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:08 | 株式投資ニュース
2014年04月17日

【引け後のリリース】資生堂が3月決算の見込みを増額し最終黒字転換幅を拡大

■駆け込み需要に加えコスト改革効果などが寄与

引け後のリリース、明日の1本 資生堂<4911>(東1)は17日の大引け後、2014年3月期の連結決算見通しを全体に増額修正し、売上高はこれまでの予想を1.6%引き上げて7620億円(前期比では12.4%増)に見直し、1株利益は従来の47.69円予想を65.28円に引き上げた。

 消費税率引き上げ前の駆け込み需要が想定を上回ったほか、売上高の増加による売買差益の増加、コスト構造改革の前倒し効果なども寄与した。決算発表は4月25日の予定。本日の株価終値は1810円(22円高)だった。

 発表によると、駆け込み需要により店頭売上が想定を上回って伸長したことや、これに対応して小売店も品ぞろえを強化。コスト構造改革の前倒し効果のほか、費用の効率運用に加え、遊休不動産の売却益の計上などもあり、営業利益は従来予想を17.9%引き上げて495億円(同90.4%増)の見込みとし、純利益は同じく36.8%引き上げて260億円と大きく黒字転換する見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ホットリンクやクロスキャットが急伸しビックカメラも高い

 17日は、西松建設<1820>(東1)が10時30分に業績予想などの増額を発表し急動意となり、戻り高値に顔合わせの2.6%高。サンフロンティア不動産<8934>(東1)は公募増資の中止を材料に朝方から大引け間際までストップ高気配の15.2%高。沢井製薬<4555>(東1)はバークレイズ証券の投資判断を好感して7.0%高となり出直り拡大。ビックカメラ<3048>(東1)は連結子会社のコジマ<7513>(東1)が四国4県から撤退とされて6.4%高となり高値更新。業種別では繊維、海運株が値上がり率1位、2位となり、住江織物<3501>(東1)は昨年の伊勢神宮の遷宮に備品を納入したため来年は春日大社とされて4.9%高の戻り高値、日本郵船<9101>(東1)は3.5%高と出直りモルガンS証券による海運大手への投資判断を好感。

 キーウェアソリューションズ<3799>(東2)はJR北海道による北海道新幹線の概要発表を材料に4.2%高と出直り拡大。

 ホットリンク<3680>(東マ)はビッグデータ活用の本格化に期待し25.1%ストップ高。クロスキャット<2307>(JQS)は業績・配当予想の増額を好感し24.5%ストップ高。アドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東マ)は11日に発表の第2四半期決算を材料に連日ストップ高の16.2%高。ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(東JQS)は業績好調との観測報道を材料に一時ストップ高の後も14.3%高。

 東証1部の値上がり率1位は前出・サンフロンティア不動産<8934>(東1)の15.2%高、2位は株価10円台のキムラタン<8107>(東1)となり10.0%高、3位は日精エー・エス・ビー機械<6284>(東1)の8.4%高となり消費税改定による飲料などの容器変更に期待と出直りを強めた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:44 | 株式投資ニュース

協和キリンは外資系証券の目標株価引き上げを好感し高値更新

 協和発酵キリン<4151>(東1・売買単位100株)は14時30分を回って1145円(38円高)前後で推移し、年初来の高値を更新。信用倍率1倍台のため材料に反応しやすく、バークレイズ・キャピタル証券が目標株価を840円から1150円に引き上げたと伝えられ、刺激要因になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

【菜々美のマーケットにつぶやき】金融界はフローよりストックのニーズも

菜々美のマーケットにつぶやき ロボットが将棋でプロをやりこめる時代となっています。介護ロボットも登場しています。福島の原発処理では人の近づけないところで作業ロボットが実力を発揮しています。

 日本の得意とする光学機器やコンピュータがロボットを根底で支えていることは間違いないところです。でも、コンピュータやロボットがあまりにも発達し過ぎて人の分野にまで入り込んでくるとなると、少々、考えものです。

 人はコンピュータほど賢くないかもしれませんが、正しいことも、そして間違った行いをするのが人間です。人の領域まで踏込みすぎては人間否定となってしまいます。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:00 | 株式投資ニュース

16日のNYダウ3日続伸、最高値までああと207ドル、NN倍率0.87倍

4月16日(火)のNYダウは、162ドル高の1万6424ドルと3日続伸した。最高値(4月4日)まで、あと207ドルとなっている。住宅着工の堅調が伝えられている。

 なお、16日の日経平均のNYダウに対する倍率は0.87倍と前日比0.01ポイントアップし、日本株に元気が回復している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | 株式投資ニュース

FPG 今期第2四半期、通期業績予想の上方修正を発表

■上方修正により第2四半期、通期業績予想共に大幅増収増益を見込む

 FPG<7148>(東1)は16日、今期第2四半期、通期業績予想の上方修正を発表した。

 第2四半期連結業績予想の売上高は、前回予想を4億18百万円上回る30億90百万円(前年同期比46.3%増)、営業利益は4億62百万円上回る17億40百万円(同44.2%増)、経常利益は4億8百万円上回る14億70百万円(同33.5%増)、純利益は2億63百万円上回る8億95百万円(同33.7%増)と大幅な上方修正により大幅増収増益を見込む。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:57 | 株式投資ニュース
2014年04月16日

【銘柄フラッシュ】石井表記が急伸し麻生発言など寄与して三井不や大成建設も高い

 16日は、日銀総裁が午前の国会に出席と伝えられ、11時頃には麻生財務相が株式市場に対する「GPIF」(年金積立金管理運用独立行政法人)の寄与をほのめかしたとされたため、日経平均の先物主導で全体に先高期待が高揚。日経平均と連動性の強いソフトバンク<9984>(東1)が売買代金トップとなって8.5%高。さらなる金融緩和への期待から三井不動産<8801>(東1)が3.6%高となり、野村ホールディングス<8604>(東1)も3.5%高。各業種の代表格を組み入れる期待から楽天<4755>(東1)は8.2%高。また、業績予想の増額を好感して住石ホールディングス<1514>(東1)が急伸し10.1%高。ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は自社株買いも好感されて10.9%高。プロ野球「統一球」問題のミズノ<8022>(東1)は小反発の0.6%高。

 石井表記<6336>(東2)は「インクジェット製法によるセラミックス2次電池」が材料視されて24.8%ストップ高。フリービット<3843>(東1)はスマートフォンのSIMフリーなどに関連する発表を好感して急動意の26.6%ストップ高。ホットリンク<3680>(東マ)は提携先の企業を米ツイッター社が買収と伝えられて23.3%ストップ高。フェローテック<6890>(JQS)は3月決算の黒字化に期待強まり19.1%高。

 大林組<1802>(東1)は昨日の業績予想の増額を好感して3.8%高となり、連想買いで大成建設<1801>(東1)が4.2%高、東急建設<1720>(東1)は8.3%高。

 東証1部の値上がり率1位はKLab<3656>(東1)の18.4%ストップ高となりiPadの人気アプリランキングで上位とされて戻り高値、2位はディー・エヌ・エー<2432>(東1)の11.7%高となりSMBC日興証券とクレディスイス証券が15日付リポートで投資判断を引き上げたとされて急出直り。3位は前出・住石ホールディングス<1514>(東1)の10.1%高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 株式投資ニュース

ピックルス急伸、800円乗せ、今2月期1株利益115円、次は4ケタへ

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS・売買単位100株)は、87円高の802円と急伸、今年1月31日以来の800円台に乗せている。

 前日15日に発表した2014年2月期決算で6.9%の営業減益から2015年2月期は32.5%の大幅増益の見通し。

 1株利益は115.5円(2014年2月期95.2円)に向上、年12円配当は継続の予定。

 広島工場が完成し昨年6月から製品出荷を行っている。『ご飯がススムキムチ』、『川越達也オススメキムチ』などが引き続き好調。

 長期間700円前後でモミ合っていた水準を上放れたことから、低PERでの注目度も高く中期4ケタ乗せが見込めるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:56 | 株式投資ニュース

ソニーは4Kテレビなどに期待強まり続伸し日経平均も130円高

 ソニー<6758>(東1・売買単位100株)は続伸の始まりとなり、1892円(13円高)で売買開始の後も1890円前後で推移。昨日「4Kテレビ」の戦略や新製品などを発表し、またNY株式の89ドル高続伸、円相場の軟化などが好感されている。日経平均は130円06銭高の1万4126円87銭で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース

15日のNYダウ続伸、最高値まであと360ドル余

15日(火)のNYダウは89ドル高の1万6262ドルと続伸した。これで、4月4日につけた最高値まであと約360ドルとなっている。

 なお、15日の日経平均のNYダウに対する倍率(NN倍率)は前日と同じ0.86倍だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:33 | 株式投資ニュース
2014年04月15日

【注目のリリース】大丸松坂屋の3月売上高は前年同月比36%増加

■昨年3月は7.5%増、時計宝飾品は3倍に伸び化粧品は7割増

 大丸松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)は15日の大引け後に3月の月次動向(連結営業報告)を発表し、大丸松坂屋百貨店合計では前年同月比36.2%増、関係百貨店を含めた百貨店事業合計では同35.1%増となった。本日の株価終値は658円(9円安)。

 昨年3月の発表では、大丸松坂屋百貨店合計が同7.5%増、関係百貨店を含めた百貨店事業合計では同6.6%増だった。

 発表によると、今年3月の百貨店事業の売上高は、消費増税を控え、時計宝飾品が前年の約3倍、ラグジュアリーブランド、化粧品が約7割増となるなど大幅に売上を伸ばし、肌着や保存食品も月末が近づくにつれて売上が加速するなど、すべての商品分野が好調に推移した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】三洋工業が3月決算の利益見通しと配当見込みを増額

■堅調な建築需要が顕在化し純利益は5割増額

引け後のリリース、明日の1本 内装材などの大手・三洋工業<5958>(東1)は15日の大引け後、3月決算の利益見通しを大幅に増額修正し、3月期末の配当予想も従来の2円50銭を3円の見込みに引き上げた。年間では前期の5円に対し5.5円になる。決算発表は5月9日の予定。

 2014年3月期の連結業績予想は、売上高を従来予想比1.7%減額し290億円の見込みとしたものの、堅調な建築需要が第4四半期に入り顕在化してきたこと、コスト低減策や利益管理の徹底が図られたことにより、営業利益は従来予想を17.6%引き上げて10億円の見込みとし、純利益は50.0%引き上げて9億円の見込みとした。増額後の1株利益は25円85銭。

 本日の株価終値は171円(前日比変わらず)。1月に200円まで上げたことがあり、本日の増額修正によりPERは株価が250円でも10倍弱になるため、割安修正高が必定となってきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース