[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/15)神戸電鉄は有馬温泉人気やTOPIX採用への期待強まる
記事一覧 (08/15)ウェルネットは発行株数の12%の株式消却を好感しストップ高気配続く
記事一覧 (08/15)アサヒホールディングスが好業績や金の強含みを材料に戻り高値
記事一覧 (08/15)サッポロホールディングスは大手証券の評価などあり底堅い
記事一覧 (08/15)【銘柄フラッシュ】澁谷工業やイメージワンが急伸し減益決算のグリーも高い
記事一覧 (08/15)キトー3日続伸、大幅増益でPERわずか10倍、高値に8合目は超割安
記事一覧 (08/15)ニコンがiPS細胞の技術開発報道を好感して活況高
記事一覧 (08/15)ファーストエスコは大幅増益を好感しストップ高で5000円台回復
記事一覧 (08/15)イメージワンが新たな3Dプリンター関連株との見方で連日急伸
記事一覧 (08/15)グリーは前6月期大幅減益だが出尽くし感から続伸
記事一覧 (08/15)太平洋セメントは南京の工場に閉鎖の命令と伝えられ軟調
記事一覧 (08/14)【注目のリリース】ウェルネットが発行株数の12%もの株式を消却し価値向上へ
記事一覧 (08/14)【引け後のリリース】エイチームが「引越し侍」など設立し3事業を子会社化
記事一覧 (08/14)【銘柄フラッシュ】三菱鉛筆や澁谷工業が急伸し株価ひとケタ銘柄も大活況
記事一覧 (08/14)ミネベアが四半期業績への評価を強めて高値更新
記事一覧 (08/14)日本航空はシティグループ証券の評価を好感し高値に迫る
記事一覧 (08/14)「公共投資関連ならこの株」からカナモト急伸、上場来初の3000円へ
記事一覧 (08/14)アルバックは6月決算の黒字など好感し戻り高値
記事一覧 (08/14)丹青社は第2四半期決算の期待など強く戻り高値
記事一覧 (08/14)【銘柄フラッシュ】アイ・ピー・エスが急伸し第一屋製パンやペプチドリームも高い
2013年08月15日

神戸電鉄は有馬温泉人気やTOPIX採用への期待強まる

 神戸電鉄<9046>(東1)は15日の後場も高値更新のまま上値を追う相場となり、14時現在は398円(11円高)。沿線の有馬温泉がアベノミクス効果による旅行客回復の感触とされるほか、東証と大証が7月16日売買分から現物株の市場を統合し、それまで大証単独上場だった現・東証1部銘柄は8月末に東証株価指数(TOPIX)採用になるため、指数連動ファンドによる組み入れ買いの期待が出ている。ただ、旧・大証単独銘柄のTOPIX採用は8月末と10月末の2度に分けて行なわれるため、第1陣になるかどうかは未確認のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

ウェルネットは発行株数の12%の株式消却を好感しストップ高気配続く

 決済・収納代行の大手・ウェルネット<2428>(JQS)は15日の後場も気配値のままストップ高の1115円(150円高)で推移し、朝の取引開始から13時50分にかけて、まだ売買が成立していない。昨日の大引け後に自己株140万1900株(発行済み株式総数の12.18%)を消却すると発表したため、その分の株式価値向上に期待が広がっている。消却日は8月30日の予定。同時に発表した2013年6月期の決算(非連結)は好調で、売上高が前期比9.8%増加し営業利益は同16.3%増加、純利益は同4.2%増加した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

アサヒホールディングスが好業績や金の強含みを材料に戻り高値

 廃棄物処理と貴金属再生のアサヒホールディングス<5857>(東1)は15日の後場も戻り高値に進んだまま強い相場となり、13時30分にかけては1783円(47円高)。7月下旬に発表した第1四半期決算で今期の予想を増額したほか、このところエジプトの騒乱拡大などによって金の国際市況が強含んでいることが材料視されている。株価は6月の1410円を安値に戻り相場を続けており、今週初から75日移動平均線を上回っているため、チャート好転を好感する様子もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

サッポロホールディングスは大手証券の評価などあり底堅い

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は15日の後場382円(5円安)で売買開始となり、日経平均は260円安の中で前場に続き底堅い相場を継続。野村証券が目標株価を引き上げ、これまでの310円を390円に引き上げたと伝えられている。8月2日に発表した第2四半期決算(1〜6月)は好調で、前年同期比で各利益とも黒字転換。外食需要の回復などを受けたプレミアムビールの回復などを評価しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】澁谷工業やイメージワンが急伸し減益決算のグリーも高い

 15日前場は、昨日の円安にブレーキがかかったため富士重工業<7270>(東1)が2.5%安、日立製作所<6501>(東1)は0.9%安、四半期決算が好調だったマブチモーター<6592>(東1)も4.0%安。代わって材料株の物色が活発化し、前澤工業<6489>(東1)は塩ビ管の価格上昇が伝えられたことなどを材料に6.7%高、澁谷工業<6340>(東1)はiPS細胞技術を理化学研究所などとの共同開発を好感してストップ高気配。イメージ ワン<2667>(JQS)は新たな3Dプリンター関連株との見方がありストップ高。

 太平洋セメント<5233>(東1)は中国から南京工場の閉鎖を命じられていることが14日わかったと本日の日本経済新聞で伝えられ3.2%安。

 東証1部の値上がり率1位はグリー<3632>(東1)の10.4%高となり昨日発表の決算は大幅減益だったものの出尽くし感とされて戻り足、2位は前澤工業<6489>(東1)の6.7%高、3位はMonotaRO(モノタロ)<3064>(東1)の6.7%高となり一昨日発表の四半期決算を引き続き好感し出直り拡大となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:27 | 株式投資ニュース

キトー3日続伸、大幅増益でPERわずか10倍、高値に8合目は超割安

 キトー<6409>(東1・売買単位100株)は53円高の1498円と3日続伸、大きく出直っている。今年4月に株式100分割を実施しており、権利修正では5月17日に1937円の高値をつけている。

 現在は高値に対し約8号目で、好業績から高値奪回は十分見込めるとして注目されている。

 その業績は去る9日発表の第1四半期(4〜6月)は営業利益が前年同期比2.5倍と好調だった。通期では18.3%増収、営業利益43.4%増益、1株利益147.0円の見通し。配当は年30円の予定。

 PERはわずか10.1倍にすぎない。高値奪回にとどまらず2000円台での活躍が期待できるだろう。

>>キトーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース

ニコンがiPS細胞の技術開発報道を好感して活況高

 ニコン<7731>(東1)は15日、反発となり、朝寄り後に1749円(61円高)まで上げて11時を過ぎても1700円台で堅調。本日の日本経済新聞で、理化学研究所やニコンなどがiPS細胞を使った再生医療を低コストで実現するための技術を共同開発すると伝えられたことが材料になり、一時東証1部の売買代金5位前後に顔を出す場面があった。2017年度をメドに病気や事故で傷ついたところに移植する「細胞シート」の量産技術を確立するという。同社株は四半期決算を受けて8月12日に1666円の安値をつけたばかりだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

ファーストエスコは大幅増益を好感しストップ高で5000円台回復

 木質バイオマス発電などのファーストエスコ<9514>(東マ)は15日、朝方からストップ高の5220円(7000円高)で売買を交え、約1月ぶりの高値更新。昨日発表した2013年6月期の連結決算が営業利益83%増となるなど好調で、今期の予想も営業利益を58%増とするなど大幅拡大の見込みとしたため、買いが集まった。値動きの軽い値幅妙味株のため一般投資家の心理が投影されやすく、2年ぶりの5000円台回復とあって一段と勢いづく可能性がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

イメージワンが新たな3Dプリンター関連株との見方で連日急伸

 衛星画像のイメージ ワン<2667>(JQS)は15日も大幅続伸となり、朝方に11%高の10万4400円(1万2800円高)まで上げてJASDAQ銘柄の値上がり率2位。医療画像などでも知られ、新たな3Dプリンター関連株との見方が出ている。昨日はストップ高。値動きの軽い材料株のため、夏季休暇の最中で個人投資家の動きを反映しやすい面もあるようだ。

>>イメージ ワンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

グリーは前6月期大幅減益だが出尽くし感から続伸

 グリー<3632>(東1)は15日、大幅続伸の始まりとなり、914円(60円高)で売買開始の後も930円前後で推移。昨日発表した2013年6月期の連結決算は営業利益が41.2%減となるなど大幅減益だったものの、すでに観測報道などがあったため出尽くし感が働いたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース

太平洋セメントは南京の工場に閉鎖の命令と伝えられ軟調

 太平洋セメント<5233>(東1)は15日、361円(11円安)で売買開始の後も360円前後で軟調名始まりとなった。中国・南京市から、同市にある工場の閉鎖を命じられていることが14日わかったと本日の日本経済新聞で伝えられたことが手控え材料の模様。大気汚染の原因になっているというのが理由だという。株価は昨日379円の年初来高値をつけたばかりで、この程度の下落なら上昇基調の中でのもみ合いの範囲におさまる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2013年08月14日

【注目のリリース】ウェルネットが発行株数の12%もの株式を消却し価値向上へ

■前6月期は営業利益16%増加など好調で今期も増収増益を見込む

 決済・収納代行の大手・ウェルネット<2428>(JQS)は14日の大引け後、2013年6月期の決算を発表し、同期末配当を従来予想の24円から25円の見込みに増額し(前期は株式分割考慮後で20円)、また、8月30日付けで自己株140万1900株(発行済み株式総数の12.18%)を消却するとした。

 期末配当の増額はすでに6月末で権利を通過済みだが、自己株の消却は単純計算で12.18%の株式価値向上になり、株価上昇の要因になる。

 前6月期の決算(非連結)は好調で、売上高が前期比9.8%増加し営業利益は同16.3%増加、純利益は同4.2%増加し1株利益は75円64銭、1株純資産は794円46銭となった。また、今期・2014年6月期の予想は、売上高を9.2%増の75億円、営業利益を同4.1%増の14億5000万円とし、純利益は同5.4%増の8億円、1株利益は79円70銭とした。

 本日の株価終値は965円(25円高)。6月の757円を下値に持ち直しており、今期予想1株利益からはPER約12倍。JASDAQ銘柄の平均の同15.6倍(13日現在)からは割安。また、前期の1株純資産との比較でも割安になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】エイチームが「引越し侍」など設立し3事業を子会社化

■7月決算は好拡大の見込みで中期展望などに注目

引け後のリリース、明日の1本 スマホ向けゲームなどのエイチーム<3662>(東1)は14日の大引け後、引越し比較サービス事業、テレマーケティング事業、中古車一括査定サービス事業の3事業を各々分離し、独立事業会社化し、子会社3社を新たに設立するとした。意思決定の迅速化や事業の効率化を図る。3社とも100%出資、設立予定日は8月22日。

 発表によると、新会社3社の社名は、引越し比較サービス事業会社が(株)引越し侍(資本金5000万円、本社名古屋市)、テレマーケティング事業会社が(株)A.T.サポート(資本金1000万円、本社名古屋市)、中古車一括査定サービス事業会社が(株)エイチームライフスタイル(資本金5000万円、本社名古屋市)。

 今7月期の決算発表は9月13日頃を予定し、業績は好拡大の見込み。新子会社の展開を含めて中期展望などに注目が集まる可能性がある。本日の株価終値は3355円(85円安)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】三菱鉛筆や澁谷工業が急伸し株価ひとケタ銘柄も大活況

 14日後場は、13時頃を境に円安が再燃。フランスのGDP(国内総生産)が好調と伝えられるとユーロ高・円安になり、一時マイナスに沈んだ日産自動車<7201>(東1)が堅調転換し1.3%高、同様にソニー<6758>(東1)も1.7%高、日経平均も持ち直して連動性の強いファーストリテイリング<9983>(東1)も1.7%高。鉄鋼株や不動産株は後場も底堅く、法人税率の緩和期待などが言われて神戸製鋼所<5406>(東1)は3.7%高、東急不動産<8815>(東1)は4.4%高。昨日四半期決算を発表した第一屋製パン<2215>(東1)は急伸のまま高値持合となり9.6%高、同じくペプチドリーム<4587>(東マ)は前場から15.6%ストップ高。

  猛暑で外出を控えネット通販が活発化とされ、価格比較情報の比較.com<2477>(東マ)が後場一段高となり21.4%ストップ高。イオン<8267>(東1)も1.5%高。

 3Dプリンター関連株の物色が久々に再燃し、中堅証券の投資判断が伝えられたMUTOHホールディングス<7999>(東1)は後場一段高の14.0%高、群栄化学工業<4229>(東1)は6.9%高。三菱鉛筆<7976>(東1)は新たな関連株との見方で急動意の8.7%高。衛星画像データのイメージ ワン<2667>(JQS)は19.6%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は澁谷工業<6340>(東1)の20.3%ストップ高となり猛暑でボトリング(飲料注入)装置に期待とされて連日急騰、2位はエス・サイエンス<5721>(東1)の16.7%高となり株価ひとケタ銘柄で値幅は1円高、3位はMUTOHホールディングス<7999>(東1)の14.0%高、4位は株価ひとケタ銘柄のキムラタン<8107>(東1)の12.5%高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:03 | 株式投資ニュース

ミネベアが四半期業績への評価を強めて高値更新

 精密ベアリングの大手・ミネベア<6479>(東1)は14日の後場も上値を追い442円(17円高)と約1週間ぶりに昨年来の高値を更新。第1四半期決算は7月31日に発表しており、本日は、これを受けてJPモルガン証券が目標株価を370円から420円に引き上げたと伝えられ、材料視されている。同証券では、情報通信機器用の情報モーター事業の回復に着目した模様だ。PERは15倍前後のため、ほぼ東証1部平均並み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 株式投資ニュース

日本航空はシティグループ証券の評価を好感し高値に迫る

 日本航空<9201>(東1)は14日の後場も上値を試す強い相場となり、14時現在は5540円(90円高)前後で推移。8月6日につけた再上昇来の高値5560円に迫っている。シティグループ証券が航空セクターへの「強気」スタンスを維持し、日本航空の目標株価は 6100円から6900円に引き上げたと伝えられたことが好感されている。信用売り残が多めのまま上値を追っているため、買い戻しが噴出して一段高につながる期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:06 | 株式投資ニュース

「公共投資関連ならこの株」からカナモト急伸、上場来初の3000円へ

 公共投資関連ならこの銘柄ということでカナモト<9678>(東1・売買単位1000株)が、54円高の2256円と大きく買われている。

 建設株など公共投資関連セクターに人気が高まっているし7月初めから2200円を挟んだ頑強なモミ合いが続き狙える位置にある。

 日本強靭化計画を背景に建設機械のレンタル需用は強く、さらに昨今の集中豪雨が需用に拍車となっている。

 とくに、今10月期の第2四半期での営業利益は通期予想に対し70.5%と進捗率は非常に高く、通期の上ブレは十分期待できるだろう。

 現時点の予想1株利益137.9円に対しPERは16.3倍とほぼマーケット平均並みである。しかし、テーマ性と好調な業績、増額修正の可能性を見込めば割安だろう。

 先ずは、5月高値2763円に挑戦だろう。その後、増額期待を膨らませながら上場来初の3000円を目指す相場展開だろう。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

アルバックは6月決算の黒字など好感し戻り高値

 太陽電池製造装置などのアルバック<6728>(東1)は14日の後場も戻り高値のまま堅調で、13時30分にかけては5.6%高の898円(48円高)前後で推移。昨日発表した2013年6月期の決算が順調で、連結営業・経常損益が黒字に転換したことなどが好感されている。株価の900円台は6月中旬以来。今期の予想は営業利益を47.2%増加と見込むなどとし、回復が進む見通しを打ち出した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

丹青社は第2四半期決算の期待など強く戻り高値

 丹青社<9743>(東1)は14日の後場も堅調で、724円(32円高)で売買開始。商業展示物の企画・施工などの大手で、7月第2四半期決算に期待があるほか、9月に予定される五輪招致も期待材料との見方があり、8月8日の高値769円に続いて戻り高値に進んだ。信用倍率が1倍台のため需給要因で大きく動く期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アイ・ピー・エスが急伸し第一屋製パンやペプチドリームも高い

 14日前場は、朝方の円安基調が前引けにかけて反転したため、富士重工業<7270>(東1)が朝方2500円を回復した後に売買交錯となり、前引けは2470円の1.9%高。ソニー<6758>(東1)も朝高の後にダレて0.2%高。しかし、法人税率の緩和期待から新日鐵住金<5401>(東1)は1.0%高の続伸、住友不動産<8830>(東1)は3.0%高の続伸。証券・銀行株も堅調。また、四半期決算を昨日発表した第一屋製パン<2215>(東1)は急伸10.4%高、同じくペプチドリーム<4587>(東マ)は15.6%ストップ高、アイ・ピー・エス<4335>(JQS)も22.3%ストップ高。

 極洋<1301>(東1)はサバ缶がダイエットに効果的と7月にテレビで伝えられて以降品薄とする一部報道を思惑材料に急動意となり、サバ缶で最大手とされるマルハニチロホールディングス<1334>(東1)の動意薄を差し置いて急伸9.1%高。

 電子書籍のタイトル数をKADOKAWA<9477>(東1)が来年1月までに6割増やすとの一部報道を材料に電子書籍作成システムのスターティア<3393>(東マ)が3.3%高。アスカネット<2438>(東マ)は撮影済み動画からベストショットの選べる新製品や空中結像事業に期待あり反発の3.1%高。

 東証1部の値上がり率1位は日本基礎技術<1914>(東1)の13.8%高となり本日11時に発表した四半期決算を好感、2位はキムラタン<8107>(東1)の12.5%高だが株価ひとケタで1円高、3位は第一屋製パン<2215>(東1)の10.4%高となり四半期決算を好感し戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:25 | 株式投資ニュース