[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/30)サンワカンパニーが良品計画との提携を好感しストップ高
記事一覧 (05/30)ソフトバンクは日経平均反落でも強く米携帯電話の買収期待が再燃
記事一覧 (05/30)NECは地下鉄でのデジタルサイネージで広告など材料に戻り高値
記事一覧 (05/30)ミクシィが再び活況15%高の高値更新となり抑えきれない様子
記事一覧 (05/30)カナモトが業績予想の増額を好感し連日高値
記事一覧 (05/30)ガンホー・オンラインはゲーム株人気に乗り9日続伸基調
記事一覧 (05/30)29日のNYダウ65ドル高、1日間の調整で早くも反発
記事一覧 (05/29)【引け後のリリース】ファルテックが6月末に株式分割を行ない株式優待も導入
記事一覧 (05/29)【銘柄フラッシュ】ケイブやアキュセラ・インクが急伸し森下仁丹はストップ高
記事一覧 (05/29)【株式市場】材料株物色が活発で日経平均は後場持ち直しTOPIXは1200ポイント回復
記事一覧 (05/29)カシオ計算機がML証券の好評価を受け7日続伸で高値更新
記事一覧 (05/29)ゼンショーHDは千葉県でストライキの呼びかけとされ続落模様
記事一覧 (05/29)ガンホー・オンラインは11%高となりミクシィに続きゲーム株リード
記事一覧 (05/29)ケイブはゲーム株物色が活発な中で出遅れ感強くストップ高
記事一覧 (05/29)森下仁丹はシームレスカプセル経口ワクチン特許を好感しストップ高
記事一覧 (05/29)サニックスは中期計画での大幅拡大に期待強まり値上がり率トップ
記事一覧 (05/29)メディネットはがん免疫細胞などの特許を好感し25%高の急伸
記事一覧 (05/29)日本水産が好業績と好需給を材料に朝方一時値上がり率トップ
記事一覧 (05/29)ネオスは新アプリ配信開始を材料に一時値上がり率トップ
記事一覧 (05/29)パナソニックはノートパソコンの一部バッテリー回収に小反落
2014年05月30日

サンワカンパニーが良品計画との提携を好感しストップ高

 住宅機器などのネット通販大手サンワカンパニー<3187>(東マ・売買単位100株)は朝方にストップ高の1081円(150円高)に達したまま後場はストップ高買い気配で開始。昨日、良品計画<7453>(東1)と住宅設備機器の共同開発などで提携を発表。5月15日以来の1000円台。良品計画は小動き。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは日経平均反落でも強く米携帯電話の買収期待が再燃

 ソフトバンク<9984>(東1・売買単位100株)は朝方に7390円(156円高)まで上げて出直りを強め、連動性の強い日経平均が11時過ぎから急速に軟調転換したにもかかわらず前引けも11円高。通信社の29日夜の報道として、米携帯電話4位TモバイルUSの買収を親会社のドイツテレコムが容認していることがわかったと日経OUICKなどで伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 株式投資ニュース

NECは地下鉄でのデジタルサイネージで広告など材料に戻り高値

 NEC<6701>(東1・売買単位1000株)は戻り高値更新となり、10時30分過ぎに324円(8円高)まで上げて7日続伸基調(前日比変わらずを1日含む)。電通<4324>(東1)や東京都交通局とともに5月26日から地下鉄・六本木駅のホームの柱12本に合計24画面の大型デジタルサイネージで映像広告を配信するシステムを開始したことなどがいわれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

ミクシィが再び活況15%高の高値更新となり抑えきれない様子

 ミクシィ<2121>(東マ・売買単位100株)は4日ぶりに高値を更新し、10時過ぎに14.9%高の1万2730円(1650円高)まで急伸。東証マザーズ銘柄の売買代金トップ。スマートフォン向けゲームの人気ランキングを載せるインターネットなどで引き続き「モンスト」(モンスターストライク)が1位を争うケースが多いようで期待が続いている。27日の売買から東証の信用取引規制が入ったため高値もみ合いだったが、ゲーム株人気が強いため抑えきれないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

カナモトが業績予想の増額を好感し連日高値

 建機レンタル大手カナモト<9678>(東1・売買単位100株)は続伸の高値更新となり、3990円(155円高)で売買開始の後は4020円(185円高)。昨日、業績予想を増額発表し、2014年10月期の連結純利益はが従来予想の60億円を77億円の見込みとするなど、全体に上乗せした。需要増に加えレンタル単価も上昇の模様。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

ガンホー・オンラインはゲーム株人気に乗り9日続伸基調

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS・売買単位100株)は続伸の始まりとなり、665円(11円高)で売買開始の後は670円(16円高)。昨日まで8日続伸基調となっており、引き続きゲーム株人気に乗っている。ミクシィ<2121>(東マ)も買い気配で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

29日のNYダウ65ドル高、1日間の調整で早くも反発

5月29日(木)のNYダウは65高の1万6698ドルと反発した。4日連続高のあと28日に1日安くなっただけで、早くも反発となった展開は相場基調の強さを表しているといえる。

 なお、29日のNN倍率は0.87倍(前日0.88倍)に低下した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:12 | 株式投資ニュース
2014年05月29日

【引け後のリリース】ファルテックが6月末に株式分割を行ない株式優待も導入

■優待は今年度に限り9月中間期末も実施

引け後のリリース、明日の1本 樹脂系自動車部品などのファルテック<7215>(東2)は29日の大引け後、投資魅力を高めることなどを目的に6月末の株主に対する株式分割(1株に月3株交付)と毎年3月期末を基準とする株主優待制度の導入を発表。優待は、今期に限っては9月中間期末にも実施するとした。株式分割後は現在の最低投資金額40万円前後が3分の1になる。売買単位は100株のまま変わらない。本日の株価終値は3840円(20円安)。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ケイブやアキュセラ・インクが急伸し森下仁丹はストップ高

 29日は、日本水産<1332>(東1)が信用倍率低下の需給妙味やSMBC日興証券の投資判断を好感して朝方から断続的に値上がり率トップを保ち、大引けは10.2%高で2位となり高値更新。帝国繊維<3302>(東1)は防火防弾素材などが集団自衛権の論議と結びつく形とされて6.0%高の高値更新。味の素<2802>(東1)は自己株の消却に加えてゴールドマンサックス証券の評価がいわれて2.6%高の高値更新。森下仁丹<4524>(東2)は11時にシームレスカプセル関連特許の取得を発表し一気にストップ高の15.3%高。アキュセラ・インク<4589>(東マ)はバークレイズ証券の評価が言われて19.8%ストップ高。

 ゲーム株物色はいぜん活発で、エイチーム<3662>(東1)が6.7%高の戻り高値、ケイブ<3760>(JQS)は調整が長かった分の出遅れ感が言われて20.7%ストップ高、今週半ばまで先導役だったミクシィ<2121>(東マ)も再び動意づき終値では株式分割後初の1万1000円台に乗り9.8%高、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)はミクシィ休養中の代役とされて8.3%高の戻り高値。

 東証1部の値上がり率1位はサニックス<4651>(東1)の10.4%高となり中期計画を好感して高値更新、2位は日本水産<1332>(東1)の10.2%高、3位はエー・ピーカンパニー<3175>(東1)の9.7%高となり最近の居酒屋は大規模チェーンよりも個性ある居酒屋が流行とされて年初来の高値に進んだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

【株式市場】材料株物色が活発で日経平均は後場持ち直しTOPIXは1200ポイント回復

【株式市場】材料株物色が活発で日経平均は後場持ち直しTOPIXは1200回復

◆日経平均の終値は1万4681円72銭(10円77銭高)、TOPIXは1200.68ポイント(2.51ポイント高)、出来高概算(東証1部)は18億9111万株

 29日後場の東京株式市場は、自動車各社の月次の生産販売実績が伝えられえるとトヨタ自動車<7203>(東1)など自動車株が全体に上値を追い、朝方は安かった野村ホールディングス<8604>(東1)も持ち直して堅調に推移。日経平均も堅調に転じて14時過ぎに一時44円00銭高の1万4714円95銭まで上げて6日続伸。TOPIXは終値で4月4日以来の1200ポイント回復。ただ、日経平均は重い印象のため、引き続きゲーム株などの材料株物色が活発となり、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)は一時11%高、ケイブ<3760>(JQS)はストップ高。また日本水産<1332>(東1)は信用取り組みやSMBC日興証券の投資判断を好感して大幅高。森下仁丹<4524>(東2)は11時にシームレスカプセル関連特許の取得を発表し一気にストップ高。

 東証1部の出来高概算は18億9111万株、売買代金は1兆6273億円。1部上場1811銘柄のうち、値上がり銘柄数は805(前引けは741)銘柄、値下がり銘柄数は829(前引けは877)銘柄。

 また、東証33業種別指数は23業種(前引けは18業種)が高く、値上がり率上位は、水産・農林、パルプ・紙、ゴム製品、輸送用機器、その他金融、石油・石炭、ガラス・土石、証券・商品先物、などだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

カシオ計算機がML証券の好評価を受け7日続伸で高値更新

 カシオ計算機<6952>(東1・売買単位100株)は後場一段上値を追って1407円(38円高)まで上げ、7日続伸となって2008年以来の高値を更新。メリルリンチ(ML)日本証券が28日付で目標株価を1333円から1500円に引き上げたと伝えられた。電波時計「Gショック」などを中心に好調のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:04 | 株式投資ニュース

ゼンショーHDは千葉県でストライキの呼びかけとされ続落模様

 牛丼チェーンなどのゼンショーホールディングス<7550>(東1・売買単位100株)は後場も軟調で5日続落模様のまま14時30分を過ぎては964円(3円安)前後。ちば合同労働組合(千葉県)のホームページに「千葉県内のすき家で働くみなさん(中略)5月29日「肉の日」に全国の「すき家」での一斉ストライキが呼びかけられています」などの掲示があると伝えられており、手控える様子がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:52 | 株式投資ニュース

ガンホー・オンラインは11%高となりミクシィに続きゲーム株リード

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS・売買単位100株)は後場一段上値を追う相場となり、14時前には11.1%高の671円(67円高)と出直りを拡大。スマートフォン向けゲーム関連株の売買が活発な中で、先導高となっていたミクシィ<2121>(東マ)が東証の信用規制に「敬意」を示して上げ一服相場のため、代わって主役を張れる銘柄として注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

ケイブはゲーム株物色が活発な中で出遅れ感強くストップ高

 オンラインゲームなどのケイブ<3760>(JQS・売買単位100株)は後場ストップ高の1750円(300円高)買い気配のまま13時30分を過ぎても売買が成立しない状態を継続。特段、新ゲームの発表やダウンロード数拡大の発表はないものの、ゲーム株物色が引き続き活発な中、4ヵ月に及ぶ調整相場のため出遅れ感が強まったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

森下仁丹はシームレスカプセル経口ワクチン特許を好感しストップ高

 森下仁丹<4524>(東2・売買単位1000株)は11時過ぎにストップ高の753円(100円高)となったまま後場はストップ高買い気配で売買開始。11時にビフィズス菌および独自の腸溶性シームレスカプセル化技術を用いた経口ワクチンについて日米で新たに特許を取得したと発表。750円台は3月3月3日以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:40 | 株式投資ニュース

サニックスは中期計画での大幅拡大に期待強まり値上がり率トップ

 太陽光発電設備などのサニックス<4651>(東1・売買単位100株)は大幅続伸の高値更新となり、11時現在は9.3%高の1530円(130円高)前後で朝から東証1部の値上がり率トップを継続。昨日、中期計画を発表し、2017年3月期の営業利益を14年3月期実績の7倍以上の340億円としたことなどが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

メディネットはがん免疫細胞などの特許を好感し25%高の急伸

 メディネット<2370>(東マ・売買単位100株)は急伸となって戻り高値に進み、朝方に25.0%高の325円(65円高)まで上げて10時30分を過ぎても20%高前後。昨日、がん細胞を狙い撃ちするT細胞と免疫細胞の一種であるγδT細胞を体外で同時に培養する技術に関する特許が日本で成立したと発表。300円台は4月初旬以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

日本水産が好業績と好需給を材料に朝方一時値上がり率トップ

 日本水産<1332>(東1・売買単位100株)は連日の高値更新となり、300円(6円高)で売買開始後に7.5%高の316円(22円高)まで上げ、朝方に一時東証1部の値上がり率トップ。3月決算の営業利益が2.3倍と急増し今期も2ケタ増の見通しと好調であるほか、昨日は東証発表の信用取引動向で信用倍率が一段と低下して取り組み妙味が強まったことが言われて6%高。本日も需給の強まりによる一段高期待が継続。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ネオスは新アプリ配信開始を材料に一時値上がり率トップ

 携帯向けコンテンツなどのネオス<3627>(東1・売買単位100株)は朝寄り後に6.6%高の887円(55円高)と東証1部の値上がり率トップ。引き続き、26日にボディメイクアプリの配信開始を発表したことが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

パナソニックはノートパソコンの一部バッテリー回収に小反落

 パナソニック<6752>(東1・売買単位100株)は小幅安の始まりとなり、1079円(4円安)で売買開始の後は1080円前後で推移。昨日、2011年4月から10月製造のノートパソコン「レッツノート」に搭載のバッテリーパックが過熱して発火する可能性があると一部のバッテリーパックを回収交換すると発表。日経平均が6日ぶり反落の1万4585円64銭(85円31銭安)で始まったことも影響している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース