[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/17)JFEシステムズ3日続伸、10万円相場に向け始動、指標割安
記事一覧 (07/17)【銘柄フラッシュ】アドウェイズやディーバが急伸し旧・大証銘柄の任天堂など活況高
記事一覧 (07/17)アークランドサカモトは為替の不透明感を避けて買われ出直り拡大
記事一覧 (07/17)東レは米自動車向けの炭素繊維に期待し出直り強める
記事一覧 (07/17)三菱自動車は16年ぶり復配に期待強まり戻り高値
記事一覧 (07/17)王将フードは東証1部になり売買急増も材料に連日高値
記事一覧 (07/17)NECは携帯縮小で収益改善を目指すと伝えられ戻り高値
記事一覧 (07/16)【引け後のリリース】セントラルスポーツが明治スポーツプラザを買収
記事一覧 (07/16)【銘柄フラッシュ】フルスピードやアズジェントが急伸し任天堂は現物統合で一段高
記事一覧 (07/16)住友不動産販売など首都圏の新築マンション市場の好調に反応薄い
記事一覧 (07/16)クギやネジのアマテイは大証2部から東証2部に移行し戻り高値
記事一覧 (07/16)錢高組は大証単独から東証1部になり値上がり率トップ
記事一覧 (07/16)東京電力は川崎・横浜の停電を材料に戻り高値
記事一覧 (07/16)【銘柄フラッシュ】アビックスやネオスが急伸し錢高組なども現物統合で急騰
記事一覧 (07/16)日本マニュファクチャリングサービス1000円高、好業績・好チャートで6万8000円早い
記事一覧 (07/16)王将フードは大阪1部から東証1部になり需給妙味などから高値更新
記事一覧 (07/16)アサヒグループHLDが高値などビール3銘柄が全面高
記事一覧 (07/16)IHIは藻によるバイオ燃料を材料に大商いで高値更新
記事一覧 (07/16)現物株統合で「主市場」東証の任天堂は反発で始まる
記事一覧 (07/16)本日から東証1部の六甲バターはTOPIX採用など期待し買い気配
2013年07月17日

JFEシステムズ3日続伸、10万円相場に向け始動、指標割安

 JFEシステムズ<4832>(東2・売買単位1株)は800円高の8万5000円と3営業日続伸、7月5日以来の8万5000円台に買われている。

 6月19日に30日線を上抜いて以降、ほぼ1ヶ月、30日線に沿って下値を固めていた。好いチャートといえる。

 6月のボトムからの1段上げでは7700円の上げ幅だったことから同じ幅をとれば2段上げ相場では9万1000円ていどが目標となりそうだ。

 さらに、前3月期の営業利益5.0%増益に対し、今3月期は10.6%増益見通しで、予想1株利益は6621円、配当は年2000円と利回り・PERとも買い余地があり、2段上げのあと早い時期に10万円相場を目指すものとみられる。

>>JFEシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:49 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アドウェイズやディーバが急伸し旧・大証銘柄の任天堂など活況高

 17日前場は、軟調に始まったトヨタ自動車<7203>(東1)が前引けは0.2%高など、円相場が朝方に比べて軟化したため、自動車株が総じて堅調。三菱自動車<7211>(東1)は16年ぶり復配観測が伝えられ12.5%高となり出来高トップ。NEC<6701>(東1)はスマートフォンからの撤退観測を好感して4.8%高。ただ、日本時間の今夜に米FRB議長の議会証言があるため、円に対する不透明感はあり、ソニー<6758>(東1)は0.4%安、キヤノン<7751>(東1)は1.9%安。

 任天堂<7974>(東1)は4.4%高となり連日高値。王将フードサービス<9936>(東1)も6.2%高となり連日高値。昨日からの東証・大証の現物株市場の統合を受けて旧・大証銘柄に活況高が続出。

 ディーバ<3836>(JQG)は24.3%ストップ高となり6月決算の予想を昨日増額したことを好感、アドウェイズ<2489>(東マ)はスマートフォンの無料通話アプリ「LINE」との提携を10日発表したことを引き続き材料に同日から5日連続ストップ高の35.7%高。

 東証1部の値上がり率1位はネオス<3627>(東1)の20.1%ストップ高となり昨日発表の第1四半期決算を好感、2位はジャパンベストレスキューシステム<2453>(東1)の14.4%高となり日常生活の雑務に加えて放射能除染への展開が材料視されて連日高値となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース

アークランドサカモトは為替の不透明感を避けて買われ出直り拡大

 ホームセンターのアークランドサカモト<9842>(東1)は17日、続伸となって出直りを強め、10時50分にかけては1765円(59円高)まで上げて堅調。日本時間で今夜予定される米FRB議長の議会証言を控え、為替相場に不透明感があるため、内需株を選別買いする動きに乗ったようだ。第1四半期(2月21日〜5月20日)は営業・経常利益が減益だったものの、このところの猛暑効果には期待が強いものがある。通期予想は増収増益を据え置き、株価はPER7倍台で割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

東レは米自動車向けの炭素繊維に期待し出直り強める

 東レ<3402>(東1)は17日、反発となって出直りを強め、朝方に675円(12円高)まで上げて10時20分を過ぎても670円台で堅調。炭素繊維による米国の自動車向け事業日本各進出すると日本経済新聞の朝刊で伝えられ、買い戻す動くが強まったようだ。報道によると、東レの炭素繊維原糸を使い、GMと米クライスラー向けにスポーツカーのボンネットやルーフなどの外板部材を製造しているプラサン・カーボン・コンポジット社(ミシガン州)の株式20%を取得。出資額は10億〜30億円程度とみられるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

三菱自動車は16年ぶり復配に期待強まり戻り高値

  三菱自動車<7211>(東1)は17日、出直りを強めて戻り高値に進み、159円(15円高)まで上げた後も155円前後で堅調。2014年3月期に「16年ぶりの復配を計画し、年間配当額が配当性向でみて30〜40%になりそうと今朝の日本経済新聞が伝えたことが好感されている。ただ、ほかの自動車株は総じて軟調。為替相場に不透明感があるため、今夜の米FRB議長の議会証言が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース

王将フードは東証1部になり売買急増も材料に連日高値

 王将フードサービス<9936>(東1)は17日も年初来の高値に進み、3250円(95円高)で売買開始の後3240円前後で推移。東証・大証の現物株市場の統合とともに、これまでの大証単独・大阪1部から東証1部になり、初日の昨日は売買高が急増。新たな投資家層の流入が材料視されている。東証1部に移管した銘柄には、東証1部全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)への採用にともなう投信などの組み入れ買いの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

NECは携帯縮小で収益改善を目指すと伝えられ戻り高値

 NEC<6701>(東1)は17日、続伸の始まりとなり、231円(前日比変わらず)で売買開始の後は236円と堅調。携帯電話事業でスマートフォンから撤退し、携帯事業の大幅縮小で収益の改善を急ぐと日本経済新聞の朝刊で伝えられたことが好感されている。株価は6月27日の201円を下値に回復し、7月8日に235円の戻り高値に進んだ。これを上回って回復軌道の第2波に入った形のため、注目が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2013年07月16日

【引け後のリリース】セントラルスポーツが明治スポーツプラザを買収

■直営店7店舗で営業13%増益の企業を加えて期待含み

引け後のリリース、明日の1本 明治ホールディングス<2269>(東1)セントラルスポーツ<4801>(東1)は16日の夕方、明治ホールディングスグループのフィットネス・スイミングスクール事業会社・明治スポーツプラザ(川崎市)の全株式をセントラルスポーツが11億8100万円で買い取ると発表した。譲渡日は7月31日(予定)。明治ホールディングスの今3月期の業績に与える影響は軽微で、セントラルスポーツの業績については現在精査中で、確定次第公表するとした。

 発表によると、明治明治ホールディングスグループは、「食と健康」の事業領域を拡大していく中で、1991年から明治スポーツプラザを通じてフィットネスクラブ事業を展開し、現在、直営店7店舗のほか指定管理施設などを運営。このたび、明治は明治スポーツプラザが成長戦略を実現しさらなる発展を目指すために、フィットネスクラブ業界におけるリーディングカンパニーの一つであるセントラルスポーツに経営を委ねることとした。明治スポーツプラザの13年3月期の業績は、売上高が前期比1.9%増の49億100万円、営業利益は同18.9%増の1億1300万円。

 一方、セントラルスポーツは5月に発表した前3月期の連結決算で、今期・14年3月期の予想を売上高は前期比1.5%増の476億5000万円、営業利益は同13.1%増の31億8000万円、純利益は同14.4%増の14億7000万円としている。

 セントラルスポーツの株価終値は1565円(12円安)。6月7日の1380円を下値に持ち直し、7月10日に1593円の戻り高値をつけた。PERは13倍前後のため市場平均より割安になり、黒字企業の買収であることから材料性を強める期待が出てきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】フルスピードやアズジェントが急伸し任天堂は現物統合で一段高

 16日後場は、キヤノン<7751>(東1)が2.7%高ながら朝方上げた後はこの水準で小動きに終始。ソニー<6758>(東1)はダレ模様で0.7%高。今夜から明日にかけて米国で消費者物価指数などの重要統計が発表になるため、為替動向などに不透明感。一方、東京電力<9501>(東1)は12.6%高となり、川崎市と横浜市にまたがる停電などを材料に戻り高値に進み、売買代金、出来高ともトップ。フルスピード<2159>(東1)はサイト検索関連技術で選挙関連とされて21.9%ストップ高、アズジェント<4288>(JQS)はサイバー攻撃対策で18.8%ストップ高。

 本日から東証・大証の現物株市場が大合同となり、大阪1部単独から東証1部になった錢高組<1811>(東1)は社名が縁起良く銘柄コード番号も「祝い一番」だからとされて約22%高となり東証1部の値上がり率トップ。重複上場だった任天堂<7974>(東1)はゲーム機を欲しがる子供に「泣くなよ」の番号だとされて前引けの3.2%高から5.3%高の高値更新。六甲バター<2266>(東1)も一段ジリ高となって3.4%高の高値更新。

 13時を過ぎて首都圏や近畿圏のマンション市場動向が続伸と伝えられ、軟化していた住友不動産<8830>(東1)は堅調転換し0.5%高となったものの、不動産株全体は反応が限定的で小高い程度。

 電子看板のアビックス<7836>(JQS)は将来的に選挙ポスターも電子化の期待との見方があり22.6%高の連日ストップ高。ニューフレアテクノロジー<6256>(JQS)は韓国サムソン電子と米アップルが半導体供給で契約と伝えられたことが思惑材料とされて15.3%ストップ高。テックファーム<3625>(JQG)は7月末の株式分割などに期待とされて8.7%高の戻り高値。

 東証1部の値上がり率1位は前引けに続いて錢高組<1811>(東1)となり16.822.0%高、2位も前引けと同じくネオス<3627>(東1)の15.5%ストップ高となり12日発表の四半期決算を好感して戻り高値、3位はTSIホールディングス<3608>(東1)の15.1%ストップ高となり12日発表の自社株買いを材料に戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 株式投資ニュース

住友不動産販売など首都圏の新築マンション市場の好調に反応薄い

 住友不動産販売<8870>(東1)は16日の後場も小動きを続け、14時40分にかけては5740円(90円安)前後。13時30分頃に(株)不動産経済研究所調べの6月のマンション市場動向調査が伝えられ、首都圏の新築マンション発売戸数が前年同月比22%増加し2カ月連続で増えたと伝えられたものの、特段の反応はない相場になっている。三井不動産<8801>(東1)なども反応薄。マンション販売の回復基調よりも基調の本格化を示す材料が欲しいようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 株式投資ニュース

クギやネジのアマテイは大証2部から東証2部に移行し戻り高値

 釘(クギ)や螺子(ネジ)で知られるアマテイ<5952>(東2)は16日、74円(3円高)まで上げて戻り高値に進み、売り買いにらみ合い。5月下旬の水準を回復している。東証・大証の現物株市場の統合により、前週までの大証2部から東証2部に移行。住宅業界の消費税改定を控えた繁忙や、自動車向けの回復などに期待する動きが強まったようだ。5月に83円の高値があり、株価2ケタの低位株妙味が強まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

錢高組は大証単独から東証1部になり値上がり率トップ

 錢高組<1811>(東1)は16日の後場も大幅に高値を更新したまま強い相場を続け、13時40分現在は19.7%高の207円(34円高)で東証1部の値上がり率トップ。本日から東証・大証の現物株市場が大合同となり、同社株は大証単独から東証1部になったため、東証1部の全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)への採用などに期待が出ている。今3月期は赤字が残る見通しだが、1株純資産で見るPBRは0.5倍台で割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

東京電力は川崎・横浜の停電を材料に戻り高値

 東京電力<9501>(東1)は16日の後場も戻り高値に進んだまま11.4%高の760円(78円高)で売買開始となり、前引けに続いて売買代金、出来高ともトップを継続。15日に川崎市と横浜市にわたって発生した約9万世帯の停電が材料視され、原発の再稼働に関する支援要因との期待が出ている。株価は5月21日につけた2011年以来の高値841円に続く高値となり、チャート判断ではこの高値まで直行が見込まれる。信用倍率が2倍台のため、いぜん需給妙味は強く、値幅妙味に注目した短期の買いも少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:43 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アビックスやネオスが急伸し錢高組なども現物統合で急騰

 16日前場は、円相場が朝方の1ドル100円台から99円台に強含んだため、ホンダ<7267>(東1)が朝方の1%高から前引けは前週末比変わらず、キヤノン<7751>(東1)は堅調ながら強もみあいの2.7%高など、主力株は全般に伸び悩み。一方、藻からバイオ燃料を量産と伝えられたIHI<7013>(東1)は3.8%高となって高値を更新し、川崎・横浜両市にまたがる停電などを材料に東京電力<9501>(東1)は12.2%高の戻り高値となり売買代金、出来高ともトップ。

 本日から東証・大証の現物株市場が大合同となり、大阪単独から東証1部になった六甲バター<2266>(東1)は2.5%高の高値更新、重複上場だった任天堂<7974>(東1)も3.2%高となり高値更新。近鉄百貨店<8244>(東1)は5.1%高となり高値更新。

 小型軽量株物色も活発で、電子看板のアビックス<7836>(JQS)は未来の選挙ポスターに期待との見方があり22.6%ストップ高。アドアーズ<4712>(JQS)は6月下旬の好決算発表後は特段新材料がないものの一時ストップ高の後15.3%高。

 東証1部の値上がり率1位は錢高組<1811>(東1)の16.8%高となり大阪単独から東証1部になったことがハヤされて一気に高値、2位はネオス<3627>(東1)の15.5%ストップ高となり12日発表の四半期決算を好感して戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

日本マニュファクチャリングサービス1000円高、好業績・好チャートで6万8000円早い

 日本マニュファクチャリングサービス<2162>(JQS)は1000円高の5万1800円と3営業日続伸している。5月15日につけた年初来高値に対し6合目水準にある。

 チャートはすこぶる好い形となっている。去る、7月5日に大きい陽線で30日線を抜いたあと5万円どころで下値を固める展開となっていた。

 2014年3月期が営業利益2.1倍、予想1株利益4890円と好調見通し。こうした点を評価して足元の株価では5月高値に対し8合目の6万8000円程度への戻りは早いものとみられる。

>>日本マニュファクチャリングサービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | 株式投資ニュース

王将フードは大阪1部から東証1部になり需給妙味などから高値更新

 王将フードサービス<9936>(東1)は16日も年初来の高値に進み、3205円(80円高)まで上げて11時現在も3190円(65円高)。本日から東証・大証の現物株市場が統合され、これまでの大証単独・大阪1部から東証1部になったため、東証1部の全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)への採用などに期待が出ている。信用取り組みも良く需給妙味に対する期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

アサヒグループHLDが高値などビール3銘柄が全面高

 アサヒグループホールディングス<2502>(東1)は16日、約2ヵ月ぶりに年初来の高値を更新し、2793円(21円高)まで上げた後も10時20分を過ぎて2782円(10円高)。首都圏の猛暑は本日一服となっているものの、これまでの猛暑効果に加え、8月への期待が引き続き強い展開となっている。ビール3銘柄は全面高となり、サッポロホールディングス<2501>(東1)は戻り高値に進んでいる。サントリー食品インターナショナル<2587>(東1)も反発。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

IHIは藻によるバイオ燃料を材料に大商いで高値更新

 IHI<7013>(東1)は16日、買い気配から450円(23円高)で売買開始となり、458円と約2ヵ月ぶりに年初来の高値を更新。藻を原料とする航空機向けバイオ燃料を量産し、現在のバイオ燃料の平均価格の10分の1程度で2018年にも東南アジアなどで開始と15日ふけの日本経済新聞で伝えられたことが材料になり、9時30分にかけては東証1部の出来高3位の活況となっている。信用倍率が2倍台で需給妙味があるため、意外に値幅を出す可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

現物株統合で「主市場」東証の任天堂は反発で始まる

 東証・大証の現物株市場統合によって本日から主市場が東証1部になった任天堂<7974>(東1)は16日、反発の始まりとなり、1マン2200円(120円高)で売買開始となった。約1ヵ月後には東証1部全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)への採用が見込まれるほか、日経225種平均株価への採用も期待材料になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

本日から東証1部の六甲バターはTOPIX採用など期待し買い気配

 東証・大証の現物株市場統合で本日、大証単独から東証1部銘柄になった六甲バター<2266>(東1)は16日、805円(15円高)の買い気配で始まり、好調スタート。前週末までは大証単独だったものの、東証1部の全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)への採用などに期待が出ている。809円で売買開始となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース