[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/04)東証1部2日目の楽天は記念配など材料に反発
記事一覧 (12/04)ファーストリテは11月好調だが日経平均の急反落に押される
記事一覧 (12/04)セブン&アイHLDは米高級衣料ブランド買収を好感して続伸
記事一覧 (12/04)【飛び乗り飛び降りコーナー】日産東京販売HDは7年ぶり500円乗せで上げに勢い、上方修正
記事一覧 (12/03)【注目のリリース】イートアンドが12月10日東証1部に昇格し意表を突く増配など期待
記事一覧 (12/03)【引け後のリリース】ファーストリテの11月は冬物好調で2ヵ月ぶり増加
記事一覧 (12/03)【銘柄フラッシュ】ニッセンHLDやASJが急伸し鳥インフルの大幸薬品も高い
記事一覧 (12/03)ソフトバンクが目標株価など好感して高値を更新
記事一覧 (12/03)本日東証1部に昇格した楽天は好感相場一服感
記事一覧 (12/03)大幸薬品は香港の鳥インフルエンザを材料に値上がり率1位
記事一覧 (12/03)やまやはチムニーのTOB後に期待続き値上がり率1位を争う
記事一覧 (12/03)経営統合を目指す2社はカッパ・クリエイトが反発し元気寿司は続落
記事一覧 (12/03)積水化学は逆日歩に画期的電池素材の材料が加わり値上がり率1位
記事一覧 (12/03)ソニーはゲーム機の新機種好調や円安を好感し戻り高値
記事一覧 (12/03)本日新規上場のライドオン・エクスプレスは買い気配で始まり好スタート
記事一覧 (12/03)マツダは半年ぶりの円安など好感し朝方から連日高値
記事一覧 (12/02)【引け後のリリース】セブン&アイ・ホールディングスが通販のニッセンと提携
記事一覧 (12/02)【銘柄フラッシュ】サイバーステップが急伸し上場2日目のアライドアーキテクツに初値つく
記事一覧 (12/02)日経平均の終値は1万5655円07銭(6円80銭安)、TOPIXの終値は1258.94ポイント(0.28ポイント高)、出来高概算(東証1部)は23億600万株
記事一覧 (12/02)メディア工房は「ライン」の株式上場観測あり年末相場にも期待
2013年12月04日

東証1部2日目の楽天は記念配など材料に反発

 楽天<4755>(東1)は4日、反発の始まりとなり、9じ50分にかけては1560円(20円高)前後で推移。昨日、JQSDAQ市場から東証1部に昇格(市場第一部銘柄に変更上場)し、初日は先取り高の反動がみられたものの、昇格決定時に発表した12月期末の記念配当と株主優待を再び材料視する様子がある。11月27日に1637円まで上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

ファーストリテは11月好調だが日経平均の急反落に押される

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は4日、軟調な始まりとなり、3万8300円(650円安)で売買開始の後は3万8450円(500円安)。昨日発表した月次動向(国内ユニクロ事業売上速報・11月分)は既存店売上高が前年同月比7.7%の増加となり2カ月ぶりに増勢転換したものの、必携平均との相関性が強く、日経平均が200円安と反落しているため売り物に押されている。11月29日に3万9600円の高値をつけたばかり。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

セブン&アイHLDは米高級衣料ブランド買収を好感して続伸

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は4日、続伸の始まりとなり、3780円(15円高)で売買開始の後は3790円。一昨日、カタログ系通販の大手ニッセンホールディングス<8248>(東1)に対するTOB(株式公開買付)を発表したのに続き、今朝は米国の高級衣料ブランド「バーニーズ・ニューヨーク」を日本で展開するバーニーズジャパン(東京・渋谷区)を持ち分法適用会社にするとの発表が伝えられ、期待が強まっている。11月に3795円の戻り高値があり、これを上回るとチャートの形が良くなる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

【飛び乗り飛び降りコーナー】日産東京販売HDは7年ぶり500円乗せで上げに勢い、上方修正

飛び乗り飛び降りコーナー 日産系の最大手ディーラー、日産東京販売ホールディングス<8291>(東)は、12月3日(火)19円安の490円と4営業日ぶりに反落。通期業績予想の上方修正と信用好取組を背景に短期資金が流入し、2日に年初来の高値521円と買われた後、利益確定売り優勢の展開となっている。500円台乗せで目先目標達成感は出ているが、信用好需給で日足一目均衡表の転換線がサポートし切り返す動きが期待されることから、再度、注目されよう。

 足元の業績は、11月6日に今3月期業績利益予想の増額を発表済みで好調。日産販社3社(日産プリンス東京販売、日産プリンス西東京販売、東京日産自動車販売)の新車販売・中古車販売が好調に推移し、通期売上高は従来予想の1530億(前年同期比3.1%増)を据え置いているが、営業利益は同40億円(同6.65減)から56億円(同30.7%増)、経常利益は同35億円(同2.7%減)から50億円(同39.0%増)、純利益は同31億円(同24.0%減)から45億円(同10.3%増)と減益から一転2ケタ増益を見込む。年間配当は期末一括4円を予定している。

 株価は、12年7月から続く往来相場の上値抵抗線である12年8月高値426円を突破したことで、もみ合い上放れを鮮明にしている。逆日歩がつく信用好需給で今期予想PER7倍台とまだ割安感がある。主力の輸出関連と綱引きが続き、押し目には買いが入ると見込まれることから、年末にかけて一段高へ向かう可能性もあるだろう。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:02 | 株式投資ニュース
2013年12月03日

【注目のリリース】イートアンドが12月10日東証1部に昇格し意表を突く増配など期待

■エバラ食品は昇格上場の初日の昼に記念配当を発表し急伸

 東証は3日の夕方、外食チェーンや冷凍食品などのイートアンド<2882>(東2)の株式を12月10日売買分から市場第一部銘柄に指定替えすると発表した。イートアンドも市場第一部指定の承認を発表。本日17時40分現在の段階では、昇格上場にともなう増資や記念配当などの発表はないものの、エバラ食品工業<2819>(東2)の場合は11月28日付けでJSADAQ市場から東証2部に昇格上場となり、2部での売買開始の初日の昼に記念配当を発表して株価が急伸した例があるため、こうした意表を突く発表に期待が強まっている。

 イートアンドの株価終値は1520円(7円高)。PERは12倍前後で割高感はなく、11月に1670円の年初来高値をつけたばかりのため高値再挑戦のコースに入りそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:49 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】ファーストリテの11月は冬物好調で2ヵ月ぶり増加

■株価は5月以降の大もみ合い突破に挑戦の場面も

引け後のリリース、明日の1本 ファーストリテイリング<9983>(東1)は3日の大引け後、月次動向(国内ユニクロ事業売上速報・11月分)を発表。国内の既存店売上高は前年同月比7.7%の増加となり2カ月ぶりに増勢転換。同じく直営店とダイレクト販売の合計は同9.7%の増加となり、2カ月ぶりに増勢に転じた。期初の9月から11月までの累計では、既存店売上高が前年同月比0.3%減、直営店とダイレクト販売の合計は同2.1%増加となった。

 発表によると、11月の既存店売上高は、中旬以降の気温低下にともない、キャンペーン商品を中心に冬物が好調だった。

 株価は5月に4万4400円の高値をつけた後3万円前後から4万円前後の幅で大きなもみ合いを形成しており、本日の終値は3万8950円(前日比変わらず)。大きなもみ合いの上限水準にあり、もみ合いを抜け出せば昨年末から今年5月にかけての上昇相場に続く2段上げ相場に突入する可能性が強まってくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ニッセンHLDやASJが急伸し鳥インフルの大幸薬品も高い

 3日は、香港での鳥インフルエンザを材料に大幸薬品<4574>(東1)が13.0%高の急伸となり、UMNファーマ<4585>(東マ)も6.1%高となって出直り拡大。積水化学工業<4204>(東1)はリチウムイオン電池用の従来より大容量・低コスト素材の開発報道を材料に7.5%高と高値更新。日本製紙<3863>(東1)はクレディスイス証券の積極評価が言われて5.7%高の高値更新。ユーグレナ<2931>(東マ)は中国市場への展開を好感し9.0%高、日本フォームサービス<7869>(JQS)は情報セキュリティ関連として11月初に急騰した相場の第2幕とされて業績好調など見直す様子で急反発。防塵マスクの重松製作所<7980>(JQS)は8.8%高となり、防衛関連以外の観点から人気化し造船業界の受注回復期待など材料に急伸。

 本日から東証1部に昇格した楽天<4755>(東1)は0.1%安となり軟調続落。ただ、楽天が宿泊予約サービスに進出との一部報道を好感して予約システムなどのASJ<2351>(東マ)が23.6%高急伸。

 東証1部の値上がり率1位はニッセンホールディングス<8248>(東1)の25.2%ストップ高となりセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)による1株410円でTOB(株式公開買い付け)を好感し397円(80円高)。2位は前出・大幸薬品<4574>(東1)が13.0%高、3位は酒類大手やまや<9994>(東1)の10.3%高となりチムニー<3178>(東2)に対するTOB(株式公開買い付け)を材料に急伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが目標株価など好感して高値を更新

 ソフトバンク<9984>(東1)は3日の後場一段強張る相場になり、14時30分にかけて8630円(350円高)まで上昇。11月25日につけた年初来の高値8600円を更新した。直接的な手掛かり材料としては、メリルリンチ日本証券が2日付で目標株価を9400円から1万円に引き上げたと伝えられたことが好感されている。このところは、米国の投資ファンドでソニー<6758>(東1)にエンターテインメイント事業の分離上場を提案て話題になったサード・ポイント社がソフトバンク株を10億ドル相当保有と米紙報道によって伝えられ、思惑材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

本日東証1部に昇格した楽天は好感相場一服感

 楽天<4755>(東1)は3日、朝方の1544円(2円高)を除くと軟調もみ合いとなり、13時50分にかけては1539円(3円安)前後で推移。本日売買分から東証1部銘柄に昇格し、記念配当などを好感してきた相場に一服感が出ているようだ。1部昇格は11月26日に東証が発表し、楽天は同日に12月期末の記念配当実施と株主優待の開始を発表した。また、本日、東証1部上場のセレモニーを開いた模様で、関連報道では米国市場への上場に関して将来的には含みを持たせたと伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:59 | 株式投資ニュース

大幸薬品は香港の鳥インフルエンザを材料に値上がり率1位

 大幸薬品<4574>(東1)は3日の後場14.0%高の2245円(276円高)で売買開始となり、年初来の高値に進んで東証1部の値上がり率1位。香港で鳥インフルエンザに感染した事例がニュースなどで伝えられ、同社の消毒剤クレベリンが今年も条件反射的に材料視される相場となっている。業績が好調なため、材料性だけではなく買い安心感がある銘柄といえる。製薬メーカーの中でも独自性のある「感染管理事業」という事業セグメントで複合的に展開する点が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

やまやはチムニーのTOB後に期待続き値上がり率1位を争う

 東北地盤の酒類販売大手・やまや<9994>(東1)は3日も大幅続伸となって高値を更新し、朝方に13.8%高の1775円(215円高)まで上げて前引けも10%高前後で推移。東証1部の値上がり率1位、2位を繰り返す相場になった。居酒屋チェーンのチムニー<3178>(東2)に対するTOB(株式公開買い付け)を11月8日から12月5日までの予定で実施中。復興需要などで人口動態がにぎやかな地域での展開に期待が強いようだ。チムニーのTOB価格は1株1510円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

経営統合を目指す2社はカッパ・クリエイトが反発し元気寿司は続落

 前週末に経営統合を視野に入れた提携を発表したカッパ・クリエイト<7421>(東1)元気寿司<9828>(東1)は3日、高安分かれる相場になり、カッパ・クリエイトは朝方に1909円(15円高)まで上げて10時現在も1907円(11円高)前後。一方、元気寿司は朝方の1380円(2円安)を上値に一進一退。本日は、「出前」寿司を中心に急成長しているライドオン・エクスプレス<6082>(東マ)が新規上場となり、10時を過ぎては公開価格2000円を4割近く上回る2700円の買い気配とあって人気波及が期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース

積水化学は逆日歩に画期的電池素材の材料が加わり値上がり率1位

 積水化学工業<4204>(東1)は3日、値上がり率トップに躍り出て年初来の高値を更新する始まりとなり、19.9%高の1448円(240円高)まで上げて9時50分にかけても14%高の1377円(169円高)前後で推移。信用取引に逆日歩が発生し、材料に反応しやすい中で、今朝の日本経済新聞が従来の3倍の電気を蓄えられてコストは6割安くできるリチウムイオン電池用の新材料を開発したと伝えたことが材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ソニーはゲーム機の新機種好調や円安を好感し戻り高値

 ソニー<6758>(東1)は3日、戻り高値を連日更新する始まりとなり、1912円(14円高)で売買開始の後は1923円(25円高)と続伸基調。円相場が海外から約6カ月ぶりに1ドル103円台の円安となった上、北米で11月下旬に発売したゲーム機の新機種「PS4」の出足が好調と伝えられており、クリスマス商戦の活発化とともに話題材料になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

本日新規上場のライドオン・エクスプレスは買い気配で始まり好スタート

 本日、新規上場となった宅配すし「銀のさら」などを運営するライドオン・エクスプレス<6082>(東マ)は3日、買い気配で始まる好調なスタートとなり、9時10分現在は公開価格2000円に対し2100円の気配値に売り35万株、買い88万株と買い先行。公募株式数は25万株、売り出し株数は最大94万6000株。業績は好調で、今期・2014年3月期(単体)の予想を、売上高は165億8300万円(前期比2.8%増)、営業利益は9億1200万円(同68.4%増)、純利益は5億1000万円(同2.2倍)、1株利益は122円09銭とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

マツダは半年ぶりの円安など好感し朝方から連日高値

 マツダ<7261>(東1)は3日、年初来の高値を連日更新となり、487円(5円高)で売買開始の後は490円(8円高)と続伸基調。日系自動車各社の中では輸出比率が高く、円相場が海外から約6カ月ぶりに1ドル103円台の円安となったことが好感されている。日経平均も92円47銭高で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2013年12月02日

【引け後のリリース】セブン&アイ・ホールディングスが通販のニッセンと提携

■TOBによりネットとの融合展開などに期待強まる

引け後のリリース、明日の1本 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)と通販大手・ニッセンホールディングス<8248>(東1)は2日の大引け後、資本業務提携を発表し、グループのセブン&アイ・ネットメディアがニッセンホールディングスに対し1株410円でTOB(株式の公開買い付け)を行なうとした。TOB期間は12月3日から2014年1月22日の予定。セブン&アイ側はTOBのほかに第三者割当増資を引き受け、議決権ベースで合計で50.74%を取得するとした。

 セブン&アイ・ホールディングスの株価は8月の3375円を下値として回復基調になり、11月22日に3795円の戻り高値に進んだ。本日の終値は3765円(5円安)。このTOBにより、通販の事業展開が飛躍的に強化されることになるため、ネットとの融合展開などに期待が強まりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】サイバーステップが急伸し上場2日目のアライドアーキテクツに初値つく

 2日は、マツダ<7261>(東1)が円安効果などへの期待とされて高値更新後も堅調で売買代金1位の活況となり2.3%高。シャープ<6753>(東1)はBIGLOBE(ビッグローブ)の高速通信対応スマートフォンに端末を提供と伝えられて後場から動意を強め東証1部の出来高1位となり4.2%高。株式市場の回復を映して保険株や銀行株も高く、五洋建設<1893>(東1)は普天間基地の辺野古移設に関する埋め立て工事などに思惑を強めて7.1%高となり2007年来の高値。材料株物色も活発で、マーベラスAQL<7844>(東1)は中国でスマートフォンゲームを配信と伝えられて21.4%ストップ高。ゲーム株に連想配が広がり、サイバーステップ<3810>(東マ)は11月上期決算に期待とされて25.5%ストップ高。アドウェイズ<2489>(東マ)は米Twitterとの提携拡大などに期待とされて東証マザーズの売買代金1位の活況で戻り高値。

 一方、経営統合に向けた取り組みを前週末に発表したカッパ・クリエイト<7421>(東1)は1.8%安、元気寿司<9828>(東1)は10.8%安となり、ともに反落。

 上場2日目のアライドアーキテクツ<6081>(東マ・売買単位100株)は10時19分に5600円で売買が成立し、公開価格1700円の3.3倍で初値を形成。大引けにかけて一段強張り6090円まで上げ、終値は5900円。

 東証1部の値上がり率1位は前出・マーベラスAQL<7844>(東1)の21.4%ストップ高、2位は ぐるなび<2440>(東1)の17.8%高となり、いちよし経研の新規投資判断「A」や「和食」が12月上中旬にもユネスコの無形文化遺産に登録の運びとの報道を好感、3位はだいこう証券ビジネス<8692>(東1)の16.0%ストップ高となり株式活況が材料とされて連日急騰となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

日経平均の終値は1万5655円07銭(6円80銭安)、TOPIXの終値は1258.94ポイント(0.28ポイント高)、出来高概算(東証1部)は23億600万株

【株式市場】日経平均は小幅続落だがTOPIXは反発し上場2日目のアライドAに初値つく

 2日後場の東京株式市場は、引き続き円安基調とあってソニー<6758>(東1)シャープ<6753>(東1)がジリ高となるなど、輸出株が総じて堅調。また前場は一進一退だったファーストリテイリング<9983>(東1)が月次動向に期待とされて持ち直し、動画サイトのドワンゴ<3715>(東1)もジリ高。原発処理に向けた政府関与など材料に東京電力<9501>(東1)が堅調で、株価回復を背景に保険株も堅調。日経平均は小幅続落だが、時価総額型の指数であるTOPIX(東証株価指数)は堅調反発。

 上場2日目のアライドアーキテクツ<6081>(東マ・売買単位100株)は10時19分に5600円で売買が成立し、公開価格1700円の3.3倍で初値を形成。大引けにかけて一段強張り6090円まで上げ、終値は5900円。新興市場の売買は活発で、アドウェイズ<2489>(東マ)は米Twitterとの提携拡大などに期待とされて東証マザーズの売買代金1位の活況で戻り高値。

 東証1部の出来高概算は23億600万株、売買代金は1兆8806億円。1部上場1762銘柄のうち、値上がり銘柄数は929(前引けは969)銘柄、値下がり銘柄数は663(前引けは621)銘柄。

 また、東証33業種別指数は17業種(前引けは20業種)が値上がりし、値上がり上位は電力・ガス、保険、医薬品、空運、サービス、繊維製品、銀行などだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

メディア工房は「ライン」の株式上場観測あり年末相場にも期待

 携帯向けコンテンツ配信などのメディア工房<3815>(東マ)は2日の後場14時30分にかけて9.3%高の19万1000円(1万7000円高)前後となり、3日続伸基調。。無料通話アプリの「LINE」(ライン)と協業し、LINEが来年中に株式上場を目指すとの観測があり、年末特有の材料株相場に乗りやすいといった期待が強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース