[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/28)ホットマンが上場6日目で初めて反発
記事一覧 (03/28)本日上場のエスクローAJは公開価格の2倍で買い気配続く
記事一覧 (03/28)ワタミは人員不足改善に向けた店舗閉鎖に反応分かれ小動き
記事一覧 (03/28)日本ライフラインは「Nykanen RF ワイヤ」の薬事承認を取得
記事一覧 (03/28)NYダウ2日連続安、日経平均は2日連続高、成長戦略に期待
記事一覧 (03/28)日本マニュファクチャリングサービス パナソニックの一般電源事業の譲受けに関し基本合意を締結
記事一覧 (03/27)【引け後のリリース】寿スピリッツが東証上場1年で市場第一部に昇格
記事一覧 (03/27)【銘柄フラッシュ】日東製網が急伸し上場2日目のサイバーダインは一転急落
記事一覧 (03/27)富士通は逆行高となり機関投資家が新年度注目の期待
記事一覧 (03/27)27日の配当落ち分は約102円、NYダウ安の影響懸念
記事一覧 (03/27)NYダウ98ドル安と反落、1万6500ドルの上値のフシを意識
記事一覧 (03/26)【引け後のリリース】わかもと製薬が4期ぶり復配し3月期末に3円
記事一覧 (03/26)【注目のリリース】三井物産が発行株数の1.8%を4月18日に消却
記事一覧 (03/26)【銘柄フラッシュ】アスカネットが急伸し新規上場2銘柄の中でサイバーダインはストップ高
記事一覧 (03/26)ヒビノは「第1回ライブ&イベント産業展」に出展
記事一覧 (03/26)NYダウ91ドル高、NN倍率0.88倍
記事一覧 (03/25)【引け後のリリース】協同飼料と日本配合飼料が10月に経営統合し持株会社
記事一覧 (03/25)【銘柄フラッシュ】ACKグループが急伸し新規上場みんなのウェディングも好調
記事一覧 (03/25)キムラユニティー頑強、高値1030円から10ヶ月経過、いずれ1500円相場へ
記事一覧 (03/25)NYダウは小幅安にとどまる、上ヒゲ足で心配されたが引き続き強い
2014年03月28日

ホットマンが上場6日目で初めて反発

 さる20日に新規上場のホットマン<3190>(JQS・売買単位100株)は後場寄り後も堅調で13時現在は557円(7円高)前後。上場初日の999円を高値に連日安だったものの、6営業日目にして初めて反発基調となっている。仙台市(宮城県)を本社に1月末現在でイエローハットを80店舗、TSUTAYAを8店舗、アップガレージを6店舗などフランチャイズ展開。公開価格は520円、初値は871円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

本日上場のエスクローAJは公開価格の2倍で買い気配続く

 本日新規上場となった不動産売買の手続き代行企業エスクロー・エージェント・ジャパン(エスクローAJ)<6093>(JQS)は後場も買い気配を続け、13時40分現在は公開価格2700円に対し2.1倍の5550円で買い気配。前場も買い気配で推移し、まだ売買が成立していない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

ワタミは人員不足改善に向けた店舗閉鎖に反応分かれ小動き

 ワタミ<7522>(東1・売買単位100株)は13時現在1510円(5円安)。運営する居酒屋店舗の約1割にあたる60店舗を人員不足改善などのため閉鎖するとの発表には受け止め方が分かれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

日本ライフラインは「Nykanen RF ワイヤ」の薬事承認を取得

 日本ライフライン<7575>(JQS)は、高周波を用いた心腔内穿刺術が可能な「Nykanen RF ワイヤ」の薬事承認を3月26日に取得したと発表した。同商品は先天性の構造的心疾患を有する新生児に対し、高周波を用いた穿刺による治療を行うことにより、生命維持を可能とする医療機器であり、国内初導入となる。

 「Nykanen RF ワイヤ」はカテーテル先端部に高周波を出力するための電極を備え、PTFEコーティングされた柔軟な金属製のワイヤ構造を有している。高周波を発生するための専用のジェネレータと接続し使用する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

NYダウ2日連続安、日経平均は2日連続高、成長戦略に期待

 27日のNYダウは前日比4ドル安の1万6264ドルと2日連続安となった。 

 同じ日の日経平均は145円高の1万4622円と、こちらは2日連続で高くなり、久々に、「日本主導の展開」となった。

 この結果、NN倍率は0.89倍と前日より0.01ポイント改善した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:54 | 株式投資ニュース

日本マニュファクチャリングサービス パナソニックの一般電源事業の譲受けに関し基本合意を締結

■パナソニックは同社の子会社に15%未満の出資を行うことも合意

 日本マニュファクチャリングサービス<2162>(JQS)は、27日開催の取締役会において、パナソニックの車載向けを除く電源および電源関連部品(高圧電源、低圧電源、マグネットロール、トランス等)の開発・製造・販売に関する事業(以下、一般電源事業)の譲受に関する基本合意書を締結した。

 同社グループは、日本のモノづくりを支える企業として日本、中国、アセアン諸国において人材ビジネス事業と電子・電気機器の製造受託を行うEMS事業の融合によるトータルソリューションサービス(neo EMS)を展開している。

 今回、電源及び電源関連事業をキーテクノロジーとしてより競争力を高めるために、パナソニックの一般電源事業を同社の子会社であるパワーサプライテクノロジー(仮称)にて10月1日(予定)をもって譲受ける。なお、パナソニックの顧客・取引先との関係を維持継続し、円滑な事業移行をサポートしてもらうため、パナソニックはパワーサプライテクノロジーに対して15%未満の出資を行うことに合意している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:14 | 株式投資ニュース
2014年03月27日

【引け後のリリース】寿スピリッツが東証上場1年で市場第一部に昇格

■4月3日売買分から東証1部銘柄に

引け後のリリース、明日の1本 東証は27日の大引け後、製菓の大手・寿スピリッツ<2222>(東2)の株式上場先を4月3日売買分から市場第一部(東証1部)銘柄に指定すると発表。寿スピリッツも市場第一部指定承認に関するお知らせを発表した。東証2部には2013年4月に上場したため、1年間で1部昇格となった。

 寿スピリッツは、銘菓「因幡の白うさぎ」で知られる寿製菓をはじめ、グループで全国各地の文化や伝統を地域ブランドとしてお菓子の形で全国に発信する。さる3月14日付けで配当予想の修正(増配・記念配当)を発表し、2014年3月期の普通配当は業績見通しを勘案して期初予想の30円から5円増配し35円に修正し、また、平成25年4月の東証上場(東証2部)を記念して1株当たり5円の記念配当を実施し、合わせて40円の見込みとした。

 本日の株価終値は1850円(9円高)。1部昇格後は、一定期間後にTOPIX(東証株価指数)算出対象になり、TOPIXに連動運用するファンドなどによる組み入れ需要が発生する。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】日東製網が急伸し上場2日目のサイバーダインは一転急落

 27日は、6年ぶりの自社株買いを昨日発表したトヨタ自動車<7203>(東1)が2.0%高の続伸となり3月13日以来の5700円台を回復。JR西日本の駅なかコンビニ出店の報道があったセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は5.1%高の急出直り。ローソン<2651>(東1)も3.1%高と堅調。28日夜の日本テレビ系番組で宇宙ゴミ回収に関する題材が採り上げられるとされた日東製網<3524>(東1)は14.8%高。日本冶金工業<5480>(東1)はニッケル市況の高騰続くとの見方から9.1%高。インターネットイニシアティブ<3774>(東1)は携帯電話の法人向け料金の大幅引き下げによるシェア拡大に期待とされて9.6%高。

 上場2日目のCYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ・売買単位100株)は一転ストップ安の8100円(1500円安)。「ロボットスーツ」で知られ、昨日の上場初日は公開価格3700円の2.3倍の8510円で初値をつけ、一時ストップ高の1万10円まで急伸。しかし本日は、介護ロボットなどで人気化してきた菊池製作所<3444>(JQS)が業績予想を減額修正したため心理的な影響を受けた模様。

 東証1部の値上がり率1位は前出・日東製網<3524>(東1)の14.8%高、2位は株価10円台のキムラタン<8107>(東1)となり1円動いて10.0%高、3位は三協立山<5932>(東1)の9.4%高となり5月決算好調の観測あり出直り急、4位は前出・日本冶金工業<5480>(東1)の9.1%高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:15 | 株式投資ニュース

富士通は逆行高となり機関投資家が新年度注目の期待

 富士通<6702>(東1・売買単位1000株)は後場605円(8円高)で売買開始の後611円(18円高)と上値を追い、日経平均の170円安などに逆行高。スーパーコンピュータのニュースが伝えられているほか、構造改革の進展などにより機関投資家が新年度の運用候補として積極注目との期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

27日の配当落ち分は約102円、NYダウ安の影響懸念

 今日、27日は3月期決算銘柄の権利配当落ちで、日経平均ベースでの権利落ち分は推定102円となっている。

 NYダウが安いことから、日経平均が配当落ちをどのていど埋めることができるか注目される。「NYダウが安いため200円ていど安く始まって、その後、戻す展開ではないか」とのマーケットの見方もある。 
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:28 | 株式投資ニュース

NYダウ98ドル安と反落、1万6500ドルの上値のフシを意識

26日のNYダウは前日比98ドル安の1万6268ドルだった。同じ日の日経平均は53円高の1万4477円だったから、日経平均のNYダウに対する倍率(NN倍率)は前日と同じ0.88倍だった。

 今年1月29日には倍率0.97倍があったから、日経平均はNYダウに対し割り負け状態が続いている。

 なお、このところのNYダウは高い日と安い日が交錯している。上値のフシ1万6500ドルが意識されているようだ。 
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:16 | 株式投資ニュース
2014年03月26日

【引け後のリリース】わかもと製薬が4期ぶり復配し3月期末に3円

■権利付最終日の引け後に発表しモッタイナイ形に

引け後のリリース、明日の1本 わかもと製薬<4512>(東1)は26日の大引け後、平成26年(2014年)3月期の期末配当金を従来予想のゼロ(見送り)から3円配とすることを決議したと発表した。2010年3月期の2.5円を最後に見送っていたため、4期ぶりの復配となる。

 ただ、14年3月期末配当の権利付最終日は本日。本日の取引時間を終えてからの発表となったため、投資家へのアピールという点ではモッタイナイ形になった。この点、川崎重工業<7012>(東1)は25日の14時に増配を発表し、大引けにかけて株価が持ち直した。

 わかもと製薬の株価終値は271円(2円安)。この4カ月近くは何度か250円前後まで下げながら上値を290円前後として横ばい相場となっており、これを上抜く可能性が強まった。信用売り残が相対的に多いため買い戻しが増加するとみられ、意外高の可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】三井物産が発行株数の1.8%を4月18日に消却

 三井物産<8031>(東1)は26日の大引け後、自己株の消却を発表し、消却前の発行済株式総数の1.8%に相当する3263万9400株を4月18日付けで消却するとした。この分、株式価値が向上する。本日の株価終値は1445円(22円高)。明日は3月期末配当の権利を取り終えた売却が出、理論株価も配当権利落ちの修正がかかる日のため留意したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アスカネットが急伸し新規上場2銘柄の中でサイバーダインはストップ高

 26日は、3月期末の配当や優待、分割権利取り期日のため買い優勢の中、マーベラスAQL<7844>(東1)がスマートフォン向けゲームのダウンロード数増加発表を好感して15.0%高。世紀東急工業<1898>(東1)は優先株の消却発表を好感し出直り急。レシップホールディングス<7213>(東1)は3月末を基準日とする株式分割の権利取りとされて高値更新。トラスト・テック<2154>(東1)は製造業向けの人材派遣が好調との見方で6.3%高となり戻り高値。

 本日は2銘柄が新規上場。ディー・エル・イー<3686>(東マ・売買単位100株)は自社制作のキャラクター関連事業を展開し、13時16分に公開価格1200円の2.01倍の2412円で売買が成立し初値を形成。高値は2462円、終値は本日の安値の1912円。

 「ロボットスーツ」のCYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ・売買単位100株)は14時10分を過ぎて公開価格3700円の2.3倍の8510円で売買が成立し初値を形成。その後一時本日のストップ高に当たる1万10円(公開価格3700円の2.7倍)まで上昇。終値は9600円。

 TBグループ<6775>(東2)は14.7%高となり、消費税の引き上げにより電子看板や電子レジスターに需要との見方。アスカネット<2438>(東マ)は21.1%高となり、立体映像装置が昨年ドバイのモーターショーで注目されたとして動意づいたことがあり25日開幕のバンコクモーターショーに期待とかで思惑先行高。日本通信<9424>(JQS)は13.5%高となり、一昨日発表した業績予想の増額を好感し急伸。

 東証1部の値上がり率1位は前出・マーベラスAQL<7844>(東1)の15.0%高、2位はサンケン電気<6707>(東1)の9.5%高となりCCFL(冷陰極蛍光放電管)事業韓撤退との発表を好感し出直り急、3位はアークランドサカモト<9842>(東1)の8.3%高となり昨日発表の2月決算を材料に急伸した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:24 | 株式投資ニュース

ヒビノは「第1回ライブ&イベント産業展」に出展

■出展社数は150社となる予定

 ヒビノ<2469>(JQS)は、リードエグジビションジャパン(東京都新宿区)が2014年7月9日(水)〜11日(金)、東京ビッグサイトにて主催する「第1回ライブ&イベント産業展」に出展する。

 同展はライブ、イベント関係者からの、「最新の演出、機材を比較検討したい」、「宣伝効果の高いイベントを企画する会社を探したい」、「売れるグッズを作りたい」といった声を受け開催が決定。昨年12月の開催発表以後、コンサートプロモーター、メディア、企業の広報・宣伝・販促部門、地方自治体、スポーツ団体、さらにはイベント企画・制作会社や、機材の導入を希望している演出会社、レンタル会社、会場・施設まで、あらゆるイベントに関わる業界からの来場希望が寄せられており、初回から15,000人規模の来場を見込んでいる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:57 | 株式投資ニュース

NYダウ91ドル高、NN倍率0.88倍

25日のNYダウは、91ドル高の1万6367ドルと反発、去る、3月17日の1万6505ドルに接近している。

 今後、17日のフシを抜いてくれば、次は昨年末につけた最高値1万6586ドルに挑戦となるだろう。
 なお、25日の日経平均のNYダウに対する倍率(NN倍率)は前日と同じ0.88倍だった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:44 | 株式投資ニュース
2014年03月25日

【引け後のリリース】協同飼料と日本配合飼料が10月に経営統合し持株会社

■両社に代わってフィード・ワンホールディングスが株式上場

引け後のリリース、明日の1本 協同飼料<2052>(東1)日本配合飼料<2056>(東1)は25日の大引け後、昨年11月に発表した経営統合に関する具体化を発表し、共同持株会社フィード・ワンホールディングスを2014年10月1日(予定)に設立して両社の完全親会社にするとした。両社とも6月27日に予定する定時株主総会での承認を前提とする。共同持株会社は10月1日に東証に上場し、協同飼料と日本配合飼料の株式は9月26日に上場廃止の見込み。

 発表によると、共同持ち株会社フィード・ワンホールディングスの資本金は100億円、決算期は3月31日、本社は神奈川県横浜市の予定。会長には協同飼料の弦巻恒三社長が、社長には日配飼料の山内孝史社長が就任する予定。協同飼料の株式1株に対し持株会社の株式0.88株を割り当て、日配飼料の株式1株には持株会社の株式1株を割り当てる。

 協同飼料の株価終値は114円(2円高)。昨年3月に145円まで上げ、7月以降は直近まで110円をはさんで小動き横ばい。日本配合飼料の株価もほぼ同様の値動きを示し、昨年3月に168円まで上げたものの、7月以降は直近まで120円から130円の間で小動き横ばいを続け、本日の終値は126円(2円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:59 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ACKグループが急伸し新規上場みんなのウェディングも好調

 25日は、前場軟調だった三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が後場は堅調に転じて0.7%高、朝方は軟調だったトヨタ自動車<7203>(東1)は前引け間際から強い相場に転じて0.8%高など、主力株に下値があれば買う動きが活発。14時に増配を発表した川崎重工業<7012>(東1)は堅調転換して1.6%高。材料株物色も活発で、真珠のTASAKI<7968>(東1)は黒字転換を継続材料に需給相場の様相を強めて8.8%高、日本基礎技術<1914>(東1)は防災関連の需要に期待とされて7.7%高の急出直り。ACKグループ<2498>(JQS)は業績予想の増額を好感し16.5%ストップ高、日本通信<9424>(JQS)は業績予想の増額を好感し10.2%高となり高値更新。

 東証マザーズ市場は後場、マザーズ指数が急速に下げて5.7%安となり、日経JASDAQ平均の0.7%安と比べると大幅安。前場まで連日高値のカイオム・バイオサイエンス<4583>(東マ)が後場一転ストップ安の16.9%安、タカラバイオ<4974>(東マ)は13.7%安、ミクシィ<2121>(東マ)は9.3%安。半面、ダブル・スコープ<6619>(東マ)は次世代電池セパレーター出荷開始とされて一時ストップ高の後も12.5%高。

 本日新規上場となったみんなのウェディング<3685>(東マ・売買単位100株)は9時49分に公開価格2800円を27%上回る3560円で初値がつき、高値は前場の3675円。終値は3215円。

 東証1部の値上がり率1位はバリューコマース<2491>(東1)の11.0%高となり三菱UFJモルガンスタンレー証券が新規に注目を開始し目標株価は1280円と伝えられ14時にかけて一段強調、2位は宮城県地盤の地銀じもとホールディングス<7161>(東1)の11.0%高となり昨日あたりから足利銀行の足利ホールディングス<7167>(東1)などの地銀株が動意活発で機関投資家の年度末の事情とされていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース

キムラユニティー頑強、高値1030円から10ヶ月経過、いずれ1500円相場へ

 キムラユニティー<9368>(東1・売買単位100株)は9円高の937円と続伸、出直っている。昨年5月に1030円とほぼ6年ぶりに4ケタへ乗せ、それ以降、高値圏で頑強にモミ合っている。

 「トヨタ自動車向け売上が多いということでトヨタ関連としての位置づけだが、そのトヨタ自動車の動きが芳しくないため同社株も人気面で盛り上がらないようだ。しかし、業績はよい」(中堅証券)。

 今期(2014年3月期)は2ケタ営業増益で最高益を更新する。1株利益82.8円、配当は年22円の見通し。

 1株利益100円時代は早い時期に期待できそうだから中期的にはモミ合いを上放れ1500円相場の声が高まるだろう。

>>キムラユニティーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

NYダウは小幅安にとどまる、上ヒゲ足で心配されたが引き続き強い

24日のNYダウは26ドル安の1万6276ドルだった。前日が、「長い上ヒゲ足」となったことで大幅下げも心配されたが、小幅安にとどまったことでNYダウの先高期待は引き続き強いといえる。

 なお、24日の日経平均とNYダウの倍率であるNN倍率は0.88と若干改善した。しかし、まだ日経平均の割り負け感は強く、25日の日経平均は堅調が予想される。 
-
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:59 | 株式投資ニュース