[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/08)デジタルガレージは米ツイッターの7日上場で出尽くし感あり反落
記事一覧 (11/08)宮地エンジニアリンググループは大幅増益など好感しストップ高
記事一覧 (11/08)ディスコは業績予想の増額など好感し大きく戻り高値
記事一覧 (11/08)チムニーはTOBによる投資ファンドの応募など好感しストップ高
記事一覧 (11/08)ディー・エヌ・エーは第2四半期の減益を手控え要因に大幅安
記事一覧 (11/08)ヤマハ発動機は円高でも1〜9月の好調を好感し反発
記事一覧 (11/08)ブリヂストンは円高と日経平均大幅安にもかかわらず続伸
記事一覧 (11/08)【飛び乗り飛び降りコーナー】まんだらけ急動意、モミ合い上放れへ
記事一覧 (11/07)【注目のリリース】ケーユーHLDは国産車9.4%増に対し輸入車16.5%増
記事一覧 (11/07)【引け後のリリース】鴻池運輸が年間配当を倍増とし1株純資産に基づく妙味絶大
記事一覧 (11/07)【銘柄フラッシュ】日産東京販売HLDやミツバが急伸しレオン自動機は連日急伸
記事一覧 (11/07)バンダイナムコHLDは業績予想の増額を好感し2007年来の高値
記事一覧 (11/07)パイオラックスは業績・配当予想の増額を好感し後場急動意
記事一覧 (11/07)デジタルガレージは米ツイッター株の新規上場に期待強く続伸
記事一覧 (11/07)Jトラストは東証2部から唯一新指数に選定され上値追う
記事一覧 (11/07)レオン自動機は消費税需要などの思惑で連日急伸し値上がり率2位
記事一覧 (11/07)サントリー食品インターは業績予想の減額を嫌い軟調
記事一覧 (11/07)ダイキン工業は中国でエアコン45%増加など好調で高値更新
記事一覧 (11/07)トヨタ自動車は業績予想の増額など好感し堅調に始まる
記事一覧 (11/06)科研製薬は自己株式取得の実施を発表
2013年11月08日

デジタルガレージは米ツイッターの7日上場で出尽くし感あり反落

 ネット決済事業などのデジタルガレージ<4819>(JQS)は8日、急反落となって10時40分にかけて一時2653円(247円安)まで下げた。米Twitter(ツイッター)社と提携しており、ツイッター社が米国時間7日にニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場し盛況なスタートになったものの、株価材料としては出尽くし感があるようだ。ツイッター株は公開価格26.00ドルに対し初値が45.10ドルと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

宮地エンジニアリンググループは大幅増益など好感しストップ高

 宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)は8日、一気にストップ高の302円(80円高)に達し、10時40分現在はストップ高気配。36.0%高で東証1部の値上がり率1位となっている。昨日発表した第2四半期決算(4〜9月)の連結営業利益が前年同期比4.4倍になり、純利益は7.7倍になったほか、今3月期の予想を増額修正したため買いが集中した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

ディスコは業績予想の増額など好感し大きく戻り高値

 半導体研磨装置などのディスコ<6146>(東1)は8日、大きく戻り高値を更新し、10時30分にかけて9.7%高の6460円(570円高)と急反騰。昨日発表の第2四半期決算(4〜9月)で連結売上高が前年同期比6.3%増の546億円となり、4〜9月として過去最高を更新したほか、今3月期の予想を増額修正したため注目が集まっている。今3月期の予想1株利益は302円11銭から322円62銭に増額した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

チムニーはTOBによる投資ファンドの応募など好感しストップ高

 チムニー<3178>(東2)は8日、買い気配のままストップ高に達し、9時50分現在も1380円(300円高)の気配。酒類卸やまや<9994>(東1)が昨日、チムニー株式を1株1510円でTOB(公開買い付け)すると発表したことが好感されている。チムニーの現在の1位株主は米投資ファンドのカーライル・グループで47・97%を出資。この投資ファンドがTOBに応募するとしたため、新たな安定株主の元で発展できる点も期待要因になっている。

>>チムニーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは第2四半期の減益を手控え要因に大幅安

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は8日、大幅続落となり、朝方に11.7%安の1827円(243円安)まで下げて9時30分を過ぎても1840円(230円安)前後で推移。昨日発表した第2四半期の連結決算(4〜9月)が前年同期比で売上高2.0%増にとどまり、営業利益は同17.4%減となったことが嫌気されている。通期の予想は次の四半期(3カ月先)までにとどめており、4〜12月期の予想営業利益は25.3%減とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

ヤマハ発動機は円高でも1〜9月の好調を好感し反発

 ヤマハ発動機<7272>(東1)は8日、切り返して急反発の始まりとなり、1398円(10円安)で売買開始の後は1435円(27円高)。為替の円高進行にもかかわらず、昨日発表した1〜9月期の連結決算出純利益が前年同期比84%増加するなどの好決算が好感されている。売上高は15%増加し1兆478億円。米国の景気回復を受け、北米地域でボート、ヨット、船外機などのマリン事業が大幅増益となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

ブリヂストンは円高と日経平均大幅安にもかかわらず続伸

 ブリヂストン<5108>(東1)は8日、持ち直して続伸の始まりとなり、3355円(10円安)で売買開始の後は3405円(40円高)。日経平均が180円安で始まり、為替が対ユーロで2円近く円高になった中で、昨日発表の1〜9月期の決算を好感する始まりとなっている。1〜9月の連結純利益は前年同期比69%増加。同時に国内向け大型タイヤのリコール(回収・無償修理)を発表したものの、影響は限定的となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

【飛び乗り飛び降りコーナー】まんだらけ急動意、モミ合い上放れへ

飛び乗り飛び降りコーナー マンガ専門古書販売の最大手、まんだらけ<2652>(東マ)は、11月7日(木)190円高(+4.44%)の4465円と反発。一時285円高の4560円まで買われ直近10月22日高値4540円を上回り高値もみ合いを上抜く方向となっている。主力株が軟調で新興銘柄に物色の矛先が向かっており、円相場の影響を受けにくく、値動きが良い業績好調の同社株は一段と騰勢を強める可能性があり短期的に注目されよう。

  足元の業績、積極的な営業展開の継続と各店舗における買収の強化、同社の強みである希少な良質な商品の充実化に努め、これらの商品の店頭での展開にWEB通信販売による販売拡大を図るなどし、前9月期売上高は89億0700万円(前年同期比2.6%増)、営業利益は8億2900万円(同2.6%増)、経常利益は7億4300万円(同0.9%増)、純利益は3億4800万円(同0.6%増)と増収増益で連続最高益更新を見込む。前9月期第3四半期業績は純利益が5億6100万円(前年同期比2.2倍)の大幅増益着地で、通期計画は上ブレ濃厚で、今9月期業績予想に対する期待感もある。

  株価は、5月20日に年初来の高値4665円、8月15日に高値に迫る4600円と買われた後、3600円割れで下値を固め10月22日高値4540円と上昇。小幅もみ合いを上抜く方向となっている。週足では13週移動平均線がサポート、月足では着実に下値を切り上げる形となっており、一段高へ向かう公算大。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | 株式投資ニュース
2013年11月07日

【注目のリリース】ケーユーHLDは国産車9.4%増に対し輸入車16.5%増

■11月14日売買分から東証1部への昇格も決定

 首都圏の外車販売大手・ケーユーホールディングス<9856>(東2)は7日の夕方に第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表。売上高は前年同期比13.3%増の284億9600万円となり、営業利益は同34.3%増となるなど、経常・純利益とも3割増益となった。また、東証は11月14日売買分から市場第一部銘柄に指定すると発表した。

 4〜9月の国内の自動車販売業界の動向をみると、新車販売台数は前年同期比1.7%減少した半面、外国メーカー車の新車登録台数は同じく18.7%増加。同社の売上高も、国産車販売事業が9.4%増だったのに対し、輸入車ディーラー事業は16.5%増となった。

 今3月期の予想は変更せず、売上高は前期比5.8%増の551億円、営業利益は同14.5%増の36億1000万円、純利益は同12.9%増の22億8000万円、1株利益は147円98銭。

 本日の株価終値は1390円(76円高)となり、10月中旬の高値1467円に次いで戻り高値に進んだ。高額品の消費回復をはじめ、高級外車を取り巻く環境は好調が続く見込みのため通期業績は上ぶれる可能性があり、引き続き強気継続の銘柄といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:42 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】鴻池運輸が年間配当を倍増とし1株純資産に基づく妙味絶大

■3月期末配当は前期の10円を15円の見込みに

引け後のリリース、明日の1本 鴻池運輸<9025>(東1)は7日の大引け後、第2四半期の連結決算と配当予想の増配を発表し、9月中間配当は前期実績の5円を15円の見込みとし、3月期末配当は同じく10円を15円の見込みとした。年間では倍増の30円になる。

 第2四半期の連結決算(4〜9月)は注力分野の提案型医療物流センター業務の拡大や高度メディカル輸送(再生医療品・検査検体・ワクチン等の輸送)の推進などが伸びた半面、
鉄鋼関連分野で競争激化の影響などがあり、売上高は前年同期比1.0%減少し、営業利益は同じく7.8%減少した。ただ、下半期については平成25年5月10日に公表した業績予想から変更はなく、売上高は前期比0.1%増の2279億円、営業利益は同0.1%増の77億円、純利益は同3.1%増の41億円、1株利益は144円11銭。

 第2四半期末の1株純資産は2584円33銭。本日の株価終値は1573円(22円安)。いわゆる解散価値を大きく下回っており、この点での投資妙味は絶大といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】日産東京販売HLDやミツバが急伸しレオン自動機は連日急伸

 5日は、昨日発表の四半期決算が好調だったトヨタ自動車<7203>(東1)が朝方を除いて軟調に推移し1.3%安。同じくダイキン工業<6367>(東1)も後場は伸び悩み0.7%高など、主力株の業績期待相場は息切れ気味。一方、カルソニックカンセイ<7248>(東1)は不動株の薄さなどがいわれて急伸し14.0%高、一昨日に予想を増額発表して昨日決算を発表した日本特殊塗料<4619>(東1)は軽量株妙味がいわれて大幅続伸の14.9%高。

 本日11時に発表したミツウロコグループホールディングス<8131>(東1)は一時17%高の急伸となり大引けも9.3%高、前引け後に発表したメイテック<9744>(東1)も急反応となり5.3%高、13時に発表した東レ<3402>(東1)は急動意となり5.7%高、14時20分に発表の日本触媒<4114>(東1)は一気に堅調転換し3.1%高。

 フライトホールディングス<3753>(東マ)は米国で7日に新規上場予定の米Twitter(ツイッター)関連株とされてマザーズ市場の値上がり率1位の12.0%高。パピレス<3641>(JQS)は電子書籍関連のメディアドゥ(3678、東証マザーズ)の新規上場に向けた期待などから連日急伸14.1%高。

 東証1部の値上がり率1位は日産東京販売ホールディングス<8291>(東1)の26.8%ストップ高となり昨日発表の四半期決算を好感し仕手色を発揮、2位はミツバ<7280>(東1)の17.9%高となり昨日発表の四半期決算で業績予想を減額したものの一昨日まで5日続落だったため出尽くし感とされて出直り急、3位はレオン自動機<6272>(東1)の16.3%ストップ高となり10月31日の発表から連日急伸し仕手化の様相となった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:40 | 株式投資ニュース

バンダイナムコHLDは業績予想の増額を好感し2007年来の高値

 バンダイナムコホールディングス<7832>(東1)は7日の後場も2007年来の高値になる2000円(151円高)前後で堅調推移。昨日発表した第2四半期決算が好調で、今3月期の予想営業利益を従来予想の400億円から450億円に引き上げたことなどが好感されている。予想1株利益は118円35銭から132円に増額。株価はPER15倍台になり割安感が感じられる水準といえる。玩具や遊戯施設の運営に加え、スマートフォン向けの交流ゲームの拡大が注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:10 | 株式投資ニュース

パイオラックスは業績・配当予想の増額を好感し後場急動意

 自動車用精密バネなどのパイオラックス<5988>(東1)は7日の後場一段上値を追い、前引けの3095円(15円安)から13時過ぎには3255円(145円高)まで上昇。13時に第2四半期決算を発表し、今3月期の業績予想と配当予想を増額修正したことが素直に好感されている。配当予想は、9月中間期を前期実績・前回予想の17円50銭から22円50銭に引き上げ、3月期末配当は前期の27円50銭(記念配10円含む)に対し22円50銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

デジタルガレージは米ツイッター株の新規上場に期待強く続伸

 ネット広告や電子決済などのデジタルガレージ<4819>(JQS)は7日、堅調続伸となり、11時にかけては2.2%高の2943円(62円高)前後で推移。米Twitter(ツイッター)社と提携し、ツイッター株が米国で7日に新規上場予定のため期待が強いようだ。ツイッター関連株としてはアドバンスト・メディア<3773>(東マ)アイティメディア<2148>(東マ)などが挙げられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

Jトラストは東証2部から唯一新指数に選定され上値追う

 事業者向け金融などのJトラスト<8508>(東2)は7日、続伸となって出直る始まりとなり、1625円(35円高)で売買開始の後は1663円(73円高)。東証が昨日発表した財務状況を重視する400銘柄の新株価指数「JPX日経インデックス400」の採用銘柄に東証2部から唯一選定されたことが材料視されている。この新株価指数の算出開始は2014年1月6日からになるものの、指数連動型で運用する投資信託などが登場すれば組み入れ買い需要が発生するため期待が先行している。

>>JトラストのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

レオン自動機は消費税需要などの思惑で連日急伸し値上がり率2位

 食品製造機械などのレオン自動機<6272>(東1)は7日も急伸して連日高値となり、10時にかけては15.1%高の564円(74円高)。東証1部の値上がり率2位、3位を争っている。消費税の増税を控えて食品製造の容量や形状を見直す動きが予想され、需要増加の期待がある模様。10月31日に業績予想の増額修正を発表し、今3月期の連結営業利益の予想は従来予想を63.6%増額して18億円に見直した。決算発表は明日、11月8日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

サントリー食品インターは業績予想の減額を嫌い軟調

 サントリー食品インターナショナル<2587>(東1)は7日、反落となり、3170円(85円安)で売買開始の後は3255円(5円安)を上値に一進一退。昨日発表した第2四半期の連結決算で今12月期の純利益予想を従来予想から40億円減額し前期比33%増の310億円としたことなどが手控え要因になっている。同社株は今年7月に上場し、高値は同月の3785円、安値は10月の3090円。この安値を割らない限りは下値固め相場が継続するようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

ダイキン工業は中国でエアコン45%増加など好調で高値更新

 ダイキン工業<6367>(東1)は7日、2008年以来の高値を更新する始まりとなり、5890円(100円高)で売買開始の後は6030円(240円高)。昨日発表した第2四半期の連結決算が好調で、今3月期の利益予想を全体に増額修正したことが好感されている。4〜9月期の連結売上高は前年同期比41.8%増加し、営業利益は同79.6%増加。上期に連結化した米グッドマン・グローバル社の上乗せはあったものの、エアコンなど空調事業の中国での売上高が同45%伸びるなど、本業の好調さが目立った。今3月期の純利益の予想は640億円から800億円に増額し、予想1株利益は274円39銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は業績予想の増額など好感し堅調に始まる

 トヨタ自動車<7203>(東1)は7日、堅調なスタートとなり、6360円(10円高)で売買開始。昨日発表した第2四半期の連結決算が好調で、純利益が上期としては初の1兆円台に達し前年同期比82.5%増の1兆6億円。今3月期の予想を増額修正し、売上高は25兆円(前期比では13.3%増)、営業利益は従来予想を2600億円引き上げて2兆2000億円(同66.6%増)に、純利益は同じく1900億円引き上げて1兆6700億円(同73.6%増)の見込みとしたことが好感されている。増額後の予想1株利益は526円98銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2013年11月06日

科研製薬は自己株式取得の実施を発表

 科研製薬<4521>(東1)は6日、自己株式取得の実施を発表

 自己株式取得(自社株買い)は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行と株主へのいっそうの利益還元を目的に実施するもので、買付株式数の上限を60万株(発行済み株式総数の0.7%)、取得総額を10億円、取得期間を13年11月7日から14年3月31日までとして市場買付をする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:19 | 株式投資ニュース