[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/02)好業績のアーバネットがストップ高、指標なお割安
記事一覧 (04/02)ファンコミュニケーションズは特別利益を好感し値上り幅上位
記事一覧 (04/02)乃村工芸社は好業績を材料に連日の高値更新
記事一覧 (04/02)積水ハウスは高値圏で一進一退だが目標株価の引き上げ相次ぐ
記事一覧 (04/02)【上方修正株】中外鉱業は高値顔合わせ、業績上方修正で純益赤字幅を縮め極低位株買い
記事一覧 (04/02)【上方修正株】グラファイトはストップ高気配、3回目の業績上方修正に復配がオン
記事一覧 (04/02)【上方修正株】フォーバルは高値更新、業績再上方修正・増配で低位割安株買い
記事一覧 (04/02)ツルハホールディングスは利益確定売りが交錯しもみ合い、3月月次売上高は連続プラス
記事一覧 (04/02)ダイユーエイトは急反落、連続最高純益も利益確定売りが先行
記事一覧 (04/02)中外鉱業は高値顔合わせ、業績上方修正で純利益の赤字転落幅縮小を好感
記事一覧 (04/02)富士重工業が風力発電システム・ごみ収集車事業の分離を好感し堅調
記事一覧 (04/02)グラファイトデザインは3回目の業績上方修正に復配がオンしてストップ高気配
記事一覧 (04/02)アークランドサカモトは急反落、今期業績が伸び悩み市場予想を下回る
記事一覧 (04/02)3月期決算発表の一番手アドヴァンは続落、あみやきは4営業日ぶりに反発
記事一覧 (04/02)ニトリホールディングスは連続最高純益予想で連日の高値更新
記事一覧 (04/02)シャープは鴻海精密との提携に期待あるが直近30%急伸とあって軟調
記事一覧 (04/02)フォーバルは業績再上方修正・増配を好感して高値更新
記事一覧 (04/02)トヨタ自動車は新車販売台数や「短観」を材料に高値更新
記事一覧 (04/02)亀田製菓が1部昇格を好感し急騰!記念増配などに期待
記事一覧 (04/02)三菱UFJフィナンシャルGは日銀短観を材料に4日ぶり反発
2012年04月02日

好業績のアーバネットがストップ高、指標なお割安

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は、5000円ストップ高の3万4450円と5日続伸、年初来高値を大きく更新。とくに、前週末の2150円高に続いて上げ幅は大きい。主力の投資用ワンルームマンション市場は年金への不安もあって堅調に推移。同社の今6月期は前期比21.4%増収、営業利益54.1%増益、1株利益6359円の見通し。配当は年1500円の予定。配当利回りは今日のストップ高でも4.35%と高い。一方、PERは5倍強にすぎず、依然、割安。3月期決算の配当取りが終わり、これから4〜6月決算銘柄が注目される。上値余地は大きいものとみられる。

>>アーバネットコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:56 | 株式投資ニュース

ファンコミュニケーションズは特別利益を好感し値上り幅上位

 成果報酬型広告のファンコミュニケーションズ<2461>(JQS)は2日の後場も10万円(5000円高)前後でしっかり。JQ市場の値上り幅上位に入っている。30日に有価証券売却にともなう特別利益の発生と業績予想の増額を発表したことが好感されている。売却益は4.6億円の見込み。今期・12年12月期の純利益の予想をを9.9億円から13.4億円(前期比36.3%増)に引き上げた。10万円台回復は2月28日以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

乃村工芸社は好業績を材料に連日の高値更新

 乃村工芸社<9716>(東1)は2日の後場も上値を追う動きをみせ、13時20分には一段ジリ高の309円(11円高)まで上げて連日の高値更新となった。28日に発表した前2月期の決算が好調で、今期も連結営業利益を前期比31.6%増と見込むことなどが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 株式投資ニュース

積水ハウスは高値圏で一進一退だが目標株価の引き上げ相次ぐ

積水ハウス 積水ハウス<1928>(東1)は2日の後場、13時を回って801円(10円安)。前場はクレディ・スイス証券が目標株価を730円から800円に引き上げたと伝えられ、812円(1円高)まで上げたものの、後場は伸びきれない相場になった。3月14日に年初来の高値818円をつけたあと、19日も818円で上げ止まり、高値圏で一進一退。やや上値の重さが感じられるようだ。ただ、業績は好調継続の見込みで、大和証券キャピタルマーケッツは3月19日付けで目標株価を930円としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

【上方修正株】中外鉱業は高値顔合わせ、業績上方修正で純益赤字幅を縮め極低位株買い

上方修正銘柄 中外鉱業<1491>(東2)は2日、3円高の25円まで上げて2日間の変わらずを含めて5営業日ぶりに急反発し、3月26日につけた年初来高値に顔合わせしている。前週末3月30日大引け後に昨年11月に下方修正した2012年3月期業績の一転した上方修正を発表、純利益の赤字転落幅が縮小することが、極低位値ごろ株思惑を強め買い再燃となっている。

 前週末の米国市場で、金先物価格が、17ドル高の1トロイオンス=1671.90ドルと反発したこともフォローの材料視されている。

 3月期業績は、昨年11月に下方修正され、純利益は、期初予想の4000万円から8億円の赤字(前期は3億2200万円の黒字)へと下方修正されたが、4億円引き上げ4億円の赤字と上方修正された。

 売り上げは、貴金属取引の金地金販売量が減少して11月の減額値からさらに69億9000万円引き下げたが、金・プラチナなどの貴金属価格の上昇基調や仕入れコストの削減、投資取引での金先物価格の上昇で運用益を計上することなどから、経常利益が9億500万円上ぶれて1億6500万円の黒字(前期は4億3700万円の赤字)と好転し、純利益も上方修正につながった。

 株価は、第3四半期の赤字幅悪化業績を嫌って年初来安値13円まで売られ、金先物価格の上昇とともに底上げした。投資採算的には赤字・無配継続で問題外となるが、極低位値ごろを手掛かり材料に思惑相場を展開しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース

【上方修正株】グラファイトはストップ高気配、3回目の業績上方修正に復配がオン

上方修正銘柄 グラファイトデザイン<7847>(JQS)は2日、寄り付きから買い気配値を切り上げ7000円高の4万6500円買い気配とストップ高、変わらずを挟んで3営業日続伸し、3月23日につけた年初来高値3万9700円を上回っている。前週末3月30日大引け後に2012年2月期業績の3回目の上方修正と期末の復配を発表、純利益が、3期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大することが超割安株買いを拡大させている。

 2月期業績は、昨年10月、今年1月と上方修正したが、その1月再増額値より売り上げを4億5900万円、経常利益を3億4400万円、純利益を3億4900万円それぞれ引き上げ、純利益は、7億2400万円(前期比2.7倍)と大幅続伸し、2009年2月期の過去最高(3億800万円)を大きく更新する。

 自社オリジナルブランド「TourAD」2011年モデルのDJシリーズが、国内プロトーナメントでプロ使用率ナンバーワンを維持したことから、2012年モデルのBBシリーズも好調にスタートして、DJシリーズが想定を上回る受注を達成した相乗効果が再々上方修正要因となった。

 期末配当は、5期連続で無配を継続したが、500円として復配する。

 株価は、PER4倍台と超割安で4年超ぶりの高値水準となったことから、次の上値フシとして2007年7月高値5万8800円が意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

【上方修正株】フォーバルは高値更新、業績再上方修正・増配で低位割安株買い

上方修正銘柄 フォーバル<8275>(JQS)は2日、79円高の364円まで買い進まれて急続伸し、2月27日につけた年初来高値305円を更新している。前週末3月30日大引け後に昨年10月に続いて2012年3月期業績の再上方修正と増配を発表、低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。

 3月期業績は、昨年10月の増額値より売り上げを10億円、経常利益を1億3000万円、純利益を8500万円それぞれ引き上げ、純利益は、5億5000万円(前期比18%増)と続伸幅を拡大する。

 情報通信端末を活用した「経営の見える化」推進の効果で、セキュリティ商材や定期訪問つきITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に増加したことが要因で、純利益は、連結子会社株式の評価損計上をカバーして上ぶれた。

 期末配当は、期初予想の12.5円から15円に増配、特別配当2.5円込みの前期配当15円並みとする。

 株価は、昨年10月の業績増額では200円台央での限定的な反応にとどまったが、第3四半期の好決算を評価して300円台を回復した。なおPER8倍台、PBR0.8倍の割安修正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

ツルハホールディングスは利益確定売りが交錯しもみ合い、3月月次売上高は連続プラス

 ツルハホールディングス<3391>(東1)は2日、25円高の4900円と5営業日続伸して始まったあと、25円安と値を消すなど前週末終値を挟みもみ合っている。前週末3月30日大引け後に発表した今年3月の月次売上高が、連続してプラスとなり、今年3月14日開示の今5月期業績の上方修正・増配に続く好材料となったが、3月29日につけた年初来高値4925円を前に利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

ダイユーエイトは急反落、連続最高純益も利益確定売りが先行

 ダイユーエイト<2662>(東1)は2日、60円安の740円まで下げて3営業日ぶりに急反落している。前週末3月30日大引け後に2012年2月期決算を発表、純利益を前期、今期と連続の過去最高更新と予想したが、今期経常利益を30%減と予想したことが響き、東日本大震災の復興需要関連の反省が続き利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

中外鉱業は高値顔合わせ、業績上方修正で純利益の赤字転落幅縮小を好感

 中外鉱業<1491>(東2)は2日、3円高の25円まで上げて2日間の変わらずを含めて5営業日ぶりに急反発し、3月26日につけた年初来高値に顔合わせしている。前週末3月30日大引け後に昨年11月に下方修正した2012年3月期業績の一転した上方修正を発表、純利益の赤字転落幅が縮小することを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

富士重工業が風力発電システム・ごみ収集車事業の分離を好感し堅調

 富士重工業<7270>(東1)は2日、堅調反発となり、684円(19円高)をつけたあとも11時15分には680円(15円高)としっかり。30日に風力発電システム事業を日立製作所<6501>(東1)に事業譲渡し、ごみ収集車事業については、新明和工業<7224>(東1)が同日付で買収を発表したことが材料視されている。年初来の高値は3月15日の697円。信用売り残が高水準のため、買い戻しが広がれば値幅高を示現する余地はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

グラファイトデザインは3回目の業績上方修正に復配がオンしてストップ高気配

 グラファイトデザイン<7847>(JQS)は2日、寄り付きから買い気配値を切り上げ7000円高の4万6500円買い気配とストップ高、変わらずを挟んで3営業日続伸し、3月23日につけた年初来高値3万9700円を大幅に上回っている。前週末3月30日大引け後に2012年2月期業績の3回目の上方修正と期末の復配を発表、純利益が、3期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大することが超割安株買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

アークランドサカモトは急反落、今期業績が伸び悩み市場予想を下回る

 アークランドサカモト<9842>(東1)は2日、124円安の1440円まで下げて3営業日ぶりに急反落している。前週末3月30日大引け後に発表した2012年2月期決算が、昨年12月の再上方修正値をやや下ぶれて着地し、今期経常利益を減益転換と伸び悩みを予想、市場コンセンサスを下回ることから、前週末30日ザラ場につけた年初来高値1564円水準で利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56 | 株式投資ニュース

3月期決算発表の一番手アドヴァンは続落、あみやきは4営業日ぶりに反発

 アドヴァン<7463>(東1)が、きょう2日寄り付き前の7時30分に、あみやき亭<2753>(東1)とともに3月期決算会社の一番手として2012年3月期決算を発表、株価は、25円安の763円まで続落している。前期業績が期初予想を上ぶれて着地したが、今期業績を減益転換と予想したことが響き、3月27日につけた年初来高値814円を前に利益確定売りが増勢となっている。あみやき亭は、増益転換予想を手掛かりに1800円高の19万9800円まで上げて4営業日ぶりに反発している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

ニトリホールディングスは連続最高純益予想で連日の高値更新

ニトリ ニトリホールディングス<9843>(東1)は2日、170円高の7650円まで上げて5営業日続伸してり、連日の年初来高値更新となっている。前週末3月30日大引け後に2月期決算を発表、前期は昨年6月の上方修正値を上ぶれて連続増益率を伸ばして着地、今期は、14期連続の過去最高純利益更新を予想して市場コンセンサスをほぼクリアしており、内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

シャープは鴻海精密との提携に期待あるが直近30%急伸とあって軟調

 シャープ<6753>(東1)は2日、弱もみあいとなり、朝寄り直後の607円(3円高)を上値に、10時40分には600円(4円安)前後で推移している。台湾の「鴻海精密工業」の資本参加と業務提携には引き続き期待があるものの、ここ30%以上の急伸となったため買い一巡感があるようだ。また、この週末、鴻海精密工業グループでシャープに出資する企業のひとつの富士康科技集団(フォックスコン)の中国工場が、米FLA(米公正労働協会)から改善の指摘を受けたと伝えられたことも手控え要因になっているようだ。フォックスコンは、米アップルの携帯端末の受託製造などで知られ、伝えられたところでは、FLAは、アップルの依頼により、長時間労働や安全面などの労働環境が劣悪だと批判された工場を調査したという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

フォーバルは業績再上方修正・増配を好感して高値更新

 フォーバル<8275>(JQS)は2日、74円高の359円まで買い進まれて急続伸し、2月27日につけた年初来高値305円を更新している。前週末3月30日大引け後に昨年10月に続いて2012年3月期業績の再上方修正と増配を発表を好感して、低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は新車販売台数や「短観」を材料に高値更新

 トヨタ自動車<7203>(東1)は2日、急反発となり、2017円(40円高)で寄ったあと2037円(60円高)。3月15日につけた年初来の高値2039円を更新した。本日は、日本自動車工業会による3月の新車販売台数の発表が予定され、全体に期待があるほか、朝、取引開始前に発表の日銀短観(企業短期経済観測調査)が冴えなかったため、円安基調になり脱デフレ・追加緩和策拡大への期待が広がったことも買い意欲を強めている。自動車株は全般強調で、日産自動車<7201>(東1)も高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

亀田製菓が1部昇格を好感し急騰!記念増配などに期待

 亀田製菓<2220>(東2)が2日は急騰し、買い気配のあと1736円(200円高)で寄りつき、1750円(214円高)。前週末売買日の3月30日の夕方、東証が4月6日(金)付けで市場第二部銘柄から市場第一部銘柄に指定すると発表したことが好感された。30日に東証1部上場となったケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、東証の発表後に記念増配を発表しており、期待する雰囲気が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

三菱UFJフィナンシャルGは日銀短観を材料に4日ぶり反発

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)は2日、4日ぶりの反発基調となり、421円(9円高)で寄ったあと425円(13円高)。朝、取引開始前に発表の日銀短観(企業短期経済観測調査)が冴えず、脱デフレ・追加緩和策拡大への期待が広がった。直近の高値は3月19日の448円。前週末は410円まで下げる場面があった。大手銀行株は軒並み高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース