[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/29)タカラバイオは日経平均の上げ重く材料株シフトに乗り急反発
記事一覧 (05/29)フォーバルは携帯大手の通信障害など連想材料にストップ高
記事一覧 (05/29)資生堂は毛髪再生医療への進出を好感し反発で始まる
記事一覧 (05/29)精養軒が上野のパンダ「おめでた」の兆候を好感し続伸
記事一覧 (05/29)JR東海がインドの新幹線計画を好感し反発スタート
記事一覧 (05/28)【引け後のリリース】エキサイトが6月末に1株を100株とする株式分割
記事一覧 (05/28)キトー:ストックオプションを同社執行役員に発行
記事一覧 (05/28)【銘柄フラッシュ】精養軒や三菱自動車が急伸し三井不動産など軒並み回復
記事一覧 (05/28)精養軒がストップ高!上野動物園のパンダ「おめでた」の兆候
記事一覧 (05/28)トヨタ自動車など高い、ヘッジファンドの決算売り一巡説など好感
記事一覧 (05/28)協和エクシオは「目標株価」好感し後場一段上値を試す
記事一覧 (05/28)【イベント】現役ハッカーの語るサイバーセキュリティの脅威、6月6日、六本木で
記事一覧 (05/28)【銘柄フラッシュ】コロプラやユーグレナが急伸し株式分割のレーザーテックは急反発
記事一覧 (05/28)東証1部新高値銘柄数激減、わずか3銘柄、ジャスッダクは8銘柄
記事一覧 (05/28)スズキはインド・シン首相の来日を思惑材料に急反発
記事一覧 (05/28)レーザーテックが株式分割を好感して急反発となり上昇基調継続
記事一覧 (05/28)日本製鋼所は原発の再稼働に向けた動向に期待強まり急反発
記事一覧 (05/28)セルシードは欧州で細胞シート技術の特許を好感し買い気配
記事一覧 (05/27)【引け後のリリース】神戸製鋼所が株式売却益239億円を発表し純利益8割増も
記事一覧 (05/27)【注目のリリース】青山商事は自社株買いを期限前に満額完了し次回にも期待
2013年05月29日

タカラバイオは日経平均の上げ重く材料株シフトに乗り急反発

 タカラバイオ<4974>(東マ)は29日、急反発となり、朝方に13.4%高の3295円(390円高)まで上げ、11時を過ぎても3200円台で堅調。日経平均の上げが重いため、新興市場の材料株に再び注目して4月に成立した「再生医療推進法」を見直す動きがある。今回の相場は4月下旬から騰勢を強め、5月9日の4295円まで約2800円の上昇。その後の調整は5月24日の2760円まで1535円の調整。ほぼ半値押しの水準で出直ってきたため、値戻しは順調との期待がある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

フォーバルは携帯大手の通信障害など連想材料にストップ高

 ネットワーク接続などの大手フォーバル<8275>(JQS)は29日、急伸となり、の9時20分にはストップ高の655円(100円高)に到達。KDDI<9433>(東1)が本日付けで一部エリアでの4GLTE対応端末パケットデータ通信について「ご利用しづらい事象」が発生していると発表、27日にも似たような発表を行っているため、保守管理需要などに連想が広がったようだ。業績は拡大基調が続く見込みで、PERは11倍前後。好業績のITビジネス銘柄としては割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

資生堂は毛髪再生医療への進出を好感し反発で始まる

 資生堂<4911>(東1)は29日、反発の始まりとなり、1520円(62円高)で売買開始の後は1535円まで上げて堅調。朝、毛髪再生医療の本格研究に着手し、カナダのバイオベンチャー企業RepliCel Life Sciences Inc.(以下、レプリセル社)と技術提携契約について基本合意したと発表したため、新事業として期待が広がっている。5月24日の全体相場急落、日経平均1114円安の局面では100円安の1491円まで下げたものの、株価のトレンドとしては日経平均のような大きな段差が発生したわけではなく、もみ合いの範囲内におさまり、上昇基調を継続。このため買い安心感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース

精養軒が上野のパンダ「おめでた」の兆候を好感し続伸

 精養軒<9734>(JQS)は29日、続伸の始まりとなり、855円(5円高)で売買開始の後に900円と戻り高値。東京・上野の老舗の西洋レストランで、昨日の午後、上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」に妊娠の兆候が現われたと伝えられて急伸ストップ高となった相場を継続する相場になった。上野動物園のホームページには、6月4日からジャイアントパンダ「シンシン」展示を中止するとの掲示があり、思惑材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

JR東海がインドの新幹線計画を好感し反発スタート

 JR東海(東海旅客鉄道)<9022>(東1・売買単位100株)は29日、反発の始まりとなり、1万2040円(210円高)で売買開始の後1万2080円と堅調。安倍首相が本日インドのシン首相と会談し、同国が計画する高速鉄道計画の共同調査に入ることで合意する見通しと日本経済新聞で伝えられ、新幹線の技術やノウハウの輸出に期待が広がっている。路線はムンバイとアーメダバード間の約500キロメートルで、報道によると事業費は数千億〜1兆円、事実上、候補が日本に絞られている状況とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2013年05月28日

【引け後のリリース】エキサイトが6月末に1株を100株とする株式分割

■単元株制度も採用

引け後のリリース、明日の1本 エキサイト<3754>(JQS)は28日の大引け後、6月末の株主に対して1株を100株に分割するとともに、単元株制度を採用して売買単位を現在の1株から100株に変更するとした。売買単位の変更は7月1日から。実際の売買では6月26日の注文から100株扱いになる。

 株価は昨年6月の5万300円、9月の5万2400円を安値に上向き、今年3月22日には12万800円まで上昇。本日の終値は7万9400円(2000円高)となった。業績は回復から拡大基調を続ける見込みで、PERは20倍前後のため、ネット関連の好業績株としては割高感がない水準。PBRは0.9倍前後のため、こちらからの評価では割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:49 | 株式投資ニュース

キトー:ストックオプションを同社執行役員に発行

■株価は全体相場の急落にも影響薄く底堅い

 工場・構内向け搬送機器の大手キトー<6409>(東1)は28日の大引け後、ストックオプション(新株予約権)を同社の執行役員に対して発行し、新株予約権100個(1個の付与株式数は100株)を割り当てるとした。今回の対象者は1名。

 同社は、さる5月13日付けで同社の取締役および執行役員に対してストックオプション(新株予約権)を1000個(10万株相当)発行することと、ストックオプションの募集事項の決定を同社取締役会に委任することを決議したと発表している。

 本日の株価終値は1541円(71円高)。業績が好調なこともあり、5月初から騰勢を強め、4月末の1035円から5月17日には1937円まで急伸した。その後は前週後半に訪れた全体相場の急落にも影響は限定的で、1400円を安値に底堅い相場となっている。

>>キトーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】精養軒や三菱自動車が急伸し三井不動産など軒並み回復

 28日後場は、円安基調が強まったことなどを好感し、ホンダ<7267>(東1)が一段高となり、前引けの2.6%100円高から大引けは3.9%150円高。ソニー<6758>(東1)も1.0%高から3.2%高。また、ヘッジファンドの決算売りが多い5月・10月も日柄からみてヤマを越えたとの見方があり、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の2.0%高など、メガバンクが軒並み堅調。野村ホールディングス<8604>(東1)も前場の0.6%安から大引けは1.0%高。東京・上野動物園のパンダにおめでたの兆候と伝えられて精養軒<9734>(JQS)が後場急伸し21.4%ストップ高。

 不動産株が軒並み持ち直し、三井不動産<8801>(東1)は前引けの2.8%安から大引けは0.3%高。長期金利のベースになる新発10年国債は売り優勢となり、利回りは上昇(価格は下落)して0.905%と伝えられたものの、ひと頃と異なり無反応。

 信用規制が本日から解除になったユーグレナ<2931>(東マ)は急反発となり、18.5%ストップ高。同じく解除のコロプラ<3668>(東マ)も23.2%ストップ高、同じく解除の地盤ネット<6072>(東マ)も19.9%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は前引けと同じくデジタルアーツ<2326>(東1)となりクラウド事業がゲーム配信の世界にも拡大と伝えられて連想買いが強まったようで前引けとほぼ同水準の17.4%高、2位には三菱自動車<7211>(東1)の14.3%高が入り自動車株の全面高に乗り急反発、3位は前引けと同じくアイロムホールディングス<2372>(東1)となり次世代医療・バイオ関連の触れ込みで再騰を意図する動きあるようで連日高の13.4%高、4位はレーザーテック<6920>(東1)の12.3%高となり株式分割の発表を好感し急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | 株式投資ニュース

精養軒がストップ高!上野動物園のパンダ「おめでた」の兆候

 精養軒<9734>(JQS・売買単位100株)は28日の後場一気にストップ高の850円(150円高)に達し、14時を過ぎてはストップ高買い気配。東京・上野の老舗の西洋レストランで、上野動物園のホームページで、ジャイアントパンダ「シンシン」に妊娠の兆候が現われたため6月4日から展示を中止すると発表されたことが思惑材料になっている。同様に中華レストランの東天紅<8181>(東1)も102%高の226円(21円高)と急伸している。上野動物園のパンダは3月にも妊娠の兆候が伝えられ、期待を集めたことがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車など高い、ヘッジファンドの決算売り一巡説など好感

 トヨタ自動車<7203>(東1)は28日の後場一段ジリ高となり、13時を過ぎて1138円(29円高)まで上昇。13時30分現在も1134円前後で強い値動きとなっている。円相場が軟化の度を強め、昼前の1ドル101円30銭前後から同80銭台の円安基調になったほか、5月・10月に多いとされるヘッジファンドの決算売りが、月末に近づいてヤマを越えたとの見方が出ている。自動車株は軒並み高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

協和エクシオは「目標株価」好感し後場一段上値を試す

 協和エクシオ<1951>(東1)は28日の後場一段上値を試し、13時を過ぎて1138円(29円高)まで上昇。買い材料としては、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を1230円から1450円に引き上げたと伝えられたことがあり、昨日からの反発基調を強めている。直近の全体相場の急落過程では、27日に1088円まで下落し、5月13日につけた高値1250円からは162円(約15%)下げた。本日は本格反騰につながるか要注目の段階だが、半値戻しなら1170円前後、3分の2戻しなら1200円前後になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

【イベント】現役ハッカーの語るサイバーセキュリティの脅威、6月6日、六本木で

 現役ハッカーと中国ハッカー専門家の語る「今ここにあるサイバーセキュリティ脅威」と題したカンファレンスが6月6日(木)、午後2時から東京・六本木ヒトメディア・スタジオ」で開かれる。対象は政府関係機関及び情報機関。
 主催は、ネット及び出版物を通じた政策関連情報の提供、公共政策等のコンサルティングサービス、各種カンファレンス・セミナーの企画運営、などを手がける「スプラウド」(加藤康之代表取締役)。
 キーノートスピーチで大澤淳・世界平和研究所主任研究員、パネルディスカッションのほかにハッキングのデモンストレーションも行われる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】コロプラやユーグレナが急伸し株式分割のレーザーテックは急反発

 28日前場は、トヨタ自動車<7203>(東1)が3.2%高の190円高、日立製作所<6501>(東1)は1.3%高など、輸出関連株の反発が目立ち、円安基調を総じて好感。NY株式は休場だったものの、5月・10月に多いとされるヘッジファンドの決算売りは月末に近づきヤマを越えたとの見方。三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)も1.0%高など、メガバンク株も堅調。

 日本製鋼所<5631>(東1)は4.4%高、帝国電機製作所<6333>(東1)は5.8%高など、原子力規制委員会の新基準に適合する原発の再稼働申請を巡る期待が再燃。

 藻類による次世代エネ開発のユーグレナ<2931>(東マ)は18.4%ストップ高。東証が本日から規制解除としたことを早速好感し地合いの強さ。コロプラ<3668>(東マ)も解除になり20.7%高。

 東証1部の値上がり率1位はデジタルアーツ<2326>(東1)の17.2%高となり、クラウド事業がゲーム配信の世界にも拡大と伝えられて連想、アイロムホールディングス<2372>(東1)は次世代医療・バイオ関連の触れ込みで再騰を意図する動きあるようで連日高となり出直り拡大、3位はレーザーテック<6920>(東1)の13.0%高となり株式分割の発表を好感し急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース

東証1部新高値銘柄数激減、わずか3銘柄、ジャスッダクは8銘柄

 東証1部の年初来・新高値銘柄が前場途中段階では、わずか3銘柄にとどまっている。1日当りの新高値銘柄数が100社ていどと多かったのがウソのようである。今朝はユニデン<6815>文化シャッター<5930>廣済堂<7868>の3銘柄で、いずれも出遅れ感のある銘柄ということのようだ。一方、ジャスダックは同じ時間帯で8銘柄の新高値となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

スズキはインド・シン首相の来日を思惑材料に急反発

 スズキ<7269>(東1・売買単位100株)は28日、安寄りの後急反発となり、10時50分にかけては2650円(50円高)前後で推移。朝方の2542円(58円安)を安値に強い相場となっている。インドのシン首相が本日来日するため、「インド関連株」として期待がある模様。また、円相場が朝方に1ドル101円10銭台から同70銭台の円安基調となったことも好感されている。テクニカル判断では、朝方に25日移動平均の水準である2615円前後を割り込んだものの、素早く回復したため、本日の終値でも割らなければ下げ止まり感が強まるとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

レーザーテックが株式分割を好感して急反発となり上昇基調継続

 レーザーテック<6920>(東1・売買単位100株)は28日、急反発の始まりとなり、2600円(230円高)で売買開始の後2634円(264円高)。昨日、6月30日を基準日とする株式分割(1株を2株に分割)を発表したことがストレートの好感されている。取引時間中としては3日ぶりの2600円台回復となった。5月10日に3010円の高値に進み、直近の安値2363円。下げ幅は647円(約21%)となったものの、3分の1押しの手前で反騰したことになり、波動面での相場リズムは上昇基調継続になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

日本製鋼所は原発の再稼働に向けた動向に期待強まり急反発

 原発格納容器で知られる日本製鋼所<5631>(東1)は28日、急反発の始まりとなり、645円(4円高)で売買開始の後は684円(43円高)。関西電力<9503>(東1)が原発の再稼働に向けて原子力規制委員会の審査を受ける準備を急ぐ方針と日本経済新聞で伝えられたことが材料視され、電力各社の再稼働申請に期待が強まったようだ。全体相場は前週後半から急落したものの、同社株は5月初からの2段上げ相場が崩れていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

セルシードは欧州で細胞シート技術の特許を好感し買い気配

 バイオ開発のセルシード<7776>(JQG・売買単位100株)は28日、2858円(50円高)の買い気配で始まり急反発。昨日の夕方、細胞シートに関連する基本特許が欧州で成立する見込みになったと発表したことが好感されている。発表によると、同社の細胞シート回収用温度応答性細胞培養器材の次世代技術の1つである「共培養用培養表面」に関する基本特許が、このたびフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オランダ、スウェーデン、デンマークで成立する見込みになった。本特許は既に日本、米国で登録されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2013年05月27日

【引け後のリリース】神戸製鋼所が株式売却益239億円を発表し純利益8割増も

■PER一段と割安になりPBRは0.9倍前後

引け後のリリース、明日の1本 神戸製鋼所<5406>(東1)は27日の夕方、所有するナブテスコ<6268>(東1)の株式売却益239億円を第1四半期(4〜6月)に計上すると発表した。この売却は、5月17日付けで5月27日から30日までのいずれかの日に売り出し方式で売却すると発表していた。

 発表によると、売却株式数(神戸製鋼所の所有)は1510万株、売却額は295億円、売却益は239億円。4月下旬に発表した3月決算出は、今期の連結業績予想を売上高が前期比6.2%増の1兆7900億円、純利益は黒字に転換して350億円としている。決算短信では、有価証券の売却などに触れていないため、本日発表の売却益が純利益に加わるとすれば、単純計算で純利益が8割強増加することになる。

 株価は4月初からジリ高基調になり、5月下旬から騰勢を強めて22日には185円まで上昇。本日の終値は148円(8円安)だった。PERは13倍前後、PBRは0.9倍前後のため割安感が強く、純利益が増えればPERは一段と割安感を強めることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:09 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】青山商事は自社株買いを期限前に満額完了し次回にも期待

■今回の全体相場波乱でも調整が浅い

 青山商事<8219>(大1)は27日の夕方、自己株の取得(自社株買い)を5月14日から24日の間に50万株行ない、5月10日に決議・発表した上限50万株の自社株買いを終了と発表した。取得期限の5月31日を待たずに上限いっぱい速攻で完了したことになる。早くも次回の自社株買いに期待が出ている。

 本日の株価終値は2772円(135円安)。PBRが0.8倍前後のため割安感が強い。5月15日に2007年来の高値3190円があり、その後は全体相場の急落にもかかわらず調整が浅く、チャート観測で上昇トレンドに変化はみられないとの見方が多い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | 株式投資ニュース