[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/25)山下医科器械が新高値、2000円接近、5月期業績に期待
記事一覧 (03/25)住友不動産販売は不動産株が全体に反発の中で高値に進む
記事一覧 (03/25)アールシーコア1000円台乗せ、好内容で次は2000円も
記事一覧 (03/25)クスリのアオキは続落、決算発表で利益確定売り先行
記事一覧 (03/25)古河機械金属が23%上昇、値上り率トップ、未定だった配当2円に決定
記事一覧 (03/25)清和中央HDは新安値、好内容も商い少なく不人気
記事一覧 (03/25)100円台乗せのセキド続伸、高級ブランド関連で浮上
記事一覧 (03/25)【銘柄フラッシュ】カルナバイオが急伸しソフトバンクも高くアイフルは大活況
記事一覧 (03/25)三菱重工に商い活発、テーマ性と好業績で4月相場の核に
記事一覧 (03/25)日本ハムは需給妙味強く大谷翔平選手も材料に戻り高値
記事一覧 (03/25)野村ホールディングスが中堅・ネット系証券に続いて高値更新
記事一覧 (03/25)石油資源開発は材料性強く大手証券の目標株価を好感し反発
記事一覧 (03/25)新明和工業は救難飛行艇の輸出を材料に高値更新
記事一覧 (03/25)東京個別指導学院は小学校の英語「低学年」観測で値上がり率1位
記事一覧 (03/23)【注目のリリース】ローランドは発行株数の6.8%を消却しヤフーの前例を連想
記事一覧 (03/23)【注目のリリース】クボタが自己株消却を発表しヤフーの前例を想う
記事一覧 (03/23)【注目のリリース】ニッチツが業績予想を増額し割安感を見直す場面も
記事一覧 (03/22)【引け後のリリース】ジャムコが為替差益で3月期末配当を倍増
記事一覧 (03/22)【注目のリリース】クオールが北関東の調剤薬局アルファームを子会社化
記事一覧 (03/22)【注目のリリース】豆蔵ホールディングスが特別配当500円
2013年03月25日

山下医科器械が新高値、2000円接近、5月期業績に期待

 山下医科器械<3022>(東1)は40円高の1957円と6営業日続伸、昨年来高値を更新し2000円に近づいている。2000円に乗せれば2007年7月以来となる。今5月期の会社見通しの営業利益3億8700万円に対し、四季報・春号では5億円の見通しで、1株利益でも会社見通しの98.1円に対し同じく117.5円の予想となっている。3月29日(金)に第3四半期決算が発表となる見通しで、ここでの数字が期待される。増額なら上場来高値2680円(2006年2月)も見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

住友不動産販売は不動産株が全体に反発の中で高値に進む

 住友不動産販売<8870>(東1)は25日の後場一段上値を追い、5490円(310円高)と昨年来の高値を更新。日銀の新総裁に黒田氏が就任し、金融政策決定会合の前倒し開催の思惑があり、不動産株が全体に反発。中で、住友不動産販売は浮動株比率が低く、戻りの強さが目立っている。PERは20倍を超えるものの、実質的な流通株が少ないことが、高止まりの要因のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:06 | 株式投資ニュース

アールシーコア1000円台乗せ、好内容で次は2000円も

 アールシーコア<7837>(JQS)は、100円高の1020円と買われ1000円大に乗せている。権利修正チャートでは2006年8月以来の4ケタ。ログハウスの大手で別荘の感覚からこれまで住宅株が買われる中で出遅れていた。実際は自宅用としての需要が多く、しかも最近のスローライフにもマッチして需要は好調という。予想1株利益94.4円、年28円配当の好内容から中期2000円相場も期待できるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース

クスリのアオキは続落、決算発表で利益確定売り先行

 クスリのアオキ<3398>(東1)は前週末の580円安に続いて、今朝も740円安の6630円と続落している。21日に昨年来高値7970円をつけたばかりだった。その21日に今5月期・第3四半期決算を発表、通期予想を据え置いたことで目先の材料出尽くしから利益確定売りが先行しているようだ。今5月期の1株利益は329.8円、配当は2円増配の年32円の予定。なお、今朝の株価下落率では東証1部で2番目に大きい下げとなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:33 | 株式投資ニュース

古河機械金属が23%上昇、値上り率トップ、未定だった配当2円に決定

 古河機械金属<5715>(東1)が、前場、東証1部の値上り率トップ。24円高の125円、率では23.7%。22日(金)に、これまで未定だった今3月期の配当を年2円にすると発表した。1月中旬以降、100円前後での小動きでシコリのなかったことから配当を好感した。なお、年2円配当の利回りは1.6%。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

清和中央HDは新安値、好内容も商い少なく不人気

 清和中央ホールディングス<7531>(JQS)は、7750円と昨年来安値をつけている。鉄鋼専門商社で今12月期予想1株利益145.5円(前期48.8円)、年15円配当予定の好内容ながら、出来高の少ないことが最大の難点。3月は今日までの16営業日中、商いのなかった日が9営業日となっている。昨年来高値は1万円(2012年2月)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:43 | 株式投資ニュース

100円台乗せのセキド続伸、高級ブランド関連で浮上

 前週末100円台乗せのセキド<9878>(東2)は5円高の105円と買われ堅調。100円台は昨年3月以来1年ぶり。高級ブランドの時計、バッグなど『ラブラブ』店を展開し、このところの株高による資産効果関連として注目されている。2月期決算で、まもなく2013年2月期が発表され、2014年2月期に対する期待が高い。四季報・春号によれば2014年2月期の営業利益は2億5000万円(2013年2月期推定1000万円)と急向上の見通し。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:21 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】カルナバイオが急伸しソフトバンクも高くアイフルは大活況

 25日前場は、キプロス情勢の進展などを好感し、朝方は日経平均先物主導で全面反発。連動性の強いファーストリテイリング<9983>(東1)は3.3%高、ソフトバンク<9984>(東1)は1.9%高。日銀の政策決定会合にも期待が広がり、前倒し観測もあってノンバンク株が一斉高となり、アイフル<8515>(東1)は8.4%高となり売買代金1位。
不動産株も軒並み高となり、マンンションのランドビジネス<8944>(東1)は18.0%ストップ高。

 材料株物色も活発で、カルナバイオサイエンス<4572>(JQG)は創薬に関する提携を材料に21.2%ストップ高。一正蒲鉾<2904>(JQS)は薄商いながらTPP関連の出遅れとされて16.4%ストップ高、鈴茂器工<6405>(JQS)は株式分割の権利確保などもあり17.9%高。

 東証1部の値上がり率1位はランドビジネス<8944>(東1)の18.0%ストップ高、2位はジャックス<8584>(東1)の15.2%高、3位はポケットカード<8519>(東1)の14.3%高、4位は古河機械金属<5715>(東1)となり復配発表など好感し13.8%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:17 | 株式投資ニュース

三菱重工に商い活発、テーマ性と好業績で4月相場の核に

 三菱重工業<7011>(東1)に出来高が膨らんでいる。株価も6円高の531円と堅調だ。2月6日に560円の昨年来高値をつけ、ほぼ2ヶ月の調整が経過し、4月からの新営業年度では中核銘柄として活躍が期待されている。テーマ的にも切り口豊富で業績も好調。1株利益は今3月期22.4円(前期7.3円)、来期25.3円の見通し(四季報・春号)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:52 | 株式投資ニュース

日本ハムは需給妙味強く大谷翔平選手も材料に戻り高値

 日本ハム<2282>(東1)は25日、戻り高値に進み、1570円(54円高)まで上げた後も10時20分を過ぎて1560円台で推移。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)関連株のひとつで、信用売り残に逆日歩が乗るため、黙ってても買い戻しが株高につながりやすい状態。プロ野球のオープン戦で大物ルーキー大谷翔平選手の活躍が日々伝えられていることもボディーブローのような買い材料になっているようだ。株価は3月15日に1599円の高値があり、これを抜くと1800円台まで上値への抵抗感がなくなる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

野村ホールディングスが中堅・ネット系証券に続いて高値更新

 野村ホールディングス<8604>(東1)は25日、昨年来の高値更新となり、朝寄り後に608円(19円高)まで上げた後も9時50分にかけて600円台で堅調。キプロス問題の進展を好感し、日経平均がいきなり160円高の1万2500円台で始まったことなどが好感され、3月12日の高値608円を更新した。証券株は、水戸証券<8622>(東1)などの中堅証券や松井証券<8628>(東1)などのネット証券とも、多くが3月21日から22日にかけて高値を更新している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

石油資源開発は材料性強く大手証券の目標株価を好感し反発

 石油資源開発<1662>(東1)は25日、反発の始まりとなり、3825円(120円高)で寄った後も3800円をはさんで堅調。大和証券が新規に注目を開始し、目標株価を5000円に設定と伝えられたことが材料視された。このところは、愛知・三重両県沖の海底メタンハイドレート層で天然ガスの試掘に成功したことを材料に、3月11日に4600円まで急伸。材料性が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

新明和工業は救難飛行艇の輸出を材料に高値更新

 新明和工業<7224>(東1)は25日、買い気配で始り、713円(43円高)で寄った後は715円まで上げて2005年以来の高値を更新。海上自衛隊の救難飛行艇「US2」を開発製造し、政府が同型をインドに輸出するため、近くインド政府と具体的な協議に入ると伝えられたことが材料視されている。株価はPER8倍台のため、割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

東京個別指導学院は小学校の英語「低学年」観測で値上がり率1位

 東京個別指導学院<4745>(東1)は25日、上値を追う始まりとなり、230円(7円高)で寄ったあと21.9%高の272円(49円高)。文部科学省が小学校での「外国語活動」を13年度には低学年でも英語を必修化する検討に入ると前週末に伝えられたことが材料視され、東証1部の値上がり率1位となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2013年03月23日

【注目のリリース】ローランドは発行株数の6.8%を消却しヤフーの前例を連想

■ヤフーは消却による株数減少分を増配

 電子楽器のローランド<7944>(東1)は22日の大引け後、3月29日付けで発行済み株式総数の6.8%に相当する自己株式を消却すると発表した。最近、自己株の消却を発表した企業の中では、ヤフー<4689>(東1)が発行株数の減少にともない配当を増額すると3月19日付けで発表し、注目された。ローランドの今3月期の業績は2期連続で最終赤字の見込みだが、配当政策には期待がある。

 22日の株価終値は790円(12円安)。昨年10月の510円台から上昇傾向となり、2月初に884円まで上げた。PBRは0.4倍台で、依然、割安放置。売り上げの8割が海外のため、円高是正効果には期待が強い。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】クボタが自己株消却を発表しヤフーの前例を想う

■ヤフーは消却による株数減少分を増配

 クボタ<6326>(東1)は22日の大引け後、3月29日付けで発行済み株式総数の2.3%に相当する自己株式を消却すると発表した。最近、自己株の消却を発表した企業の中では、ヤフー<4689>(東1)が発行株数の減少にともない配当を増額すると3月19日付けで発表し、注目された。このため、クボタについても、今後の配当政策に期待が出ている。

 22日の株価終値は1334円(28円安)。業績が好調な上、円高是正効果にも期待があり、昨年11月の780円台から安定的なジリ高基調。3月21日に1363円まで上げた。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)にともなう農業強化関連銘柄として人気継続中。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ニッチツが業績予想を増額し割安感を見直す場面も

■配当も従来予想からは増配

 プラント機械などのニッチツ<7021>(東2)は22日の大引け後、今3月期の連結業績予想の各利益と配当の見込みを増額し、営業利益は従来予想を21%引き上げて4.6億円に、純利益は同24%引き上げて3.1億円に見直した。産業機器部門の堅調な推移や、資源関連事業のハイシリカ(精製珪石粉等)などが好調門。中国合弁会社の業績向上も寄与。修正後の予想1株利益は14円58銭。

 一方、3月期末配当は、これまで未定だったものを2円の見込みとした。前期末は4円だった。中間配当を行なっており、年間では6円(前期は8円)になる。

 昨日の株価終値は180円(3円安)。昨年11月の140円台から順調で、3月21日に185円まで上げた。修正後の予想1株利益からみたPERは12倍台前半。造船・機械株は比較的低い銘柄が多い中でも割安な印象。また、PBRは0.3倍台で、こちらは大幅な割安に放置されている。低位株相場などが再来した場合に見直される可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:20 | 株式投資ニュース
2013年03月22日

【引け後のリリース】ジャムコが為替差益で3月期末配当を倍増

■従来予想の5円を10円に引き上げる

引け後のリリース、明日の1本 ジャムコ<7408>(東2)は22日の大引け後、今3月期の経常・純利益の予想と配当予想を増額修正し、3月期末配当は従来予想の5円を10円に倍増とした。前期末は3円だった。配当の権利付最終日は、今年は26日。

 同社は、ボーイングやエアバスのギャレー(厨房)設備やラバトリー(化粧室)設備などの内装を受託製造。今3月期の業績予想は、為替レートが想定よりも円安に推移したことを主要因に、経常利益は従来予想を22.7%増額し27億円の見込みに、純利益は同36.3%増額し15億円の見込みとした。増額後の予想1株利益は55円92銭。  売上高と営業利益は小幅減額した。

 株価は2月初から上昇ピッチを強め、450円前後から本日845円まで上げた。増額後の予想1株利益からはPER15倍前後になり、割高感が希薄化した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:45 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】クオールが北関東の調剤薬局アルファームを子会社化

■23店舗加わり458店に

 調剤薬局の大手・クオール<3034>(東1)は22日の大引け後、茨城・栃木・群馬の3県に薬局23店舗を展開するアルファーム(本社・水戸市)の株式を取得し、4月5日付けで子会社化すると発表した。クオールの店舗数は、3月1日現在で435店(うち関東地方は205店)。

 クオールの本日の株価終値は911円(12円高)。昨年11月の652円を下値にジリ高基調で、1月末に925円まで上げた。業績は好調で、PERは14倍前後。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:31 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】豆蔵ホールディングスが特別配当500円

■3月期末配当を従来予想の2倍の1000円に

 ソフト開発コンサルなどの豆蔵ホールディングス<3756>(東マ)は22日の大引け後、今3月期の配当に特別配当500円を加えて計1000円にすると発表した。これまでの予想は500円、前期末は株式分割を勘案すると500円だった。

 本日の株価終値は10万2800円(4200円安)。昨年12月の6万円台から、今年2月には11万9700円まで上昇。その後は10万500円を下値に持ち直しており、配当の増額を材料に高値更新となれば、チャート観測では2006年につけた高値16万円まで上値余地が開ける。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:17 | 株式投資ニュース