[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/31)住友電気工業は通期予想に上ぶれ期待が広がり出直り強める
記事一覧 (07/31)ホウスイは第1四半期好調で朝方に値上がり率1位
記事一覧 (07/31)KDDIは第1四半期の営業利益9割増など好感し急反発
記事一覧 (07/31)【飛び乗り飛び降りコーナー】サンケン電気はリバウンド相場で値幅妙味
記事一覧 (07/30)【引け後のリリース】ウエストホールディングス8月末に株式分割と増配
記事一覧 (07/30)【注目のリリース】オリエンタルランドは営業利益54%増だが通期予想を据え置く
記事一覧 (07/30)【銘柄フラッシュ】ネオスが一段高となり四半期発表のヤクルト本社やエンプラスも急伸
記事一覧 (07/30)ヤクルト本社は第1四半期の大幅増益と自社株買いを好感し急伸
記事一覧 (07/30)ニチレイは第1四半期の2ケタ減益など嫌気し軟化
記事一覧 (07/30)楽天証券のネット取引画面が一部接続遅滞し株式市場再び活況との見方
記事一覧 (07/30)日本取引所Gは第1四半期で通期予想利益の5割を稼ぐ
記事一覧 (07/30)【銘柄フラッシュ】ネオスやドワンゴが急伸し商船三井や三井住友FGも高い
記事一覧 (07/30)三井住友フィナンシャルグループは国債の保有半減も好感し反発
記事一覧 (07/30)アルバイトタイムスは低PER見直し再燃の動きとなり急反発
記事一覧 (07/30)ドワンゴはNTTと日本テレビとの関係強化に期待強まり急反発
記事一覧 (07/30)ベスト電器はFC約20店が離脱と伝えられるが堅調に始まる
記事一覧 (07/30)リプロセル 株式分割を発表
記事一覧 (07/30)本日新規上場のネクステージは公開価格1700円で買い気配
記事一覧 (07/29)【引け後のリリース】昭和シェル石油が上期の利益予想を倍増修正
記事一覧 (07/29)【注目のリリース】ガンホー・オンライン第2四半期の売上高は10.5倍に
2013年07月31日

住友電気工業は通期予想に上ぶれ期待が広がり出直り強める

 住友電気工業<5802>(東1)は31日、出直りを強める始まりとなり、1344円(120円高)で売買開始の後も1300円台で堅調推移。昨日発表した第1四半期の連結決算(4〜6月)が売上高11.4%増加、営業利益は8.4%増加となるなど好調で、今3月期の予想に上ぶれ期待が広がっている。3月期の予想は据え置き、予想1株利益は75円64銭。PERは17倍台。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

ホウスイは第1四半期好調で朝方に値上がり率1位

 水産商社のホウスイ<1352>(東1)は31日、戻り高値を大きく更新する始まりとなり、123円(5円高)で売買開始の後16.1%高の137円(19円高)と上げ幅を拡大。昨日発表した第1四半期の連結決算(4〜6月)が営業利益で前年同期比29.4%増加し、第2四半期の純利益の予想を増額したことが好感されている。朝寄り後は東証1部の値上がり率1位になった。ただ、全体相場が円高を悪材料に安いため、早めの利食い売りを意識する様子があり、売買交錯となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

KDDIは第1四半期の営業利益9割増など好感し急反発

 KDDI<9433>(東1)は31日、反発の始まりとなり、5160円(100円高)の買い気配で本日の取引を開始。昨日発表した第1四半期の連結決算(4〜6月)が営業利益で前年同期比89.6%増の1786億円の大幅増益となるなど好調だったことが素直に好感されている。第1四半期としては過去最高を更新。米アップル社の「iPhone」(アイフォーン)取り扱い効果が一段と強まった印象。今3月期の予想は据え置いたものの、上ぶれ期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース

【飛び乗り飛び降りコーナー】サンケン電気はリバウンド相場で値幅妙味

飛び乗り飛び降りコーナー 電源3社の一角で半導体素子が主力のサンケン電気<6707>(東1)は、短期で注目したい。全般相場は持ち直す動きとなっており、同社株も目先リバウンド妙味が膨らもう。株価は、5月23日につけた年初来の高値604円から29日安値407円まで32.6%調整し、400円処のフシに接近したことで、値ごろ感が出ている。

 足元の業績、今後も『エコ・省エネ』、『グリーンエネルギー』関連製品の市場拡大が予想されることから、売上規模拡大と海外展開加速し、今14年3月期売上高は1462億円(前年同期比15.7%増)、営業利益は86億円(同85.9%増)、経常利益は72億円(同77.9%増)、純利益は47億円(同2.1倍)と大幅増益を見込む。年間配当は6円を予定している。

■中国関連としての下げは織り込む 

 株価は、中国関連として軟調展開が続いていたが、中国人民銀行が30日、短期金融市場で定例の公開市場操作(オペ)を行い、7日後の売却条件付き債券購入(リバースレポ)により170億元の資金を市場に供給したことを受け、上海株式相場が反発したことから、目先リバウンド妙味が膨らむ。9カ月移動平均線がサポートした感があるほか、今期予想PER11倍台と割安感があり、見直し余地はある。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:56 | 株式投資ニュース
2013年07月30日

【引け後のリリース】ウエストホールディングス8月末に株式分割と増配

■高値に3度目の挑戦で新たな上げ相場の可能性

引け後のリリース、明日の1本 リフォームや太陽光発電設備などのウエストホールディングス<1407>(東1)は30日の大引け後、8月31日現在の株主に1株を2株交付する株式分割を行なうと発表し、また、8月期末配当を従来予想の30円から60円に増額するとした。前期末は30円だった。

 本日の株価終値は2844円(16円高)。6月中旬に3450円まで上げ、続いて7月上旬に戻り高値3420円をつけて中段もみ合い中。3度目の挑戦でこの高値水準を上抜けば新たな上げ相場に入ることになり、1〜4月の上昇幅を参考にすると3000円以上の上昇相場に発展する可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】オリエンタルランドは営業利益54%増だが通期予想を据え置く

■信用倍率が1倍前後のため下値が固いとなれば急反騰も

 ディズニーランド&シーのオリエンタルランド<4661>(東1)が30日の大引け後に発表した第1四半期決算(4〜6月・連結)は、売上高が前年同期比22.4%増の1070億6200万円となり、営業利益は同53.6%増の258億6300万円、純利益は同39.6%増の162億7600万円だった。営業利益などは4〜6月期として過去最高。

 3月通期の予想は期初のまま据え置き、売上高は前期比4.6%増の4137億3000万円、営業利益は同1.6%増827億8000万円、純利益は同1.5%増の522億8000万円。1株利益は626円30銭。

 本日の株価終値は1万5340円(80円安)。6月の1万3030円を安値に回復基調にあり、7月24日に1万6040円まで上げた。通期予想を引き上げなかったため落胆される可能性があるものの、1万5000円を大きく割らない限りはトレンドに変化なし。信用倍率が1倍前後のため需給妙味が強く、下値が固いとなれば意外に簡単に高値を更新する可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ネオスが一段高となり四半期発表のヤクルト本社やエンプラスも急伸

 30日後場は、昼に四半期決算を発表した日本取引所グループ<8697>(東1)が一段強張って3.4%高、13時に発表した川崎重工業<7012>(東1)は一段ジリ高となり8.7%高、14時に発表したエンプラス<6961>(東1)は16.6%高、14時30分にかけて発表したヤクルト本社<2267>(東1)は16.5%高、NSユナイテッド海運<9110>(東1)は28.8%高。また、アスカネット<2438>(東マ)は立体映像技術などが言われて45.8%ストップ高、イメージワン<2667>(東マ)は9月期好調観測が言われて17.4%ストップ高。

 東京電力<9501>(東1)は甘利経財相と新潟知事の会見など材料に動意を強めて11.8%高となり売買代金、出来高とも1位。コマツ<6301>(東1)は昨日発表の四半期決算が今ひとつだったものの、日中首脳会談の実現に向けた融和期待などが言われて1.3%高。

 スペースシャワーネットワーク<4838>(JQS)日本電信電話(NTT)<9432>(東1)によるドワンゴ<3715>(東1)株取得を連想材料に軽量株妙味と前場から19.0%ストップ高。エイアンドティー<6722>(JQS)は上場10周年のため株主還元などに期待ありと18.3%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位はNSユナイテッド海運<9110>(東1)の28.8%高、2位は前場1位のネオス<3627>(東1)となり引き続きスマートフォンの無料通話アプリ「LINE」(ライン)関連株として前場の16.3%高から一段高となって26.3%ストップ高、3位はカルソニックカンセイ<7248>(東1)の17.8%高となり昨日発表の四半期決算を好感し戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース

ヤクルト本社は第1四半期の大幅増益と自社株買いを好感し急伸

 ヤクルト本社<2267>(東1)は30日の14時30分を過ぎて急伸相場となり、15%高の4870円(635円高)まで上げて東証1部の値上がり率5位前後に躍進。14時20分に発表した第1四半期の連結決算(1〜6月)が営業利益85.2%増、純利益3.8倍と大幅増益になったほか、自己株式の取得(自社株買い)も発表したことが好感された。自社株買いは、上限株数750万株(発行株数の4.35%)、期間は7月31日から8月27日までの短期決戦。3月通期の予想は据え置いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース

ニチレイは第1四半期の2ケタ減益など嫌気し軟化

 ニチレイ<2871>(東1)は30日の14時過ぎに軟化し、一時491円(31円安)と本日の現在安。14時に第1四半期の連結決算を発表し、営業利益が前年同期比40.3%減、純利益も同63.4%減となり、3月通期の予想営業利益を期初予想から5%引き下げるなど減額修正したため、手控えムードが強まった。7月23日に564円の戻り高値をつけたばかり。500円の大台前後で下げ止まるかどうか注視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

楽天証券のネット取引画面が一部接続遅滞し株式市場再び活況との見方

 楽天<4755>(JQS)グループの楽天証券のネット取引画面が30日の14時にかけて一部でつながりにくくなり、「現在一部のページにおいて、表示に時間がかかる場合がございます」との表示が出ている。四半期決算発表が昨日からラッシュを迎えており、株式市場が再び活況を呈してきた証拠と好材料視する様子もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

日本取引所Gは第1四半期で通期予想利益の5割を稼ぐ

 日本取引所グループ<8697>(東1)は30日の後場寄り後に9470円(510円高)まで上げ、13時30分にかけても9330円(370円高)前後で堅調。昼12時に発表した第1四半期決算が今期の予想を大幅に超過するペースになったことが好感されている。第1四半期の連結営業利益は179億4300万円。前年同期は持株会社発足前のため比較はないものの、今3月期の予想営業利益365億円(前期比86.6%増)の5割近くを稼いだため、通期予想に上ぶれ期待が広がった。ただ、株価は昨日まで3日続落となり終値で都合1610円の下落。どこまで反騰できるか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ネオスやドワンゴが急伸し商船三井や三井住友FGも高い

 30日前場は、ソニー<6758>(東1)が2.6%高の急反発、トヨタ自動車<7203>(東1)も2.2%高の反発など、昨日の円高が反転したため全般堅調。商船三井<9104>(東1)は海運株の第1四半期好調との観測報道を好感して3.8%高。四半期決算が好調だった三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)も0.3%高ながら反発。東京電力<9501>(東1)は売買代金、出来高とも1位となり6.7%高。

 材料株物色も活発で、ドワンゴ<3715>(東1)は大株主の保有株式が日本電信電話(NTT)<9432>(東1)などに譲渡との発表を好感し15.1%高。連想買いが言われてスペースシャワーネットワーク<4838>(JQS)は19.0%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位はネオス<3627>(東1)の16.3%高となり、引き続きスマートフォンの無料通話アプリ「LINE」(ライン)関連株として急反発、2位はドワンゴ<3715>(東1)の15.1%高、3位は日本ケミコン<6997>(東1)の14.7%高となり野村證券による目標株価の360円から600円への引き上げがいわれて急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:21 | 株式投資ニュース

三井住友フィナンシャルグループは国債の保有半減も好感し反発

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は30日、反発堅調となり、朝方4605円(140円高)まで上げて11時過ぎも4510円(45円高)前後で推移。昨日発表の第1四半期決算の純利益が四半期決算の発表を開始して以来の最高となった上、国債の保有残高が3月末の約21兆円から6月末には11兆円までほとんど半減したことを好感する様子もある。株価は7月19日に4940円の戻り高値をつけたが、その後は昨日にかけて4日連続安など調整含み。本日高ければ75日移動平均の前後で下げ止まることになり、調整一巡の可能性が出てくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:13 | 株式投資ニュース

アルバイトタイムスは低PER見直し再燃の動きとなり急反発

 アルバイトタイムス<2341>(JQS)は30日、急反発となり、10時40分にかけては約6%高の213円(12円高)。昨日まで2日続落だったものの、今期予想1株利益25円84銭からみたPERが7倍台のため、見直し買いが再燃したようだ。第1四半期決算は7月上旬に発表済み。純利益のみ前年同期の特別利益の反動で減となったものの、フリーペーパーの西日本地域での新規受注が順調など、業績は好調だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

ドワンゴはNTTと日本テレビとの関係強化に期待強まり急反発

 動画サイトのドワンゴ<3715>(東1)は30日、急反発となり、買い気配の後45万円(4万8500円)で売買開始となり、9時30分にかけては46万2500円(6万1000円高)まで上げて出直りを昨日、上位株主エイベックス・グループ・ホールディングス<7860>(東1)の保有する株式が1株49万1119円で日本電信電話(NTT)<9432>(東1)日本テレビホールディングス<9404>(東1)に譲渡されると発表したことが好感されている。関係強化に期待が強まった。エイベックスも3270円(50円高)前後で堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

ベスト電器はFC約20店が離脱と伝えられるが堅調に始まる

 ベスト電器<8175>(東1)は30日、反発の始まりとなり、162円(前日比変わらず)で売買開始の後は164円。鹿児島県内のフランチャイズチェーン(FC)約20店が今秋にもエディオン<2730>(東1)にくら替えすることが29日わかった、と日本経済新聞の朝刊で伝えられたものの、株価は堅調。逆にエディオンは551円(7円安)で売買開始となっている。ただ、両銘柄とも小動きの範囲であり、朝寄り後の売買が一巡した後が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

リプロセル 株式分割を発表

■8月31日を基準日として、1対5の分割を実施

 リプロセル<4978>(JQS)は29日、株式分割を発表した。

 投資単位あたりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めると共に、投資家層の更なる拡大を図ることを目的として8月31日を基準日とする1対5の株式分割を実施する。実質的な基準日は31日が土曜日にあたるために、30日となる。

 同社は万能細胞と呼ばれるES細胞を用いた研究で実績を上げており、2009年には世界で初めてヒトiPS細胞を用いた創薬支援事業を開始するなど、これまでES/iPS細胞ビジネスの先駆者としての役割を果たしている。

 今後は、創薬応用、テーラーメイド医療、再生医療などの次世代医療に注力し、2016年3月期には売上14億7700万円、営業利益3憶2800万円の達成を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

本日新規上場のネクステージは公開価格1700円で買い気配

 本日、新規上場となったネクステージ<3186>(東マ・売買単位100株)は30日、公開価格1700円と同じ値段の買い気配で始まり、好発進。本社・名古屋市の中古車販売会社で、東海・北陸地方を中心に店舗を展開。公募株式数は63万7000株、売り出し株式数は最大18万株。11月決算で、今期・2013年11月期の業績予想は、売上高が前期比30%増の368億円、純利益は11%増の5億5000万円を見込み、好調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2013年07月29日

【引け後のリリース】昭和シェル石油が上期の利益予想を倍増修正

■円建ての原油価格上昇し太陽電池事業も計画上回る

引け後のリリース、明日の1本 昭和シェル石油<5002>(東1)は29日の大引け後、第2四半期の業績予想(1〜6月・上期)を大幅に増額修正。連結営業利益の予想は従来見込みの2.3倍の430億円に、純利益は同じく2.7倍の300億円に引き上げた。円安によって円建ての原油価格が大幅に上昇したことなどが要因。

 第2四半期の連結売上高の予想は従来見込みを4.5%引き上げて1兆4000億円とした。使役面での大幅な増額には、エネルギーソリューション事業で太陽電池事業の収益が当初の見込みより拡大していることも寄与した。12月通期の予想については、8月6日に予定する第2四半期の決算発表で開示する。

 株価は5月21日に917円の高値をつけ、その後は6月の688円を安値に回復基調。7月22日と25日に905円の戻り高値に進み、本日の終値は835円(53円安)だった。現段階の通期予想に基づくPERは10倍未満。信用売り残が意外に多いため、買い戻しに火がつけば意外な株高支援要因になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:17 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ガンホー・オンライン第2四半期の売上高は10.5倍に

■営業利益は前年同期の45倍、通期予想は開示せず

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)が29日の大引け後に発表した第2四半期決算(1〜6月・連結)は、売上高が前年同期比10.5倍の746億2100万円となり、営業利益は同45倍の451億5400万円、純利益は同26倍の281億7900万円だった。

 3月通期の予想は、事業環境の変化が激しいことや米国上場の連結子会社が業績予想を開示しない方針であることなどを要因に開示していない。

 本日の株価終値は10万6000円(8000円高)となり出直る様子。5月に16万3300円の高値をつけた後は、おおむね9万円を下値として13万円を上値とする横ばい相場となっている。13万円前後の上値突破にはエネルギーが必要との見方があるが、もみ合い相場と見る場合でも上値余地が3万円あるため、小幅狙いの妙味はある銘柄といえそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:00 | 株式投資ニュース