[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/21)陽光都市開発は自民党の政権公約も期待し連日ストップ高
記事一覧 (11/21)ソフトバンクは日経平均の再騰に安心感広がり戻り高値
記事一覧 (11/21)エイチ・ツー・オー リテイリングは「阪急うめだ本店」に期待し続伸
記事一覧 (11/21)本日新規上場のエストラストは買い気配を上げ好スタート
記事一覧 (11/21)シャープは希望退職に想定の1.5倍と伝えられるが小動き
記事一覧 (11/20)サニーサイドアップが1株を4株の株式分割を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (11/20)【注目のリリース】ネットイヤーグループは「単元株&分割」で好感高も
記事一覧 (11/20)【注目のリリース】「大阪王将」のイートアンドが東証にも上場
記事一覧 (11/20)日本ハムは内需ディフェンシブ株の側面が注目され連日高値
記事一覧 (11/20)キユーピーはディフェンシブ物色の中で11月末の配当・優待も狙う
記事一覧 (11/20)サッポロHLDはセブン―イレブンなどへのOEMに期待し5日続伸
記事一覧 (11/20)グリーは輸出関連株が重いため物色シフトしジワジワ持ち直す
記事一覧 (11/20)キヤノンは記念増配を好感するが全体相場の一服に押され売買交錯
記事一覧 (11/20)任天堂は「ウィー・ユー」好調だが昨日まで5日続伸のため利食い先行
記事一覧 (11/20)ホンダは先行高したこともありNY株200ドル高に反応鈍い
記事一覧 (11/20)三菱商事はNY株の200ドル高など好感し戻り高値を更新
記事一覧 (11/19)明治ホールディングスが東海地区に生産規模1.5倍の新基幹工場−−引け後のリリース
記事一覧 (11/19)【注目のリリース】キヤノンが12月期末に創立75周年の記念配当
記事一覧 (11/19)【注目のリリース】ラックランドと日成ビルド工業が商空間の創造などで提携
記事一覧 (11/19)【銘柄フラッシュ】アイロムやランドビジネスが突出し陽光都市開発も急騰
2012年11月21日

陽光都市開発は自民党の政権公約も期待し連日ストップ高

 陽光都市開発<8946>(JQS)は21日もストップ高となり、11時にかけては1万970円(1500円高)のストップ高気配。4日連続のストップ高となり、本日はまだ売買が出来ていない。9日に発表した四半期決算で「継続前提の注記」の解消を発表してから動意を強め、16日に単元株制度の導入にともなう株式分割を発表し、急騰相場に発展。本日は、自民党が政権公約を発表すると伝えられているため、一段の金融緩和や脱デフレ対策などに期待が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは日経平均の再騰に安心感広がり戻り高値

 ソフトバンク<9984>(東1)は21日、4日続伸基調となり、戻り高値を更新。朝寄り後に2981円(64円高)まで上げ、10時過ぎも2977円(60円高)前後で堅調に推移している。日経平均との相関度が強い銘柄のひとつで、日経平均は朝方95円32銭高の9237円96銭まで上昇したため、買い安心感が広がったようだ。株価は10月15日の2200円を安値に持ち直しており、3000円を回復すれば10月10日以来になる。クレディ・スイス証券は6日付けで目標株価を3500円から4200円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

エイチ・ツー・オー リテイリングは「阪急うめだ本店」に期待し続伸

 エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>(東1)は21日、続伸の始まりとなり、786円(14円高)で寄ったあとも780円台で堅調。本日、阪急うめだ本店が全面オープンし、平日にもかかわらず行列ができていると伝えられ、期待材料になっている。株価は12日の748円、16日の743円を下値に持ち直しており、チャート観測ではダブルボトム(2点底)型の底入れになるため、買い安心感が広がっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

本日新規上場のエストラストは買い気配を上げ好スタート

 本日、新規上場のマンション分譲企業エストラスト<3280>(東マ)は15日、公開価格1350円と同値の買い気配で始まり、9時10分には1418円の買い気配。好調なスタートとなった。山口県を地盤に、九州や山陽地域などで太陽光発電設備などを備えたマンション「オーヴィジョン」シリーズの分譲や管理などを展開。今2月期の連結業績見込みは、売上高を前期比17.3%増の81.50億円、営業利益は同6.0%増の6.23億円、純利益は同30.0%増の3.64億円と見込む。予想1株利益は258円32銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

シャープは希望退職に想定の1.5倍と伝えられるが小動き

 シャープ<6753>(東1)は21日、小動きの始まりとなり、171円(1円安)で寄ったあとは172円。希望退職に想定の1.5倍の2960人が応じたと発表し、好材料にはなったものの、構造改革の本筋の進展を見極めたい様子で手控える始まりとなった。株価は10月の142円を下値に持ち直し傾向で、16日に180円の戻り高値をつけている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2012年11月20日

サニーサイドアップが1株を4株の株式分割を発表−−引け後のリリース

■業績は好調

引け後のリリース、明日の1本 スポーツ選手のマネジメントや販促支援などのサニーサイドアップ<2180>(JQG)は20日の大引け後、流動性の向上と投資家層の更なる拡大を目的に、12月10日を基準日として1株を4株に分割すると発表した。これにともない、1株当たりの予想期末配当金は、30円から7.5円に変更した。実質的に変更なし。

 株式分割や自己株の取得を発表した銘柄はストレートに好感されるケースが大半。株価は11月5日に発表した第1四半期決算(7〜9月)を好感して急動意となり、19日に3160円の高値をつけた。本日の終値は2949円(19円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ネットイヤーグループは「単元株&分割」で好感高も

■16日発表のサムシングHLDは急伸

 ネットイヤーグループ<3622>(東マ)は20日の大引け後、株式分割と単元株制度の採用などを発表。100株を1単元とする単元株制度を採用し、12月31日を基準日として1株につき100株の割合で分割するとした。最低投資金額は変わらない。また、今3月期末の配当予想は、これまでの325円を、分割にともない3.25円に変更。実質的には変更なし。

 20日の株価終値は3万5000円(400円高)。同様の単元株制度採用と分割を16日に発表したサムシングホールディングス<1408>(JQG)は週明けの19日に急伸したため、今回も好感高が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】「大阪王将」のイートアンドが東証にも上場

■11月27日から2市場で売買

 「大阪王将」チェーンなどを展開するイートアンド<2882>(JQS)は20日の夕方、東証2部への上場承認を得たと発表。上場日は11月27日で、同日以降は同取引所と大阪証券取引所(JASDAQ市場)の2市場において当社株式の売買が可能になるとした。

 本日の株価終値は910円(8円安)。8月以降は、一時的に960円かで上げた以外は940円前後を上値に横ばいを続けており、業績は好調なため、再び1000円を目指す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

日本ハムは内需ディフェンシブ株の側面が注目され連日高値

 日本ハム<2282>(東1)は20日の後場一段高となり、14時40分過ぎに1184円(24円高)と高値更新幅を拡大。3日続伸基調となっている。昨日まで連日全面高の「安倍相場」には一服感が出たものの、同社株は内需関連・ディフェンシブ銘柄としての側面からも買えるため、物色が衰えなかったようだ。信用売り残には逆日歩が乗っているため、ただでさえ買い戻しが増えやすい状態。一服しても、需給先行型で急反騰するケースがありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:55 | 株式投資ニュース

キユーピーはディフェンシブ物色の中で11月末の配当・優待も狙う

 キユーピー<2809>(東1)は20日の後場もジリ高基調となり、14時過ぎに1248円(13円高)まで上げ、本日この時間にかけての高値。本日は、自動車株などの上げが一服するとともに内需株やディフェンシブ株を物色する動きがあり、2日続伸基調になっている。11月決算のため、配当と優待を意識する買いもあるようだ。今年の権利付最終日は11月27日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:10 | 株式投資ニュース

サッポロHLDはセブン―イレブンなどへのOEMに期待し5日続伸

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は20日の後場も堅調に始まり、13時15分には228円(4円高)前後で推移。5日続伸基調となっている。昨日付けで、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)と共同開発したセブンプレミアム初のビール「セブンプレミアム 100%MALT」を11月27日に発売すると発表。国内の大手ビールメーカーとしては、初めて相手先ブランド(OEM)製品を製造・供給することに期待が集まっている。セブン―イレブンを中心に、イトーヨーカ堂にも置くという。関連報道では、セブン―イレブン・ジャパンの幹部が「将来はスーパードライを超えたい」と述べた、と伝えられたことも期待を増幅した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

グリーは輸出関連株が重いため物色シフトしジワジワ持ち直す

 グリー<3632>(東1)は20日、ジワジワ持ち直す相場になり、朝方の1346円(2円安)を下値に10時40分にかけては1363円(15円高)。自動車株などの輸出関連株が重く、NY株の急伸207ドル高にもかかわらず小動きのため、対極にある銘柄を物色する動きが広がっている。さる14日発表の第1四半期決算では、翌日の株価が反落したものの、月初につけた直近の安値1306円を割らなかったため、業績動向は織り込まれた模様。衆議院解散後の日経平均が昨日まで4日続伸となったのに対し、グリーは昨日小反発した程度のため、出遅れ感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

キヤノンは記念増配を好感するが全体相場の一服に押され売買交錯

 キヤノン<7751>(東1)は20日、伸び切れない相場になり、朝方の2875円(58円高)を上値に売買交錯。昨日、創立75周年の記念配当を発表し、今12月期の期末配当は、記念配当10円を加えて1株当たり70円(前期末は60円)にするとしたものの、反応は限定的となっている。全体相場がNY株の急伸207ドル高にもかかわらず小動きとなり、衆議院解散後の連日全面高相場が小休止となっているため、同社株にも目先筋の利食いが選考しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

任天堂は「ウィー・ユー」好調だが昨日まで5日続伸のため利食い先行

 任天堂<7974>(大1)は20日、伸び切れない始まりとなり、1万740円(60円高)で寄ったあとは1万480円(200円安)。家庭用ゲーム機の新製品「Wii U」(ウィー・ユー)を米国で18日に先行発売し、本日は、ニューヨークの直営店で約1000人の行列がみられたなど、出足好調の様子が伝えられたものの、昨日まで5日続伸で期待先行高となってきたためか、利食い売り優勢の様子になっている。また、本日の全体相場は、NY株の急伸207ドル高にもかかわらず、日経平均は朝方の約50円高を上値に小動き。衆議院解散後は連日全面高だったこともあり、連騰銘柄には利食いが先行しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

ホンダは先行高したこともありNY株200ドル高に反応鈍い

 ホンダ<7267>(東1)は20日、上値の重い始まりとなり、2608円(6円高)で寄ったあとは2618円(16円高)を上値に2596円(6円安)。NY株式は207ドル高と急伸し、円相場も対ユーロで104円台の円安基調になったものの、直近の全面高相場では先行し、昨日までの3日続伸で一気に300円(約13%)近く急伸したこともあり、上げ一服感が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

三菱商事はNY株の200ドル高など好感し戻り高値を更新

 三菱商事<8058>(東1)は20日、4日続伸の始まりとなり、1540円(7円高)で寄ったあと1548円(15円高)と戻り高値を更新。NY株式が207ドル高と急伸し、円相場も対ユーロで104円台の円安基調になったため、対米交易の活発化などに期待する買いが集まっている。PERは10倍未満。また、1株純資産から見たPBRは0.7倍台で、このところの全体相場上昇によって東証1部銘柄の平均PERが0.9倍になってきたこととの比較で割安感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2012年11月19日

明治ホールディングスが東海地区に生産規模1.5倍の新基幹工場−−引け後のリリース

■機能性ヨーグルトなど拡大

引け後のリリース、明日の1本 明治ホールディングス<2269>(東1)は19日の大引け後、東海地区の牛乳・ヨーグルト・乳飲料などの基幹工場として、現在の愛知工場に代わり、愛知県稲沢市に新工場を建設すると発表した。生産能力は約1.5倍になり、投資額は115億円。2014年4月以降、順次、生産を開始する予定で、同年12月末に現現在の愛知工場(同市)の生産を中止する予定。

 発表によると、同社のヨーグルト・牛乳類を主体とする市乳事業は、主力ブランド商品の育成・拡大を柱としながら、宅配商品や乳飲料なども展開し、中期計画に基づいて、独自性と優位性をもつプロバイオヨーグルト群を中心に積極的な事業の拡大を目指している。

 第2四半期決算では、「R―1」や「LG21」など、機能性の高いヨーグルトが金額ベースで前年同期比3割近く伸びた。関連報道では、供給不足の商品もあり、増産体制を敷くとの幹部談話が伝えられていた。

 本日の株価終値は3615円(50円高)。昨年12月から基調としてジリ高傾向を続け、9月に3905円まで上げた。足元は信用売り残が多く、これだけをみれば株価に慎重派が多い状況。しかし、株価が底堅いため、売り手が買い戻しに転じれば、株高エネルギーに転化する期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:00 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】キヤノンが12月期末に創立75周年の記念配当

■7月以降のもみ合い長く抜けばエネルギー解放高も

 キヤノン<7751>(東1)は19日の大引け後、創立75周年の記念配当を含む今期の配当の見込みを発表し、今12月期の期末配当に記念配当10円を加えて1株当たり70円にするとした。前期末は60円。すでに、中間配当を前期と同額の60円実施しているため、年間では前期比10円増の130円になる。

 本日の株価終値は2817円(120円高)。7月下旬以降は2300円前後から2870円前後の間で下値固め型の横ばい相場となっており、直近は、この横ばいの上限付近で推移。抜け出せば、もみ合いが長かった分だけエネルギーが解放され、チャート観測では3500円前後までの上昇が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ラックランドと日成ビルド工業が商空間の創造などで提携

■株式の一部を市場買い付けで相互保有へ

 店舗の企画設計などを行なうラックランド<9612>(東2)は19日の大引け後、立体駐車場で知られる日成ビルド工業<1916>(東1)との資本業務提携を発表した。商空間の企画・制作で事業拡大を担うラックランドと、流通店舗向けのシステム建築で事業拡大を担う日成ビルド工業が協業することにより、互いの事業シナジーを高め、互いに更なる企業価値の向上をめざす。相互に5000万円を目安として市場買い付けの方法で株式を取得し、具体的な提携内容などは協議の上で推進するとした。

 日成ビルド工業の本日の株価終値は169円(1円安)。10月中旬に個人投資家向け説明会を開催し、ほどなく株価が急伸して198円の高値をつける場面があった。今3月期の予想1株利益は13円57銭。株価はこの高値を抜いて200円になってもPERは14倍台のため、大きな割高感はない。

 ラックランドの本日の株価は売買が成立せず、最終気配値は売り481円・買い474円(16日の終値は475円)。4月に560円の高値をつけて以降は、460円前後から530円前後の幅で高値もみ合いを継続中。10月末に発表した第3四半期決算は好調で、今12月期の予想は、営業利益が前期比87.7%増、純利益は同33.3%増、予想1株利益は32円54銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アイロムやランドビジネスが突出し陽光都市開発も急騰

 19日後場は、円安基調が一服したため、ホンダ<7267>(東1)が高値もみ合いになり、大引けは0.4%高になるなど、輸出関連株は上げ一服商状。代わってセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)が後場一段高となり2.3%高、中外製薬<4519>(東1)も後場一段高となり2.1%高など、内需系の銘柄の動意活発。三井不動産<8801>(東1)は前場高値を更新した後も14時にかけてジリ高になり1.7%高。

 陽光都市開発<8946>(JQS)は単元株採用にともなう株式分割を好感し買い気配のまま14.4%ストップ高を続け、大引けに売買成立。インスペック<6656>(東マ)は台湾大手から半導体関連機器の大口受注を好感し21.5%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は前売買日の前週末に続きアイロムホールディングス<2372>(東1)となり再生医療関連で仕手化とされて大引けに23.2%ストップ高で売買成立、2位はランドビジネス<8944>(東1)の22.9%ストップ%高となり9月期決算が好調で次期内閣での脱デフレ対策などに期待強く3日連続ストップ高、3位は岩崎電気<6924>(東1)の19.5%高となり仕手色がありLED事業などへの期待がいわれて戻り高値、4位はアイフル<8515>(東1)の18.0%高となり14日発表の四半期決算から騰勢を強めて高値更新。

 サンフロンティア不動産<8934>(東1)は13.9%高で3日連続の高値更新となり次期内閣による脱デフレ策期待や一部の積極資金流入の観測がいわれスタート点の2万円前後から5万円に急接近のためここからの上げは最後の仕上げとの見方も。河西工業<7256>(東1)は業績予想の減額修正を織り込みホンダ<7267>(東1)の国内戦略を好感とされて戻り高値の12.5%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース