[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/04)サンコーテクノ165円高、休養十分から内需関連有望で再騰開始
記事一覧 (03/04)イヌイ倉庫は黒田氏の議会証言を材料にストップ高
記事一覧 (03/04)日本エンタープライズは業績への期待や割安感強く出直り拡大
記事一覧 (03/04)サンコーテクノが割安感や五輪招致など材料に高値更新
記事一覧 (03/04)東急不は日銀の次期総裁証言に期待を強め連日高値
記事一覧 (03/04)翻訳センターは株式分割など好感し戻り高値
記事一覧 (03/04)ソニーは特許権の企業保有案など好感し戻り高値
記事一覧 (03/01)【引け後のリリース】象印マホービンが玄米保冷庫を譲り受け総合的な商品開発
記事一覧 (03/01)【注目のリリース】ベルパークは自社株買い積極的で騰勢第2波拡大も
記事一覧 (03/01)【注目のリリース】翻訳センターも株式分割で単元株制度を採用
記事一覧 (03/01)【注目のリリース】そーせいグループが株式分割で単元株制度を採用
記事一覧 (03/01)【注目のリリース】イムラ封筒が決算予想を増額修正し夏の参院選に期待再燃も
記事一覧 (03/01)スズキは2月の「軽」堅調で前日比プラス相場に浮上
記事一覧 (03/01)JR東日本は含み資産株人気が波及し高値更新
記事一覧 (03/01)野村不動産ホールディングスが「議決権の低下」好感し高値更新
記事一覧 (03/01)東急不動産は日銀の政策などに期待再燃し連日高値
記事一覧 (03/01)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングはバイオ株人気に乗りストップ高
記事一覧 (03/01)安田倉庫はストップ高、倉庫株が軒並み高値
記事一覧 (03/01)日本製粉は輸入小麦の価格引き上げ観測など材料に連日高値
記事一覧 (03/01)三菱地所は一段の金融緩和などに期待続き連日高値
2013年03月04日

サンコーテクノ165円高、休養十分から内需関連有望で再騰開始

 しばらく休んでいたサンコーテクノ<3435>(JQS)が、165円高の2555円と急伸、昨年来高値を大きく更新している。2月12日に2434円の高値後、約1ヶ月、高値圏でモミ合っていた。「円安が思ったほど進まず、マーケットの主役は円安関連から内需関連銘柄へ移っている」(中堅証券)という相場の地合いを背景に老朽化対策の有望銘柄として注目されている。トンネルの天井板などの引張荷重確認試験機「テクノテスター」の需要拡大ならびに接着剤系と機械系の両方の良いところを組み合わせた「アンカー」の需要も大きく伸びる見通しだ。予想1株利益172.0円、年35円の好内容から4000円相場は早いものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

イヌイ倉庫は黒田氏の議会証言を材料にストップ高

 イヌイ倉庫<9308>(東2)は4日、朝方にストップ高の873円(150円高)をつけたまま11時を過ぎてもこの値段で買い気配。値上がり率は20.8%となっている。本日は、日銀の次期総裁候補の黒田アジア開発銀行総裁の議会証言に期待があり、大手不動産株や倉庫株などの含み資産株が全面高。イヌイ倉庫は、東京・かちどき地区の再開発にかかわっていることも材料になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 株式投資ニュース

日本エンタープライズは業績への期待や割安感強く出直り拡大

 スマートフォン向け交通・音楽情報などの日本エンタープライズ<4829>(東2)は4日、急反発となり、11時にかけて6%高の1万2200円(680円高)と出直りを強めている。業績が好調で、5月決算に期待がある。株価のPER20倍台には割安感があるようで、1万2000円台回復は3日ぶり。一部では、2001年の新規上場、07年の東証2部上場に続き、東証1部へ昇格の期待もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

サンコーテクノが割安感や五輪招致など材料に高値更新

 コンクリート固定ボルトなどの大手・サンコーテクノ<3435>(JQS)は4日、高値更新の始まりとなり、2420円(30円高)で寄ったあと2455円(65円高)と上値を追っている。トンネルの天井板崩落事故を契機に上昇相場を強め、2月12日に2434円まで上昇。IOC(国際オリンピック委員会)の開催候補地関係者が本日から7日まで来日と伝えられ、老朽化設備の改修などに思惑が再燃したようだ。業績は好調で、PBRは0.7倍台のため、割安感が強い。

>>サンコーテクノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:45 | 株式投資ニュース

東急不は日銀の次期総裁証言に期待を強め連日高値

 東急不動産<8815>(東1)は4日も高値更新に始まりとなり、763円(26円高)で寄ったあと772円(35円高)。日銀の次期総裁になる黒田氏の議会証言に期待があり、大手不動産株や倉庫株が全面高の中、3日続けて2008年来の高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

翻訳センターは株式分割など好感し戻り高値

 医薬・特許関係に強い翻訳センター<2483>(JQS)は4日、急反発で戻り高値に進む始まりとなり、24万8900円(1万3900円高)で売買を開始。1日の大引け後、株式分割と単元株制度の採用を発表したことがストレートに好感された。3月31日を基準日として1株を100株に分割し、売買単位は4月1日を効力発生日として、現在の1株から100株にする(100株売買は3月27日の注文から適用)。最低投資金額は現在と変わらないものの、流通性などの面で売買しやすくなる。

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

ソニーは特許権の企業保有案など好感し戻り高値

 ソニー<6758>(東1)は4日、続伸で戻り高値に進む始まりとなり、1415円(25円高)で始まった後1428円(38円高)。前週末1日の米株式市場で、米預託証券(ADR)が高くなった上、政府が知的財産戦略で現在は従業員が保有している特許権を、出願時点から企業が持つことを認める案を検討、と伝えられたことが好感されている。2月7日に1551円の高値がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2013年03月01日

【引け後のリリース】象印マホービンが玄米保冷庫を譲り受け総合的な商品開発

引け後のリリース、明日の1本 象印マホービン<7965>(大2)は1日の大引け後、日立建機<6305>(東1)グループの日立建機ティエラ(滋賀県甲賀市)から玄米保冷庫の事業を譲り受け、新たに100%出資子会社を設立し、営業を開始すると発表した。新会社は資本金5000万円、象印マホービン100%出資。

 日立建機ティエラ社の玄米保冷庫は、品質の高さからホームセンターでの販売を中心に高い評価を得ており、炊飯ジャーの開発のみならず、より稲作に近い川上の領域にも進出し、総合的な商品開発を行なうことがブランドの進展につながるとした。

 株価は昨年10月からジリ高基調を続け、2月7日に318円まで上げた後も調整が浅く、本日は310円(2円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:41 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ベルパークは自社株買い積極的で騰勢第2波拡大も

■開始早々に上限株数の2割以上を買い付ける

 携帯電話販売代理店のベルパーク<9441>(JQS)は1日の大引け後、自己株式の取得状況(自社株買いの途中経過)を発表。さる2月13日に決議した取得上限株数20万株(取得期間は2月14日から8月30日)の自己株取得を、2月末までで4万5100株実施したとした。取得上限株数の23%を初動段階で買い付けたことになり、積極姿勢が目立つ。なお、上限株数は、発行済み株式総数の3.02%に相当する。

 株価は2月中旬から騰勢第2波に入った形で、本日の終値は2177円(13円安)。昨年11月に1600円前後から2000円前後まで上げ、その後、2月上旬までは微調整。2月中旬から再び上昇し、1800円前後から2200円前後まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:26 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】翻訳センターも株式分割で単元株制度を採用

■アベノミクスは直接効果ないが割安感強まる

 医薬・特許関係に強い翻訳センター<2483>(JQS)は1日の大引け後、株式分割と単元株制度の採用を発表。3月31日を基準日、4月1日を効力発生日として1株を100株に分割し、売買単位は4月1日を効力発生日として、現在の1株から100株にする(100株売買は3月27日の注文から適用)。最低投資金額は現在と変わらない。3月期末配当は分割の効力発生日前のため、分割前の株数を基準に実施する。

 本日の株価終値は23万5000円(2000円高)。円高是正や金融緩和など、アベノミクスによる直接の効果は大きくないため、昨年10月の高値28万6000円をまだ超えていない。ただ、業績は好調で、PERは13倍台のため、JASDAQ銘柄の平均PER17倍台からみて割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】そーせいグループが株式分割で単元株制度を採用

■バイオ株人気の中核的存在で値戻し順調

 創薬ベンチャーのそーせいグループ<4565>(東マ)は1日の大引け後、株式分割と単元株制度の採用を発表。3月31日を基準日として1株を100株に分割し、売買単位は4月1日を効力発生日として、現在の1株から100株にする(100株売買は3月27日の注文から適用)。最低投資金額は現在と変わらない。

 株価は新興市場で続くバイオ株人気の中核的存在。1月に21万円前後から37万500円まで7割以上の急伸となり、2月中旬には26万円前後まで押したものの、持ち直しが順調で、本日は33万円(1万8000円高)となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】イムラ封筒が決算予想を増額修正し夏の参院選に期待再燃も

■メーリングサービス事業の収益回復

 イムラ封筒<3955>(東2)は1日の大引け後、業績予想の増額修正を発表し、2013年1月期の連結業績見込みを、営業利益は従来予想の2倍強の7000万円に引き上げ、純利益は4000万円の赤字予想を4000万円の黒字予想に見直した。売上高の予想は0.1%ほど引き下げた。

 発表によると、第4四半期に官公庁関連需要があった。損益面では、メーリングサービス事業の収益改善に加え、子会社の業績回復もあった。

 同社は、株式市場で選挙関連株として人気化することがあり、夏の参議院選挙に向けて期待する動きがある。1〜2月は、物色の潮流として、インターネットによる選挙活動の解禁期待があったものの、同社株への波及は限定的だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | 株式投資ニュース

スズキは2月の「軽」堅調で前日比プラス相場に浮上

 スズキ<7269>(東1)は1日の後場、持ち直して2226円(9円高)と前日比プラス圏に浮上。軽自動車の業界団体が発表した2月の「軽」国内販売台数は前年同月比0.8%減と伝えられたものの、メーカー別では、スズキが同0.1%増となり、ホンダ<7267>(東1)は同41.0%増。東・北日本では豪雪の時期だったにもかかわらず、健闘を見直す動きが広がった。ホンダも小幅高相場になっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

JR東日本は含み資産株人気が波及し高値更新

 JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)は1日の後場もジリ高基調になり、7090円(250円高)まで上げた後も14時にかけて7000円台で堅調。日銀の新総裁による一段の緩和策に期待が強まり、含み資産株や土地持ち銘柄を買う動きが活発化し、全国の駅前や沿線の土地などを材料に物色の裾野が広がってきたようだ。JR3銘柄はそろって高くなり、JR西日本(西日本旅客鉄道)<9021>(東1)も高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

野村不動産ホールディングスが「議決権の低下」好感し高値更新

 野村證券の野村ホールディングス<8604>(東1)は1日の後場、再び上値を試す動きをみせ、13時にかけて前場の高値543円(11円高)に顔合わせ。昼12時に「子会社の異動」を発表し、野村不動産ホールディングス<3231>(東1)の議決権所有割合が合算対象分で50.9%から36.3%に低下すると発表。売却益などに期待が広がっている。野村不動産ホールディングスの株価は後場寄り直後に下げたものの、13時を過ぎては一気に切り返し、1780円(115円高)と昨年来の高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

東急不動産は日銀の政策などに期待再燃し連日高値

 東急不動産<8815>(東1)は1日も高値更新の相場になり、11時を過ぎては730円(30円高)。日銀総裁の人事案が国会の動意を待つだけとなり、一段の量的緩和策などに期待が再燃。同社は首都圏での事業割合が高いとの見方があり、物価目標2%を受けて、地価の持ち直しなどにも期待が強い。本日は、大手不動産株が軒並み高値に進み、含み資産株として倉庫株なども強い展開になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングはバイオ株人気に乗りストップ高

 再生表皮などのジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>(JQG)は1日、2日ぶりの高値更新となり、一時ストップ高の26万1400円(6万円高)。11時にかけても20.2%高の25万4000円(4万2600円)前後で推移。iPS細胞を使った初の臨床治験を理化学研究所が開始すると伝えられるなど、再生医療の実用化に向けた動きが本格化し、新興市場のバイオ株の中でも値幅妙味の大きい点が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

安田倉庫はストップ高、倉庫株が軒並み高値

 安田倉庫<9324>(東1)は1日も大幅高となり、10時前にはストップ高の876円(150円高)。値上がり率は20.7%で、東証1部銘柄の1位となった。倉庫株の中でも軽量銘柄。日銀総裁の人事が国会の同意を待つだけになり、一段の量的緩和策などに期待が再燃。含み資産株を買う動きが強まった。本日は、三菱倉庫<9301>(東1)三井倉庫<9302>(東1)イヌイ倉庫<9308>(東1)などが軒並み高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

日本製粉は輸入小麦の価格引き上げ観測など材料に連日高値

 日本製粉<2001>(東1)は小幅だが1日も高値更新となり、朝寄り後に409円(1円高)をつけて2011年3月以来の水準を回復した。輸入小麦の価格引き上げ観測が材料視されており、環太平洋経済連携協定(TPP)関連株のひとつとして注目されている。業績は横ばい予想だが、PERは11倍台のため、市場平均からみて割安。また、PBRは0.6倍台で、やはり割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

三菱地所は一段の金融緩和などに期待続き連日高値

 三菱地所<8802>(東1)は1日も昨年来の高値更新となり、2339円(29円高)で寄ったあと2379円(69円高)。日銀の次期トップ人事がほぼ決定の方向になり、一段の緩和策などに期待が続いている。本日は、円相場が強含んでいるため、輸出関連株が総じて軟調。一方、不動産株や倉庫株などが続々高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース