[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/12)本日新規上場のソフトマックスは後場も買い気配のまま好人気
記事一覧 (03/12)【銘柄フラッシュ】モリテックスが急伸し新規上場のソフトマックスは買い気配
記事一覧 (03/12)ツクイは株式分割を好感し急伸だがPERは割安
記事一覧 (03/12)日銀の臨時会合観測でみずほフィナンシャルグループなど高値に進む
記事一覧 (03/11)【引け後のリリース】FJネクストが業績・配当予想を増額し割安感強める
記事一覧 (03/11)【注目のリリース】イチネンホールディングスが3月期末配当を増額修正
記事一覧 (03/11)【注目のリリース】日本駐車場開発がレンタルスキー会社を買収し事業強化
記事一覧 (03/11)【銘柄フラッシュ】澁澤倉庫が一段高となりオーイズミや油研工業も高い
記事一覧 (03/11)神栄は「PM2.5」測定機を材料に4日連続ストップ高
記事一覧 (03/11)カゴメは広告宣伝費の消化か大型広告が話題で高値更新
記事一覧 (03/11)オーイズミはカジノ合法化への期待が強まりストップ高続く
記事一覧 (03/11)日本マクドナルドHLDは月次よりキャンペーンに期待し高値更新
記事一覧 (03/11)【銘柄フラッシュ】リゾートソリューションが急伸し常磐興産や東京都競馬も高い
記事一覧 (03/11)東急動産は一段の金融緩和策などに期待強く高値更新
記事一覧 (03/11)トヨタ自動車が5000円を回復し戻り高値
記事一覧 (03/11)常磐興産は増額修正を好感しストップ高
記事一覧 (03/11)カナモトは決算好調で高値に進み買い戻しも注目
記事一覧 (03/11)ラクーンはソフトバンクや楽天の動向など期待材料に反発
記事一覧 (03/11)HISは第1四半期の2ケタ増益を好感し高値に迫る
記事一覧 (03/08)【引け後のリリース】マツダは人気2車種の工場出荷メドを最短で3月下旬以降などと発表
2013年03月12日

本日新規上場のソフトマックスは後場も買い気配のまま好人気

 東証マザーズに本日新規上場となったソフトマックス<3671>(東マ)は12日の後場も買い気配を上げる好人気となり、前場から売買が成立ないまま、12時40分現在は2340円の買い気配(公開価格は1300円)。電子カルテシステムの開発製造などを行ない、業績は好調で、会社側の2013年12月期の予想(非連結)は、売上高が前期比27.2%増の37.6億円、経常利益は同2.0倍の2.12億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】モリテックスが急伸し新規上場のソフトマックスは買い気配

 12日前場は、円安の再燃を好感し、ホンダ<7267>(東1)が0.1%高ながら3日連続高値。続くようにトヨタ自動車<7203>(東1)の0.2%高など、高値銘柄が続出。日銀の次期総裁が早期に臨時の政策会合との観測が伝えられ、景気敏感株が軒並み高となり、新日鐵住金<5401>(東1)は6.0%高。

 本日新規上場となった電子カルテのソフトマックス<3671>(東マ)は買い気配を上げたまま売買が出来ず、前引けは5200円の買い気配(公開価格は1300円)。公募株数30万株、売出株数は最大27万5000株。

 JT<2914>(東1)は財務省が1株2949円で2億5326万株を売り出すことにも底堅く、朝方の2957円(53円安)を下値に前引けは0.5%安の2996円(14円安)。

 東証1部の値上がり率1位は株価ひとケタのランド<8918>(東1)となり28.6%高、2位はモリテックス<7714>(東1)の26.6%高となり半導体製造装置の関連株に出遅れ物色とされ昨年来の戻り高値、3位はベリサーブ<3724>(東1)の19.4%高となりIT検証サービス拡大などがいわれて2010年来の高値となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:14 | 株式投資ニュース

ツクイは株式分割を好感し急伸だがPERは割安

 ツクイ<2398>(東1)は12日、大幅高で高値更新となり、16.4%高の2274円(321円高)まで上げた後も強調相場を継続。3月末現在の株主に1対2の株主分割を行なうと発表下ことが好感され、11時を過ぎては14.6%高の2240円(287円高)前後で推移している。業績も好調で、今期も連続最高益の見込み。本日は急伸してしまったものの、PERは17倍台のため、市場平均からは割安水準にある。

>>ツクイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

日銀の臨時会合観測でみずほフィナンシャルグループなど高値に進む

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は12日、約1カ月ぶりに高値を更新し、221円(6円高)まで上げた後も10時30分にかけて218円前後で堅調。次期日銀総裁になる黒田アジア開発銀行総裁が就任早々にも臨時の金融政策決定会合を開く可能性があるとされ、一段の緩和策などに期待が強まった。メガバンクは軒並み高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース
2013年03月11日

【引け後のリリース】FJネクストが業績・配当予想を増額し割安感強める

■事業エリアは地価の動き早く期待感

引け後のリリース、明日の1本 ワンルームマンションなどのFJネクスト<8935>(東2)は11日の大引け後、今3月期の連結業績予想・配当予想を増額発表し、営業利益は従来予想を4割増額し38億円の見込みに、純利益は同5割増額し20億円の見込みとした。修正後の予想1株利益は128円51銭。また、配当は、3月期末を従来予想の7円から9円に引き上げた。中間配当も実施しており、年間では前期の14円から16円の増配になる。

 発表によると、ワンルームマンションの販売が計画を上回って推移。販売費や管理費の抑制効果があったこと、などが要因。事業エリアが首都圏の南西部のため、地価が動き出す際はまっ先に波及する可能性があり、アベノミクスによる恩恵を受けやすい期待がある。

 本日の株価終値は840円(11円高)。修正後の予想1株利益からはPER6倍台になり、割安感が強い。また、PBRは0.7倍前後のため、やはり割安感が目立つ水準にある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:56 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】イチネンホールディングスが3月期末配当を増額修正

■業績堅調で年間では3円の上乗せ

 オートリースやメンテナンスのイチネンホールディングス<9619>(東1)は11日の大引け後、今3月期の期末配当金を従来予想の9円から11円の見込みに増額すると発表した。前期末は9円だった。連結業績が堅調に推移しているため。なお、中間配当も前期比1円増の10円を実施済みのため、年間では、前期の18円から21円になる。

 株価は昨年11月の429円を下値に上昇傾向を続け、その後、高値は1月の631円、本日の635円と上値を追う展開になっている。PERは7倍台のため割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本駐車場開発がレンタルスキー会社を買収し事業強化

■スキー場事業は今シーズン黒字化

 日本駐車場開発<2353>(東1)は11日の大引け後、連結子会社の日本スキー場開発(東京都千代田区)が4月30日付けで貸しスキー事業のスパイシー(長野県白馬村)を100%子会社化すると発表した。

 発表によると、スパイシー社は、白馬エリアを中心とするレンタルスキーショップ7店舗を運営しており、白馬エリアでは高いブランドと知名度を持ち、そのブランド力や仕入のノウハウ等の可能性に着目し、日本駐車場開発グループの運営するスキー場との相乗効果を発揮することで、更なるサービスの充実や事業基盤の強化が図れるものと判断した。

 日本駐車場開発は2月27日に第2四半期の連結決算を発表し、売上高は前年同期比23%の増加となり、営業利益は同19%の増加など好調。スキー場事業が黒字に転換した効果も大きく、今期は、買収により運営するスキー場数が6カ所と倍増している。

 株価は2月中旬から2段上げに移行し、3月は、好決算もあって月初の6000円台から騰勢を強め、本日8200円まで上げた。上昇の勢いが強まり、やや過熱感があるものの、株価水準としてはPER19倍台のため、東証1部の平均値20.8倍からは割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】澁澤倉庫が一段高となりオーイズミや油研工業も高い

 11日後場は、澁澤倉庫<9304>(東1)が一段高となり17.7%ストップ高、三井倉庫<9302>(東1)も一段高となり11.2%高など、含み資産株を買う動きが活発化。東日本旅客鉄道<9020>(東1)の5.7%高など、JR3銘柄も駅前や沿線の土地活用という観点で軒並み高値を更新し、京浜急行電鉄<9006>(東1)も3.1%高など、私鉄株も軒並み高値。神栄<3004>(東1)は中国の大気汚染や微小粒子状物質「PM2.5」の関連株と26.1%ストップ高。

 オーイズミ<6428>(東1)が18.7%ストップ高となり、日本金銭機械<6418>(東1)は14.3%高。みずほ証券が「安倍政権で期待されるカジノ合法化」と題するレポートを出したと伝えられ思惑拡大。

 マネースクウェア・ジャパン<8728>(JQS)は外為証拠金取引の拡大期待がいわれて14.3%高と高値に接近。日本テレホン<9425>(JQS)KDDI<9433>(東1)がコールセンター事業を国際的に拡大と伝えられたことがいわれて20.4%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は前引けに続きリゾートソリューション<5261>(東1)の37.9%ストップ高となり株価回復によりゴルフ会員権なども回復とされて高値更新、2位には油研工業<6393>(東1)の37.2%ストップ高が入り円高是正効果のある銘柄で見落とし感があったとかで大幅続伸、3位は常磐興産<9675>(東1)の31.7%ストップ高となり業績予想の増額を好感し高値更新となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:07 | 株式投資ニュース

神栄は「PM2.5」測定機を材料に4日連続ストップ高

 輸出入卸の神栄<3004>(東1)は11日もストップ高気配のまま推移し、14時30分現在は387円(80円高)の気配値のまま、朝から売買が成立していない。中国の大気汚染や微小粒子状物質「PM2.5」の関連株で、仕手株のイメージが強い。2月下旬、グループの神栄テクノロジーが微小粒子状物質「PM2.5」を測定できるPMセンサを開発し発売と発表したことが継続的に材料視され、本日で4日連続ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

カゴメは広告宣伝費の消化か大型広告が話題で高値更新

 カゴメ<2811>(東1)は11日の後場も昨年来の高値を更新したまま堅調に推移し、14時30分にかけては1791円(8円高)前後で推移。信用倍率が1倍を下回り、売り買い拮抗状態で、少々の材料でも大きく動きやすい状態。本日は、日本経済新聞の朝刊13版に1ページ全面広告を合計3ページ載せたことが話題になり、積極姿勢が評価されている。年度末のため、広告宣伝費用の消化といった観測も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:27 | 株式投資ニュース

オーイズミはカジノ合法化への期待が強まりストップ高続く

 遊戯メダル計数機などのオーイズミ<6428>(東1)は11日の後場もストップ高買い気配のまま売買が成立せず、14時現在も634円(100円高)で買い気配。カジノ関連株のひとつで、みずほ証券が「安倍政権で期待されるカジノ合法化」と題するレポートを出したと伝えられたことが材料視されている。今年に入っては、猪瀬東京都知事が東京湾岸を国際観光都市化する構想などに言及したと伝えられて動意を強めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

日本マクドナルドHLDは月次よりキャンペーンに期待し高値更新

 日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQS)は11日の後場も昨年来高値を更新したまま堅調で、13時40分現在は2404円(4円高)。8日に発表した2月の月次動向が今ひとつで、既存店の売上高が前年同月比12.1%減となり、11カ月連続の前年割れだったにもかかわらず、強い値動きとなっている。前年同月比での減少には「慣れ」があるようで、むしろ、現在展開中のキャンペーン効果などに期待があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】リゾートソリューションが急伸し常磐興産や東京都競馬も高い

 11日前場は、輸出関連株から不動産、証券・銀行株などまで軒並み高となり、三井不動産<8801>(東1)は4.8%高となるなど、大手不動産株が軒並み高値。ホンダ<7267>(東1)は2.9%高で2日連続高値。

 含み資産株物色も再燃し、東京都競馬<9672>(東1)は24.9%高、東京ドーム<9681>(東1)は12.8%高、澁澤倉庫<9304>(東1)は11.7%高。

 材料株も動意が強く、中国の大気汚染や「PM2.5」を材料に東亜ディーケーケー<6848>(東2)は14.3%高となり連日高値。ビーマップ<4316>(JQG)は気象会社による無線LAN活用の災害情報システムを連想材料にストップ高。フライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)は資本異動などを材料に3日連続ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位はリゾートソリューション<5261>(東1)の37.9%ストップ高となり株価回復によりゴルフ会員権なども回復とされて高値更新、2位は常磐興産<9675>(東1)の31.7%ストップ高となり業績予想の増額を好感し高値を更新、3位は東京都競馬<9672>(東1)の24.9%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:07 | 株式投資ニュース

東急動産は一段の金融緩和策などに期待強く高値更新

 東急不動産<8815>(東1)は11日、高値更新となり、朝方に815円(19円高)まで上げた後も11時にかけて812円(16円高)前後で堅調推移。現在の日銀総裁が3月19日で退任し、新体制に移行と伝えられ、一段の緩和策などに期待が再燃している。800円台は2008年5月以来。本日は、三井不動産<8801>(東1)をはじめ大手不動産株が軒並み高値に進んでおり、政策期待相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が5000円を回復し戻り高値

 トヨタ自動車<7203>(東1)は11日、続伸となり、11時30分にかけて何度か5000円(90円高)まで上げて2月12日以来の5000円を回復。この日につけた昨年来の高値5050円に次いで戻り高値に進んだ。NYダウの1万4000ドル台や円安基調などを好感。ホンダ<7267>(東1)が2日続けて高値に進むなど、自動車株が全体に強いため、出遅れ感が強まっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

常磐興産は増額修正を好感しストップ高

 常磐興産<9675>(東1)は11日、大幅高で高値更新となり、185円(27円高)で寄ったあとストップ高の208円(50円高)。8日に発表した第3四半期決算(2012年4月〜12月)が前年同期比で完全黒字に浮上し、今3月期の予想を増額修正したことが好感された。増額後の今期予想1株利益は15円99銭。PERは株価200円で12.5倍のため、市場平均からの割安感が目立つ。200円台は2008年6月以来になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

カナモトは決算好調で高値に進み買い戻しも注目

 建機レンタルのカナモト<9678>(東1)は11日、大幅高で高値更新の始まりとなり、1723円(230円高)で寄ったあと17.5%高の1755円(262円高)。8日に発表した第1四半期の連結決算(2012年11月〜13年1月)が好調で、朝方は東証1部の値上がり率3位前後に入った。第1四半期の連結売上高は、前年同月比37.2%増加し、営業利益は同67.5%の増加。信用売り残が多いまま高値に進んだため、買い戻しの増加も注目されている。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

ラクーンはソフトバンクや楽天の動向など期待材料に反発

 ネット卸サイトの大手ラクーン<3031>(東マ)は11日、反発の始まりとなり、9万8700円(4000円高)で寄ったあと9万9000円(4300円高)。値上がり率は5%程度ながら、東証マザーズの4位前後にはいる場面があった。前週後半から、ソフトバンク<9984>(東1)が米電子決済大手ペイパルと日本でサービスを拡大することや、楽天<4755>(JQS)が4月をメドにネット通販などで付与するポイントを実店舗にも拡大することが伝えられ、電子商取引市場の拡大を期待する様子がある。株価は2月25日に10万円台の高値がある。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

HISは第1四半期の2ケタ増益を好感し高値に迫る

 エイチ・アイ・エス<9603>(東1)は11日、続伸の始まりとなり、4005円(70円高)で寄ったあとも4010円と堅調。前週末売買日の8日に発表した第1四半期の連結決算(2012年11月〜13年1月)が好調で、これを発表した8日14時からの上げ相場を週明けも持続する始まりになった。売上高は前年同期比14.6%増の1084億円、営業利益は同30.3%増の32.6億円。日中間の冷却は影響したものの、他のアジア圏向けや欧米向けなどが好調。株価は、昨日の大引けにかけて4050円まで上げ、昨年来の高値。本日もこれを上抜くか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2013年03月08日

【引け後のリリース】マツダは人気2車種の工場出荷メドを最短で3月下旬以降などと発表

 マツダ<7261>(東1)は8日の大引け後、人気車種「アテンザ」と「CX−5」の工場出荷メドを発表。3月8日時点で注文する場合、アテンザは、ディーゼル搭載車が平成25年4月下旬〜5月以降、ガソリン搭載車が平成25年3月下旬以降になり、また、CX−5は、ディーゼル搭載車平成25年5月以降、ガソリン搭載車平成25年4月以降になる
とした。CX―5は、3月8日の立ち上がりを予定していた本社工場(広島市)の生産ラインの能力増強を前倒しし、22日から開始したと伝えられている。

 本日の株価終値は310円(17円高)。2月7日につけた昨年来の高値334円に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:57 | 株式投資ニュース