[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/04)ジオスターはトンネルや橋梁などの劣化を材料に戻り高値
記事一覧 (12/04)第一カッター興業が高速道などの劣化修理の思惑強め上値追う
記事一覧 (12/04)ファーストリテイリングは大引け後の月次動向を気にし様子見
記事一覧 (12/04)明治ホールディングスは投資判断を材料に後場、次第に持ち直す
記事一覧 (12/04)エスプール 障がい者雇用支援サービスは3年目を迎えて黒字化
記事一覧 (12/04)ハニーズは月次動向を手控えるが後場は下げ止まる
記事一覧 (12/04)大和ハウス工業は消費増税前の需要などに期待続き高値更新
記事一覧 (12/04)カルビーがインドネシア合弁会社を好感し4日ぶり反発
記事一覧 (12/04)ホンダは11月の米自動車販売が好調で売買代金1位
記事一覧 (12/04)伊藤園は増額修正を好感し出直り強める
記事一覧 (12/04)ピジョンは今期2度目の増額修正を好感し高値更新
記事一覧 (12/04)日本橋梁は首都高の劣化対策など材料に連日活況高
記事一覧 (12/04)シャープは米クアルコムの出資観測を好感し出来高2位の活況高
記事一覧 (12/04)サンコーテクノ 中央自動車道笹子トンネル事故で注目集まる
記事一覧 (12/03)一六堂は新株発行増資なしで東証1部に昇格を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (12/03)【注目のリリース】早稲田アカデミーは1部昇格増資で突っ込み買い好機
記事一覧 (12/03)カンロが100周年記念配当など好感し後場急伸
記事一覧 (12/03)日本橋梁は笹子トンネルの事故を機に首都高の劣化も材料に一段高
記事一覧 (12/03)ミツウロコ急伸、好内容で人気性から師走相場向き銘柄
記事一覧 (12/03)丹青社は収益上ぶれ観測を好感し高値を更新
2012年12月04日

ジオスターはトンネルや橋梁などの劣化を材料に戻り高値

 トンネル工事にも実績のあるジオスター<5282>(東2)は4日の後場一段高となり、14時30分にかけて14%高の191円(24円高)まで上げて戻り高値更新となった。笹子トンネルの事故を機に、全国のトンネルや橋梁、高速道路などの劣化が問題になり、期待や思惑が強まった。190円台回復は7月17日以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | 株式投資ニュース

第一カッター興業が高速道などの劣化修理の思惑強め上値追う

 コンクリート裁断などの第一カッター興業<1716>(JQS)は4日の後場ジリ高となり、14時30分過ぎに5.2%高の689円(34円高)と本日の現在高。笹子トンネルの事故を機に、全国のトンネルや橋梁、高速道路などの劣化が問題になり、修理需要増加の期待が強まっている。昨日730円まで急伸した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは大引け後の月次動向を気にし様子見

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は後場も小反落模様のまま小動きになり、14時には1万8760円(250円安)。本日の大引け後に11月の月次動向を発表する予定とされ、同社株の場合、数字が良くても「織り込み済み」「もの足りなさ」などから売られるケースがあるため、様子見となっている。昨日1万9090円まで上げて年初来の高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

明治ホールディングスは投資判断を材料に後場、次第に持ち直す

 明治ホールディングス<2269>(東1)は4日の後場、次第に持ち直し、3675円(20円高)と堅調相場に転換する場面をみせて13時40分過ぎは3655円(前日比変わらず)。朝方は3600円まで軟化する相場だったものの、野村証券が投資判断「ニュートラル」(中立)でカバレッジを再開し、向こう12カ月間の目標株価を3800円に設定したと伝えられ、戻り足に転じた。直近の安値安は11月12日の3515円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

エスプール 障がい者雇用支援サービスは3年目を迎えて黒字化

■「わーくはぴねす農園」が運営する2棟のビニールハウスの農園は完売

 人材派遣のエスプール<2471>(JQS)が行っている障がい者雇用支援サービスは3年目を迎えて、黒字となった模様だ。

 千葉県市原市に同社の子会社「わーくはぴねす農園」が運営する2棟のビニールハウスの農園は完売となり、20名ほどの障がい者が働いている。現在3、4棟目を手掛けていて、既にそのうちの3割は企業から受注済みである。

 従業員が300名を超える企業は、従業員の1.8%は障がい者を雇用することが義務付けられている。この規則を守らない場合は、1人当たり60万円の罰金が科されることになっている。もし、その後も改善命令に従わない場合は、法務省のホームページに会社名を公表されたり、入札に参加出来なくなったりする罰則がある。しかも、来年4月1日からは1.8%から2.0%にアップすることから、同社の障がい者雇用支援サービスの需要はさらに高まるものと予想される。

 また、農園で働く障がい者の教育を行うことで、3か月の教育期間中は、国より障がい者就労移行支援として補助金をもらえる制度があり、「わーくはぴねす農園」では障がい者の教育を行っている。さらに、教育が終了すると企業が買い取った区画での就労ができることから、企業にとっても障がい者にとってもありがたい結果といえる。

 同社では、千葉県で10棟までのニーズはあると見込んでいる。それ以降は、近畿圏、関西圏の企業からも問い合わせがあることから、名古屋、大阪で農園を運営する計画。

>>エスプールのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

ハニーズは月次動向を手控えるが後場は下げ止まる

 レディスアパレルのハニーズ<2792>(東1)は4日の後場、下げ止まる動きになり、13時10分には1191円(53円安)前後で推移。昨日発表した11月の月次動向が既存店の売上高で0.4%の増加にとどまったため、前場は1181円(63円安)まで下げたものの、午後は持ち直す動きになった。本日、1200円を回復して終われば、もみあい割れは回避する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

大和ハウス工業は消費増税前の需要などに期待続き高値更新

 大和ハウス工業<1925>(東1)は4日の後場も高値更新の水準で堅調に始まり、12時55分には1280円(10円高)。自動車株や電機・精密株が高安混在の上げ一服基調のため、内需関連株で消費増税前の需要が見込める同社株を買う動きが強く、前場は1286円まで上げて年初来の高値を更新。ドイツ証券が11月27日付けで目標株価を1400円から1500円に引き上げたと伝えられたことなども引き続き期待材料のようだ。来年は、駆け込み需要を本格的に映す相場が期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

カルビーがインドネシア合弁会社を好感し4日ぶり反発

 カルビー<2229>(東1)は4日、反発となり、11時にかけては6850円(150円高)前後で推移。昨日、インドネシアにスナック菓子の合弁会社を設立すると発表、材料視された。株価は11月5日の7530円を高値に調整基調。同26日の6620円を下値に持ち直しており、製品回収の問題は消化済みとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

ホンダは11月の米自動車販売が好調で売買代金1位

 ホンダ<7267>(東1)は4日、反発となり、10時45分には2752円(52円高)の現在高となって東証1部の売買代金1位。昨日、米国で発表された11月の米自動車販売台数が前年同月比39%増加し、韓国・現代自動車の同8%増やGMの同3%増、フォードの同6.5%増などを大きく上回ったことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

伊藤園は増額修正を好感し出直り強める

 伊藤園<2593>(東1)は4日、次第に出直る始まりとなり、1530円(5円高)で寄ったあと1568円(43円高)と続伸。昨日、今4月期の売上高の予想などを増額修正したことを好感。10月26日以来の1550円台回復となった。連結売上高の予想は3826億円から4010億円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 株式投資ニュース

ピジョンは今期2度目の増額修正を好感し高値更新

 育児用品のピジョン<7956>(東1)は4日、年初来の高値に進む始まりとなり、3815円(140円高)で寄ったあとは3925円(250円高)。昨日の大引け後に発表した四半期決算で、今1月期の業績予想を増額修正したことがストレートに好感された。通期予想の増額は今期2度目。連結経常利益は61億円から65億円とし、前期比では32%の増加。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

日本橋梁は首都高の劣化対策など材料に連日活況高

 日本橋梁<5912>(東1)は4日も一段高の始まりとなり、384円(32円高)で寄ったあと391円と戻り高値を更新。東証1部の出来高3位前後の活況高。仕手色が強く、中央高速道の笹子トンネルで発生した事故を受け、首都高速道の経年劣化などを思惑要因に買い進む動きが活発化した。最近は、サクラダ<5917>(東1・整理)の破産手続きを手掛かりに「残存者利益」を材料視する動きもあり、仕手系株としては材料の連打になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

シャープは米クアルコムの出資観測を好感し出来高2位の活況高

 シャープ<6753>(東1)は4日、続伸の始まりとなり、174円(2円高)で寄ったあと175円(3円高)。米半導体大手クアルコムと次世代パネルを共同開発し、最大100億円の出資を受ける方向と通信社などが伝えたことを好感。朝方は東証1部の出来高2位の活況となった。ロイター通信の報道では、早ければ年内にもクアルコムが第三者割当増資で一部を引き受けるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

サンコーテクノ 中央自動車道笹子トンネル事故で注目集まる

■同社が開発したオールアンカーは、一旦打ち込むと全く外れない強度を持つアンカー

 天井板が崩落した中央自動車道笹子トンネル事故は3日、9人が遺体で見つかる大惨事となった。天井板が崩落した原因は、天井板を吊り下げていたアンカーが抜け落ちたことによる。しかも、笹子トンネルと同じつり下げ式天井板のトンネルが全国の有料道路と国道に計49本あることから、早急な対応が必要とされている。

 そのよう状況で、オールアンカーのサンコーテクノ<3435>(JQS)に注目が集まっている。

 同社が開発したオールアンカーは、先端部が開口することで、一旦アンカーを打ち込むと全く外れない強度を持つアンカーである。このアンカーが開発されたことで、工事現場の安全性と、工期の短縮が実現した画期的な製品。同社のほうでは、現在のところコメントを差し控えているが、今後の推移が注目される。

>>サンコーテクノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:54 | 株式投資ニュース
2012年12月03日

一六堂は新株発行増資なしで東証1部に昇格を発表−−引け後のリリース

■業績好調で好感高後の押し目を買う余裕も

引け後のリリース、明日の1本 居酒屋チェーンなどを展開する一六堂<3366>(東2)は3日の大引け後、東京証券取引所から東証1部銘柄の指定を受け、12月10日から東証1部での売買になると発表した。これにともなう新株発行増資などによる資金調達には言及しなかった。

 10月初に発表した第2四半期決算(3〜8月)は好調で、連結売上高は前年同期比9.0%増加、営業利益は同62.1%増加。今2月期の見込みは、売上高が前期比6.7%増、営業利益が同19.4%増、純利益は同53.1%増とした。

 本日の株価終値は535円(7円高)。9月の400円前後を下値に上昇相場を形成し、高値は本日つけた536円。新株発行増資を行なわないため、需給緩和を嫌う売りはなく、株価指数採用期待の買いが先行する可能性が大。業績は好調なため、これに乗り遅れた場合でも、深追いせずに反落場面を待つ余裕がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】早稲田アカデミーは1部昇格増資で突っ込み買い好機

■6月から9月の下値もみ合い水準に注目

 早稲田アカデミー<4718>(東2)は3日の大引け後、東京証券取引所から東証1部銘柄の指定を受け、12月25日から東証1部での売買になると発表。同時に、公募増資により122万株の新株発行などを行ない、手取り概算で上限9億1525万円の資金調達を行なうと発表した。公募・売り出し価格の決定は、12月11日から14日までの間。発行株数は約20%増加する。

 本日の株価終値は741円(1円高)。6月から9月にかけて710円前後を下値にもみあい、出直り基調。発行株数が約20%増加する分、明日は株式価値の希薄化を織り込む下げが先行することになるものの、6月から9月にかけてのモミ合い水準が下支えになるとの予想がある。新規投資なら突っ込み買いの好機といえ、既存株主にとってはしばらく我慢するか、下値での買い増しが良策といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

カンロが100周年記念配当など好感し後場急伸

 のどあめのカンロ<2216>(東2)は3日の後場、急動意となり、後場寄り値の399円(4円高)から13時30分過ぎに417円(22円高)をつけて年初来の高値に進んだ。13時に創業100周年の記念配当と自己株の取得・消却を発表したことが好感された。創業100周年の記念配当は、11月10日に100周年を迎えたため、今12月期末の配当に1株当たり4円を実施し、普通配と合わせて10円にする。前期は6円だった。業績見込みは今ひとつだが、12月期末配当10円は、株価が400円で利回り2.5%になり、500円まで上げても2.0%の高利回りになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

日本橋梁は笹子トンネルの事故を機に首都高の劣化も材料に一段高

 日本橋梁<5912>(東1)は3日の後場寄りに一段上値を追い369円(77円高)まで上げ、13時30分にかけても21%高の354円(62円高)。戻り高値に進み、東証1部の値上がり率1位となっている。仕手色が強く、中央高速道の笹子トンネルで発生した事故を受け、首都高速道の経年劣化などを思惑要因に買い進む動きが活発化した。最近は、サクラダ<5917>(東1・整理)の破産手続きを手掛かりに「残存者利益」を材料視する動きもあり、仕手系株としては材料の連打になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

ミツウロコ急伸、好内容で人気性から師走相場向き銘柄

 ミツウロコグループ<8141>(東1)が29円高の489円と急伸している。これで、去る11月15日につけた年初来安値423円から15%強の上昇だ。安値時点で出来高が急増し、いわゆる『安値の大出来』となって底打ちした。業績は堅調で今期予想1株利益は26.0円、配当は年15円という内容。適度に市場人気も備え、シーズンストックとして師走相場にマッチした銘柄として注目されたようだ。500円手前にある30日線を抜くようなら550円程度は見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

丹青社は収益上ぶれ観測を好感し高値を更新

 店舗内装などの大手・丹青社<9743>(東1)は3日の前場275円(24円高)まで上げて年初来の高値を約3カ月ぶりに更新し、前引けにかけても270円(19円高)前後で堅調。2〜10月期の連結営業利益が前年同期比3割増の15億円程度になった模様と1日付の日本経済新聞で伝えられ、会社側の想定を4割強上回ることになるため、期待が強まった。第3四半期の決算発表は12月7日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース