[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/26)免疫生物研究所は「日々公表」指定にもかかわらず連日高値
記事一覧 (02/26)ホンダは急激な円高でも底堅く引き続き穏やかな調整の範囲
記事一覧 (02/26)鳥羽洋行は高値に迫り輸出株が総見送りの中で割安感など見直す
記事一覧 (02/26)ソニーは急激な円高とNY急落で反落するが朝寄り後は底堅い
記事一覧 (02/26)東京一番フーズは業績好調で輸出株からの資金流入交えて反発
記事一覧 (02/26)アーバネットコーポレーション 第三者割当の新株予約権発行の払い込みが完了
記事一覧 (02/25)【引け後のリリース】東海東京フィナンシャル・ホールディングスが株主優待
記事一覧 (02/25)【注目のリリース】テクマトリックスが自己株取得ほぼ満額終了し「次」に期待
記事一覧 (02/25)【注目のリリース】JTは政府保有株の売り出し前に自己株を取得
記事一覧 (02/25)ニチレイもTPP参加の効果などに期待強まり高値更新
記事一覧 (02/25)丸山製作所がTPP参加を想定しストップ高で値上がり率1位
記事一覧 (02/25)上げ足加速のインフォマート、業績絶好調でここから1000円高も
記事一覧 (02/25)川崎汽船はTPPへの期待に加え目標株価も材料に高値更新
記事一覧 (02/25)山崎製パンはTPP参加のコスト低下など注目され高値更新
記事一覧 (02/25)日柄調整十分の東洋建設出直る、アベノミクス相場2章始まる
記事一覧 (02/25)割安顕著のアルコニックス出直る、利回り3%台後半、低PER
記事一覧 (02/25)カッパ・クリエイトは配当・株主優待の最終日で午後も堅調
記事一覧 (02/25)ラクオリア創薬が欧州での特許を好感しストップ高気配
記事一覧 (02/25)オリエンタルランドは買い戻し増加の期待あり連日高値
記事一覧 (02/25)陽光都市開発は一段の金融緩和に期待強まり持ち直す
2013年02月26日

免疫生物研究所は「日々公表」指定にもかかわらず連日高値

 免疫生物研究所<4570>(JQG)は26日も大幅続伸で高値更新となり、10時を過ぎては1万30100円(2710円高)前後で推移。iPS細胞、再生医療関連株として2月中旬から値幅妙味を強める相場になり、本日は、朝のTV報道で理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらが、iPS細胞による加齢黄斑変性の臨床研究に着手すると伝えられたことが刺激剤になったようだ。人気過熱気味のため、大証が26日から日々公表銘柄に指定したものの、強さを継続。今3月期は経常利益を64%増加と見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

ホンダは急激な円高でも底堅く引き続き穏やかな調整の範囲

 ホンダ<7267>(東1)は26日、底堅い始まりとなり、3400円(125円安)で寄ったあとは3390円を下値に売買交錯。9時40分現在は3445円前後で推移。円相場がイタリア総選挙を受けて一転、円高になり、NY株式が216ドル安と急落した割には下値の固い相場になっている。2月12日に3620円の昨年来高値をつけたあとは調整基調で、一時3350円まで下値を試した。本日は、この下値を保っているため、特段、不穏な動きはなく、引き続き、穏やかな調整の範囲にとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

鳥羽洋行は高値に迫り輸出株が総見送りの中で割安感など見直す

 精密機械商社の鳥羽洋行<7472>(JQS)は26日、反発の始まりとなり、1995円(61円高)で売買を開始。東証1部の輸出株が急激な円高とNY株式の急落を受けて総見送り商状のため、好業績や、PBR0.7倍台の割安感などを見直す買いが集まったようだ。昨年来の高値は2月19日の2000円。これに急接近となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

ソニーは急激な円高とNY急落で反落するが朝寄り後は底堅い

 ソニー<6758>(東1)は26日、反落の始まりとなり、1287円(53円安)で寄ったあと1300円前後で推移。イタリア総選挙を受けてユーロが急落し、NY株式が216ドル安と急落。円相場も海外から一転、円高になったため、見送りムードで始まった。ただ、朝寄り後は底堅く、1283円(57円安)を下値に1300円を回復している。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

東京一番フーズは業績好調で輸出株からの資金流入交えて反発

 東京一番フーズ<3067>(東マ)は26日、反発の始まりとなり、2万2490円(490円高)で寄ったあとも2万2480円前後でしっかり。業績が好調で、円相場の急反発を受け、自動車、電機・精密株など東証1部の主力銘柄が軒並み安い始まりになったため、内需系の好業績株に資金がシフトしているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

アーバネットコーポレーション 第三者割当の新株予約権発行の払い込みが完了

■予想PER6.1倍、配当利回り2.0%と割安であることから、2月4日の年初来最高値5万9700円奪回が予想される

 投資用ワンルームマンションのアーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は25日、第三者割当の新株予約権の発行の払い込みが完了したことを発表した。

 割当先は、マイルストーン・キャピタル・マネジメント。新株予約権株数は9,900株、行使価格固定型となっていて、行使価格は5万876円。その結果、資金調達額は5億7百万円となる。行使請求期間は13年2月25日から15年2月24日までとなっている。

 同社では、事業が順調に拡大しているが、更に今後の事業拡大策を積極的に推進するために、手元資金10億円に加え5億円の資金を確保することで、開発用土地仕入れを強化して業容拡大をする計画。

 今期も業績は順調で、同日発表された第2四半期業績は35億37百万円(前年同期比165.9%増)、営業利益4億36百万円(前年同期△1億93百万円)、経常利益3億86百万円(同△1億65百万円)、純利益5億13百万円(同△1億66百万円)と大幅増収増益。

 25日の株価は1,450円高の4万8,550円。予想PER6.1倍(今期予想1株当り純利益7,833円97銭で算出)、配当利回り2.0%と割安であることから、2月4日の年初来最高値5万9700円奪回が予想される。

>>アーバネットコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:58 | 株式投資ニュース
2013年02月25日

【引け後のリリース】東海東京フィナンシャル・ホールディングスが株主優待

■配当の増額と売買単位の引き下げも発表

引け後のリリース、明日の1本 東海東京証券などの東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>(東1)は25日の大引け後、今3月期末の配当予想を12円(前期は4円)にするとともに、株主優待制度の導入と売買単位の引き下げを発表した。株主優待は、この3月期末の株主から、毎年3月31日現在の株主に、保有株数に応じた金額で地域の名産品などを選べるカタログギフトを贈呈する。

 売買単位の変更は、現在の1000株を4月1日から100株に引き下げ、投資しやすい環境を整備し、流通性の向上や投資家層の更なる拡大をはかる。

 本日の株価終値は517円(9円高)。日銀の次期総裁や副総裁の人事が固まり、一段の金融緩和観測が再燃し、円安が進み、不動産株やなどが活況高。証券株は、こうした相場では初同期と最終盤に動く傾向があるため、期待買いが活発だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】テクマトリックスが自己株取得ほぼ満額終了し「次」に期待

■2月12日から東証1部になり組み入れ需要

 情報セキュリティなどのテクマトリックス<3762>(東1)は25日の大引け後、昨年12月から開始した自己株取得(自社株買い)が、取得上限株数の約94%に達し、2月22日に終了したと発表した。取得した株数は、上限株数のほぼ満額取得となり、「次」に期待を残す形になった。

 本日の株価終値は15万8,000円(8,500円高)。2月12日付けで東証2部から同1部銘柄に指定替え(昇格)になった。約1ヵ月後には、東証1部全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)の算出対象になるため、投資信託などからの買い需要に期待が続いている。

>>テクマトリックスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】JTは政府保有株の売り出し前に自己株を取得

■国内売り出し分は自社株買いで消化される形

 JT(日本たばこ産業)<2914>(東1)は25日の大引け後、財務大臣を売り出し人とする同社株式(政府保有株)の売り出し(国内1億9166万6600株、海外1億4166万6600株、合計3億3333万3200株)、および、自己株の取得(自社株買い)1億1800万株(保有自己株を除く発行済み株式総数の6.2%)を発表した。国内・海外の最終的な売り出し株数は、売り出し価格決定日(3月11日から13日のいずれかの日)に、需要状況などを勘案の上、売出人が決定する予定。

 一方、自己株の取得(自社株買い)は、1億1800万株を上限に、2月27日から3月8日の間に東証の立会い外買い付けシステム「ToSTNeT−3」で買い付ける。

 本日の株価終値は2901円(41円高)。政府保有株の売り出しが株式需給に与える影響は、単純計算で、国内売り出し分については、ほとんど自社株買いによって消化される形。株価は2月6日に3110円の昨年来高値をつけたあと、中旬に政府保有株の売り出し観測が流れ、20日に2752円まで下げる場面があった。その後、持ち直しているため、影響はある程度、織り込まれてきたと見ることができる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | 株式投資ニュース

ニチレイもTPP参加の効果などに期待強まり高値更新

 ニチレイ<2871>(東1)は25日の後場もジリ高となり、14時30分を過ぎて504円(26円高)まで上げ、2008年10月以来の500円台回復となった。日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する場合、冷蔵倉庫の需要も拡大すると大手証券の週明けのリポートが伝えたことを材料視。PERは16倍台で市場平均より低いため、買いやすさがあったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:01 | 株式投資ニュース

丸山製作所がTPP参加を想定しストップ高で値上がり率1位

 噴霧機などの大手・丸山製作所<6316>(東1)は25日も急伸となり、後場、14時20分にかけてストップ高の296円(80円高)に達した。仕手色の強い銘柄で、前週後半は、安倍首相が農業を成長産業として伸ばしたい意向を示したことを好感し、本日は、日本がTPP(環太平洋経済連携協定)参加に向けて前進したことが材料になった模様。ストップ高での値上がり率は37.0%で、この時間帯は東証1部の値上がり率1位となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

上げ足加速のインフォマート、業績絶好調でここから1000円高も

 上げ足加速のインフォマート<2492>(東マ・売買単位100株)は、この日も94円高の1647円と昨年来高値を大きく更新している。昨年暮れからだけでも約5割の急伸となっている。

 このほど発表の2012年12月期は13.9%増収、営業利益25.5%増益と絶好調。今12月期も16.0%増収、営業利益22.3%増益、1株利益80.4円の見通し。配当は年42.25円の予定。「ASP受発注システム」、「ASP規格書システム」が引き続き好調に推移している。

 昨年秋に株式200分割を実施。権利修正チャートでは2006年8月の3100円が見込まれる展開となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

川崎汽船はTPPへの期待に加え目標株価も材料に高値更新

 川崎汽船<9107>(東1)は25日の後場一段上値を追い、207円(25円高)まで上げて2月8日以来の昨年来高値更新。14時現在も12.6%高の205円(23円高)前後で推移し、東証1部の値上がり率6位前後に入っている。円安効果への期待や、日本がTPP(環太平洋経済連携協定)に参加する場合の荷動き活発化などに期待が強まったようだ。海運株が軒並み高い中で、川崎汽船には、モルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を100円から360円に引き上げたと個別の材料もあり、商船三井<9104>(東1)の4%高などを大きく上回る値上がりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

山崎製パンはTPP参加のコスト低下など注目され高値更新

 山崎製パン<2212>(東1)は朝方に高値を更新して1105円(15円高)をつけた後も堅調で、13時50分にかけても1100円(10円高)前後で推移。野村證券のリポートで、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する場合、小麦やバター、砂糖などを使う食料品業種にコスト低下効果のプラス影響が指摘されたことを材料に、3営業日ぶりの戻り高値更新となった。同様の見地から、日清製粉グループ本社<2002>(東1)は4.7%高の1200円(53円高)、保管倉庫にもプラスとされてニチレイ<2871>(東1)は4.8%高の501円(23円高)、コメも例外なしならとヤマタネ<9305>(東1)は9.0%高の158円(13円高)、などとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

日柄調整十分の東洋建設出直る、アベノミクス相場2章始まる

 公共投資関連の東洋建設<1890>(東1・売買単位100株)が再び300円に接近、出直っている。1月10日にアベノミクス相場第1章で332円まで買われていた。273円で調整を終え、高値からの日柄もほぼ2ヶ月を経過し出番を迎えたようだ。とくに、新しい日銀総裁がまもなく決まることで、アベノミクス相場第2章ということである。権利修正チャートでみれば昨年4月以来となる400円が見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

割安顕著のアルコニックス出直る、利回り3%台後半、低PER

 指標割安顕著のアルコニックス<3036>(東1・売買単位100株)が、1600円台に買われ出直っている。欧州、中国経済の停滞で市況軟調等から今期減益見通しながら、予想1株利益251.8円、配当年60円と優秀で利回りは3.7%ていどと高く、PER6倍台にすぎない。

 今後、内外の景気上向きから業績への期待大きく、2011年の2489円を一気に奪回するのは難しいとしても1年ぶりとなる2000円台回復は十分期待できるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:36 | 株式投資ニュース

カッパ・クリエイトは配当・株主優待の最終日で午後も堅調

 カッパ・クリエイト<7421>(東1)は25日の後場も堅調で、13時20分を過ぎては2045円(7円高)前後。前場の高値2048円に迫る強もみ合いとなっている。回転寿司の大手。2月決算で、配当や株主優待の食事券を入手するには、本日・25日が買い注文の最終日(権利付最終日)のため、配当や優待を目的に買い付ける動きがあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:27 | 株式投資ニュース

ラクオリア創薬が欧州での特許を好感しストップ高気配

 ラクオリア創薬<4579>(JQG)は25日の前場、買い気配のままストップ高の753円(100円高)に達し、11時20分現在、まだ売買が成立していない。22日の大引け後、慢性炎症性疼痛をはじめ、急性痛、がん、自己免疫疾患に有効性が期待される「EP4拮抗薬」が欧州で特許を取得したと発表したことが材料視されている。また、本日は、日銀の次期総裁人事によって一段に金融緩和期待が再燃し、円安が進み、日経平均が1万1600円台の高値を更新するなど、主力株が活況。余裕資金が新興市場に流入する期待も再燃し、材料株や好業績株が軒並み高くなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

オリエンタルランドは買い戻し増加の期待あり連日高値

 オリエンタルランド<4661>(東1)は25日、連日の高値更新となり、1万3450円(220円高)まで上げて11時を過ぎても1万3380円(150円高)前後で推移。業績は好調で、信用売り残に逆日歩が発生するため、買い戻しが入りやすい状態。日経平均の200円高、1万1600円台乗せといった全体相場の再騰をみて、買い戻しが増加しているとの見方もある。買い戻しが膨れた場合は一気に1万4000円台に達する可能性があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

陽光都市開発は一段の金融緩和に期待強まり持ち直す

 陽光都市開発<8946>(JQS)は25日、底堅い始まりとなり、118円(3円安)を下値に10時過ぎには120円と持ち直した。業績は好調。日銀の次期総裁人事を巡って一段の金融緩和に期待が強まる中で、本日の不動産関連株は、まず機関投資家好みの三井不動産<8801>(東1)と、個人投資家好みのサンフロンティア不動産<8934>(東1)が高値を更新。物色の波及が注目されている。前12月期の本決算は営業・経常・純利益とも黒字に転換し、今12月期は減益の予想としたものの、政策に乗るため、予想を上ぶれる期待は根強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース