[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/19)パシフィックネットは好業績・低PERなど見直され出直り強める
記事一覧 (02/19)クボタは首相の農業成長産業化を好感し高値に迫る
記事一覧 (02/19)フライトシステムは米アマゾンの拡大を連想材料に値上がり率3位
記事一覧 (02/19)重松製作所が「PM2.5」を材料に続伸し「全値戻し」の期待
記事一覧 (02/19)ブリヂストンは決算好調で買い気配のまま連日高値
記事一覧 (02/19)利回り4%のパシフィックネット
記事一覧 (02/18)【引け後のリリース】西菱電機がスマホなど好調で業績・配当予想を増額
記事一覧 (02/18)【注目のリリース】グリーの自社株買いは期間約1カ月間の速攻型
記事一覧 (02/18)【注目のリリース】ランドビジネスが3月末に株式分割を行ない単元株採用へ
記事一覧 (02/18)旭化成がアクリロニトリル最新拠点と需給妙味で高値に進む
記事一覧 (02/18)マーベラスAQLは下値メドつかめた安心感あり4万円台を回復
記事一覧 (02/18)高利回りの第一実業切り返す、500円でもなお利回り3%超
記事一覧 (02/18)ナノキャリアが欧州で新薬の特許査定を好感し堅調転換
記事一覧 (02/18)ファーストリテイリングは日経平均の大幅高を材料に買い戻しの期待
記事一覧 (02/18)インテージはTPP世論調査の期待などあり9日ぶり反発
記事一覧 (02/18)不動産株が強くアーバネットコーポは3日ぶりの反発
記事一覧 (02/18)ニチレイは一段の金融緩和期待など材料に戻りを強める
記事一覧 (02/18)ファンコミュニケーションズは1月好調で高値に急接近
記事一覧 (02/18)大塚家具は今期の増収増益予想を好感し反発
記事一覧 (02/18)エレコムは東証上場の記念配を好感し急反発
2013年02月19日

パシフィックネットは好業績・低PERなど見直され出直り強める

 中古PCなどのパシフィックネット<3021>(東マ)は11時にかけて約5%高の320円(15円高)まで上げ、出直りを強める相場になった。5月決算銘柄で、大幅増収・増益の見込み。3月決算銘柄の四半期決算発表や通期予想が一巡したため、「次」の注目銘柄として見直す動きが出ているようだ。株価は昨年6月に548円の高値があり、これ以降は300円前後から350円前後の間で横ばい推移。PERは12倍前後のため、市場平均との比較で割安。また、PBRは0.5倍台のため、PBRの低い銘柄の多い東証2部の平均値0.7倍と比べても出遅れ感は強い。

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

クボタは首相の農業成長産業化を好感し高値に迫る

 クボタ<6326>(東1)は19日、続伸の始まりとなり、朝方1109円(44円高)まで上げ、10時20分現在も1100円(35円高)前後で推移。安倍首相が昨日の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)で「農業を成長分野と位置づけて産業として伸ばしたい」と強調したことを材料に、2月6日につけた高値1118円に迫っている。同じ材料では、井関農機<6310>(東1)が9%高となって高値を更新。反応の速い井関農機を選ぶか、出遅れ感のあるクボタを選ぶか、ややとまどいがあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

フライトシステムは米アマゾンの拡大を連想材料に値上がり率3位

 電子決済システムなどのフライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)は19日、急反発となり、9時40分にかけて12.8%高の1万980円(1250円高)。東証マザーズ銘柄の値上がり率3位となっている。米アマゾン・ドット・コムの日本国内での2012年の売上高が前期比18.6%増加したと伝えられ、電子決済に関する需要に期待が広がった様子。フライトシステムでは、国内初のiPhone/iPod touch/iPadを利用した電子決済ソリューションが、下期に大型案件を受注するなど、本格展開を開始しており、2月14日の決算発表後に下げた株価はV字型の修正に転じる期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

重松製作所が「PM2.5」を材料に続伸し「全値戻し」の期待

 防塵マスクの重松製作所<7980>(JQS)は19日、続伸の始まりとなり、724円(34円高)で寄ったあと730円(40円高)。中国の大気汚染が飛来し、「PM2.5」への注目が高まることを材料に、3日連続高で出直りを強める相場になった。2月初から急動意となり、19日に820円まで上昇。その後の下げを半値近く取り戻してきたため、こうした材料株に特有の「半値戻しは全値戻し」になる期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

ブリヂストンは決算好調で買い気配のまま連日高値

 ブリヂストン<5108>(東1)は19日、買い気配で始まり、9時8分現在は2705円(150円高)の気配で買い先行。昨日つけた昨年来の高値2567円を更新する始まりとなっている。昨日発表した前12月期の本決算が連結営業利益で49.5%増加するなど好調だった上、今12月期の予想も、営業利益を33.6%増とするなど、続けて2ケタ増益を見込むことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

利回り4%のパシフィックネット

■下値を固める展開、2月配当付き

 今期見通し未定でパシフィックネット<3021>(東マ・売買単位100株)は、300円どころを下値にモミ合っている。業績は未定でも年12円配当は打ち出していることから配当利回りは4.0%と高い。

 中古パソコン、中古携帯の販売を手がける。今5月期の第2四半期は前年同期比0.1%減収、営業利益53.3%減益と価格下落の影響から厳しかった。仕入れ強化に力を入れ、カンボジアに子会社を設立してオートバイクの販売を始めた。

 業績見通しが明らかでないため、直ちに株価上昇は難しいだろう。しかし、1株純資産621円でPBR0.5倍ていど。高配当と低PBRから判断して下値不安はないだろう。

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:53 | 株式投資ニュース
2013年02月18日

【引け後のリリース】西菱電機がスマホなど好調で業績・配当予想を増額

■薄商いだが利回り向上し配当重視の妙味も

引け後のリリース、明日の1本 西菱電機<4341>(大2)は18日の大引け後、業績予想・配当予想の増額修正を発表。スマートフォン市場の拡大などにともなう携帯端末の販売台数の増加などを要因に、今3月期の連結業績予想を、売上高は従来予想を7.6%増額して183億円に、営業利益は同33.3%増額して4.8億円に、純利益は同2.15倍の4.1億円に見直した。

 また、配当は、3月期末配を従来予想の15円から25円に増額。中間配は行なってないため、年間では前期の15円から25円への増配になる。

 スマートフォンなどの情報通信端末事業に加えて、防災・減災需要の高まりなどから、地方自治体向けMCA防災行政無線整備工事の受注の増加なども寄与。予想1株利益も2倍強の117円20銭に見直した。

 株価は2月8日に610円の昨年来高値があり、本日の終値は535円(25円安)。薄商いの傾向が強いため、値だけ飛ぶ傾向があるものの、株価が800円まで上げても配当利回りは3%強になるため、配当重視の投資姿勢も一法だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】グリーの自社株買いは期間約1カ月間の速攻型

■単純計算では1株1300円で買いつけ

 グリー<3632>(東1)は18日の大引け後、自己株の取得(自社株買い)を発表し、取得上限株数は230万株(自己株式を除く発行済み株式総数の1.0%)、上限金額30億円、期間は2月19日から3月22日までとした。

 本日の株価終値は1124円(38円高)。自社株買いの上限株数・上限金額をみると、単純計算では1株1300円で買いつけることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:33 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ランドビジネスが3月末に株式分割を行ない単元株採用へ

■一段の金融緩和期待あり好タイミングで発表

 マンション賃貸などのランドビジネス<8944>(東1)は18日の大引け後、株式分割と単元株制度の採用などを発表。2013年3月31日を基準日として(実質的には3月29日(金曜日)の最終株主名簿に記載又は記録された株主の所有する株式を、1株につき100株に分割するとともに、売買単位も4月1日付けで現在の1株を100株に変更する(実質的には3月27日売買分から変更)とした。1単位あたりの投資金額は変わらない。

 本日の不動産株には、日銀の次期総裁が月内にも内定するとの観測などから、一段の金融緩和期待が強まった。ランドビジネスの株価は1月31日に5万7300円まで上げ、2008年来の高値を更新。本日の終値は4万4450円(4200円高)だった。分割・単元変更は好材料になるケースが多く、好タイミングでの発表との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | 株式投資ニュース

旭化成がアクリロニトリル最新拠点と需給妙味で高値に進む

 旭化成<3407>(東1)は18日の後場一段上値を追い、558円(20円高)まで上げて4日ぶりに昨年来の高値を更新した。信用需給が拮抗しており、アクリロニトリルの最新生産拠点がタイ国で13日に本格稼働し、全拠点を合わせた世界シェアが世界2位の25%に達すると伝えられたことが買い戻しを増加させているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | 株式投資ニュース

マーベラスAQLは下値メドつかめた安心感あり4万円台を回復

 オンラインゲームなどのマーベラスAQL<7844>(東1)は18日の後場、一段上値を追い、4万700円(3850円高)をつけて2日ぶりの4万円台回復となった。さる2月8日に発表した第3四半期決算は好調で、今3月期の純利益の予想を増額修正。その後、株価は12日の4万3050円を戻り高値に調整基調だったものの、前週末の15日に一時3万5000円を割り込みながらも、終値で大きく回復したため、下値メドがつかめた安心感が広がったようだ。3万5000円という水準は、昨年12月以降の上昇過程で、比較的長く上抜けずにもみ合ったことのある水準。心理的な抵抗帯になっている様子があり、反落する場合でも強い抵抗帯として下支えになる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース

高利回りの第一実業切り返す、500円でもなお利回り3%超

 このところ調整だった第一実業<8059>(東1・売買単位1000株)は、15円高の429円と切り返している。

 昨年12月の310円前後から2月4日の467円まで急伸としたことで休息の展開となっていた。注目点は高値時点での利回りが3.42%と高く割安感があり、今日の株価なら、さらに利回り3.72%と魅力が増している。

 今3月期は6.0%増収、営業利益4.0%増益、1株利益58.9円(前期円)の見通し。配当は2円増配の年16円とする予定。好調な経済の続くアメリカ関連銘柄としての注目度も高い。当面は、2008年6月以来となる500円相場が見込めるだろう。500円に買っても、まだ利回りは3.2%と高いのである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

ナノキャリアが欧州で新薬の特許査定を好感し堅調転換

 創薬ベンチャーのナノキャリア<4571>(東マ)は18日の後場、一転、堅調相場に転換して推移し、14時現在は2.7%高の32万1500円(8500円高)。前場は軟調だったものの、前引けと同時の11時30分に、開発中の新薬候補が欧州特許庁から特許査定を受けたと発表し、見直し買いが殺到した。特許査定を受けた新薬候補NC−6004ナノプラチンRは、膵臓がんなどが対象になり、従来薬に比べて副作用が少なく、抗腫瘍効果も高いという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは日経平均の大幅高を材料に買い戻しの期待

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は18日の後場寄り後に一段高となり、2万5540円(680円高)をつけて約1週間ぶりに高値を更新。13時を過ぎても2万5500円(640円高)前後で強い値動きとなっている。日経平均との連動性の強い銘柄で、日経平均の260円高を受けて先高期待が強まっているようだ。株価はPERが30倍を超えるためか、信用売り残は引き続き高水準。ただ、株価が強いため、売り残は損失状態とみられ、買い戻しが増加した場合は、売り残そのものが多いため、株価助長エネルギーが大きいことがいわれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 株式投資ニュース

インテージはTPP世論調査の期待などあり9日ぶり反発

 市場調査などの大手インテージ<4326>(JQS)は18日の前場、急反発の始まりとなり、10時40分にかけて2035円(62円高)まで上げた後も2030円前後で堅調。農産物などを巡るTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加・不参加論議が再燃し、世論調査関連銘柄として期待が強まった。株価は、2月9日に第3四半期決算を発表してから調整色を強め、前売買日まで8日続落。15日には一時2000円を割り込んだものの、終値では2000円を保ったため、下げ止まり感が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

不動産株が強くアーバネットコーポは3日ぶりの反発

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は18日、3日ぶりの反発となり、朝方4万3500円(2550円)まで上げた後は4万2000円台で推移。前週末に日銀の次期総裁が月内にも内定するとの観測が伝えられ、一段の金融緩和を進めるとの期待がある。本日は不動産株が軒並み強く、大手不動産株にとどまらず、サンフロンティア不動産<8934>(東1)の10.3%高など、軽量銘柄の値動きが活発となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

ニチレイは一段の金融緩和期待など材料に戻りを強める

 ニチレイ<2871>(東1)は18日、戻りを強める始まりとなり、10時前には4.1%高481円(19円高)と2月7日以来の280円台を回復した。PERが15倍台のため、東証1部銘柄平均からみて割安。日銀の次期総裁は一段の金融緩和を進めるとの期待があり、いわゆる「土地持ち銘柄」のひとつとして注目する向きもある。昨年来の高値は2月6日の493円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

ファンコミュニケーションズは1月好調で高値に急接近

 ファンコミュニケーションズ<2461>(JQS)は18日、高値に急接近の始まりとなり、2950円(139円高)で寄ったあと約6%高の2974円(163円高)まで上げて2月14日の高値2980円に迫った。前12月期の決算を2月8日に発表し、前週末15日には今期初・1月の月次営業速報を発表。1月の売上高は、パソコン向けアフィリエイト広告サービスなどが好調で前年同月比約55%の増加となったことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

大塚家具は今期の増収増益予想を好感し反発

 大塚家具<8186>(JQS)は18日、反発の始まりとなり、795円(5円高)で寄ったあとも790円台で堅調。前週末売買日の15日に発表した2012年12月期決算(非連結)が堅調で、今12月期の予想を売上高4.5%増、営業利益6.2%増など、増収増益の見込みとしたことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

エレコムは東証上場の記念配を好感し急反発

 エレコム<6750>(JQS)は18日、急反発の始まりとなり、1390円(58円高)で寄ったあとも1380円(48円高)前後で推移。前週末に発表した記念配当がストレートに好感され、前週末(前売買日)までの4日続落から急反発となった。記念配当は、3月8日付けで東京証券取引所に上場することを祝し、今3月期末に5円を実施。期末配当は、従来予想の15円を20円に見直した。年間配当は前期の30円から35円になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース