[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/18)ヒューリックが業績・配当の予想を増額修正し政策期待相場に乗る期待−−引け後のリリース
記事一覧 (12/18)【注目のリリース】明日上場の全国保証の上限気配値は公開価格の2.3倍
記事一覧 (12/18)【注目のリリース】上場6日目のenishが12月期末配当26円と発表
記事一覧 (12/18)【注目のリリース】サントリーが飲料事業会社の東証上場方針を明示
記事一覧 (12/18)リコーが円安効果の期待を強め年初来の高値
記事一覧 (12/18)サンコーテクノはトンネル吊り金具の検査試験機を提供と伝わり高い
記事一覧 (12/18)サッポロHLDは小売り大手との相次ぐ提携を好感し連日戻り高値
記事一覧 (12/18)トランコムは1部昇格後も反落せず記念配などに期待の様子
記事一覧 (12/18)シャープは本日も需給妙味を強め大活況で戻り高値
記事一覧 (12/18)東京電力が次期内閣への期待など強め値上がり率2位
記事一覧 (12/18)住友不動産は財閥系の中で軽量妙味強く連日高値
記事一覧 (12/18)東天紅は主力店舗の刷新・土地売却を好感し戻り高値
記事一覧 (12/18)ヤマダ電機は電子書籍の配信サービスを好感し堅調に始まる
記事一覧 (12/17)アドヴァンが売り上げ増加やコスト削減効果などで業績・配当を増額−−引け後のリリース
記事一覧 (12/17)【注目のリリース】アンジェスMGが株主優待の拡充など発表
記事一覧 (12/17)【注目のリリース】東天紅が不動産売却と店舗刷新を発表し急騰相場再来も
記事一覧 (12/17)アールテック・ウエノのAMITIZA、米国で使用追加承認
記事一覧 (12/17)日本エンター9000円乗せ、モミ合い煮詰まり出番近い
記事一覧 (12/17)7ヶ月ぶり200円台乗せの京写、なお低PERで一段上値も
記事一覧 (12/17)関西電力もストップ高!原発政策に期待を強め東京電力を追う
2012年12月18日

ヒューリックが業績・配当の予想を増額修正し政策期待相場に乗る期待−−引け後のリリース

■12月期末配当は2円から2.5円に

引け後のリリース、明日の1本 みずほ銀行の店舗ビルなどで知られる不動産業のヒューリック<3003>(東1)は18日の夕方、2012年12月期の業績予想と配当予想の増額修正を発表。純利益の増加が見込まれるため、12月期末配当は、これまでの予想の2円を2.5円に引き上げた。

 同社は12年7月に旧・ヒューリックと旧・昭栄が合併して新発足。今12月期の業績予想は、販売用不動産(東京・秋葉原ビル・大井町再開発ビル1号棟・表参道ゲイツビル)の売却による売上計137億円の計上などのほか、持分法利益の増加などがあり、売上高に相当する営業収益を800億円から920億円に引き上げ、営業利益は215億円から220億円に、純利益は95億円から105億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は20円39銭。

 本日の株価は前日比変わらずの491円。11月初につけた年初来の高値715円からは3割強の調整。新内閣の政策に期待する不動産株相場には、今ひとつ乗れない値動きだった。しかし、予想1株利益はこれまでより10%近く増額になったため、割高感は大きく後退。政策期待相場の中で動意を強めやすくなったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】明日上場の全国保証の上限気配値は公開価格の2.3倍

■上限は大きく下限は小さく設定し買い先行の思惑

 東証は18日の夕方、明日(12月19日)、東証1部に直接上場を予定している全国保証<7164>(東1)の新規上場日の初値決定前の気配運用を発表し、板中心値段980円(公募・売出価格)に対し、気配値の上限値段は2.3倍の2254円とし、下限値段は25%引きの735円とした。初値決定後は、当該初値を基準値段として制限値幅が適用される。

 明日は、買い注文が先行する可能性がある。同社は、信用保証事業のほか、信用調査、生損保の代理事業などを展開。公募株数735万株、売出株数は最大356万900株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:23 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】上場6日目のenishが12月期末配当26円と発表

■初日は買い気配のまま値のつかなかった高人気銘柄

 12月11日に新規上場のゲーム開発企業enish(エニッシュ)<3667>(東マ)は18日の大引け後、未定としていた2012年12月期末の配当を26円にすると発表した。配当性向を20%程度で検討した。

 同社株は、上場初日に買い気配のまま上限値段1840円(公開価格800円の2.3倍)に達し、売買が成立しない高人気のスタートとなり、2日目に公開価格の約3.1倍の2500円で売買が成立し初値を形成。その後の高値は初値形成後の2571円。本日の終値は2310円(70円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】サントリーが飲料事業会社の東証上場方針を明示

■サントリー食品インターナショナル年5%以上の拡大目指す

 サントリーホールディングス(非上場)は18日の夕方、グループの飲料事業会社・サントリー食品インターナショナル(株)の2013年から2015年の中期計画を発表し、「2013年1月1日付で組織・経営体制を整えるとともに、東京証券取引所への株式上場を目指していく方針」とした。

 サントリーホールディングスのホームページでの発表によると、サントリー食品インターナショナルの2012年の売上高は1兆円弱を見込んでおり、うち海外の構成比は約3割。これを、現在掲げている2020年の売上高目標2兆円の達成に向けて、2013年から2015年中期計画を新たに策定した。既存事業の売上高は、2012年比で平均年率1ケタ台後半の成長(5%以上)を目指し、事業方針としては、3項目の中に、M&Aの積極的な推進による新規事業の展開を掲げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | 株式投資ニュース

リコーが円安効果の期待を強め年初来の高値

 リコー<7752>(東1)は18日の後場、一段上値を追い、894円(68円高)まで上げて追い、3月19日の年初来高値を更新。14時を過ぎても890円(64円高)前後で強い相場になっている。対ユーロでの円相場が午後は110円後半の70銭台に入り、円安進行。為替差益への期待が強まった。信用売り残に逆日歩が発生するため、買い戻しの増加を期待して買う動きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

サンコーテクノはトンネル吊り金具の検査試験機を提供と伝わり高い

 コンクリート用特殊ボルトなどの大手サンコーテクノ<3435>(JQS)は18日の後場寄りに1828円(21円高)まで上げたあとも堅調で、13時30分現在は1825円(18円高)前後で推移。中央高速・笹子トンネルで発生した事故を機に、国土交通省が本日から、アンカーボルト(吊り金具)の荷重に対する抵抗力を調べる引き抜き試験を開始すると今朝の日本経済新聞が伝え、これに同社の試験機器が使われることが材料視されている。笹子トンネルの場合、下り車線(事故の起きていない側、約4.7キロメートル)だけでアンカーボルトが1万2000ヵ所あるとされ、同じ構造のトンネルは全国に60ヵ所以上あるとされるため、市場には、「特需」に期待する様子もある。

>>サンコーテクノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

サッポロHLDは小売り大手との相次ぐ提携を好感し連日戻り高値

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は18日の前場、272円(5円高)まで上げて8日連続の戻り高値更新となり、5月以来の270円台を回復。ビール3銘柄の中ではPBRが最も低く0.9倍前後である上、11月にセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)イオン<8267>(東1)との相手先ブランドの共同開発品を相次いで発表したことが期待を強めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

トランコムは1部昇格後も反落せず記念配などに期待の様子

 中京地区の運輸企業・ トランコム<9058>(東1)は18日、続伸で戻り高値更新となり、1679円(24円高)まで上げた後、10時50分にかけても1665円(10円高)と堅調に推移。昨17日売買分から東証、名証とも1部銘柄に昇格し、昨日は東証の終値が31円高の1655円。2日目は反落するケースが少なくない中で、続伸基調のため注目されている。記念増配などへの期待が高まっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

シャープは本日も需給妙味を強め大活況で戻り高値

 シャープ<6753>(東1)は18日も戻り高値を更新する続伸相場となり、10時過ぎに9.3%高の329円(28円高)と6日続伸基調。引き続き需給妙味の強さを背景に値幅狙いのホットマネーが流入し、東証1部の出来高・売買代金とも2位になっている。米クアルコム社の出資を12月4日に発表し、翌日から上昇ピッチを加速。7日に200円台を回復し、13日に250円台を回復、17日に300円台を回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

東京電力が次期内閣への期待など強め値上がり率2位

 東京電力<9501>(東1)は18日も急伸の始まりとなり、9時40分にかけては27.7%高の258円(56円高)まで上げ、東証1部の値上がり率1位になった。昨日のストップ高に続き、新内閣の原発政策に対する期待から、信用売り残・買い残などの需給妙味による値幅妙味が高揚している。なお、本日のストップ高は80円高の282円になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

住友不動産は財閥系の中で軽量妙味強く連日高値

 住友不動産<8830>(東1)は18日も高値を更新する始まりとなり、朝寄り後に2479円(42円高)をつけ、2日続伸基調。引き続き、自民党の圧勝を受けて次期内閣による一段の金融緩和や脱デフレ策の推進などに期待する相場になった。本日の不動産株は、昨日高値を更新した三井不動産<8801>(東1)三菱地所<8802>(東1)が一服商状など、全体的には小休止の動き。中で、住友不動産は、財閥系の中では小型軽量株としての妙味が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

東天紅は主力店舗の刷新・土地売却を好感し戻り高値

 東天紅<8181>(東1)は18日、戻り高値を更新する始まりとなり、210円(12円高)で寄ったあと7.1%高の212円(14円高)。7月につけた年初来の高値233円が視野に入る相場になった。昨日、主力店舗・上野店(東京・上野)の土地建物を東京建物<8804>(東1)に譲渡するとともに、隣接する自社保有地に高い環境性能・耐震性能を備える新店舗の建設を決定したと発表したことが材料視されている。発表によると、売却額などは未定ながら、簿価は土地が36.5億円、建物が8.6億円(2012年2月末現在)。同社の12年2月期の業績は、売上高が65.8億円、純利益は3.98億円の赤字だったため、大きな寄与が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機は電子書籍の配信サービスを好感し堅調に始まる

 ヤマダ電機<9831>(東1)は18日、堅調な始まりとなり、3205円(20円高)で寄った後も3200円をはさんで堅調。電子書籍をスマートフォンに配信するサービスを18日に開始すると本日付けの日本経済新聞などで伝えられ、期待が広がっている。専業企業と提携し、ヤマダのネットサービス「ヤマダ電機マルチSNS」内で配信。2300万人以上いるヤマダの会員を対象にし、店頭での買い物時に得られるヤマダのポイントを利用できるなどの利便性があるという。ただ、これは大々的に発表したわけではなさそうで、今のところ、株価の伸びも小幅にとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2012年12月17日

アドヴァンが売り上げ増加やコスト削減効果などで業績・配当を増額−−引け後のリリース

■3月期末配当は25円を30円に

引け後のリリース、明日の1本 高級輸入建材のアドヴァン<7463>(東1)は17日の大引け後、今3月期末の業績・配当予想を増額修正し、3月期末配当は従来予想の25円を30円の見込みとした。前期は25円だった。業績推移が当初の予想数値を上回る見込みのため。

 業績予想の修正は、積極的な販売政策などにより、連結売上高を135億円から150億円(前期は約129億円)に引き上げ、営業利益は販売管理費比率の低下、合理化・効率化などにより、27.6億円を35.8億円(同30.8億円)に引き上げた。純利益も従来予想を22%引き上げ21億円(同18億円)とし、予想1株利益は102円81銭とした。

 本日の株価終値は836円(前日比変わらず)。2012年12月の616円を下値にジリ高傾向を続け、11月末に880円まで上げた。修正後の1株利益からは、PER8倍台前半に過ぎなくなり、4ケタ指向の期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】アンジェスMGが株主優待の拡充など発表

■商品ご購入券のほかに割引券を贈呈

 遺伝子治療薬ベンチャーのアンジェスMG<4563>(東マ)は17日の大引け後、株主優待制度の拡充などを発表し、毎年12月、6月末現在の株主に贈呈する「商品ご購入優待券」(1枚5000円相当)の次回の対象商品として、グループ会社が開発したリビエージュ化粧品シリーズ、森下仁丹<4524>(東2)のビフィーナセットなどとし、さらに、化粧品シリーズのみに使用できる「50%割引購入券」を株数に応じて追加するとした。対象は、毎年12月31日、6月30日現在の同社株主名簿に記載または記録された1株以上を保有する株主。今年の12月末の配当・優待の権利付買い付け最終日は12月25日になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】東天紅が不動産売却と店舗刷新を発表し急騰相場再来も

■譲渡金額などは今後発表のため思惑介在の余地

 東天紅<8181>(東1)は17日の大引け後、主力店舗・上野店(東京・上野)の土地建物を東京建物<8804>(東1)に譲渡するとともに、隣接する自社保有地に高い環境性能・耐震性能を備える新店舗の建設を決定したと発表した。新店舗の事業規模や事業費、事業スケジュール、譲渡日程や譲渡金額などは今後、決定次第発表する。発表による譲渡資産の帳簿価額は、土地が36.5億円、建物が8.6億円(2012年2月末現在)。一方、同社の12年2月期の業績は、売上高が65.8億円、純利益は3.98億円の赤字だった。

 本日の株価終値は198円(1円安)。思惑的な資金に動かされやすい銘柄とされ、今年は年初の1月に120円前後から222円まで短期急騰し、7月には140円前後から233円まで急騰。本日の発表は、売却益による1株利益の増加だけでなく、中期的な事業拡大の基礎にもなるため、急騰相場の再来が見込まれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

アールテック・ウエノのAMITIZA、米国で使用追加承認

 アールテック・ウエノ<4573>(JQS)が、独占的に製造供給している米国スキャンポ社は、『AMITIZA』について妊婦や授乳中の女性への使用が米国食品医薬品局(FDA)より追加承認を受けた。

 AMITIZAカプセルは、腸液の分泌を上げ便を軟化し排便を促進する。同社の収益源となっている。

 同社株は7万円前後のモミ合い上放れ、去る、12日には11万9000円の年初来高値に買われている。好収益の創薬ベンチャーとして見直されているものだ。現在、眼科・皮膚科疾患をターゲットとした新薬の開発を行っており、来年の有望銘柄として注目が集まるものとみられる。

>>アールテック・ウエノのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:51 | 株式投資ニュース

日本エンター9000円乗せ、モミ合い煮詰まり出番近い

 日本エンタープライズ<4829>(東2)は、140円高の9070円まで買われ去る6日以来の9000円台乗せ。とくに、今年7月以降、5ヶ月にわたって8500〜9400円でモミ合っており、モミ合いの上値を抜いてくると次は1万1000円程度までフシがないだけに注目される。

 コンテンツ配信がスマホなどに好調。四季報・新春号では今5月期1株利益530.5円(前期451.2円)、2014年5月期583.6円の見通し。配当は今期年150円(前期年130円)の予定で、来期は年170円が予想されている(四季報)。

 現在、マーケット人気は師走相場ということから1部市場で低位銘柄が人気となっている。この人気が一巡すれば小型優良銘柄が見直されるものとみられる。仕込み場だろう。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:57 | 株式投資ニュース

7ヶ月ぶり200円台乗せの京写、なお低PERで一段上値も

 京写<6837>(JQS)は、今年5月以来、ほぼ7ヶ月ぶりに200円台に乗せている。好業績で低PERから見直されている。

 このほど発売の四季報・新春号では今3月期1株利益45.3円、次期(2014年3月期)47.4円の予想となっている。PERは4倍台にすぎない。年5円配当に余裕が増すことから、マーケットでは増配期待も強い。

 年初来高値は3月の212円。今日は208円まで買われ、高値更新が見込まれる展開となっている。増配の可能性が強まれば300円相場も十分期待できそうだ。

>>京写のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:53 | 株式投資ニュース

関西電力もストップ高!原発政策に期待を強め東京電力を追う

 関西電力<9503>(東1)は17日の後場寄り後にストップ高の932円(150円高)をつけたあとも頑強で、14時30分を過ぎては18.4%高の926円(144円高)前後で推移。「安倍新内閣」の原発政策に期待が強まり、11時過ぎに東京電力<9501>(東1)がストップ高の202円(50円高)となったのに続き、電力株が軒並み急騰となった。原発関連株は総じて高く、木村化工機<6378>(東1)も後場は断続的にストップ高の382円(80円高)で売買を交えている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース