[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/29)トヨタ自動車はNY高や円安の再燃など好感し3日ぶり反発
記事一覧 (11/29)資生堂は堅調!株主優待を資生堂パーラーのカレーセットと発表
記事一覧 (11/29)ソニーは電池事業の売却検討と伝えられ反発で始まる
記事一覧 (11/28)資生堂:今期の株主優待は「銀座と資生堂」をテーマに資生堂パーラーのカレーセット(引け後のリリース)
記事一覧 (11/28)【注目のリリース】神島化学が業績予想を増額し8月高値が視野に
記事一覧 (11/28)寿スピリッツ新高値、光る好業績、健康食品展開にも期待
記事一覧 (11/28)【注目のリリース】ウェッズが自己株の消却を発表しPBR割安も見直す
記事一覧 (11/28)日本橋梁は同業サクラダの破産手続き開始に残存者利益の期待
記事一覧 (11/28)大和証券G本社は赤木屋証券の廃業報道にも底堅さ保つ
記事一覧 (11/28)小津産業がセシウム吸着素材を材料に午後もストップ高気配
記事一覧 (11/28)コスモス薬品は円安一服の中で内需の好業績株として高値更新
記事一覧 (11/28)上海株の連日安値にもかかわらずコマツなど底堅い
記事一覧 (11/28)ヤマダ電機は安い!高齢者向け住宅事業に取り組むと伝えられる
記事一覧 (11/28)ヒューリックは新株増資による売り一巡感
記事一覧 (11/28)シノケングループは増額修正を好感しストップ高気配
記事一覧 (11/28)関西電力は「脱原発」の「日本未来の党」結集にも底堅く始まる
記事一覧 (11/27)ヒューリックは新株発行増資による下げを黙って拾う−−引け後のリリース
記事一覧 (11/27)【注目のリリース】シノケングループが増額修正しPER割安感
記事一覧 (11/27)【注目のリリース】キタックが営業・経常利益を増額修正しPBR見直し機運
記事一覧 (11/27)関西電力は朝方下げたものの後場は堅調で戻り高値
2012年11月29日

トヨタ自動車はNY高や円安の再燃など好感し3日ぶり反発

 トヨタ自動車<7203>(東1)は29日、反発の始まりとなり、3520円(45円高)で寄ったあとも3545円と堅調。NY株式の106ドル高、対ユーロでの円安基調などを材料に、昨日までの2日続落から出直る相場になっている。年初来の高値は3日前、26日の3660円。衆議院解散後ほぼ一本調子に550円(約18%)の上げとなっただけに、一服は当然との見方が出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

資生堂は堅調!株主優待を資生堂パーラーのカレーセットと発表

 資生堂<4911>(東1)は29日、堅調に始まり、1171円(11円高)で寄ったあとは1172円と反発基調。昨日、株主優待の変更を発表し、ここ3年間実施してきたオリジナルフレグランス(オードパルファム50ml)に続き、2013年は、資生堂パーラーのカレーコースセット(レトルトのビーフカレー、コンソメスープ各2人前、プリン2個、オリジナルレギュラーコーヒーなど)にするとしたことが好感されているようだ。この変更は、単なる優待品の贈呈にとどまらず、資生堂の世界観を伝える株主読本と、これで取り上げたテーマに沿った付録(資生堂グループ製品)を送ることにするもの。初回は、「銀座と資生堂」をテーマとし、東京・銀座と共に歩んできた資生堂の歴史などを味覚で堪能してもらうことを狙っているようだ。

>>資生堂のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

ソニーは電池事業の売却検討と伝えられ反発で始まる

 ソニー<6758>(東1)は29日、反発の始まりとなり、806円(3円高)で寄ったあとは808円前後で推移。リチウムイオンなどの電池事業の売却を検討していることが28日わかったと本日付けの日本経済新聞が伝え、好感された。報道では、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業や国内外の投資ファンドなどと交渉に入っているという。株価は11月15日の772円を安値に下げ渋る動きに転じており、週明けは、大手格付け会社による格下げにもかかわらず800円を割り込まなかった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 株式投資ニュース
2012年11月28日

資生堂:今期の株主優待は「銀座と資生堂」をテーマに資生堂パーラーのカレーセット(引け後のリリース)

■株価は10月から戻り続け懸念要因は織り込む動き

 資生堂<4911>(東1)は28日の大引け後、株主優待制度の変更を発表し、ここ3年間実施してきたオリジナルフレグランス(オードパルファム 50ml)に続き、2013年は、資生堂パーラーのカレーコースセット(レトルトのビーフカレー、コンソメスープ各2人前、プリン2個、オリジナルレギュラーコーヒー、など)にするとした。1000株以上を1年間以上保有する株主が対象。

 2013年以降は、これまでに寄せられた意見・要望も受けて、これまでの優待制度を更に一歩進め、「資生堂の世界観をお伝えする株主読本と、その株主読本で取り上げたテーマに沿った付録(資生堂グループ製品)」に変更し、その1年目となる2013年は、「銀座と資生堂」をテーマとし、1872年の創業以来、創業の地である銀座と共に歩んできた資生堂の歴史や、1902年に資生堂によって銀座にもたらされたソーダファウンテンから発展した資生堂パーラーを紹介した株主読本と、付録のセットを進呈する。

 本日の株価終値は1160円(6円安)。10月11日の938円を下値にジリ高基調で持ち直す動きを続けており、日中関係の冷え込みの影響などは織り込み済みの様相。株式需給を見ると、いぜん、信用売り残が多く、買い残と同規模のため取り組み妙味がある状態。相場の基調が強いため、売り建て玉を買い戻す動きが広がり、一段高につながる可能性もある。

>>資生堂のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】神島化学が業績予想を増額し8月高値が視野に

■「ラスト10分」で好反応

 不燃性建材の大手・神島化学工業<4026>(大2)は28日の15時に収益予想の増額修正を発表。売上高は前回予想を下回る見通しながら、燃料価格の低下などにより、今4月期の営業利益を従来予想の4.1億円から4.7億円に引き上げ、純利益も1.4億円から1.8億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は19円64銭。

 株価は、大証の大引けが15時10分のため、「ラスト10分」で好反応となり、227円(12円高)まで上げて終値も226円。戻り高値に進んだ。PERの割高感が後退したため、8月の高値238円突破が視野に入ってきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:51 | 株式投資ニュース

寿スピリッツ新高値、光る好業績、健康食品展開にも期待

 寿スピリッツ<2222>(JQS)=売買単位100株は、4円高の834円と買われ、小幅ながら連日の新高値更新となっている。今年6月8日に陽線足で800円前後のモミ合いを放れて以降、上昇相場を続けている。とくに、10月後半からは出来高も増加傾向にある。

 お菓子業界に属し消費関連。全国各地のお菓子の「地域性」および「専門性」を追求した地域限定有店舗と通信販売によるブランド戦略で厳しい消費環境にあって好業績を挙げている。

 今3月期は前期比5.1%増収、営業利益28.5%増益、1株利益111.8円の見通し。配当は5円増配の年25円の予定。とくに、健康食品の本格販売に取組む。同社の経営手腕をもってすれば早い時期に好成績が見込まれるとしてマーケットで注目されている。

 2010年4月以来となる1000円乗せから中期1500円相場も見込めそうだ。1500円まで買ってもPERはまだ13倍台と割安である。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:33 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ウェッズが自己株の消却を発表しPBR割安も見直す

■第一興商も翌日に急反応の前例

 自動車用品卸の大手ウェッズ<7551>(JQS)は28日の夕方、自己株の消却を発表。発行済株式総数の6.87%にあたる30万5421株を12月12日付けで消却するとした。業績は好調の見込みで、連続の大幅増収増益基調。PBRは0.5倍未満で、JASDAQ銘柄の平均PBR1.14倍との比較では割安感が顕著。

 株価は薄商いで、28日は売買が成立せず、気配値は700円売り・685円買い(直近の出来値は11月27日の700円)。第一興商<7458>(JQS)が26日に消却を発表した際には翌日急反応となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

日本橋梁は同業サクラダの破産手続き開始に残存者利益の期待

 日本橋梁<5912>(東1)は28日の後場も底堅い相場を続け、14時50分には268円(6円安)前後で推移。昨夜から同業のサクラダ<5917>(東1)の破産手続き開始が伝えられ、漠然と手控える動きに対して残存者利益に期待する動きが対立する形になった。日本橋梁の業績は堅調で、11月13日には今3月期の業績予想を、営業・経常利益は増額修正し、純利益は小幅減額修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

大和証券G本社は赤木屋証券の廃業報道にも底堅さ保つ

 大和証券グループ本社<8601>(東1)は後場寄り後の361円(11円安)を下値に底堅く、14時を過ぎても362円前後で推移している。赤木屋証券(東京・中央区)が年内で廃業と伝えられ、以前は大和証券と取引関係の強い「大和系」の有力地場証券だったため、注目を集めたものの、株価への影響はみられない様子となった。廃業するのは証券業で、会社は存続し、昨年秋オープンした喫茶店「赤木屋珈琲」などは続けると伝えられた。同証券は、系列事業でチケット販売の「赤木屋プレイガイド」でも知られた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

小津産業がセシウム吸着素材を材料に午後もストップ高気配

 不織布や紙製品の小津産業<7487>(東2)は28日の後場、14時にかけてもストップ高気配のまま売買が成立しない状態を続け、1480円(300円高)の気配値で買い圧倒。28日付けの日経産業新聞で、東京大学生産技術研究所と同社が、放射性セシウムを吸着する布を量産する技術を確立したと伝えられ、全体相場が軟調な中で材料性に注目する資金が集まった。セシウムを吸着する性質がある天然の青色顔料プルシアンブルーを繊維のすき間に固定する方式で、12月から自治体や除染業者などに向けて販売する予定という。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:01 | 株式投資ニュース

コスモス薬品は円安一服の中で内需の好業績株として高値更新

 コスモス薬品<3349>(東1)は28日の後場も上値を追う相場になり、13時過ぎに8380円(270円高)まで上げて年初来の高値。11月中間決算に期待があり、円安基調が一時停止の様相となったため、内需株を買う動きの中で注目が集まっている。10月に発表した第1四半期決算(6〜8月)は好調で、連結売上高が前年同期比20.0%増、営業利益は同26.0%増。今5月期の予想は、営業利益を前期比0.5%増、純利益を同0.6%増と微増程度に見込むものの、上ぶれ期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

上海株の連日安値にもかかわらずコマツなど底堅い

 コマツ<6301>(東1)は28日の後場も底堅い相場を続け、13時過ぎには1811円(33円安)前後で推移。中国関連株の代表格で、本日の上海株式指数が2日続けて年初来の安値と伝えられたものの、後場寄り後の1807円(37円安)を下値に下げ渋っている。同様にファナック<6954>(東1)も前引け間際につけた1万3860円(230円安)を下値に底堅い相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機は安い!高齢者向け住宅事業に取り組むと伝えられる

 ヤマダ電機<9831>(東1)は28日、軟調反落となり、11時にかけては2857円(76円安)前後。今朝の日本経済新聞・北関東版で、高齢者向け住宅事業に取り組み、来春に部屋数約60室の第1号案件を群馬圏内に完成させた後ノウハウを蓄積し、全国展開に弾みをつけると伝えられたものの、いまのところ反応薄となっている。株価はPER8倍台で割高感はないものの、一昨日の26日に2808円の年初来安値。前週、雑誌記事のコピー配布による営業妨害などでケーズホールディングス<8282>(東1)を提訴と伝えられ、訴訟リスクが手控え要因になっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

ヒューリックは新株増資による売り一巡感

 みずほ銀のビル管理に強いヒューリック<3003>(東1)は28日、新株発行増資を嫌って下落する始まりとなり、9時20分にかけて565円(84円安)まで急落。しかし、10時過ぎには576円(73円安)と持ち直している。昨日の大引け後、新株発行による公募増資と株式の売り出しを発表。公募による新株発行は5250万株、調達資金は最大約369億円、発行済株式総数は最大で11.2%増加する見込み。公募増資では、需給の緩和を嫌う下落が先行したあとで調達資金による投資拡大への期待から反騰するケースが多く、需給緩和による下げは一巡したとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

シノケングループは増額修正を好感しストップ高気配

 福岡地盤の不動産業・シノケングループ<8909>(JQS)は28日、買い気配のまま9時20分にはストップ高の7万7900円(1万円高)。昨日、2012年12月期の連結業績予想を増額修正し、営業利益は15.0億円の見込みから18.8億円に3割近く増額し、経常利益は4割強、純利益は6割近く増額したことが材料視された。発表によると、フロービジネスである不動産販売事業、ストックビジネスである不動産賃貸管理事業、金融・保証関連事業などとも好調。修正後の予想1株利益は1万7872円45銭のため、割高感はないといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

関西電力は「脱原発」の「日本未来の党」結集にも底堅く始まる

 関西電力<9503>(東1)は28日、底堅い始まりとなり、759円(15円安)で寄ったあとは775円(1円高)。「脱原発」を掲げる政党が滋賀県・嘉田由紀子知事を顔に「日本未来の党」を結成と伝えられたことには反応薄の始まりになった。同社は26日の午後、現在稼働停止中の原発を前提に、未定としていた今3月期の業績予想、及び料金値上げを発表し、営業利益は3500億円の赤字とした。ただ、この日は、発表後に一段高となり、赤字は織り込み済みの相場展開になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2012年11月27日

ヒューリックは新株発行増資による下げを黙って拾う−−引け後のリリース

■発行株数は増加は11%程度

引け後のリリース、明日の1本 ヒューリック<3003>(東1)は27日の大引け後、新株発行による公募増資と株式の売り出しを発表し、公募による新株発行は5250万株、追加売り出しによる第三者割当増資で750万株を発行するとした。調達資金は最大約369億円、発行済株式総数は最大で11.2%増加する見込み。

 本日の株価終値は649円(7円安)。11月2日に715円の高値があり、その後の調整は下値600円にとどまっている。新株発行による公募増資では、需給の緩和を嫌う下落が先行したあとに調達資金による投資拡大への期待から反騰するケースが多く、明日は、下げ局面を黙って拾う姿勢で好機になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:15 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】シノケングループが増額修正しPER割安感

■フロービジネス・ストックビジネスとも好調

 福岡地盤の不動産業・シノケングループ<8909>(JQS)は27日の大引け後、2012年12月期の連結業績予想を増額修正。売上高は据え置いたものの、営業利益は15.0億円の見込みから18.8億円に3割近く増額し、経常利益は4割強、純利益は6割近く増額した。修正後の予想1株利益は1万7872円45銭。

 発表によると、増額の要因として、フロービジネスである不動産販売事業では、既にアパート販売事業が前年実績を大幅に上回る販売実績を達成していることに加え、第4四半期における販売状況もアパート、マンションともに好調を維持していること、また、ストックビジネスである不動産賃貸管理事業、金融・保証関連事業などでも、管理戸数の増大に伴い、安定収益の確保がより一層推進されていること、営業外収支も向上していること、などを挙げた。

 本日の株価終値は6万7900円(2500円高)。7月から次第に上値を追う相場になっており、11月20日に7万3900円の高値をつけた。終値でのPERは3.8倍になり、割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】キタックが営業・経常利益を増額修正しPBR見直し機運

■有価証券評価損を経常するが原価管理の徹底など進む

 信越地盤の建設コンサルタント・キタック<4707>(JQS)は27日の大引け後、2012年10月期の業績予想を修正。純利益は有価証券評価損により0.45億円の見込みを0.30億円に減額したものの、原価管理の徹底などを要因に、営業利益は1.40億円の見込みから1.87億円に3割増額し、経常利益は7割近く増額し1.36億円の見込みとした。修正後の予想1株利益は5円45銭。10月決算の発表はここ3年12月2〜3日に行なっている。

 本日の株価終値は268円(1円安)。7〜8月に急伸して360円の高値をつけたあと、200円台でジリ高基調を続け、11月21日に281円の戻り高値をつけた。PERは高いものの、PBRは0.8倍前後。このところの全体相場の上昇によって、JQSDAQ銘柄の平均PBRは1.14倍(26日現在)に達してきたため、割り負け感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | 株式投資ニュース

関西電力は朝方下げたものの後場は堅調で戻り高値

 関西電力<9503>(東1)は27日の後場も堅調で、14時30分にかけては782円(28円高)。朝方は723円(31円安)まで反落する場面があったものの、10時頃には788円(34円高)と切り返して戻り高値を更新した。昨日の14時前に、未定としていた今3月期の業績予想、及び料金値上げを発表し、営業利益は3500億円の赤字としたものの、発表後の株価は一段高。本日は、配当の無配などを嫌う動きはあったものの、売り圧迫は限定的にとどまったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース