[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/14)【銘柄フラッシュ】東京電力が急伸し大林組など高値に進みシャープは連日活況高
記事一覧 (12/14)東京電力は「投機適格」?次期内閣への期待など強め値上がり率2位
記事一覧 (12/14)シチズンホールディングスはPBRに出遅れ感強く戻り高値
記事一覧 (12/14)選挙前情勢を受けピーエス三菱など「国土強靭化策」に期待し急伸
記事一覧 (12/14)【株式市場】世論調査を受け国土強靭化策などに関連する材料株物色が活発
記事一覧 (12/14)サンコーテクノは気配値上げる!国交省の緊急点検や国土強靭化策に期待
記事一覧 (12/14)シャープは需給強く米アップル社との関連など好感し連日高
記事一覧 (12/14)本日再上場のチムニーは公開価格1000円に対し945円で初値
記事一覧 (12/14)東京ドームは決算好調だが先取ってきたため高値更新後一進一退
記事一覧 (12/14)上場2日目のコロプラは本日も公開価格を上回って堅調
記事一覧 (12/14)日立製作所はSQ巡る売買に押されるがインド展開を好感し底堅い
記事一覧 (12/13)クオールは「1部昇格」と「減額」どちらを取るか注目−−引け後のリリース
記事一覧 (12/13)ホンダは約2週間ぶりに戻り高値を更新
記事一覧 (12/13)「米緩和」で三井不動産など財閥系不動産がそろって年初来の高値
記事一覧 (12/13)任天堂は続伸!全体相場の上げに乗り「Wii U」好調を見直す
記事一覧 (12/13)ファーストリテイリングは寒波・豪雪など材料に分割後初の2万円乗せ
記事一覧 (12/13)本日新規上場のコロプラは公開価格を88%上回って初値
記事一覧 (12/13)アルバックは敦賀原発やソフトバンクを材料に戻り高値
記事一覧 (12/13)シャープは需給強く米アップル社との関連など好感し250円を回復
記事一覧 (12/13)本日新規上場のコロプラは「位置ゲー」にひい出て気配値を上げる
2012年12月14日

【銘柄フラッシュ】東京電力が急伸し大林組など高値に進みシャープは連日活況高

 14日後場は、衆議院選の投票日を控え、ひとまず手仕舞うムード。後場寄りに反発幅を広げた日産自動車<7201>(東1)は大引け0.3%安と軟化し、日経平均も小幅安反落。ただ、原発政策や一段の脱デフレ策、国土強靭化策などには期待が強く、東京電力<9501>(東1)が7.8%高の急伸となり戻り高値。大林組<1802>(東1)は3.4%高で高値更新。三井不動産<8801>(東1)も1.2%高で高値を更新し、日本橋梁<5912>(東1)は一段ジリ高の8.4%高。携帯基地局や太陽光発電投資に関連する多摩川ホールディングス<6838>(JQS)は36.2%ストップ高。

 本日、新規上場のチムニー<3178>(東2)は9時9分に公開価格1000円に対し945円で売買が成立し、初値。その後は下値を937円に、957円まで上げ、終値は943円。寿司居酒屋「はなの舞」などを展開。MBO(経営陣の参加による買収)で2010年4月にいったん上場廃止。2年8カ月ぶりの再上場。

 東証1部の値上がり率1位は前引けと同じランド<8918>(東1)で株価ひとケタのため50.0%高、2位も前引けと同じくピーエス三菱<1871>(東1)となり国土強靭化策などに期待あり前引けの12.8%高から一段上げて17.8%高、3位も前引けと同じくイノテック<9880>(東1)となりPBR0.3倍は低すぎとされて9.3%高の戻り高値、4位も前引けと同じく駒井ハルテック<5915>(東1)となり国土強靭化策に期待と出直りを強めて9.0%高。

 シャープ<6753>(東1)は全上場銘柄の中で出来高1位となり需給妙味が強く終盤に再騰し7.6%高の高値引けで3日連続戻り高値を更新した。ソニー<6758>(東1)も2.3%高となり連日の戻り高値となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:12 | 株式投資ニュース

東京電力は「投機適格」?次期内閣への期待など強め値上がり率2位

 東京電力<9501>(東1)は14日の後場も一段高の強調相場となり、14時20分にかけて約10%高の155円(14円高)まで上げ、戻り高値を更新。東証1部の値上がり率2位に入った。選挙前の世論調査が朝日新聞、日本経済新聞とも自民党優勢と伝えたため、原発政策に対する期待から、電力株が全面高。中で、東京電力は業績などで論じる銘柄ではないため、「投機適格」銘柄だとして割り切った買いが集まっている。年末特有の材料株相場で、意外に値幅を出す可能性も言われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

シチズンホールディングスはPBRに出遅れ感強く戻り高値

 シチズンホールディングス<7762>(東1)は後場もジリ高基調となり、戻り高値の更新幅を拡大。13時40分に430円(19円高)まで上げ、14時20分現在も429円で強い値動きとなっている。PBRは0.7倍台。一方、東証1部銘柄の平均PBRは、このところの全体相場の上昇によって0.99倍に上昇。出遅れ感が強まっている。年初来の高値は3月の537円がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

選挙前情勢を受けピーエス三菱など「国土強靭化策」に期待し急伸

 コンクリートのピーエス三菱<1871>(東1)は14日の後場も強い値動きを続け、13時20分を過ぎては14.2%高の571円(71円高)12.8%高前後で推移。株価ヒトケタ銘柄を除くと東証1部の値上がり率1位になっている。仕手色が強く、衆議院選の情勢調査で朝日新聞、日本経済新聞とも自民党の優勢を伝えたため、「国土強靭化」構想などに期待が強まった。値上がり率上位には日本橋梁<5912>(東1)などが並び、同様の思惑が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

【株式市場】世論調査を受け国土強靭化策などに関連する材料株物色が活発

■約3年ぶり上場のチムニーは堅調

 14日前場の東京株式市場は、日経平均は小反落となったもののTOPIX(東証指数)は小幅続伸となり、材料株物色が活発。選挙前の世論調査が大手紙で伝えられたため、一段の脱デフレ策や国土強靭化策に期待が強まり、コンクリートのピーエス三菱<1871>(東1)日本橋梁<5912>(東1)が急伸。アンカー(特殊ボルト)のサンコーテクノ<3435>(JQS)は気配値を強め、株式分割のアマガサ<3070>(JQS)は3日連続ストップ高。シャープ<6753>(東1)は連日戻り高値で出来高1位。日経平均の前引けは9734円09銭(8円64銭安)。

 東証1部の出来高概算は、先物・オプションのSQ(清算値)算出を巡る売買があり、19億5954万株、売買代金は1兆3631億円。1部上場1692銘柄のうち、値上がり銘柄数は739銘柄、値下がり銘柄数は750銘柄。

 本日、新規上場のチムニー<3178>(東2)は9時9分に公開価格1000円に対し945円で売買が成立し、初値。その後は下値を937円に、957円まで上げ、前引けは947円。寿司居酒屋「はなの舞」などを展開。MBO(経営陣の参加による買収)で2010年4月にいったん上場廃止。2年8カ月ぶりの再上場。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

サンコーテクノは気配値上げる!国交省の緊急点検や国土強靭化策に期待

 サンコーテクノ<3435>(JQS)は14日の前場、気配値を強める相場になり、前引けは1801円(前日比変わらず)の買い注文に対し、1810円(9円高)なら売りたい注文がニラミ合った。コンクリートなどに物体を固定するアンカー(特殊ボルト)で国際的にも独走する大手。中央自動車道・笹子トンネルに関して国土交通省が行なった緊急点検で、同省が13日、事故の起きていない側の下り路線(前長約4.7キロメートル)に吊り金具の緩みなどが670ヵ所見つかったと発表。下りトンネルだけでアンカーボルトが1万2000ヵ所あるとされたため、交換需要などに期待や思惑が広がった。同じ構造のトンネルは全国に60ヵ所以上あるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

シャープは需給強く米アップル社との関連など好感し連日高

 シャープ<6753>(東1)は14日も上値を追う相場になり、10時過ぎに5.6%高の264円(14円高)をつけたあとも10時30分にかけて263円と強い動きを継続。戻り高値を更新し、東証1部の出来高1位、売買代金4位となっている。円安は一服基調になったものの、信用売り残と買い残が高水準のまま拮抗しており、値動きをみて需給バランスが「上げ賛成」に傾いている模様だ。昨日は米アップル社と大型高解像度テレビを協議との観測報道があり、週初には金融機関の追加支援や最先端の液晶パネル「IGZO」(イグゾー)の拡大などが伝えられ、材料も豊富だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

本日再上場のチムニーは公開価格1000円に対し945円で初値

 本日、新規上場のチムニー<3178>(東2)は14日、9時9分に公開価格1000円に対し945円で売買が成立し、初値をつけた。その後は下値を937円に、955円まで上げて10時現在は945円となっている。寿司居酒屋「はなの舞」などを展開し、公募株数100万株、売出株数は最大922万2000株。MBO(経営陣の参加による買収)で2010年4月にいったん上場廃止。2年8カ月ぶりの再上場となった。今12月期の業績見込みは、連結売上高が前期比12.3%増の424.01億円、営業利益は同14.9%増の33.40億円、純利益は同21.0%増の12.63億円、1株利益は62円19銭とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

東京ドームは決算好調だが先取ってきたため高値更新後一進一退

 東京ドーム<9681>(東1)は14日、高値更新の後一進一退。朝寄りから9時40分にかけては、276円(1円高)まで上げて273円(2円安)前後での推移になっている。昨日発表した第3四半期の連結決算(2〜10月)は好調だったものの、すでに前週末、好調予想の観測報道があり、一昨日・昨日に年初来の高値を更新。本日は休養の様子だ。第3四半期は、売上高が前年同期比13.2%増加し、営業利益は同99.1%の増加。今1月期の予想は据え置いたものの、営業利益は第3四半期で87.4億円になり、通期予想の86億円を超過した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

上場2日目のコロプラは本日も公開価格を上回って堅調

 昨日新規上場のゲーム開発企業・コロプラ<3668>(東マ)は14日、4800円(140円高)で寄ったあと4890円と堅調。引き続き公開価格3000円を上回って好調な始まりとなった。位置情報ゲーム(位置ゲー)で急成長。昨日は、買い気配を上げて後場寄り後に公開価格を88%上回る5950円で初値をつけ、その後5720円まで上げる場面があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

日立製作所はSQ巡る売買に押されるがインド展開を好感し底堅い

 日立製作所<6501>(東1)は13日、底堅い始まりとなり、474円(8円安)で寄ったあとは473円を下値に475円と持ち直す始まりになった。昨日インドのニューデリーで記者会見し、同国での積極展開を発表したことが好感されている。株価は昨日486円の戻り高値をつけたばかりで、本日は、朝のオプションSQを巡る現物株の売買が売り優勢になった模様。。適度な押し目形成との見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2012年12月13日

クオールは「1部昇格」と「減額」どちらを取るか注目−−引け後のリリース

■PERは順当で昇格記念配当に期待も

引け後のリリース、明日の1本 調剤薬局のクオール<3034>(東2)は13日の大引け後、東証1部への承認と業績予想の減額修正を発表。東証1部への昇格は12月20日からになり、今3月期の連結純利益は約11%引き下げて18.4億円の予想を16.4億円の予想とし、修正後の予想1株利益は64円17銭とした。上期の新規出店計画がやや下期にズレ込んでいることが主要因。通期での出店計画は達成する見込みで、既存店の業績は堅調とした。

 本日の株価終値は738円(4円高)。株価材料としては、いいニュースと悪いニュースが相殺される可能性があるものの、通期での出店計画は達成の見込みとするため、1部昇格を好感する余地がある。修正後の予想1株利益からはPER11倍台のため、割高感は希薄。1部昇格銘柄の中には記念増配を行なう企業もあり、こちらへの期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:53 | 株式投資ニュース

ホンダは約2週間ぶりに戻り高値を更新

 ホンダ<7267>(東1)は13日の後場も上値を追う相場になり、2832円(83円高)まで上げて11月26日につけた戻り高値を更新。この日以来の2800円台乗せとなった。対ドルで83円台、対ユーロで109円台に入る円安が好感されたほか、米国が発表した追加の金融緩和により、米国景気の回復や日本株買い余力の回復に期待が広がった。このところ、信用売り残が増加気味だったため、買い戻しによる株高効果にも期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:03 | 株式投資ニュース

「米緩和」で三井不動産など財閥系不動産がそろって年初来の高値

 三井不動産<8801>(東1)が一時1847円(55円高)まで上げて11月20に以来の年初来高値に進み、三菱地所<8802>(東1)は2日続けて高値を更新、住友不動産<8830>(東1)は11月19日以来の高値更新となるなど、不動産株が軒並み高い。昨夜、米国がFOMC(金融政策決定会合)で追加緩和の継続などを発表したため、日銀も動きやすくなったとの期待が拡大。また、米国の投資資金は、低利のおかげで海外に振り向ける余裕が拡大するとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

任天堂は続伸!全体相場の上げに乗り「Wii U」好調を見直す

 任天堂<7974>(大1)は後場も続伸基調を保ち、14時現在は9100円(110円高)前後で推移。前場の高値9190円(200円高)には届いていないものの、全体相場の一段高に乗り、8日に国内で発売開始した新製品の出足好調を見直す動きが出ている。新製品のゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」は、発売から最初の2日間で約30万9000台売れて好調と11日に伝えられたものの、翌日の株価終値は190円高の8990円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは寒波・豪雪など材料に分割後初の2万円乗せ

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は13日の後場もジリ高となり、13時20分にかけて2万260円(470円高)まで上昇。連日の年初来高値更新となり、2002年2月の株式分割後、初の2万円台乗せとなった。このところの寒波・豪雪により、「ユニクロ」衣料の需要増加に期待が高揚。信用売り残が多く、買い残の10倍近いため、買い戻しが膨れた場合の株高効果も期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

本日新規上場のコロプラは公開価格を88%上回って初値

 前場、買い気配のまま値がつかなかった本日上場のコロプラ<3668>(東マ)は後場、12時53分に5650円で売買が成立。公開価格3000円を88%上回る初値形成となった。スマートフォンなどの位置情報を利用した位置情報ゲーム(位置ゲー)で急成長。12月は再上場を含めて新規上場銘柄が14銘柄予定され、本日までで6銘柄が上場。うち4社が公開価格を上回る初値となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

アルバックは敦賀原発やソフトバンクを材料に戻り高値

 太陽電池製造装置のアルバック<6728>(東1)は13日、急伸となって戻り高値に進み、10時30分にかけて12.7%高の683円(77円高)。敦賀原発の活断層を巡る動向に加え、ソフトバンク<9984>(東1)が全国の一般住宅の屋根を借りてソーラー発電事業を展開と伝えられたため、需要増加の期待が強まっている。今期は黒字に転じる可能性があり、信用売りを買い戻す動きが広がれば面白くなるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

シャープは需給強く米アップル社との関連など好感し250円を回復

  シャープ<6753>(東1)は13日も上値を追う相場になり、10時40分には6.4%高の250円(15円高)。3日続伸で、8月2日以来の250円回復となった。円安の進行に加え、米アップル社と大型高解像度テレビを協議との観測報道があり、出来高・売買代金とも1位。金融機関の追加支援や最先端の液晶パネル「IGZO」(イグゾー)の拡大などを引き続き好感されている。信用売り残、買い残が両方とも高水準のまま拮抗しており、バランス次第では大きく動き出す可能性が強いため、連日高に拍車がかかる期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

本日新規上場のコロプラは「位置ゲー」にひい出て気配値を上げる

 13日、新規上場のコロプラ<3668>(東マ)は気配値を上げる好スタートとなり、10時には公開価格3000円に対し3900円の買い気配。スマートフォンなどの位置情報を利用した位置情報ゲーム(位置ゲー)で急成長。ゲームには、旅行しながらポイントや距離を獲得するものなどがあり、JR九州(九州旅客鉄道)の九州周遊切符とタイアップした展開などが話題になった。公募株数78万株、売出株数は最大67万2000株。今9月期の連結業績見込みは好調で、売上高が前期比97.0%増の99.92億円、営業利益は同1.5倍の23.18億円、純利益は同61.9%増の12.6億円、1株利益は162円90銭と見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース