[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/10)上昇相場のサンコーテクノ新高値、15日の決算に期待、一段高へ
記事一覧 (05/10)日本ユニシスは好決算に「マイナンバー制度」の期待加わり高値更新
記事一覧 (05/10)三越伊勢丹HLDは今期も最終減益の見込みとしたが株価は堅調
記事一覧 (05/10)マーベラス急伸、6万円突破、今日好決算発表、今期も好調予想で10万円も
記事一覧 (05/10)【銘柄フラッシュ】ウシオ電機が急伸し「マイナンバー制度」でNTTデータも高い
記事一覧 (05/10)3000円乗せのOBARA続伸、今期最高益へ、自動車人気も追い風
記事一覧 (05/10)日本エンタープライズは5月決算の上ぶれ期待強くストップ高
記事一覧 (05/10)NTTデータ「マイナンバー制度」に期待が強まり高値更新
記事一覧 (05/10)ディー・ディー・エスは「マイナンバー制度」に期待強く連続ストップ高
記事一覧 (05/10)スズキは1ドル100円台や最高益を好感し高値更新
記事一覧 (05/10)ソニーは4年1カ月ぶりの1ドル100円台や黒字を好感し高値更新
記事一覧 (05/10)GSユアサコーポレーションは円安と「787」好感し続伸 好感し続伸
記事一覧 (05/09)【引け後のリリース】テラプローブ:エルピーダの発注続き「継続前提の注記」解消
記事一覧 (05/09)【銘柄フラッシュ】ネクシィーズやセキュアヴェイルが急伸しパイプドビッツも高い
記事一覧 (05/09)コムシスホールディングスは2ケタ増益と自社株買いを好感し高値更新
記事一覧 (05/09)テクノアソシエは今期も2ケタ増益の見込みで後場急動意
記事一覧 (05/09)旭化成は今期の営業利益41%増など大幅増益の見込み
記事一覧 (05/09)マーベラスAQL ポケモン、タカラトミーアーツと『ポケモントレッタラボforニンテンドー3DS』を8月10日から発売
記事一覧 (05/09)【銘柄フラッシュ】サイバネットシステムが急伸しチムニーは上場来高値
記事一覧 (05/09)吉野家ホールディングスは値下げ作戦が見事に奏功し高値更新
2013年05月10日

上昇相場のサンコーテクノ新高値、15日の決算に期待、一段高へ

 上昇相場の続くサンコーテクノ<3435>(JQS・売買単位100株)は155円高の3130円と去る8日の3050円を抜いて高値更新だ。

 5月15日(水)に3月期決算の発表を予定している。既に、4月12日に前3月期の増額と年40円(2012年3月期年35円)配当へ増配を発表している。修正後の1株利益では予想の172.0円が221.1円(2012年3月期140.3円)となっている。

 さらに、日本強靭化計画に沿って、同社のコンクリート構造物対応の「あと施工アンカー」、「引っ張り強度試験機」などの好調が予想される。このため、2014年3月期の業績続伸は確実とみられ、1株利益がどのていどになるかが楽しみである。前期1株利益で弾いたPERは14.1倍とマーケット平均の18倍台を下回り割安が顕著なだけに決算発表後に一段高を目指すものとみられる。

>>サンコーテクノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:00 | 株式投資ニュース

日本ユニシスは好決算に「マイナンバー制度」の期待加わり高値更新

 日本ユニシス<8056>(東1)は10日の後場も高値更新相場を続け、14時を過ぎては950円(86円高)。情報システムの大手で、昨日発表した2013年3月期の決算が好調で、純利益は黒字転換した上、今期の予想を営業利益44.4%増、純利益は5.5倍とするなど、大幅拡大の見込みとしたことが好感されている。また、NTTデータ<9613>(東1)と同様に、納税や社会保障費などに関する共通番号制度(マイナンバー制度)に関連するシステム受注に対する期待感も強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

三越伊勢丹HLDは今期も最終減益の見込みとしたが株価は堅調

 三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は10日の後場も堅調で、13時30分にかけては1555円(7円高)前後で推移。13時に2013年3月期の決算を発表し、連結純利益は前期比57.1%減となり、今期の予想も13.0%減としたものの、底堅い相場になっている。「アベノミクス」効果により、高額品の消費動向が上向いており、百貨店の中でも強みを発揮できるとの期待がある。今期の連結売上高の予想は3.5%増の1兆2800億円、営業利益は12.6%増の300億円、1株利益は55円76銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

マーベラス急伸、6万円突破、今日好決算発表、今期も好調予想で10万円も

 5万円割れまで調整となっていたマーベラスAQL<7844>(東1・売買単位1株)が急伸、6万円を突破、3月13日につけた年初来高値6万8500円へ接近となっている。
 今日(10日)発表予定の3月期決算に期待が強まっている。第3四半期での2013年3月期見通しは63.1%増収、営業利益2.1倍、1株利益3273円となっている。同社の属するエンーテイメント業界はソーシャルゲームの市場規模が拡大を続けている。とくに、同社では昨年5月にサービスを開始した『一騎当千バースファイト』が好調で業績に寄与している。

 今期(2014年3月期)も増収増益が確実視され、数字次第では高値更新から10万円相場を目指すものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ウシオ電機が急伸し「マイナンバー制度」でNTTデータも高い

 10日前場は、4年1カ月ぶりの1ドル100円台を好感して自動車株や電機・精密株から全面高。マツダ<7261>(東1)は自動車株の中で輸出比率が高いため全市場の出来高トップとなって8.4%高の高値更新。昨日決算を発表したソニー<6758>(東1)も1.7%高の高値更新となり、株式活況を材料に野村ホールディングス<8604>(東1)も2.7%高の高値更新。売買代金トップはソフトバンク<9984>(東1)となり8.8%高の高値更新。

 社会保障費や納税に関する「マイナンバー制度」を材料にNTTデータ<9613>(東1)が13.9%高の高値更新となり、指紋認証ソフトのディー・ディー・エス<3782>(東マ)はストップ高。

 東証1部の値上がり率1位はインプレスホールディングス<9479>(東1)の26.7%高となり昨日の決算発表を好感し一気に高値、2位はウシオ電機<6925>(東1)の25.8%高となり同じく昨日の決算発表を好感し一気に高値、3位はミツバ<7280>(東1)の20.2%高となり同じく昨日の決算発表を好感し一気に高値、4位は東洋シヤッター<5936>(東1)の18.7%高となり同じく昨日の決算発表を好感し一気に高値となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:18 | 株式投資ニュース

3000円乗せのOBARA続伸、今期最高益へ、自動車人気も追い風

 前日3000円乗せのOBARA GROUP<6877>(東1)は、さらに250円高の3275円と買い進まれ、権利修正チャートでみれば2006年9月の水準に到達している。当時、2006年9月期の業績は営業利益48億4200万円、1株利益174.5円という内容で、今9月期については営業利益62億円(前期比38.7%増益)、1株利益241.8円と当時を上回る。しかも、過去最高の営業利益57億1200万円(2008年9月期)をも上回る。

 加えて、第2四半期で営業利益進捗率が50.3%と良好で、今後の円安効果等を見込めば増額の可能性が期待できるだろう。

 PERはまだ13倍強と割安。自動車向け溶接機の大手で世界的。自動車株の高いことも同社株に追い風で上場来高値3933円(分割修正=2006年6月)を更新して4000円台も見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:35 | 株式投資ニュース

日本エンタープライズは5月決算の上ぶれ期待強くストップ高

 携帯コンテンツ配信などの日本エンタープライズ<4829>(東2)は10日の前場、ストップ高の2万190円(4000円高)に達して一気に高値を更新。2007年以来の2万円台乗せとなった。5月決算銘柄で、企業向けにコスト削減などを支援する「リバースオークション」などの好調さを背景に大幅増益の見込み。さらに上ぶれ期待がある。本日は、株式情報紙系の「10時の注目株」で「今後あらためて上昇基調入り」と採り上げられた模様だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:32 | 株式投資ニュース

NTTデータ「マイナンバー制度」に期待が強まり高値更新

 NTTデータ<9613>(東1)は10日、連日の高値更新となり、10時30分過ぎに39万2000円(4万8000円高)まで上昇した。8日に発表した3月決算が好調だった上、同社・岩本敏男社長が納税や社会保障費などに関する共通番号制度(マイナンバー制度)に関連するシステム受注に並々ならぬ意欲を示したと伝えられたため、同制度が今国会を通過する見込みになったことも材料視されている。今期・2014年3月期の業績予想は、連結純利益を前期比3.4%増の450億円とし、1株利益は160円43銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

ディー・ディー・エスは「マイナンバー制度」に期待強く連続ストップ高

 指紋認証ソフトのディー・ディー・エス<3782>(東マ)は10日、3日連続のストップ高となり、朝方に2万700円(4000円高)に達した後、10時を過ぎても1万9000円台で強い値動き。納税者番号制度を発展させた「マイナンバー制度」法案が今国会で成立する見通しになったことを受け、なりすましなどの悪用防止に向けた需要拡大の期待が続いている。2万円台は2009年以来。PERなどの株価指標は超割高だが、業績は回復途上。値幅妙味が大きく、夢を買う上でも魅力があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

スズキは1ドル100円台や最高益を好感し高値更新

 スズキ<7269>(東1)は10日、高値更新の始まりとなり、2680円(90円高)で売買成立の後は2760円(170円高)。円相場がNY市場から4年1カ月ぶりの1ドル100円台になった上、昨日発表した2013年3月期の連結決算が好調で、純利益は49.2%増の約803.89億円となり、5期ぶりに最高を更新したことなどが好感されている。今期の予想も純利益は12.0%増の900億円とし、為替前提は1ドル90円、1ユーロ120円のため、為替差益の上乗せなどが期待されている。予想1株利益は160円44銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

ソニーは4年1カ月ぶりの1ドル100円台や黒字を好感し高値更新

 ソニー<6758>(東1)は10日、高値更新の始まりとなり、1800円(56円高)で売買成立の後は1817円(73円高)。円相場がNY市場から4年1カ月ぶりの1ドル100円台の円安になった上、昨日、2013年3月期の連結決算を発表し、最終損益が約430億円の黒字(前の期は4566億円の赤字)と5年ぶりに最終黒字となったことなどが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

GSユアサコーポレーションは円安と「787」好感し続伸 好感し続伸

 ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)は10日、続伸の始まりとなり、428円(8円高)で売買開始の後は430円(10円高)。円相場が4年1カ月ぶりに1ドル100円台の円安になった上。昨日発表した2013年3月期の決算で、ボーイング787型機に装備するバッテリーを巡るトラブルの影響は軽微との見通しをトップが述べたと伝えられ、安心感が広がっている。日経平均はいきなり上げ幅200円台の急伸で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2013年05月09日

【引け後のリリース】テラプローブ:エルピーダの発注続き「継続前提の注記」解消

■エルピーダメモリの影響あったが前3月期は最終黒字

引け後のリリース、明日の1本 半導体テストなどのテラプローブ<6627>(東マ)は9日の大引け後、2013年3月期の決算を発表し、この決算短信で「継続企業の前提に関する注記」を解消するとした。「注記」を解消した銘柄は株価水準を一変する急伸相場に発展するケースがあり、明日急騰した後も継続的に注目の余地がある。

 発表によると、「注記」は2012年3月期から記載してきた。同社の主要顧客であり、株主でもあった半導体製造の大手エルピーダメモリが2012年2月に会社更生手続きに入ったため、記載してきたが、エルピーダメモリの更生計画が進み、ウエハテスト業務の委託は継続しているため、解消するとした。

 前3月期は、テスト受託では主要顧客のウエハ生産数量が低迷したことなどから低調に推移したものの、セグメント別では、メモリ事業でテスト時間の長い製品の受託数量が増加し、システムLSI事業ではイメージセンサの受託が増加するなど、比較的堅調に推移。連結決算は、売上高が前期比11.9%減少し、営業利益は0.42億円の赤字、純利益は5.0億円の黒字に転換した。1株純資産は2165円57銭。

 今期・14年3月期の予想は、半導体業界の特徴として市場環境が短期間に変化するため、翌四半期の業績予想(14年4月〜6月)のみを開示することとし、この間の連結売上高は50億円、営業利益は2.0億円の赤字、純利益は2.0億円の赤字の見込みとした。一般に入手できる業績予想として、「会社四季報」(東洋経済新報社)の通期予想をみると、営業・経常・純利益とも黒字転換の見込み。前期決算の利益数字は会社四季報を上回ったため、今期は業績面でも期待する余地がある。

 株価は昨年2月から12月まで500円割れをはさむ底ばい相場だったものの、1月から持ち直し手下値を切り上げる相場になり、本日1344円(前日比70円高)の高値に進み、終値も1321円(47円高)だった。PBR0.6倍(1株純資産の6割の水準)のため、割安感は強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:18 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ネクシィーズやセキュアヴェイルが急伸しパイプドビッツも高い

 9日後場は、G7(7カ国財務相・金融政策担当者会合)を控えて円相場に不透明感が広がり、前場は高値に進んだトヨタ自動車<7203>(東1)が大引けは1.4%安など、輸出株が次第にダレ模様。日経JASDAQ平均も軟調転換し、全体に上げ一服。ただ、好決算銘柄は活況で、13時に決算を発表した萩原電気<7467>(JQS)は5.0%高となり高値更新、14時に発表の日本パワーファスニング<5950>(大2)は14.3%高で高値更新、14時30分に発表したDIC<4631>(東1)も5.9%高となって高値更新、コムシスホールディングス<1721>(東1)も6.4%高で高値更新。昨日中間配当の開始も発表したカシオ計算機<6952>(東1)は終日高値更新のまま4.1%高。

 自社株買いも発表したチムニー<3178>(東2)は上場来の高値に進み13.2%高。ネット選挙関連のパイプドビッツ<3831>(東マ)は11.9%高となり連日高値。また、政府のサイバー犯罪対策組織を材料にセキュアヴェイル<3042>(JQG)は23.1%ストップ高、急伸。ラック<3857>(JQS)も15.4%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位にはネクシィーズ<4346>(東1)の29.7%ストップ高が入り旅行サイトや電子マガジンの好調観測が言われて13時頃から急伸、2位は前場に続きファルコSDホールディングス<4671>(大1)となり明日の決算発表に期待とされて東証で23.4%ストップ高、主市場の大証でも23.3%ストップ高、3位にはローランド ディー.ジー<6789>(東1)の23.3%ストップ高が入り昨日発表の決算を好感して朝から23.7%ストップ高気配を続けた末に大引けで売買成立しランキングに入った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:06 | 株式投資ニュース

コムシスホールディングスは2ケタ増益と自社株買いを好感し高値更新

 電機通信公示の大手コムシスホールディングス<1721>(東1)は9日の後場一段高の高値更新となり、前場終値1333円(11円高)から14時30分過ぎには1468円(146円高)まで上昇。その後も日経平均やTOPIXが軟調に転じる中で1400円台を保ち、強い相場になっている。14時30分に2013年3月期の決算と自己株の取得(自社株買い)を発表し、13年3月期は営業・経常・純利益とも2ケタ増益。自社株買いは上限株数500万株(発行株数の4.06%)と株式需給にインパクトがありそうな点が材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:47 | 株式投資ニュース

テクノアソシエは今期も2ケタ増益の見込みで後場急動意

 電子機器や家電・自動車関連素材商社のテクノアソシエ<8249>(東2)は9日の後場急動意となり、前場終値の700円(190円安)から13時過ぎには950円(60円高)まで上昇。13時に2013年3月期の決算を発表し、今期も2ケタ増益で増益幅拡大の予想を出したことが注目されている。連結ベースで前3月期の営業利益は15.6%増加。今期は67.2%増の見込み。純利益も前期の10.6%増から今期は28.3%増を見込む。5月1日に980円の年初来高値がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

旭化成は今期の営業利益41%増など大幅増益の見込み

 旭化成<3407>(東1)は9日の後場寄り後に一段高となる場面があり、前引け値の674円(5円安)から後場寄り後には695円(16円高)まで急動意。昼12時過ぎに2013年3月期の決算を発表し、今期の連結業績予想を、売上高は前期比13.5%増加の1兆8910億円、営業利益は同41.4%増の1300億円、純利益は同43.4%増の770億円などとし、大幅増益の見込みにしたことが好感された。予想1株利益は55円09銭。ただ、後場は、13時前にTOPIX(東証株価指数)が軟調に転換し、日経平均も13時過ぎに軟調転換するなど、全体的に調整基調。このため13時40分現在は670円(9円安)前後まで押し戻されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

マーベラスAQL ポケモン、タカラトミーアーツと『ポケモントレッタラボforニンテンドー3DS』を8月10日から発売

■“アミューズメントゲームで集めた「トレッタ」を家でも楽しめないか”をコンセプトに生まれる

 『牧場物語』シリーズなどを開発・販売するゲームメーカー・マーベラスAQL<7844>(東1)、ポケモンのブランドマネジメントを手がけるポケモン、タカラトミーグループの玩具メーカー・タカラトミーアーツは、3社で業務用キッズアミューズメントマシン『ポケモントレッタ』を展開しているが、今回、その『ポケモントレッタ』の遊びをニンテンドー3DS(TM)で楽しむことができる『ポケモントレッタラボforニンテンドー3DS』を8月10日から発売する。

 本商品にニンテンドー3DSをセットすると、「ポケモントレッタ」(配出物・以下トレッタ)を読みとることができる。読み込ませたトレッタの様々な情報をゲーム画面上で確認することができ、ポケモントレッタをさらに楽しく遊ぶことができる。

 “アミューズメントゲームで集めた「トレッタ」を家でも楽しめないか”。それをコンセプトに生まれたのが 『ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS』である。

 ニンテンドー3DS本体をセットして「トレッタ」の情報を読み取ることができる「トレッタスキャナー」とダウンロードソフト「ポケモントレッタラボ メインシステム」のセットで、ニンテンドー3DSでトレッタを読み込むことのできる初の商品となる。「ポケモントレッタラボ メインシステム」は商品に同梱されている二次元コードからアクセスして無料でダウンロードすることが可能。スキャナーに好きな「トレッタ」をセットすると、その情報を読み取ることができる。

≪商品概要≫ ■商品名:『ポケモントレッタラボfor ニンテンドー3DS』
■対応機種:ニンテンドー3DS LL/ニンテンドー3DS
■発売日:2013年8月10日(土)(予定)
■価格:3,800円(税込)
■プレイ人数:1人
■パッケージ:(幅)305mm×(奥行)90mm×(高さ)155mm
■内容:トレッタスキャナー、ニンテンドー3DS LL専用トレイ、ニンテンドー3DS専用トレイ、
ポケモントレッタラボ メインシステム 二次元コード、説明書
ルーキーポケモントレッタ3枚
※単三電池3本は別売り
■発売元:潟^カラトミーアーツ
■企画・開発・販売:潟}ーベラスAQL
■ソフト提供:潟|ケモン
■公式HP:http://pokemontretta.com

マーベラスAQL ポケモン、タカラトミーアーツと『ポケモントレッタラボforニンテンドー3DS』を8月10日から発売

>>マーベラスAQLのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】サイバネットシステムが急伸しチムニーは上場来高値

 9日前場は、昨日決算を発表したトヨタ自動車<7203>(東1)が高値を更新し1.4%高、ブリヂストン<5108>(東1)は4.4%安など、決算発表に敏感な展開。ただ全体は堅調で、14日に発表予定のシャープ<6753>(東1)は期待先行で13.0%高。自社株買いも同時発表したチムニー<3178>(東2)は上場来の高値に進み13.6%高。ソフトバンク<9984>(東1)は4.6%高となり「フルセグ」携帯を好感し連日高値。

 材料株も活況で、政府が官民合同のサイバー犯罪対応組織を創設と伝えられ、サイバネットシステム<4312>(東1)が21.2%ストップ高、セキュアヴェイル<3042>(JQG)も23.1%ストップ高。ラック<3857>(JQS)も15.4%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は日本合成化学工業<4201>(東1)の25.8%高となり決算発表を好感し高値更新、2位はファルコSDホールディングス<4671>(大1)となり明日の決算発表に期待とされて東証で23.4%ストップ高、主市場の大証でも23.3%ストップ高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | 株式投資ニュース

吉野家ホールディングスは値下げ作戦が見事に奏功し高値更新

 吉野家ホールディングス<9861>(東1)は9日の前場、連日高値となり、前引けにかけて11万8100円(2200円高)まで上げて2008年来の高値に進んだ。7日に発表した「吉野家」の4月の月次動向が好調で、既存店の売上高が前年同月比11.1%増となり7ヵ月ぶりの増加に転じたことが引き続き好感されている。牛丼の値下げ作戦が見事に奏功した形になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース