[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/19)【銘柄フラッシュ】ピーエイが急伸し長谷工コーポレーションやヤマタネも動意活発
記事一覧 (04/19)ピーエイは割安感強く雇用情勢など材料にストップ高
記事一覧 (04/19)長谷工コーポレーションはマンション市場5割増を好感し高値更新
記事一覧 (04/19)ドワンゴが売買交錯などネット選挙関連株は「可決成立」受け一服模様
記事一覧 (04/19)【銘柄フラッシュ】TPP関連の木徳神糧や「iPS細胞」関連の新日本科学が急伸
記事一覧 (04/19)住友不動産販売など日銀の国債オペ新方式を好感し戻り高値
記事一覧 (04/19)アールシーコア堅調、決算発表に期待、1株益100円なら「木材人気」も加わり2000円も
記事一覧 (04/19)リゾートトラストは消費マインド回復効果などに期待強く堅調
記事一覧 (04/19)日本取引所グループは東証の出来高活況で反発
記事一覧 (04/19)トリドールはTPPへの期待と好業績の予想が再燃し急反発
記事一覧 (04/19)栄研化学は鳥インフルエンザウイルスのニュースを材料に急反発
記事一覧 (04/19)リョービは業績予想の増額を好感し急反発
記事一覧 (04/19)東京エレクトロンは業績予想の増額を好感し買い気配
記事一覧 (04/18)【引け後のリリース】リョービは円高是正効果など寄与し業績予想を増額
記事一覧 (04/18)【注目のリリース】日東化工は合理化など進み5期ぶりに復配の見込み
記事一覧 (04/18)【銘柄フラッシュ】KLabやグリーが急伸しぴあや鴨川グランドホテルも高い
記事一覧 (04/18)KLabは新作好調で売建て玉の強制買い戻しもある様子でストップ高
記事一覧 (04/18)グリーは敗訴でも値上がり率でディー・エヌ・エーに勝つ
記事一覧 (04/18)住友不動産など大手不動産株が3月のマンション市場動向を好感し強い
記事一覧 (04/18)【銘柄フラッシュ】一休やゲーム関連株が急伸し高島屋やパルコも高値更新
2013年04月19日

【銘柄フラッシュ】ピーエイが急伸し長谷工コーポレーションやヤマタネも動意活発

 19日後場は、麻生財務相のG20(20カ国地域の財務相・中央銀行総裁会議)に関する談話が伝えられ、円安基調への安心感が広がり、トヨタ自動車<7203>(東1)が14時40分にかけて本日の高値に進むなど、全体に強含む展開。日銀の国債買い入れ方式の見直しなどを材料に、不動産株や含み資産株が動意を強め、東急不動産<8815>(東1)は7.9%高となり高値更新。長谷工コーポレーション<1808>(東1)はマンション市場の好調も材料に13.7%高。ヤマタネ<9305>(東1)は7.7%高。

 東京電力<9501>(東1)は業界再編の思惑や値幅妙味から急反発となり、売買代金1位、出来高2位の活況で12.6%高。出来高トップはみずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)の0.9%安小反落。

 ネット選挙関連法案が成立と伝えられ、ドワンゴ<3715>(東1)は前引け直前に高値を更新した後に目先的な材料出尽くし感が言われたものの、大引けも8.6%高。

 解雇規制の緩和を巡る議論が伝えられ、リブセンス<6054>(東1)は3日続けて高値更新の7.4%高、ピーエイ<4766>(東マ)は比較感から一気に動意を強めて37.3%ストップ高。

 東証1部の値上がり率1位は長谷工コーポレーション<1808>(東1)の13.7%高、2位は東京電力<9501>(東1)の12.6%高、3位は新日本科学<2395>(東1)の12.2%高となり「iPS細胞」関連の研究開発提携が相次ぎ昨年は大物仕手筋が注目したこともあり思惑高揚、4位は日本カーリット<4271>(東1)の11.25%高となり爆薬の大手だが本日は低PBRなどが材料とかで高値更新となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | 株式投資ニュース

ピーエイは割安感強く雇用情勢など材料にストップ高

 求人情報などのピーエイ<4766>(東マ)は19日の13時53分にストップ高の184円(50円高)まで上げ、一気に2009年以来の高値に進んだ。業績は2011年12月期から回復基調を強めており、PERは11倍台のため、割安感が強い水準。類似業種のリブセンス<6054>(東1)が「アベノミクス」による雇用情勢の改善を材料に、2日ほど前から動意を活発化させて高値に進んでいるため、連想買いが強まった面もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

長谷工コーポレーションはマンション市場5割増を好感し高値更新

 長谷工コーポレーション<1808>(東1)は19日の後場も高値を更新したまま強い相場を続け、13時40分には9.4%高の128円(11円高)前後で推移。PERが16倍台のため、市場平均からみて割安感があり、昨日伝えられた(株)不動産経済研究所による3月のマンション市場動向を引き続き好感する相場になっている。これによる3月の首都圏のマンション発売戸数は前年比で48.4%増加し、契約率は82.1%。契約率は、好不調の分かれ目とされる70%を2カ月連続で上回った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース

ドワンゴが売買交錯などネット選挙関連株は「可決成立」受け一服模様

 動画サイトのドワンゴ<3715>(東1)は19日の後場、売買交錯となり、13時を過ぎては40万8000円(2万円高)前後で推移。ネット選挙解禁の関連株で、本日、これに関する法案が参院本会議で採決のため、前場は42万8500円(4万5000円高)まで上げて2日連続の高値更新。昼、同法案が全会一致で可決成立したと伝えられると、材料出尽くし感が広がった。ネット選挙関連株は総じて一進一退になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】TPP関連の木徳神糧や「iPS細胞」関連の新日本科学が急伸

 19日前場は、中盤から円相場が軟化したため、トヨタ自動車<7203>(東1)が11時前には堅調転換し0.2%高、商船三井<9104>(東1)も3.7%高となり反発など海運株も切り返し急。東急不動産<8815>(東1)も3.6%高など、不動産株や含み資産株も堅調。材料株物色も活発で、ネット選挙関連のパイプドビッツ<3831>(東マ)は5.3%高で高値更新。

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉に7月参加と伝えられ、関連株の木徳神糧<2700>(JQS)は一時ストップ高のあと19.0%高。篠崎屋<2926>(東マ)は13.9%高と大幅高で高値更新。

 鳥インフルエンザ「H7N9型」関連株では栄研化学<4549>(東1)が8.4%高となって高値を更新。新日本科学<2395>(東1)は「iPS細胞」関連の研究開発提携が相次ぎ大物して筋が昨年注目したことがあるため思惑高揚し16.9%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

住友不動産販売など日銀の国債オペ新方式を好感し戻り高値

 住友不動産販売<8870>(東1)は19日の前場、6900円(450円高)まで上げて反発基調を強め、戻り高値に進んだ。金利水準の目安になる債券市場が堅調で、日銀による国債買い入れオペ(オペレーション、公開市場操作)の運営見直しを好感して価格上昇(利回りは低下)が目立ったため、不動産株や倉庫株が次第に強張る相場になった。三菱倉庫<9301>(東1)も1734円(22円高)と堅調相場に転換。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース

アールシーコア堅調、決算発表に期待、1株益100円なら「木材人気」も加わり2000円も

 アールシーコア<7837>(JQS・売買単位100株)は、2円高の971円と小高く、3月27日の1060円を高値に引き続き高値圏で頑強にモミ合っている。

 今日は、「木造建築」関連として注目されている。政府の林業活性化で国内材を使った大規模建築構造物を推進するといわれ木材に対する関心が高まることが予想されている。同社はログハウス大手で業績は堅調。木材志向からいっそうの業績向上が期待される。

 2013年3月期は13.6%増収、営業利益1.1%増益、1株利益94.4円、配当年14円の見通しで5月15日に決算発表の予定。2014年3月期の予想1株利益が100円台に乗ればモミ合い放れとなって中期2000円相場を目指すものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

リゾートトラストは消費マインド回復効果などに期待強く堅調

 リゾートトラスト<4681>(東1)は19日、朝方に3210円(50円高)をつけたあとも堅調で、11時にかけては3200円前後で推移。「アベノミクス」による消費マインド回復効果などへの期待が強く、輸出関連株が総じて重いため、資金がシフトしているようだ。業績は好調で、前3月期、今期とも拡大の見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

日本取引所グループは東証の出来高活況で反発

 日本取引所グループ<8697>(東1)は19日、反発となり、朝方に1万1350円(270円高)まで上げ、10時を過ぎても1万1300円をはさんで堅調。株式市場の活況が好材料になる銘柄で、本日は10時現在の東証1部出来高概算が13億4800万株。前後場の取引時間を4時間としても本日は50億株を超えるペースのため、期待が再燃している。これで日経平均も強ければ文句がないようだが、そうなると買う人が増えるため、その意味では今のうちが好機ではある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

トリドールはTPPへの期待と好業績の予想が再燃し急反発

 セルフサービスうどん店のトリドール<3397>(東1)は19日、急反発の始まりとなって昨年来の戻り高値に進み、9時50分にかけては一時1188円(79円高)まで上げた。3月決算が好調の見込みで、また、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)で恩恵を受けるとの見方があり、注目が再燃している。PERは14倍台のため割高感はないといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

栄研化学は鳥インフルエンザウイルスのニュースを材料に急反発

 栄研化学<4549>(東1)は19日、急反発の始まりとなり、1499円(45円高)で寄った後1540円。鳥インフルエンザ関連株のひとつで、中国で拡大が懸念される新型の鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」の感染者が計88人になったと伝えられ、思惑が再燃している。4月4日に1570円まで上げ、2005年以来の高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

リョービは業績予想の増額を好感し急反発

 ダイカスト製品の大手リョービ<5851>(東1)は19日、急反発の始まりとなり、231円(14円高)で寄ったあと233円(16円高)。昨日、2013年3月期の決算予想を増額修正したことがストレートに好感されている。、連結業績は、売上高を従来予想の1660億円から1665億円に引き上げ、経常利益は同じく25億円を30億円に、純利益は12億円を20億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は12円36銭。2月に267円の高値があり、この辺までは上値に圧迫感がない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

東京エレクトロンは業績予想の増額を好感し買い気配

 東京エレクトロン<8035>(東1)は19日、4305円(70円高)の買い気配で始まり、急反発。昨日の大引け後、2013年3月期の連結業績予想を全体に増額修正し、営業利益は従来予想を31.6%増額して125億円の見込みとしたことなどが好感されている。発表での増額要因は、原価及び経費の改善が前回予想時より進捗したため、と簡単明瞭で、修正後の予想1株利益は33円49銭。株価は3月に4525円、4月に4490円の高値があり、目先的にはこの高値水準である4500円前後の水準に戻り売りが集まるとされるため、この水準を本格的に抜いてくれば5000円相場が展望できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:01 | 株式投資ニュース
2013年04月18日

【引け後のリリース】リョービは円高是正効果など寄与し業績予想を増額

■PERなど割安感強まり遠からず修正高の公算

引け後のリリース、明日の1本 ダイカスト製品の大手・リョービ<5851>(東1)は18日の大引け後、2013年3月期の決算予想を増額修正し、連結業績は、売上高を従来予想の1660億円から1665億円に引き上げ、経常利益は同じく25億円を30億円に、純利益は12億円を20億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は12円36銭。

 個別業績には円高是正効果などがあり、連結業績では、米国子会社の繰延税金資産の回収可能性を再評価したことなども寄与した。決算発表は5月13日の予定。

 株価は昨年10月の141円を下値に上昇傾向に転じ、今年2月に267円まで上昇。その後は3月の204円、4月初の201円を下値に値固めの動きとなっている。本日の終値は217円(4円安)。予想1株利益からは17倍台(PER17.5倍)になり、東証1部銘柄の平均PERが24倍台担っている中では割安。また、1株純資産からは半値前後(PBR0.5倍)のため、遠からず割安修正高に進む可能性が強まったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:46 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日東化工は合理化など進み5期ぶりに復配の見込み

■前3月期の営業・経常・純利益の見込みを増額

 導電性樹脂などの日東化工<5104>(東2)は18日の大引け後、2013年3月決算(非連結)の予想と配当予想の増額を発表し、3月期末配当は最近の業績動向を踏まえ、これまでの未定を1円とし、08年3月期以来、5期ぶりに復配の見込みとした。

 前3月期の業績見込みは、売上高が日中摩擦の影響で自動車関連が伸び悩み、従来予想の99億円を95.8億円に減額したものの、合理化などによる原価低減により、営業利益は0.60億円の見込みを0.73億円に増額し、純利益も0.30億円から0.45億円に増額した。新たな予想1株利益は1円19銭。

 本日の株価終値は79円(1円安)。1株利益の絶対額がまだ低いため、PERでは割高感が強いものの、5期ぶりの復配は好材料。09年以降は50円前後から107円の幅で長期底練りを続けてきたため、上昇に転じた場合は新波動となって大きな相場を形成する可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:17 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】KLabやグリーが急伸しぴあや鴨川グランドホテルも高い

 18日後場は、円相場が軟化しそうで底堅いためか、東芝<6502>(東1)が一段軟化して3.7%安。ホンダ<7267>(東1)は弱もみ合いの1.3%安。半面、ネット関連の好業績株などは活況高となり、ゲーム開発のKLab<3656>(東1)は2日続けてストップ高の19.2%高、ネット選挙関連のパイプドビッツ<3831>(東マ)は18.8%高、動画配信のブロードメディア<4347>(JQS)は32.9%ストップ高。消費マインド回復関連株も人気高揚し、洋風居酒屋のハブ<3030>(JQS)も15.5%ストップ高。

 グリー<3632>(東1)は7.7%高となり戻り高値を更新。釣りゲームを巡る裁判でディー・エヌ・エー<2432>(東1)などに敗訴と伝えられたものの、ディー・エヌ・エーの2.3%高を上回り、株価では勝った形。

 宿泊予約サイト大手の一休<2450>(東1)は大幅増配の観測報道や消費マインド回復の期待から14.7%高となり高値を更新。鴨川グランドホテル<9695>(JQS)は8.1%高となり戻り高値、帝国ホテル<9708>(東2)も5.5%高で戻り高値。

 パルコ<8251>(東1)は9.8%高となって高値に進み、2月上場の買取王国<3181>(JQS)は7.8%高。

 東証1部の値上がり率1位には よみうりランド<9671>(東1)の19.7%ストップ高が入り含み資産株とされて10時頃から動意を強め13時頃に3月のマンション市場動向が伝えられるとストップ高、2位はKLab<3656>(東1)の19.2%ストップ高、3位は一休<2450>(東1)の14.7%高、4位はぴあ<4337>(東1)の14.1%高となり昼に業績・配当の予想を増額発表し急反応となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:11 | 株式投資ニュース

KLabは新作好調で売建て玉の強制買い戻しもある様子でストップ高

  ゲーム開発のKLab<3656>(東1)は18日の後場もストップ高の621円(100円高)に貼り付いたまま買い気配で推移し、14時20分現在、まだ後場の売買は成立していない。4月15日に配信を開始した新作が好調と伝えられ、昨日から連続ストップ高。本日は、輸出株が冴えないため、ゲーム株などのネット関連株に資金が流入している。また、同社株は、12日に業績予想を減額修正したことを悪材料に急落しており、このときに売り建てた投資家が買い戻しを余儀なくされて株高を助長している面もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

グリーは敗訴でも値上がり率でディー・エヌ・エーに勝つ

 グリー<3632>(東1)は18日の後場一段高となり、13.0%高の1329円(153円高)まで上げて戻り高値を更新。13時50分にかけても1285円(109円高)前後で強い推移となっている。釣りゲームを巡るディー・エヌ・エー<2432>(東1)などとの裁判で最高裁がグリーの上告を退けたと伝えられたものの、ほぼ3年にわたる訴訟に決着がついた出尽くし感があるようだ。ディー・エヌ・エーの3.9%高を上回る値上がりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

住友不動産など大手不動産株が3月のマンション市場動向を好感し強い

 住友不動産<8830>(東1)は18日の後場一段上値を試す相場になり、13時15分にかけて4975円(200円高)まで上昇。13前に(株)不動産経済研究所による3月のマンション市場動向が伝えられ、首都圏のマンション発売戸数は前年比で48.4%増、契約率は82.1%となったため、環境好転に期待が強まった。株価は4月8日に5110円の高値があり、その後は4520円を安値に出直っている。大手不動産株は軒並み堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】一休やゲーム関連株が急伸し高島屋やパルコも高値更新

 18日前場は、円高の再燃を受け、ホンダ<7267>(東1)が0.5%安など、輸出関連株が総じて重いため、材料株や内需株に物色がシフト。一休<2450>(東1)が大幅増配の観測やゴールデンウィーク関連人気に乗って19.7%高となり高値更新、グリー<3632>(東1)は釣りゲームを巡る裁判で敗訴と伝えられたものの決着がついた出尽くし感から8.1%高となり戻り高値。地盤ネット<6072>(東マ)は地震の頻発を思惑材料に16.5%高の高値更新。

 パルコ<8251>(東1)が7.6%高となって高値に進み、高島屋<8233>(東1)も1.0%高と小幅高ながら高値を更新。消費マインド回復への期待が再燃。

 ボーイング787の運行6月再開の報道を受けてANAホールディングス<9202>(東1)が4.1%高となり戻り高値、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)は7.6パー高となり戻り高値。

 東証1部の値上がり率1位は一休<2450>(東1)の19.7%高、2位はボルテージ<3639>(東1)の19.45%高となりゲーム関連株の一斉高を受けて高値更新、3位はKLab<3656>(東1)の19.2%ストップ高となり新作ゲーム好調とされ高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:19 | 株式投資ニュース