[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/27)テンプホールディングスは「デューダ」買収を材料に続伸
記事一覧 (03/27)住友不動産など日銀の政策に期待強まり高値を更新
記事一覧 (03/27)ラクーン急伸、08年以来の20万円台へ接近
記事一覧 (03/27)三栄建築設計は業績予想の増額とSEEDのTOBを好感し急伸
記事一覧 (03/27)ダイエーはイオンによるTOB観測の再燃に今回は反応鈍い
記事一覧 (03/27)NECモバイリングはNECによる売却観測を材料に大幅続伸
記事一覧 (03/27)本日新規上場のタマホームは買い殺到で始まり好人気
記事一覧 (03/26)【引け後のリリース】帝国通信工業が特別利益を発表し低PBRなど見直しへ
記事一覧 (03/26)【注目のリリース】レオパレス21が為替差益33億円を発表し業績上ぶれ期待
記事一覧 (03/26)【注目のリリース】東部ネットワークはせっかくの記念配5円を買い逃した気分
記事一覧 (03/26)【銘柄フラッシュ】住石ホールディングスやNECモバイリングが急伸しエイジアはストップ高
記事一覧 (03/26)小野建は高値圏で頑強、1株利益、配当内容は株価4ケタの実力
記事一覧 (03/26)NECモバイリングがグループ離脱観測を好感しストップ高
記事一覧 (03/26)ラクオリア創薬は米国での特許を好感しストップ高買い気配
記事一覧 (03/26)住石ホールディングスは業績予想の増額を好感して値上がり率1位
記事一覧 (03/26)エイジアがネット選挙支援システムを好感し後場もストップ高気配
記事一覧 (03/26)テンプホールディングスが「デューダ」など買収を発表し高値更新
記事一覧 (03/26)【銘柄フラッシュ】ランドビジネスやダイコク電機が急伸しソフトバンクは高値更新
記事一覧 (03/26)生化学工業が続伸、昨年来高値、モミ放れの好チャート、次期業績にも期待
記事一覧 (03/26)快調に上場来高値の電算システム、国際業務展開で3000円も
2013年03月27日

テンプホールディングスは「デューダ」買収を材料に続伸

 テンプホールディングス<2181>(東1)は27日も続伸となり、朝方に1661円(39円高)まで上げて10時30分を過ぎても1650円(28円高)前後で堅調。昨日の朝、「デューダ」(DODA)などで知られるインテリジェンスホールディングスを買収すると日本経済新聞で伝えられて急伸した相場が本日も続いた。ただ、この買収を昨日の大引け後に発表し、全貌が明らかになったためか、一部には目先的な期待材料出尽くし感もある様子。昨日の高値1750円には届いていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

住友不動産など日銀の政策に期待強まり高値を更新

 住友不動産<8830>(東1)は27日、7日ぶりの高値更新となり、朝方に3760円(90円高)まで上げて10時30分現在も3750円前後で堅調。2007年来の水準で上値追いとなった。黒田日銀総裁が国債の買い入れ対象を長期債にも広げる方針などを示したと伝えられ、長期金利の低位安定に期待が強まった。本日は不動産株が軒並み高となり、東京建物<8804>(東1)住友不動産販売<8870>(東1)なども高値を更新している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

ラクーン急伸、08年以来の20万円台へ接近

 ラクーン<3031>(東マ・売買単位1株)は、2万8000円高(19.0%高)の17万5000円と、去る、18日の16万6000円を抜いて昨年来高値を更新している。権利修正チャートでは20万円台に乗せれば2008年6月以来となる。衣料・雑貨のBtoBサイト「デリバリー」を運営、業績好調。4月期決算で年1000円配当が見込まれている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

三栄建築設計は業績予想の増額とSEEDのTOBを好感し急伸

 三栄建築設計<3228>(東1)は27日、急伸となって1110円(127円高)まで上げ、約1年ぶりの1200円台に進み、10時にかけても1050円前後で強調相場。昨日の大引け後に第2四半期の業績予想(2012年9月〜13年2月)を増額発表し、京滋地盤の建築設計会社SEED<1739>(JQG)へのTOB(公開買い付け)も発表したことが好感されている。業績予想の増額修正では、予想1株利益を従来予想より37%引き上げたため、割安感が高まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

ダイエーはイオンによるTOB観測の再燃に今回は反応鈍い

 ダイエー<8263>(東1)は27日、軟調な始まりとなり、277円(40円安)で寄った後は292円(25円安)を上値に一進一退。イオン<8267>(東1)によるTOB(公開買い付け)の観測報道が本日の日本経済新聞で伝えられ、イオンは昨年来の高値に進んだ。ただ、この観測は3月17日に読売新聞でも伝えられ、このときダイエーはストップ高の急反応となったためか、本日は反応が今ひとつとなっている。ダイエー株は22日に369円まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

NECモバイリングはNECによる売却観測を材料に大幅続伸

 NECモバイリング<9430>(東1)は27日、買い気配を上げる始まりとなり、9時10分現在は5950円(440円高)の気配。昨日のストップ高に続いて大幅続伸の始まりとなった。昨日の14時過ぎ、NEC<6701>(東1)が非中核事業の売却を進める戦略の一環として、NECモバイリングの売却作業に入ったと伝えたことに急反応。新展開への期待が続いている。本日のストップ高は6450円(基準値起算で940円高)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

本日新規上場のタマホームは買い殺到で始まり好人気

 本日、新規上場のタマホーム<1419>(東1)は27日、買い気配で始まり、9時5分現在は公開価格980円に買い注文約480万株、売り注文約103万株。注文住宅やマンション開発・分譲を行ない、注文住宅では品質を維持しながら同業大手の半分程度の価格で提供する点に特色がある。公募株数は650万株。売り出し株数は最大274万4800株。業績は好調の見込みで、今5月期は、純利益を前期比3.2倍の26.3億円、1株利益107円43銭を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2013年03月26日

【引け後のリリース】帝国通信工業が特別利益を発表し低PBRなど見直しへ

■ソニーの資産リストラを連想し株高期待

引け後のリリース、明日の1本 電子部品の帝国通信工業<6763>(東1)は26日の大引け後、経営資源の有効活用による財務体質の改善を図ることを目的に、固定資産の譲渡を決定し、東京都大田区の土地建物(現況・遊休資産、譲渡価格3.46億円)を5月29日引渡しの予定で東京建物<8804>(東1)に譲渡するとした。平成26年3月期(2014年3月期)に計上する見込み。

 同社の13年3月期の純利益の予想は、「四季報」(東洋経済新報社)最新号によると8億円、14年3月期は2億円の見込み。譲渡価格3.46億円のインパクトは大きいといえる。今年に入り、ソニー<6758>(東1)が資産リストラによるビル売却や保有株式の売却を相次いで発表し、株価の反応がいいため、期待する動きがある。


 本日の株価終値は201円(1円安)。前期ベースの1株純資産の6掛け(PBR0.6倍)の水準であり、割安感が強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】レオパレス21が為替差益33億円を発表し業績上ぶれ期待

■今期通算では約56億円の差益に

 レオパレス21<8848>(東1)は26日の大引け後、為替差益約33億円を第4四半期(1月〜3月)に営業外収益として計上し、今3月通期では合計約56億円の差益計上になると発表した。主に子会社のレオパレス・グアムに対する貸付債権の株式化(デット・エクイティ・スワップ)にかかわるもの。業績予想の修正が必要な場合は速やかに公表するとした。

 同社の今3月期の連結純利益の予想は140億円前後。本日発表の為替差益33億円は、単純計算でこの約24%に相当する。本日の株価終値は409円(16円安)。3月初旬から約3年ぶりの400円台回復となっており、400円台での値固めが4週間になることから、タイミング的には再び上値を試す動きが強まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】東部ネットワークはせっかくの記念配5円を買い逃した気分

■権利付最終日の売買終了後に増配を発表

 横浜地盤の陸運会社・東部ネットワーク<9036>(JQS)は26日の大引け後、平成25年3月期(今3月期)の期末配当に「100期」の記念配当5円を加えて12円50銭にすると発表した。これまでの予想は7円50銭。中間配当7円50銭を実施済み。年間では20円(前期比5円増)になる。ただ、本日は権利付最終日。発表が売買終了直後のため、せっかくの配当の権利を買い逃したと感じる投資家は少なくないようだ。

 本日の株価終値は839円(11円安)。本日は、3月期末配当を得るための買い付け最終日(権利付最終日)に当たっており、記念増配を取引時間中に発表していれば、また違った値動きになったと思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】住石ホールディングスやNECモバイリングが急伸しエイジアはストップ高

 26日後場は、円相場が強含んだままのため、輸出関連株の値動きはバラバラで、前場は小高かったキヤノン<7751>(東1)が0.1%安と軟調に転換した半面、横浜ゴム<5101>(東1)は1.0%高。一方、黒田日銀総裁の国会答弁を好感する形で、三井不動産<8801>(東1)が一時、堅調に転換したあと0.2%安、安田倉庫<9324>(東1)は13時前から上値を追って7.7%高。材料株人気も強まり、ラクオリア創薬<4579>(JQG)は米国での創薬特許を材料に26.5%ストップ高、エイジア<2352>(東マ)はインターネットによる選挙支援メール配信システムを材料に16.7%ストップ高。

 テンプホールディングス<2181>(東1)は昼12時に「DODA(デューダ)」などで知られるインテリジェンスホールディングスの買収を発表し一時一段高のあと4.4%高。

 NECモバイリング<9430>(東1)は14時30分過ぎから急伸し14.6%ストップ高。NEC<6701>(東1)が非中核事業の売却を進める戦略の一環として、NECモバイリングの売却作業に入ったとの通信社報道に急反応。NECも4.1%高。

 東証1部の値上がり率1位には住石ホールディングス<1514>(東1)の15.3%高が入り13時過ぎに今3月期の利益予想を増額発表したことが好感されて昨年来の高値、2位はランドビジネス<8944>(東1)の15.3%ストップ高となり首都圏のマンション市況などがいわれて仕手色を発揮し3日連続ストップ高、3位はNECモバイリング<9430>(東1)の14.6%ストップ高、4位は日本アジア投資<8518>(東1)の11.5%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:06 | 株式投資ニュース

小野建は高値圏で頑強、1株利益、配当内容は株価4ケタの実力

 小野建<7414>(東1)は4円高の914円と堅調。これで900円以上が4営業日連続となり大台が固まってきたといえる。昨年来高値は去る21日の933円、再度、出直りとなれば2009年7月以来となる1000円台が見込めそうだ。四季報・春号では1株利益を今3月期91.7円(前期72.9円)、来3月期96.5円の見通しとなっている。アベノミクス効果本格化から来期の1株利益は100円台の可能性は十分にあるだろう。配当は今期年27円(前期年22円)の予定。1株利益及び配当の実力から判断して4ケタ評価はなんら不思議ないであろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:12 | 株式投資ニュース

NECモバイリングがグループ離脱観測を好感しストップ高

 NECモバイリング<9430>(東1)は26日の14時30分過ぎから急伸し、終値はストップ高の5510円(700円高)。ロイター通信が、NEC<6701>(東1)が非中核事業の売却を進める戦略の一環として、NECモバイリングの売却作業に入ったと伝えたことに急反応。NECも急動意となり、一時6%高の258円(15円高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:10 | 株式投資ニュース

ラクオリア創薬は米国での特許を好感しストップ高買い気配

 ラクオリア創薬<4579>(JQG)は26日の後場もストップ高気配を続け、14時30分にかけても1431円(300円高)で買い先行。昨日、米国当局から同社の創製になる「アシッドポンプ拮抗薬」の特許査定を受けたと発表したことが好感され、本日は前場ストップ高で売買が成立。後場はまだ売買が出来ていない。3月7日につけた高値1390円を更新中。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

住石ホールディングスは業績予想の増額を好感して値上がり率1位

 住石ホールディングス<1514>(東1)は26日の後場急伸となって4日ぶりに2011年以来の高値を更新し、28.6%高の126円(28円高)まで上昇。13時50分にかけて120円台で堅調で、東証1部の値上がり率1位になった。13時15分に今3月期の連結営業利益などの予想を増額発表し、純利益は従来予想の2.6億円を31.5億円に大きく見直したことが好感されている。修正後の予想1株利益は53円52銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

エイジアがネット選挙支援システムを好感し後場もストップ高気配

 メール活用ソフトで先行するエイジア<2352>(東マ)は26日の後場もストップ高気配のまま売買が成立しない相場となり、13時30分現在は698円(100円高)で買い殺到。昨日、インターネットによる選挙支援メール配信システムを4月1日に発売と発表。タイミング良く、広島高裁が昨年12月の衆院選に関する小選挙区の区割り訴訟で25日に違憲の判決を下したと伝えられたこともあり、ネット選挙関連の好材料株として注目が集まった。ネット選挙関連株は本日、動画配信のドワンゴ<3715>(東1)が続落など、必ずしも高い相場ではないため、エイジアの強さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:36 | 株式投資ニュース

テンプホールディングスが「デューダ」など買収を発表し高値更新

 テンプホールディングス<2181>(東1)は26日の昼12時に人材派遣の大手・インテリジェンスホールディングス(東京都港区赤坂)の株式取得(子会社化)を発表。後場は1613円(60円高)で始まった後1640円(87円高)と上値を追った。前場は1625円(72円高)まで上げて高値を更新。これを上回っている。

 発表によると、インテリジェンスホールディングスは、「an」(アン)や「DODA」(デューダ)」ブランドで国内トップクラスの地位を持ち、Intelligence Capital L.P.が保有するインテリジェンスHD の発行済株式約96.83%のほか、インテリジェンス従業員持株会その他の株主の保有分を併せ、インテリジェンスHD の発行済株式及び新株予約権の全部を取得する予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】ランドビジネスやダイコク電機が急伸しソフトバンクは高値更新

 26日前場は、円が対ユーロで昨日夕方から2円以上の円高になったため、ソニー<6758>(東1)が2.7%安、キヤノン<7751>(東1)は0.5%高など、輸出関連株が一進一退。一方、内需株や含み資産株は底堅く、セイノーホールディングス<9076>(東1)は5.4%高で高値更新など、陸運株が含み資産株の出遅れとされて軒並み堅調。売買代金1位はソフトバンク<9984>(東1)となり、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)のTOB(株式公開買い付け)を材料に2.5%高で高値更新。

 黒田日銀総裁の国会答弁を好感して三井不動産<8801>(東1)などの不動産株が次第に値を戻し、住友不動産販売<8870>(東1)は0.4%高となって高値を更新。日本取引所グループ<8697>(東1)は4.7%高で高値を更新。

 東証1部の値上がり率1位はランドビジネス<8944>(東1)の13.6%高となり首都圏のマンション市況などがいわれて一時15.3%高まで上げて3日連続ストップ高、2位はダイコク電機<6430>(東1)の12.5%高となり業績予想の増額を好感、3位はコープケミカル<4003>(東1)の8.8%高となりTPP(環太平洋パートナーシップ協定)関連株の出遅れとされて急反発となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | 株式投資ニュース

生化学工業が続伸、昨年来高値、モミ放れの好チャート、次期業績にも期待

 生化学工業<4548>(東1)は34円高の1059円と前日の20円高を上回る上げとなって昨年来高値を更新している。1月中旬あたりから1000円を挟んだモミ合いが続き、このモミ合い放れたことで好チャートといえる。主力の関節機能改善剤が好調、腰椎椎間板ヘルニア治療剤の新薬も控えているもよう。今3月期は減益見通しでも次期は増益が見込まれる。今期減益でも1株利益47.5円、配当年25円と好内容。先ず、2011年3月につけた1095円に挑戦だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:00 | 株式投資ニュース

快調に上場来高値の電算システム、国際業務展開で3000円も

 電算システム<3630>(東1)が87円高の1723円と5営業日続伸、快調に上値を追っている。上場来の高値。まもなく2000円相場入りも目前だが、実力からみてまだ上値は期待できるだろう。コンビニでの収納代行業務など安定した収益力で予想1株利益128.6円、配当年40円という好内容。収納代行ビジネスで国際展開も期待される。ピッチが速いため調整は予想されるものの国際業務が手がかりとなれば中期3000円相場も見込めるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース