[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/06)タカラトミーは増額修正を好感し戻り高値に迫る
記事一覧 (11/06)トヨタ自動車は「増額修正」好感するが高値に接近し売り物を警戒
記事一覧 (11/06)キッコーマンは業績予想の増額を好感し連日高値
記事一覧 (11/05)フージャースコーポは期末配当を前期の200円から600円に増額−−引け後のリリース
記事一覧 (11/05)【注目のリリース】NDSが携帯基地局などの受注増加により増額修正
記事一覧 (11/05)【注目のリリース】アース製薬は3月〜8月に偏る特性あるものの好調
記事一覧 (11/05)【注目のリリース】あじかんが鶏卵価格の安定など要因に業績予想を増額
記事一覧 (11/05)バイタルKSKホールディングスは第2四半期決算を好感し一気に高値
記事一覧 (11/05)サンフロンティア不動産は増額・増配を好感し実質ストップ高で値上がり率1位
記事一覧 (11/05)LIXILグループは13時に営業利益など増額修正し急速に戻す
記事一覧 (11/05)シャープは長期格付の相次ぐ引き下げにも底堅い相場が続く
記事一覧 (11/05)システムソフトはネットバンキング事件も材料に値上がり率1位
記事一覧 (11/05)イー・アクセスはソフトバンクとの交換比率を材料に高値更新
記事一覧 (11/05)三越伊勢丹は軟調!東京ドームも安くジャイアンツの日本一「出尽くし感」
記事一覧 (11/05)トヨタ自動車は9月21日以来の3200円台を回復
記事一覧 (11/05)キリンホールディングスは減益決算を消化済みの様子で堅調に始まる
記事一覧 (11/03)【注目のリリース】日本航空は尖閣・竹島問題に迅速対応し今期の利益予想を増額
記事一覧 (11/03)【注目のリリース】キャリアデザインセンターは2度目の増額修正
記事一覧 (11/03)【注目のリリース】デジタルハーツは「不具合検出」好調で業績予想を増額
記事一覧 (11/02)日本コロムビアが第2四半期予想を黒字に転換−−引け後のリリース
2012年11月06日

タカラトミーは増額修正を好感し戻り高値に迫る

 タカラトミー<7867>(東1)は6日、急反発となり、461円(21円高)をつけたあとも455円前後で推移し、10月4日につけた戻り高値468円に迫っている。昨日、第2四半期の業績予想(4〜9月)を増額修正し、連結営業利益は6.5億円から11.125億円に大きく引き上げたことが好感されている。玩具の海外輸出や、玩具周辺分野での販売が増加した。決算発表は11月13日の予定とした。今3月期の予想にも上ぶれ期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は「増額修正」好感するが高値に接近し売り物を警戒

 トヨタ自動車<7203>(東1)は6日、続伸の始まりとなり、3220円(10円高)で寄ったあと3235円(25円高)と堅調。昨日発表した第2四半期の連結決算で、今3月期の利益予想を増額修正し、連結営業利益は従来予想を500億円引き上げて1兆500億円としたことなどに意外感が広がった。本日の自動車株は、円相場の反発基調を受けて全般に反落模様。この中で強い相場になっている。トヨタ自動車の株価は8月に3300円の高値があり、続く高値は9月の3280円。チャート観測では当面、これらの高値を抜くには少々パワーが必要との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

キッコーマンは業績予想の増額を好感し連日高値

 キッコーマン<2801>(東1)は6日も高値更新となり、1131円(6円高)で寄ったあとは1155円(30円高)。2日に発表した第2四半期決算で今3月期の予想を増額修正したことが引き続き好感され、昨日から連日の年初来高値となっている。今3月期の連結営業利益は5億円増額して195億円に引き上げた。予想1株利益は約50円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース
2012年11月05日

フージャースコーポは期末配当を前期の200円から600円に増額−−引け後のリリース

■マンション契約が上期で約89%に達す

引け後のリリース、明日の1本 マンション中堅のフージャースコーポレーション<8907>(東1)は5日の夕方、第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表し、3月期末の配当予想を前回発表予想より400円増配となる600円にするとした。前期は200円。なお、9月中間配当は200円(前期は100円)を決定済みのため、年間では前期の300円から800円へと大幅増配になる。

 4〜9月は、新築マンションなど509戸の引渡しを行なうなど好調で、今年度の計画引渡し戸数1100戸に対し、契約済みが974戸(約89%)に達した。連結売上高は前年同期比3.3倍の153.65億円となり、営業利益は同3.2倍の32.33億円。

 今期の業績予想は、順調に進捗しており、通期の業績予想に変更はない。売上高は前期比47.3%増の310億円、営業利益は同15.8%増の60億円、純利益は38.5%減の33億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:53 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】NDSが携帯基地局などの受注増加により増額修正

■上期の予想を3倍近く増額し通期予想に期待強まる

 NDS(日本電話施設)<1956>(東1)は5日の大引け後、第2四半期の連結業績予想(4〜9月)を増額修正し、売上高は340億円から398億円に、営業利益は4億円から14.8億円に、純利益は3億円から8.5億円に引き上げた。携帯電話などの移動基地局工事の大手で、繰越工事の進捗に加え、受注が増加したことなどが要因。通期の予想については、11月9日予定の第2四半期決算発表時としたため、がぜん、期待が高まっている。

 株価は3月の274円を高値に、もみ合い相場の上値を切り下げる相場になっており、本日の終値は248円(1円安)。ただ、スマートフォンの普及急増などにともなう移動基地局の拡充は急ピッチで進んでいるため、決算発表に向けて期待が盛り上がる可能性が強まってきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】アース製薬は3月〜8月に偏る特性あるものの好調

■「残り3カ月」では業績上ぶれる期待

 アース製薬<4985>(東1)が5日の大引け後に発表した第3四半期の連結決算は、殺虫剤部門が天候不順などにより、わずかに前年を下回る結果となったものの、家庭用品事業全体としては増収となり、総合環境衛生事業は増収増益。第2四半期から、完全子会社化した潟oスクリンの業績を連結に組み込み、連結売上高は前年同期比8.1%増の1050.12億円となり、営業利益は同12.2%減の111.11億円となった。

 同社の事業特性としては、殺虫剤の売上構成比が高いため、売上高が3月〜8月に偏るという季節性がある一方、人件費などの固定費は年間を通じてほぼ均等に発生するため、今12月期の予想は変更せず、連結売上高は前期比13.9%増の1264.05億円となり、営業利益は同3.1%増の63.02億円、純利益は同9.6%減の30.04億円。ただ、単純比較では、第3四半期の段階で、営業利益が通期予想の2倍近い水準に達し、純利益は2倍強の水準になったため、「残り3カ月」次第で通期の業績が上ぶれる可能性は残る。

 株価は9月中旬から上値を追うジリ高相場になり、10月30日に3000円の年初来高値。本日の終値は2989円(1円高)で、いつ高値に進んでも不思議ではない位置にある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】あじかんが鶏卵価格の安定など要因に業績予想を増額

■円高効果などで通期予想にも期待が

 あじかん<2907>(東2)は5日の大引け後、第2四半期の利益予想(4〜9月)を増額修正し、連結営業利益はこれまでの見込みの2.1億円を4.65億円に引き上げ、純利益は1.2億円を2.15億円に引き上げた。今3月期については、流動的な要素が多いとして変更しなかった。決算発表は11月12日頃になる見込み。

 発表によると、第2四半期は、主要原材料である鶏卵価格が当初見込みに比べ、需給の関係から安定した価格で推移した上、自社製造製品の売り上げ拡大や、省エネなどによるコスト低減などが寄与した。

 株価は薄商いながら、9月以降は下げ止まり、712円を下値に750円まで持ち直す相場。本日の終値は734円(前日比変わらず)。円高による外貨建て品の仕入原価低減などにも触れており、通期の業績に対する期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | 株式投資ニュース

バイタルKSKホールディングスは第2四半期決算を好感し一気に高値

 医薬品卸の大手・バイタルケーエスケー・ホールディングス<3151>(東1)は5日の後場、急伸となり、14時30分に849円(30円高)までげて10月18日につけた高値824円を一気に更新した。14時に第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表し、純利益が前年同期比で69.3%増加するなど、好調だったことが見直し要因になった。今3月期の予想は据え置き、売上高は前期比2.3%増の5540億円、営業利益は同78.9%増の26億円、純利益は同7.8%増の34億円。1株利益は57円37銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

サンフロンティア不動産は増額・増配を好感し実質ストップ高で値上がり率1位

 サンフロンティア不動産<8934>(東1)は5日の後場一段高となり、13時50分にかけて何度か3万3400円(5020円高)。基準値からはストップ高の5000円高に達した。前週末売買日となった2日の大引け後、賃貸用ビルの譲渡にともなう特別利益の発生と、今3月期の連結業績・配当予想の増額修正を発表したことが好感された。値上がり率は約18%で東証1部の1位。

 特別利益は、9月に譲渡した横浜市の賃貸用ビルの業績に与える影響を精査した結果2.97億円を計上。さらに、リプランニング事業や、不動産証券化事業などが好調なため、今3月期の連結営業利益を11.2億円から16億円に引き上げ、純利益は9.5億円から17億円に引き上げた。期末配当は、これまでの見込みの400円から700円(前期は350円)に増額した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

LIXILグループは13時に営業利益など増額修正し急速に戻す

 住宅設備機器のLIXILグループ<5938>(東1)は5日の後場、急速に戻す相場になり、後場寄りの1732円(39円安)から13時過ぎには1770円(1円安)まで急浮上。13時に第2四半期の連結決算を発表し、今3月期の業績予想を一部、増額修正したことが好感された。営業利益の予想は、500億円を540億円に増額し、経常利益も500億円から530億円に増額。一方、純利益の予想は290億円から130億円に減額したものの、要因が早期退職関連損失のため、前向きの損失として好感する様子もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

シャープは長期格付の相次ぐ引き下げにも底堅い相場が続く

 シャープ<6753>(東1)は5日の後場も底堅い相場を続け、156円(9円安)で始まり、13時現在も155円前後で推移。前週末に内外の格付会社による格付けの引き下げが伝えられたものの、10月18日につけた安値142円を割り込む雰囲気は感じられない相場となっている。パナソニック<6752>(東1)の400円割れにも反応薄。このところ、米インテルやヒューレット・パッカードなどとの提携観測が出たことがあり、さらにマイクロソフトやアップルなども視野に材料が飛び出す可能性があるため、カラ売りを行ないづらい面があるようだ。

 英国のフィッチ・レーティングスは2日付けでシャープの長期債務格付けを投資適格の最低水準である「トリプルBマイナス」から投機的とされる「シングルBマイナス」に6段階引き下げたと発表。日本格付研究所(JCR)は長期発行体格付けを「トリプルB」から「トリプルBマイナス」に引き下げたと発表し、格付投資情報センター(R&I)も長期債務格付けを「ダブルB」から「ダブルBマイナス」に引き下げたと発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 株式投資ニュース

システムソフトはネットバンキング事件も材料に値上がり率1位

 金融・通信関連に実績あるシステムソフト<7527>(JQS)は5日、3日連続の高値更新となり、11時にかけて約29%高の125円(28円高)まで上げてJQSDAQ銘柄の値上がり率1位。10月31日に前9月期の決算とパワーテクノロジー(東京都千代田区)との合併を発表してから動意を強めており、直近は、大手銀行のネットバンキングシステムで続発したパスワードなどの盗み取り送金事件も材料になっている。今期の連結売上高は前期比33.1%増、営業利益は84.8%増を予定し、予想1株利益は8円38銭。割安感が強まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

イー・アクセスはソフトバンクとの交換比率を材料に高値更新

 「イー・モバイル」のイー・アクセス<9427>(東1)は5日、約1ヵ月ぶりの高値更新となり、5万1000円(5500円高)で寄ったあと5万1700円(6200円高)。2011年3月以来の5万円台相場となった。同社を子会社化するソフトバンク<9984>(東1)が2日付けで株式交換比率の見直しを発表し、当初の「16.74」から「20.09」としたため、イー・アクセス株式の「妥当値」が上がることになった。ソフトバンクの株価は小反落となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

三越伊勢丹は軟調!東京ドームも安くジャイアンツの日本一「出尽くし感」

 三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は5日、軟調な始まりとなり、772円(2円安)で寄ったあとは775円を上値に769円と上値の重い相場。プロ野球「巨人」の今季日本一にちなむ「ジャイアンツフェスタ」を全国主要店舗で開催中だが、株価への反応は今ひとつのようだ。本日の株式市場では、東京ドーム<9681>(東1)も軟調。このため、株式市場では、ジャイアンツの日本一が決まって期待材料の「出尽くし感」が広がっているのではとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は9月21日以来の3200円台を回復

 トヨタ自動車<7203>(東1)は5日、続伸の始まりとなり、3195円(55円高)で寄ったあとは3205円(65円高)をつけ、9月21日以来の3200円台を回復。円相場が前週末のNY市場で1ドル80円台半ばから後半に入る円安進行となり、本日の東京外為市場でも80円45銭から55銭となったことが好感されている。NY株式は139ドル安となったものの、中間決算の発表を本日の大引け後に予定し、こちらに対する期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

キリンホールディングスは減益決算を消化済みの様子で堅調に始まる

 キリンホールディングス<2503>(東1)は5日、堅調な始まりとなり、1013円(3円高)で寄ったあとは1020円(10円高)。前週末売買日の2日に発表した第3四半期決算(1〜9月)では営業利益が12%減の1052億円と冴えなかったものの、株価は消化済みの始まりとなった。10月9日に1065円の高値があり、ここからの調整が浅いため、見直し機運が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2012年11月03日

【注目のリリース】日本航空は尖閣・竹島問題に迅速対応し今期の利益予想を増額

■期末配当は純利益の15%程度で検討

 日本航空<9201>(東1)が2日発表した第2四半期の連結決算(4〜9月・上期)は好調で、売上高は同5.7%増の6342.3億円となり、営業利益は前年同期比5.7%増の1121.9億円となった。

 決算短信によると、尖閣・竹島問題によって、9月後半から旅客減の影響が発生しているものの、9月21日には10月以降の一部減便を決定するなど迅速に対応し、費用の抑制を図っており、引き続き収益への影響を迅速に見極め、適切な対応を実施するとした。

 これを受け、今3月期の業績見通しを、従来予想より減収・増益方向に修正。売上高は約50億円の減少を見込み、1兆2200億円から1兆2150億円に見直したものの、前期比では0.8%の増加。営業利益は1500億円から1650億円(前期比19.5%減)の見込みに増額し、純利益も1300億円から1400億円(同25.0%減)の見込みに増額した。修正後の予想1株利益は772円ちょうど。

 3月期末の配当額は未定としたものの、連結当期純利益の15%程度を配当にあてる意向とし、業績見通しがより明らかになった段階で随時開示する予定とした。

 同社は、株式を9月19日に再上場。上場初日の3905円を高値に、9月下旬には3210円まで下げたが、その後は大きく持ち直し、週末2日に3900円の戻り高値。上場来の高値水準をほぼ回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】キャリアデザインセンターは2度目の増額修正

■9月決算は前期比純利益2.2倍の見込みに

 求人・転職情報のキャリアデザインセンター<2410>(東2)は2日の夕方、業績予想を増額発表し、2012年9月期の決算見通しを、売上高は39.47億円から39.86億円に引き上げ、営業利益は3.21億円から3.56億円に、純利益も3.10億円から3.56億円に引き上げた。1株利益は5216円21銭。8月初に続いて増額修正した。

 決算発表は11月12日の予定。「エンジニア」マーケットを中心とした取引社数の増加、およびコスト改善が進んだことなどが主要因。前期比では、売上高が42.7%増に、営業利益は同1.9倍に、純利益は同2.2倍になる。

 2日の株価終値は5万5900円(100円高)。6万円でもPERは11倍台のため割高感はなく、チャート観測では9月の高値6万400円を抜けば7万円台まで上値余地が広がる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:03 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】デジタルハーツは「不具合検出」好調で業績予想を増額

■ネット証券のスマホ向けモバイルバンキングなども受託

 ゲームソフトの不具合検出などを行なうデジタルハーツ<3620>(東1)は2日発表の第2四半期決算で、今3月期の業績予想を増額修正。連結売上高は65.99億円から69.22億円に引き上げ、営業利益は10.33億円から10.88億円に、純利益も5.68億円から5.96億円に引き上げた。1株利益は51円44銭。

 発表では、コンシューマゲームリレーションの分野で前期から継続している取引企業からの安定受注に加え、好況であるソーシャルゲーム市場の拡大にともなう開発タイトル数の増加、スマートフォンの多機能化によるアプリ開発の活発化、さらに、9月からサービスを開始した「ソフトウェア不具合検証保証サービス」による新たな顧客ニーズの開拓など、今後もデバッグ事業においてさらなる取引拡大が見込まれることが主要因。

 10月29日付けでは、ネット証券会社のスマートフォン向けモバイルバンキングシステムなど、スマートフォン向けデバッグ(不具合検証・検出)の実績が2000件を超えたと発表した。

 2日の株価終値は737円(3円高)。このところは、9月の675円、10月の670円を安値に
ダブルボトム(2点底)を形成してから持ち直しているため、チャート重視派にとって買い安心感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:59 | 株式投資ニュース
2012年11月02日

日本コロムビアが第2四半期予想を黒字に転換−−引け後のリリース

■ニンテンドー「3DS」ソフトなど好調

引け後のリリース、明日の1本 日本コロムビア<6791>(東1)は2日の夕方、第2四半期の連結業績予想(4〜9月)の営業・経常・純利益を黒字転換の見通しに増額修正。営業利益は従来予想の1億円の赤字から1.09億円の黒字に見直した。決算発表は11月13日頃の予定。

■13日頃の決算発表に向けて期待先取り相場も

 売上高は小幅減額し、67億円の予想から65.13億円に引き下げたものの、純利益は1.3億円の赤字予想を0.7億円の黒字に見直した。発表によると市販/配信事業で、今年7月に発売したニンテンドー「3DS」ソフト「こびとづかん こびと観察セット」やアニメ関連の音楽作品が好調。J−POP作品を中心とした配信売上の減少、および米国音楽制作子会社における大型作品の延期・中止による売上の低迷などはあったものの、損益については、前述のゲーム作品が好調であったこと、音源許諾収入など利益率の高い売上が予想を上回ったことに加え、販売費及び一般管理費の削減等により、計画を上回った。

 株価は2ケタで、2月の36円を高値に低迷。10月初の21円を安値に、本日の終値は23円(前日比変わらず)だった。黒字転換には意外感があり、決算発表に向けて30円前後まで戻す可能性が出てきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース