[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/01)パナソニックは大幅減額修正を嫌い売り気配のまま安値を割る
記事一覧 (11/01)日本ハムは自社株買いを好感し急伸!プロ野球「日ハム」勝利も好感
記事一覧 (10/31)オエノンホールディングスが株式上場を「東証」に一本化−−引け後のリリース
記事一覧 (10/31)【注目のリリース】日本ハムが自社株買いを発表し出直り基調に復帰も
記事一覧 (10/31)三菱電機は減額予想に反し業績予想を据え置いたため一段高
記事一覧 (10/31)ALSOKは13時の四半期決算発表から持ち直し堅調相場に転換
記事一覧 (10/31)三和ホールディングスは11時の決算発表を好感し堅調転換
記事一覧 (10/31)住友不動産は日銀の追加金融緩和を好感し再び高値に接近
記事一覧 (10/31)日立製作所は決算今ひとつだが英国原子力発電企業の買収を好感し反発
記事一覧 (10/31)富士重工業は業績予想と配当の増額を好感し年初来の高値
記事一覧 (10/31)タカラバイオは米国でがん治療薬の試験拡大を好感し堅調に始まる
記事一覧 (10/30)元気寿司は上期好調で今3月期の営業・経常利益予想を増額−−引け後のリリース
記事一覧 (10/30)【注目のリリース】オーハシテクニカも上期の業績予想を増額し通期予想に注目
記事一覧 (10/30)【注目のリリース】五洋建設が上期の業績予想を増額し通期予想も注目
記事一覧 (10/30)キーエンスは野村・みずほの目標株価に安心感広がり大幅高を継続
記事一覧 (10/30)グローブライドは通期予想にも増額の期待が強まり強調相場
記事一覧 (10/30)鬼怒川ゴム工業は自部品株が堅調なため安心感あり戻り高値
記事一覧 (10/30)日野自動車が自動ブレーキを材料に高値を更新いすゞ自動車も高い
記事一覧 (10/30)一休は増額修正を好感し値上がり率3位の急伸で高値を更新
記事一覧 (10/30)カシオ計算機はデジカメ新製品に期待続き連日高値
2012年11月01日

パナソニックは大幅減額修正を嫌い売り気配のまま安値を割る

 パナソニック<6752>(東1)は1日、売り気配で始まり、9時15分現在は462円(52円安)の気配値で売り先行。昨日の大引け後に発表した四半期決算で今3月期の業績予想を減額修正し、連結純利益を500億円から一転7650億円の赤字としたことが嫌気されている。株価は、気配値のまま年初来の安値470円(10月11日)を割り込んでしまった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

日本ハムは自社株買いを好感し急伸!プロ野球「日ハム」勝利も好感

 日本ハム<2282>(東1)は1日、買い気配を上げる始まりとなり、1090円(100円高)で売買成立。約10%高の急伸。昨日、第2四半期決算と同時に自社株買いも発表したことが好感されている。また、プロ野球の今季日本一を決める「コナミ日本シリーズ」で「北海道日本ハムファイターズ」が昨夜、延長の末勝利し、2対2のタイに持ち込んだことを材料視する動きもある。自社株買いは、取得上限株数1500万株(自己株式を除く発行株数の7.08%)、上限金額は150億円。期間は11月1日から2013年1月31日まで。発行株数に対する割合が多めで、期間が短いため、即効性に期待が高まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース
2012年10月31日

オエノンホールディングスが株式上場を「東証」に一本化−−引け後のリリース

■今春の日立製作所の場合は株価が好反応

引け後のリリース、明日の1本 焼酎などの大手・オエノンホールディングス<2533>(東1)は31日の大引け後、大阪、名古屋、札幌の3証券取引所に上場する同社株式の上場廃止を申請すると発表した。売買取引がわずかであり、上場廃止による株主・投資家への影響は軽微と考えられるため、経費の削減や業務の効率化をはかる。申請日は11月1日とした。

 今春には日立製作所<6501>(東1)が福岡、札幌、およびニューヨーク証券取引所に上場廃止の申請し(3月30日発表)、株価は4月初にかけて一段高の好反応を示したことがある。

 オエノンホールディングスの本日の株価終値は196円(2円高)。このところ200円前後を上値に横ばい基調だが、業績は堅調。第3四半期の決算発表は11月9日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:42 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本ハムが自社株買いを発表し出直り基調に復帰も

■第2四半期の連結決算はほぼ想定内

 日本ハム<2282>(東1)は31日の大引け後、第2四半期の決算とともに自己株の取得(自社株買い)も発表。取得上限株数は1500万株(自己株式を除く発行株数の7.08%)、上限金額は150億円。期間は11月1日から2013年1月31日まで。発行株数に対する割合が多めで、期間が短いため、即効性に期待が高まる可能性がある。

 第2四半期の連結決算(4〜9月・米国基準)は、売上高が前年同期比1.9%減の4966.9億円となり、営業利益が同18.0%減の98.4億円、純利益は同19.1%減の38.8億円だった。ほぼ市場関係者の想定内だった模様。今3月期の予想は変更せず、売上高は前期比2.2%増の1兆400億円、営業利益は同13.2%増の300億円、純利益は同15.8%増の135億円、予想1株利益は63円70銭。

 本日の株価終値は990円(8円安)。日々小幅だが4日続落。プロ野球の今季日本一を決めるコナミ日本シリーズで「北海道日本ハムファイターズ」がやや押されていることが原因との見方もあるが、直近の高値1038円からの下げは浅い状態。自社株買いの発行株数に対する割合が多めであり、この高値を抜けば、出直り基調に復帰する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:43 | 株式投資ニュース

三菱電機は減額予想に反し業績予想を据え置いたため一段高

 三菱電機<6503>(東1)は31日の後場一段高となり、607円(32円高)まで上げて14時30分を過ぎても600円前後で堅調。13時15分に第2四半期の連結決算を発表し、今3月期の業績予想を減額修正しなかったため、買いが優勢になったようだ。前日比では反発幅を拡大した。第2四半期は売上高が前年同期比2.7%減少し、営業利益も同21.1%減少。今3月期の予想は、売上高が横ばいの3兆6400億円、営業利益は前期比11.3%減の2000億円、純利益は同7.1%増の1200億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

ALSOKは13時の四半期決算発表から持ち直し堅調相場に転換

 ALSOK(綜合警備保障)<2331>(東1)は31日の後場、徐々に値を戻し、13時30分過ぎには1123円(1円高)まで浮上。13時に第2四半期の連結決算を発表し、これを好感する動きになった。4〜9月の売上高は前年同期比4.4%増の1541.2億円となり、営業利益は同11.7%増の70.8億円となるなど好調。今3月期の予想は据え置き、売上高は前期比3.4%増の3150億円、営業利益は同15.6%増の125億円。1株利益は72円61銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

三和ホールディングスは11時の決算発表を好感し堅調転換

 シャッター大手・三和ホールディングス<5929>(東1)は31日、安く始まったものの次第に上値を追う相場になり、11時過ぎに325円(8円高)まで上げて堅調。11時に第2四半期の連結決算(4〜9月・上期)を発表し、営業利益が前年同期比2.6倍、経常利益は同3.1倍、純利益は同14倍の急回復となったことが好感された。今3月期の予想は、売上高を小幅減額修正し、前期比6.0%増の2630億円としたほかは据え置き、営業利益は同52.5%増の135億円、純利益は同2.3倍の75億円、1株利益は31円28銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

住友不動産は日銀の追加金融緩和を好感し再び高値に接近

 住友不動産<8830>(東1)は31日、反発となり、10時30分にかけては2191円(22円高)前後で推移。日銀の追加金融緩和を好感し、10月18日につけた年初来の高値2233円に再び迫る相場になっている。追加緩和には、一部、出尽くし感があるようだが、本日は大手不動産株や銀行株が軒並み堅調。住友不動産の信用売り残には逆日歩が乗り、買い戻しが入りやすくなっているため、高値更新に現実味が出てくるような場面では値幅を伴う上昇になる可能性もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

日立製作所は決算今ひとつだが英国原子力発電企業の買収を好感し反発

 日立製作所<6501>(東1)は31日、反発の始まりとなり、415円(5円高)で寄ったあとは425円(15円高)と堅調。昨日発表した第2四半期決算は今ひとつで、連結営業利益(4〜9月・上期)が前年同期比4.1%減の1636億円となったものの、同時に英国の原子力発電企業・ホライズン・ニュークリア・パワーの買収を発表したことが材料視された。株価は10月15日の401円、昨日の405円を安値に持ち直したため、ダブル底を形成する期待が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

富士重工業は業績予想と配当の増額を好感し年初来の高値

 富士重工業<7270>(東1)は31日、急反発の始まりとなり、748円(29円高)で寄ったあとも758円(39円高)と上値を指向。6日ぶりに年初来の高値に進んだ。昨日発表した第2四半期決算が好調で、今3月期の予想を増額修正したことがストレートに好感された。今期の連結営業利益は従来予想の670億円から820億円(前期比86.5%増)に増額。また、配当も増額し、9月中間配、3月期末配とも前期の4.5円から5円の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

タカラバイオは米国でがん治療薬の試験拡大を好感し堅調に始まる

 タカラバイオ<4974>(東マ)は31日、持ち直す始まりとなり、693円(7円安)で寄ったあとは711円(11円高)と堅調。朝、米国で臨床試験を進めているがん治療薬の試験を拡大し、反復投与の被験者登録を開始したと発表し、材料視されている。同社株は、京都大学・山中教授のノーベル賞受賞を機に盛り上がった「iPS細胞」「再生医療」関連株物色に乗り、10月初旬の400円台前半から10月17日には1010円まで2倍以上の急騰となった。その後の安値は672円で、急騰幅のほぼ「半値押し」の水準まで調整していた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2012年10月30日

元気寿司は上期好調で今3月期の営業・経常利益予想を増額−−引け後のリリース

■信用売りが多く売り手の動向に注目

引け後のリリース、明日の1本 元気寿司<9828>(東1)は30日の夕方、第2四半期の連結決算(4〜9月・上期)を発表し、営業・経常利益が予想を大幅に上回る着地になったことなどを要因に、今3月期の予想を純利益を除いて増額修正した。

 上期は、主に既存店の売上高が好調に推移したことや「魚べい」への業態転換が順調に進展。連結売上高は前年同期比5.9%増加し、営業利益は同約2.5倍になり、純利益は同26.1%増加した。

 今3月期の連結業績予想は、売上高を従来予想の237.6億円から243億円に引き上げ、営業利益は3.7億円から4.8億円に、経常利益は3.5億円から4.4億円に引き上げた。純利益は、子会社の特別損失を見込み、1.7億円から1.3億円に引き下げ、予想1株利益は14円72銭とした。

 本日の株価終値は1021円(4円安)。純利益の予想が下がった点はマイナス要因だが、事業収益が好調なため、影響は限定的とみられる。しかも、株式需給をみると、信用売り残が買い残を上回る高水準。このこと自体は慎重派が高水準であることになるものの、売り建て玉には逆日歩が発生し、コスト増加のため、売り手は早めに買い戻したいところ。安くなったところでは買い戻しが増加する可能性があり、下支え要因としては強力といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:16 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】オーハシテクニカも上期の業績予想を増額し通期予想に注目

■新規受注や業務効率化が奏功

 オーハシテクニカ<7628>(東1)は30日の大引け後、第2四半期の業績予想(4〜9月・上期)を増額修正し、連結営業利益は従来の8.5億円から2割強引き上げて10.35億円とし、純利益は4.8億円から3割引き上げて6.25億円に見直した。自動車部品などのファブレスメーカーで、発表では、国内外における自動車メーカーの生産・販売が順調に推移するとともに、新規受注品の獲得、業務効率化への取り組み強化などが要因。決算発表は11月5日の予定とした。

 通期の業績予想は、為替変動や日中関係の悪化による影響等の不透明要因があるため、前回予想を変更していないとしたものの、言外の意をくめば、不透明要因が晴れれば増額修正の余地が強まることになる。本日の株価終値は529円(18円安)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】五洋建設が上期の業績予想を増額し通期予想も注目

■11月9日の発表に向けて期待相場も

 五洋建設<1893>(東1)は30日の大引け後、第2四半期の業績予想を増額修正し、連結営業利益(4〜9月・上期)は従来の14億円から24億円に引き上げ、純利益は5億円の赤字から3億円の黒字に見直した。単体ベースで手持工事の進捗が当初の想定より進み、完成工事総利益の増加に加え、一般管理費の減少も寄与したほか、連結ベースでは上期に発生すると想定していた費用の発生が下期にずれ込んだことも寄与した。

 今3月期の予想は、11月9日に予定する第2四半期の決算発表で開示するとしたため、この日に向けて期待相場が盛り上がる可能性が出てきた。本日の株価終値は189円(1円安)。7月以降、177円・176円を何度かつけて下げ止まり、直近は197円まで持ち直す場面があり、上値を試す様子がうかがえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

キーエンスは野村・みずほの目標株価に安心感広がり大幅高を継続

 電子計測機器などのキーエンス<6861>(東1)は30日の後場も急伸相場を続け、14時30分には6.9%高の2万1170円(1360円高)前後で推移。昨日発表した第1四半期決算は、決算期変更途上の3カ月間だったものの、野村證券が目標株価を2万4000円から2万4500円に引き上げたと伝えられ、みずほ証券も投資判断「買い」、目標株価23500円を継続したと伝えられたため、買い安心感が続いている。年初来の高値は8月につけた2万1320円。これに急接近となり、この水準で強もみ合いになれば、信用売りを行なっている向きの買い戻しを誘う可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

グローブライドは通期予想にも増額の期待が強まり強調相場

 釣具の大手・グローブライド<7990>(東1)は30日の後場も値上がり率が20%を超えたまま強調相場を続け、13時30分には26.7%高の114円(24円高)。昨日、第2四半期の業績予想を増額したことを好感し、前場は一時ストップ高の120円(30円高)まで上げて2月につけた年初来の高値に顔合わせとなった。第2四半期の決算発表は11月7日の予定。ここで今3月期の予想も増額する期待が強まっている。120円は2010年4月以来になるため、抜けば上値余地が大きいとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

鬼怒川ゴム工業は自部品株が堅調なため安心感あり戻り高値

 鬼怒川ゴム工業<5196>(東1)は30日の後場、上値を試す動きを見せ、13時前に6.7%高の460円(29円高)まで上昇。戻り高値を5日ぶりに更新した。自動車部品の大手。昨日は、ホンダ<7267>(東1)が中国の動向を要因に業績予想を減額して急落となったものの、ホンダ系の自部品大手。ショーワ<7274>(東1)はこの時間帯で11.4%高の725円(74円高)、同じく武蔵精密工業<7220>(東1)も5.3%高の1678円(84円高)と高いため、「鬼ゴム」にも安心感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

日野自動車が自動ブレーキを材料に高値を更新いすゞ自動車も高い

 日野自動車<7205>(東1)は30日、高値更新となり、629円(26円高)まで上げた後も11時にかけて627円と堅調。7月につけた年初来の高値613円を約3ヵ月半ぶりに更新した。大型バスに自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の装着が義務化される見通し、と本日の読売新聞が伝えたことを材料視。いすゞ自動車<7202>(東1)も414円(10円高)と堅調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:04 | 株式投資ニュース

一休は増額修正を好感し値上がり率3位の急伸で高値を更新

 宿泊予約サイトの一休<2450>(東1)は30日、大幅続伸となって今年3月の年初来高値を更新し、朝方4万4700円(5800円高)まで上げて10時現在も4万4200円(5300円高)前後で推移。値上がり率は10%を超えて東証1部の3位。昨日発表した第2四半期決算が好調で、今3月期の予想を増額修正したことが好感された。旅行業界では、中国人観光客の減少が懸念要因になっているものの、同社の宿泊予約サイトでの影響は少ない模様。今期の売上高は従来予想を3.7億円上回る46億円(前期比25.5%増)とし、純利益は1.1億円上回る9.2億円(同90.3%増)とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

カシオ計算機はデジカメ新製品に期待続き連日高値

 カシオ計算機<6952>(東1)は30日も堅調で連日の高値更新となり、622円(前日比変わらず)で寄ったあとは630円(8円高)。このところ、コンパクトデジタルカメラの新製品が材料視されており、信用売り残に逆日歩が乗っているため、株価の高値更新と合わせ、買い戻しが増加する環境が整っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース