[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/21)スズキはインド工場の操業再開に期待感あり底堅い
記事一覧 (08/21)カカクコムは「食べログ」の売上高6割近く増加と伝えられ続伸
記事一覧 (08/21)インフォコム ディー・エヌ・エーとソーシャルゲーム事業に関する戦略的提携に合意
記事一覧 (08/20)東レがイスタンブール駐在員事務所の営業を開始しアジア・新興国に弾み−−引け後のリリース
記事一覧 (08/20)田辺工業は4連騰、連続大幅増益業績買い続き北陸新幹線思惑も支援
記事一覧 (08/20)【注目のリリース】日本管理センターは株式分割を機に買い残活性化へ
記事一覧 (08/20)パシネットS高、好業績に持ち前の足の軽さ発揮
記事一覧 (08/20)吉野家ホールディングスは8月の配当・優待が人気のようで連日高
記事一覧 (08/20)高島屋が3日続伸基調、8月末の配当・株主優待を意識
記事一覧 (08/20)ホウスイが養殖用マグロ未成魚の規制を材料に急伸
記事一覧 (08/20)NDソフトは株式分割と株式売出しが綱引きし続急落
記事一覧 (08/20)日本合成は高値顔合わせ、2Q業績上方修正で通期V字回復業績買い続く
記事一覧 (08/20)オリエンタルランドは「ディズニーホテルのクリスマス」を好感し反発
記事一覧 (08/20)東証2部重複売買開始のPLANTは公募株のハネ返り懸念し急続落
記事一覧 (08/20)日産自動車が円安基調を好感し5月以来の800円台を回復
記事一覧 (08/20)マンダムは汗取り・冷感商品などに期待あり連日の戻り高値
記事一覧 (08/20)サニックスは太陽光パネルの建築確認関連策を好感し値上がり率2位
記事一覧 (08/20)三晃金属は太陽光パネルの建築確認不要策を材料に値上がり率上位
記事一覧 (08/20)シャープは来月をメドに再建策と伝えられたものの小動きで始まる
記事一覧 (08/20)コマツは4日続伸の始まりとなり中国関連株だけに安心感
2012年08月21日

スズキはインド工場の操業再開に期待感あり底堅い

 スズキ<7269>(東1)は21日、底堅い始まりとなり、1554円(3円安)で寄ったあとは1550円(7円安)を下値に1558円(1円高)と持ち直すスタートになった。思想的な背景による暴動事件で操業を停止していたインド法人のマルチ・スズキが現地時間の本日、約1ヵ月ぶりに操業を再開することに期待感がある。マルチ・スズキの生産拠点のひとつマネサール工場では、7月中旬に労働者の暴動が発生し、18日から操業を停止していた。再開当初の操業度は従来の1〜2割との見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

カカクコムは「食べログ」の売上高6割近く増加と伝えられ続伸

 カカクコム<2371>(東1)は21日、続伸の始まりとなり、2714円(31円高)で寄ったあとは2720円(37円高)。主力サイト以外のサイト好調と伝えられ、8月13日につけた直近の高値2720円に顔合わせする始まりになった。主力の買い物支援サイト「価格com」以外に、今3月期はレストランの口コミサイト「食べログ」の売上高が前期比40億円程度になる見通し、と今朝の日本経済新聞が伝えた。新規サイトのけん引で13年3月期連結経常利益は110億円と前期比22%増を見込むという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース

インフォコム ディー・エヌ・エーとソーシャルゲーム事業に関する戦略的提携に合意

■イストピカを子会社化し、ソーシャルゲーム事業に参入

 インフォコム<4348>(JQS)は20日、グループ会社イストピカ、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)とソーシャルゲーム事業に関する戦略的提携に合意した。
 インフォコムは、ソーシャル・メディア・サービス領域の業容拡大とソーシャルゲーム分野へのサービス展開強化を目的として、同日、ソーシャルアプリケーションプロバイダーのイストピカを子会社化し、ソーシャルゲーム事業に参入することも発表した。
 今後は、3社の特長を活かし、インターネット、スマートフォン、携帯電話向けのサービスの領域における相互の事業を発展させる計画。
 今回の戦略的提携のインフォコムの業績に与える影響は現在精査中であり、業績予想に修正が生じる場合は、判明次第公表する方針。
 20日の株価は300円安の8万6400円。予想PER6.09倍、PBR0.75倍、配当利回り3.47%と割安。
 チャートを見ると、8月6日、7日と8万円まで下げたが、5月15日の年初来最安値7万9000円を下回らなかったことから、底値を確認し、反発が始まっている。今回の戦略的提携のニュースは株価反発に一層の弾みをつけるものと期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:31 | 株式投資ニュース
2012年08月20日

東レがイスタンブール駐在員事務所の営業を開始しアジア・新興国に弾み−−引け後のリリース

■株価は出直り初期で出遅れ感

引け後のリリース、明日の1本 東レ<3402>(東1)は20日、東レインターナショナルの発表として、このたびトルコ・イスタンブールに駐在員事務所を開設し、営業を開始したと発表した。同社グループは、2011年からスタートした中期経営課題で、「アジア・新興国事業拡大プロジェクト」などの3大プロジェクトを推進しており、今回の取り組みは、今後大きな経済成長が見込まれるアジアやその他地域の新興国の成長を取り込む同プロジェクトの基本戦略の一環。

 発表によると、同国は、推計人口約7400万人で、その半数が29歳以下の若年層。過去8年間の実質GDPが年平均約5%と、着実に成長を遂げている地勢的にはアジアと欧州の中間に位置し、東欧、中東、中央アジア、北アフリカへのアクセスにも優れている。既存事業である産業資材繊維、テキスタイル、印写材料等の拡大推進、基盤強化を図るほか、同国および周辺諸国の生産基盤を活用したサプライチェーンの構築など、新規ビジネスへの取り組みを加速させ、事業拡大を推進していく。 

 株価は8月3日の467円を安値に持ち直し、本日は513円(13円高)まで上げて戻り高値に進み、終値も508円(8円高)。小幅だが4日続伸となった。今3月期の連結営業利益は前期比6.8%増を見込み、予想1株利益は40円51銭。PERは12.5倍のため、東証1部銘柄の平均なみ。日経平均が一時9200円まで上げた相場の中で、化学・合繊銘柄には出遅れ感を指摘する調査筋もあり、直近の高値である7月初の556円前後をめざすとの予想が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:57 | 株式投資ニュース

田辺工業は4連騰、連続大幅増益業績買い続き北陸新幹線思惑も支援

 田辺工業<1828>(東2)は20日、15円高の580円と変わらずを挟んで4営業日続伸し、7月23日につけた年初来高値624円を視界に捉えた。

 今3月期業績の連続大幅続伸を評価して内需割安株買いが増勢となったもので、今年8月3日に開示した今期第1四半期(1Q)のV字回復や整備新幹線の北陸新幹線の未着工3区間の建設が年内にも決定されることも支援材料視された。

 同社の業績は、前期純利益が1億7100万円(前々期比51%増)とV字回復したが、期中の下方修通り増益転換率は縮小した。液晶などの電子デバイス関連工事の落ち込みを医薬・環境・エネルギー設備などの受注拡大でカバーしたが、不採算工事の影響もあり下ぶれ着地したもので、純利益は、法人税率変更に伴う法人税等調整額の増加があり増益転換率を縮めた。

 今期業績は、下期の東日本大震災の復興需要本格化や設備投資回復を見込み、不採算工事対策として原価管理徹底や一般管理費低減に取り組むことから経常利益は2ケタ続伸、純利益は、法人税等調整額の平準化から3億5000万円(前期比2.0倍)と3ケタ続伸を予想している。1Q業績はV字回復、純利益は6600万円(前年同期は1億6100万円の赤字)と黒字転換した。

 なお北陸新幹線は、今年6月に与党・民主党が未着工3区間の建設を決めたが、同社は同新幹線向けの電気計装工事などを手掛けているだけに、年末の来年度予算編成に向け関連思惑を強めてくる。

 株価は、今期業績の続伸予想に北陸新幹線関連思惑が加わってストップ高で年初来高値をつけて502円まで調整、3分の2戻し水準までリバウンドした。PERは8倍台、PBRは0.3倍となお割安であり、高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本管理センターは株式分割を機に買い残活性化へ

■9月末の株主に1株を2株に分割

 住宅借上げ・賃貸の日本管理センター<3276>(JQS)は20日の大引け後、株式分割を発表し、9月30日を基準日として同日最終の株主名簿に記載の株主に対し、1株を2株に分割するとした。投資単位あたりの金額を引き下げ、流動性を高め、投資家層の拡大を図る。また、これにともない、今12月期の配当予想をこれまでの40円から20円とした。実質的な期末の予想配当金に変更はない。

 同社株は2011年10月に上場し、12年5月に3900円の高値をつけた。その後は2400円前後から3200円前後の間でもみ合いになり、本日の終値は2789円(53円高)。分割を好感する急伸が予想され、信用買い残の回転が効き出す形で値動きが軽くなる可能性が強まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

パシネットS高、好業績に持ち前の足の軽さ発揮

 パシフィックネット<3021>(東マ)は、80円ストップ高(S高)の391円と急伸、持ち前の軽い足どりとなっている。

 290円台での煮詰まった動きからチャート妙味があった。今5月期(単独)は、前期比5.9%増収、営業利益17.5%増益、1株利益26.3円の見通し。配当は年12円の予定。

 パソコンをはじめとするOA機器全般から各種機器・設備にいたるまで、あらゆるリユース(中古)品を、かけがえのない貴重な資源と考え、可能な限り再生し、リユースからリサイクルに至るまでのビジネスを追求している。設備・什器・建機等、パソコン以外にも幅広い商材を取扱い、新しい分野への事業展開を進めていく。

 今年5月29日に株式100分割の権利を落とし279円で始まり、これまでの権利落ち後の高値は548円(6月28日)。

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | 株式投資ニュース

吉野家ホールディングスは8月の配当・優待が人気のようで連日高

吉野家ホールディングス 吉野家ホールディングス<9861>(東1)は20日の後場も堅調で、14時30分にかけては10万5400円(300円高)。7月下旬からの出直り相場で2日連続の高値更新となった。8月第2四半期(中間期)の配当・株主優待を狙う買いが活発の模様で、優待はお食事サービス券。半期ごとに、保有株数に応じて、1株から9株までの株主の場合は300円サービス券が10枚になる(ホームページ参照)。8月中間期の権利付最終日は、今年は8月28日。けっこう人気が高いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

高島屋が3日続伸基調、8月末の配当・株主優待を意識

 高島屋<8233>(東1)は20日の午後も堅調で、13時50分には590円(4円高)。前場は593円まで上げ、3日続伸基調となっている。8月第2四半期(中間期)の配当・株主優待を念頭にした投資が活発化している模様。中間配は、前年同期なみなら5円になり、優待は、毎年2月末日、および8月31日現在の株主名簿に記載された1000株以上ご所有の株主に「株主様ご優待カード」を発行。今年の権利付最終日は8月28日のため、この日までは下値買いが活発との見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

ホウスイが養殖用マグロ未成魚の規制を材料に急伸

 ホウスイ<1352>(東1)は20日の後場も強調相場を続け、13時には13.4%高の110円(13円高)で東証1部の値上がり率1位になる場面があった。この週末に、水産庁がクロマグロの資源保護を強化する目的で養殖用の未成魚の漁獲を規制する、と日本経済新聞で伝えられたことが材料視され、市況高への期待を材料に軽量株妙味を強めた。前場は124円(27円高)まで上げ、3月以来の水準を回復し、戻り高値に進んだ。東都水産<8038>(東1)も約6%高の134円(8円高)で同4位と急伸している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

NDソフトは株式分割と株式売出しが綱引きし続急落

 エヌ・デーソフトウェア(NDソフト)<3794>(JQS)は20美地、87円安の2363円まで下げて4営業日続落している。前週末17日大引け後に株式分割と株式売出しを発表、強弱材料が綱引きとなったが、株式売出しを嫌って売り増勢となっている。

 株式分割は、1投資単位当たりの金額を引き下げ、より投資しやすい環境を整えることで株式の流動性を向上させるとともに、投資家層の拡大を図ることを目的にしており、9月30日を基準日に1株を2株に分割する。

 一方、株式売出しは、CVFファンドが保有していた子会社のNCSホールディングス(現日本コンピュータシステム)の株式を売出し投資家層を拡大し流動性を向上させることを目的に28万1000株を売出し、オーバアロットメントによる4万2000株の株式売出しも伴う。売出し価格は、8月27日から29日までの間のいずれかの日に決定する。

 株価は、前期業績の再上方修正で年初来高値3625円をつけ、今期の減益転換・減配予想が響いて1890円まで大きく調整、今期第1四半期の大幅続伸業績を好感して2630円まで買い進まれて高値でもみ合っていた。強弱材料が綱引きするなか、再度の下値確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

日本合成は高値顔合わせ、2Q業績上方修正で通期V字回復業績買い続く

 日本合成化学工業<4201>(東1)は20日、4円高の547円まで上げて6営業日続伸し、前週末17日ザラ場につけた年初来高値に顔合わせしている。

 今3月期業績が、下方修正続きだった前期と逆に、今年7月に今期第1四半期(1Q)決算発表時に、第2四半期(2Q)累計業績を上方修正したことが、高値追い要因となっている。

 2Q累計業績の上方修正は、前期業績の下方修正要因だった光学用途の「OPLフィルム」が回復し、前年同期水準まで戻っていないが、EVOH樹脂「ソアノール」が、食品包装用途を中心に好調に推移していることが寄与したもので、2Q累計純利益は、期初予想の26億円を28億円(前年同期比54%増)に引き上げ増益転換率を拡大する。

 3月通期業績は期初予想を変更しなかったが、それでも純利益は、60億円(前期比90%増)とV字回復し、2011年3月期の過去最高(61億3100万円)に接近する。

 株価は、今期業績のV字回復予想で500円台にタッチしたものの、全般相場の急落とともに年初来安値408円と売られ、下げ過ぎ訂正に2Q累計業績の上方修正が続き同高値まで上値を追った。PERはなお8倍台、PBRも0.9倍と割安であり、売り長で逆日歩のつく信用好需給もオンして昨年2月以来の600円台回復を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:12 | 株式投資ニュース

オリエンタルランドは「ディズニーホテルのクリスマス」を好感し反発

 オリエンタルランド<4661>(東1)は20日、反発相場となり、9970円(120円高)まで上げた後も9950円(100円高)前後で堅調。出直りを強めて8月16日につけた年初来の高値1万20円に迫った。前週末の17日付けで「ディズニーホテルのクリスマス」を発表。市場参加者としては、夏休みの行楽需要に期待するイメージの中に、いきなりクリスマスが割り込んできた形になった。株価は、8月14日に一時1万円ちょうどをつけ、約12年ぶりの1万円台乗せ。しかし、今回の1万円相場では、まだ終値で1万円台に乗っていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

東証2部重複売買開始のPLANTは公募株のハネ返り懸念し急続落

 PLANT<7646>(JQS・東2)は20日、きょう20日に東証第2部に新規上場され、ジャスダック市場(スタンダード)との重複売買が始まったが、主市場のジャスダック市場では、前週末終値に対して18円安の590円まで下げて急続落している。

 東証2部では、600円で寄り付いたあとやはり590円と売られている。東証2部上場に際して新株式発行(発行価格583円)と株式売出しを実施、新株式の払い込みを前週末17日に終了しており、ハネ返りを懸念して売り先行となっている。

 同社は、北陸地方を地盤とするスーパーセンターで、福島県に展開している大熊店が、東京電力<9501>(東1)の福島第1原子力発電所事故の影響で営業停止となり、前9月期純利益が、原発事故損失18億1000万円を計上して4600万円(前々期比95%減)と大きく落ち込んだ。

 これに対して今期純利益は、震災損失の一巡で15億4000万円とV字回復を見込み、さらに東証2部上場承認と同時に、東電からの損害賠償金5億1300万円を特別利益に計上して、さらに16億4000万円に上方修正、2010年9月期の過去最高(10億8100万円)を大きく更新する。

 株価は、今期第2四半期累計業績が期初予想を上ぶれて着地したことに反応して年初来高値920円をつけ、800円台固めから東証2部上場に伴い実施した新株式発行・株式売出しを嫌い同安値588円まで急落した。底固めからPER2倍台、PBR0.5倍の超割安修正を試すことになろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

日産自動車が円安基調を好感し5月以来の800円台を回復

 日産自動車<7201>(東1)は20日、強もみあい程度ながら堅調続伸となり、803円(8円高)まで上げて5月14日以来の800円台回復となった。3日続けて戻り高値を更新。円相場が対ドル・対ユーロとも円安基調になり、対ユーロでは早朝から98円台に入る展開になったことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

マンダムは汗取り・冷感商品などに期待あり連日の戻り高値

 マンダム<4917>(東1)は20日、続伸基調となり、朝方2096円(7円高)をつけて戻り高値を5日連続で更新。10時現在も2091円(2円高)で堅調相場を続けている。汗取り・冷感関連商品の拡大期待が思惑材料視され、2100円台に乗れば5月15日以来。第1四半期(4〜6月)決算は7月末に発表し、今3月期の通期予想は、連結売上高が前期比6.2%増、営業利益が同5.0%増。女性コスメティック事業の寄与による上ぶれの可能性も言われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 株式投資ニュース

サニックスは太陽光パネルの建築確認関連策を好感し値上がり率2位

 サニックス<4651>(東1)は20日、急伸の始まりとなり、253円(11円高)で寄ったあと277円(35円高)。値上がり率は14%だいになり、9時30分には東証1部の値上がり率2位に入った。太陽光発電パネルを取り扱い、政府が、太陽光発電パネルに関する建築確認の手続きを簡略化する方針を決めたと今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感。270円台は8月8日以来となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

三晃金属は太陽光パネルの建築確認不要策を材料に値上がり率上位

 三晃金属工業<1972>(東1)は20日、出直りを強める始まりとなり、226円(7円高)で寄ったあと233円(14円高)。東証1部の値上がり率5位前後に入った。大規模建物の屋根工事の大手で、家屋やビルなどの屋上に太陽光発電パネルを設置する際、複雑な建築確認の手続きを不要とする方針を政府が決めたと今朝、伝えられたことが好感されている。230円台は7月19日以来になり、6月下旬につけた戻り高値262円回復が意識されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

シャープは来月をメドに再建策と伝えられたものの小動きで始まる

 シャープ<6753>(東1)は20日、小動きの始まりとなり、180円(4円安)で寄ったあとは181円から177円で推移。来月をメドに再建策を策定と一部で伝えられ、期待感はあるものの、資本提携する台湾・鴻海精密工業との協議の行方など、具体的な展望を巡り、様子見の域を出ない始まりとなった。前週後半から一部報道で銀行支援という4文字が出ていることを手控え要因にする向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

コマツは4日続伸の始まりとなり中国関連株だけに安心感

 コマツ<6301>(東1)は20日、堅調な始まりとなり、1800円(9円高)で寄ったあとは1815円(24円高)。中国景気に敏感な銘柄の代表格のため、尖閣諸島の件を受けて動向が注目されるなか、4日続伸基調となった。1800円台は7月11日以来。この銘柄が堅調なら、全体相場への心理的な影響も明るくなるとの期待がある。日経平均は39円86銭高の9202円36銭で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース