[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/27)キユーピーがディフェンシブ株を買う動きに乗り連日高値
記事一覧 (09/27)日本航空は安く始まった後に持ち直し底堅い
記事一覧 (09/27)東武鉄道は東京スカイツリータウン好調で増額修正し続伸
記事一覧 (09/26)エイチ・アイ・エスグループが長崎・上海航路のクルーズ船を運休‐‐引け後のリリース
記事一覧 (09/26)【注目のリリース】乃村工藝社は環境演出など手がけ上期は黒字転換
記事一覧 (09/26)【注目のリリース】東武鉄道が東京スカイツリータウン好調で増額修正
記事一覧 (09/26)日本航空は円高基調とともに後場持ち直し反発相場に転換
記事一覧 (09/26)ホンダは国内生産9カ月連続増と伝わるがユーロ不透明感などで軟調
記事一覧 (09/26)防衛関連株が自民総裁選「石破氏・安倍氏で決選投票」と伝わり急動意
記事一覧 (09/26)鴨川グランドホテルは「東京スカイツリー効果」材料に堅調
記事一覧 (09/26)伊藤園がディフェンシブ銘柄に資金を退避させる動きに乗り堅調
記事一覧 (09/26)プロ用調理機器のマルゼンは増益転換の予想を好感し戻り高値
記事一覧 (09/26)上場2日のエー・ピーカンパニーは13%高の大幅続伸
記事一覧 (09/26)キユーピーがディフェンシブ株を買う動きに乗り連日高値
記事一覧 (09/26)日本航空は日中路線の旅客減などを手控え要因に連日安値
記事一覧 (09/26)キョーリン製薬ホールディングスは喘息薬を材料に続伸基調
記事一覧 (09/26)東宝は増額修正を材料に買い戻し膨れる期待で続伸
記事一覧 (09/25)シャープと交渉中の台湾・鴻海精密株が大幅安と伝えられる
記事一覧 (09/25)シャープが発電と採光を両立するシースルー太陽電池を開発‐‐引け後のリリース
記事一覧 (09/25)【注目のリリース】フジクラが自社株1000万株を満額取得し完了
2012年09月27日

キユーピーがディフェンシブ株を買う動きに乗り連日高値

 キユーピー<2809>(東1)は27日も高値を更新する相場になり、9時30分には1298円(7円高)。4日連続の年初来高値となった。朝方は1287円(4円安)まで軟化したものの、ユーロを巡る不透明感が再燃し、NY株式も続落だったため、ディフェンシブ株として買う動きが衰えないようだ。カルビー<2229>(東1)キッコーマン<2801>(東1)も高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

日本航空は安く始まった後に持ち直し底堅い

 日本航空<9201>(東1)は27日、安く始まった後に持ち直す相場となり、3440円(100円安)で寄ったあとは3425円(115円安)を下値に3530円(10円安)。東証と日証金が10月3日から制度信用銘柄および貸借銘柄に選定すると発表したことを見直す動きがある。このところ、日中関係などの冷え込みを受け、日本の航空会社に予約キャンセルが増加と伝えられており、一昨日は325円安の3395円。昨日は一時185円安の3210円まで下げる場面があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

東武鉄道は東京スカイツリータウン好調で増額修正し続伸

 東武鉄道<9001>(東1)は27日、出直りを強める始まりとなり、421円(5円高)で寄ったあとは423円と続伸基調。昨日の大引け後、東京スカイツリータウンの好人気などを要因に業績予想の増額修正を発表したことが好感されている。東京スカイツリータウンは、同社グループが事業主体。今3月期の連結営業利益は375億円から430億円に引き上げた。株価は、8月下旬に444円の高値をつけ、9月に入っては410円から430円のゾーンで調整地合い。このレンジを抜け出せば、高値更新の可能性が強まる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2012年09月26日

エイチ・アイ・エスグループが長崎・上海航路のクルーズ船を運休‐‐引け後のリリース

■中国側が日本向け団体旅行を自粛

引け後のリリース、明日の1本 格安旅行のエイチ・アイ・エス<9603>(東1)グループで長崎・上海航路のクルーズ船を運行するHTBクルーズ(佐世保市)は26日の夕方、「長崎〜上海航路の運休について」を発表し、10月13日の便から本年年末まで運休を決定したとした。

 発表によると、運休の理由は、今般の日中両国関係の変化に伴う予約客キャンセル急増と、中国側旅行会社による日本向け団体旅行商品の販売自粛が主因。中国側旅行会社では、国慶節の連休(9月30日から10月7日迄)以降の日本向け団体旅行商品全部の発売自体が行われていない事から、当社全体の70%を占める中国人団体客の利用が見込めなくなった事と、日本側の集客も中国側情勢不安により、新規予約が当面見込めないと判断した。運休対象便に予約している利用客には、全額払い戻しの対応を行なうとした。

 株価は、日中関係の冷え込みを受けて9月18日に2214円間で下落。8月末の2706円からは約18%の下げとなった。本日の終値は2447円(7円安)。大まかにみて、500円の下げ幅に対し230円の値戻しとなり、半値戻しに近い水準。市場の判断が注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:13 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】乃村工藝社は環境演出など手がけ上期は黒字転換

■今期の予想は据え置き営業利益32%増を見込む

 商業施設の内装などの大手・乃村工藝社<9716>(東1)は26日の大引け後、第2四半期の連結決算(2月16日から8月15日、上期)を発表。売上高は前年同期比13.1%増の451.97億円となり、営業利益は前年同期比で黒字転換し3.0億円となった。

 この期は、都内に相次ぎ開業した大型商業施設のほか、新たに開通した高速道路のサービスエリアの環境演出を手がけるとともに、これらの施設にオープンしたアパレル関連やスポーツブランドなどの店舗内装を数多くこなした。また、博物館・美術館の指定管理者制度にもとづく施設運営も拡大した。

 また、飲食・物販事業では、東京スカイツリータウンの商業施設「東京ソラマチ」に東京下町雑貨「がっちゃら屋」を新規開業したほか、「江戸東京博物館ミュージアムショップ」も好調。

 今2月期の業績予想は据え置き、連結売上高は前期比6.3%増の930億円、営業利益は同31.6%増の16億円、純利益は同55.6%増の9.4億円、1株利益は16円83銭。

 株価は6月以降、230円から260円のゾーンで横ばい推移となっており、本日の終値は243円(1円安)。PERは14倍台のため、割高感は希薄。230円前後で下げ止まる傾向があるため、このゾーン内で手堅く値幅を狙うことができそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】東武鉄道が東京スカイツリータウン好調で増額修正

■今3月期の純利益は180億円から225億円に引き上げ

 東武鉄道<9001>(東1)は26日の大引け後、業績予想の増額修正を発表し、今3月期の連結営業利益は375億円から430億円に引き上げた。東京スカイツリータウンを中心とした夏季観光シーズンの動向が好調。

 連結営業収益は5710億円から5765億円に引き上げ、純利益は180億円から225億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は21円05銭。株価は8月下旬に444円の高値をつけ、9月は410円から430円のゾーンで調整地合い。本日の終値は416円(2円安)。このところ、観光・旅行業界では、中国からの観光客のキャンセルが相次いで伝えられているものの、同社の「東京スカイツリー」は当分、国内需要だけで十分に繁忙とみられ、11月の開業半年目の動向や年末年始の動向に向け、何度か期待相場が盛り上がる可能性が高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

日本航空は円高基調とともに後場持ち直し反発相場に転換

 日本航空<9201>(東1)は26日の後場、次第に強張る相場に転換し、14時30分には3525円(130円高)まで上げた。後場は、円相場が対ユーロで昨日の100円台から一時99円台の円高基調。燃料コストなどの軽減を想起する雰囲気があった。株価は、朝方3210円(185円安)まで下げ、9月19日の再上場後、2日続けて上場来の安値。ここ、日中、日韓関係などの冷え込みを受け、日本の航空会社は航空券の予約キャンセルが増加と伝えられており、本日後場の反発もリバウンドの範囲にとどまると醒めた見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | 株式投資ニュース

ホンダは国内生産9カ月連続増と伝わるがユーロ不透明感などで軟調

 ホンダ<7267>(東1)は26日の後場も軟調で、14時15分には2438円(125円安)前後で小動き。午後、8月の国内生産が前年同月比23.3%増の6万台となり9カ月連続の増加と伝えられたものの、反応は今ひとつとなっている。本日の株価は、ユーロに対する不透明感の再燃やNYダウの101ドル安、日中関係の冷却の影響を要因に、朝方の2468円(95円安)を上値に一進一退。9発6日以来の2500円割れとなった。トヨタ自動車<7203>(東1)も月国内生産が13カ月連続の増加と伝えられたものの、軟調もみあいとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

防衛関連株が自民総裁選「石破氏・安倍氏で決選投票」と伝わり急動意

 防衛関連株の石川製作所<6208>(東1)が26日の後場、動意を強めて7.5%高の72円(5円高)まで上昇。東京計器<7721>(東1)も約5%高となり、一時は、尖閣諸島などを巡り新たな展開かと注目される場面があった。ただ、領海侵入などのニュースは特段伝えられず、自民党の総裁選が石破氏・安倍氏で決選投票と伝わったため、両氏とも防衛政策の積極論者ということで期待が広がったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | 株式投資ニュース

鴨川グランドホテルは「東京スカイツリー効果」材料に堅調

 鴨川グランドホテル<9695>(JQS)は26日の後場も反発相場を続け、13時30分を過ぎては155円(5円高)。6月の安値安130円からは徐々に下値を切り上げる好展開を続けている。都内で運営するビジネスホテルは「東京スカイツリー効果」で盛況と伝えられたことがあり、日経平均の170円安といった全体相場の中で、精密株や自動車株から退避する資金が流入したようだ。日頃は薄商いで、機動的な売買ができないため、全体相場が冴えない局面で買い注文を入れ、売買成立を狙う手法がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

伊藤園がディフェンシブ銘柄に資金を退避させる動きに乗り堅調

 伊藤園<2593>(東1)は26日の後場も堅調で、13時を過ぎては1540円(13円高)前後で推移。NY株式の101ドル安や日中関係の不透明感により、食品株や医薬品株などのディフェンシブ銘柄に資金を退避させる動きが広がり、昨日からは反発の出直り相場になった。8月下旬には、10月31日付けで自己株式200万株(発行済み株式総数の2.19%)を消却すると発表しており、株式価値の向上にも期待がある。本日はキユーピー<2809>(東1)カルビー<2229>(東1)がディフェンシブ買いを集めて連日の高値更新となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

プロ用調理機器のマルゼンは増益転換の予想を好感し戻り高値

 業務用の調理システム大手・マルゼン<5982>(東2)は26日、急伸となって戻り高値を更新。11時過ぎには6.1%高の571円(33円高)まで上げ、6月につけた年初来の高値584円に迫った。第2四半期の業績(3〜8月累計・上期)見通しが、連結純利益は前年同期比18%増の11億4000万円となり、従来の減益予想(9%減の8億8000万円)から一転、増益になる見込みと今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感した。NY株式の101円安などを受け、日経平均採用銘柄を中心に主力株が冴えないため、資金シフトがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

上場2日のエー・ピーカンパニーは13%高の大幅続伸

昨日、新規上場となったエー・ピーカンパニー<3175>(東マ)は26日も好調な相場になり、10時50分には約13%高の4230円(490円高)と大幅高。
公開価格2350円からは2倍近い値上がりとなり、昨日の初値3305円からも3割近い上昇となった。自社農場で「みやざき地頭鶏」を生産するほか、飲食店向けに青果物、鮮魚などの流通事業や、居酒屋「四十八(よんぱち)漁場」も展開。今期・2013年3月期の連結業績は、連結営業利益を前期比56.8%増の6.51億円、予想1株利益は185円66銭としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

キユーピーがディフェンシブ株を買う動きに乗り連日高値

 キユーピー<2809>(東1)は26日も高値を更新する相場になり、1283円(3円高)で寄ったあと1291円(11円高)。3日連続の年初来高値となった。欧米株式が本日も安く、NYダウは101ドル安。ユーロ安・円高の懸念などに左右されにくいディフェンシブ銘柄として資金がシフトしている。本日はカルビー<2229>(東1)も連日の高値更新となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | 株式投資ニュース

日本航空は日中路線の旅客減などを手控え要因に連日安値

 日本航空<9201>(東1)は26日、続落の始まりとなり、3255円(140円安)で寄ったあとは3210円(185円安)まで下げ、9月19日の際上場後の安値を2日続けて更新した。日中関係などの冷え込みを受け、日本の航空会社は航空券の予約キャンセルが増加と伝えられており、速報ベースでは時価総額が60000億円を割り、全日本空輸<9202>(東1)の約5900億円を下回ったと伝えられた。全日空も下落率は3%を超えている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

キョーリン製薬ホールディングスは喘息薬を材料に続伸基調

 キョーリン製薬ホールディングス<4569>(東1)は26日、軟調に始まった後一気に切り返し、朝寄り値の1836円(22円安)から1871円(13円高)と続伸基調。昨日、持株傘下の杏林製薬が本日、気管支喘息(ぜんそく)治療剤「KRP‐108」の製造販売承認申請を厚生労働省に行ったと発表したことが材料視されている。日経平均の下げ幅が朝方から140円を超えているため、ディフェンシブ性の強い薬品株や食品株に資金が回っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

東宝は増額修正を材料に買い戻し膨れる期待で続伸

 東宝<9602>(東1)は26日、続伸の始まりとなり、1418円(10円高)で寄ったあとは1430円(22円高)と堅調。昨日、業績予想の増額修正を発表し、8月22日以来の1430円台回復となった。増額修正は、今2月期の連結純利益を従来予想より43億円上乗せし、前期比30%増の128億円とした。2期ぶりに過去最高益を更新。信用売り残が多いため、買い戻しが膨れた場合の潜在的な株高エネルギーは大きいと期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2012年09月25日

シャープと交渉中の台湾・鴻海精密株が大幅安と伝えられる

■「アイフォーン」製造受託する中国工場での暴動を悪材料視

 シャープ<6753>(東1)との資本提携を巡る動向が注目される台湾の鴻海精密工業の株価が25日の台湾株式市場で、約2.9%安の93.00台湾ドルまで下落げ、大幅に続落したと伝えられた。鴻海精密工業は、米アップル社の「アイフォーン」や「アイパッド」の受託生産で知られ、実際の製造拠点はグループの中国子会社・富士康科技集団(フォックスコン)とされる。そのフォックスコンの山西省太原市の工場や河南省鄭州市の工場で暴動が発生したと伝えられたことが株価下落の要因。山西省太原市の工場は25日から操業を再開したと伝えられたものの、株価への反応は薄かったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース

シャープが発電と採光を両立するシースルー太陽電池を開発‐‐引け後のリリース

■鴻海精密との提携を巡る不透明感は相当織り込まれた様子

引け後のリリース、明日の1本 シャープ<6753>(東1)は25日、発電と採光を両立でき、建築用ガラスとして活用できる「シースルー太陽電池モジュール」を発売すると発表した。太陽光発電システムは、屋根への設置が一般的な中で、この製品は窓ガラスやベランダの手すりなどに設置でき、遮熱による省エネ性能も兼ね備えた新しいガラス建材として提案する。

 発表によると、本機は、屋根などに設置する一般的な太陽電池モジュールで採用されている金属フレームを無くし、合わせガラス構造を採用することで、一般的なガラス建材と同様に、サッシや手すりの枠などに納めることができる。セルに細かなスリットを施しており、発電しながら適度に光を室内に採り込め、熱を遮ることもできる省エネガラスとして、窓や手すり、カーテンウォール、ひさしなど様々な場所に設置できる。

 株価は8月上旬に下げ止まり、同月16日の164円を下値に底練り相場を継続中。本日の終値は207円(1円安)。台湾の鴻海精密工業グループとの資本提携を巡り、グループ創業者の郭台銘氏が8月30日の記者会見に欠席したと伝えられた際にも安値を割らなかったため、鴻海精密工業との資本提携を巡る不透明感は相当程度、織り込まれてきたとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:07 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】フジクラが自社株1000万株を満額取得し完了

■早くも「次」の実施に期待

 フジクラ<5803>(東1)は25日の大引け後、7月末から12月21日までの予定で行なってきた自社株買い(自己株取得)の買い付け株数が、9月20日現在で取得上限の1000万株に達したため、現在の自社株買いは終了すると発表した。1000万株は、自社株買いを開始する前の発行済み株式総数の2.77%。満額取得するケースはそれほど多くないとみられているため、早くも「次」の実施に期待する動きもある。

 株価は7月の199円を下値に持ち直し、8月中旬に256円の戻り高値。その後は9月18、19日に253円の高値をつけ、本日の終値は243円(1円安)。本日は、古河電気工業<5801>(東1)と共同でインドの送電線拡充に対応する工場を建設と伝えられ、自社株買いによる株式価値の向上とともに中長期で期待材料になりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:49 | 株式投資ニュース