[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/08)日鐵商事は住金物産との経営統合を材料に後場も高い
記事一覧 (02/08)ヤマダ電機は減収減益を織り込み済みと出直り強める
記事一覧 (02/08)コンクリート補強の本命サンコーテクノ9日続伸、3千円期待
記事一覧 (02/08)パナソニックは目先的な過熱感あり反落だが底堅い
記事一覧 (02/08)ソフトバンクは日経平均と相関度強くSQ算出の売りに押される
記事一覧 (02/08)ダイキン工業は中国の大気汚染対策で空気清浄機3.6倍とされ底堅い
記事一覧 (02/08)GSユアサコーポは787型機のバッテリーで一喜一憂
記事一覧 (02/08)ソニーは通期予想の据え置きなど手控え要因に小反落
記事一覧 (02/07)【引け後のリリース】日本マクドナルドは今期増益を予想
記事一覧 (02/07)【引け後のリリース】ソニーは赤字4分の1に縮小し「上げピッチ」除けば割安
記事一覧 (02/07)【ひとくち情報】大幸薬品、アーレスティ、第三銀行、日本海洋掘削
記事一覧 (02/07)【注目のリリース】TBSホールディングスは純利益の予想を7倍に増額
記事一覧 (02/07)東証の出来高50億株を超え大震災直後に次ぐ活況
記事一覧 (02/07)住友電設は業績好調で売り建て玉の買い戻しも強く高値更新
記事一覧 (02/07)【ひとくち情報】日成ビルド、東都水産、コナミ、東京ドームなど
記事一覧 (02/07)清水建設は13時の決算発表を好感して出直り強める
記事一覧 (02/07)日成ビルド工業は業績予想の増額修正を好感し後場急伸
記事一覧 (02/07)【ひとくち情報】日経平均、京都銀行、青山商事など
記事一覧 (02/07)青山商事は月次動向が好調で昨日つけた高値に迫る
記事一覧 (02/07)OBARA GROUPは業績予想の増額を好感し急伸高値
2013年02月08日

日鐵商事は住金物産との経営統合を材料に後場も高い

 日鐵商事<9810>(東1)は8日の後場も高値に進んだまま堅調で、13時30分には278円(10円高)。昨日、住金物産<9938>(大1)との経営統合を同時に発表し、住金物産は主市場・大証の値段で299円(16円安)と、明暗が分かれている。ともに、株価はPER6倍台前半、PBR0.7倍台のため、統合比率は大きくならないとの見方があるものの、親会社・新日鐵住金<5401>(東1)のケースから日鐵商事が優位との期待があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機は減収減益を織り込み済みと出直り強める

 ヤマダ電機<9831>(東1)は8日の後場も堅調で、12時50分には5.4%高の3610円(185円高)前後。昨日、第3四半期の連結決算(4〜12月)を発表し、営業利益は前年同期比61.6%減となるなど、家電量販業界の業績低迷は織り込み済みとの見方で買い直す動きがあるようだ。急出直りとなり、1月高値3730円に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

コンクリート補強の本命サンコーテクノ9日続伸、3千円期待

 補修・補強関連の本命的存在のサンコーテクノ<3435>(JQS)は、この日も大きく買われている。115円高の2250円と前日比変わらずを挟み9日続伸、昨年来高値を更新している。

 笹子トンネルの天井板落下事故では、現場で同社の「引張荷重確認試験機テクノテスター」が活躍したという。今後、老朽化したコンクリート構造物の強度確認用にレンタルを含めテクノテスター(46〜140万円)の需要が爆発的に伸びる可能性を秘めている。

 また、コンクリーと機器類を固定するのに使われる同社主力のアンカー(コンクリート用ネジのようなもの)についても、接着系と金属系の両方の良いところを採り入れたコンポジットタイプの需要が見込まれる。

 年35円配当、2ケタ増益、予想1株利益172.0円の好内容から3000円相場jへの期待が高まっている。

>>サンコーテクノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース

パナソニックは目先的な過熱感あり反落だが底堅い

 パナソニック<6752>(東1)は8日の前場、712円(45円安)を下値に売買交錯となり、反落。2月初から上げピッチを強め、1日の600円前後からストップ高の日を交えて7日には一時781円まで30%上げたこともあり、目先的には過熱感が強まったようだ。ただ、700円の大台を割り込む様子はなく、底堅い。午後の相場が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは日経平均と相関度強くSQ算出の売りに押される

 ソフトバンク<9984>(東1)は8日、軟調な始まりとなり、朝寄り後に3410円(55円安)まで下げ、その後は3485円(20円高)と持ち直した。日経平均と相関度の強い銘柄のひとつで、本日はオプション2月物の権利行使価格になるSQ(特別清算値)の算出日。SQが朝方の現物株売買によって推定1万1151円92銭(前日の日経平均終値比205円15銭安)と伝えられたため、おそらくSQ算出に関連する売り物に押されたとの見方が出ている。昨日伝えられた携帯電話の1月の契約純増数では、ソフトバンクモバイルが13ヶ月連続1位となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

ダイキン工業は中国の大気汚染対策で空気清浄機3.6倍とされ底堅い

 ダイキン工業<6367>(東1)は8日、底堅い始まりとなり、3600円(105円安)を下値に3680円と持ち直す相場。円相場の反発が手控え要因になっているものの、中国の大気汚染の激化によって、日本製の空気清浄機が前年同期の2倍から3倍の売れ行きと今朝の日本経済新聞で伝えられたことが好感されている。報道では、中国での1月の販売は、同社製品が前年同期比3.6倍に達し、シャープ<6753>(東1)製品は同3倍になったという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース

GSユアサコーポは787型機のバッテリーで一喜一憂

 ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)は8日、小幅続落の始まりとなり、330円(5円安)で寄った後は328円を下値に売買交錯。朝「B787、バッテリー設計に問題か」といった観測報道がNHKニュースなどで伝えられ、ボーイング787型機のバッテリー単体は同社製のため、値動きが注目されている。ただ、同機に装備するバッテリーシステムはフランス社など複数を経由して製造されているため、値動きも一喜一憂のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

ソニーは通期予想の据え置きなど手控え要因に小反落

 ソニー<6758>(東1)は8日、1479円(40円安)の売り気配で始まり、1419円(100円安)と小反落。昨日発表した第3四半期の連結決算(4〜12月、米国基準)は純損益の赤字が4分の1に縮小したものの、今3月期の予想を据え置いたことが手控え要因になった。円相場が海外から円高基調に転じたことも影響している。4〜12月の売上高は前年同期比3.6%増加し5兆678億円になり、営業利益は829.55億円(前年同期は658.63億円の赤字)、純利益は508.74億円の赤字(同2014.47億円の赤字)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2013年02月07日

【引け後のリリース】日本マクドナルドは今期増益を予想

■戦略的施策の効果で下期から上向く見込み

引け後のリリース、明日の1本 日本マクドナルド<2702>(JQS)は7日の大引け後、2012年12月期の本決算(連結)を発表し、売上高は前期比2.5%減少し、営業利益や経常・純利益も減少。9期ぶりの減収減益となった。店舗ポートフォリオの最適化を進め、「戦略的閉店」を推進した。

 今期・2013年12月期の予想は増益を見込み、売上高は2695億円(前期比8.6%減)、営業利益は252億円(同1.7%増)、純利益は141億円(同9.6%増)、1株利益は106円05銭とした。
第2四半期の予想は減収減益としたため、戦略的施策の効果は下期から本格化する見通しになる。

 株価は12月の配当期日前に2365円まで上げて2005年以来の高値に進み、配当落ち後の下げをジリ高基調で更新しながら、本日2400円の高値に進んだ。反落した場合でも、2350円前後までは上昇基調の範囲内とみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:51 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】ソニーは赤字4分の1に縮小し「上げピッチ」除けば割安

■テレビ事業も持ち直す

引け後のリリース、明日の1本 ソニー<6758>(東1)が7日の大引け後に発表した第3四半期の連結決算(4〜12月、米国基準)は好調で、営業・税引前損益が前年同期比で黒字に転換し、純損益は赤字が4分の1に縮小した。売上高は前年同期比3.6%増加し5兆678億円になり、営業利益は829.55億円(前年同期は658.63億円の赤字)、純利益は508.74億円の赤字(同2014.47億円の赤字)。映画、音楽、金融分野が好調だったほか、テレビ事業も持ち直し、円高是正効果も現われた。

 今3月期の予想は変えず、売上高は前期比1.6%増の6兆6000億円、営業利益は1300億円(前期は673億円の赤字)、純利益は200億円(同4567億円の赤字)。引き続き黒字転換を見込む。期末の配当は、引き続き未定とした。

 株価は1月中旬から上げピッチを強め、1月17日に終値で1000円に乗り、本日1551円(前日比では70円高)の高値に進んだ。上げピッチが速く、業績予想を増額しなかったため、明日は反落の可能性がある。しかし、PBRは0.8倍台で、日経平均採用銘柄の平均の1.2倍台からは割安感が強い水準。今後も円安次第では収益が上ぶれる可能性が強く、適度な調整を入れる方が次の上げ幅も大きくなりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

【ひとくち情報】大幸薬品、アーレスティ、第三銀行、日本海洋掘削

ひとくち・ひとこと情報 大幸薬品(4574)は、今3月期を増額。売上で6億円、営業利益で3億円、純益で2億3000万円、それぞれ増額。1株利益57.2円。感染管理関係の売上が大きく伸長。株価918円(5円安)。

 アーレスティ(5852)は、今3月期を減額。売上で22億円、営業利益で6億円、純益で8億5000万円、それぞれ減額。1株利益赤字。配当年3円(前期年6円)。エコカー補助金終了の影響。株価525円(10円安)。

 第三銀行(8529)の今3月期、経常利益35.1%減益、純益21.6%減益、1株利益7.6円。配当年5.5円の予定。株価178円(1円高)。

 日本海洋掘削(1606)は今3月期を増額。売上で12億6900万円、営業利益で12億4000万円、純益で18億5900万円、それぞれ増額。1株利益111.5円。株価2964円(2円高)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:18 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】TBSホールディングスは純利益の予想を7倍に増額

■有価証券評価損が大きく減少

 TBSホールディングス<9401>(東1)は7日の大引け後、第3四半期の連結決算(4〜12月)を発表。今3月期の業績予想は、連結純利益の予想のみ増額修正し、これまでの10億円を70億円に大幅増額した。株価の回復にともない、投資有価証券評価損が減少する見込みとなったことなどが主要因。これにともない、予想1株利益も大幅に増額し、45円99銭とした。

 株価は昨年12月中旬から上昇基調を強め、2月6日に1094円まで上昇。本日の終値は1079円(10円安)。信用売り残が多く、買い残の2.5倍の規模のため、再び高値更新となれば、買い戻しが増加して上昇に輪をかける場面がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

東証の出来高50億株を超え大震災直後に次ぐ活況

■マツダやソニーなど個人投資家好みの銘柄がにぎわう

 7日の東京株式市場は、東証1部の出来高概算が51億4000万株と昨日まで3日間の四十数億株から一段増加し、東日本大震災直後の2011年3月15日に記録した57億7715万株以来の高水準となった。日経平均は終値で1万1357円07銭(106円68銭安)と反落したものの、売買代金も2兆7716億円と昨日の2兆8000億円台に次ぐ高水準。売買代金上位は1位マツダ<7261>(東1)の12%高、2位みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)の3.5%高、3位ソニー<6758>(東1)の2.6%高。個人投資家好みの銘柄がそろった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

住友電設は業績好調で売り建て玉の買い戻しも強く高値更新

 住友電設<1949>(東1)は7日の後場も上値を追い、2日ぶりに高値を更新。1251円(110円高)まで上げた後も1240円(99円高)前後で推移。4日に第3四半期決算と今3月期の業績予想の増額修正を発表し、動意を強めており、信用売り残に逆日歩が発生しているため、売り建て玉を買い戻す動きも加わったようだ。太陽光発電設備の監視システムで先行することに期待する動きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 株式投資ニュース

【ひとくち情報】日成ビルド、東都水産、コナミ、東京ドームなど

ひとくち・ひとこと情報 日成ビルド(1916)は、今3月期利益を増額。営業利益で1億4000万円、純益で1億円、それぞれ増額。1株利益15.1円へ。物流合理化効果等。株価は186円(2円高)。株価は151円(2円高)。

 東都水産(8038)は、今3月期を減額。売上で40億円、営業利益で4億4000万円、純益で3億6000万円、それぞれ減額。1株利益7.2円。個人消費の節約志向で低価格が響く。

 コナミ(9766)は、今3月期を減額。売上で420億円、営業利益で181億円、純益で96億円、それぞれ減額。1株利益97.3円。ソーシャルコンテンツの新規タイトルの展開が遅れた。株価は1933円(13円高)。

 東京ドーム(9681)は、2013年1月期を増減額。売上で26億円、営業利益で12億円、それぞれ増額、純益は7億円減額。1株利益19.9円。株価は331円(8円安)。

 カンロ(2216)の、2013年12月期は4.2%減収、営業利益12.6%増益、1株利益20.7円。配当年12円の予定。株価は499円(プラスマイナス・ゼロ)。

 鹿島(1812)の第3四半期(4〜12月)前年同期比1.2%増収、営業利益15.1%増益。今3月期通期1.2%減収、営業利益1.7%増益、1株利益18.2円。配当2.5円の予定。株価は297円(20円高)。

 東レ(3402)の第3四半期(4〜12月)は前年同期比2.2%減収、営業利益31.2%減益。今3月期通期は1.3%増収、営業利益19.2%減益、1株利益30.6円。配当年10円の予定。株価は518円(13円安)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

清水建設は13時の決算発表を好感して出直り強める

 清水建設<1803>(東1)は7日の後場、急動意となり、13時30分にかけては一時11%高の333円(32円高)まで上げ、出直りを強める相場になった。13時に第3四半期の連結決算(4〜12月)を発表し、営業・経常利益は減益だったものの、純利益は前年同期比64.5%増加。今3月期の予想は純利益を前期比3.8倍のまま据え置いたため、安心感が広がったようだ。日経平均が後場は下げ幅を150円近くまで拡大した中で、強さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

日成ビルド工業は業績予想の増額修正を好感し後場急伸

 日成ビルド工業<1916>(東1)は7日の後場急伸の始まりとなり、前引けの186円(2円高)から一気に200円(16円高)まで上昇。11時30分に第3四半期決算と業績予想の増額修正を発表したことがストレートに好感された。立体駐車場やプレハブ建築の大手で、今3月期の連結純利益の予想は約11%引き上げて10.2億円の見込みとし、予想1株利益は15円16銭とした。株価は1月7日に208円の高値があり、この水準でもPERは13倍台のため、割高感は大きく後退したことになる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:48 | 株式投資ニュース

【ひとくち情報】日経平均、京都銀行、青山商事など

ひとくち・ひとこと情報 日経平均予想PERは直近6日で19.88倍とまもなく20倍のフシに到達する。高PERは先行きを期待してのもの。言い換えると、ご馳走をかなりハラいっぱい食べているともいえる。

 京都銀行(8369)は、793円と新高値。優秀な京都本社銘柄中心に保有株の含み大きい。任天堂株だけでも63万8000株保有、第4位の株主。

 青山商事(8219)の1月・月次売上(既存店ベース)。スーツが前年比8.6%増、カジュアル3.6%減。7日株価は60円高の1944円。

 東証1部11時現在、値下り率1位はニコン(7731)で18.4%。2位ヤマハ(7951)13.6%、3位ランド12.5%。

 値上り率1位は日本アジア投資(8518)30.5%。2位新電元工業(6844)21.6%、3位OBARA GROUP(6877)16.7%。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

青山商事は月次動向が好調で昨日つけた高値に迫る

 青山商事<8219>(大1)は7日、続伸基調となり、11時を過ぎては1934円(50円高)前後で堅調。昨日つけた高値1999円に向けて上値を追う相場になった。10時30分に発表した1月の月次動向(月次売上高前年比)が好調で、既存店・全店とも2カ月ぶりに増加に転換。期初の4月からの累計では、既存店が前年同期間比1.6%増加、全店は2.9%増加した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

OBARA GROUPは業績予想の増額を好感し急伸高値

 OBARA GROUP<6877>(東1)は7日、急伸の高値更新となり、朝方18.6%高の1290円(202円高)まで上げ、11時現在も16.2%高の1265円(177円高)。東証1部の値上がり率3位。溶接機器や半導体向け研磨事業を展開し、昨日、今9月期の連結業績予想を増額修正したことが好感された。純利益は従来予想を39.0%引き上げて27.8億円に修正。予想1株利益は143円07銭とした。株価はPERヒトケタ台になり、割安感が強まった。

>>OBARA GROUPのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:04 | 株式投資ニュース