[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)野村HLDなど証券株が政策相場への期待などで連日高値
記事一覧 (12/26)ウェザーニューズは第2四半期の減益を嫌い続落だが通期増益を据え置く
記事一覧 (12/26)三菱電機は反発し防衛関連の返納問題を織り込む動き
記事一覧 (12/26)【相場熟者が答える投資相談】三菱電機は下値確認まで様子見、投資判断引下げの証券も
記事一覧 (12/25)日清製粉グループ本社がフレッシュ惣菜のトオカツフーズを持分化−−引け後のリリース
記事一覧 (12/25)【注目のリリース】戸建て住宅6社が経営統合し総合不動産住宅メーカー目指す
記事一覧 (12/25)翻訳センター調整一巡で出直る、好業績から50万円も
記事一覧 (12/25)上場2日目の地盤ネットは政策歓迎銘柄とされストップ高気配
記事一覧 (12/25)上場10日目のUMNファーマがノロウイルス流行など材料に急伸
記事一覧 (12/25)東京ドームは好業績の期待に五輪招致も材料視され高値更新
記事一覧 (12/25)ジャパンパイルは業績予想の増額など好感し戻り高値を大きく更新
記事一覧 (12/25)日経平均160円高となり大和証券G本社など証券株が軒並み高い
記事一覧 (12/25)日本コンクリートは国交省の道路維持管理昨を好感し高値に迫る
記事一覧 (12/25)大塚ホールディングスは欧州での承認受理を好感し反発
記事一覧 (12/23)【相場熟者が答える投資相談】日産自は逆張りに徹する、ここからの下げは狙える
記事一覧 (12/22)【相場熟者が答える投資相談】武田薬は2010年の4300円も見込めそう、中期持続
記事一覧 (12/22)【注目のリリース】ケア21が株式分割と単元株制度の導入を発表し好業績を再評価へ
記事一覧 (12/22)【注目のリリース】松田産業が自社株買いを発表し買い戻しの増加に注目
記事一覧 (12/21)瑞光が受注好調など要因に業績予想を増額し割安感が拡大−−引け後のリリース
記事一覧 (12/21)【注目のリリース】アイ・ケイ・ケイが1部昇格になり低PERなど再評価へ
2012年12月26日

野村HLDなど証券株が政策相場への期待などで連日高値

 野村ホールディングス<8604>(東1)は26日も年初来の高値を更新する始まりとなり、467円(9円高)で寄ったあとは471円(13円高)と10日続伸基調。円相場が対ドルで85円に迫る円安基調となり、安倍内閣が本日発足と伝えられるため、政策による株高継続への期待を映す相場になっている。大和証券グループ本社<8601>(東1)松井証券<8628>(東1)も連日の高値。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

ウェザーニューズは第2四半期の減益を嫌い続落だが通期増益を据え置く

 ウェザーニューズ<4825>(東1)は26日、続落の始まりとなり、2499円(53円安)で寄ったあとは2440円(206円安)まで下げ、直近の安値を割り込んだ。昨日発表した第2四半期の連結決算(6〜11月)が減収減益となり、営業利益は前年同期比で約11%減の11億円だったことなどを嫌気。2500円割れは6月以来となった。ただ、13年5月期の予想は増収増益を据え置き、営業利益は前期比13.7%増、純利益は同2.8倍を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

三菱電機は反発し防衛関連の返納問題を織り込む動き

 三菱電機<6503>(東1)は26日、急反発の始まりとなり、725円(11円高)で寄ったあとは732円(18円高)。昨日は、防衛装備品の納入を巡る返納問題で業績予想を減額修正したため続落となったものの、業績予想を発表したため、当面の懸念が後退した形になった。12月20日に779円の戻り高値があり、その後の安値は昨日の700円。結果的に大きな下げにはなっていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】三菱電機は下値確認まで様子見、投資判断引下げの証券も

相場熟者が答える投資相談 【問い】 三菱電機<6503>(東1)を900円で1000株持っています。売るべきか悩んでいますので、よろしくお願いします。

 【答え】 12月25日(火)は30円安の714円と続落しています。

 20日付の日本経済新聞朝刊が「防衛省への経費水増し請求に対して違約金を合わせた返納額が500億円規模」と伝えたことを嫌気して売られています。21日大引け後に会社側は防衛省やJAXA(宇宙航空研究開発機構)などへの返納金、違約金、延滞利息の合計が773億円になると正式に発表しました。今3月期純利益は1200億円(前期比7.1%増)から500億円(同55.4%減)と一転減益になる見通しで、さらに売りが膨らみ軟調展開となっています。

 これを受けて、三菱UFJモルガン証券では、投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、マクロ減速などの影響は想定以上と指摘していますが、四季報速報では、「今後の影響については、大きく悲観視する必要はなさそうだ。発覚した今年1月末の時点で、防衛省からは指名停止の通知を受けている。これは返納金を支払い後に解除される見通しで、14年3月期からは平常化する」と指摘しています。

 株価は、11月13日につけた年初来の安値557円から12月20日高値779円と買われ1月20日につけた年初来高値790円に迫り上げ一服。800円手前が上値の壁として意識され、戻り一巡感が出たところでの悪材料となっていますので、目先は25日移動平均線で下げ止まるか見極めるところです。600円割れが下値圏との感はありますが、今後の業績見通しが明らかになるまで、積極的に上値を追う動きに慎重で目先は期待薄といえます。いったん売却し、下値を確認できるまで買い見送りが賢明と考えます。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | 株式投資ニュース
2012年12月25日

日清製粉グループ本社がフレッシュ惣菜のトオカツフーズを持分化−−引け後のリリース

■PBR低く売り残の買い戻しも株高要因

引け後のリリース、明日の1本 日清製粉グループ本社<2002>(東1)は25日の大引け後、サンドイッチなどフレッシュ惣菜の大手・トオカツフーズ(横浜市)の普通株式49%と優先株を取得し、2013年3月期に持分適用会社になる発表した。トオカツフーズは、04年12月にJASDAQ市場に上場し、09年3月にMBO(経営陣による買収)を行ない、上場を取りやめた。

 日清製粉グループ本社のj本日の株価終値は1052円(15円安)。12月10日に年初来の高値1079円をつけたばかりで、その後の安値は1037円にとどまっている。PBRが0.9倍前後のため、東証1部銘柄の平均より割安。また、いぜん信用売り残が多いため、買い戻しが増加して意外高に発展する余地がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:58 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】戸建て住宅6社が経営統合し総合不動産住宅メーカー目指す

■人口・世帯数の減少などに対応

 一建設<3268>(JQS)飯田産業<8880>(東1)東栄住宅<8875>(東1)タクトホーム<8915>(東1)アーネストワン<8895>(東1)アイディホーム<3274>(JQS)の6社=発表順=は25日の大引け後、経営統合を行うことについて基本的合意に達し、統合予定日を2013年11月(予定)として、グローバルで活躍する総合不動産住宅メーカーを目指すとした。

 発表によると、人口・世帯数減少による中長期的な住宅市場の縮小などに対応し、これまで以上の商品・サービスを提供し続けるには、個々の会社ごとの経営努力だけでは限界があり、スケールメリットを活かしたコスト削減や、各社の経営資源・ノウハウを結集させた新しい顧客価値の創造、更には海外市場への展開を行い、新たな収益源を確保することが不可欠であると認識した。

 本日の株価終値は6銘柄とも高く、飯田産業、東栄住宅が年初来の高値に進み、タクトホームが戻り高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | 株式投資ニュース

翻訳センター調整一巡で出直る、好業績から50万円も

 翻訳センター<2483>(JQS)が3日続伸、17日以来の20万円台を回復している。9月の13万円台から10月26日には28万6000円の年初来高値まで2倍強の値上りから、さすがに一服となっていた。調整はほぼ一巡とみられる。

 好業績が続いている。とくに、四季報では今3月期の1株利益を会社見通しの1万6622円を上回る1万7216円と予想、さらに来期2万円と予想していることから見直されてきた。配当についても年5000円(前期年4500円)へ増配を四季報は見込んでいる。
 来期1株利益ベースのPERは10倍ていどにすぎない。2006年の上場時には123万円の高値があり上値目線は高い。中期で50万円相場を目指すものとみられる。

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:51 | 株式投資ニュース

上場2日目の地盤ネットは政策歓迎銘柄とされストップ高気配

 上場2日目の地盤ネット<6072>(東マ)は25日、買い気配のまま一段高となり、14時30分になってもストップ高買い気配の2112円(400円高)で買い先行。住宅地の地盤調査や品質証明を行ない、一段の金融緩和期待や消費税引き上げ前の需要に乗る銘柄として注目されている。公開価格は720円。初値は初日・21日の1412円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

上場10日目のUMNファーマがノロウイルス流行など材料に急伸

 上場10日目のUMNファーマ<4585>(東マ)は25日の後場も上場来の高値圏で強い値動きを続け、13時30分には20.2%高の1584円(266円高)。インフルエンザなどの感染菌ワクチンに関する研究開発で先行とされ、最近のインフルエンザやノロウイルスの流行を材料にマザーズ市場の売買代金1位となっている。公開価格は1300円。初値は上場初日・11日の1196円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

東京ドームは好業績の期待に五輪招致も材料視され高値更新

 東京ドーム<9681>(東1)は25日、急反発となって3日ぶりの年初来高値に進み、303円(23円高)をつけたあとも300円をはさんで堅調。PERなどに割高感がなく、今1月期の業績予想に期待があるほか、東京都の猪瀬新知事が就任会見や定例会見で2020年の五輪招致に積極姿勢を示しているため、ドームや都心のホテルなどにとって追い風と期待する動きがあるようだ。300円台は2009年9月以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

ジャパンパイルは業績予想の増額など好感し戻り高値を大きく更新

 ジャパンパイル<5288>(東1)は25日、戻り高値を大きく更新し、10時10分にかけて409円(46円高)まで上昇。前週末の21日に業績予想の増額修正と第三者割り当て増資の発行新株数などを発表したことが好感された。また、26日の安倍新内閣の発足を控え、高速道路の老朽化対策などへの期待も強まっている。業績予想の増額修正は、今3月期の連結営業・純利益を従来予想より5割近く増額。11月に決定した第三者割当増資の発行株数は予定株式数の60万株とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

日経平均160円高となり大和証券G本社など証券株が軒並み高い

 大和証券グループ本社<8601>(東1)は25日、6日続伸の始まりとなり、年初来の高値を連続更新。週明けの日経平均が9時40分にかけては164円高になり1万100円台を回復したため、証券株を見直す動きが再燃し、野村ホールディングス<8604>(東1)マネックスグループ<8698>(東1)も年初来の高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

日本コンクリートは国交省の道路維持管理昨を好感し高値に迫る

 日本コンクリート工業<5269>(東1)は25日、戻り高値を更新する始まりとなり、300円(15円高)で寄ったあと306円(21円高)。国土交通省が、老朽化している道路の維持・管理の促進策として高速道路会社の債務完済の時期を大幅に延長する検討に入ったと25日の朝伝えられたことが材料視され、2月以来の300円台を回復。年初来の高値318円(1月27日)に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

大塚ホールディングスは欧州での承認受理を好感し反発

 大塚ホールディングス<4578>(東1)は25日、反発の始まりとなり、2449円(16円高)で寄ったあと2445円をはさんで堅調。朝、主力薬「エビリファイ」の新剤形の欧州地域での承認申請に関し、欧州EMA(欧州医薬品庁)が受理と発表したことが好感されている。発表によると、申請を行ったアリピプラゾール持続性注射剤の適応症は、成人の統合失調症における維持治療。株価は4月以降、2300円台から2500円前後の幅で横ばい相場となっており、年初来の高値は7月の2512円。10カ月近いモミ合い相場を抜けば、新たな上昇に入る形になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2012年12月23日

【相場熟者が答える投資相談】日産自は逆張りに徹する、ここからの下げは狙える

相場熟者が答える投資相談 【問い】 日産自動車<7201>(東1)を800円で200株持っています。今後の見通しについてお願いします。

 【答え】 12月21日(金)は19円安の763円と続落しています。

 野村證券が19日付で、投資判断を「Buy」(買い)から「ニュートラル」(中立)に、目標株価を880円から810円にそれぞれ引き下げたほか、21日にはシティが10−12月期の業績懸念を指摘と相次いで弱気な見方が出たため、売り優勢の展開となっています。両証券とも販売台数の計画を下振れとインセンティブなど販売費用の増加を指摘。21日発表された日産の11月のグローバル生産が、前年比10.9%減と前年実績を下回ったことから現実味を帯びたと受け止められ、直近の円安進行によるリバウンドも一巡したもようです。

 足元の業績、今3月期売上高は9兆8150億円(前期比4.3%増)、営業利益は5750億円(同5.3%増)、経常利益は5450億円(同1.9%増)、純利益は3200億円(同6.3%減)予想で、続く来3月期は減収減益が観測されています。

 株価は、10月月30日安値652円から12月19日高値844円と約3割上昇。上げ一服となっていますが、650円処が下値圏として改めて意識された感があります。バリュエーション的には、今期予想PER10倍台・PBR1.9倍と居心地の良い水準で、中国では販売減は最悪期を脱したとの見方に、親会社仏自動車大手ルノーとの提携関係の強化に対する期待感が下支えし、ここから大きく下押す懸念は少ないと思われます。中長期で600〜900円のもみ合いが続くと予想されますので、逆張りに徹し、下がれば買い増しも、上がれば売りを考えたほうが得策と考えます。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:20 | 株式投資ニュース
2012年12月22日

【相場熟者が答える投資相談】武田薬は2010年の4300円も見込めそう、中期持続

相場熟者が答える投資相談 【問い】 武田薬品工業<4502>(東1)を3600円で200株持っています。売りを考えていますが、どうでしょうか。

 【答え】 12月21日(金)は25円高の3900円と連日の年初来高値更新と買われています。

 前週18日午前中に同社が、米国子会社の米子会社のURLファーマの後発医薬品事業をインド系の後発薬メーカー、カラコに約55億円で売却すると発表したことが買い手がかり。今3月期の業績予想に与える影響は軽微としていますが、今後、URLが痛風治療薬など主力の新薬事業に専念することから、市場では主力の新薬事業に軸足を移す戦略を前向きに評価した動きとなっています。

 足元の業績、今3月期売上高は1兆5500億円(前期比2.7%増)、営業利益は160億円(同39.6%減)、経常利益は150億円(同44.5%減)、純利益は1550億円(同24.8%増)を見込みます。営業利益の段階では後発薬に押され減益となるものの、買収したスイス社の業績寄与や追徴税還付で純利益では増益になる見通しです。続く来3月期は新薬が伸び、営業利益は増益。純利益は還付がなくなり減益が観測されています。

 株価は、昨年11月安値3020円、今年1月17日の年初来安値3160円、10月4日安値3490円と売り直されて上昇。上値抵抗線として意識された3月26日高値3790円を突破したことで、押し目買い優位に上値を伸ばしています。今期予想PER19倍台と割安感にやや乏しいものの、信用取組倍率0.67倍の好需給で、配当利回り4.65%と利回り妙味が増すことから、10年3月高値4300円前後まで上値を伸ばす可能性がありますので、中長期で持続もと考えます。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:35 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ケア21が株式分割と単元株制度の導入を発表し好業績を再評価へ

■来年4月1株を100株に

 大阪地盤の介護大手・ケア21<2373>(JQS)は21日の大引け後、株式分割と単元株制度の導入を発表。2013年4月30日を基準日として、同日現在株主の所有する普通株1株を100株に分割し、売買単位は5月1日を効力発生日として現在の1株から100株にするとした。売買注文は4月25日から100株単位になる。売買単位あたりの投資金額は計算上、現行と変わらない。

 21日の株価終値は13万円ちょうど(2200円安)。12月初は11万円台だったものの、10日に発表した前10月期の決算を好感し、11日に15万2200円まで上昇した。今期は連結売上高を23%増加、純利益は72%増加を見込み、PERは9倍前後のため割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】松田産業が自社株買いを発表し買い戻しの増加に注目

■年明け1月4日から2月8日まで実施

松田産業<7456>(東1)は21日の大引け後、1株あたりの株主価値の向上を図るため、自己株の取得(自社株買い)を行なうと発表し、年明けの1月4日から2月8日までの間に、取得上限9万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合0.33%)、上限金額1億円の枠で実施するとした。

 21日の株価終値は1037円(前日比変わらず)。11月の993円を下値に持ち直す動き。信用売り残が比較的多く、買い残の半分程度に達しているため、買い戻しが増加した場合、短期的に値幅を出す可能性がある。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース
2012年12月21日

瑞光が受注好調など要因に業績予想を増額し割安感が拡大−−引け後のリリース

■生産効率化などもありPER10倍を下回る

引け後のリリース、明日の1本 紙オムツなど衛生用品製造装置の大手・瑞光<6279>(大2)は21日の大引け後、第3四半期決算を発表し、今2月期の通期業績予想を全体に増額修正した。2月通期の連結売上高は、164.5億円から221.0億円に引き上げ、営業利益は18.1億円から27.5億円に引き上げた。

 発表によると、経営環境は依然として厳しいと予想されるものの、期中に獲得した新規案件、改造案件などにより、現在の受注状況が好調。また、原材料費、経費の削減、生産効率化によるコストダウンなどが功を奏している。純利益は従来予想を43.5%増額し、予想1株利益は278円78銭に見直した。

 本日の株価終値は2772円(253円)。業績好調の観測を背景に11月下旬から動意づき、衆議院の解散を境にした全体相場の上昇では、2段上げに入り、本日2898円の高値に進んだ。増額修正により、PERは10倍を下回り、割安感が拡大した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:46 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】アイ・ケイ・ケイが1部昇格になり低PERなど再評価へ

■立会い外分売を行ない価格の決定日にかけても注目

 ゲストハウス方式の挙式などを行なうアイ・ケイ・ケイ<2198>(東2)は21日の大引け後、東京証券取引所から東証1部上場の承認を得、2013年1月21日の売買から1部銘柄になると発表した。同時に、株式の分布状況の改善などを目的に2万株の立会い外分売を行なうとした。分売予定期間は1月16日から18日。

 1部昇格銘柄は短期急伸するケースが少なくない。今回は、分売をともなうため、分売価格の決定日(分売実施の前日)にかけて再度、動意づく余地もある。本日の終値は843円(20円安)。全体相場の上昇に乗って12月中旬から上昇ピッチを強め、12月20日に880円の高値をつけた。それでもPER6倍前後で割高感はない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:23 | 株式投資ニュース