[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)シャープは後場も堅調で売買代金・出来高とも1位
記事一覧 (12/26)【相場熟者が答える投資相談】クックパッドは押し目買い増しも、最高純益見直しへ
記事一覧 (12/26)【株式市場】新内閣の政策に期待が強く日経平均は続伸し建設株など高値続出
記事一覧 (12/26)スズキはインド版「巨人の星」に同車が登場すると高値に迫る
記事一覧 (12/26)東洋水産は新製品の即席めん好調を見直す反発
記事一覧 (12/26)飯田産業など統合発表の住宅6社はそろってストップ高
記事一覧 (12/26)野村HLDなど証券株が政策相場への期待などで連日高値
記事一覧 (12/26)ウェザーニューズは第2四半期の減益を嫌い続落だが通期増益を据え置く
記事一覧 (12/26)三菱電機は反発し防衛関連の返納問題を織り込む動き
記事一覧 (12/26)【相場熟者が答える投資相談】三菱電機は下値確認まで様子見、投資判断引下げの証券も
記事一覧 (12/25)日清製粉グループ本社がフレッシュ惣菜のトオカツフーズを持分化−−引け後のリリース
記事一覧 (12/25)【注目のリリース】戸建て住宅6社が経営統合し総合不動産住宅メーカー目指す
記事一覧 (12/25)翻訳センター調整一巡で出直る、好業績から50万円も
記事一覧 (12/25)上場2日目の地盤ネットは政策歓迎銘柄とされストップ高気配
記事一覧 (12/25)上場10日目のUMNファーマがノロウイルス流行など材料に急伸
記事一覧 (12/25)東京ドームは好業績の期待に五輪招致も材料視され高値更新
記事一覧 (12/25)ジャパンパイルは業績予想の増額など好感し戻り高値を大きく更新
記事一覧 (12/25)日経平均160円高となり大和証券G本社など証券株が軒並み高い
記事一覧 (12/25)日本コンクリートは国交省の道路維持管理昨を好感し高値に迫る
記事一覧 (12/25)大塚ホールディングスは欧州での承認受理を好感し反発
2012年12月26日

シャープは後場も堅調で売買代金・出来高とも1位

 シャープ<6753>(東1)は26日の後場も値を保ち、13時20分には5.5%高の288円(15円高)前後で堅調推移。前引けに続き、新興市場を含めた全上場銘柄の中で売買代金・出来高ともに1位となっている。1ドル85円台に入る円安に加え、需給妙味が強いため、このところの全体相場の上昇によって余裕の出てきた資金が流入している面もある。材料としては、本日の日本経済新聞で、これまで再利用が難しかった使用済み液晶テレビの完全リサイクル技術を開発したと伝えられたことも期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】クックパッドは押し目買い増しも、最高純益見直しへ

相場熟者が答える投資相談 【問い】 クックパッド<2193>(東1)を2200円で300株持っています。買い増しを考えていますが、どうでしょうか。

 【答え】 12月26日(水)は67円安の2470円と反落です。

 四季報新春号が12月14日に発売されたことで、【最高純益】を見直されています。このところ、四季報発売と同時に、最高益更新銘柄をピックアップする動きが常態化し、チャート妙味が増す銘柄は、人気化する傾向が出ていますので、同社にも見直し買いが入っているようです。

 料理レシピサイトのスマートフォン(スマホ)経由の利用者数が伸長、有料会員数が増加。広告事業も伸び、10月中間期売上高は22億8400万円(前年同期比25.7%増)、営業利益は11億8300万円(同34.7%増)、経常利益は11億6400万円(同37.6%増)、純利益は7億1800万円(同55.4%増)と過去最高益を更新。今4月期業績見通しは開示していませんが、前4月期を上回り最高益を更新が観測されています。

 株価は、12月10日に年初来の高値2574円と買われた後、同18日安値2397円と短期調整を挟んで上昇し、高値に迫っています。実績PERでやや割高感はあるものの、ニフティ<3828>(東2)などが運営する「シュフモ」のスーパー特売情報との連携に対する期待感があります。25日移動平均線がサポートラインになっていますので、09年につけた8月高値3258円(実質上場来高値)奪回も視野に入れています。ここからは思い切って買い増しもと考えます。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

【株式市場】新内閣の政策に期待が強く日経平均は続伸し建設株など高値続出

■東証1部銘柄は56%が高い

 26日前場の東京株式市場は、全般続伸。円相場が対ドルで85円台に入る円安基調となったほか、新内閣が本日発足のため、脱デフレ政策などへの期待が高揚。大和証券グループ本社<8601>(東1)などの証券株が軒並み年初来の高値に進み、大成建設<1801>(東1)などの建設株、ジャックス<8584>(東1)などのその他金融株も高値更新。上場3日目の地盤ネット<6072>(東マ)は3日連続ストップ高。一建設<3268>(JQS)は、同車を含む戸建て住宅6社の経営統合を好感しストップ高。日経平均は安定的に1万100円台で推移し、前引けは1万122円82銭(42円70銭高)。

 東証1部の出来高概算は13億7514万株、売買代金は5961億円。1部上場1696銘柄のうち、値上がり銘柄数は950銘柄、値下がり銘柄数は562銘柄。

 また、東証33業種別指数は26業種が値上がりし、値上がり率上位は海運、その他金融、証券・商品先物、鉄鋼、倉庫・運輸、パルプ・紙、機械、非鉄金属、繊維製品、金属製品、不動産、電気機器、など。
 一方、値下がり率上位は食料品、電力・ガス、石油・石炭、情報・通信、など。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 株式投資ニュース

スズキはインド版「巨人の星」に同車が登場すると高値に迫る

 スズキ<7269>(東1)は26日の前場、続伸となり、2183円(44円高)まで上げて21日につけた年初来の高値2197円に迫った。円相場が対ドルで片足85円に入る円安基調となったほか、アニメ漫画「巨人の星」をベースにし、インドで人気のアニメ「スーラジ ザ・ライジングスター」の中で疾走するクルマがスズキ車そのもので、同社の「S」の字を図案化したエンブレムをつけていることを材料視する動きもある。信用売り残に逆日歩が乗っているため、引き続き、買い戻しの期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

東洋水産は新製品の即席めん好調を見直す反発

 東洋水産<2875>(東1)は26日、反発相場になり、朝方2344円(22円高)まで上げ、11時にかけては2324円(2円高)前後。新製品の即席めん好調で4〜12月期の連結営業利益が前年同期比18%増の230億円程度になりそう、と本日付けの日本経済新聞で伝えられ、生めんの食感を一新した袋めん新製品を改めて見直す相場になった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

飯田産業など統合発表の住宅6社はそろってストップ高

 一建設<3268>(JQS)飯田産業<8880>(東1)など、昨日の夕方に経営統合を発表した戸建て住宅6社は26日、全銘柄がストップ高買い気配か一時ストップ高の急伸となった。昨日、一建設、飯田産業、東栄住宅<8875>(東1)タクトホーム<8915>(東1)アーネストワン<8895>(東1)アイディホーム<3274>(JQS)の6社=発表順=が経営統合を行なうと発表。統合予定日を2013年11月(予定)として、グローバルで活躍する総合不動産住宅メーカーを目指すとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

野村HLDなど証券株が政策相場への期待などで連日高値

 野村ホールディングス<8604>(東1)は26日も年初来の高値を更新する始まりとなり、467円(9円高)で寄ったあとは471円(13円高)と10日続伸基調。円相場が対ドルで85円に迫る円安基調となり、安倍内閣が本日発足と伝えられるため、政策による株高継続への期待を映す相場になっている。大和証券グループ本社<8601>(東1)松井証券<8628>(東1)も連日の高値。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

ウェザーニューズは第2四半期の減益を嫌い続落だが通期増益を据え置く

 ウェザーニューズ<4825>(東1)は26日、続落の始まりとなり、2499円(53円安)で寄ったあとは2440円(206円安)まで下げ、直近の安値を割り込んだ。昨日発表した第2四半期の連結決算(6〜11月)が減収減益となり、営業利益は前年同期比で約11%減の11億円だったことなどを嫌気。2500円割れは6月以来となった。ただ、13年5月期の予想は増収増益を据え置き、営業利益は前期比13.7%増、純利益は同2.8倍を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

三菱電機は反発し防衛関連の返納問題を織り込む動き

 三菱電機<6503>(東1)は26日、急反発の始まりとなり、725円(11円高)で寄ったあとは732円(18円高)。昨日は、防衛装備品の納入を巡る返納問題で業績予想を減額修正したため続落となったものの、業績予想を発表したため、当面の懸念が後退した形になった。12月20日に779円の戻り高値があり、その後の安値は昨日の700円。結果的に大きな下げにはなっていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】三菱電機は下値確認まで様子見、投資判断引下げの証券も

相場熟者が答える投資相談 【問い】 三菱電機<6503>(東1)を900円で1000株持っています。売るべきか悩んでいますので、よろしくお願いします。

 【答え】 12月25日(火)は30円安の714円と続落しています。

 20日付の日本経済新聞朝刊が「防衛省への経費水増し請求に対して違約金を合わせた返納額が500億円規模」と伝えたことを嫌気して売られています。21日大引け後に会社側は防衛省やJAXA(宇宙航空研究開発機構)などへの返納金、違約金、延滞利息の合計が773億円になると正式に発表しました。今3月期純利益は1200億円(前期比7.1%増)から500億円(同55.4%減)と一転減益になる見通しで、さらに売りが膨らみ軟調展開となっています。

 これを受けて、三菱UFJモルガン証券では、投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、マクロ減速などの影響は想定以上と指摘していますが、四季報速報では、「今後の影響については、大きく悲観視する必要はなさそうだ。発覚した今年1月末の時点で、防衛省からは指名停止の通知を受けている。これは返納金を支払い後に解除される見通しで、14年3月期からは平常化する」と指摘しています。

 株価は、11月13日につけた年初来の安値557円から12月20日高値779円と買われ1月20日につけた年初来高値790円に迫り上げ一服。800円手前が上値の壁として意識され、戻り一巡感が出たところでの悪材料となっていますので、目先は25日移動平均線で下げ止まるか見極めるところです。600円割れが下値圏との感はありますが、今後の業績見通しが明らかになるまで、積極的に上値を追う動きに慎重で目先は期待薄といえます。いったん売却し、下値を確認できるまで買い見送りが賢明と考えます。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | 株式投資ニュース
2012年12月25日

日清製粉グループ本社がフレッシュ惣菜のトオカツフーズを持分化−−引け後のリリース

■PBR低く売り残の買い戻しも株高要因

引け後のリリース、明日の1本 日清製粉グループ本社<2002>(東1)は25日の大引け後、サンドイッチなどフレッシュ惣菜の大手・トオカツフーズ(横浜市)の普通株式49%と優先株を取得し、2013年3月期に持分適用会社になる発表した。トオカツフーズは、04年12月にJASDAQ市場に上場し、09年3月にMBO(経営陣による買収)を行ない、上場を取りやめた。

 日清製粉グループ本社のj本日の株価終値は1052円(15円安)。12月10日に年初来の高値1079円をつけたばかりで、その後の安値は1037円にとどまっている。PBRが0.9倍前後のため、東証1部銘柄の平均より割安。また、いぜん信用売り残が多いため、買い戻しが増加して意外高に発展する余地がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:58 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】戸建て住宅6社が経営統合し総合不動産住宅メーカー目指す

■人口・世帯数の減少などに対応

 一建設<3268>(JQS)飯田産業<8880>(東1)東栄住宅<8875>(東1)タクトホーム<8915>(東1)アーネストワン<8895>(東1)アイディホーム<3274>(JQS)の6社=発表順=は25日の大引け後、経営統合を行うことについて基本的合意に達し、統合予定日を2013年11月(予定)として、グローバルで活躍する総合不動産住宅メーカーを目指すとした。

 発表によると、人口・世帯数減少による中長期的な住宅市場の縮小などに対応し、これまで以上の商品・サービスを提供し続けるには、個々の会社ごとの経営努力だけでは限界があり、スケールメリットを活かしたコスト削減や、各社の経営資源・ノウハウを結集させた新しい顧客価値の創造、更には海外市場への展開を行い、新たな収益源を確保することが不可欠であると認識した。

 本日の株価終値は6銘柄とも高く、飯田産業、東栄住宅が年初来の高値に進み、タクトホームが戻り高値を更新した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | 株式投資ニュース

翻訳センター調整一巡で出直る、好業績から50万円も

 翻訳センター<2483>(JQS)が3日続伸、17日以来の20万円台を回復している。9月の13万円台から10月26日には28万6000円の年初来高値まで2倍強の値上りから、さすがに一服となっていた。調整はほぼ一巡とみられる。

 好業績が続いている。とくに、四季報では今3月期の1株利益を会社見通しの1万6622円を上回る1万7216円と予想、さらに来期2万円と予想していることから見直されてきた。配当についても年5000円(前期年4500円)へ増配を四季報は見込んでいる。
 来期1株利益ベースのPERは10倍ていどにすぎない。2006年の上場時には123万円の高値があり上値目線は高い。中期で50万円相場を目指すものとみられる。

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:51 | 株式投資ニュース

上場2日目の地盤ネットは政策歓迎銘柄とされストップ高気配

 上場2日目の地盤ネット<6072>(東マ)は25日、買い気配のまま一段高となり、14時30分になってもストップ高買い気配の2112円(400円高)で買い先行。住宅地の地盤調査や品質証明を行ない、一段の金融緩和期待や消費税引き上げ前の需要に乗る銘柄として注目されている。公開価格は720円。初値は初日・21日の1412円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

上場10日目のUMNファーマがノロウイルス流行など材料に急伸

 上場10日目のUMNファーマ<4585>(東マ)は25日の後場も上場来の高値圏で強い値動きを続け、13時30分には20.2%高の1584円(266円高)。インフルエンザなどの感染菌ワクチンに関する研究開発で先行とされ、最近のインフルエンザやノロウイルスの流行を材料にマザーズ市場の売買代金1位となっている。公開価格は1300円。初値は上場初日・11日の1196円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

東京ドームは好業績の期待に五輪招致も材料視され高値更新

 東京ドーム<9681>(東1)は25日、急反発となって3日ぶりの年初来高値に進み、303円(23円高)をつけたあとも300円をはさんで堅調。PERなどに割高感がなく、今1月期の業績予想に期待があるほか、東京都の猪瀬新知事が就任会見や定例会見で2020年の五輪招致に積極姿勢を示しているため、ドームや都心のホテルなどにとって追い風と期待する動きがあるようだ。300円台は2009年9月以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

ジャパンパイルは業績予想の増額など好感し戻り高値を大きく更新

 ジャパンパイル<5288>(東1)は25日、戻り高値を大きく更新し、10時10分にかけて409円(46円高)まで上昇。前週末の21日に業績予想の増額修正と第三者割り当て増資の発行新株数などを発表したことが好感された。また、26日の安倍新内閣の発足を控え、高速道路の老朽化対策などへの期待も強まっている。業績予想の増額修正は、今3月期の連結営業・純利益を従来予想より5割近く増額。11月に決定した第三者割当増資の発行株数は予定株式数の60万株とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

日経平均160円高となり大和証券G本社など証券株が軒並み高い

 大和証券グループ本社<8601>(東1)は25日、6日続伸の始まりとなり、年初来の高値を連続更新。週明けの日経平均が9時40分にかけては164円高になり1万100円台を回復したため、証券株を見直す動きが再燃し、野村ホールディングス<8604>(東1)マネックスグループ<8698>(東1)も年初来の高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

日本コンクリートは国交省の道路維持管理昨を好感し高値に迫る

 日本コンクリート工業<5269>(東1)は25日、戻り高値を更新する始まりとなり、300円(15円高)で寄ったあと306円(21円高)。国土交通省が、老朽化している道路の維持・管理の促進策として高速道路会社の債務完済の時期を大幅に延長する検討に入ったと25日の朝伝えられたことが材料視され、2月以来の300円台を回復。年初来の高値318円(1月27日)に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

大塚ホールディングスは欧州での承認受理を好感し反発

 大塚ホールディングス<4578>(東1)は25日、反発の始まりとなり、2449円(16円高)で寄ったあと2445円をはさんで堅調。朝、主力薬「エビリファイ」の新剤形の欧州地域での承認申請に関し、欧州EMA(欧州医薬品庁)が受理と発表したことが好感されている。発表によると、申請を行ったアリピプラゾール持続性注射剤の適応症は、成人の統合失調症における維持治療。株価は4月以降、2300円台から2500円前後の幅で横ばい相場となっており、年初来の高値は7月の2512円。10カ月近いモミ合い相場を抜けば、新たな上昇に入る形になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース