[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/10)丹青社は第3四半期好調で2日ぶりに高値更新
記事一覧 (12/10)カービューはストップ高気配!ヤフーによる株式取得を好感
記事一覧 (12/10)ファーストリテイリングは信用残も注目され高値に迫る
記事一覧 (12/10)任天堂は新製品「ウィー・ユー」国内でも発売し出足注目
記事一覧 (12/10)クックパッドは第2四半期好調で上値追う
記事一覧 (12/09)【株価診断】底打ちだが戻り限界のニトリHD、円安と景気の綱引きか
記事一覧 (12/08)【相場熟者が答える投資相談】帝人は「二番底」待って買い増しを、炭素繊維の成長性に期待
記事一覧 (12/08)【相場熟者が答える投資相談】富士通は当面300円挟んだモミ合いに、下値買い増しも可
記事一覧 (12/07)大塚HLDがインドの合弁会社を正式発表し不透明感は後退へ−−引け後のリリース
記事一覧 (12/07)カナモト10月期2.2倍増益、07年の1355円目指す
記事一覧 (12/07)東京電力がLNG火力燃料コスト低下の期待から急伸14%高
記事一覧 (12/07)寿スピリッツ1000円台乗せ、「経営力」を評価
記事一覧 (12/07)携帯電話「純増数」はソフトバンクが11ヵ月連続首位と伝わる
記事一覧 (12/07)青木あすなろ建設は自社株買いの途中経過が好調で連日高値
記事一覧 (12/07)NTTドコモはアイフォーン導入の期待強まり後場一段高
記事一覧 (12/07)新規上場のテクノスジャパンは前場公開価格を35%上回る上昇
記事一覧 (12/07)積水ハウスは業績堅調だが800円の上値重く伸び悩む
記事一覧 (12/07)シャープは米クアルコムの出資を好感し連日活況で戻り高値
記事一覧 (12/07)キッコーマンは4年ぶりの1200円台で一服後の展開に注目
記事一覧 (12/07)デジタルガレージが大幅増額を好感し戻り高値
2012年12月10日

丹青社は第3四半期好調で2日ぶりに高値更新

 展示内装工事の丹青社<9743>(東1)は10日、2営業日ぶりに年初来の高値を更新し、345円(41円高)まで上げたあとも335円前後で堅調に推移。7日に発表した第3四半期の連結決算(2〜10月)が好調で、営業利益が前年同期比77.1%増となったことなどが好感された。12月初に日本経済新聞で前年同期比3割増になった模様と伝えられ、急反応。これを大きく上回ったため、更なる反応となった。今1月期の予想は変更しなかったが、予想1株利益は38円02銭のため、いぜん、PERはヒトケタの割安水準にある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

カービューはストップ高気配!ヤフーによる株式取得を好感

 自動車情報車サイトのカービュー<2155>(東マ)は10日、買い気配のまま7万7800円(1万円高)二達し、ストップ高気配。前週末にヤフー<4689>(東1)が株式取得を発表したことが好感された。カービューの筆頭株主であるソフトバンク<9984>(東1)から取得し、議決権ベースで52.2%を取得し筆頭株主になるとした。カービューは11月21日に7万8700円の戻り高値がある。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは信用残も注目され高値に迫る

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は10日、反発となり、1万9290円(160円高)で寄ったあと1万9320円(190円高)をつけて堅調。前週後半に発表した月次動向を引き続き好感し、12月6日につけた高値1万9420円に迫った。信用売り残に逆日歩が乗っているため、買い戻しが入りやすい状況。値幅妙味が強まっているとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

任天堂は新製品「ウィー・ユー」国内でも発売し出足注目

 任天堂<7974>(大1)は10日、小動きの始まりとなり、9680円(10円高)で寄ったあとは9650円から9680円で推移。8日に最新の家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」を日本国内でも発売開始し、一部の量販店では行列もできたと伝えられたものの、株価は今ひとつの始まりとなった。「ウィー・ユー」は米国で11月18日に先行発売され、その後7日間の販売台数は40万台超に達し好調と伝えられ、国内の出足が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

クックパッドは第2四半期好調で上値追う

 クックパッド<2193>(東1)は10日、2488円(50円高)の買い気配で始まり、続伸。7日に発表した第2四半期決算(5〜10月)が好調で、売上高が前年同期比25.7%の増加となり、純利益も同55.4%増加したことが好感された。料理レシピサイトを中心に有料会員数が好調。2493円(55円高)で寄ったあと2507円(69円高)となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2012年12月09日

【株価診断】底打ちだが戻り限界のニトリHD、円安と景気の綱引きか

株価診断 ニトリホールディングス<9843>(東1)=売買単位50株  直近、7日の終値は6280円。年初来高値から2000円下げた位置にあり、年初来安値に対しては470円上に位置する。特に、安値からの上昇率は8.0%とTOPIX(東証株価指数)の14.1%を大きく下回っている。

 日足チャートでは12月6日に30日線を今年9月26日以来、2ヵ月半ぶりに上抜いている。一方、週足チャートでは26週線を下回ったままである。ただ、26週線とのマイナス乖離率が20%近くまで拡大し短期的には底打ちシグナルとなっている。

 「株価が下げたのは、円高が円安に振れていることが一番の理由」(中堅証券)。家具などの輸入品が多く、マーケット人気は、円高には強いものの円安には弱いといことだ。

 同社の第2四半期(2〜8月)は、前年同期比6.8%増収、営業利益17.4%増益と好調。今2月期通期では、前期比8.8%増収、営業利益9.1%増益見通しで、予想1株利益682.0円、年90円配当という好内容。

 利回り1.43%、予想PER9.2倍。指標面では割安感が台頭している。ただ、「為替の基調が円安で定着すれば収益は楽観できないだろう。足元では、円安傾向の中で値下げを打ち出しているが、販売数量をどのていど伸ばせるかが注目される」(同)。

 円安で日本の輸出企業の業績が上向き、国内にの景況感が上向けば国内需要も期待できるわけで、同社株にとって、必ずしも円安はマイナスばかりではないだろう。

 短期的には、株価は底を打っているものとみられ、当面は戻り相場が期待できそうだ。

 ただ、年初来高値8280円(9月)と、安値5810円(11月)の「中間値」7045円を下回っているため、買方には戻れば売りたい気持ちは強いものとみられる。26週線(7080円ていど)を上回るような反発相場は難しそうだ。基調は戻り売りとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:01 | 株式投資ニュース
2012年12月08日

【相場熟者が答える投資相談】帝人は「二番底」待って買い増しを、炭素繊維の成長性に期待

相場熟者が答える投資相談 【問い】 帝人<3401>(東1)を250円で2000株持っています。少し戻る場面もありましたが、今後の見通しと対処方法についてお願いします。

 【答え】 12月7日(金)は3円安の190円と反落しています。

 2日付の日本経済新聞朝刊が「同社は鉄より軽くて強度の高い炭素繊維を世界で初めて自動車向けに量産する。米国に約300億円を投資し、2015年までに生産能力を4割拡大する。米ゼネラル・モーターズ(GM)が量販車種に採用する計画で、帝人はGMへの主力取引企業として契約を結ぶ」と伝えたことを材料視。3日に高値203円と買われましたが、上げ一服でもみ合いとなっています。

 足元の業績、景気減速により素材事業全般の販売が下振れしたことや、ヘルスケア事業の医薬品分野における薬価改定が影響し、今3月期売上高は7700億円(前期比9.9%減)、営業利益は250億円(同26.6%減)、経常利益は200億円(同41.7%減)、純利益は30億円(同75.0%減)と大幅減益を見込んでいます。

 株価は、3月27日につけた年初来の高値297円から11月13日に年初来安値156円まで調整を挟んで上昇し上げ一服。9カ月移動平均線が上値抵抗線として意識された感はあります。車向け炭素繊維は鉄と比べて強度が10倍で、コストが2倍弱まで縮まるもようで、中長期では期待感はあるものの、業績に寄与するのはまだ先。目先はもみ合いが続くと予想されます。年初来安値に接近する場面では二番底形成と見て底値買い増しも考えるところでしょう。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:09 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】富士通は当面300円挟んだモミ合いに、下値買い増しも可

相場熟者が答える投資相談 【問い】 富士通<6702>(東1)を400円で2000株持っています。このところ売られていますが、今後の見通しと対処方法についてお願いします。

 【答え】 12月7日(金)は11円安の297円と3日続落しています。

 7日付日本経済新聞が「NTTドコモ<9437>(東1)の11月末の携帯電話の総契約数が5年3カ月ぶりに減少に転じたことが明らかになった」と伝えたことで、嫌気売りを誘いました。富士通はNTTドコモでの携帯電話端末の販売シェアが高いことから、NTTドコモが巻き返しを図るため、『iPhone』の取り扱いを始めた場合、富士通の販売に影響が及ぶとの懸念が強まっています。

 足元の業績、国内のシステム開発などITサービス事業は堅調に推移するものの、欧州の景気減速の影響などでパソコン販売が不振なほか、半導体事業の悪化が響き、今3月期売上高は4兆42000億円(前期比1.1%減)、営業利益は1000億円(同5.0%減)、経常利益は850億円(同6.7%減)、純利益は250億円(同41.5%減)を見込んでいます。

 株価は、2月27日につけた年初来の高値453円から11月13日に年初来安値269円まで調整を挟んで12月3日高値318円と買われ10月23日高値319円に迫った後、上げ一服から売り優勢の展開となっています。クラウドサービス大手の米セールスフォース・ドットコムと、大量のデータを解析する「ビッグデータ」分野で提携することへの期待感があるほか、PBR0.81倍と1株純資産を割り込んでいますので、280円処が下値として意識されそうです。目先は300円を軸とした40円幅のもみ合いが続くと予想されますが、クラウドサービスの進展次第では出直る可能性もあります。短期的にはレンジ相場での売り買いに徹するところです。レンジ上限を突破するようであれば、買い増しを考えても良いでしょう。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース
2012年12月07日

大塚HLDがインドの合弁会社を正式発表し不透明感は後退へ−−引け後のリリース

■買収額200億円の憶測が実際は100億円の出資

引け後のリリース、明日の1本 大塚ホールディングス<4578>(東1)は7日の大引け後、インドで点滴の輸液事業に参入する目的で、同国の輸液や医薬品の製造・販売大手、クラリス・ライフサイエンシズ社が新設する輸液事業会社(クラリス大塚・仮称)に、三井物産<8053>(東1)と共同で資本参加すると発表した。クラリス大塚の資本金は105億2400万ルピー(約160億円)。出資比率は、持株傘下の(株)大塚製薬工場が60%、三井物産が20%、クラリス社が20%。設立は2013年後半を予定。大塚ホールディングスは、スポーツドリンク「ポカリスエット」などでも知られるため、柔軟な市場展開に期待する受け止め方もある。

 この合弁会社設立については、12月4日の朝、観測報道で、200億円規模で点滴事業を買収する交渉に入った、などと伝えられた。この日の株価は反落となり、終値は22円安の2435円。その後も株価は重く、もみ合いのまま上値は2460円前後にとどまり、本日の終値は2429円(3円安)。しかし、株価材料としては、本日の発表によって霧の中から全貌が現われた形になり、不透明感は後退すると思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:21 | 株式投資ニュース

カナモト10月期2.2倍増益、07年の1355円目指す

 カナモト<9678>(東1)の7日(金)の株価は高値1030円、安値1016円、終値は7円安の1022円だった。今日(7日)、15時に前10月期決算を発表した。

 売上は前期比21.1%増の861億0600万円、営業利益2.2倍の64億3000万円と好調だった。

 今期(2013年10月期)も復興関連需要を中心に好調の見通し。売上15.1%増の991億5000万円と1000億円に接近する。営業利益は10.7%増の71億2000万円、1株利益は97.1円の見通し。配当は年20円継続の予定。

 予想PERは10.7倍。好業績を考ええれば割安。このところ短期上昇が目立っていただけに若干の一服は予想されるものの大きい調整はないだろう。中期的には2007年7月の1355円を目指した展開が予想され押し目買いといえる。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:05 | 株式投資ニュース

東京電力がLNG火力燃料コスト低下の期待から急伸14%高

 東京電力<9501>(東1)が7日の後場、14%高の150円(18円高)を超える急騰となり、値上がり率で東証1部の6位前後に躍進。一気に戻り高値を更新する相場になった。米国政府がLNGの輸出制限を緩和との観測が出て、燃料コスト低下の期待。本日は電力株が全面高となっており、「電力・ガス」は前場から業種別指数の値上がり率1位。このところは、次期内閣の原発政策への期待から動意を強めていた中で、東京電力はカヤの外だったものの、火力発電の燃料コスト低下期待には敏感に反応した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:05 | 株式投資ニュース

寿スピリッツ1000円台乗せ、「経営力」を評価

 寿スピリッツ<2222>(JQS)が、24円高の1014円と買われ2010年4月以来の4ケタに乗せた。もちろん、年初来の新高値。

 節約志向の個人消費の中で新規出店、新ブランド、新商品開発などの「新成長エンジンつくり」で好業績をあげている「経営力」が評価されている。

 マーケットでは、今後、力を入れようとしている「健康食品」についても好成果が期待できそうだとの見方だ。好業績からみて中期で1500円相場も期待できそうだ。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

携帯電話「純増数」はソフトバンクが11ヵ月連続首位と伝わる

■株価はNTTドコモがアイフォーン導入期待で高い

 7日午後、携帯電話3社の11月の新規契約数から解約数を差し引いた純増数が伝えられ、ソフトバンク<9984>(東1)グループのソフトバンクモバイルが30万1900件の増加となり11カ月連続の首位、2位はKDDI<9433>(東1)で22万8800件の増加、3位はNTTドコモ<9437>(東1)で4万800件の減少となった。

 ただ、株価への反応は3銘柄とも小さく、ソフトバンクは3000円(70円安)前後、KDDIは5870円(190円安)前後、NTTドコモは12万3100円(4900円高)前後で各々小動き。NTTドコモの減少観測は朝の日本経済新聞で伝えられ、「iPhone(アイフォーン)」導入の観測が出たため、NTTドコモが期待高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

青木あすなろ建設は自社株買いの途中経過が好調で連日高値

 青木あすなろ建設<1865>(東1)は7日の後場もジリ高となり、年初来の高値を連日更新。13時10分にかけて523円(18円高)まで上げた後も520円台で強い相場になっている。6日の夕方に発表した自己株式の市場買付けに関するお知らせ(自社株買いの途中経過)が好調で、中央高速・笹子トンネルで発生した事故を機に盛り上がっている建設株物色に拍車をかけた形。500円台は2011年4月以来となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

NTTドコモはアイフォーン導入の期待強まり後場一段高

 NTTドコモ<9437>(東1)は7日の後場寄り後に一段高となり、12万2200円(4000円高)。「iPhone」(アイフォーン)を導入する期待がいわれ、11月27日につけた戻り高値12万1700円を上回った。朝、11月末の携帯電話の総契約数が5年3カ月ぶりに減少し、幹部談話として「iPhone」(アイフォーン)導入を考えざるを得ないと日本経済新聞が報道。朝方は11万8000円(200円安)まで軟化したものの、ほどなく切り返して上値を追った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース

新規上場のテクノスジャパンは前場公開価格を35%上回る上昇

 7日、新規上場のテクノスジャパン<3666>(JQS)は9時40分に公開価格1540円を約22%上回る1878円で寄売買が成立し、初値をつけた。その後は約35%上回る2074円まで上げている。ERP(統合基幹業務システム)など、ITシステムの企画・立案から設計・開発、導入・保守までをワンストップで行なう。今3月期の業績は好調の見込みで、連結売上高は前期比20.3%増の40.90億円、純利益は同15.7%増の2.72円、1株利益は181円94銭。公開価格での今期予想PERは8.5倍。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | 株式投資ニュース

積水ハウスは業績堅調だが800円の上値重く伸び悩む

 積水ハウス<1928>(東1)は7日の前場、806円(8円高)まで上げた後は798円(前日比変わらず)の前後で推移し、伸び切れない相場になった。昨日発表した第3四半期の連結決算(2〜10月)は好調で、営業利益が前年同期比3.6%増加、純利益は同7.9%の増加。ただ、株価は、11月初の年初来高値830円を除くと10月以降は上値を800円前後で抑えられており、本日も上値を抑えられる相場になった。今1月期の予想は据え置き、予想1株利益は65円51銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

シャープは米クアルコムの出資を好感し連日活況で戻り高値

 シャープ<6753>(東1)は7日も堅調で、10時45分にかけて8.5%高の216円(17円高)まで上げて戻り高値を連日更新。4日続伸基調。売買代金1位となり、値上がり率は東証1部の5位前後となっている。引き続き、米クアルコムと次世代パネルの共同開発と第三者割当増資で合意したことを好感。信用倍率が1.1倍前後で、売り残・買い残が拮抗しているため、大きく動きやすい状況になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

キッコーマンは4年ぶりの1200円台で一服後の展開に注目

 キッコーマン<2801>(東1)は7日、高値顔合わせの堅調相場となり、朝方に1203円(8円高)まで上げたあとも10時20分にかけて1195円前後で推移。昨日から2008年10月以来の1200円台に乗る相場になっている。目先的には、約4年ぶりとあって、「大台」乗せ後の一服感が広がる可能性があるものの、いぜん、信用売り残が多く、しかも逆日歩が乗っているため、買い戻しが入りやすい状態。株高支援要因として注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

デジタルガレージが大幅増額を好感し戻り高値

 デジタルガレージ<4819>(JQS)は7日、戻り高値を更新する始まりとなり、16万5000円(8200円高)で寄ったあとも16万3000円台で推移。昨日、第2四半期の連結業績予想(7〜12月)を大幅に増額修正したことが好感され、10月24日につけた直近の高値16万4500円を上回った。第2四半期の連結営業利益は1.5億円から3.5億円に、純利益も3.5億円から6.5億円に大幅増額。大幅な上乗せの一因としては、連結対象に加わったべりトランス社の決算期が変更になり、数か月分、計上が増えることもあるものの、グループでの業績好調を好感した格好。20万円台まで上値余地が開けた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース