[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/28)大和証券G本社は赤木屋証券の廃業報道にも底堅さ保つ
記事一覧 (11/28)小津産業がセシウム吸着素材を材料に午後もストップ高気配
記事一覧 (11/28)コスモス薬品は円安一服の中で内需の好業績株として高値更新
記事一覧 (11/28)上海株の連日安値にもかかわらずコマツなど底堅い
記事一覧 (11/28)【相場熟者が答える投資相談】川重は押し目で買い増し、買値接近を待って売却を
記事一覧 (11/28)ヤマダ電機は安い!高齢者向け住宅事業に取り組むと伝えられる
記事一覧 (11/28)ヒューリックは新株増資による売り一巡感
記事一覧 (11/28)シノケングループは増額修正を好感しストップ高気配
記事一覧 (11/28)関西電力は「脱原発」の「日本未来の党」結集にも底堅く始まる
記事一覧 (11/27)ヒューリックは新株発行増資による下げを黙って拾う−−引け後のリリース
記事一覧 (11/27)【注目のリリース】シノケングループが増額修正しPER割安感
記事一覧 (11/27)【注目のリリース】キタックが営業・経常利益を増額修正しPBR見直し機運
記事一覧 (11/27)関西電力は朝方下げたものの後場は堅調で戻り高値
記事一覧 (11/27)ソニーは格付け引き下げ後も800円台を保ち底堅い
記事一覧 (11/27)ディー・エヌ・エーはミクシィとの提携を連日好感し続伸
記事一覧 (11/27)六甲バターが「1部昇格」と記念配当を好感し高値を更新
記事一覧 (11/27)新晃工業が「1部昇格」を好感し高値を更新
記事一覧 (11/27)ウチダエスコは第1四半期好調で買い気配
記事一覧 (11/27)任天堂は新製品の「Wii U」米国で好調と伝えられ続伸
記事一覧 (11/27)マカフィー社のNo.1販売代理店であるテクマトリックスに注目
2012年11月28日

大和証券G本社は赤木屋証券の廃業報道にも底堅さ保つ

 大和証券グループ本社<8601>(東1)は後場寄り後の361円(11円安)を下値に底堅く、14時を過ぎても362円前後で推移している。赤木屋証券(東京・中央区)が年内で廃業と伝えられ、以前は大和証券と取引関係の強い「大和系」の有力地場証券だったため、注目を集めたものの、株価への影響はみられない様子となった。廃業するのは証券業で、会社は存続し、昨年秋オープンした喫茶店「赤木屋珈琲」などは続けると伝えられた。同証券は、系列事業でチケット販売の「赤木屋プレイガイド」でも知られた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

小津産業がセシウム吸着素材を材料に午後もストップ高気配

 不織布や紙製品の小津産業<7487>(東2)は28日の後場、14時にかけてもストップ高気配のまま売買が成立しない状態を続け、1480円(300円高)の気配値で買い圧倒。28日付けの日経産業新聞で、東京大学生産技術研究所と同社が、放射性セシウムを吸着する布を量産する技術を確立したと伝えられ、全体相場が軟調な中で材料性に注目する資金が集まった。セシウムを吸着する性質がある天然の青色顔料プルシアンブルーを繊維のすき間に固定する方式で、12月から自治体や除染業者などに向けて販売する予定という。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:01 | 株式投資ニュース

コスモス薬品は円安一服の中で内需の好業績株として高値更新

 コスモス薬品<3349>(東1)は28日の後場も上値を追う相場になり、13時過ぎに8380円(270円高)まで上げて年初来の高値。11月中間決算に期待があり、円安基調が一時停止の様相となったため、内需株を買う動きの中で注目が集まっている。10月に発表した第1四半期決算(6〜8月)は好調で、連結売上高が前年同期比20.0%増、営業利益は同26.0%増。今5月期の予想は、営業利益を前期比0.5%増、純利益を同0.6%増と微増程度に見込むものの、上ぶれ期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

上海株の連日安値にもかかわらずコマツなど底堅い

 コマツ<6301>(東1)は28日の後場も底堅い相場を続け、13時過ぎには1811円(33円安)前後で推移。中国関連株の代表格で、本日の上海株式指数が2日続けて年初来の安値と伝えられたものの、後場寄り後の1807円(37円安)を下値に下げ渋っている。同様にファナック<6954>(東1)も前引け間際につけた1万3860円(230円安)を下値に底堅い相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】川重は押し目で買い増し、買値接近を待って売却を

相場熟者が答える投資相談 【問い】 川崎重工業<7012>(東1)を250円で2000株持っています。対処方法についてお願いします。

 【答え】 11月28日(水)は6円安の185円と小幅続落しています。

 11月17日付の日本経済新聞朝刊が「同社の中国造船事業の収益が拡大している。出資する造船会社2社の持ち分法投資利益が2013年3月期に前期比4割増えそうだ。営業赤字となる川重本体の造船事業を補う」と報じたことを好感した買いが継続したほか、同24日付の同紙聞朝刊が「中国企業とプラント開発 ゴミ燃料にセメント生産」と報じたことも株価を後押し、170円割れの下値水準から26日高値202円と買われ上げ一服となっています。

 足元の業績、10月31日に今3月期業績予想を下方修正を発表。精密機械事業の売り上げが中国向け油圧機器の不振で落ち込み、売上高は従来予想の1兆3800億円から1兆3000億円(前期比0.3%減)、営業利益は同520億円から360億円303億8700万円(同37.4%減)に減額しました。

 株価は、11年4月高値377円から10月11日の年初来安値151円まで226円(60%)調整し、09年2月安値144円にほぼ並び往って来い。今期業績予想の下方修正を織り込み、来期造船事業が持ち直すとの観測から26週移動平均線を上回り出直る動きとなっています。今期予想PER10倍台と割高感はなく、上値抵抗線として意識される24か月移動平均線の240円前後まで上値を伸ばす余地はありますが、200円台で戻り一巡感が出る可能性が出てきました。押し目を待って買い増し、買値近辺までの上昇を期待するところでしょう。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機は安い!高齢者向け住宅事業に取り組むと伝えられる

 ヤマダ電機<9831>(東1)は28日、軟調反落となり、11時にかけては2857円(76円安)前後。今朝の日本経済新聞・北関東版で、高齢者向け住宅事業に取り組み、来春に部屋数約60室の第1号案件を群馬圏内に完成させた後ノウハウを蓄積し、全国展開に弾みをつけると伝えられたものの、いまのところ反応薄となっている。株価はPER8倍台で割高感はないものの、一昨日の26日に2808円の年初来安値。前週、雑誌記事のコピー配布による営業妨害などでケーズホールディングス<8282>(東1)を提訴と伝えられ、訴訟リスクが手控え要因になっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

ヒューリックは新株増資による売り一巡感

 みずほ銀のビル管理に強いヒューリック<3003>(東1)は28日、新株発行増資を嫌って下落する始まりとなり、9時20分にかけて565円(84円安)まで急落。しかし、10時過ぎには576円(73円安)と持ち直している。昨日の大引け後、新株発行による公募増資と株式の売り出しを発表。公募による新株発行は5250万株、調達資金は最大約369億円、発行済株式総数は最大で11.2%増加する見込み。公募増資では、需給の緩和を嫌う下落が先行したあとで調達資金による投資拡大への期待から反騰するケースが多く、需給緩和による下げは一巡したとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

シノケングループは増額修正を好感しストップ高気配

 福岡地盤の不動産業・シノケングループ<8909>(JQS)は28日、買い気配のまま9時20分にはストップ高の7万7900円(1万円高)。昨日、2012年12月期の連結業績予想を増額修正し、営業利益は15.0億円の見込みから18.8億円に3割近く増額し、経常利益は4割強、純利益は6割近く増額したことが材料視された。発表によると、フロービジネスである不動産販売事業、ストックビジネスである不動産賃貸管理事業、金融・保証関連事業などとも好調。修正後の予想1株利益は1万7872円45銭のため、割高感はないといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

関西電力は「脱原発」の「日本未来の党」結集にも底堅く始まる

 関西電力<9503>(東1)は28日、底堅い始まりとなり、759円(15円安)で寄ったあとは775円(1円高)。「脱原発」を掲げる政党が滋賀県・嘉田由紀子知事を顔に「日本未来の党」を結成と伝えられたことには反応薄の始まりになった。同社は26日の午後、現在稼働停止中の原発を前提に、未定としていた今3月期の業績予想、及び料金値上げを発表し、営業利益は3500億円の赤字とした。ただ、この日は、発表後に一段高となり、赤字は織り込み済みの相場展開になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2012年11月27日

ヒューリックは新株発行増資による下げを黙って拾う−−引け後のリリース

■発行株数は増加は11%程度

引け後のリリース、明日の1本 ヒューリック<3003>(東1)は27日の大引け後、新株発行による公募増資と株式の売り出しを発表し、公募による新株発行は5250万株、追加売り出しによる第三者割当増資で750万株を発行するとした。調達資金は最大約369億円、発行済株式総数は最大で11.2%増加する見込み。

 本日の株価終値は649円(7円安)。11月2日に715円の高値があり、その後の調整は下値600円にとどまっている。新株発行による公募増資では、需給の緩和を嫌う下落が先行したあとに調達資金による投資拡大への期待から反騰するケースが多く、明日は、下げ局面を黙って拾う姿勢で好機になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:15 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】シノケングループが増額修正しPER割安感

■フロービジネス・ストックビジネスとも好調

 福岡地盤の不動産業・シノケングループ<8909>(JQS)は27日の大引け後、2012年12月期の連結業績予想を増額修正。売上高は据え置いたものの、営業利益は15.0億円の見込みから18.8億円に3割近く増額し、経常利益は4割強、純利益は6割近く増額した。修正後の予想1株利益は1万7872円45銭。

 発表によると、増額の要因として、フロービジネスである不動産販売事業では、既にアパート販売事業が前年実績を大幅に上回る販売実績を達成していることに加え、第4四半期における販売状況もアパート、マンションともに好調を維持していること、また、ストックビジネスである不動産賃貸管理事業、金融・保証関連事業などでも、管理戸数の増大に伴い、安定収益の確保がより一層推進されていること、営業外収支も向上していること、などを挙げた。

 本日の株価終値は6万7900円(2500円高)。7月から次第に上値を追う相場になっており、11月20日に7万3900円の高値をつけた。終値でのPERは3.8倍になり、割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】キタックが営業・経常利益を増額修正しPBR見直し機運

■有価証券評価損を経常するが原価管理の徹底など進む

 信越地盤の建設コンサルタント・キタック<4707>(JQS)は27日の大引け後、2012年10月期の業績予想を修正。純利益は有価証券評価損により0.45億円の見込みを0.30億円に減額したものの、原価管理の徹底などを要因に、営業利益は1.40億円の見込みから1.87億円に3割増額し、経常利益は7割近く増額し1.36億円の見込みとした。修正後の予想1株利益は5円45銭。10月決算の発表はここ3年12月2〜3日に行なっている。

 本日の株価終値は268円(1円安)。7〜8月に急伸して360円の高値をつけたあと、200円台でジリ高基調を続け、11月21日に281円の戻り高値をつけた。PERは高いものの、PBRは0.8倍前後。このところの全体相場の上昇によって、JQSDAQ銘柄の平均PBRは1.14倍(26日現在)に達してきたため、割り負け感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | 株式投資ニュース

関西電力は朝方下げたものの後場は堅調で戻り高値

 関西電力<9503>(東1)は27日の後場も堅調で、14時30分にかけては782円(28円高)。朝方は723円(31円安)まで反落する場面があったものの、10時頃には788円(34円高)と切り返して戻り高値を更新した。昨日の14時前に、未定としていた今3月期の業績予想、及び料金値上げを発表し、営業利益は3500億円の赤字としたものの、発表後の株価は一段高。本日は、配当の無配などを嫌う動きはあったものの、売り圧迫は限定的にとどまったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

ソニーは格付け引き下げ後も800円台を保ち底堅い

 ソニー<6758>(東1)は27日の後場も底堅い相場を続け、13時20分には813円(5円安)前後で推移。前週末に格付け大手のフィッチ・レーティングスがソニーの外貨建て債などの長期発行体格付けを投機的水準に引き下げたことは気にされているものの、株価は800円台前半で値を保っている。一部には、11月15日につけた年初来安値の更新を懸念する動きがあっただけに、予想外との見方もある。当面の業績が冴えないことは織り込み済みのようで、むしろ、このところの全体相場の上昇によって東証1部銘柄の平均PBRが0.9倍台に達し、ソニーのPBR0.4倍台に出遅れ感が強まってきたことがいわれている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:27 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーはミクシィとの提携を連日好感し続伸

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は27日、堅調続伸となり、朝方2729円(49円高)をつけて10時40分現在も2700円台をキープ。前週末売買日の22日夕方、ミクシィ<2121>(東1)とソーシャルゲーム事業で業務提携すると発表したことが連日好感されている。発表によると、「Mobage」(モバゲー)上のゲームを、容易に「mixiゲーム」にも配信することができるよう開発基盤の共通化を実施する、ことなどが盛り込まれており、一見するとミクシィが多く「実」を取る印象。ただ、ミクシィ株は昨日急伸したものの本日は軟調。ディー・エヌ・エーに対する期待は地味ながら根強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

六甲バターが「1部昇格」と記念配当を好感し高値を更新

 六甲バター<2266>(大2)は27日、急伸となって高値を更新し、10時過ぎには576円(41高)。昨日、大証1部への上場承認と、上場記念配当を発表したことが好感された。1部昇格は12月3日から。記念配当は今12月期末に2円50銭を実施し、合計12円50銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース

新晃工業が「1部昇格」を好感し高値を更新

 空調機器の新晃工業<6458>(大2)は27日、高値更新の始まりとなり、451円(10円高)で寄ったあとは475円(34円高)間で上値を追う場面があった。昨日、大証1部への上場承認を得たと発表したことが好感され、9時30分には値上がり率約5%で大証2部の3位となった。1部昇格は12月3日から。今3月期の予想1株利益は80円95銭のため、株価はまだPER6倍未満の水準になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

ウチダエスコは第1四半期好調で買い気配

 ウチダエスコ<4699>(JQS)は27日、気配値を上げる始まりとなり、9時9分現在は446円(32円高)の買い気配。昨日発表した第1四半期の連結決算が好調で、営業利益が前年同期比51.9%増、純利益も同65.0%増となったことが好感されている。今7月期の予想は、純利益が前期比44.3%増の4.3億円、1株利益が119円56銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

任天堂は新製品の「Wii U」米国で好調と伝えられ続伸

 任天堂<7974>(大1)は27日、3日続伸の始まりとなり、1万470円(80円高)で寄ったあとは1万490円(100円高)と堅調。米国で11月18日に発売開始した新型の家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」の販売台数が1週間で40万台を突破したと今朝の日本経済新聞で伝えられ、全体相場が反落の始まりとなった中で強いスタートになった。報道では、この新製品を2013年3月末までに全世界合計で550万台販売する計画。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:01 | 株式投資ニュース

マカフィー社のNo.1販売代理店であるテクマトリックスに注目

■いち早く有害ウイルスを検出するためにGTIと連携

 最近、ネットバンキングで偽の画面を表示し、顧客に暗唱番号等を入力させ、口座から不正に現金を送金する事件が発生した。警察庁は11月4日、複数の被害者のパソコンからコンピュータウイルスを検出し、3種類の対策ソフトを使えばウイルスを検知駆除できると発表した。その中の1つがマカフィー社の「マカフィー トータル プロテクション」である。

 IT専門調査会社のIDCによると、マカフィー社は法人向けのアンチウィルス対策製品シェアでは24.3%と世界No.1*である。その後は、シマンテックの22.9%、Sophos11.0%と続く。

 世界ナンバーワンのシェアを獲得している背景には、いち早く有害ウイルスなどの脅威を検出するためにマカフィー社が開発したクラウド型のセキュリティ基盤、GTI(Global Treat Intelligence)と連携していることが挙げられる。

 GTIは、世界中の電子メール、Web、ウイルス、ネットワークを365日、24時間体制で、常時監視して、情報収集している。その結果、有害なウイルスを発見したら、すぐに同社のセキュリティソリューションに情報を配信することで、ウイルスからの攻撃を防御している。

 また、マカフィー社は、2011年3月には世界最大の半導体メーカであるインテル社の傘下に入り、半導体チップと連携したセキュリティ製品を発表するなど、セキュリティ専門のリーディングカンパニーとして確固たる地位を築いている。

 そのマカフィー社の国内販売代理店で、2011年の「Best Master Distributor of the Year」を受賞したのがテクマトリックス<3762>(東2)である。

 テクマトリックスは2002年からマカフィー社製品を取り扱っており、特に主力製品であるWeb/Emailセキュリティシステムや、不正侵入防止システムで多数の販売実績がある。また、マカフィー社製品専門の営業・技術部門を設けている他、メーカ保守に加えた独自の保守サポートも行っている。

 そのため、震災特需のあった昨年に引き続き今期もエンドポイント・セキュリティ分野、ネットワークセキュリティ分野での売上が拡大している。

 インターネットの普及が進み、セキュリティの重要度が益々高まっている中で、川上から川下までワンストップでトータルのシステム構築を行い、セキュリティ対策も万全に行うことが出来る背景には、創業以来28年間に亘って蓄えられた同社の信頼と技術力がある。

 今期2013年3月期連結業績予想は、売上高160億円(前期比4.7%増)、営業利益10億60百万円(同9.1%増)、経常利益10億60百万円(同4.7%増)、純利益5億円(同15.9%増)と増収増益を見込む。

*出典:IDC [Worldwide Corporate Endpoint Security Suite Revenue Share by Vendor,2011]

>>テクマトリックスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:52 | 株式投資ニュース