[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/01)日本海洋掘削が業績予想を増額修正しモミ合い突破高の期待−−引け後のリリース
記事一覧 (11/01)【注目のリリース】伊藤ハムが通期の予想営業利益を2割増額し高値指向も
記事一覧 (11/01)三菱ケミカルHLDは上期の純利益が予想上回る黒字になり一段高
記事一覧 (11/01)旭化成は増収減益だが為替前提の円安効果に期待強まり戻り高値
記事一覧 (11/01)東ソーは上期一転黒字となり通期予想に慎重だが戻り高値
記事一覧 (11/01)パナソニックは後場も下値もみあいだが売りの勢いは小康状態
記事一覧 (11/01)インフォマートは増額修正と株式分割を好感し高値を更新
記事一覧 (11/01)ソフトバンクは四半期最高益を好感し続伸!イー・アクセスも高い
記事一覧 (11/01)パナソニックは大幅減額修正を嫌い売り気配のまま安値を割る
記事一覧 (11/01)日本ハムは自社株買いを好感し急伸!プロ野球「日ハム」勝利も好感
記事一覧 (10/31)オエノンホールディングスが株式上場を「東証」に一本化−−引け後のリリース
記事一覧 (10/31)【注目のリリース】日本ハムが自社株買いを発表し出直り基調に復帰も
記事一覧 (10/31)三菱電機は減額予想に反し業績予想を据え置いたため一段高
記事一覧 (10/31)【相場熟者が答える投資相談】グリーはリバウンド狙いで買い増しも、PER割安
記事一覧 (10/31)ALSOKは13時の四半期決算発表から持ち直し堅調相場に転換
記事一覧 (10/31)【相場熟者が答える投資相談】安川電機は下値限定的ながら基調は戻り売り、売却も
記事一覧 (10/31)三和ホールディングスは11時の決算発表を好感し堅調転換
記事一覧 (10/31)住友不動産は日銀の追加金融緩和を好感し再び高値に接近
記事一覧 (10/31)日立製作所は決算今ひとつだが英国原子力発電企業の買収を好感し反発
記事一覧 (10/31)富士重工業は業績予想と配当の増額を好感し年初来の高値
2012年11月01日

日本海洋掘削が業績予想を増額修正しモミ合い突破高の期待−−引け後のリリース

引け後のリリース、明日の1本 日本海洋掘削<1606>(東1)は1日の大引け後、第2四半期の連結決算(4〜9月、上期)を発表し、今3月期の予想を増額修正した。

 発表によると、第2四半期は、世界全体の海洋掘削リグの平均稼働率が82.4%(前年同期は77.8%)、競争市場リグに限ると84.2%(同79.1%)となったのに対し、同社子会社が保有する海洋掘削リグ5基の稼働率は96.4%(前年同期は100.0%)となり、好調を持続。今3月期の連結業績予想は、売上高を258.2億円から268.8億円に引き上げ、営業利益は5.13億円から7.97億円に、純利益は1.3億円から1.49億円に引き上げた。修正後の予想1株利益は8円28銭。

 このところの株価は、国内でのシェールオイル・ガスの試掘成功や、浅海底でのメタンハイドレート発見などのニュースに敏感な動意をみせており、10月初の高値2388円、下旬の高値2378円を上抜けば、2500円台が見込める相場になってくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:03 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】伊藤ハムが通期の予想営業利益を2割増額し高値指向も

■第2四半期の見込みは8割近く引き上げる

 伊藤ハム<2284>(東1)は1日の大引け後、第2四半期と今3月期の連結業績予想を営業・経常・純利益とも増額修正し、第2四半期の営業利益は従来予想を8割近く引き上げて11億円から19.7億円に見直した。厳しい販売環境の中で、引き続き構造改革に取り組んだ。
第2四半期決算の発表は11月9日頃の模様。

 今3月期の予想は、上期の食肉相場の低迷などにより、売上高は4540億円から4400億円に約3%減額した。ただ、営業利益は55億円から66億円に20%増額し、純利益は38億円から40億円に5%増額した。修正後の予想1株利益は17円43銭。

 本日の株価終値は322円(3円高)。年初来の高値は9月3日の347円になり、ここからの調整が浅いため、第2四半期決算の発表日にかけて期待先行型の相場となり、この高値に挑戦する場面が到来しそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

三菱ケミカルHLDは上期の純利益が予想上回る黒字になり一段高

 三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)は1日の後場一段高となり、13時50分にかけて330円(14円高)まで上昇。戻り高値を更新した。13時30分に第2四半期の連結決算(4〜9月、上期)を発表し、従来予想ではゼロの見込みとしていた純利益が33.2億円の黒字となったことが好感された。今3月期の予想は、石化製品の市況低下などを見込んで全体に減額修正し、純利益は従来予想の500億円を210億円に引き下げた。しかし、上期が大きく上ぶれたため、期待は根強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 株式投資ニュース

旭化成は増収減益だが為替前提の円安効果に期待強まり戻り高値

 旭化成<3407>(東1)は1日の後場、一気に堅調相場になり、昼過ぎに448円(9円高)と戻り高値を更新した。13時に第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表し、増収減益。ただ、今年度の平均為替レートを1ドル79円、1ユーロ102円と設定し、本日午後の東京為替の1ドル80円台、1ユーロ103円台との比較では有利な状態のため、期待が強まったようだ。今3月期の予想は小幅減額修正し、純利益は6.65億円から5.05億円に引き下げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

東ソーは上期一転黒字となり通期予想に慎重だが戻り高値

 東ソー<4042>(東1)は1日の後場上値を追い、13時過ぎに170円(14円高)と本日この時間までの高値に進んだ。13時に第2四半期(4〜9月、上期)の連結決算を発表し、純利益が従来予想の赤字20億円に対し一転黒字の3.1億円になったことが好感された。株価は10月に入り147円を下値に下げ止まる動きになっており、本日は戻り高値を更新した。一方、今3月期の予想は慎重で、海外市況の軟化などを見込み、営業利益は従来予想野290億円から200億円に引き下げるなど、全体に減額修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

パナソニックは後場も下値もみあいだが売りの勢いは小康状態

 パナソニック<6752>(東1)は1日の後場、417円(97円安)で始まり、前場の一時ストップ安(100円安の414円)に続いて大幅安のまま下値もみあい。昨日の大引け後に発表した四半期決算で今3月期の業績予想を減額修正し、連結純利益を500億円から一転7650億円の赤字としたことが嫌気されている。1973年の401円以来、29年ぶりの安値水準。ただ、この減額修正によって、当面最大の懸念材料は出尽くしたとの見方もあり、売り注文は前場に比べて減少傾向となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:41 | 株式投資ニュース

インフォマートは増額修正と株式分割を好感し高値を更新

 インターネットによる受発注システムなどのインフォマート<2492>(東マ)は1日、急伸の始まりとなって年初来の高値を更新し、23万1600円(1万5000円高)で寄ったあと25万円(3万3400円)と上値を追った。昨日発表した第3四半期決算(1〜9月・連結)が営業利益21.8%増となるなど好調で、今12月期の利益予想を増額修正。さらに、単元株制度の採用にともなう株式分割(1対200)も発表したことが好感されている。

 株式分割は、2012年12月31日を基準日として、この日は休日のため、実質的には12月28日現在の最終株主名簿に記載された株主の所有株を1株に付き200株に分割する。同時に、単元株制度の採用により、売買株数を100株(現行は1株)にするため、投資金額は実質的に2分の1になる。

>>インフォマートのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは四半期最高益を好感し続伸!イー・アクセスも高い

 ソフトバンク<9984>(東1)は1日、続伸の始まりとなり、2590円(63円高)で寄ったあと2605円(78円高)。昨日発表した第2四半期の決算が好調で、連結営業利益が7〜9月期としては最高を更新したことなどが好感されている。また、本日は、10月に買収を発表した「イーモバイル」のイー・アクセス<9427>(東1)との統合比率の見直し観測が日本経済新聞で伝えられ、イー・アクセスも約9%高の4万3800円(3450円高)と急伸している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

パナソニックは大幅減額修正を嫌い売り気配のまま安値を割る

 パナソニック<6752>(東1)は1日、売り気配で始まり、9時15分現在は462円(52円安)の気配値で売り先行。昨日の大引け後に発表した四半期決算で今3月期の業績予想を減額修正し、連結純利益を500億円から一転7650億円の赤字としたことが嫌気されている。株価は、気配値のまま年初来の安値470円(10月11日)を割り込んでしまった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

日本ハムは自社株買いを好感し急伸!プロ野球「日ハム」勝利も好感

 日本ハム<2282>(東1)は1日、買い気配を上げる始まりとなり、1090円(100円高)で売買成立。約10%高の急伸。昨日、第2四半期決算と同時に自社株買いも発表したことが好感されている。また、プロ野球の今季日本一を決める「コナミ日本シリーズ」で「北海道日本ハムファイターズ」が昨夜、延長の末勝利し、2対2のタイに持ち込んだことを材料視する動きもある。自社株買いは、取得上限株数1500万株(自己株式を除く発行株数の7.08%)、上限金額は150億円。期間は11月1日から2013年1月31日まで。発行株数に対する割合が多めで、期間が短いため、即効性に期待が高まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース
2012年10月31日

オエノンホールディングスが株式上場を「東証」に一本化−−引け後のリリース

■今春の日立製作所の場合は株価が好反応

引け後のリリース、明日の1本 焼酎などの大手・オエノンホールディングス<2533>(東1)は31日の大引け後、大阪、名古屋、札幌の3証券取引所に上場する同社株式の上場廃止を申請すると発表した。売買取引がわずかであり、上場廃止による株主・投資家への影響は軽微と考えられるため、経費の削減や業務の効率化をはかる。申請日は11月1日とした。

 今春には日立製作所<6501>(東1)が福岡、札幌、およびニューヨーク証券取引所に上場廃止の申請し(3月30日発表)、株価は4月初にかけて一段高の好反応を示したことがある。

 オエノンホールディングスの本日の株価終値は196円(2円高)。このところ200円前後を上値に横ばい基調だが、業績は堅調。第3四半期の決算発表は11月9日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:42 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本ハムが自社株買いを発表し出直り基調に復帰も

■第2四半期の連結決算はほぼ想定内

 日本ハム<2282>(東1)は31日の大引け後、第2四半期の決算とともに自己株の取得(自社株買い)も発表。取得上限株数は1500万株(自己株式を除く発行株数の7.08%)、上限金額は150億円。期間は11月1日から2013年1月31日まで。発行株数に対する割合が多めで、期間が短いため、即効性に期待が高まる可能性がある。

 第2四半期の連結決算(4〜9月・米国基準)は、売上高が前年同期比1.9%減の4966.9億円となり、営業利益が同18.0%減の98.4億円、純利益は同19.1%減の38.8億円だった。ほぼ市場関係者の想定内だった模様。今3月期の予想は変更せず、売上高は前期比2.2%増の1兆400億円、営業利益は同13.2%増の300億円、純利益は同15.8%増の135億円、予想1株利益は63円70銭。

 本日の株価終値は990円(8円安)。日々小幅だが4日続落。プロ野球の今季日本一を決めるコナミ日本シリーズで「北海道日本ハムファイターズ」がやや押されていることが原因との見方もあるが、直近の高値1038円からの下げは浅い状態。自社株買いの発行株数に対する割合が多めであり、この高値を抜けば、出直り基調に復帰する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:43 | 株式投資ニュース

三菱電機は減額予想に反し業績予想を据え置いたため一段高

 三菱電機<6503>(東1)は31日の後場一段高となり、607円(32円高)まで上げて14時30分を過ぎても600円前後で堅調。13時15分に第2四半期の連結決算を発表し、今3月期の業績予想を減額修正しなかったため、買いが優勢になったようだ。前日比では反発幅を拡大した。第2四半期は売上高が前年同期比2.7%減少し、営業利益も同21.1%減少。今3月期の予想は、売上高が横ばいの3兆6400億円、営業利益は前期比11.3%減の2000億円、純利益は同7.1%増の1200億円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】グリーはリバウンド狙いで買い増しも、PER割安

相場熟者が答える投資相談 【問い】 グリー<3632>(東1)を2100円で200株持っています、今後の見通しと対処方法をよろしくお願いします。

 【答え】 31日(水)は25円高の1390円と反発しています。

 前週10月24日、同社はモバイルソーシャルゲームの企画、開発、運営を行う株式会社ポケラボ(本社:東京都港区、代表取締役社長:前田悠太、以下「ポケラボ」)との戦略的業務提携を目的として、ポケラボの株式を100%取得することを決定と発表しました。これを材料視し、10月26日に1446円と買われた後、25日移動平均線が上値を抑える形でもみ合いとなっています。

 グリーの足元の業績は、今6月期売上高が2000億円(前年同期比26.4%増)、営業利益が790億円(同4.5%減)が予想されています。10−12月期以降は新規タイトルが多数用意されていることから、10−12月期以降は回復に向かうと予想されており。続く来6月期は増益が観測されています。

 株価は、11年11月に分割後の高値2840円と買われた後、ソーシャルゲームで特定のカードをそろえると希少アイテムが当たる「コンプリート(コンプ)ガチャ」に対する規制の強化で、成長鈍化との見方が優勢となり、9カ月移動平均線が上値抵抗線となっております。ただ、今期予想PER6倍台と割高感はなく、信用取組倍率1.16倍の好取組で、1000円が下値支持線として意識されていることから、キッカケ次第で、折に触れ物色の矛先が向かう可能性はあります。基本的には、9カ月移動平均線までの上昇を目安に保有株の売却を。大きく突っ込む場面では、リバウンド狙いで余裕があれば買いを考えても良いでしょう。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:51 | 株式投資ニュース

ALSOKは13時の四半期決算発表から持ち直し堅調相場に転換

 ALSOK(綜合警備保障)<2331>(東1)は31日の後場、徐々に値を戻し、13時30分過ぎには1123円(1円高)まで浮上。13時に第2四半期の連結決算を発表し、これを好感する動きになった。4〜9月の売上高は前年同期比4.4%増の1541.2億円となり、営業利益は同11.7%増の70.8億円となるなど好調。今3月期の予想は据え置き、売上高は前期比3.4%増の3150億円、営業利益は同15.6%増の125億円。1株利益は72円61銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

【相場熟者が答える投資相談】安川電機は下値限定的ながら基調は戻り売り、売却も

相場熟者が答える投資相談 【問い】 安川電機<6506>(東1)を630円で1000株持っています。最近上昇していましたが、また下げてきましたので、見通しをよろしくお願いします。

 【答え】 30日(火)は1円安の550円と小幅ながら6営業日続落しています。10月17日に同社は9月中間期決算を発表しました。下方修正し一転減益予想となったものの、クレディスイス(CS)証券が悪材料の出尽くしと指摘し、投資判断を「OUTPERFORM」継続で、目標株価650円としたことを好感し、18日高値603円と急伸した後、戻り待ちの売りに押される展開となっています。

 半導体製造装置や工作機械などに使うサーボモーターなどがの制御機器の需要が中国などで減速していることが響き、9月中間期営業利益は前年同期比33.6%減の61億3900万円に着地。通期営業利益は従来予想の160億円(前期比8%増)から130億円(同12%減)に減額しました。CSでは、業績ボトムが第2四半期ではなく、第3四半期へズレ込んだと観測。想定以上にコスト削減を強化しているを踏まえ、営業利益130億円は保守的と見ています。

  株価は、10年4月高値889円、12年3月高値1007円、本年3月19日の年初来高値813円と買われ三尊天井を形成した感があります。9月6日には480円の年初来の安値と調整し、下値支持線として意識される昨年11月安値511円をいったん下回りましたので、基本的には戻り売りが賢明と見ます。10月29日付で野村証券が投資判断を「ニュートラル」から「Buy」に格上げ、目標株価を630円から740円に引き上げましたが、反応は限定的で9カ月移動平均線が上値抵抗線として意識された感があります。スマートグリッド関連銘柄であることから、500円前後が下値になる可能性はありますが、多少戻る場面があれば、売却を考えるところでしょう。(株式評論家・摩周湖)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:45 | 株式投資ニュース

三和ホールディングスは11時の決算発表を好感し堅調転換

 シャッター大手・三和ホールディングス<5929>(東1)は31日、安く始まったものの次第に上値を追う相場になり、11時過ぎに325円(8円高)まで上げて堅調。11時に第2四半期の連結決算(4〜9月・上期)を発表し、営業利益が前年同期比2.6倍、経常利益は同3.1倍、純利益は同14倍の急回復となったことが好感された。今3月期の予想は、売上高を小幅減額修正し、前期比6.0%増の2630億円としたほかは据え置き、営業利益は同52.5%増の135億円、純利益は同2.3倍の75億円、1株利益は31円28銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

住友不動産は日銀の追加金融緩和を好感し再び高値に接近

 住友不動産<8830>(東1)は31日、反発となり、10時30分にかけては2191円(22円高)前後で推移。日銀の追加金融緩和を好感し、10月18日につけた年初来の高値2233円に再び迫る相場になっている。追加緩和には、一部、出尽くし感があるようだが、本日は大手不動産株や銀行株が軒並み堅調。住友不動産の信用売り残には逆日歩が乗り、買い戻しが入りやすくなっているため、高値更新に現実味が出てくるような場面では値幅を伴う上昇になる可能性もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

日立製作所は決算今ひとつだが英国原子力発電企業の買収を好感し反発

 日立製作所<6501>(東1)は31日、反発の始まりとなり、415円(5円高)で寄ったあとは425円(15円高)と堅調。昨日発表した第2四半期決算は今ひとつで、連結営業利益(4〜9月・上期)が前年同期比4.1%減の1636億円となったものの、同時に英国の原子力発電企業・ホライズン・ニュークリア・パワーの買収を発表したことが材料視された。株価は10月15日の401円、昨日の405円を安値に持ち直したため、ダブル底を形成する期待が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

富士重工業は業績予想と配当の増額を好感し年初来の高値

 富士重工業<7270>(東1)は31日、急反発の始まりとなり、748円(29円高)で寄ったあとも758円(39円高)と上値を指向。6日ぶりに年初来の高値に進んだ。昨日発表した第2四半期決算が好調で、今3月期の予想を増額修正したことがストレートに好感された。今期の連結営業利益は従来予想の670億円から820億円(前期比86.5%増)に増額。また、配当も増額し、9月中間配、3月期末配とも前期の4.5円から5円の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース