[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/05)アサヒグループホールディングスが高値更新!国内飲料事業に期待
記事一覧 (10/05)エフティコミュニケーションズは配当予想の増額など好感し高値圏で堅調
記事一覧 (10/05)ピックルスコーポレーションは増額修正を好感し買い気配を上げる
記事一覧 (10/05)カッパ・クリエイトホールディングスは業績予想と配当予想を減額し反落で始まる
記事一覧 (10/05)良品計画は営業利益などの予想増額を好感し買い気配で始まる
記事一覧 (10/04)インターライフホールディングスは下期も好調なら再増額の可能性−−引け後のリリース
記事一覧 (10/04)【注目のリリース】ピックルスコーポ:惣菜など好調で業績予想を増額修正
記事一覧 (10/04)【注目のリリース】セブン&アイは6月・9月の下値割らない限り長期上昇に変化なし
記事一覧 (10/04)【注目のリリース】アドヴァンが自社株買いを発表し業績も好調で注目
記事一覧 (10/04)P&Pホールディングスは「アイフォーン 5」人気受け派遣料金引き上げの観測
記事一覧 (10/04)ディー・エヌ・エーは堅調!ネクソンとの間接的な「つながり」に期待
記事一覧 (10/04)日本航空は信用・貸借「解禁」で売り建て少ないとされ反発
記事一覧 (10/04)キヤノンは米HPの株安を映し日経平均100円高でも軟調
記事一覧 (10/04)北越紀州製紙は蓄電池素材への進出を発表も反応は限定的
記事一覧 (10/04)日産自動車は米国の景況指数など好感し反発
記事一覧 (10/04)三菱地所が日銀の政策会合など材料に1500円を回復し高値に迫る
記事一覧 (10/04)スーパーのイズミが好業績と増配・自社株買いを好感し値上がり率2位
記事一覧 (10/04)ローソンは第2四半期好調で増配も好感し急反発
記事一覧 (10/04)本日新規上場の日本コンセプトは公開価格を下回り938円で初値
記事一覧 (10/04)本日新規上場の日本コンセプトは買い気配で始まり好発進
2012年10月05日

アサヒグループホールディングスが高値更新!国内飲料事業に期待

 アサヒグループホールディングス<2502>(東1)は5日、堅調続伸となり、10時40分にかけては1939円(17円高)。9月28日につけた年初来の高値を更新する相場になっている。円安基調の割に日経平均など全体相場が重い印象のため、内需消費銘柄に資金が集まっている様子。本日は、グループ入りしたカルピスの自社販路戦略強化などで国内飲料事業の5000億円乗せにメド、と日本経済新聞が伝えたことも材料になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

エフティコミュニケーションズは配当予想の増額など好感し高値圏で堅調

 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS)は4日の夕方、コンプライアンスに関する法令違反等の事実は確認されなかったとする第三者調査委員会の報告と、配当予想の増額修正を発表。株価は本日9時50分にかけ、昨日つけた年初来の高値5万2800円に迫る5万1300円(1500円安)前後でしっかりとなっている。配当予想は、2012年9月中間期の配当をこれまでの予想の500円から1000円に増額。前期実績の500円からも倍増とした。さる10月1日には、LED照明の好調などを要因に業績予想の増額修正を発表しており、株価はこのところ急動意となっている。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

ピックルスコーポレーションは増額修正を好感し買い気配を上げる

 つけものの大手、ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は5日、買い気配を上げるスタートとなり、9時10分現在は441円(32円高)の気配値で買い注文が圧倒。4日の大引け後、業績予想の増額修正を発表したことをストレートに好感する始まりとなった。キムチ製品や惣菜製品が好調で、第2四半期の連結業績予想(3月〜8月、上期)を、売上高は116.11億円から126.81億円に引き上げ、営業利益は4.6億円から5.87億円に、純利益も2.79億円から3.74億円に34%引き上げた。本日のストップ高は80円高の489円。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

カッパ・クリエイトホールディングスは業績予想と配当予想を減額し反落で始まる

 回転寿司の大手・カッパ・クリエイトホールディングス<7421>(東1)は5日、軟調な始まりとなり、1759円(16円安)で寄ったあとは1741円(34円安)まで下落。昨日発表した第2四半期決算で今2月期の業績予想を減額修正し、配当も前期比5円減の20円の見込みとしたことが手控え要因になっている。今2月期の連結売上高は968億円の見込みから946億円に引き下げ、純利益も17億円の見込みから9.4億円の見込みに引き下げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

良品計画は営業利益などの予想増額を好感し買い気配で始まる

 良品計画<7453>(東1)は5日、堅調な始まりとなり、4945円(140円高)の買い気配で始まった。昨日発表した第2四半期決算が好調で、今2月期の業績予想を一部増額修正したことがストレートに好感されている。第2四半期の連結業績(3〜8月、上期)は、営業利益が前年同期比35.7%増となり、純利益も同12.8%増加。今2月期の営業利益は180.4億円から194億円に引き上げた。株価は9月6日に5100円の高値があり、更新の可能性が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2012年10月04日

インターライフホールディングスは下期も好調なら再増額の可能性−−引け後のリリース

■大型案件の寄与などで業績予想を増額修正

引け後のリリース、明日の1本 内装や携帯電話販売、人材派遣などの持株会社インターライフホールディングス<1418>(JQS)は4日の大引け後、今2月期の連結業績予想を増額修正。大型案件・大型工事などを主要因に、売上高はこれまでの予想の117億円を124億円に引き上げ、営業利益は4.0億円を5.1億円に引き上げた。

 純利益の予想は約31%増額し、3.5億円から4.6億円に修正。予想1株利益も大幅に増えて30円64銭とした。大型案件への営業・対応力強化が功を奏し、第2四半期に計画以上の売り上げを計上することができた。また、内装工事、空調設備の買い換え、店舗清掃、広告宣伝なども計画を上回った。下期は、おおむね計画通りとの予想で増額修正。このため、上期の勢いが続けば、通期の予想には再増額の可能性が出てくる。

 株価は6月の90円から安定的に上昇基調を続けており、7月に第1四半期の決算を好感して175円まで急伸した後も順調。本日の終値は165円(1円安)。7月の決算数字を上回るため、7月高値を更新し200円台が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ピックルスコーポ:惣菜など好調で業績予想を増額修正

■第2四半期の純利益は34%上乗せ

 つけもの大手、ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は4日の大引け後、業績予想の増額修正を発表し、2013年2月期・第2四半期の連結業績予想(3月〜8月、上期)を、売上高は116.11億円から126.81億円に引き上げ、営業利益は4.6億円から5.87億円に、純利益も2.79億円から3.74億円に34%引き上げた。

 積極的な販売活動により、キムチ製品(ご飯がススムキムチなど)や惣菜製品(ナムル、オクラ、そら豆など)が量販店などで拡大し、当初予想を上回る見込み。また、利益面では、原料野菜の仕入価格の安定効果なども加わった。

 本日の株価は堅調で、終値は409円(10円高)。本日は、群馬県内の総菜製造会社、東洋食品(群馬県伊勢崎市)をグループ化したと伝えられ、業容拡大の期待が広がった。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】セブン&アイは6月・9月の下値割らない限り長期上昇に変化なし

■ 業績予想を減額修正

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は4日の大引け後、第2四半期の連結決算(3〜8月)を発表し、2月通期の連結業績予想を減額修正した。2月通期の営業収益は、これまでの5兆600億円から5兆300億円(前期比では5.1%増)に、営業利益は3150億円から3080億円(同5.5%増)に引き下げ、純利益は1550億円から1430億円(同10.1%増)に見直した。1株利益は161円85銭。前提となる為替レートは、1ドル80.00円、1元12.50円。

 第2四半期は、コンビニエンスストア事業を中心に増収となり、営業収益は前年同期比4.0%増の2兆4506.6億円。利益面では、コンビニエンスストア事業と金融関連事業が増益となッた一方、主にスーパーストア事業の減益により、同2.0%減の1472.0億円となり、純利益は、前期の東日本大震災の発生に伴う災害損失の影響などがなくなり、同26.8%増の669.1億円となった。

 株価は昨年11月の2100円前後から長期上昇基調を描き、高値は今年8月の2659円。その後は中国で発生した反日デモを手控え要因に2266円まで軟化したものの、本日の終値は2372円(39円高)と持ち直している。業績予想の減額を受け、下値が注視されるものの、今年6月には2251円で下げ止まったことがあり、2250円前後を大きく割らない限り、長期上昇トレンドに変化はないといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】アドヴァンが自社株買いを発表し業績も好調で注目

■約3カ月抑えられてきた上値圏を抜けば1000円直行も

 輸入建材のアドヴァン<7463>(東1)は4日の大引け後、自社株買い(自己株の取得)を発表し、取得上限株数は12万5000株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.6%)、上限金額は1億円、期間は10月5日から2013年10月4日とした。

 同社は10月1日の取引開始前に第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表し、営業利益は前年同期比42.5%増の17.2億円になり、純利益も同48.6%増加の9.75億円と好調だった。

 株価は7月以降、840円前後が上値になっており、本日の終値は775円(2円高)。約3カ月抑えられてきた上値圏を抜けば1000円台まで抵抗感がなくなるとされ、業績は好調なだけに期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | 株式投資ニュース

P&Pホールディングスは「アイフォーン 5」人気受け派遣料金引き上げの観測

  営業支援サービスのP&Pホールディングス<6068>(JQS)は4日の後場、222円(18円高)と堅調。薄商いの銘柄だが、本日午後、「アイフォーン 5」などの販売合戦の過熱によって、携帯電話の販売員を派遣する人材各社が派遣料金の引き上げに動き始めたと日本経済新聞系の速報ニュースが伝え、注目する動きが出はじめている。報道によると、派遣各社が販売店から受け取る派遣料金は、首都圏で現在1人1時間当たり1800〜2000円前後、関西で1650〜1900円前後。ピーアンドピーなどは、これを50〜100円(約3〜6%)以上引き上げる考え、とされた。高値は7月の2万500円があり、注目が再燃すれば2万円どころまでの戻りは速いとの見方がある。

>>P&PホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは堅調!ネクソンとの間接的な「つながり」に期待

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は4日の後場も反発相場を続け、14時20分には2600円(110円高)。出直りを強める動きになった。同社と包括提携し、ゲームを提供するソーシャルゲーム開発のgloops(グループス社、東京都・港区)を、オンラインゲーム開発のネクソン<3659>(東1)が子会社化すると1日に発表。ゲーム調達範囲の拡大に期待が強まっている。ディー・エヌ・エーの株価は9月20日に2909円の年初来高値をつけ、その後の安値は10月3日の2446円。このままで直れば、調整の浅さが一段と見直され、買いが買いを呼ぶ展開もあり得るようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

日本航空は信用・貸借「解禁」で売り建て少ないとされ反発

 日本航空<9201>(東1)は4日の後場も強い相場を続け、13時25分にかけては3670円(140円高)。本日、この時間帯までの高値に進んだ。米国で原油価格が目立って下落したため、燃油コストの低下期待が言われている。また、昨3日から東証・日証金の信用銘柄・貸借銘柄になり、売り建て・買い建てが解禁。昨日は90円安の3530円となったものの、売りから入る投資家が予想より少なかったとの見方で買い直す動きが強まったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:51 | 株式投資ニュース

キヤノンは米HPの株安を映し日経平均100円高でも軟調

 キヤノン<7751>(東1)は4日の後場も軟調で、13時15分には2505円(50円安)前後。取引関係の強い米ヒューレット・パッカード(HP)の株価が昨夜のNY市場で目立って下げたと悪材料視され、台に拡大した中で、逆行安となっている。ただ、朝方の安値2461円(94円安)からは持ち直しており、円相場が対ユーロで101円台の円安基調になったことを好感する相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

北越紀州製紙は蓄電池素材への進出を発表も反応は限定的

 北越紀州製紙<3865>(東1)は4日の前場、軟調相場となり、朝方の372円(2円高)を除けば360円円台で推移。9時の売買開始と同時に、フランスのデュマ社(FINANCIERE BERNARD DUMAS S.A.S)を買収し、同社の高度な鉛蓄電池用セパレータ素材の製造技術などの相互活用を発表したものの、反応は限定的になった。北越紀州製紙は大王製紙<3880>(東1)の大株主になったばかりで、市場には、株価材料として、大王製紙との新展開が期待されているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

日産自動車は米国の景況指数など好感し反発

 日産自動車<7201>(東1)は4日、反発となり、11時にかけては669円(23円高)前後で堅調。対ドル・ユーロとも円安基調になり、米国でISM非製造業景況指数が好調だったことも材料視された。ただ、昨日は、中国の購買関連指数を材料に、日系メーカーの中では中国のシェアが高いことなどが敬遠され、一時643円まで下げて年初来の安値を更新。米国・中国に揺さぶられやすい状況はしばらく続くとの見方はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

三菱地所が日銀の政策会合など材料に1500円を回復し高値に迫る

 三菱地所<8802>(東1)は4日、続伸となり、朝寄り後に1512円(51円高)をつけて4日ぶりに1500円台を回復。9月28日の年初来高値1530円に向けて出直りを強める相場になった。日銀による外債購入案が伝えられ、デフレ脱却の一策として期待があるほか、日銀の金融政策決定会合が本日・4日から5日にかけて予定され、これも材料視されている。10時20分には2.5%高の1497円(36円高)。この銘柄にしては値動きの活発さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

スーパーのイズミが好業績と増配・自社株買いを好感し値上がり率2位

 広島・岡山などでスーパーを展開するイズミ<8273>(東1)は4日、大幅高となって年初来の高値に進み、10時10分には17.8%高の1927円(291円高)。値上がり率で東証1部の2位となった。昨日発表した第2四半期の連結決算(3月〜8月)が好調で、配当予想を増額。また、自社株買い(自己株式の取得)を発表したため、ストレートに好感されている。配当は、好業績を踏まえ、8月中間配・2月期末配とも、各々従来予想の12円から18円とし、年間では36円に増額。前期は年間で20円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース

ローソンは第2四半期好調で増配も好感し急反発

 ローソン<2651>(東1)は4日、反発の始まりとなり、5850円(80円高)で寄った後は5870円をつけて堅調。昨日発表した第2四半期の連結決算(3〜8月)が好調で、2月期末の配当予想を増額したことが好感された。2月期末の配当予想は、これまでの95円予想を100円に増額。また、第2四半期の純利益は前年同期比約99%増の約178億円となり、上期期としては過去最高を更新した。株価は8月に6170円の高値があり、まずは6000円台回復に期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

本日新規上場の日本コンセプトは公開価格を下回り938円で初値

 本日、新規上場となったタンクコンテナ輸送の日本コンセプト<9386>(JQS)は買い気配で始まった後、一転、売り先行になり、公開価格1020円に対し、9時20分に938円で売買成立、初値をつけた。今期・2012年12月期の予想純利益は前期比4.9%増の5.6億円、予想1株利益は139円07銭。ややモノ足りなさがあったようだ。公募45万株、売り出し株数は最大95万4100株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

本日新規上場の日本コンセプトは買い気配で始まり好発進

 4日、新規上場となったタンクコンテナ輸送の日本コンセプト<9386>(JQS)は好調なスタートとなり、9時5分現在は公開価格と同じ1020円で買い気配。タンクコンテナを使用した国際輸送を行ない、公募45万株、売り出し株数は最大95万4100株。今期・2012年12月期の業績予想は、今期・2012年12月期の業績予想は、売上高が前期比4.4%増の78億円、営業利益は同4.0%増の13.1億円、純利益は同4.9%増の5.6億円、予想1株利益は139円07銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース