[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/05)グリーは国際人気ゲーム「ビジュエルド」への期待で値上がり率3位
記事一覧 (06/05)日ハムは信用売りの買い戻し厚くUBS証券の積極評価もあり続伸
記事一覧 (06/05)三協・立山ホールディングスは増・減額交錯の3回目の業績修正で割安株買いが再燃し反発
記事一覧 (06/05)三菱UFJフィナンシャルGは少額資金で「腕試し」や「勝ちグセ」狙う
記事一覧 (06/05)パイプドビッツ 薬剤・医療材料の共同購入プラットフォーム「JoyPlaR」発表
記事一覧 (06/05)ファーストリテイは5月月次売上高のマイナス幅が悪化し急続落
記事一覧 (06/05)イオンファンタジーは「月次」計画通りで伸び悩むがカードやメダルも好調
記事一覧 (06/05)コマツはCS証券の目標株価引き下げと伝わるが円高一服を受け堅調
記事一覧 (06/05)理想科学工業は3回目の自己株式取得終了で材料出尽くし感を強めもみ合い
記事一覧 (06/05)【話題株】Uアローズは月次売上高続伸で連続最高純益を見直し急反発
記事一覧 (06/05)「二番底」形成のGMOクラウド急反発、業績も好調
記事一覧 (06/05)イワキ小反発、利回り3.7%で押し目買い、PERも割安
記事一覧 (06/05)ファースト住建は2Q好決算で通期最高純益を買い直し4営業日ぶりに急反発
記事一覧 (06/05)オムロンは新工場を材料に1500円前後の下支えを意識し急反発
記事一覧 (06/05)ファーストリテイリングは急続落、5月月次売上高のマイナス幅が悪化を嫌う
記事一覧 (06/05)キヤノンは急反発!2回目の自己株式取得にADR高オン
記事一覧 (06/05)三協・立山HDは反発、増・減額交錯の3回目の業績修正で割安株買いが再燃
記事一覧 (06/05)ピジョンは急反発!1Q業績がV字回復、割安株買いが再燃
記事一覧 (06/05)理想科学工業はもみ合い、3回目の自己株式取得終了で材料出尽くし感
記事一覧 (06/05)任天堂は米国のゲーム展示で新製品を披露と伝えられ続伸
2012年06月05日

グリーは国際人気ゲーム「ビジュエルド」への期待で値上がり率3位

■米エレクトロニック・アーツ社のゲームを配信と発表

 グリー<3632>(東1)は5日の後場一段高となり、大引け間際に1260円(164円高)まで上昇。終値も1253円(157円高)となり、値上がり率14.3%で東証1部の3位に入った。午後、米エレクトロニック・アーツ社(カリフォルニア州)の「PopCap」ブランドが送る国際的な人気ゲーム「ビジュエルド」のAndroid・iOS端末向けネイティブアプリ「ビジュエルド伝説」を同日から日本向けに提供開始すると発表し、期待が高まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

日ハムは信用売りの買い戻し厚くUBS証券の積極評価もあり続伸

■目標株価を1000円から1300円に引き上げたと伝わる

 日本ハム<2282>(東1)は5日の後場、一段上値を追う相場になり、978円(29円高)まで上げて終値も974円(25円高)。UBS証券が目標株価を1000円から1300円に引き上げたと伝えられ、2日続伸で出直りを強める相場になった。信用売り残が膨れており、買い残の2倍近い水準。昨日は朝方の923円を下値に切り返して終値は949円と堅調で、信用売りの買い戻しが活発だった模様。本日は、同証券の評価を受けて、この地合いが継続したようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

三協・立山ホールディングスは増・減額交錯の3回目の業績修正で割安株買いが再燃し反発

 三協・立山ホールディングス<3432>(東1)は5日、3円高の126円まで上げて3営業日ぶりに反発した。前日4日大引け後に3回目となる2012年5月期業績の修正を発表、上方修正と下方修正が交錯したが、純利益のV字回復は変わらないとして、極低位値ごろの割安株買いが再燃した。

 5月期業績は今年1月、4月と上方修正されたが、その4月増額値をさらに修正した。売り上げを10億円、経常利益を4億円それぞれ引き上げたが、純利益は12億円引き下げた。経常利益は、80億円(前期比24%増)と大幅続伸し、純利益は、40億円(同6.2倍)と増益転換率を縮める。

 建材事業で東日本大震災の復興需要や住宅エコポイント制度再開などで需要が拡大し売り上げ、経常利益は上ぶれるが、純利益は、保有有価証券のうち時価が著しく下落しているものについて評価損13億7000万円を計上して下方修正となった。

 株価は、4月の業績再上方修正で大震災の復興需要関連株人気を高めて年初来高値172円まで買い進まれ、全般相場の急落とともに年初来安値115円目前の120円台まで調整した。極低位材料株思惑を再燃させ、PER9倍台、PBR0.8倍の割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:00 | 株式投資ニュース

三菱UFJフィナンシャルGは少額資金で「腕試し」や「勝ちグセ」狙う

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)は後場、次第高となり、14時30分過ぎには340円(9円高)。全体相場が反発に転じ、含み損の拡大がストップした上、ユーロなどの問題を巡り、主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁が5日に電話協議を行なうと伝えられ、期待が広がった。100株銘柄のため、数万円から投資でき、このところの冴えない相場で成果がふるわない投資家にとっては、少額資金で「腕試し」ができ、「勝ちグセ」をつけることもできる妙味があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース

パイプドビッツ 薬剤・医療材料の共同購入プラットフォーム「JoyPlaR」発表

■医療×クラウドで中小病院経営を支援、6ヶ月間「固定費タダ」キャンペーンの受付を開始

 情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供するパイプドビッツ<3831>(東マ)は、中小病院向け、薬剤・医療材料共同溝入プラットフォーム「JoyPlaR(ジョイプラ)」を発表し、2012年7月2日よりサービスを開始する。
 本日(6月5日)から6月29日までの期間限定で、「JoyPlaR」に事前申込すると、6ヶ月間固定費を無料で利用できる『オープニング限定「固定費タダ」キャンペーン』も実施している。
 62%の病院が赤字経営に陥いる中、病院運営に係る費用の54%を占める人件費については、施設基準、人員配置基準を満たす為に一定数の人員が必要であることと、看護師や医師不足のため人員当たりの給与を下げにくいことから、削減することが難しい状況にある。次いで費用の26%を占める薬品費・材料費の削減を行うことが病院経営改善の鍵となる。しかし地域医療を支える中小病院は、医薬品や医療材料に関しての価格交渉力を発揮できず、経費削減の余地は限られたものとなっている。
 パイプドビッツは、薬剤・医療材料共同購入プラットフォーム「JoyPlaR」を通して、参画する中小病院をとりまとめることで、スケールメリットを活かした交渉で納入価格削減を実現し、中小病院のコストダウンに貢献していく。
 
「JoyPlaR」の4つの特徴

(1)コストダウンで経営改善へ

 指定する商品しか購入できない従来の共同購入と異なり、Web上で自由に商品を選択するだけで、薬剤・医療材料のコストダウンを図ることが可能。パイプドビッツが参画病院代理として、スケールメリットを活かした価格交渉を行う。価格の変更は即時購入価格へ反映。価格交渉の手間を削減しながら、リアルタイムに安価な薬剤・医療材料を購入することができる。

(2)簡単発注 複数の卸企業への発注も

 「JoyPlaR」を利用すれば、1回の操作で対象の卸企業全件へ自動発注が可能。個別発注がなくなる分、毎日の発注業務の手間を削減することができる。

(3)リアルタイムに情報収集。大手病院並みの情報力を発揮

 メーカーの割引情報、価格情報、研修会等の付加サービス情報、新製品情報等、様々な情報を届ける。メーカーからの情報をダイレクトに知らせることで、商品を正しい使用方法で利用できる等、情報力を強化することができる上、医療事故防止や技術力強化が期待できる。

(4)クラウド×医療のメリットを享受

 「JoyPlaR」は、クラウド型の特長として、初期費用を抑えられることに加えて、メンテナンスは不要、価格をはじめとする商品情報はリアルタイムで反映され、複数担当者による同時発注も可能。クラウドサービスの特性を活かした様々なメリットを享受することができる。

 パイプドビッツは、今後3年間で、「JoyPlaR」参画病院数400、「JoyPlaR」取り扱い商品流通量150億円を目指すとしている。
 また、「JoyPlaR」は、パイプドビッツが提供する情報資産プラットフォーム「スパイラルR」を基盤に開発・提供されている。多機能な「スパイラルR」を活用した新しいサービスを企画、提供することを通して、地域医療を支える中小病院経営に貢献。

>>パイプドビッツのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:40 | 株式投資ニュース

ファーストリテイは5月月次売上高のマイナス幅が悪化し急続落

ユニクロ ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、1540円安の1万6070円まで下げて急続落している。前日4日大引け後に今年5月の国内ユニクロ事業の月次売上推移速報を発表、既存店売上高が続落し、前月4月よりマイナス幅を悪化させたことを嫌い利益確定売りが増勢となっている。

 5月月次売上は、既存店が前年同月より10.3%減と2カ月連続の減少となり、マイナス幅は前月の6.8%減から悪化した。この直営店にダイレクト販売を加えた合計でも、6.9%減と前月の2.8%減より落ち込んだ。ゴールデンウィークや下旬に実施した誕生感謝祭の販売は好調に推移したが、中旬は気温低下で夏物の動きが鈍化し、休日が、前年同月より2日少なかったことも響いた。

 株価は、毎月発表の月次売上の増減に一喜一憂し、今年3月の銀座旗艦店開店をテコに年初来高値1万9510円まで買い進まれ、今年4月発表の今8月期業績の上方修正・増配では織り込み済みとして高値もみ合いとなり、信用取組は株不足と逆日歩のつく信用好需給となった。強弱感の綱引きが続くなか、売り方の買い戻しと綱引きしつつ下値再確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

イオンファンタジーは「月次」計画通りで伸び悩むがカードやメダルも好調

 イオンファンタジー<4343>(東1)は後場伸び悩み、14時にかけては1167円(4円安)。朝方は1190円(19円高)と続伸したものの、10時30分に発表した月次動向(5月の営業概況)が全店売上高は前年同月比6.9%増となり、第1四半期はおおむね計画通りとしたため、肩透かし感が広がったようだ。ただ、5月は全体に好調で、幼児向け時間制遊具グループの売上高は同22.7%増、カードグループは同24.4%増、メダルグループは同11.8%増だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:57 | 株式投資ニュース

コマツはCS証券の目標株価引き下げと伝わるが円高一服を受け堅調

 コマツ<6301>(東1)は5日の後場も堅調で、13時過ぎには1770円(17円高)前後で推移。本日は、クレディ・スイス(CS)証券が目標株価を3000円から2000円に引き下げたと伝えられたものの、円高基調の一服を好感する相場になった。円相場については、ブルームバーグ通信の報道として、主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁が5日に電話協議を行なうと伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 株式投資ニュース

理想科学工業は3回目の自己株式取得終了で材料出尽くし感を強めもみ合い

 理想科学工業<6413>(東1)は5日、29円安の1292円まで下げたあと、前日終値をはさんでもみ合いとなっている。前日4日大引け後に今年5月に取締役会決議した昨年から合計3回目となる自己株式取得の終了を発表、材料出尽くし感を強めて利益確定売りが増勢となっている。ただ安値後は、下げ幅を縮めている。

 同社の自己株式取得は、昨年7月に取締役会決議した自己株式取得を8月26日に終了するとともに、2回目に自己株式取得を取締役会決議し、9月8日にこの取得を終了した。3回目の自己株式取得は、3月期決算発表時の今年5月に取締役会決議され、取得上限80万株(発行済み株式数の3.31%)、取得総額10億円を予定しており、これに対応して、6月1日までに79万1400株、9億9997万円を取得して終了した。

 この間、株価は、今3月期経常利益が、28億円(前期比35%減)と続落、純利益が、30億円(同3%増)と伸び悩みを予想したものの、自己株式取得を好感して年初来高値1484円まで400円幅の底上げをした。PERは10倍台、PBRは0.5倍と割安だが、押し上げ効果を高めた自己株式取得終了で前2回の取得終了時と同様にいったんは下値再確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

【話題株】Uアローズは月次売上高続伸で連続最高純益を見直し急反発

話題株 ユナイテッドアローズ<7606>(東1)は5日、39円高の1907円まで上げて3営業日ぶりに急反発し、5月31日につけた年初来高値1960円を射程圏に捉えている。

 前日4日大引け後に発表した今年5月度の月次売上高が、連続の2ケタ増となり、月次売上高が、連続マイナスとなった同業他社のファーストリテイリング<9983>(東1)と対照的に好調に推移したことから、同社の今3月期純利益の連続過去最高更新を見直し割安株買いが再燃しており、円高進行に伴うSPA(製造小売り)としての円高メリット、5月22日開業の東京スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」などへの積極出店なども再度、意識されている。

 5月度の月次売上高は、小売のネット通販合計の既存店が、1.6%増と連続して前年同月を上回り、全社売上高も、10.3%増と同じく連続2ケタ増となった。シャツ、ニットなどの春物、初夏物衣料に加えクールビズ衣料にも動きが出たことが要因で、月後半の気温上昇で盛夏衣料の売り上げも拡大し、休日が2日少ない減収要因を吸収した。

 一方、同社の業績は、前期業績を2回上方修正し、純利益が、50億1600万円(前々期比39%増)と6期ぶりに過去最高を更新したが、今期も64億1400万円(前期比27%増)と続伸が予想されている。

 高速道路のサービスエリア、「東京ソラマチ」、駅ナカ商業施設などへの積極出店を続け、品揃えと精度向上の取り組みを強化、海外生産を中国からベトナムへシフトし生産性をアップすることなどが寄与する。

 株価は、前期第3四半期の好決算に前期業績の再上方修正、期末配当の増配が加わって1932円まで300円高、今期業績の連続最高予想では材料出尽くしで長大下ヒゲでほぼ往って来いの下値を確認、切り返して高値を取った。高値抜けからPER9倍台の割安修正で5年ぶりの2000円大台回復も想定範囲内となってくる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

「二番底」形成のGMOクラウド急反発、業績も好調

 GMOクラウド<3788>(東マ)は、850円高の4万0850円と5日ぶりに急反発。4日(月)の安値は3万9900円をつけたものの、5月16日の安値3万9500円を割り込まなかったことで「二番底」形成の見方が台頭。

 社名に「クラウド」を採りいれた現社名へ変更してから1年、早くも知名度アップによる効果が出ている。今12月期・第1四半期において営業利益は第2四半期予想に対し75%の達成率と好調で通期業績への増額期待が強い。4万5000円どころに位置する30日線を抜けば、本格的な戻り相場が期待できそうだ。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

イワキ小反発、利回り3.7%で押し目買い、PERも割安

 イワキ<8095>(東1)は、2円高の163円と小反発。全般相場安から同社株も4日(月)には161円と年初来安値をつけたものの、年6円配当に対する利回りが3.7%と高いことから押し目買いも入ってきた。しかも、今11月期の予想1株利益20.7円でのPERも7倍台と割安。年初来高値は213円(2月23日)で高値からの下げ率もそれほど大きくはない。とくに、2011年3月の東日本大震災の時につけた安値133円に対しては大きく上に位置する。直ちに大きく活躍することは難しいとしても全般相場が落ち着けば下値切り上げ相場になるものとみられる。

>>イワキのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:04 | 株式投資ニュース

ファースト住建は2Q好決算で通期最高純益を買い直し4営業日ぶりに急反発

 ファースト住建<8917>(大2)は5日、19円高の623円まで上げて4営業日ぶりに急反発し、5月15日につけた年初来安値593円に並ぶ安値水準から底上げしている。前日4日大引け後に今10月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、期初予想通りに増益転換して着地したことから、10月通期純利益の6期ぶりの過去最高純利益を見直し割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:02 | 株式投資ニュース

オムロンは新工場を材料に1500円前後の下支えを意識し急反発

 オムロン<6645>(大1)は5日、急反発となり、1550円(59円高、主市場・大証の値段)まで上げた後も堅調で、11時現在は1543円(52円高)。ブラジルで9月に自動車部品の新工場を稼働すると今朝の日本経済新聞が伝えたことを材料に、昨日までの4日続落から一気に出直る相場になった。昨日は、全体相場の大幅安もあり、一時1475円まで下げて年初来の安値を更新。ただ、今年1月、2月にも1500円前後で下げ止まっているため、値ごろ感が働いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは急続落、5月月次売上高のマイナス幅が悪化を嫌う

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、1080円安の1万6530円まで下げて急続落している。前日4日大引け後に今年5月の国内ユニクロ事業の月次売上推移速報を発表、既存店売上高が続落し、前月4月よりマイナス幅を悪化させたことを嫌い利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:01 | 株式投資ニュース

キヤノンは急反発!2回目の自己株式取得にADR高オン

 キヤノン<7751>(東1)は5日、117円高の3010円まで上げて5営業日ぶりに急反発し、前日ザラ場につけた年初来安値2880円から底上げしている。前日4日大引け後に、今年2月に続き今12月期では2回目となる自己株式取得を発表、下げ過ぎ訂正買いが再燃している。前日の米国市場で、同社ADR(預託証券)が、東京市場の終値に対して119円高(円換算値)で引けたこともサポートしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

三協・立山HDは反発、増・減額交錯の3回目の業績修正で割安株買いが再燃

 三協・立山ホールディングス<3432>(東1)は5日、3円高の126円まで上げて3営業日ぶりに反発している。前日4日大引け後に3回目となる2012年5月期業績の修正を発表、上方修正と下方修正が交錯したが、純利益のV字回復は変わらないとして、極低位値ごろの割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

ピジョンは急反発!1Q業績がV字回復、割安株買いが再燃

 ピジョン<7956>(東1)は5日、110円高の3175円まで上げて3営業日ぶりに急反発し、5月7日につけた年初来高値3265円を視界に捉えている。前日4日大引け後に今1月期第1四半期(1Q)決算を発表、V字回復して、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対して高利益進捗率を示したことを評価して割安株買いが再燃しており、売り方の買い戻しも騰勢に弾みをつけている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

理想科学工業はもみ合い、3回目の自己株式取得終了で材料出尽くし感

 理想科学工業<6413>(東1)は5日、29円安の1292円まで下げたあと、前日終値をはさんでもみ合いとなっている。前日4日大引け後に今年5月に取締役会決議した昨年から合計3回目となる自己株式取得の終了を発表、材料出尽くし感を強めて利益確定売りが増勢となっている。ただ安値後は、下げ幅を縮めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

任天堂は米国のゲーム展示で新製品を披露と伝えられ続伸

 任天堂<7974>(大1)は5日も堅調で、9080円(60円高、主市場・大証の値段)で始まった後は9340円(320円高)をつけて続伸基調。材料としては、引き続き米国で6月5日から開催されるゲーム展示会「E3」(エレクトリック・エンターテインメントEXPO・ロサンゼルス)に期待があり、本日は、年末に発売する新型家庭用ゲーム機「Wii U」に、カーナビゲーションや電子書籍などの機能を搭載し、「E3」で岩田聡社長が新型機の概要などを発表すると日本経済新聞が報道したことを材料視する相場になった。年初来の安値は5月24日の8700円。昨日は全体相場が大幅安にもかかわらず、これを割らず堅調だった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース