[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/22)フリービットは急反発!自己株式取得で下げ過ぎ訂正買いが再燃
記事一覧 (06/22)アゼアスは3連騰!東証第2部上場承認で下げ過ぎ訂正買いが膨らむ
記事一覧 (06/22)ソフトバンクは大規模ソーラー発電事業を材料に連日高値
記事一覧 (06/22)本日新規上場のハピネス・アンド・ディは2202円で初値
記事一覧 (06/22)新規上場の大泉製作所は400円で初値!公開価格を14%上回る
記事一覧 (06/22)オリンパスはソニーとの提携で最終調整とされ堅調反発
記事一覧 (06/22)本日新規上場の大泉製作所も買い気配で始まる
記事一覧 (06/22)本日新規上場のハピネス・アンド・ディは買い気配で始まる
記事一覧 (06/21)キユーピーが調味料やサラダ・惣菜など好調で上期の業績予想を増額修正−−引け後のリリース
記事一覧 (06/21)【注目のリリース】日用品のあらたが関西地区の強化を推進
記事一覧 (06/21)【注目のリリース】佐渡汽船が地元の観光会社の再生を支援
記事一覧 (06/21)【銘柄フラッシュ】アルバックやブイ・テクノロジーが高くスターフライヤーは高値更新
記事一覧 (06/21)セブン&アイ・ホールディングスは「全国食品スーパー売上高」受け軟調
記事一覧 (06/21)上場2日目の日本エマージェンシーアシスタンスはストップ高
記事一覧 (06/21)アルバックはリストラ進展や電力買い取り制度など材料にストップ高
記事一覧 (06/21)スターフライヤーは日本航空の上場人気に乗る期待あり高値更新
記事一覧 (06/21)東和薬品は6営業日続伸し連日の高値更新、連続減益業績織り込む
記事一覧 (06/21)【話題株】EMCOMは汚染土壌処理システムの国際特許出願をハヤし続急伸
記事一覧 (06/21)コマツは中国の景気指数の鈍化に反応薄く後場も堅調
記事一覧 (06/21)豊田合成はLED関連人気で連日高値更新
2012年06月22日

フリービットは急反発!自己株式取得で下げ過ぎ訂正買いが再燃

 フリービット<3843>(東マ)は22日、26円高の480円まで上げて急反発している。前日21日大引け後に自己株式取得を発表、今4月期業績の大幅続伸予想業績を見直し下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

アゼアスは3連騰!東証第2部上場承認で下げ過ぎ訂正買いが膨らむ

 アゼアス<3161>(JQS)は22日、57円高の477円まで上げて3日続伸し、6月19日に顔合わせした年初来安値400円からの底上げを鮮明化している。

 前日21日大引け後に東京証券取引所から6月28日付けで東証第2部への新規上場を承認され、ジャスダック市場(スタンダード)との重複売買が可能となったと発表。

 上場に際して新株式発行などの希薄化材料を伴わないことから売買活発化、認知度向上を期待して下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは大規模ソーラー発電事業を材料に連日高値

 ソフトバンク<9984>(東1)は22日、続伸の始まりとなり、朝方2712円(15円高)まで上げ、3日続けて年初来の高値に進んだ。大規模ソーラー発電事業を進めており、7月から始まる電力買い取り制度の関連銘柄。ユーロ安・円高の影響を受けにくい点で、消去法的な妙味もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | 株式投資ニュース

本日新規上場のハピネス・アンド・ディは2202円で初値

 22日、新規上場となったハピネス・アンド・ディ<3174>(JQS)は買い気配で始まる好スタートとなり、9時30分に公開価格1900円を約16%上回る2202円で売買が成立し、初値をつけた。その後2280円まで上昇。輸入物のセレクトショップ「ブランドショップ ハピネス」を運営。業績は好調で、今8月期の業績予想(単体)は、売上高が前期比13.2%増の156.66億円、営業利益は同38.5%増の6.07億円、純利益は同39.0%増の3.01億円。公募株数は30万株、売出株数は需要に応じて最大4万5000株のみ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

新規上場の大泉製作所は400円で初値!公開価格を14%上回る

 本日、新規上場となった大泉製作所<6618>(東マ)は買い気配で始まる好スタートとなり、9時22分に400円(公開価格は350円)で売買が成立し、初値をつけた。半導体セラミックス系の電子部品を開発・製造・販売し、公開価格でのPERが約8倍と高くない点が注目されている。公募株数は30万株、売出株数は22万2000株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

オリンパスはソニーとの提携で最終調整とされ堅調反発

 オリンパス<7733>(東1)は22日、反発の始まりとなり、1186円(16円高)で寄ったあと1228円(58円高)。ソニー<6758>(東1)との提携で最終調整に入り、500億円規模の出資を受けるといった観測が今朝の日本経済新聞などで伝えられたことが材料になった。ただ、本日はNY株の250ドル安を受けて全体相場が反落のため、9時25分には1193円(23円高)と伸び悩んでいる。ソニーも堅調続伸。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

本日新規上場の大泉製作所も買い気配で始まる

 22日、新規上場となった大泉製作所<6618>(東マ)は買い気配で始まる好スタートとなり、9時5分現在は、公開価格350円と同じ350円の買い気配。半導体セラミックス系の電子部品を開発・製造・販売し、公開価格でのPERが約8倍と高くない点が注目されている。公募株数は30万株、売出株数は22万2000株。2013年3月期の連結業績予想は、売上高を前期比4.4%増の116.06億円、営業利益を同12.4%増の4.8億円とし、純利益は同13.2%増の2.47億円、1株利益は44円22銭としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

本日新規上場のハピネス・アンド・ディは買い気配で始まる

 22日、新規上場となったハピネス・アンド・ディ<3174>(JQS)は買い気配で始まる好スタートとなり、9時3分現在は、公開価格1900円と同じ1900円の買い気配。輸入物のセレクトショップ「ブランドショップ ハピネス」を運営し、今8月期の業績予想(単体)を、売上高は前期比13.2%増の156.66億円、営業利益を同38.5%増の6.07億円、純利益は同39.0%増の3.01億円と2ケタ増益の見込みとしている点に期待が集まっている。公募株数は30万株、売出株数は需要に応じて最大4万5000株のみ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2012年06月21日

キユーピーが調味料やサラダ・惣菜など好調で上期の業績予想を増額修正−−引け後のリリース

■株価はダブルボトムを形成し「押し目買い」に転換

引け後のリリース、明日の1本 キユーピー<2809>(東1)は21日の大引け後、第2四半期累計期間の連結業績予想(2011年12月〜12年5月、上期)を増額修正し、売上高は2460億円から2483億円に、営業利益は108億円から116億円に引き上げた。調味料・加工食品事業やサラダ・惣菜事業の販売が比較的好調だったことや、鶏卵市況が安定的に推移したことなどが要因。純利益の見込みは、東日本大震災の保険金の受け取りや、連結子会社株式の追加取得に関連する負ののれん発生益などにより、59億円から71億円に引き上げた。決算発表は7月2日の予定。

 株価は5月末の1087円、6月14、18日の1090円を下値に下げ止まり、持ち直す相場。本日は1141円(9円高)まで上げて戻り高値に進み、終値も1139円(7円高)。いわゆるダブルボトム(2点底)を形成し、投資姿勢は「戻り売り」から「押し目買い」に転換したとの見方が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日用品のあらたが関西地区の強化を推進

■市野の株式取得を発表

 日用品の卸大手・あらた<2733>(東1)は21日の大引け後、関西地区の家庭用品部門の強化などを目的に、家庭用雑貨の卸売業・市野株式会社(大阪府)を子会社化すると発表した。株式の取得先につきましては、市野株式会社の株主である市野吉猛氏および他3名から全ての株式を取得する予定。基本合意契約締結は6月21日。株式譲渡日などは決定しだい公表するとした。

 あらたの株価は3月から5月にかけて280円近く上昇し、その後は約140円の下落にとどまり、本日の終値は389円(1円安)。TOPIX(東証株価指数)などに比べて調整が浅く、PBR0.6倍台の割安感も材料になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】佐渡汽船が地元の観光会社の再生を支援

■環境省は放鳥トキのひな8羽すべて巣立ったと発表

 佐渡汽船<9176>(JQS)は21日の大引け後、小木直江津航路(佐渡ヶ島〜直江津市)などで食堂および土産品販売施設を運営する小木観光(新潟県佐渡市)の経営基盤強化に向けてスポンサー契約を結ぶと発表した。小木観光は3月7日付けで民事再生手続開始の申立てを行ない、再生計画案の認可確定を条件として、株式を引き受け、連結子会社とする予定。
業績に与える影響は、現時点において軽微となる見込みとした。

 本日の株価は276円(1円高)で始まった後ジリ高となり、終値は本日高値の292円(17円高)。6月15日には246円の安値をつけたものの、一気に持ち直す相場になった。

 環境省は21日、新潟県佐渡市で誕生した放鳥トキのひな2羽が巣立ったと発表。今季誕生した8羽がこれですべて巣立ったとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】アルバックやブイ・テクノロジーが高くスターフライヤーは高値更新

 21日後場は、中国の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が鈍化と伝えられたため、中国景気敏感株の代表格ファナック<6954>(東1)が軟調に転換し0.9%安。ユニ・チャーム<8113>(東1)も軟化し1.7%安。ただ、トヨタ自動車<7203>(東1)は売買代金1位のまま堅調で1.2%高。ソフトバンク<9984>(東1)はソーラー発電事業を材料に売買代金2位となり高値更新の2.9%高。

 全日本空輸<9202>(東1)が戻り高値更新の2.2%高、スターフライヤー<9206>(東2)は高値更新の4.0%高。日本航空が東証に株式上場を申請と伝えられ、再上場人気に乗る期待が広がった。

 大王製紙<3880>(東1)は創業家から北越紀州製紙<3865>(東1)が株式を取得する形で筆頭株主になるとの観測を材料に朝方は連日の戻り高値となり、大引けは1円高の0.2%高。北越紀州製紙も戻り高値に進み1.7%高。

 東証1部の値上がり率1位はシー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>(東1)の19.2%高となり3〜5月の第1四半期決算に期待ありとされて5月9日以来の100円台回復となり19.2%高、2位は資格取得事業などのTAC<4319>(東1)となりPER5倍前後の割安感などがいわれて出直り急の15.5%高、3位にはアルバック<6728>(東1)の15.5%100円ストップ高が入り希望退職者の募集が予定を上回ったとの発表や太陽電池製造装置を材料に急伸。

 ブイ・テクノロジー<7717>(東1)は次世代の液晶検査装置に期待といわれて戻り高値の12.2%高となり値上がり率4位。新日本無線<6911>(東1)日本無線<6751>(東1)ともども日清紡ホールディングス<3105>(東1)系で資本関係を巡る思惑再燃と11.2%高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:13 | 株式投資ニュース

セブン&アイ・ホールディングスは「全国食品スーパー売上高」受け軟調

セブン&アイ・ホールディングス セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は21日の後場、小安い相場になり、14時にかけて2311円(13円安)まで軟化し、終値は2317円(7円安)。午後、日本スーパーマーケット協会などの業界3団体が発表した5月の全国食品スーパー売上高が伝えられ、速報値で既存店は前年同月比1.3%減となり、3カ月連続の減少と伝えられたことが響いたようだ。朝方は堅調で2337円(13円高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:11 | 株式投資ニュース

上場2日目の日本エマージェンシーアシスタンスはストップ高

 20日、新規上場となった医療関連サービス業の日本エマージェンシーアシスタンス<6063>(JQS)は21日も上値を追う相場になり、前引けにかけてストップ高の1610円(300円高)に達したまま、後場も14時435分過ぎまでストップ高気配を継続している。救急搬送や医療関連の通訳など、医療アシスタンスサービスが主事業。12月期の連結業績予想は、売上高が前期比20.7%増、営業利益が同49.4%増、純利益は同15.5%減を見込む。1株利益は128円98銭の見込み。公開価格は1100円で、昨日1400円で始まった後も1275円を下値に強かった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

アルバックはリストラ進展や電力買い取り制度など材料にストップ高

 真空装置のアルバック<6728>(東1)は21日の後場一段高となり、ストップ高の750円(100円高)。昨日、希望退職者の募集が予定を上回ったと発表し、リストラの進展に期待が集まった上、太陽電池の製造装置が、自然エネルギー発電による余剰電力の買い取り制度に関連すると注目された。また、需給面では、信用売り残に逆日歩が発生し、買い戻しが入りやすい状態の中で、株価が昨日までのジリ高基調から一気に棒立ち型の急伸となったため、一段と買い戻しが増加する期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

スターフライヤーは日本航空の上場人気に乗る期待あり高値更新

 スターフライヤー<9206>(東2)は21日の後場も「高度」を上げる相場になり、13時40分を回って2380円(100円高)まで上昇。3日続けて年初来の高値を更新した。ライバルのスカイマーク<9204>(東マ)に先頃、苦情処理の窓口を巡る件が発生したため、資金シフトがある上、本日は、が東証に株式上場を申請と伝えられ、再上場人気に乗る期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

東和薬品は6営業日続伸し連日の高値更新、連続減益業績織り込む

 東和薬品<4553>(東1)は21日、後場上げ幅を拡大し110円高の4400円まで上げて6営業日続伸し、連日の年初来更新となっている。前3月期業績の下方修正、前々期の過去最高純利益からの減益転換で売り込まれた年初来安値3045円から自己株式取得で底上げし、今期業績の連続減益を発表したが、市場コンセンサスを上回るとして年初来高値まで4割高しているが、なおPERは14倍台として内需割安株買いが増勢となっており、売り方の買い戻しも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:56 | 株式投資ニュース

【話題株】EMCOMは汚染土壌処理システムの国際特許出願をハヤし続急伸

話題株 EMCOMホールディングス<7954>(JQS)は21日、19円高の73円まで上げて続急伸し、5月16日につけた年初来安値39円から底上げ、ジャスダック市場の値上がり率ランキングのトップに躍り出ている。

 前日20日に発表した放射性物質に汚染された土壌を除染する「汚染土壌処理システム」について、共同研究していた日本大学工学部などとともに、国際特許出願の手続きを完了したと発表、極低位値ごろ株思惑を拡大し買い増勢となっている。

 汚染土壌処理システムは、同社が今年4月に開始を公表した資源流通事業のうち、大韓民国全羅北道群山市の鉱山で産出する千枚岩(フィライト)を特殊吸着材として水循環装置の濾過槽に使用、特殊エジェクターにより分離した粘土粒子からセシウムに汚染された土壌を高速で除染する。

 同システムの特許技術を6月13日付けで日本大学産官学連携知財センターを通じて国際特許出願の手続きを完了、今後は、原発事故で土壌が汚染された福島県各地の汚染土壌の処理に利用が見込まれるとしている。

 同社は、外国為替証拠金取引の規制強化で業績が悪化するなか、格闘技事業、旅行業、資源流通事業など新規事業に相次いで参入、今年5月には格闘技事業、旅行業の低調推移から今12月期業績を下方修正、通期純利益が、16億2500万円の赤字(前期は10億3300万円の赤字)と悪化幅を拡大した。

 株価は、このため年初来安値まで急落、底もみを繰り返していた。極低位値ごろも株価材料に底上げ支援となるか、注目を浴びそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

コマツは中国の景気指数の鈍化に反応薄く後場も堅調

 コマツ<6301>(東1)は21日の後場寄り後に一段上値を試し、1953円(18円高)まで上昇。13時過ぎも1940円(5円高)前後で堅調となっている。中国景気に敏感な銘柄の代表格。昼前、中国の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が低下し、前月の確報値(48.4)から0.3ポイント下落と伝えられ、上海株式の前引けが続落と伝えられたものの影響薄となっている。5月30日の1972円を抜けば、下値モミ合いを抜け出す相場が濃厚になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

豊田合成はLED関連人気で連日高値更新

 豊田合成<7282>(東1)は21日、24円高の1746円まで上げて続伸し、連日の年初来高値更新となっている。細野豪志環境大臣が、省エネ対応で関連業界に白熱電球の製造・販売の自粛を要請したことをキッカケに同社株にLED関連株買いが波及しており、今3月期業績のV字回復も見直され割安修正期待も高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:05 | 株式投資ニュース