[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/21)マネーパートナーズGが東証2部に新規上場しJASDAQと2市場体制に
記事一覧 (05/21)【話題株】ソフトバンクは中国アリババ株を巡る思惑で後場一段高
記事一覧 (05/21)【話題株】カナモト堅調、底打ちの気配、「オール投資」が復興大特集で脚光
記事一覧 (05/21)ケンコーコムは「飲料水」材料に大引けストップ高で売買成立
記事一覧 (05/21)三菱電機は午後の経営戦略発表に反応薄い
記事一覧 (05/21)ライトオンは月次動向の発表が迫り後場一段ジリ高
記事一覧 (05/21)小津産業は来期も利益続伸が有力に、アグリ分野の展開が期待材料
記事一覧 (05/21)東武鉄道は明日の「東京スカイツリー」開業を前に5日ぶり反発
記事一覧 (05/21)ソフトバンクは出資先のアリババ・グループの株式公開観測で高い
記事一覧 (05/21)ミクシィは高い!フェイスブックの話題が上場でヤマ越え競合懸念も陳腐化
記事一覧 (05/21)日本橋梁が値上がり率3位など「橋」老朽化と伝えられ橋梁株が高い
記事一覧 (05/21)ファーストリテイリングは中国での本格展開を好感し反発
記事一覧 (05/21)大王製紙は純利益の黒字転換予想など好感し反発
記事一覧 (05/21)プリマハムは中国での合弁展開に期待続き堅調反発
記事一覧 (05/21)ユニバーサルソリューションシステムズは再建へスピードをアップ
記事一覧 (05/21)サンリオは自社株買いを好感し、5日ぶりの急反発
記事一覧 (05/21)グリーは消費者庁の「コンプリートガチャ」見解を受けて安値更新
記事一覧 (05/21)クックパッドは米フェイスブック上場し目先の期待一巡感
記事一覧 (05/19)【話題株】ケンコーコムはミネラルウオーター特需の思惑
記事一覧 (05/19)【話題株】フェイスブック上場に「期待外れ」「伸び悩みで失望」など手厳しい評価
2012年05月21日

マネーパートナーズGが東証2部に新規上場しJASDAQと2市場体制に

■5月28日に東証上場を発表

 東証は21日の大引け後、FX(外為証拠金取引)などのマネーパートナーズグループ<8732>(JQS)を5月28日から東証2部に新規上場すると発表した。同社も東証2部への上場承認を発表し、この日からは、同取引所と大阪証券取引所<8697>(JQS)(JASDAQ市場)の2市場において当社株式の売買が可能となると発表した。

 株価は4月下旬の1万7000円前後から5月16日に1万2680円まで下落。その後は持ち直し、本日の終値は1万3690円(190円高)だった。

 東証は、また、電子部品の鈴木<6785>(JQS)も5月28日から東証2部に上場すると発表。こちらも東証・大証の2市場での売買になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:33 | 株式投資ニュース

【話題株】ソフトバンクは中国アリババ株を巡る思惑で後場一段高

■創業者が米ヤフーから自社株を買い取ると伝えられる

話題株 ソフトバンク<9984>(東1)は21日の後場一段高となり、2355円(56円高)まで上げた後も堅調で、終値は2344円(45円高)と反発。午後、米国ヤフーとともに出資する中国の電子商取引大手アリババ・グループの株式上場観測などが伝えられ、材料視された。大引け後、アリババ・グループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は、米国ヤフーが保有する自社の発行済み株式40%の最大半分を71億ドルで買い取ることになったとロイター通信(上海/ニューヨーク)が伝えた。

 報道によれば、米国ヤフーは、2005年にアリババ株の40%を約10億ドルで取得。21日発表された共同声明によると、米国ヤフーは現金少なくとも63億ドルと、新規発行されるアリババの優先株最大8億ドル分と引き換えに、アリババ保有株の半分を売却することで合意したという。また、残株についても、アリババがIPO(株式公開)を行なう場合などに買い取るなどの合意が形成された模様だ。

 ソフトバンク株は本日、朝寄りの始値2249円を安値に持ち直し、後場一段高。4月の安値2234円と同水準で下げ止まった形のため、おおよその下値メドが確認できたとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | 株式投資ニュース

【話題株】カナモト堅調、底打ちの気配、「オール投資」が復興大特集で脚光

話題株 カナモト<9678>(東1)は、11円高の776円まで買われ、先の714円(5月15日)で底を打ったようだ。「東洋経済のオール投資最新号が復興関連128銘柄の大特集を掲載、復興関連に再び注目が高まっている」(中堅証券)。最新号とは6月1日付け。

 建設機械レンタル最大手の同社が復興関連の有望銘柄であることは言うまでもない。しかも、最近の全国的規模の洪水に関連した需要もある。

 業績は好調。第1四半期(11〜1月)では、前年同期比14.4%増収、営業利益2.1倍。今10月期通期では前期比2.1%増収、営業利益30.1%増益、1株利益41.1円の見通し。配当は年20円の予定。第2四半期は6月8日(金)発表予定で楽しみ。

 利回りは2.57%と魅力的,[PER18.8倍。好業績の復興関連として見直してよいだろう。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | 株式投資ニュース

ケンコーコムは「飲料水」材料に大引けストップ高で売買成立

 健康食品やミネラルウオーターなどのネット通販大手・ケンコーコム<3325>(東マ)は21日の大引けにストップ高の5万5600円(7000円高)で売買成立。埼玉・千葉県の利根川水系の浄水場で基準値を超える化学物質が検出されたことを思惑材料に、朝方からストップ高気配を続けていた。前週17日には、楽天<4755>(JQS)の出資を受け入れ、約40%の株主になる提携を発表している。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:07 | 株式投資ニュース

三菱電機は午後の経営戦略発表に反応薄い

 三菱電機<6503>(東1)は21日の13時30分に経営戦略を発表。株価は反応薄となり、14時30分には616円(9円安)まで軟化する場面があった。数値計画としての業績予想は2012年度までの開示にとどまったため、既に発表済みの3月決算で示した今期予想からサプライズ感がないとの見方があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース

ライトオンは月次動向の発表が迫り後場一段ジリ高

 ライトオン<7445>(東1)は21日の後場一段ジリ高となり、693円(72円高)まで上げた後も680円前後で堅調。前週末の1円高から大きく出直る相場になった。毎月22日から23日頃に月次動向の発表(20日締め)を予定し、期待が広がっている。前回発表の4月の売上高は既存店が前年同月比9.7%増、全店も同9.6%増となり、ともに12月から5カ月連続増加となり好調だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

小津産業は来期も利益続伸が有力に、アグリ分野の展開が期待材料

 小津産業<7487>(東2)は21日、27円高の1297円まで上げて4営業日続伸している。4月2日に1363円の昨年来高値に買い進まれた。以後も高値圏で頑強な動きを続けていたが、5月に入り一段水準を落としての値固め場面に入っている。

 今2012年5月期は営業利益4億2000万円(前期6400万円の損失)と大きく黒字に浮上する見通し。不織布は海外向けは、今5月期スタート当初は光学機器、エレクトロニクス産業向けに堅調な滑り出しを見せた。

 しかし、タイの洪水被害の影響により需要先各社の生産が停滞、後半の売上げが低調に陥った。だが、販売費の減少で利益は増加する。タイの洪水被害が一巡するため、来2013年5月期は主需要先である輸出関連企業の業績持ち直しが想定されており同社にとっての環境は明るい。

 不織布テープの中に種子を封入したシーダテープで種まきを行うアグリ分野では、北東北、北海道地方および九州地方で引き続き販売が好調で、今後の期待材料として注目される。来2013年5月期業績への関心が強まりそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

東武鉄道は明日の「東京スカイツリー」開業を前に5日ぶり反発

 東武鉄道<9001>(東1)は21日の14時現在385円(5円高)。小幅高だが、前売買日までの4日続落・安値更新からは堅調反発となっている。グループ企業が運営する「東京スカイツリー」及び「タウン」が明日22日開業。前週末の日本経済新聞では、東武が見込む「ツリー効果」は15年3月期までの3期累計で117億円になり、今期(2013年3月期)の営業利益は前期比15%増の375億円の見通しだが、9%程度をツリーの効果が支えることになりそうだ、と伝えられ、見直す動きが出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは出資先のアリババ・グループの株式公開観測で高い

 ソフトバンク<9984>(東1)は21日の後場一段高となり、2355円(56円高)をつけたあとも2340円(41円高)前後で堅調。一部で、中国の電子商取引の大手アリババ・グループのIPO(株式公開)観測が伝えられており、ソフトバンクは、米ヤフーとともにアリババ・グループの株主のため、期待が広がった。一説では、アリババ・グループは米ヤフーに対し持ち株の買い取りを打診し合意したとも伝えられた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

ミクシィは高い!フェイスブックの話題が上場でヤマ越え競合懸念も陳腐化

 ミクシィ<2121>(東マ)は21日の後場、一段高となり、16万7800円(7600円高)まで上げた後も16万6000円前後で堅調。米国で18日に株式を上場したフェイスブックの競合銘柄と位置づけられ、このところ下げ基調だったものの、フェイスブックの話題が上場によってヤマを越えたとの見方で競合懸念も陳腐化し、反動高を狙う買いが入っている。交流ゲームで問題視されている「コンプリートガチャ」にも関連するものの、これも、消費者庁が18日に景品表示法違反に当たるとの見解を示したと伝えられ、ひとまず出尽くし感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

日本橋梁が値上がり率3位など「橋」老朽化と伝えられ橋梁株が高い

 日本橋梁<5912>(東1)は21日の後場寄り後に一段上値を追い261円(26円高)。仕手株のイメージが強く、今朝の日本経済新聞で橋などの老朽化が伝えられ、「通行止めの橋が3年間で1.5倍に急増」とされたことを思惑材料に、急反発となっている。13時現在10.6%高で東証1部の。橋梁株は、駒井ハルテック<5915>(東1)宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)などが軒並み高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは中国での本格展開を好感し反発

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は21日、急反発となり、1万7130円(460円高)まで上げた後も1万7000円台で堅調。17日付けで、「ユニクロ」事業の国際展開の一環として中国に子会社を設立と発表したことが好感されている。発表の翌日、18日は全体相場の下落に押されて30円安の1万6670円だったものの、本日は、日経平均の反発とともに上値を追う相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

大王製紙は純利益の黒字転換予想など好感し反発

 大王製紙<3880>(東1)は21日、反発となり、401円(2円高)で寄ったあと430円(31円高)と出直りを拡大する相場になった。18日に2012年3月期の決算を発表し、今期・13年3月期の予想を連結営業利益は28.8%増の135億円とするなど、全面増益に転換する見込みとしたことが好感されている。前期は創業者系の前会長の巨額借り入れ問題の影響があったものの、今期は純利益が黒字転換の見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

プリマハムは中国での合弁展開に期待続き堅調反発

 プリマハム<2281>(東1)は21日、反発の始まりとなり、寄りあとに128円(5円高)をつけた後も125円前後で堅調。売買日ベースで一昨日の17日、中国の食品大手・頂新グループと合弁でハム・ソーセージ事業を開始と発表したことが引き続き期待を集めている。今期・2013年3月期の業績は減収減益を見込むものの、予想1株利益は18円32銭とし、PERは6倍台。東証1部銘柄の平均PER11.8倍との比較では割安感が際立つ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

ユニバーサルソリューションシステムズは再建へスピードをアップ

 ユニバーサルソリューションシステムズ<3390>(JQS)は21日、140円高の4250円と反発しいる。4月17日に5100円の高値を示現した後は整理局面にあるが、押し目買いの流入が見受けられる。

 前2012年3月期は営業損失5億1700万円(前々期7800万円の黒字)と低迷した。これは早期の業績向上へ向けて収益が見込める事業へ経営資源を集中し、不採算分野で各種損失を計上したことによる。

 具体的には、前3月期大幅に収益が悪化した教育人材事業の教育・採用事業(派遣事業を除く)からの撤退、主要クライアントとの一部契約の終了により今後収益獲得が難しいコールセンター事業からの撤退など。代わって収益力があるシステム事業、直販事業、人材事業へ特化する。

 システム事業については、ASP事業における顧客への展開、スマートフォン・タブレット端末を利用した店舗ソリューションの開発強化を進める。直販事業では携帯電話・コピー機などの法人向けのソリューションサービスの販売に加え、スマートフォン・タブレット端末を利用した店舗ソリューションサービスの販売・提供を行なう。

 人材事業については、主に人材の派遣、Eラーニングシステム「F−Plat」の展開を行う。今2013年3月期は営業利益トントンの数字が予定されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

サンリオは自社株買いを好感し、5日ぶりの急反発

 サンリオ<8136>(東1)は21日、急反発の始まりとなり、2726円(39円高)で寄ったあとは2840円。 前週末売買日の18日、自社株買いを発表したことが好感され、5日ぶりの反発となった。自社株買いは、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.5%の40万株を上限に、期間は5月21日から6月29日。株価は18日に直近の安値2672円をつけていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

グリーは消費者庁の「コンプリートガチャ」見解を受けて安値更新

 グリー<3632>(東1)は21日、安値更新の始まりとなり、1305円(60円安)で寄ったあと1293円(72円安)。消費者庁が18日にソーシャルゲーム業界で広く使われているアイテム商法「コンプリートガチャ」について、景品表示法違反に当たるとの見解を示したことが手控えられている。同社は、すでに5月末で「コンプリートガチャ」を停止すると発表済み。5月15日につけた直近の安値1343円を割り込んだ。ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も軟調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

クックパッドは米フェイスブック上場し目先の期待一巡感

 クックパッド<2193>(東1)は21日、反落の始まりとなり、2183円(100円安)の売り気配でスタート。米フェイスブックのパートナーサイトに選定されており、フェイスブックが米国18日に新規上場となり、目先的には期待一巡の雰囲気が出ている。前週末売買日の18日は、フェイスブックの上場に期待する形で65円高の2233円。フェイスブックの上場初日は、公開価格38ドルに対し、初値が42・05ドル、高値は45ドル、終値は38・23ドルと伸び悩んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2012年05月19日

【話題株】ケンコーコムはミネラルウオーター特需の思惑

■埼玉・千葉の浄水場でホルムアルデヒド、お父さん「水」買い出し

話題株 健康食品やミネラルウオーターなどのネット通販大手・ケンコーコム<3325>(東マ)は小型軽量株。埼玉・千葉県の利根川水系の浄水場で18日、発がん性のある化学物質ホルムアルデヒドが基準値を超えて検出と報じられ、株価材料としては楽天の出資に続く特需要因として思惑視されている。

 同社株は、前週末売買日の18日、朝方から買い気配を続け、終値はストップ高の4万8600円(7000円高)。楽天<4755>(JQS)が出資し、約40%を取得との17日発表を材料に、東証マザーズ指数が4%近い下落の中で異彩高となった。株価は、4月下旬から5月初にかけて3日連続ストップ高の急騰を演じたことがあり、このときは訴訟に関する発表が材料になった。その後は、ほとんど振り出しに戻る下落となり、楽天の出資を材料に切り返したところ。戻り待ちの売り圧迫が少なくないとの見方もあるだけに、どこまで上値を追えるか注目されている。週明け21日のストップ高は7000円高の5万5600円。

 報道を総合すると、利根川水系にある行田浄水場(埼玉県行田市)、庄和浄水場(同県春日部市)、上花輪浄水場(千葉県野田市)、北千葉浄水場(同県流山市)などでホルムアルデヒドが検出され、一部では一時取水を停止したと伝えられている。このうち、「クレヨンしんちゃん」で知られる春日部市では、お父さんが朝から「水」の買い出しにクルマを出す姿も見受けられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

【話題株】フェイスブック上場に「期待外れ」「伸び悩みで失望」など手厳しい評価

■本番は2日目以降、関連銘柄は電通・ソフトバンク・クックパッド・デジタルガレージなど

話題株 米フェイスブックが米国で18日、新規上場となり、今朝は、「期待外れ、株式公開数拡大など影響」(米国発ロイター通信)、「伸び悩みで失望、株価は割高」(日本経済新聞速報ニュース)など、手厳しい評価が出回った。公開価格38ドルに対し、注目の初値は42・05ドル、高値は45ドル、終値は38・23ドル。取引所側のトラブル発生も影響したようで、同通信によれば、「取引に関するナスダック市場から証券会社への情報伝達が途絶え(中略)東部時間午後2時(同午前3時)近くになってようやく連絡が再開」。本番は上場2日目以降と注目されている。

 フェイスブックの「上場目論見書」では、競合関係にある企業として、日本のミクシィ<2121>(東マ)や韓国のCyworld(サイワールド)社などが列挙されているという。一方、課金サービスでの提携や事業パートナーとしては、日本企業では、電通<4324>(東1)KDDI<9433>(東1)ソフトバンク<9984>(東1)クックパッド<2193>(東1)デジタルガレージ<4819>(JQS)などが、関連銘柄として注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:57 | 株式投資ニュース