[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/31)タカキューが連日ストップ高!ジーンズメイトに続く「本命株」?の見方
記事一覧 (08/31)アクセルMは自己株式取得を手掛かりに下げ過ぎを訂正し急反発
記事一覧 (08/31)東海染工は自己株式取得・立会外買付取引が極低位株買いを刺激し反発
記事一覧 (08/31)GCAは東証1部指定替え承認で需給好転思惑を強め急反発
記事一覧 (08/31)スリープロは3QのV字回復業績をテコに超割安を修正し急反発
記事一覧 (08/31)シップHDは高値更新、1Q好決算を見直し業績上ぶれ期待が再燃
記事一覧 (08/31)パーク24は高値更新、3Q最高純益を評価し内需バリュー株買い再燃
記事一覧 (08/31)ユタカフーズは「南海トラフ」地震に備える常備食を材料に1500円を回復
記事一覧 (08/31)大林組は津波の際に海面に浮上する堤防に期待あり底堅い
記事一覧 (08/31)丹青社は業績好調の観測を材料に値上がり率2位で戻り高値
記事一覧 (08/31)シャープは鴻海精密のトップ帰国と伝えられ売り気配
記事一覧 (08/30)アルデプロが債務免除の特別利益を発表し3ケタ回復の余地−−引け後のリリース
記事一覧 (08/30)【注目のリリース】アクセルマークが期間1カ月の自社株買い
記事一覧 (08/30)キユーピーは食品大手が次々高値の中で出遅れ感あり後場も高い
記事一覧 (08/30)カゴメは食品大手が次々高値の中で出遅れ感を強め上値追う
記事一覧 (08/30)ルネサンスは輸出株を避ける資金の流入などで高値に接近
記事一覧 (08/30)もしもしホットラインは「解散風」の合い間に仕込むと後場持ち直す
記事一覧 (08/30)アクトコールは直近IPO株人気を高めストップ高で公開価格をクリア
記事一覧 (08/30)ジーンズメイトに続く「本命探し」活発!カジュアル銘柄が軒並み急伸
記事一覧 (08/30)日本製紙グループ本社は石巻工場が完全復興し下期以降の動向に期待
2012年08月31日

タカキューが連日ストップ高!ジーンズメイトに続く「本命株」?の見方

 タカキュー<8166>(東1)は2日続けてストップ高となり、朝方400円(80円高)まで急伸。11時を過ぎても7.5%高の344円(24円高)で、東証1部の値上がり率3位前後になっている。8月22日に業績予想を増額修正。このところ、ユーロや中国経済に対する不透明感を避けるように材料株物色が強まり、月次動向の好調だったジーンズメイト<7448>(東1)は1週間で3倍強の600円台に急騰。連想買いや関連株物色が広がり、「次の本命株」としてタカキューに焦点が当たってきたようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:14 | 株式投資ニュース

アクセルMは自己株式取得を手掛かりに下げ過ぎを訂正し急反発

 アクセルマーク(アクセルM)<3624>(東マ)は31日、5950円高の4万3900円まで上げて4日ぶりに急反発している。前日30日大引け後に自己株式取得を発表、好感して下げ過ぎ訂正買いが再燃している。

 自己株式取得は、資本効率の向上と株式需給の改善を通じて株主への利益還元を図り、合わせて効率的な資本政策を遂行することを目的としており、取得株式数の上限を1000株(発行済み株式総数の2.2%)、取得総額を5000万円、取得期間を8月31日から9月28日までとして実施する。

 株価は、高額アイテム商法の「コンプリートガチャ」の中止を発表して年初来安値3万1550円まで急落、業績が上ぶれペースで推移していることを見直し4万7000円まで戻し、4万円台を出没していた。PERは9倍台と下げ過ぎを示唆しており、ソーシャルゲーム関連の内需株人気を再燃させ一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

東海染工は自己株式取得・立会外買付取引が極低位株買いを刺激し反発

 東海染工<3577>(東1)は31日、1円高の81円まで上げて変わらずを含めて5日ぶりに反発し、5月15日につけた年初来安値75円に並ぶ安値水準からの底上げを窺っている。

 前日30日大引け後に自己株式取得を立会外買付取引により実施すると発表、極低位値ごろ株買いの再燃を刺激している。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを可能にすることを目的にしている。取得方法としては自己株式立会外買付取引で実施、前日終値80円できょう31日寄り付き前の8時45分に取得株式数の上限を18万9000株(発行済み株式総数の0.55%)、取得総額を1512万円として取得する。きょう10時には、取得結果を発表、予定株数・取得額通りとなった。

 株価は、有配極低位値ごろ株として前期2円配当取りで131円の戻り高値をつけ、今3月期は、業績そのものは回復をも見込んだものの、配当を未定と予想したことなどで年初来安値75円まで売られ80円台での底ばいを続けてきた。PER評価では割高だが、PBRは0.6倍と割り負けており、第2四半期期末接近で配当動向を巡る思惑も再燃して、底上げ展開をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

GCAは東証1部指定替え承認で需給好転思惑を強め急反発

 GCAサヴィアングループ(GCA)<2174>(東マ)は31日、1万1400円高の8万3700円と急反発している。

 前日30日大引け後に東京証券取引所から9月6日付けで東証第1部への指定替えを承認されたと発表、指定替えに際して新株式発行などの希薄化材料を伴わず、逆に東証株価指数(TOPIX)組み入れでTOPIX連動型のファンドの買い増しなどの需給好転思惑を強めて買い再燃となっている。

 同社は、グローバルにM&Aアドバイザリー業務を展開、8月29日にはダイキン工業<6367>(東1)が、米国トップの家庭用エアコンメーカーを買収したことから、同社業務にフォローの環境が続いているとしてストップ高したばかりである。

 業績も好調で、今12月期第2四半期累計業績は、連結業績では減収減益となったことが、ファンド非連結では前年同期比12%増収、65%営業増益、53%純益増益と好調に推移した。急騰再現思惑を強めよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

スリープロは3QのV字回復業績をテコに超割安を修正し急反発

 スリープログループ<2375>(東マ)は31日、8000円高の7万5500円まで上げて急反発している。

 前日30日大引け後に発表して今10月期第3四半期(3Q)決算が、V字回復して今年6月に再上方修正した10月通期業績に対して高利益進捗率を示したことをテコに超割安株買いが再燃している。

 3Q業績は、前年同期比24%減収、10.0倍経常増益、87%純益増益と増益転換し、10月通期業績対比の利益進捗率は、目安の75%を上回る79〜85%となった。

 通信キャリアの新規顧客開拓や家電量販店での店頭販売支援サービスを提供するマーケティング&コミュニケーションサービスで、スマートフォンの急速な普及に伴う回線増強のためにWi−Fiアンテナ設置営業など、ITを中心としたインフラサービスが好調に推移し、大手家電量販店でのサービス加入促進業務も順調に推移したことなどが寄与した。

 10月通期業績は6月の再上方修正値に変更はなく、純利益は、3億6000万円(前期比48%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、年初来安値4万6650円から今期業績の再上方修正で8万5000円まで8割高、足元はこの上昇幅の半値押し水準にいる。PER3倍台の超割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

シップHDは高値更新、1Q好決算を見直し業績上ぶれ期待が再燃

 シップヘルスケアホールディングス(シップHD)<3360>(東1)は31日、20円高の2305円まで上げて反発し、8月29日につけた年初来高値2302円を更新している。

 米国株反落、日経平均株価の続落でディフェンシブ株シフトが強まっており、同社が、今年8月6日に発表した今3月期第1四半期(1Q)の好決算を見直して業績上ぶれ期待を高めて内需割安株買いが再燃しており、売り長で逆日歩のつく信用好需給も支援材料視されている。

 1Q業績は、前年同期比23%増収、30%経常増益、31%増益と連続して大幅増益となり、期初予想の今期第2四半期(2Q)累計業績対比の利益進捗率は、68〜67%と目安の50%をオーバーした。

 トータルパックシステム事業で、大型プロジェクト案件が売り上げ計上され、メーカー系子会社の製品販売が、自社製品を中心に堅調に推移、メディカルサプライ事業でも、院内型SPDシステムが増加しており、ヘルスケア事業で昨年12月にM&Aした老人ホームの業績が加わり好決算につながった。

 2Q累計・3月通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益は、72億5000万円(前期比2%増)と連続の過去最高更新を予想しているが、外資系証券からは業績上方修正観測も強まっている。

 株価は、1Q好決算で2100円台を回復、今年2月安値1550円の安値絶対期日到来で売り方の買い戻しも加わって高値を更新した。PERは13倍台と割安であり、上値拡大運動が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

パーク24は高値更新、3Q最高純益を評価し内需バリュー株買い再燃

 パーク24<4666>(東1)は31日、42円高の1292円まで上げて3日ぶりに急反発し、8月23日につけた年初来高値1280円を更新している。

 前日30日大引け後に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、純利益が、V字回復して3Qとして過去最高となり、期初予想の10月通期業績に対して順調な利益進捗率を示したことを評価して内需関連のバリュー株買いが再燃している。

 3Q業績は、前年同期比13%増収、45%営業増益、47%経常増益、81%純益増益と大きく増益転換し、10月通期業績対比の利益進捗率は、76〜73%と目安の75%をほぼクリアした。

 駐車場事業で、タイムズ駐車場の運営件数が、前期末比7.0%増の1万1450件、運営台数が6.2%増の37万9113台、月極駐車場・管理受託駐車場を含めた総運営件数が6.1%増の1万2850件、総運営台数が4.3%増の47万6854台と伸びて、営業利益が22%増となり、モビリティ事業も、カーシェアリングサービスの会員数、車両台数が大きく伸びて、営業損失が、前年同期の8億4400万円から6億1700万円に改善したことなどが寄与した。

 10月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、90億円(前期比37%増)と6期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、今期第2四半期累計業績の上ぶれ着地に月次運営件数・台数の好調推移が加わって下値を切り上げ高値を更新してスピード調整中であった。投資採算的には割高だが、なお上値評価が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:37 | 株式投資ニュース

ユタカフーズは「南海トラフ」地震に備える常備食を材料に1500円を回復

 ユタカフーズ<2806>(東2)は31日、急伸となり、1490円(29円高)で寄ったあとは1500円(39円高)。中京・東海地区を中心に事業展開し、「南海トラフ」地震に対する備えを政府や各自治体が強化することを受け、食糧備蓄関連の需要に期待が出ている。1500円台回復は6月下旬以来。8月22日には、JAあいち知多(愛知県常滑市)地元産100%の餅米で作った常備食のレトルト赤飯が伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

大林組は津波の際に海面に浮上する堤防に期待あり底堅い

 大林組<1802>(東1)は31日、底堅い始まりになり、342円(2円安)で寄ったあとは341円を下値に売買交錯。同社などが開発し、津波の際に海面に浮上する「直立浮上式防波堤」が和歌山県で採用されたと伝えられ、全体相場が軟調な中で、下値を拾う動きが活発のようだ。浮上式の防波堤は、直径約3メートルの鋼管がタテに並ぶ構造で、津波襲来の際には、鋼管底部に空気を送り込み、パイプを浮上させるという。直近の安値は7月下旬の333円。この水準に接近しており、反騰相場が接近との期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

丹青社は業績好調の観測を材料に値上がり率2位で戻り高値

 丹青社<9743>(東1)は31日、急伸の始まりになり、243円(18円高)で寄ったあとは256円(31円高)と上値を追い、9時10分には東証1部の値上がり率2位となった。2012年2〜7月期の純利益が11億円強と、前年同期比約3割増えたもようだ、と今朝の日本経済新聞が伝え、業績の好調推移を再認識する相場になった。250円台は5月7日以来になり、戻り高値を更新。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

シャープは鴻海精密のトップ帰国と伝えられ売り気配

 シャープ<6753>(東1)は31日、軟調な始まりになり、219円(8円安)の売り気配でスタート。資本提携した台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が昨日の午後、資本提携に関する協議の「詰め」の協議を行わずに帰国したと伝えられたため、やや不透明感が広がっている。株価は、郭台銘会長が週初の27日に来日したことを材料に、一昨日まで7日続伸となり、この日に240円の戻り高値に進んでいた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2012年08月30日

アルデプロが債務免除の特別利益を発表し3ケタ回復の余地−−引け後のリリース

■チャート観測では99円を抜けば120円台も

引け後のリリース、明日の1本 ビル・マンションの再生・リフォームなどを行なうアルデプロ<8925>(東マ)は30日の大引け後、特別利益の計上を発表。債務免除2300万円を今期・2013年7月期に計上するとした。

 発表によると、12年8月に事業再生ADR手続の対象となる販売用不動産を売却。この売却により、金融機関に対して返済できなかった借入金の残金の取扱いについて、対象金融機関と交渉してきた。このたび、対象金融機関が有する当社に対する債権を第三者へ譲渡したことに伴い、当社は譲受債権者となった当該第三者と交渉し、当社に対する債権23百万円を免除していただくこととなった。

 株価は7月下旬の70円を安値に持ち直し、戻り高値は8月20日の99円。本日の終値は84円(前日比変わらず)。前7月期の決算発表は9月14日を予定するため、今期の予想数字などに期待が広がっている。チャート観測では、戻り高値99円を抜けば120円台までスルスル上がる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】アクセルマークが期間1カ月の自社株買い

■4万7000円を抜けば6万円台も

 携帯向けコンテンツのアクセルマーク<3624>(東マ)は30日の大引け後、自社株買いを発表。取得上限株数は1000株(発行済み株式総数の2.2%)、上限金額は5000万円。期間は8月31日から9月28日とした。資本効率の向上、株式需給の改善を通じて、株主への利益還元などを図る。

 株価は6月に3万1550円で下げ止まり、続く安値は8月16日の3万4250円。本日の終値は3万7950円(50円安)。この間の戻り高値は7月の4万7000円で、これを上回れば6万円台まで上値余地が広がる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:08 | 株式投資ニュース

キユーピーは食品大手が次々高値の中で出遅れ感あり後場も高い

 キユーピー<2809>(東1)は30日の後場も上値を追い、14時50分に1223円(42円高)まで上昇。4月につけた年初来の高値1232円に迫った。ユーロや中国景気に不透明感があり、輸出株を避ける資金が流入した。また、このところ、ヤクルト本社<2267>(東1)伊藤園<2593>(東1)、あるいはキッコーマン<2801>(東1)味の素<2802>(東1)など、大手食品株が次々と年初来の高値に進んでいるため、出遅れ妙味が強まっている面もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:12 | 株式投資ニュース

カゴメは食品大手が次々高値の中で出遅れ感を強め上値追う

 カゴメ<2811>(東1)は30日の後場も上値を追い、14時48分に1771円(17円高)と前場の高値を更新し、8月15日につけた年初来の高値1789円に迫った。株価材料としては、今朝、原料のトマトを担保に資金を借り入れる「動産担保融資」を使い、9月下旬にも三菱UFJ信託銀行から借り入れると伝えられたことがある。また、このところ、ヤクルト本社<2267>(東1)伊藤園<2593>(東1)、あるいはキッコーマン<2801>(東1)味の素<2802>(東1)など、大手食品株が次々と年初来の高値に進んでいるため、出遅れ妙味が強まっている面もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | 株式投資ニュース

ルネサンスは輸出株を避ける資金の流入などで高値に接近

 スポーツクラブのルネサンス<2378>(東1)は30日の後場も強調相場を続け、14時10分には555円(16円高)。7月につけた年初来の高値560円に迫った。ユーロや中国経済に不透明感があるため、輸出関連株を避ける資金が流入しているようだ。業績は好調で、前期に続き今期も2ケタ増益を見込む。また、中学校でダンスが必修科目になったことを材料視する動きもある。一部では、運動の苦手な子はクスクス笑われるなど「いじめ」の原因になるとの危惧がある中で、スポーツクラブを積極活用する家庭もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 株式投資ニュース

もしもしホットラインは「解散風」の合い間に仕込むと後場持ち直す

 もしもしホットライン<4708>(東1)は30日の後場、次第に持ち直す相場になり、13時50分にかけては本日現在高の1120円(前日比変わらず)まで値を戻した。世論調査などで選挙関連銘柄として注目され、衆議院の解散観測が流れるたびに動意づく傾向がある。本日は、解散が秋との見方になったため小反落となり軟調。ただ、「麦藁帽子は冬に買え」と同じで、「解散風」がやんだ時に仕込む銘柄として下値を買う動きがある。8月3日に業績予想を増額修正し、業績は好調だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

アクトコールは直近IPO株人気を高めストップ高で公開価格をクリア

 アクトコール<6064>(東マ)は30日、前場400円高の2000円とストップ高で急続伸し、今年8月20日以来、1週間ぶりに公開価格1700円を上回った。後場も、日経平均株価が、反落幅を悪化させるなか、ストップ高水準で買いが先行し、東証マザーズ市場の値上がりランキングのトップにランクされている。

 同社株は、今年7月13日にIPO(新規株式公開)され、初値は、公開価格を800円上回る2500円でつけ、上場来高値2618円まで買い進まれたが、IPO人気の一巡とともに同安値1515円まで突っ込み、公開価格を出没する株価推移が続いた。

 水廻り、電気、ガス、鍵などの日常生活のトラブルを解決するサービスを365日、24時間体制で会員制で提供、会員数が約31万人となっていることから業績も好調で、今11月期は、売り上げ17億600万円(前期比20%増)、経常利益3億100万円(同2.2倍)、純利益1億7000万円(同3.5倍)と予想されている。

 PERは13倍台と割安であり、公開価格キープに向けて株主優遇策の催促相場を強めつつリバウンド幅を拡大しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

ジーンズメイトに続く「本命探し」活発!カジュアル銘柄が軒並み急伸

 タカキュー<8166>(東1)は30日の後場も320円(80円高)のストップ高水準で推移し、13時30分にはストップ高買い気配のまま東証1部の値上がり率1位。8月22日に業績予想を増額修正しており、同業種のジーンズメイト<7448>(東1)が月次動向を手掛かり材料に22日から連日急騰し、本日は3日連続のストップ高で3倍以上の値上がりになったため、連想買いが強まっている。この時間帯は、値上がり率2位がジーンズメイトの19.1%ストップ高、3位がライトオン<7445>(東1)の13.1%高、4位がゴールドウイン<8111>(東1)の9.6%高。カジュアル衣料チェーン銘柄のオンパレードで、ジーンズメイトに続く「本命探し」が活発化している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:38 | 株式投資ニュース

日本製紙グループ本社は石巻工場が完全復興し下期以降の動向に期待

 日本製紙グループ本社<3893>(東1)は後場も軟調で、13時過ぎには958円(53円安)。日経平均の下げ幅も次第に広がり、9000円割れの98円安となったため、株価指数に連動運用するファンドなどからの売り圧迫もあるようだ。ただ、午前、石巻工場が完全復興し、昨年から進めてきた「洋紙事業の復興計画」に基づき、抄紙機6台、塗工機2台がすべて操業を再開し、生産能力は約85万トンまで回復したと発表。洋紙事業の収益基盤が強化されたため、下期から来期の動向に期待が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース