[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/08)綜合警備保障は決算発表を境に急伸し「戻り売り」焦点に
記事一覧 (05/08)消費者担当相の発言伝わりグリーとディー・エヌ・エーが堅調転換
記事一覧 (05/08)Jトラストは急反発!業績再上方修正に株式分割が加わる
記事一覧 (05/08)カプコンは急反発!最高純益更新予想で市場コンセンサスをクリア
記事一覧 (05/08)富士重工業はの13時の決算発表で割安感を強め急伸
記事一覧 (05/08)【上方修正株】セリアは3回目の業績上方修正で連続最高純利益を伸ばし急反発
記事一覧 (05/08)東レは同時に決算を発表した東洋紡に目移りし軟調
記事一覧 (05/08)東洋紡は13時の決算発表に好反応となり一段高
記事一覧 (05/08)ニッカトーは単独純益増益転換予想を好感して3連騰
記事一覧 (05/08)ドン・キホーテは続急落、3Q好決算も利益確定売りが先行
記事一覧 (05/08)日本製鋼所は原発運転ゼロに続落予想業績が続き強弱感、安値更新後はもみ合い
記事一覧 (05/08)任天堂が円高の影響など懸念し約3カ月ぶりに1万円割る
記事一覧 (05/08)浜松ホトニクスは続急落、業績下方修正で減益転換、利益確定売り増勢
記事一覧 (05/08)ブラザー工業は反発!増益転換予想で下げ過ぎ訂正買いが先行
記事一覧 (05/08)日産自動車が車名別の新車販売に期待し自動車株の反発をリード
記事一覧 (05/08)シップヘルスケアホールディングスは急反発し高値更新、連続最高純益予想を好感
記事一覧 (05/08)ホソカワミクロンは業績予想の増額を好感し急反発
記事一覧 (05/08)セリアは決算見込みの増額を好感し急反発で始まる
記事一覧 (05/08)昨日ストップ安のディー・エヌ・エーとグリーは本日も売り優勢
記事一覧 (05/07)遠藤照明はLEDや省エネ機器好調で業績予想を大幅増額−−引け後のリリース
2012年05月08日

綜合警備保障は決算発表を境に急伸し「戻り売り」焦点に

 綜合警備保障<2331>(東1)は13時に2012年3月期の決算を発表。株価は急伸し、発表前の920円(11円高)前後から959円(50円高)と出直り幅を拡大した。12年3月期の連結営業利益は前期比4.4%増の108.1億円。今期の予想は15.6%増の125億円としたことなどが好感された。年初来の高値は3月9日の1000円。その後の調整では、昨日に893円まで下落。このため、本日の急反発では、しばらく戻り売りをこなす必要があるとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | 株式投資ニュース

消費者担当相の発言伝わりグリーとディー・エヌ・エーが堅調転換

 グリー<3632>(東1)は8日の午後、徐々に値を戻す動きとなり、14時15分にかけては1685円(34円高)と前日比で堅調相場に転換した。昨日ストップ安の要因となった交流ゲームの課金方法について、松原仁消費者担当相が本日の閣議後の会見で、ゲーム運営会社や消費者に注意喚起を行う考えを明らかにしたと伝えられ、懸念材料に一巡感が広がった。株価は昨日のストップ安に続き、前場は1380円(271円安)まで下げる場面があった。同じく昨日ストップ安のディー・エヌ・エー<2432>(東1)も14時を回って2007円(17円高)と前日比プラス水準に浮上している。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

Jトラストは急反発!業績再上方修正に株式分割が加わる

 Jトラスト<8508>(大2)は8日、前場169円高の1784円と急反発し、後場も、上げ幅を縮めているが1700円台で堅調に推移している。前日7日大引け後に2012年3月期業績の2回目の上方修正と株式分割を発表、超割安修正買いが再燃し、分割権利取りの買い物を加速させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

カプコンは急反発!最高純益更新予想で市場コンセンサスをクリア

 カプコン<9697>(東1)は8日、130円高の1818円まで上げて5営業日ぶりに急反発している。前日7日大引け後に3月期決算を発表、前期は、期初予想をやや下ぶれて減収減益転換率を悪化させて着地したが、今期は、増益転換して13期ぶりの過去最高純利益更新を予想、市場コンセンサスをクリアすることからコンテンツ関連の割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

富士重工業はの13時の決算発表で割安感を強め急伸

 富士重工業<7270>(東1)は8日の13時に発表した2012年3月決算を好感して急伸。発表前の575円(14円高)前後から605円(44円高)と反発幅を拡大した。12年3月期の連結決算は、営業利益が前期比47.8%減となったものの、今期の予想を52.4%増としたため、V字回復に期待が強まった。予想1株利益は61円51銭。株価は600円でPER10倍未満に過ぎないため、見直し機運が広がった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

【上方修正株】セリアは3回目の業績上方修正で連続最高純利益を伸ばし急反発

上方修正銘柄 100円ショップのセリア<2782>(JQS)は8日、75円高の1240円まで上げて6営業日ぶりに急反発している。前日7日大引け後に2012年3月期業績の3回目の上方修正を発表、純利益が、連続過去最高更新の更新幅を伸ばすことが内需割安株買いを再燃させている。

 3月期業績は、昨年8月、10月と上方修正されてきたが、10月再増額値をさらに引き上げた。売り上げを6億3400万円、経常利益を7億7500万円、純利益を5億9200万円それぞれアップさせたもので、純利益は、42億9200万円(前期比85%増)と前期の過去最高を大きく更新する。

 売り上げは、冬場の記録的な降雪などでやや苦戦したが、既存店、前年新店、新店とも予想を上回り、利益は、国際商品市況の上昇が緩やかになるなか、比較的採算の良い雑貨の販売が順調に推移し、原価率が想定を下回り、減損損失も見込みを下回ったことが要因となった。

 株価は、株式分割(1対500)の権利を落としてつけた落ち後安値891円からデフレ関連の割安株買いが続いて同高値1382円まで5割高し、半値押し水準でもみ合っていた。PER10倍台の割安修正で高値にキャッチアップしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

東レは同時に決算を発表した東洋紡に目移りし軟調

 東レ<3402>(東1)は8日の13時に2012年3月期の決算を発表。株価は、同時に発表した東洋紡<3101>(東1)とは逆行し、605円(9円高)前後から一時579円(17円安)と急反転する場面があった。12年3月期の連結純利益は前期比10.9%増の642.2億円、今期の予想は2.8%増の660億円。東洋紡の予想は2.2倍だったため、目先筋がシフトした。しかし、東レは、連結営業利益の予想を6.8%増の1150億円、経常利益も3.8%増の1140億円とし、続伸の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:29 | 株式投資ニュース

東洋紡は13時の決算発表に好反応となり一段高

 東洋紡<3101>(東1)は8日の13時に2012年3月期の決算を発表。株価は一段高となり、発表前の109円(3円高)前後から114円(8円高)と好感する相場になった。連結純利益は、12年3月期が前期比10.4%増の45.9億円。今期・13年3月期の予想は約2.2倍の100億円とした。年初来の高値は3月19日の126円。直近の調整相場では、もみ合いの上値が112円のため、これを本格的に抜け出すと年初来の高値が見えてくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

ニッカトーは単独純益増益転換予想を好感して3連騰

 ニッカトー<5367>(東1)は8日、9円高の500円まで上げて3営業日続伸し、3月1日につけた年初来高値538円を視界に捉えている。前日7日大引け後に3月期決算を発表、前期は、期初予想を上ぶれて連続して過去最高純利益を更新し、今期は、単独決算に変更となるが、純利益の増益転換を予想したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:43 | 株式投資ニュース

ドン・キホーテは続急落、3Q好決算も利益確定売りが先行

 ドン・キホーテ<7532>(東1)は8日、92円安の2809円まで下げて続急落している。前日7日大引け後に発表した今6月期第3四半期(3Q)業績が、2ケタ増益と続伸し、今年2月に上方修正した6月通期業績に対して高利益進捗率を示したが、6月通期業績の再上方修正がなく通期利益が、引き続き市場コンセンサスを下回ることが響いて利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:32 | 株式投資ニュース

日本製鋼所は原発運転ゼロに続落予想業績が続き強弱感、安値更新後はもみ合い

 日本製鋼所<5631>(東1)は8日、寄り付きに12円安の459円と急続落し、連日の年初来安値更新となった。ただ安値後は、6円高と引き戻すなど前日終値近辺でのもみ合いを続けている。同社株は、前日7日に国内の原子力発電所50基がすべて運転を停止したことを嫌い売り先行となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

任天堂が円高の影響など懸念し約3カ月ぶりに1万円割る

 任天堂<7974>(大1)は8日も軟調で、10時50分にかけて9940円(150円安、主市場・大証の値段)。取引時間中としては1月27日以来、約3カ月ぶりの1万円割れとなった。3月決算は4月26日に発表しており、この日の終値は1万1540円。決算発表では、今期・13年3月期の予想を連結営業利益は黒字転換し350億円としたものの、以後、円高基調の再燃が障害になった形だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

浜松ホトニクスは続急落、業績下方修正で減益転換、利益確定売り増勢

 浜松ホトニクス<6965>(東1)は8日、178円安の2927円まで下げて続急落している。前日7日大引け後に今9月期第2四半期(2Q)累計決算の開示と同時に、9月通期業績の下方修正を発表、連続最高純利益更新予想が減益転換して市場コンセンサスを下回ることを嫌い利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

ブラザー工業は反発!増益転換予想で下げ過ぎ訂正買いが先行

 ブラザー工業<6448>(東1)は8日、47円高の1055円と急反発し、1月18日につけた年初来安値935円に並ぶ安値水準から底上げしている。前日7日大引け後に3月期決算を発表、前期は、今年2月の再下方修正値を上ぶれて減収減益転換率を縮めて着地し、今期は、増収増益転換を予想しており、市場コンセンサスは下回るが、売り方の買い戻しも交えて下げ過ぎ訂正期待の買い物が先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

日産自動車が車名別の新車販売に期待し自動車株の反発をリード

 日産自動車<7201>(東1)は8日、反発となり、776円(10円高)で寄ったあと785円(19円高)としっかり。「ユーロ」を巡る不透明感が昨日に比べれば後退し、本日、業界団体が4月の車名別の新車販売台数を発表する予定のため、期待感があるという。値上がり率は2%台で、今のところホンダ<7267>(東1)の1.8%高前後、トヨタ自動車<7203>(東1)の0.5%高前後を上回っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

シップヘルスケアホールディングスは急反発し高値更新、連続最高純益予想を好感

 シップヘルスケアホールディングス<3360>(東1)は8日、190円高の2060円まで上げて急反発し、5月2日に顔合わせした年初来高値1929円を更新している。前日7日大引け後に3月期決算を発表、前期は、期初予想を上ぶれて連続増収増益率を拡大して着地し増配、今期は、連続の過去最高純利益更新を予想したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

ホソカワミクロンは業績予想の増額を好感し急反発

 ホソカワミクロン<6277>(東1)は8日、急反発となり、469円(18円高)で寄ったあとも9時50分にかけては468円から469円で売買交錯。昨日、第2四半期の利益予想(2011年10月から12年3月)を増額修正し、連結営業利益は12億円から14億7000万円(前年同期比64.0%増)に修正。意外感があるとの見方が出ている。9月通期の予想は5月11日に発表予定の第2四半期決算発表時に公表。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

セリアは決算見込みの増額を好感し急反発で始まる

 100円ショップのセリア<2782>(JQS)は8日、急反発の始まりとなり、1240円(75円高)で寄ったあとは1200円(35円高)から1230円(65円高)前後で推移。昨日発表した2012年3月期の決算予想が好調で、売上高は従来予想を6億円上回り前期比約12%増の936億円となったことなどを好感する相場になった。税引き利益は従来予想の37億円から前期比約85%増の42億円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

昨日ストップ安のディー・エヌ・エーとグリーは本日も売り優勢

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は8日も売り優勢の始まりとなり、2007円(17円高)で寄ったあと2020円(30円高)から1886円(104円安)の間で売買交錯。昨日のストップ安に続き売り優勢。連休中に、交流型ゲームの課金収入システム「コンプリートガチャ」に対し、消費者庁が景品表示法に抵触する可能性があると判断したと伝えられたことを、引き続き嫌気する始まりとなった。グリー<3632>(東1)も昨日のストップ安に続き売り優勢の始まりとなり、1650円(1円安)で寄ったあとは1651円から1550円(101円安)まで下押す場面があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2012年05月07日

遠藤照明はLEDや省エネ機器好調で業績予想を大幅増額−−引け後のリリース

■為替予約等に関する特別利益も計上

引け後のリリース、明日の1本 遠藤照明<6932>(大2)は7日の夕方、2012年3月期の決算予想を増額修正し、連結営業利益は35億円から41.4億円(前期比80.0%増)に引き上げた。予想1株利益は87円17銭から172円76銭に大幅増額した。

 発表によると、高効率LED照明器具や省エネルギー機器に経営資源を集中させ、拡販に努めた効果に加え、将来の為替リスクに備えるための為替予約等に関する特別利益を計上する見込みになった。連結売上高は250億円から268.4億円(同42.0%増)に増額した。

 決算発表は5月11日の予定。株価は昨年12月の1057円を下値にジリ高基調で、高値は本日・7日の1900円(63円高)。終値もこの値で高値引けだった。株価が2500円でも予想1株利益の15倍未満のため、外部環境が安定化すれば意外高もあり得る状況になったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:24 | 株式投資ニュース