[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/19)【上方修正株】京浜急行は4回目の業績上方修正も利益確定売りで反落
記事一覧 (04/19)ひらまつは3月月次総売上高が続伸し2Q累計予想を上回って続伸
記事一覧 (04/19)【話題株】新日本理化2日連続100円高、今日は98円高と思わせぶり
記事一覧 (04/19)ディー・エヌ・エーが全般手詰まりのなか資金を集めジリ高基調
記事一覧 (04/19)日本板硝子はトップ交代消化難だが後場は売り一巡の印象
記事一覧 (04/19)ゲンダイAGは連日の高値、自己株式取得を好感し割安修正買いが再燃
記事一覧 (04/19)大豊工業がフェアバリュー1300円と伝えられて値上がり率2位
記事一覧 (04/19)【上方修正株】KOAは業績上方修正で割り負け訂正買いが拡大し続急伸
記事一覧 (04/19)総合メディカルは業績続伸予想も市場コンセンサス未達で急反落
記事一覧 (04/19)東光は3連騰!希望退職者募集完了でリストラ進展期待を高める
記事一覧 (04/19)ゲンダイエージェンシーは己株式取得を好感して連日の高値更新
記事一覧 (04/19)【話題株】TDKは営業益5倍観測報道もNYダウ反落・ADR安で反応薄く反落
記事一覧 (04/19)大物仕手筋が注力の明和産業は3日連けてストップ高
記事一覧 (04/19)ヤマタネは証券事業からの撤退に反応薄く連日小動き
記事一覧 (04/19)KOAは増額修正を好感し続伸で始まる
記事一覧 (04/19)JR東日本は東北新幹線30周年イベントに期待あるが上値重い
記事一覧 (04/19)ラクーン 「スーパーデリバリー」に、18日より新しく3つの出展企業が登場
記事一覧 (04/18)イーピーミントが新規受注の増加などで業績予想を増額−−引け後のリリース
記事一覧 (04/18)【注目のリリース】日本板硝子が社長交代を即日発表し唐突感
記事一覧 (04/18)【話題株】鹿島は期待材料のあとに悪材料が出て振り回される
2012年04月19日

【上方修正株】京浜急行は4回目の業績上方修正も利益確定売りで反落

上方修正銘柄 京浜急行電鉄<9006>(東1)は、前日18日大引け後に2012年3月期業績の4回目の上方修正を発表。株価は8円高の701円まで上げたが利益確定売りが先行して7円安まで売られて反落している。

 3月期業績は、昨年8月、11月、今年2月と上方修正されてきたが、2月修正値をさらに引き上げた。売り上げは据え置きとしたが、経常利益を13億円、純利益を10億円それぞれアップさせたもので、純利益は、40億円(前期比43%減)と連続減益率を縮める。交通事業が費用減少で増益となり、レジャー・サービス事業、その他事業も前回の想定を上回ったことが要因となった。

 株価は、今年2月の再々上方修正に期末の配当・株主優待取りが加わって年初来高値750円まで上昇、配当落ちとともに同安値まで調整した。投資採算的には割高だが、信用取組倍率は0.04倍と大きく売り長で逆日歩がついており、売り方の買い戻し主導で下げ過ぎ訂正を試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

ひらまつは3月月次総売上高が続伸し2Q累計予想を上回って続伸

 ひらまつ<2764>(東1)は19日、1600円高の7万5700円まで上げて続伸している。前日18日大引け後に発表した今年3月の月次総売上高、営業利益が、連続して前年同月を上回り、今9月期第2四半期(2Q)累計単独業績予想を超えたことを評価して内需割安株買いが増勢となっている。

 2月月次総売上高は、9億4000万円と前年同月実績を1億7500万円上回り、営業利益も1億7100万円と同様に1億4000万円超え、今期に入って昨年10月以来、6カ月連続のプラスとなった。この結果、2Q累計単独総売上高56億5900万円は期初予想を1億2600万円、営業利益も600万円それぞれ上回り、5月11日発表予定の2Q累計連結業績の上ぶれ着地期待につながっている。

 株価は、今期純利益を10億5500万円(前期比23%増)と連続過去最高と予想し、月次売上高の連続プラスとなったことも加わり年初来高値7万9500円まで水準を上げ、7万円台を固めていた。PER10倍台の割安修正で高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:02 | 株式投資ニュース

【話題株】新日本理化2日連続100円高、今日は98円高と思わせぶり

話題株 話題株であり人気株の新日本理化<4406>(大1)は、98円高の798円と17日(火)の100円高、18日(水)の100円高に続いて買われた。

 「代表的人気株で、全般相場が膠着状態となっていることから一斉に市場の目が向いている。ただ、今日の動きでやや気になる点は2日連続100円高しているのに比べ今日が98円高ということには引っかかる」(中堅証券)。

 2011年3月の震災時安値66円から、今年3月2日の1297円まで19.6倍の上昇。その後、4月9日に452円まで大きく下げていた。人気株特有の荒い動き。

  以前のように「空売り」(信用売り)を多く抱えているという状況ではない。当然、戻ればシコリ株を売りたい向きも多いはず。そのあたりが、きょうの100円高ではなく98円高で止まっているのかもしれない。

 発表される3月期業績での指標は1株利益20.6円、配当年5円。利回りは0.62%にすぎない。PERは38.7倍。「投資採算的には買えないが、それでも目が向くのが人気株。全般相場が動き難い状況が続けば人気は続くだろう。ただ、人気株の反動は怖いことは頭に入れておくことが大切」(同)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが全般手詰まりのなか資金を集めジリ高基調

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は19日の後場ジリ高基調となり、2592円(71円高)をつけたあとも2580円(59円高)前後で堅調。全体相場が北朝鮮の対米強硬姿勢などを受けて冴えないため、こうした影響の少ない銘柄として資金が集まっているようだ。年初来の高値は2月につけた2760円。その後の調整が浅いまま値を戻す相場となっており、高値に迫る期待もある。16日、本社を東京・渋谷駅前の新複合ビル「渋谷ヒカリエ」に移したと発表。一部では、流行やファッションが「ギロッポン」(六本木)や「ザギン」(銀座)などから移るとの予想もあり、手詰まり相場の中で材料視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

日本板硝子はトップ交代消化難だが後場は売り一巡の印象

 日本板硝子<5202>(東1)は19日の後場も軟調もみ合いとなり、13時20分にかけては109円(7円安)前後で小動き。昨日、社長兼CEOの交代を発表し、異動日が当日で、会見場に前任の社長クレイグ・ネイラー氏が姿を見せなかったと伝えられたため、様子見気分が広がっている。ただ、今のところ前場の安値107円(9円安)を割る様子はなく、売りは一巡した印象。徐々にイメージチェンジなどへの期待が広がる期待が出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

ゲンダイAGは連日の高値、自己株式取得を好感し割安修正買いが再燃

 ゲンダイエージェンシー(ゲンダイAG)<2411>(JQS)は19日、2500円高の9万2100円まで上げて急反発し、前日ザラ場につけた年初来高値9万300円を連続更新している。

 前日18日大引け後に自己株式取得と立会外買付取引を発表、株式価値の向上と需給好転を歓迎する買い物が再燃しており、合わせて割安修正期待も高めている。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行とともに、1株当たり利益の改善により株主価値の増大を図ることを目的としており、上限を1万株(発行済み株式総数の10.75%)、8億9600万円としている。

 具体的な取得方法としては、前日終値8万9600円できょう19日の寄り付き前の8時45分に立会外買付取引で実施する。取得結果は、きょう10時に筆頭株主の異動とともに発表、計画通りに終了した。

 株価は、今年3月の前2月期業績の再上方修正に今期業績の続伸予想が続いて年初来高値まで1万4000円高した。PERはなお8倍台と割安であり、2010年4月以来の10万円台回復も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

大豊工業がフェアバリュー1300円と伝えられて値上がり率2位

 鋳型自部品の大豊工業<6470>(東1)は19日の前場、急伸となり、1083円(100円高)まで上げて年初来の高値を更新。前引けにかけても値上がり率は9%台で東証1部の2位に入る相場になった。いちよし証券が投資レーティングを「A」とし、「フェアバリュー」は1300円に設定と伝えられた。仕手性の強い銘柄のため、大物仕手筋「K氏」関連株など仕手系株の動きやすい相場地合いに触発された買いが集まったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

【上方修正株】KOAは業績上方修正で割り負け訂正買いが拡大し続急伸

上方修正銘柄 KOA<6999>(東1)は19日、21円高の890円まで上げて続急伸し、3月19日につけた年初来高値930円を視野に捉えている。前日18日大引け後に2012年3月期業績の上方修正を発表、割り負け訂正買いが増勢となっている。

 3月期業績は、今年1月25日に初開示した予想値より売り上げを7億4200万円、経常利益を7億4300万円、純利益を3億8100万円それぞれ引き上げ、純利益は、16億5100万円(前期比37%減)と減益転換率を縮小する。自動車関連市場の売り上げが好調に推移し、為替レートが想定より円安となったことが上方修正要因となった。

 株価は、今年1月に期初から未定としてきた3月通期業績を開示し減益転換を予想したが、同時発表の年間20円(前期実績18円)への増配をポジティブに評価して年初来高値930円まで200円高して、半値押し水準まで調整し円高修正とともに再度、出直っていた。PER評価では割高だが、PBRは0.7倍と割り負けており、高値キャッチアップを強めよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

総合メディカルは業績続伸予想も市場コンセンサス未達で急反落

 総合メディカル<4775>(東1)は19日、138円安の2835円と急反落している。前日18日大引け後に3月期決算を発表、前期に続き今期も、連続増益、純利益の連続過去最高更新を予想したが、今期経常利益が、市場コンセンサスに未達となることから4月2日につけた年初来高値3145円を前に利益確定売りが先行している。

 前期業績は、前々期比11%増収、15%経常増益、15%純益増益と続伸した。レンタル部門では地デジ対応テレビの入れ替えで新規案件を獲得、医師の転職・開業支援のコンサルティング部門では、医師の常勤転職が減少したが、調剤薬局部門でM&Aを含めて40店舗を出店し、既存店売り上げ4.6%増となったことなどが要因となった。

 今期は、2014年3月末目標の500店達成に向け調剤薬局出店の拡大や処方箋増を進めて続伸を予想、経常利益は、49億8000万円(前期比2%増)としたが、市場コンセンサスにやや未達となる。純利益は、28億7100万円(前期比14%増)と予想、連続して過去最高を更新する。

 株価は、前期第3四半期業績が低利益進捗率で着地したことが響いて年初来安値2450円をつけたが、下げ過ぎとして同高値3145円まで600円高し、3000円台出没を繰り返していた。下値ではPER7倍台の下げ過ぎが再び意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

東光は3連騰!希望退職者募集完了でリストラ進展期待を高める

 東光<6801>(東1)は19日、3円安で寄り付いたあと8円高の269円まで買い直されて3日続伸、4月4日につけた年初来高値289円を視界に捉えている。前日18日大引け後に今年2月17日に実施を発表した希望退職者募集の結果を発表、今年3月22日の村田製作所<6981>(大1)との資本・業務提携に続いて同社のリストラ加速要因になると評価して買い優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

ゲンダイエージェンシーは己株式取得を好感して連日の高値更新

 ゲンダイエージェンシー<2411>(JQS)は19日、2500円高の9万2100円まで上げて急反発し、前日ザラ場につけた年初来高値9万300円を連続更新している。前日18日大引け後に自己株式取得と立会外買付取引を発表、株式価値の向上と需給好転を歓迎する買い物が再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

【話題株】TDKは営業益5倍観測報道もNYダウ反落・ADR安で反応薄く反落

話題株 TDK<6762>(東1)は19日、85円安の4220円まで下げて反落している。きょう19日付けの日本経済新聞で、同社の2013年3月期の営業利益が、前期推定比5倍強の550億円程度にV字回復すると観測報道されたが、前日の米国市場でNYダウが、82.79ドル安の1万3032.75ドル、同社ADR(預託証券)が、東京市場の終値に対して61円安(円換算値)と反落したことが響いて反応が薄く利益確定売りが先行している。

 同社株は、前日に17日のNYダウが195ドル高と急続伸したことに連動し3.7%高と急反発していた。

 観測報道では、同社の2013年3月期業績は、HDD用磁気ヘッドが、タイの洪水の影響がなくなりパソコンのサーバー向けなどに需要が増大して売り上げが前期比13%増の9000億円程度と2期ぶりに過去最高を更新、営業利益も、為替水準を現在の1ドル=80円前後を前提に、固定費削減効果220億円も加わり前期比5倍強になると分析された。

 同社の目下集計中の2012年3月期業績は、今年1月に再下方修正され営業利益は100億円(前期比84%減)と落ち込む予想となっていた。

 なお同社は、観測報道に関してきょう19日寄り付き前の8時50分にコメントを発表、「記事は当社が発表したものではない。業績予想は、4月27日に発表を予定している」とした。

 株価は、この業績下方修正を自己株式取得・立会外買付取引(買付価格4240円)で押し返して年初来高値4840円まで買い進まれ高値調整中となっていた。下値を再確認しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

大物仕手筋が注力の明和産業は3日連けてストップ高

 明和産業<8103>(東1)は19日も買い気配のままストップ高に達し、10時15分現在も669円(100円高)で買い圧倒。大物仕手筋の「御本尊」とされる加藤氏の名を冠したホームページが17日付けで久々に「更新」され、銘柄コード番号として「8103」や「4406」が挙げられたことが注目され、本日で3日連続ストップ高の可能性を強めている。銘柄を挙げて仕手相場を宣言した形のため、日証金は昨17日付けで貸借取引の「注意喚起」を発表した。一方、「4406」の新日本理化<4406>(大1)は昨日まで2日続けてストップ高。本日は朝方の798円(97円高)を上値に売買錯綜となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

ヤマタネは証券事業からの撤退に反応薄く連日小動き

 ヤマタネ<9305>(東1)は19日、小動きの始まりとなり、118円(前日比変わらず)で寄ったあとは118円と117円を往来。証券事業からの撤退という材料に対しては、昨日に続いて小動きの反応となっている。同社は、一昨日の夕方、連結子会社である金山証券(東京・中央区)の主要業務を岡安証券(大阪・中央区)に譲渡し、証券事業から撤退すると発表。これを受け、構造改革への期待はあるものの、昨日も117円から119円の間で小動きだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

KOAは増額修正を好感し続伸で始まる

 抵抗器の大手・KOA<6999>(東1)は19日、続伸の始まりとなり、876円(7円高)で寄ったあとは890円(21円高)と出直りを拡大。昨日、2012年3月期の業績予想を増額修正したことが好感されている。発表によると、連結営業利益の予想は20億円から25億4100万円に引き上げ、連結当期利益は12億7000万円から16億5100万円に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

JR東日本は東北新幹線30周年イベントに期待あるが上値重い

 東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東1)は19日、小反落の始まりとなり、5020円(70円安)で寄ったあとは5040円(50円安)前後で推移。昨日、東北新幹線の開業30周年を迎えるイベントの概要を発表したことには期待感があるものの、NY株の反落や北朝鮮の姿勢硬化などを受け、全体相場に手控えムードがあるようで、上値の重い始まりになった。直近の安値は4月16日の4955円。5000円前後で下げ止まる様子はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

ラクーン 「スーパーデリバリー」に、18日より新しく3つの出展企業が登場

■メキシカン雑貨の輸入・販売を行なうスリーボックススタイル

 ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に、18日より新しく3つの出展企業が登場する。
 メキシカン雑貨の輸入・販売を行なうスリーボックススタイル(本社:神奈川県厚木市)、生活を便利にする輸入商品を販売するあおぞら(本社:東京都中央区)、弁当グッズを展開しているトルネ(本社:和歌山県和歌山市)の3社。
 スリーボックススタイルは、メキシコ本土より置物やアクセサリーなどを輸入し、国内で販売している。まだ日本では普及していない、メキシコならではの面白い雑貨を流通させたいと思い、現地に人気バイヤーを派遣し、人気商品の買付を行っている。他社に先駆けて現地との流通ルートを確立したため、商品の入荷やラインナップも非常に多く数多く人気化している。
 スーパーデリバリーでの販売ページは、
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203599/

■生活を便利にする輸入商品を販売するあおぞら

 あおぞらは、人々が日々の暮らしを、楽しく、明るく、元気に過ごすことが出来る便利なものを提供することを目標に設立された。生活を便利にする輸入商品、アウトドア・ホビー商品、インドアで楽しむふれあい商品など間口は広くとも、一品、一品、こだわりの商品を提供している。
 現在、災害グッズとして注目されている、背負う水袋「ライフウォーターバッグ」は5リットルの飲料用水を持ち運ぶことができ、「せおう」「かける」「もつ」等多彩な持ち方が可能で、女性や子供でも災害時に楽に給水所から水を運ぶことができる。また、これからのシーズン、防災グッズとしてだけではなく、アウトドアでのピクニックやバーベキューでも利用できる。
 その他、新聞やテレビ番組などのメディアで紹介された商品が多数掲載されている。
 スーパーデリバリーでの販売ページは、
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203677/

■弁当グッズを展開しているトルネ

 トルネは、弁当に入れる小物やキッチングッズを取扱うメーカー。
 最近では、弁当箱をキャラクターで彩る「キャラ弁」や、それぞれの食材の色・形を活かして弁当を華やかにする「デコ弁」が流行している。そういった傾向に対応した最新グッズから、昔ながらの小物、おかずを仕切るのに欠かせないバランやピック、少量の液体を持ち運ぶのに便利なタレビンなど、弁当に関連する様々な雑貨を製造している。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203667/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:16 | 株式投資ニュース
2012年04月18日

イーピーミントが新規受注の増加などで業績予想を増額−−引け後のリリース

■高値更新を試す可能性

引け後のリリース、明日の1本 臨床試験支援のイーピーミント<6052>(JQS)は18日の夕方、業績予想の増額修正を発表し、今9月期の連結売上高を54.9億円から58.9億円に、営業利益は7.5億円から8.3億円に引き上げた。この9月期から連結財務諸表を作成しており、前期の単体売上高は45.8億円、営業利益は6.4億円。

 発表によると、提案型営業の推進、プロジェクト管理体制のシステム化により新規受注が増加し、順調に業容を拡大。一方、子会社である株式会社エスメディサは、効率的な人員配置による治験実施医療機関の稼働率向上や間接部門の一体化によるコスト削減等により利益体質に向け整備を進めている。増額後の連結予想1株利益は227円31銭。

 株価は3月中旬から一段高となり、28日に2730円の年初来高値。その後も高値圏で好調に推移し、18日の終値は2528円(8円高)だった。増額後の予想1株利益からは11倍台前半の水準になり、類似銘柄との比較では割安感があるといえ、高値更新を試す動きに発展しそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:07 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本板硝子が社長交代を即日発表し唐突感

■ソニーの例を想起し材料性も

 日本板硝子<5202>(東1)は18日の大引け後、社長兼CEOの交代を発表し、クレイグ・ネイラー社長兼最高経営責任者(CEO)が退任し、吉川副社長が社長兼CEOに就任すると発表した。当該異動は本年4月18日付けで実施するとした。ネイラー氏は6月28日に開催予定の株主総会で取締役および執行役も退任。関連報道では、ネイラー氏の辞任について、本人の申し出があったためと藤本会長が都内の会見場で述べたと伝えられている。同社は2006年に英国のガラス大手ピルキントン社を買収し、その後、ピルキントン社出身のスチュアート・チェンバース氏が社長を勤めたこともある。

 株価は1月の162円を年初来の高値に軟調で、4月17日に113円まで下落。18日の終値は116円(1円高)だった。テクニカル的には底打ち感のない状態だが、本日付けでのトップ交代には唐突感があり、ソニー<6758>(東1)が社長交代の発表後に持ち直したことを想起する投資家もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:44 | 株式投資ニュース

【話題株】鹿島は期待材料のあとに悪材料が出て振り回される

■午後、営業利益の減額修正など発表

話題株 鹿島<1812>(東1)は18日、前場快調だったものの後場は軟化し、日経平均の一段高に逆行する冴えない展開になった。前場は、建設重機10台を同時に遠隔操作する「無人化施工システム」の発表を材料に、石原都知事の尖閣諸島「購入」発言と関連づける思惑買いもあったようで、243円(4円高)まで上げて同値で高値引け。しかし、後場は13時30分に業績と配当予想の減額修正を発表したため、233円(6円安)まで下げて終値も237円(2円安)。けっこう振り回された投資家も少なくなかったようだ。

■株価は直近の安値を割らず安堵感

 鹿島が13時30分に発表した「業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ」によると、2012年3月決算の予想連結営業利益は、完成工事総利益率の悪化を主因として310億円から290億円に引き下げた。経常利益の予想は約8%引き上げたものの、純利益は有価証券評価損や倉敷市で発生した事故などにより約61%引き下げた。また、3月期末配当はこれまでの3円予想を2円とした。

 もっとも、株価は、4月11日につけた直近の安値232円を割らずに持ち直したため、明日以降、一段安の可能性は低いとの見方が多い。11日の232円と本日の233円で「ダブルボトム」を形成する可能性もあり、そうなれば、業績面の要因は織り込まれ、再び戻りを試すコースに転じそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:09 | 株式投資ニュース