[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/27)野村ホールディングスの株主総会はトイレ和式化提案など否決と伝わる
記事一覧 (06/27)ライフコーポレーションは9営業日続伸して連日年初来高値を更新
記事一覧 (06/27)【上方修正株】日本エスコンは2Q業績上方修正で黒字転換幅を拡大し急反発
記事一覧 (06/27)東京電力は株主総会難航の可能性が漂い様子見のなか一段軟化
記事一覧 (06/27)鉄建は整備新幹線3区間の新規着工を認可と伝えられ戻り高値
記事一覧 (06/27)【話題株】カルビーは台湾合弁子会社設立で連続最高純利益を買い直し最高値更新
記事一覧 (06/27)【話題株】ローソンは1Q営業利益の過去最高報道を好感して続伸
記事一覧 (06/27)【話題株】大王紙は北越紀州紙の株式取得を正式発表も材料出尽くし感でもみ合う
記事一覧 (06/27)日本風力開発は5営業日続伸し連日高値!4期ぶり黒字転換業績を好感
記事一覧 (06/27)パナソニックは今年度の自社株買い見送りと伝えられ小動き
記事一覧 (06/27)アドヴァンは急続伸!1Q経常益の3割増益報道を追撃材料
記事一覧 (06/27)テックファームは自己株式取得を歓迎しストップ高
記事一覧 (06/27)日本エスコンは急反発!2Q業績上方修正で黒字転換幅を拡大
記事一覧 (06/27)J.フロントリテイリングは上野のパンダ2世誕生に期待し持ち直す
記事一覧 (06/27)大王製紙は北越紀州製紙の株式取得を正式発表も材料出尽くしと利益確定売りが交錯
記事一覧 (06/27)カルビーは上場来高値更新!台湾合弁子会社設立で連続最高純利益を買い直す
記事一覧 (06/27)ローソンは反落、1Q最高営業益報道も利益確定売りが先行
記事一覧 (06/27)日オラクルは15営業日続伸!連続最高純益更新予想と連続増配予想を好感
記事一覧 (06/27)ソフトバンクが大規模ソーラー発電を材料に高値更新
記事一覧 (06/27)モブキャストは上場2日目に公開価格の2.9倍で売買成立
2012年06月27日

野村ホールディングスの株主総会はトイレ和式化提案など否決と伝わる

 野村ホールディングス<8604>(東1)は27日の後場、上値を追う相場になり、283円(8円高)まで上げたあとも13時40分には280円前後で堅調。本日、株主総会を開催。午前10時に始まり、午後12時19分に終了したと伝えられると上値を追った。前場は、例のインサイダー問題などを巡り、模様ながめ気分が強く、274円(1円安)を交えて小動きだった。今回の株主総会に向けては、ビルのトイレを和式に交換して足腰を鍛えて出直せといった株主提案があると週刊誌などで伝えられ、注目された。日本経済新聞系の速報ニュースでは、オフィスのトイレを和式にするなどの株主提案18議案は全て否決されたという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:51 | 株式投資ニュース

ライフコーポレーションは9営業日続伸して連日年初来高値を更新

 ライフコーポレーション<8194>(東1)は27日、後場上げ幅を拡大し50円高の1741円、まで上げて9営業日続伸して連日、年初来高値を更新している。今年5月25日に発表した自己株式取得を好感して下値を切り上げ、6月15日に発売された東洋経済会社四季報夏号で、同社の今2月期業績の上ぶれが観測された好材料が続き、内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

【上方修正株】日本エスコンは2Q業績上方修正で黒字転換幅を拡大し急反発

上方修正銘柄 日本エスコン<8892>(JQS)は27日、760円高の7170円まで上げて急反発している。前日26日大引け後に今12月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、黒字転換幅を拡大することが内需超割安株買いを再燃させている。

 2Q累計業績は、期初予想値より売り上げを2億1000万円、経常利益を5500万円、純利益を5700万円それぞれ引き上げ、純利益は、1億2200万円(前年同期は9600万円の赤字)と急回復を鮮明化する。

 不動産販売事業で一部の売り上げ計上時期の変更に伴い売り上げ、利益が上ぶれ、上方修正につながった。12月通期業績は、現時点では期初予想に変更はないとしており、純利益は、7億4000万円(前期比2.8倍)とV字回復を見込んでいる。

 株価は、前期業績の相次ぐ下方修正から一点して今期業績のV字回復を予想したことを手掛かりに年初来高値8480円まで9割高して、半値押し水準でもみ合っていた。PERは3倍台、PBRは0.6倍と超割安であり、リバウンド幅を拡大しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

東京電力は株主総会難航の可能性が漂い様子見のなか一段軟化

 東京電力<9501>(東1)は27日の後場寄り後に一段軟化し、13時を回って156円(4円安)と現在安。本日、株主総会を開催し、難航する可能性がいわれ、様子見になっている。日本経済新聞の速報によれば、総会では、筆頭株主の東京都や個人株主から合計10件の株主提案が出され、都から出席した猪瀬直樹副知事は「突然値上げを発表したが根拠は燃料費だけで節電、合理化は不十分」などと指摘。東京電力病院(東京・新宿)の売却など一段の資産リストラも要求したという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

鉄建は整備新幹線3区間の新規着工を認可と伝えられ戻り高値

 鉄建<1815>(東1)は27日の後場寄り後に一段上値を試す動きをみせ、108円(6円高)まで上げた後も107円前後で堅調。6月25日に続いて戻り高値を更新した。国土交通省が整備新幹線の未着工3区間の新規着工を28日に認可する方針を固めたと伝えられたことを好感。PBR0.5倍台の割安さなども見直す相場になった。未着工の3区間は、新函館−札幌(北海道・約211キロメートル)、金沢−敦賀(北陸・約113キロメートル)、諫早−長崎(九州・約21キロメートル)。産経新聞の速報ニュースでは、事業費は総額約3兆円。認可後、3区間はすぐに着工するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 株式投資ニュース

【話題株】カルビーは台湾合弁子会社設立で連続最高純利益を買い直し最高値更新

話題株 カルビー<2229>(東1)は27日、60円高の4990円まで上げて反発し、6月25日につけた上場来高値4970円を更新している。

 前日26日大引け後に台湾合弁会社設立を発表、これを材料に今3月期純利益が、連続して過去最高を更新することを見直しディフェンシブ株買いが増勢となっており、薄めながら信用取組が売り長で逆日歩のつく好需給も側面支援している。

 同社株は、今年4月9日に発表した中国合弁会社設立で上場来高値まで600円高しており、連想も働いている。

 一方、同社の今期業績は、売り上げ1700億円(前期比4%増)、経常利益136億円(同8%増)、純利益75億円(同5%増)と予想、純利益は、前期に続き過去最高更新となる。ポテト系スナックや新製品「ベジップス」の販売拡大と韓国、北米などへの海外展開強化により売り上げが続伸、この増収効果にコスト削減効果が上乗せとなって利益も、連続して過去最高を更新する。

 株価は、今期業績が市場コンセンサスにやや未達となるとして4190円まで下ぶれたが、売り方の買い戻しなどをテコに再騰、高値をとってきた。投資採算的には割高だが、ディフェンシブ業態評価に相次ぐ海外合弁会社設立による海外事業拡大が相乗して逆行高展開が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:02 | 株式投資ニュース

【話題株】ローソンは1Q営業利益の過去最高報道を好感して続伸

話題株 ローソン<2651>(東1)は27日、70円安まで下げたあと値を戻し20円高の5410円と続伸している。7日付けの日本経済新聞で、同社の今2月期第1四半期(2012年3〜5月期、1Q)営業利益が、過去最高を更新したと観測報道された。2月通期業績は期初予想に変更はないとされたこともあり、6月5日につけた年初来高値5620円に迫ってきた高値水準で利益確定売りも交錯している。

 観測報道では、同社の1Q営業利益は、前年同期比5%増の135億円強と続伸し、過去最高を更新したとされた。

 野菜など生鮮品を扱う店舗の数を拡大し女性を中心に来店客が増加、利益率の高いプライベートブランド商品の販売も伸びて、売り上げが7%増の1200億円強となり、売上高総利益率も改善したことが要因とされた。

 1Q利益は、会社計画を若干上回って進捗したが、足元では禁煙する人が増えてたばこ販売がやや苦戦しており、今2月期通期営業利益は、期初予想を据え置き、660億円(前期比6%増)とするとも分析された。

 株価は、今期純利益が334億円(前期比34%増)と増益転換、2期ぶり過去最高を更新すると予想したことを手掛かりに年初来高値まで600円高、強弱感の対立から信用取組は売り長となり逆日歩がつく好需給となっている。目先売り一巡後にPER16倍台の割安修正、高値奪回をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

【話題株】大王紙は北越紀州紙の株式取得を正式発表も材料出尽くし感でもみ合う

話題株 大王製紙<3880>(東1)は27日、6円高の465円と反発して始まったあと、4円安まで下げて伸び悩むなど前日終値を挟みもみ合っている。

 前日26日大引け後に今年6月20日に観測報道された同社元会長の井川意高氏など創業家が保有する同社株式を北越紀州製紙<3865>(東1)が取得すると発表、同社も北越紀州紙が取得する関連子会社の株式を譲り受けることを同時に発表、国内第3位の製紙連合がスタートすることになったが、材料出尽くしとして利益確定売りも交錯している。

 大王製紙の創業家の保有株は、昨年9月に発覚した前会長の巨額借り入れ事件、元会長の取締役辞任以来、創業家と現経営陣が対立を深め、グループ会社の株式も含めて、その去就が経営再建の足カセとなっていた。

 北越紀州紙は、これまで大王紙の株式を2.86%、大王紙も北越紀州紙の株式を2.05%保有し提携していたが、北越紀州紙は、新たに創業家から2159万4808株を取得し、所有株式数が2529万808株(所有割合19.60%)に拡大、筆頭株主として従来の技術提携関係をより強固にし、その後の提携関係の具体的な内容については今後、両社で議論・検討する。

 また、北越紀州紙が、創業家から取得した関係会社18社の株式を大王紙が譲り受け、グループ体制を従来通りに37社体制に戻す。

 株価は、20日の観測報道をテコに業界第3グループにステージアップすると評価し465円まで50円高していた。なお北越紀州紙は、20日の観測報道で420円高値まで31円高しており、きょう27日は、4円安まで売られ1円高の405円と3日ぶりに小反発しもみ合っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース

日本風力開発は5営業日続伸し連日高値!4期ぶり黒字転換業績を好感

 日本風力開発<2766>(東マ)は27日、寄り付きの4000円安から切り返して、1万6500円高の14万7500円まで上げて5営業日続伸、連日の年初来高値更新となっている。前日26日後場取引時間中に今年5月14日の決算発表時に未定としていた今3月期の予想業績を発表、通期利益の4期ぶりの黒字転換を予想したことを好感して前日は連続のストップ高となったが、きょう27日も、7月1日スタートの固定価格買取制度を先取り再生エネルギー関連株人気を高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

パナソニックは今年度の自社株買い見送りと伝えられ小動き

 パナソニック<6752>(東1)は27日の前場、軟調なまま小動きに終始し、朝方の624円(2円安)を上値に前引けは612円(14円安)。ユーロ安・円高基調が手控え要因になったほか、本日開催の株主総会で、大坪文雄社長が2012年度は自社株取得(自社株買い)を見送ると述べた、と通信社の報道が伝えられたことも影響した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース

アドヴァンは急続伸!1Q経常益の3割増益報道を追撃材料

 アドヴァン<7463>(東1)は27日、16円高の809円まで上げて急続伸し、4月27日につけた年初来高値835円を射程圏に捉えている。きょう27日付けの日本経済新聞で、同社の今3月期第1四半期(2012年4〜6月期、1Q)経常利益が、前年同期比3割増と続伸すると観測報道されたことが、6月6日から進めている自己株式取得に続く追撃材料となって内需割安株買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

テックファームは自己株式取得を歓迎しストップ高

 テックファーム<3625>(JQG)は27日、寄り付きの買い気配から1万円高の7万5900円とストップ高まで買い進まれ続急伸している。前日26日大引け後に自己株式取得を発表、歓迎してモバイル関連の割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

日本エスコンは急反発!2Q業績上方修正で黒字転換幅を拡大

 日本エスコン<8892>(JQS)は27日、760円高の7170円まで上げて急反発している。前日26日大引け後に今12月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、黒字転換幅を拡大することが内需超割安株買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

J.フロントリテイリングは上野のパンダ2世誕生に期待し持ち直す

 J.フロントリテイリング<3086>(東1)は27日、次第に持ち直す相場になり、朝方の373円(2円安)を下値に11時にかけては382円(7円高)まで上昇。東京・上野動物園のパンダに2世誕生の可能性が伝えられ、松坂屋・上野店に期待が出ているようだ。上野動物園のホームページは、26日付けで、竹の採食時間と採食量に減少傾向が認められ、乳頭が大きくなっていることを確認、などと掲載している。株価は21日に395円の戻り高値をつけたあと微調整に転じ、本日は4日ぶりの反発となった。ただ、同社は、大丸・松坂屋など百貨店だけでも80店舗近い店舗数を展開するため、1店舗が盛況になっても効果は限定的との見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

大王製紙は北越紀州製紙の株式取得を正式発表も材料出尽くしと利益確定売りが交錯

 大王製紙<3880>(東1)は27日、6円高の465円と反発して始まったあと、4円安と伸び悩むなど前日終値を挟みもみ合っている。前日26日大引け後に今年6月20日に観測報道された同社元会長の井川意高氏など創業家が保有する同社株式を北越紀州製紙<3865>(東1)が取得すると発表、同社も北越紀州紙が取得する関連子会社の株式を譲り受けることを同時に発表、国内第3位の製紙連合がスタートすることになったが、材料出尽くしとして利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

カルビーは上場来高値更新!台湾合弁子会社設立で連続最高純利益を買い直す

 カルビー<2229>(東1)は27日、60円高の4990円まで上げて反発し、6月25日につけた上場来高値4970円を更新している。前日26日大引け後に台湾合弁会社設立を発表、これを材料に今3月期純利益が、連続して過去最高を更新することを見直しディフェンシブ株買いが増勢となっており、薄めながら信用取組が売り長で逆日歩のつく好需給も側面支援している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

ローソンは反落、1Q最高営業益報道も利益確定売りが先行

 ローソン<2651>(東1)は27日、70円安の5320円まで下げて反落している。きょう27日付けの日本経済新聞で、同社の今2月期第1四半期(2012年3〜5月期、1Q)営業利益が、過去最高を更新したと観測報道されたが、2月通期業績は期初予想に変更はないとされたこともあり、6月5日につけた年初来高値5620円に迫ってきた高値水準で利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

日オラクルは15営業日続伸!連続最高純益更新予想と連続増配予想を好感

 日本オラクル<4716>(東1)は27日、105円高の3160円まで上げて変わらずを含めて15営業日続伸し、4月2日につけた年初来高値3170円に肉薄している。前日26日大引け後に5月期決算を発表、前期に続き今期も連続の過去最高純利益更新を予想、市場コンセンサスを上回ることが、割安株買いを拡大させており、連続の増配予想も好感されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが大規模ソーラー発電を材料に高値更新

 ソフトバンク<9984>(東1)は27日、次第に上値を追いながら高値を更新。10時20分に2796円(81円高)まで上げ、25日につけた年初来の高値2780円を更新した。大規模ソーラー発電事業への取り組みが活発で、7月から始まる自然エネルギー発電による電力買取制度の関連銘柄。株式市場全体が政局に対する不透明感などにより鈍調なため、一段と注目される相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース

モブキャストは上場2日目に公開価格の2.9倍で売買成立

 昨日新規上場となり買い気配のまま売買が成立しなかったモブキャスト<3664>(東マ)は9時46分に2301円(公開価格800円の約2.9倍)で売買が成立し、上場2日目に初値をつけた。ソーシャルゲームサービスなどを展開。東証1部の主力銘柄が政局の不透明感などで冴えないこともあり、値幅狙いの買いも集まった。公募株数は35万株、売出株数は最大41万8500株。業績は好調の見込みで、今12月期の業績予想は、売上高を前期比88.6%増の38.14億円、営業利益を同92.0%増の10.0億円、純利益は同22.2%増の5.91億円、1株利益は97円63銭と予想する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース