[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/06)J.フロントリテイリングは上野動物園のパンダ人気も期待し戻り高値
記事一覧 (07/06)セブン&アイ・ホールディングスは四半期決算が堅調で続伸
記事一覧 (07/06)キヤノンは軟調!欧州・中国の金融緩和でもNY株軟調で円も高い
記事一覧 (07/06)パルコはJ.フロントリテイリングのTOB価格1100円に向け反発
記事一覧 (07/05)【銘柄診断】伊藤忠商事は利益3位の座へアップ、業容改善が急ピッチで進む
記事一覧 (07/05)【銘柄診断】シー・ヴイ・エス・ベイエリアは事業構造転換が着実に進展する
記事一覧 (07/05)J.フロントリテイリングがパルコのTOBを発表−−引け後のリリース
記事一覧 (07/05)【注目のリリース】セブン&アイ・ホールディングスは全事業が増収
記事一覧 (07/05)【注目のリリース】わらべや日洋はセブン−イレブンの積極出店など受け好調
記事一覧 (07/05)【話題株】好決算でストップ高クリーク・アンド・リバー社、専門職派遣好調、通期に期待
記事一覧 (07/05)関西電力は原発再稼働の材料を通過し小動きのまま安値更新
記事一覧 (07/05)ニコンがiPS細胞などの高率培養を材料に連騰で高値更新
記事一覧 (07/05)象印マホービンが増額修正を見直す形で次第に持ち直す
記事一覧 (07/05)住友不動産販売は都心の空室率最高と伝えられるが堅調
記事一覧 (07/05)カッパ・クリエイトは第1四半期2ケタ減益の割に底堅くチャート妙味
記事一覧 (07/05)ファナックは欧州に続き中国でも金融緩和の期待が伝えられ続伸
記事一覧 (07/05)【話題株】快調に戻すゼリア新薬、薬価改定乗り越え今期も増益、新薬期待も
記事一覧 (07/05)古河電気工業が「ヒッグス粒子」発見の超電導線材を材料に高い
記事一覧 (07/05)LED関連低位株の岩崎電気は一服状態から反発
記事一覧 (07/05)日産東京販売HDは連日高値更新!仕手思惑と復配人気がプラス
2012年07月06日

J.フロントリテイリングは上野動物園のパンダ人気も期待し戻り高値

 大丸・松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)は6日、続伸の始まりとなり、405円(3円高)で寄ったあと409円(7円高)まで上げ、戻り高値を4日ぶりに更新した。昨日、渋谷カジュアルのパルコ<8251>(東1)へのTOB(公開買い付け)を発表。また、東京・上野動物園のパンダに2世が誕生したため、松坂屋・上野店の活況に期待が広がっている。

 パルコ株のTOB価格は1株1100円。期間は7月9日から8月20日までの30営業日。発表によると、TOB成立後も引き続きパルコ株式の上場を維持しながら資本関係をできる限り強化する方針とし、買い付け予定数の上限を3852.26万株(新株予約権を最大転換後の所有割合64.97%)とした。J.フロント リテイリングは、すでにパルコ株式を33.2%保有する1位株主。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:57 | 株式投資ニュース

セブン&アイ・ホールディングスは四半期決算が堅調で続伸

セブン&アイ・ホールディングス セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は6日、続伸の始まりとなり、2452円(11円高)で寄ったあとは2453円をつけて堅調。昨日発表した第1四半期決算(3〜5月)は、連結営業利益が前年同期比1.4%減となったものの、純利益は同2.5倍の急回復となり、総じて堅調さが確認できたとの見方が広がっている。2月通期の予想は据え置き、連結営業収益は前期比5.7%増の5兆600億円、営業利益は同7.9%増の3150億円、純利益は同19.4%増の1550億円、1株利益は175円43銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

キヤノンは軟調!欧州・中国の金融緩和でもNY株軟調で円も高い

 キヤノン<7751>(東1)は6日、軟調な始まりとなり、3165円(35円安)で寄ったあとは3170円(30円安)を上値に一進一退。昨夜から今朝にかけて、ECB(欧州中央銀行)と中国人民銀行の両方が金融緩和に踏み切ったものの、これを受けて最初に取引の始まったNY株式が47ドル安となり、円相場もユーロ軟調・円高基調になったことが手控え要因になった。輸出関連の主力株は、コマツ<6301>(東1)が反落、トヨタ自動車<7203>(東1)は小幅続伸など、高安マチマチの始まりとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

パルコはJ.フロントリテイリングのTOB価格1100円に向け反発

 パルコ<8251>(東1)は6日、970円(23円高)で寄ったあと968円をつけ、反発の始まり。昨日、大丸・松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)がパルコ株式へのTOB(公開買い付け)を発表。TOB価格を1株1100円としたため、この価格にサヤ寄せする始まりとなった。TOB期間は7月9日から8月20日までの30営業日(当初届け出基準)。TOB成立後も引き続きパルコ株式の上場を維持する方針。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2012年07月05日

【銘柄診断】伊藤忠商事は利益3位の座へアップ、業容改善が急ピッチで進む

銘柄診断 伊藤忠商事<8001>(東1)は力強い戻り足を見せている。世界的な金融緩和観測期待を背景に原油など商品市況の先高期待が強まってきたが、商品相場の指標CRB指数は6月21日をボトムに直近まで1割近い急激な戻りを達成。商社株全般に外部環境の好転が注目されている。

 同社は前2012年3月期は過去最高の純利益を確保し、9期ぶりに三菱商事<8058>(東1)三井物産<8031>(東1)に次ぐ3位のポジションへ返り咲き、業容改善が急ピッチで進んでいることを示した。三菱商事、三井物産などが財閥をバックにエネルギー関連に強みを持つのに対し、出自が繊維商社という同社はもともと生活消費関連分野に強みを持つことが最近の業績好調のベースになっている。

 配当利回り4.6%だけでも買い妙味は十分だが、PER4.9倍という低さも訂正高余地が大きいことを示している。直近で信用買い残が905万株と総合商社の中で圧倒的に低い水準にとどまっていることも支援材料になる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:01 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】シー・ヴイ・エス・ベイエリアは事業構造転換が着実に進展する

銘柄診断 シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>(東1)の動きが強さを増し、新展開入りへの期待感が高まってきている。今2013年2月期の業績について、7月3日に下方修正が明らかになった。

 営業利益を2億1100万円の損失から3億8700万円の損失へ引き下げる内容。期初より「ローソン」ブランドでのコンビニエンス・ストア事業を開始し、第1四半期末において店舗ブランドの転換作業が完了、全130店舗での運営を行っている。

 ただ、店舗運営のためのシステムやオペーレーション変更に伴う費用、パート・アルバイト従業員の店舗業務習得のための人件費が計画を大幅に超過したことなどが減額の要因。

 売上げについては従来予想の48億920万円に対し、50億2400万円と超過達成している。会社も中間決算、通期見通しについては変更を加えず、事業転換が順調に進んでいるイメージを残している。目先の悪材料を消化しきったことで、株価は明らかに上値トレンドにあると言える。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:04 | 株式投資ニュース

J.フロントリテイリングがパルコのTOBを発表−−引け後のリリース

■取得上限を約65%に抑え株式上場を継続の方針

引け後のリリース、明日の1本 大丸・松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)は5日の17時30分、「渋谷カジュアル」のパルコ<8251>(東1)株式へのTOB(公開買い付け)を発表。TOB価格は1株1100円、届出当初のTOB期間は7月9日から8月20日までの30営業日とした。

 発表によると、TOB成立後も引き続きパルコ株式の上場を維持しながら資本関係をできる限り強化する方針であることから、買い付け予定数の上限を3852.26万株(新株予約権を最大転換後の所有割合64.97%)とした。J.フロント リテイリングは、すでにパルコ株式を33.2%保有する1位株主。昨日、一部の報道を機に伝えられた観測を総合すると、J.フロント リテイリングは、パルコと店舗開発での連携を本格化し、建て直しを予定する松坂屋上野店(東京・台東区)などの一部をパルコに転換することを検討し、大丸心斎橋店(大阪市)などでも共同で大規模改装を進めることを検討していると伝えられた。

 株価は、昨日の14時30分を回ってから今回のTOB観測が通信社報道で伝えられ、一気に150円高の972円とストップ高。本日は、正式発表を見定めたい雰囲気が広がり、反落模様に転換。朝方の953円(19円安)を上値に小動きとなり、終値は947円(25円安)だった。明日は、TOB価格にサヤ寄せする展開が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】セブン&アイ・ホールディングスは全事業が増収

■第1四半期の営業収益は7.5%増加

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は5日の大引け後、第1四半期決算(3〜5月)を発表。売上高にあたる連結営業収益は前年同期比7.5%増の1兆2070.3億円となり、営業利益は同1.4%減の672.9億円、純利益は同2.5倍の325.9億円となった。営業収益は、北米事業で円高による減収の影響があったものの、コンビニエンスストア事業を中心にすべての事業で増収となった。

 2月通期の予想は据え置き、連結営業収益は前期比5.7%増の5兆600億円、営業利益は同7.9%増の3150億円、純利益は同19.4%増の1550億円、1株利益は175円43銭。

 株価は6月に2251円、2252円で2度下げ止まり、その後は上値を追う相場。戻り高値は本日の2455円(前日比44円高)で、終値は2441円(30円高)だった。4月につけた年初来の高値2485円の更新が意識される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】わらべや日洋はセブン−イレブンの積極出店など受け好調

■第1四半期の売上高は13%増加

 コンビニ向け惣菜の大手・わらべや日洋<2918>(東1)は5日の大引け後、第1四半期決算(3〜5月)を発表。連結売上高は前年同期比13.0%増の427.05億円となり、営業利益は同5.9%減の13.03億円、純利益は同2.6倍の7.96億円となった。米価の上昇などが影響したものの、主要顧客であるセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)のセブン−イレブン・ジャパンの積極的な出店や、チルド商品の販売伸長などにより、順調に売上を拡大。純利益は、前年同期に計上した災害損失がなくなり、大きく回復した。

 2月通期の予想は据え置き、連結売上高は前期比4.7%増の1710億円、営業利益は同10.0%増の45億円、純利益は同23.5%増の23億円、1株利益は138円43銭。

 株価は5月の1160円を安値に持ち直し、6月11日に1288円の戻り高値。本日の終値は1314円(14円高)だった。PERは9倍台前半のため、割高感はないといえる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

【話題株】好決算でストップ高クリーク・アンド・リバー社、専門職派遣好調、通期に期待

話題株 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、4000円ストップ高の2万1810円と急伸。今年4月20日以来の2万円台に乗せた。

 5日(木)11時15分に2013年2月期・第1四半期(3〜5月)を発表、大幅増益だったことを好感した。前年同期比16.6%増収、営業利益4.8倍だった。

 専門分野への人材派遣を手がける。クリエイター、医師、ITエンジニア、弁護士、会計士など専門的能力・知識を有するプロフェショナルへのニーズは旺盛。今2月期通期予想は従来見通しを据え置き、前期比7.7%増収、営業利益18.4%増益、1株利益1625円の見通し。配当は年200円の予定。

 事業環境の良いことから期中での増額修正を期待する声は強い。先ずは、年初来高値2万3300円(4月2日)奪回、その後に2011年3月の3万5200円を目指すものとみられる。利回りは0.91%、PERは13.4倍。

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:28 | 株式投資ニュース

関西電力は原発再稼働の材料を通過し小動きのまま安値更新

 関西電力<9503>(東1)は5日、軟調小動きに終始し、終値は本日安値の909円(16円安)。6月26日の914円を下回って年初来の安値を更新した。大飯原発3号機(福井県おおい町)の稼働が再開になり、4号機は18日にも再稼働と伝えられたため、当面の期待材料を食べ尽くした雰囲気になった。今後は再び業績動向に注目が移るとの見方が多い。第1四半期の決算発表は7月30日の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:20 | 株式投資ニュース

ニコンがiPS細胞などの高率培養を材料に連騰で高値更新

 ニコン<7731>(東1)は5日の後場も高値更新基調を続け、14時20分には2541円(37円高)。3日続伸。昨日、iPS細胞などをの培養を、顕微鏡撮影による解析で効率良く進める技術を米ハーバード大学などと共同開発と伝えられたことを引き続き材料視する相場になった。朝方は2559円(55円高)まで上げ、3月29日につけた年初来の高値2555円を更新。信用売り残が多いため、買い戻しが広がれば株高助長効果は大きいとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:27 | 株式投資ニュース

象印マホービンが増額修正を見直す形で次第に持ち直す

 象印マホービン<7965>(大2)は5日の後場、次第に持ち直す相場になり、287円(5円高)と堅調相場に転換。2日に第2四半期決算を発表したあと、終値では続落だったものの、本日は反発基調に転じてきた。第2四半期決算(2011年11月21日〜12年5月20日)は増収減益。ただ、機能性に優れた調理家電製品などが好調だったほか、厚生年金基金の代行返上益などを要因に、通期の売上高・経常利益・純利益は増額修正した。決算発表の翌日にに一時294円の戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

住友不動産販売は都心の空室率最高と伝えられるが堅調

 住友不動産販売<8870>(東1)は5日の後場も堅調相場を続け、13時30分には3930円(30円高)前後で推移。11時頃、三鬼商事(東京・中央区)が発表した都心5区の6月末の平均空室率が過去最高の9.43%になったと伝えられ、前引けから後場は値を消したものの、欧州中央銀行の利下げ観測などを支えに、一時3990円(90円高)まで上げて4日ぶりに戻り高値を更新する場面があった。不動産株が総じて軟調な中では、強さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

カッパ・クリエイトは第1四半期2ケタ減益の割に底堅くチャート妙味

カッパ・クリエイト 回転寿司の大手・カッパ・クリエイト<7421>(東1)は5日の後場も底堅い相場を続け、13時15分には1722円(5円安)前後で推移。昨日発表した第1四半期決算(3〜5月)は連結営業利益が前年同期比23%減となるなど2ケタ減益だったものの、2月通期の予想は増収増益のまま据え置いたため、落胆売りは限定的だったようだ。2月通期の業績予想は、連結売上高は前期比4.5%増の968億円、営業利益は同6.0%増の35.6億円、純利益は同11.0%増の17.0億円。1株利益は88円77銭。ここ数日は、移動平均との相関でチャート妙味が出てきたとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

ファナックは欧州に続き中国でも金融緩和の期待が伝えられ続伸

 ファナック<6954>(東1)は5日、続伸基調となり、1万3440円(150円高)まで上げた後も1万3400円前後で推移。円相場が対ドルで一時80円台の円安基調になった上、中国の国営新華社系の中国証券報が3日付で、中国人民銀行による預金準備率引き下げについて「機は熟した」とする論評を掲載したと一部で伝えられ、中国景気の持ち直しに期待が出ている。金融緩和の観測は、欧州中央銀行も欧州5日に予定する理事会で緩和するとの観測がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

【話題株】快調に戻すゼリア新薬、薬価改定乗り越え今期も増益、新薬期待も

話題株 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は、20円高の1387円と前日の9円安から反発。去る、6月1日の安値1118円から24.0%上昇と戻り足は軽い。年初来高値1509円(3月29日)を視線の端に捉えている動き。

 マーケットでは、堅調な業績に加え、「子宮頸がんにも効果があるといわれる免疫調整薬に期待できる。丸山ワクチン並みの成分と伝えられている」(中堅証券)という。

 一方、今年4月に実施された薬価改定の影響はあるものの主力製品である潰瘍性大腸炎治療剤『アサコール』が国内外で好調。コンシューマヘルスケア事業の『コンドロイチン群』、滋養強壮剤『ヘパリーゼ群』、植物性便秘薬『ウイズワン群』も好調。前期(2012年3月期)の営業利益38.0%増益に比べると、今期(2013年3月期)は0.7%増益と伸び率は小さくなるものの、薬価改定の中では立派といえる。予想1株利益77.4円。前期に4円増配して年23円とした配当は今期1円増配の年24円とする予定。

 利回り1.73%、PER17.8倍。コンドロイチン、滋養強壮剤、植物性便秘薬など個人投資家に身近な製品ということもあって個人投資家の買いが継続しているようだ。当面は1500円奪回が目標だろう。

>>ゼリア新薬工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:14 | 株式投資ニュース

古河電気工業が「ヒッグス粒子」発見の超電導線材を材料に高い

 古河電気工業<5801>(東1)は5日、反発となり、191円(6円高)まで上げたあとも188円前後で堅調。欧州合同原子核研究機関が「ヒッグス粒子」を発見と伝えられ、この研究に使われた大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の超電導線材を開発とされ、話題性が広がった。6月中旬から戻り一服となり、横ばい相場。6月21日に戻り高値192円をつけており、これを抜けば調整一巡感が強まる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

LED関連低位株の岩崎電気は一服状態から反発

 照明灯総合メーカーの岩崎電気<6924>(東1)は5日、6円高の168円まで上げて7営業日ぶりに反発している。株価は6月4日の132円でダブルボトムを形成し低位株・仕手人気も加わった戻り相場のあと一服状態となっていた。

 LED販売は市場の期待通り順調に売上げを伸ばしているが、プロジェクター光源などの光応用部門が足を引っ張っている。光応用部門の低迷は今3月期いっぱいで、その後はLEDの成長に乗った業績躍進が想定される。

 また、経済産業省と環境省が照明メーカーや小売店で構成する「省エネあかりフォーラム」に対して、節電につながるLEDの普及促進を要請したと伝えられたことも、改めて見直されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

日産東京販売HDは連日高値更新!仕手思惑と復配人気がプラス

 日産東京販売ホールディングス<8291>(東1)は5日、29円高の421円まで上げて年初来高値を連日更新している。4月10日の高値283円を更新したところで上げ一服感が出るかに見えたが、市場人気はむしろ高揚に向かっている。

 資本準備金の振替などにより、前期末の繰越欠損金が解消されており、業績いかんでは今3月期にも復配の可能性が出てきている。大物仕手筋K氏関連銘柄としての思惑と復配人気がプラスされそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース