[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/21)新和内航海運に久々の商い、海外の影響受け難く復興関連で注目
記事一覧 (06/21)ヤフーはCCCとの提携を好感し5月2日以来の2万5000円回復
記事一覧 (06/21)日産自動車は国内の生産能力削減と伝わるが堅調続伸で始まる
記事一覧 (06/21)全日本空輸は日本航空の再上場人気に期待を強め続伸スタート
記事一覧 (06/20)日本航空が株式上場を申請!8月承認なら9月中旬に再上場の見込み
記事一覧 (06/20)【引け後のリリース】キョーリン製薬が梅雨時に新たな環境除菌・洗浄剤
記事一覧 (06/20)【注目のリリース】マルカキカイの今11月期末配当は1円増の9円に
記事一覧 (06/20)【注目のリリース】臨床試験受託のイーピーエスが中国展開を拡大
記事一覧 (06/20)三越伊勢丹ホールディングスは西日本の好調観測で戻り高値
記事一覧 (06/20)NTTドコモは「アイフォーン」導入に否定的と伝わるが堅調
記事一覧 (06/20)サニックスは太陽光発電と電力買取制度を材料に上昇率1位続く
記事一覧 (06/20)田中化学研究所はパナソニックの欧州電池事業を材料にストップ高
記事一覧 (06/20)【上方修正株】宝印刷は一転して業績上方修正、連続減益率を縮め3連騰
記事一覧 (06/20)【話題株】イオンは1Q経常利益の過去最高観測報道を好感して反発
記事一覧 (06/20)【話題株】ライフネット生命保険は保有契約13万件突破で直近IPO人気を高め4連騰
記事一覧 (06/20)【自己株式取得】ベネフィット・ワンはストップ高で高値更新、自己株式取得をテコに割安株買い拡大
記事一覧 (06/20)【話題株】新規上場の日本エマージェンシーアシスタンスは公開価格を300円上回り1400円で初値
記事一覧 (06/20)イオンは反発!1Q経常利益の過去最高観測報道を好感
記事一覧 (06/20)ツルハホールディングスは急続伸!連続最高純益予想で市場コンセンサスをクリア
記事一覧 (06/20)米国で金融緩和感広がり三井住友FGなど銀行株が戻り高値
2012年06月21日

新和内航海運に久々の商い、海外の影響受け難く復興関連で注目

 新和内航海運<9180>(JQS)は、451円と去る13日の451円以来、6営業日ぶりの商いとなっている。浮動株が少ない上に個人の投資家においても長期保有が多いため、出来高の少ない日が多い。今期(2013年3月期)の営業利益が33.5%の減益見通しながら、予想1株利益35.4円と高水準。年5円配当の予定。

 しかも、「内航が主力で大手海運のような欧州信用不安の影響は比較的に受け難い。鉄鋼・セメント関連をベースとして公共性の高い電力関連輸送や今後、需要の本格化が予想される復興関連の輸送にも期待される。1株純資産が496円と優秀なことから今期業績見通しに明るさが出れば減配しないで年10円配当を継続することも予想されそうだ」(中堅証券)。

 マーケットでは、欧州信用不安は長引くことが予想されることから輸出関連は手がけ難く、やはり内需関連の中でも復興関連しかないだろうとの見方だ。

>>新和内航海運のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

ヤフーはCCCとの提携を好感し5月2日以来の2万5000円回復

 ヤフー<4689>(東1)は21日、続伸の始まりとなり、2万5000円(500円高)で寄った後も2万4500円台で堅調。直近の出直り相場で戻り高値に進み、5月2日以来の2万5000円回復となった。19日、DVDレンタルなどの「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、現在は非上場)との提携を発表し、引き続き好感されている。10月1日に新会社を設立し、ポイントサービスはCCCの「Tポイント」に統合し、インターネットでのユーザーIDはヤフーのIDに統一する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

日産自動車は国内の生産能力削減と伝わるが堅調続伸で始まる

 日産自動車<7201>(東1)は21日、続伸の始まりとなり、755円(7円高)で寄ったあとは753円前後で推移。主力生産拠点のひとつである追浜工場(神奈川県)の生産ラインを一部停止し、国内の車両生産能力を15%削減すると今朝の日本経済新聞で伝えられたものの、合理化の進展に期待し、前向きに受け止める雰囲気がある。昨日は、トヨタ自動車<7203>(東1)も国内生産能力を約10%削減する方針と伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

全日本空輸は日本航空の再上場人気に期待を強め続伸スタート

 全日本空輸(ANA)<9202>(東1)は21日、続伸の始まりとなり、232円(1円高)で寄ったあと233円と堅調推移。日本航空(JAL)が昨日、東京証券取引所に上場を申請したと伝えられ、「空運」株に入っている資金に分散の心配がある一方、ご祝儀人気を高める意味合いで先行的に相場を出す期待が出ている。昨日、5月1日以来の230円台を回復し、連日で戻り高値をつけた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2012年06月20日

日本航空が株式上場を申請!8月承認なら9月中旬に再上場の見込み

■時価総額は6000億円から7000億円

話題 日本航空(2010年2月上場廃止)が20日、東京証券取引所に上場を申請したと同日夕方から夜にかけて通信社報道などが伝えた。時事通信によると、20日、東京証券取引所に正式に上場を申請し、8月に承認を受けることができれば、9月中旬に東証第1部に再上場するという。

 また、ロイター通信によると、日航株の96.5%を保有する企業再生支援機構は、今回のIPO(新規株式公開)を通じて6000億円から7000億円を回収する計画。日航の時価総額がIPOの際に6000億円から7000億円に達した場合、今年の世界のIPO(株式公開)としては、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のフェイスブック(約160億ドル)に次ぐ2番目の規模となる。日本では過去7番目の規模になる見込みという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:55 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】キョーリン製薬が梅雨時に新たな環境除菌・洗浄剤

■米国ほか世界各国の医療機関などで使用

引け後のリリース、明日の1本 キョーリン製薬ホールディングス<4569>(東1)は20日の大引け後、医療機関などにおける日常の衛生管理でより確実な除菌が期待でき、かつ利便性の高い環境除菌・洗浄剤を7月中旬に発売すると発表した。子会社であるキョーリン メディカルサプライがデュポン社と売買契約を締結し、杏林製薬と共同で発売する。米国環境保護庁(EPA)に殺菌洗浄剤として製品登録されており、世界各国の医療機関などで、感染予防および病原微生物の蔓延防止を目的とした衛生管理に広く使用されている製品。業績への影響は、今後の販売実績を注視し詳細が明らかになり次第、開示するとした。

 株価は昨年12月からジリ高基調を続けており、高値は5月10日の1679円。本日の終値は1610円(15円高)だった。微調整の中で移動平均との相関が好転しつつある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】マルカキカイの今11月期末配当は1円増の9円に

■業績・配当の予想を増額修正

 マルカキカイ<7594>(東1)は20日の大引け後、業績予想と配当予想の増額を発表。国内、アメリカ、中国・アジアとも好調なため、今11月期の連結業績予想は、売上高を360億円から400億円(前期は約324億円)に、営業利益は13億円から20億円(同11億円)に、純利益は7.5億円から11億円(同6.8億円)に、それぞれ引き上げた。また、配当予想は、5月第2四半期(中間)配当を8円の見込みから9円(前年同期は7円)に、11月期末配当も8円の見込みから9円(前年同期は8円)に、それぞれ引き上げた。

 本日の株価は2日続けて戻り高値に進み、一時942円(17円高)まで上げ、終値も941円(16円高)。上値メドは4月につけた年初来の高値1023円をめざしながら1000円回復との期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:54 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】臨床試験受託のイーピーエスが中国展開を拡大

■現地法人が合弁会社を設立し医薬品開発

 臨床試験受託のイーピーエス<4282>(東1)は20日の大引け後、中国で合弁会社を設立したと発表した。100%子会社の益新(中国)有限公司が45%出資し、中国公営の製薬会社・常州市第四製薬場有限公司が55%出資する合弁会社「益新四薬(常州)科技有限公司」を6月8日に設立した。

 発表によると、合弁相手先である常州市第四製薬場有限公司のグループ会社はGMP、ISO14001 等の認証資格を所有し、消化器系剤に強く、江蘇省常州市において、科学研究開発、製造、販売等を行っており、中国における国家ハイテック企業。日中両面のニーズに応えて医薬品開発事業を行なう。2012年9月期の連結業績に与える影響は当面は軽微にとどまる見込み、としたものの、今後、業績への影響が予想される場合には、確定した段階で適宜発表するとし、期待をにおわせるものがある。

 本日の株価は5月位日以来の高値更新となり、21万2600円(4200円高)まで上げ、終値も21万1100円(2700円高)。3日続伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 株式投資ニュース

三越伊勢丹ホールディングスは西日本の好調観測で戻り高値

 三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は20日の後場も堅調相場を続け、14時50分にかけては823円(23円高)。前場は827円(27円高)まで上げて戻り高値を更新となった。中国四国百貨店協会が昨日、5月の中国地方の百貨店売上高を発表し、全体は前年同月比3・6%減となった中で、「広島三越」は同9.1%増で好調と伝えられたことが好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 株式投資ニュース

NTTドコモは「アイフォーン」導入に否定的と伝わるが堅調

 NTTドコモ<9437>(東1)は20日の後場一段上値を試す動きをみせ、12万7500円(2300円高)まで上げた後も12万7000円台で堅調。昨日開催の株主総会で米アップル社のスマートフォン「iPhone」(アイフォーン)導入について、あらためて否定的な見解を示したと伝えられたことには受け止め方が分かれる様子の中、みずほ証券が投資評価を「中立」継続、目標株価も13万8000円を継続したと伝えられたことが材料視された。アップルの機種を取り扱う場合、搭載機能の限定や販売台数などの点で、戦略上、必ずしも有利にならない可能性があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

サニックスは太陽光発電と電力買取制度を材料に上昇率1位続く

 サニックス<4651>(東1)は20日の13時を回っても東証1部の値上がり率1位を保ち、14.7%高の288円(37円高)。太陽光発電機器を手がけ、経済産業省が昨日、7月1日から始まる再生可能エネルギー買取制度の価格を太陽光(10キロワット以上)は1キロワット毎時42円と発表したことが引き続き好感されている。株価は後場寄り後に292円(41円高)まで上げ、2日続けて年初来の高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

田中化学研究所はパナソニックの欧州電池事業を材料にストップ高

 高機能電池材料の田中化学研究所<4080>(JQS)は20日の後場一段高となり、12時45分過ぎにストップ高の458円(80円高)をつけた。パナソニック<6752>(東1)が今秋にも東欧のスロバキアでハイブリッド車向け電池の生産を開始し、独フォルクスワーゲンに供給すると今朝の日本経済新聞が伝え、次第に連想買いが広がった。寿命の長さでギネス記録を持つ乾電池「エボルタ」に関連するとの観測がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 株式投資ニュース

【上方修正株】宝印刷は一転して業績上方修正、連続減益率を縮め3連騰

上方修正銘柄 宝印刷<7921>(東1)は20日、22円高の581円まで上げて3日続伸し、6月4日につけた年初来安値520円から底上げしている。

 前日19日大引け後に今年3月29日に下方修正した2012年5月期業績の一転した上方修正を発表、連続減益率を縮めることから下げ過ぎ訂正買いが増勢となっており、売り方の買い戻しも交錯している。

 5月期業績は、3月の下方修正値より売り上げを3億3000万円、経常利益を1億6000万円、純利益を1億1000万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億4000万円(前期比27%減)と連続減益率を縮小させる。

 同社顧客の決算期が3月に集中し、従来は、決算関連や株主総会関連の受注が、第1四半期(6〜8月)に集中していたが、近年は、株主総会招集通知の早期発送で第4四半期(3〜5月)に徐々に移行、売り上げが上ぶれ、人件費の削減も加わり利益も上方修正された。

 株価は、業績下方修正では織り込み済みとして売り方の買い戻しが先行して年初来高値660円まで逆行高したが、上昇一服とともに業績減額がボディブローとなって年初来安値まで調整した。PERは28倍と割高だが、PBRは0.5倍と割り負けており、薄めながら売り長で逆日歩のつく信用好需給主導で一段の下げ過ぎ訂正にトライしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

【話題株】イオンは1Q経常利益の過去最高観測報道を好感して反発

話題株 イオン<8267>(東1)は20日、18円高の973円まで上げて反発し、6月12日につけた年初来安値935円から底上げしている。きょう付けの日本経済新聞で、同社の今2月期第1四半期(2012年3〜5月期、1Q)の経常利益が続伸、1Qとして過去最高になったと観測報道されたことを好感して内需割安株買いが再燃している。

 観測報道では、同社1Q業績は、GMS事業で衣料品や生活用品の販売が伸びたほか、既存店改装や商品刷新でシニア層を取り込み、売り上げが、前年同期比8%増と続伸し、この増収効果に、好採算のプライベートブランド商品の売り上げが、商品強化で3割程度伸び、ショッピングセンター事業の好調推移やイオン銀行の収益拡大も寄与、経常利益は、同13%増の350億円強になったと分析された。

 株価は、今期業績を連続の過去最高純益更新と予想したが、市場コンセンサスを下回り、国内証券の投資判断・目標株価ダウンも追い討ちとなって年初来安値まで売られ、6月18日発表のテスコジャパン買収にも限定的な反応にとどまった。PER10倍台、PBR0.8倍の下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:42 | 株式投資ニュース

【話題株】ライフネット生命保険は保有契約13万件突破で直近IPO人気を高め4連騰

話題株 ライフネット生命保険<7157>(東マ)は20日、57円高の1085円まで上げて4営業日続伸、今年3月の新規株式公開(IPO)時の公開価格1000円を上回って推移している。前日19日大引け後に同社の生命保険の保有契約件数が、13万件を突破したと発表、2008年の開業時に掲げた「開業後5年以内に保有件数15万件以上」とした経営目標にキャッチアップしていることを評価して、直近IPO株人気が増勢となっている。

 同社の保有契約は、4月16日に12万件を突破して以来、テレビ番組での同社商品の紹介や交通広告効果で、同社ウェブサイトへのアクセス数が増加、開業4周年を迎えた今年5月の月間新契約件数が過去最高の6242件を記録、6月14日に保有件数が13万件を突破した。

 インターネット特化の生命保険として営業職員主体の従来型の生命保険に比較して相対的に低価格の商品を提供し、24時間営業を可能とする同社独自のビジネスモデルが浸透していることを反映している。

 株価は、赤字業績が続くことから公開価格を下回る930円で初値をつけたあと、デフレ関連人気を高めて上場来高値1326円まで買い上げられ、前期業績の上方修正・赤字幅縮小などがあったが、965円までほぼ往って来いの調整となり、公開価格水準でもみ合っていた。直近IPO株人気を高めてリバウンド幅を拡大しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

【自己株式取得】ベネフィット・ワンはストップ高で高値更新、自己株式取得をテコに割安株買い拡大

 ベネフィット・ワン<2412>(東2)は20日、寄り付きの買い気配から1万円高の7万5000円とストップ高の急続伸となり、3月27日につけた年初来高値7万円を一気に更新している。前日19日大引け後に発表した自己株式取得をテコに割安修正買いが増勢となっている。

 自己株式取得は、資本効率の向上を通じて株主への利益還元を図るとともに、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的としており、取得株式数の上限を2万2000株(発行済み株式総数の9.99%)、取得総額を14億円、取得期間を7月2日から来年6月28日までとして市場買い付けをする。

 株価は、今年3月のユニマットソリューションズの株式取得をキッカケに年初来高値まで2割高してほぼ往って来いの調整から、今3月期業績で純利益を17億200万円(前期比17%増)、配当を前期並みの3000円と予想したことを手掛かりに出直ってきた。PERは9倍台となお割安であり、高値を抜けたここからは2010年1月高値8万2100円が次の上値ターゲットに浮上しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:36 | 株式投資ニュース

【話題株】新規上場の日本エマージェンシーアシスタンスは公開価格を300円上回り1400円で初値

話題株 日本エマージェンシーアシスタンス<6063>(JQS)が、きょう20日にジャスダック市場(スタンダード)に新規上場された。公開価格は1100円、公開株式数は39万4600株となっている。寄り付きから買い気配値を切り上げ、9時50分に公開価格を300円、27%上回る1400円で初値をつけた。

 公開価格が、仮条件の下限で決まったハンディはあったが、公開価格のPERが8倍台と割安で、資金吸収額も4億円強と小規模なことが評価され好調な初値形成につながった。

 同社は、海外旅行保険の加入者に対して、旅先で何らかの困難に遭遇した際、問題を解決するためにさまざまなコーディネートを行なうアシスタンス事業を主力事業としている。医療系、コンシェルジュ系、自動車系などのサービスを提供しており、医療系では5つの海外センターと世界各国に構築した医療機関・医療関係者とのネットワーク網、搬送飛行機会社などの各種海外プロバイダーを活用し、受診をコーディネートする。

 今12月期業績は、売り上げ19億4300万円(前期比20%増)、経常利益2億2900万円(同40%増)、純利益1億4000万円(同15%減)、1株利益128.9円と予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:34 | 株式投資ニュース

イオンは反発!1Q経常利益の過去最高観測報道を好感

 イオン<8267>(東1)は20日、18円高の973円まで上げて反発し、6月12日につけた年初来安値935円から底上げしている。きょう付けの日本経済新聞で、同社の今2月期第1四半期(2012年3〜5月期、1Q)の経常利益が続伸、1Qとして過去最高になったと観測報道されたことを好感して内需割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:45 | 株式投資ニュース

ツルハホールディングスは急続伸!連続最高純益予想で市場コンセンサスをクリア

 ツルハホールディングス<3391>(東1)は20日、230円高の4805円まで上げて急続伸している。前日19日大引け後に5月期決算を発表、前期は、今年3月の上方修正値を上ぶれて着地し、今期も、連続の過去最高純利益更新を見込み、今期純利益が、市場コンセンサスをクリアすることを手掛かりに内需割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

米国で金融緩和感広がり三井住友FGなど銀行株が戻り高値

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は20日、戻り高値を2日ぶりに更新する相場になり、11時過ぎに2537円(57円高)まで上昇。対ユーロでの円相場が再び100円台の円安になり、株式市場が堅調反発、また、昨夜のNY市場では、米国時間21日からの金融政策会合への期待で金融株が総じて強かったため、買い安心感があるようだ。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)も戻り高値に進み、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は戻り高値に顔合わせとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース