[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/11)エス・バイ・エルは一時2月29日以来の200円割れ
記事一覧 (04/11)関西電力は上位株主に神戸市や京都市もあり原発稼働を巡り戸惑う
記事一覧 (04/11)アルバイトタイムスは高値更新!自己株式取得と好業績・増配が相乗
記事一覧 (04/11)ユニーは好決算とみずほ証券の高評価で午後も堅調
記事一覧 (04/11)パルは前期業績上ぶれ着地・再増配、今期も連続最高純益更新予想で4日続伸
記事一覧 (04/11)花王はトップ人事を好感するが全体相場の下落を受けて軟化
記事一覧 (04/11)【話題株】ソニーは4回目の業績減額、過去最大の赤字にADR安重なり続急落
記事一覧 (04/11)ダイトは急続落、3Q決算が高利益進捗も利益確定売りが先行
記事一覧 (04/11)エス・バイ・エルは急反落、業績大幅続伸も利益確定売り先行
記事一覧 (04/11)マックハウスは業績続伸・増配で高値更新後に反落、利益確定売りが優勢
記事一覧 (04/11)オートバックスセブンは月次の好調など材料に反発
記事一覧 (04/11)DCMホールディングスは連続最高純益・増配に自己株式取得を好感して高値肉薄
記事一覧 (04/11)アルバイトタイムスは自社株買いと今期の好業績見通しを好感し高値
記事一覧 (04/11)サイゼリヤは続落、2Q業績下ぶれ連続減益率を悪化させて着地
記事一覧 (04/11)三協立山は年初来高値に肉薄!今年1月に続いて5月通期業績の再上方修正発表
記事一覧 (04/11)J.フロント リテイリングは3日続落、経常利益は続伸を予想
記事一覧 (04/11)靴のチヨダが好決算を材料に値上がり率1位で高値を更新
記事一覧 (04/11)ソニーは1500円割る!赤字拡大など嫌うが売りは一巡傾向
記事一覧 (04/11)シャープは4日続落基調だが500円の大台で一進一退
記事一覧 (04/11)ソニーは売り気配でスタート!赤字拡大とNY株の213ドル安など嫌う
2012年04月11日

エス・バイ・エルは一時2月29日以来の200円割れ

 エス・バイ・エル<1919>(東1)は11日の後場も軟調で、14時過ぎには198円(22円安)前後。昨日発表した2012年2月期の決算は、3月3日に増額修正済みで新味無しとの見方が多く、売り先行となった。株価は増額の翌日に233円の年初来高値。本日は一時196円(24円安)となり、2月29日以来の一時200円割れとなった。ただ、今期の予想は、決算期の変更により11カ月決算にもかかわらず、営業利益が12.0億円(前期比約30%増)を見込むなど、大幅回復の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

関西電力は上位株主に神戸市や京都市もあり原発稼働を巡り戸惑う

 関西電力<9503>(東1)は11日の後場も軟調で、13時30分を回っては1325円(26円安)。原発の稼働再開に関連し、1位株主の大阪市が大阪府との協議で「8条件」を提示と伝えられ、不透明感が広がっている。大飯原発(福井県)を巡っては、「地元」の範囲を距離的に京都や神戸まで拡大する案もあるようで、上位株主に神戸市(保有率2.9%)や京都市(同0.4%)があることも、戸惑いを広げる要因になっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

アルバイトタイムスは高値更新!自己株式取得と好業績・増配が相乗

 アルバイトタイムス<2341>(JQS)は11日、44円高の145円まで上げて2日間の変わらずを含めて6営業日続伸し、2月20日につけた年初来高値104円を大きく更新、高値近辺で活発な売買が続き、ジャスダック市場の値上がり率ランキングのトップとなっている。前日10日大引け後に2月期決算の開示とともに自己株式取得を発表、業績も前期、今期と大きく伸び、配当も復配、増配と続くことから、極低位値ごろ割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

ユニーは好決算とみずほ証券の高評価で午後も堅調

 ユニー<8270>(東1)は11日の後場もしっかりの相場を続け、13時15分には935円(12円高)。9日に発表した2012年2月期の決算が好調で、朝方943円まで上げて高値更新となった。今期の予想は、サークルKサンクス<3337>(東1)を完全子会社化した関係で、純利益は約4・5倍の375億円と好調予想。また、本日は、みずほ証券が目標株価を820円から900円に引き上げたと伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

パルは前期業績上ぶれ着地・再増配、今期も連続最高純益更新予想で4日続伸

 パル<2726>(東1)は11日、180円高の3280円まで上げて変わらずを挟んで4日続伸し、4月5日につけた年初来安値2908円からの底上げを鮮明化している。前日10日大引け後に2月期決算を発表、前期業績が、昨年8月に開示した予想値を上回って連続増益率を伸ばして、期末配当も、今年1月に次いで再増配、今期業績も連続最高純利益更新と予想して市場コンセンサスを上回っており、内需関連の超割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

花王はトップ人事を好感するが全体相場の下落を受けて軟化

花王 花王<4452>(東1)は11日の前場、2158円(21円高)まで上げる場面があったものの、11時を回っては2133円(4円安)。一昨日の夕方、社長交代を発表したことには期待があるものの、本日の株式市場は、ユーロ安・円高の再燃などを警戒し、東証1部1676銘柄のうち安い銘柄が1403銘柄(約84%、10時30分現在)に達しているため、積極的な買いは手控える様子になった。年初来の高値は3月27日の2190円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 株式投資ニュース

【話題株】ソニーは4回目の業績減額、過去最大の赤字にADR安重なり続急落

話題株 ソニー<6758>(東1)は11日、113円安の1473円まで下げて続急落し、1500円前後で推移している。1500円割れは2月14日以来となる。

 前日10日大引け後に2012年3月期業績の4回目の下方修正を発表、連続赤字幅が悪化し、過去最大となることを嫌い利益確定売りが増勢となっており、前日の米国市場で同社ADR(預託証券)が、東京市場の終値に対して114円安(円換算値)で引けたことも追い討ち材料となっている。

 3月期業績は、四半期決算発表のたびに下方修正されてきたが、その今年2月の再々減額値に対して、売り上げ、営業利益、税引前純利益は据え置きとしたが、純利益を3000億円引き下げたもので、純利益は、5200億円の赤字(前期は2595億8500万円の赤字)となった。

 米国のエレクトロニクス、ゲーム、ネットワークの各子会社の業績が悪化、繰延税金資産に対して評価性引当金を計上、追加税金費用を3000億円積み増すことが要因となる。

 なお同社は、同時に2013年3月期業績にも言及、営業利益は約1800億円(前期実績見込み950億円の赤字)と黒字転換を見込んでいる。

 株価は、相次ぐ業績下方修正で1200円台まで下落、今年2月の業績再々減額では悪材料出尽くしとして年初来高値1832円までリバウンド、年内1万人の従業員削減観測報道で下ぶれた。再度の下値確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

ダイトは急続落、3Q決算が高利益進捗も利益確定売りが先行

 ダイト<4577>(東1)は11日、90円安の1165円まで下げて3日続落している。前日10日大引け後に発表した今5月期第3四半期(3Q)業績が、2ケタ増益と続伸し、今年1月に上方修正した5月通期業績に対して高利益進捗率を示したが、全般相場が続落する環境下、利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

エス・バイ・エルは急反落、業績大幅続伸も利益確定売り先行

 エス・バイ・エル<1919>(東1)は11日、19円安の201円まで下げて急反落している。前日10日大引け後に2月期決算を発表、前期経常利益が、今年4月3日の上方修正通りに減益転換率を縮めて着地し、今期は、大幅続伸を予想したが、4月4日に先取りして年初来高値233円まで買い進まれていただけに利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

マックハウスは業績続伸・増配で高値更新後に反落、利益確定売りが優勢

 マックハウス<7603>(JQS)は11日、寄り付きに10円高の634円と4営業日続伸し、連日の年初来高値更新となったが、高値後は30円安まで売られるなど反落している。同社株は、4月9日に2012年2月期業績の4回目の上方修正を発表、株価が急伸し、前日10日大引け後にその2月期決算を開示、今期経常利益の続伸と増配を予想したが、利益確定売りが優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

オートバックスセブンは月次の好調など材料に反発

 オートバックスセブン<9832>(大1)は11日、反発となり、3815円(40円高)まで上げた後も3800円(25円高)前後で推移。3月の月次売上高が既存店で前年同月比12.5%増と好調だったことが材料視され、ユーロ安・円高の再燃などにより輸出関連の主力銘柄が冴えないなかで退避的に資金を集めている。3月23日の4080円を高値に調整途上だが、3800円をはさんで下げ止まる雰囲気になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

DCMホールディングスは連続最高純益・増配に自己株式取得を好感して高値肉薄

DCMホールディングス ホームセンターの「ホーマック」や「カーマ」などを運営するDCMホールディングス<3050>(東1)は11日、21円高の639円まで上げて4日続伸し、3月30日につけた年初来高値658円に肉薄している。前日10日大引け後に2月期決算を発表、純利益が前期、今期と連続して過去最高を更新し、連続して増配、さらに自己株式取得も同時発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

アルバイトタイムスは自社株買いと今期の好業績見通しを好感し高値

 アルバイトタイムス<2341>(JQS)は11日、高値更新となり、139円(38円高)で寄ったあと144円(43円高)まで急伸。昨日、発行済株式総数の5.32%に当たる170万株の自社株買い(自己株の取得)と2012年2月決算を発表したことが好感されている。「5.32%」は、自社株買いを発表する企業の中でも比較的大幅。また、決算発表では、2013年2月期の業績予想を、連結営業利益は前期比25.5%増の5.2億円とするなど、業績の大幅拡大予想を出したことも好感されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

サイゼリヤは続落、2Q業績下ぶれ連続減益率を悪化させて着地

サイゼリヤ サイゼリヤ<7581>(東1)は11日、14円安の1257円まで下げて3日続落している。前日10日大引け後に発表した今8月期第2四半期(2Q)決算が、期初予想を下ぶれ連続減益率を悪化させて着地したことを嫌い利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

三協立山は年初来高値に肉薄!今年1月に続いて5月通期業績の再上方修正発表

 三協・立山ホールディングス<3432>(東1)は11日、7円高の163円まで上げて4日ぶりに急反発し、前日ザラ場につけた年初来高値170円に肉薄している。前日10日大引け後に今5月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今年1月に続いて5月通期業績の再上方修正を発表、純利益が、V字回復することが、極低位値ごろ割安株買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

J.フロント リテイリングは3日続落、経常利益は続伸を予想

 J.フロント リテイリング<3086>(東1)は11日、9円安の418円まで売られ3日続落している。前日10日大引け後に2月期決算を発表、前期が、昨年12月の再々上方修正値を上回って増益転換して着地し、今期は、経常利益の続伸を予想、市場コンセンサスを上回ったが、前日の米国NYダウの213ドル安やきょうの東京市場の続落などが響いている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

靴のチヨダが好決算を材料に値上がり率1位で高値を更新

 シューズ小売り大手のチヨダ<8185>(東1)は11日、急伸となり、1637円(18円高)で寄ったあと1738円(119円高)まで上げて7日ぶりに高値を更新。昨日発表した2012年2月期の決算が好調で、連結純利益が前期比4・6倍の約48億円となったことなどが好感されている。今期・13年2月期の予想も19.4%増の57.8億円を見込む。9時30分には7.0%高の1733円(114円高)で東証1部の値上がり率1位になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ソニーは1500円割る!赤字拡大など嫌うが売りは一巡傾向

 売り気配で始まったソニー<6758>(東1)は11日、9時6分に1480円(106円安)で売買が成立し、9時20分にかけては1473円(113円安)を下値に一進一退となっている。1500円割れは2月14日以来になり、東証1部の売買代金1位になった。昨日の大引け後、2012年3月期の業績予想を修正発表し、連結純利益を従来予想の2200億円の赤字から5200億円の赤字に見直した。NY株の213ドル安、1ドル80円台の円高基調も悪材料。ただ、東証の売買システムの高速化のおかげで、朝一番に膨れた売り物はほとんど消化一巡した様子になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 株式投資ニュース

シャープは4日続落基調だが500円の大台で一進一退

 シャープ<6753>(東1)は11日、続落の始まりとなり、510円(20円安)で寄ったあとは505円(25円安)を下値に一進一退。昨日、3月決算の純損益が従来予想の2900億円から3900億円前後に拡大の模様と伝えられ、軟調だった上、本日は、スペインの財政問題の再燃を受けたユーロ安・円高、NY株の213ドル安が障害になっている。株価は4日続落基調で再び下値を探る雰囲気。ただ。3月26日につけた安値安467円までは余裕があり、その手前の500円前後が下支えになるとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

ソニーは売り気配でスタート!赤字拡大とNY株の213ドル安など嫌う

 ソニー<6758>(東1)は11日、続落の始まりとなり、1546円(40円安)の売り気配で始まった。昨日の大引け後、2012年3月期の業績予想を修正発表し、連結純利益を従来予想の2200億円の赤字から5200億円の赤字に見直した。また、NY株の213ドル安、1ドル80円台の円高基調も障害になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース