[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/12)IMF声明受けニコンが後場戻しキヤノンは堅調転換
記事一覧 (06/12)MonotaROは5月月次売上高が続伸も利益確定売りが交錯し反落
記事一覧 (06/12)スリープログループは増額修正を好感しストップ高気配
記事一覧 (06/12)グリーは続伸!輸出関連株が買いづらく値幅狙いの資金集まる
記事一覧 (06/12)日成ビルド工業は自社株買いを好感し値上がり率1位
記事一覧 (06/12)ドクターシーラボは短期決戦型の自社株買いを好感し堅調反発
記事一覧 (06/12)東京建物はCS証券の投資判断を好感し底堅い
記事一覧 (06/12)松田産業は自社株買いを好感し続伸で始まる
記事一覧 (06/12)ソニーはNY株の急反落とユーロ安の再燃を受け反落
記事一覧 (06/12)トレジャー・ファクトリー 5月の売上高は、前年同月比13.1%増
記事一覧 (06/12)日本エム・ディ・エム リゾルブ ハローシステムの独占販売を発表
記事一覧 (06/11)ティー・ワイ・オーが過去最高益の予想と復配を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (06/11)スタジオアリスの月次は3.0%減だが期初からでは6.4%増と好調
記事一覧 (06/11)【注目のリリース】ドクターシーラボの自社株買いは期間半月の短期決戦型
記事一覧 (06/11)【注目のリリース】日成ビルド工業の自社株買いは発行株数の5.7%
記事一覧 (06/11)【注目のリリース】松田産業の自社株買いは短期決戦型で注目余地
記事一覧 (06/11)生化学工業が反発800円に接近、薬価下げ響くも利回り、PBR割安
記事一覧 (06/11)フォスター電機が一段ジリ高!米アップル新OS発表と伝わり思惑拡大
記事一覧 (06/11)スズキはインド株6日続伸と伝えられ後場も堅調
記事一覧 (06/11)グリーは高知県のバトルゲームで自治体との協業期待広がり続伸
2012年06月12日

IMF声明受けニコンが後場戻しキヤノンは堅調転換

 ニコン<7731>(東1)は12日の後場寄り後、値を戻す相場になり、13時前に2262円(1円安)まで浮上。朝方の2199円(64円安)からは大きく持ち直した。IMF(国際通貨基金)が対日審査協議会後に声明を発表し、円相場について「過大評価されている」と指摘したと伝えられたため、円が対ドル、ユーロとも軟調に転じたことを材料視した。キヤノン<7751>(東1)は13時にかけて3255円(15円高)となり、前日比でも堅調に転換した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

MonotaROは5月月次売上高が続伸も利益確定売りが交錯し反落

 MonotaRO<3064>(東1)は12日、15円高の1549円と続伸して始まったあと、31円安まで下げて反落している。前日11日大引け後に今年5月度の月次業績を発表、売り上げが連続して前年同月を2ケタ増と上回ったことを手掛かりに内需株買いが増勢となったが、6月1日につけた年初来高値1582円に迫っていることもあり、利益確定売りが交錯している。

 5月度の月次売上高は、前年同月比34.3%増の22億7500万円と続伸し、今12月期に入って期初の1月から5カ月連続で前年同月を上回り、伸び率自体も2月に次ぎ今期2番目の高さとなった。

 株価は、決算開示とともに発表、実施した自己株式取得のたびに上ぶれ、今年4月の第1四半期決算とともに発表・実施した自己株式取得で年初来高値をつけ高値調整を続けた。今12月期業績は、続伸を予想、純利益は15億400万円(前期比31%増)と連続して過去最高を更新するものの、投資採算的にはPER30倍台と割高である。

 このため高値圏では強弱感が対立し、信用取組は1倍台で拮抗、逆日歩がついている。内需業態を評価して、売り方の買い戻し主導で高値抜けを目指す再騰展開も有力となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

スリープログループは増額修正を好感しストップ高気配

 IT導入支援などのスリープログループ<2375>(東マ)は12日の9時半前に買い気配値のまま1万円ストップ高の6万6600円に達し、そのまま11時にかけてもストップ高気配となっている。昨日発表した第2四半期決算(2011年11月〜12年4月)が好調で、今10月期の業績予想を増額修正したため、好感されている。今10月期の連結業績予想は、売上高を90億7000万円から95億4800万円に増額し(前期比では19.3%減)、営業利益は2億円から2億6400万円(同2倍)、純利益は3億3400万円から3億6000万円(同48.1%増)に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

グリーは続伸!輸出関連株が買いづらく値幅狙いの資金集まる

 グリー<3632>(東1)は12日、続伸の相場となり、10時25分には1573円(103円高)。値上がり率は7.0%で、東証1部の4位前後に入る場面があった。ユーロ安・円高の再燃、NY株の急反落143ドル安を受け、輸出関連の製造業株に買いづらさがあるため、値幅狙いの資金がシフトしている模様だ。前週後半の8日には、高知県が地元にソーシャルゲーム産業を創出することを目的として募集した新バトルゲーム「新龍紀ギルドファンタジア」を配信すると発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

日成ビルド工業は自社株買いを好感し値上がり率1位

 日成ビルド工業<1916>(東1)は12日、続伸となり、10時20分には9.8%高の123円(11円高)で東証1部の値上がり率1位。昨日発表した自社株買い(自己株の取得)を好感する相場になった。自社株買いは、上限株数400万株(自己株式を除く発行済み株式総数の5.7%)、上限金額5億円、実施期間は6月12日〜8月31日。実施期間が2カ月で短期のため、買い付け姿勢によってはインパクトが大と期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

ドクターシーラボは短期決戦型の自社株買いを好感し堅調反発

 ドクターシーラボ<4924>(東1)は12日、堅調反発の相場になり、22万8100円(4100円高)で寄ったあと23万3800円(9800円高)まで上げた。昨日、自社株買い(自己株の取得)を発表し、上限株数は2000株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.80%)、実施期間は6月12日〜6月30日まで約半月の短期決戦型としたため、株価へのインパクトが期待されている。9時45分には23万500円の値上がり率2.9%で東証1部の6位前後に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

東京建物はCS証券の投資判断を好感し底堅い

 東京建物<8804>(東1)は12日、底堅い始まりとなり、265円(4円安)で寄ったあとは265円から270円で一進一退。全体相場はユーロ安の再燃やNY株の大幅安を受けて日経平均150円安と大幅反落の中、クレディ・スイス(CS)証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げたと伝えられたことが材料になっている。6月4日に年初来の安値232円があり、戻り高値圏での推移となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

松田産業は自社株買いを好感し続伸で始まる

 松田産業<7456>(東1)は12日、続伸の始まりとなり、1149円(30円高)で寄ったあとも1140円(21円高)前後で堅調に推移している。昨日の大引け後、自社株買い(自己株の取得)を発表。上限株数7万株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.25%)、上限金額1億円、実施期間は6月12日〜7月12日とし、期間1カ月の「速攻」。また、上限金額を単純に上限株数で割ると1株1428円になり、時価を3割近く上回る値段で買い付ける予算を組んだことになる。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

ソニーはNY株の急反落とユーロ安の再燃を受け反落

 ソニー<6758>(東1)は12日、反落の始まりとなり、1020円(27円安)で寄ったあとは1018円(29円安)まで軟化して一進一退。NY株の急反落142ドル安、対ユーロでの円高再燃をうけ、売り先行となっている。株価は6月4日に990円の年初来安値をつけたあと底堅い動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

トレジャー・ファクトリー 5月の売上高は、前年同月比13.1%増

■11日、5月の月次売上高速報値を発表

 リサイクルショップを多店舗展開するトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)は11日、5月の月次売上高速報値を発表した。
 5月の売上高は、前年同月比13.1%増であった。新規出店は1店舗で、総店舗数は61店舗となっている。
 前期は、大震災という大きなハンディを背負いながらも最高益更新を達成しているように、同社の勢いは旺盛といえる。
 今期も売上高82億31百万円(前期比14.2%増)、営業利益6億11百万円(同7.1%増)、経常利益6億17百万円(同3.7%増)、純利益3億39百万円(同14.7%増)と最高益更新を見込んでいるように、順調そのもの。
 11日の株価は、前日比17円高の915円。チャート的には高値圏であるが、今期予想PER7.37倍、PBR1.45倍と割負け感が強く、4ケタを意識した動きが予想される。

>>トレジャー・ファクトリーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | 株式投資ニュース

日本エム・ディ・エム リゾルブ ハローシステムの独占販売を発表

■頚椎疾患を主とした手術前後の体外固定に使用

 骨接合材の日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は11日、アイスランドのオズルー社が製造するリゾルブ ハローシステムの独占販売を発表した。
 リゾルブ ハローシステムは、頚椎疾患を主とした手術前後の体外固定に使用される。通常、長期臥床を強いられることが多い頚椎損傷等を低侵襲な手術で早期に離床する手助けするための商品。日本国内での同社の独占販売となる。また、先に発表した自社開発骨接合材新製品等の既存販売製商品とのシナジー効果も期待されている。
 業績に関しては、自社製品比率が更に高まることから、今期13年3月期連結業績予想は、売上高95億円、営業利益7億円、経常利益5億50百万円、純利益2億60百万円を見込んでいる。

■営業利益率は7.3%と前期の4.2%を大きく上回る見込み

 前期が10カ月の変則決算であるため、前期との増減率の比較は出していないが、営業利益率を比較すると7.3%と前期の4.2%を大きく上回っていることが分かる。
 今年の6月30日をもって、ジョンソン&ジョンソン社との骨接合材の独占販売契約を終了するため、同社では自社製品の強化に努めると共に、アライアンス製品も強化しているが、6月30日を前に、ほとんど全ての骨接合材を自社製品または、アライアンス製品に置き換えることに成功している。また、今回の発表のように、新商材の導入にも積極的で、商材のラインナップの強化に努めている。
 11日の株価は、3円高の219円。PBR0.52倍と割安歴然。利益率の高い自社製品を販売することで、高収益の時代が到来していることから株価の見直しが予想される。

>>日本エム・ディ・エムのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:26 | 株式投資ニュース
2012年06月11日

ティー・ワイ・オーが過去最高益の予想と復配を発表−−引け後のリリース

■今7月期の業績予想を増額し記念配当も

引け後のリリース、明日の1本 CM制作などのティー・ワイ・オー<4358>(JQS)は11日の大引け後、業績予想の増額修正と今7月期末配当の復配を発表。不採算部門の閉鎖・撤退などを経て、今7月期の連結純利益が創業来の最高を確保可能な見込みであることなどを要因に、期末配当を4期ぶりに実施し、今期の創立30周年記念配当も加え、1株当たり2円(普通配当1円・記念配当1円)の見込みとした。

 また、今7月期の業績予想は、収益管理の徹底による収益力強化、新規案件の獲得が奏功している事などにより、連結営業利益を12.0億円の見込みから14.5億円(前期は約12.1億円)に引き上げ、純利益は4.5億円から8.5億円(同6.9億円)に引き上げた。純利益は、収益力の向上に加え、繰延税金資産の計上なども加わり、創業以来最高を達成した平成23年7月期の6.88億円を上回り、過去最高となる。修正後の予想1株利益は14円23銭。

■直近も2010年から続く下支え傾向線で下げ止まり買い安心感

 株価は4月下旬の110円を年初来の高値に調整入りしたものの、5月中旬の76円で下げ止まり、その後は下値固めから再騰の動き。本日の終値は続伸基調の93円(4円高)だった。長期視点では、2010年以降、もみあいの下値を着実に上げ、ジリ高基調を続けており、5月の下値も、この傾向線(下値トレンドライン)に沿う形で下げ止まった。このため、一段と買い安心感が強まった形になっている。

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:04 | 株式投資ニュース

スタジオアリスの月次は3.0%減だが期初からでは6.4%増と好調

■調整の浅い相場

 子供写真館のスタジオアリス<2305>(東1)が11日の大引け後に発表した5月の月次売上高は前年同月比3.0%減となり、期初の1月から初めてマイナスとなった。ただ、期初からの累計では前年同期間比6.4%増となり好調を継続した。

 本日の株価終値は1271円(4円高)。4月につけた1449円を年初来の高値に、その後の安値は5月15日の1208円で、輸出関連株などとの比較では調整の浅い相場となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:23 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ドクターシーラボの自社株買いは期間半月の短期決戦型

■単純計算では時価を2割上回る値で実施する形に

 ドクターシーラボ<4924>(東1)は11日の大引け後、自社株買い(自己株の取得)を発表。上限株数2000株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.80%)、上限金額5億5000万円、実施期間は6月12日〜6月30日までとした。約半月の短期決戦型。

 本日の株価終値は22万4000円(2万6300円安)。発行株数に対する割合は低いものの、実施期間が約半月の短期決戦型。また、上限金額を単純に上限株数で割ると、1株27万5000円で買い付ける計算になり、時価を23%上回る値段で買い付ける予算を組んだことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日成ビルド工業の自社株買いは発行株数の5.7%

■実施期間は2カ月半で株価インパクトに期待

 日成ビルド工業<1916>(東1)は11日の大引け後、自社株買い(自己株の取得)を発表。上限株数400万株(自己株式を除く発行済み株式総数の5.7%)、上限金額5億円、実施期間は6月12日〜8月31日とした。

 本日の株価終値は112円(2円高)。発行株数に対する割合が比較的高く、実施期間も2カ月半の短期のため、買い付け姿勢によってはインパクト大と期待されている。上限金額を単純に上限株数で割ると1株125円になり、時価を1割強上回る値段で買い付ける予算を組んだことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】松田産業の自社株買いは短期決戦型で注目余地

■単純計算では時価を3割上回る値で実施する形に

 松田産業<7456>(東1)は11日の大引け後、自社株買い(自己株の取得)を発表。上限株数7万株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.25%)、上限金額1億円、実施期間は6月12日〜7月12日とした。

 本日の株価終値は1119円(14円高)。発行株数に対する割合は低いものの、実施期間が1カ月で短期決戦型。また、上限金額を単純に上限株数で割ると1株1428円になり、時価を3割近く上回る値段で買い付ける予算を組んだことになる。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:46 | 株式投資ニュース

生化学工業が反発800円に接近、薬価下げ響くも利回り、PBR割安

 糖質科学の生化学工業<4548>(東1)は、24円高の793円と反発、800円台へ急接近となっている。大台を回復すれば5月23日以来となる。

 全般相場の下げから去る、4日には751円まで年初来高値940円(3月21日)からの下落率がちょうど20%に達し、押し目買いとなった。

 今3月期は国内におけるアルツの販売数量増を見込むものの、約7%の薬価引下げや研究用試薬事業廃止に伴う減少で売上は前期比1.4%減収。利益は薬価引下げ、久里浜工場のコンドロイチン硫酸設備稼働に伴う減価償却費の増加、研究開発費の増加などで営業利益は43.7%減益、1株利益38.7円の見通し。配当は年25円継続の予定。

 利回りは3.15%、PERは20.4倍。薬価引下げで減益見通しだけに大きい上値は難しいとしても1株純資産1021円からみても当面850〜870円へ戻りは見込めそうだ。

>>生化学工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:12 | 株式投資ニュース

フォスター電機が一段ジリ高!米アップル新OS発表と伝わり思惑拡大

 フォスター電機<6794>(東1)は11日の後場1245円(60円高)まで上げた後も堅調で、大引けにかけては1234円(51円高)。米アップル社の取引先企業として知られ、アップルがカリフォルニア州で11日に開発者会議を開催と一部で伝えられて思惑が広がっている。一説では、ウォール・ストリート・ジャーナル電子版が、モバイル向けの新型OS(基本ソフト)などの発表を予定と伝えた模様だ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:00 | 株式投資ニュース

スズキはインド株6日続伸と伝えられ後場も堅調

 スズキ<7269>(東1)は11日の後場も堅調で、14時40分には1635円(15円高)。中国株の堅調に続き、午後、インド株は6営業日続伸で始まったと伝えられ、同国に進出する外資の中で高シェアの同社を見直す動きが続いている。インド株は、東京市場と同様に、欧州各国がスペインの金融機関に対する支援で合意したことを好感した模様だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | 株式投資ニュース

グリーは高知県のバトルゲームで自治体との協業期待広がり続伸

 グリー<3632>(東1)は11日の後場も上値を追う相場になり、14時前に1471円(108円高)まで上げたあとも1465円(102円高)前後で堅調。6月4日の安値1050円から、本日高く終われば5日続伸の相場になっている。材料としては、高知県が開発を支援したゲームを同社のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」で提供を開始したと8日発表したことがあり、自治体との協業の拡大に期待が広がっている。

 発表によると、このゲームは、バトルゲーム「新龍紀ギルドファンタジア」。高知県では、地元にソーシャルゲーム産業を創出することを目的として、県庁と四国銀行<8387>(東1)高知銀行<8416>(東2)が「高知コンテンツビジネス創出育成協議会」を設立。この協議会が主催する「平成23年度高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト」の第2回入賞作品を、地元の開発デベロッパー(株式会社高知電子計算センター及び株式会社高知システムズ)がゲーム化した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース